MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

「転勤なら辞めます」は最終手段!転勤離職を選ぶメリットとデメリット・離職する前にやっておくべきことを解説

本記事でわかること
  • 転勤離職を選ぶメリット・デメリット
  • 離職する前にやっておくべきこと
  • 転勤離職を考える人におすすめの転職エージェント

突然転勤を命じられたら、あなたならどうしますか?

転勤すると、知らない土地で新しい生活や人間関係の構築を強いられることになるので、「嫌だな」「馴染めなかったらどうしよう」とマイナスイメージを抱く人は少なくありません。

なかには、転勤するくらいなら退職を選ぶ人もいるでしょう。しかし、転勤を命じられたからといって、すぐに退職を選ぶのはデメリットが大きく、おすすめできません。

本記事では転勤離職を選ぶメリット・デメリットや離職する前にやっておくべきことについて解説するので、まずは転勤についての理解を深めて不安を払拭しましょう。

転勤離職を考えるなら、転職エージェント大手であるマイナビエージェントに相談するのがおすすめです。マイナビエージェントは、公開求人・非公開求人ともに豊富に保有しており、丁寧なサポートのもと自分に合った転職先を見つけられます。

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/

\オリコン顧客満足度NO.1のサポート/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

「転勤なら辞めます」はあり?転勤に対する人々と企業の考え方の違い

転勤を命じられた際、退職するのはありなのでしょうか。実際、転職を命じられて退職を検討する人は少なくありません。

そこには、転勤に対する人々と企業の考え方の違いがあります。以下で、それぞれの考え方の違いについて詳しく解説していきます。

どちらもチェックして、理解しておきましょう。

転勤したくないから退職を考える人々のリアルな意見

エン転職が実施したアンケート調査によると、約6割が「転勤は退職のキッカケになる」と回答したことがわかりました。世代別、男女別でもともに割合はほとんど変わりません。

転勤を拒否する理由としては、20代は「新天地への不安」、30代は「子育て」、40代は「介護」でした。全体として家庭の事情による理由が多く、それは年代が上がるほど顕著です。

転勤すると引っ越しが伴い、現在の生活環境が大きく変わることを余儀なくされます。そのため、30代や40代の家庭を持つ人にとって転勤はなかなかハードルが高いのでしょう。

逆に20代は「新天地への不安」だけでなく、新しい人間関係や結婚への不安など、未来に対するマイナスイメージから拒否したいと考えているようです。

社員に転勤を命じる企業側の考え

転勤に対しては半数以上がマイナスイメージを抱いていますが、企業の考え方は社員側と異なっています。企業側が転勤を命じるのは、主に事業戦略や社員育成などが目的です。

実際のところ、独立行政法人労働政策研究・研究機構の調査によると、転勤を経ると社員の職業能力が向上することがわかっています。国内転勤では51.2%と半数以上が能力を向上させ、さらに海外転勤では76.2%が能力を向上させています。

逆に、転勤を経て能力が下がることはほとんどありません。そのため、企業にとって離職されるリスクはあるものの、人材育成の観点から見ると効率的であるため、転勤を命じるのです。

「転勤なら辞めます」は最終手段!転勤を命じられたら拒否できる?

転勤を命じられた際、転勤を拒否して離職を選ぶのは最終手段です。ここからは、転勤を命じられた際に拒否できるケース、できないケースについてそれぞれ解説します。

転勤を命じられて悩んでいる人は、まずどちらのパターンに該当するのか確認しましょう。

転勤は拒否できないのが原則

まず、原則は拒否できないのが原則だと覚えておきましょう。なぜなら、多くの企業の就業規則に「会社は従業員に対して転勤を命じることができる」旨が記載されているからです。育児や家庭の事情でも基本的には拒否できないので注意してください。

転勤を拒否すると業務命令違反とみなされ、懲戒処分の対象になることもあります。特に、懲戒解雇になると退職金は不支給となるケースが多く、失業保険の受給にも時間がかかる可能性があります。

さらに、再就職にも影響を及ぼしかねないため、転勤を拒否して争うのは避けるべきです。どうしても転勤したくないのなら、離職を選ばざるを得ないでしょう。

あわせて読みたい
人事異動を断ることはできる?拒否するとどうなる?人事異動を断る前にやっておくべきこと・退職を選ぶ... 本記事でわかること 人事異動を断るとどうなる? 人事異動を断る前にやっておくべきこと 人事異動を断ることができずに悩む人におすすめの転職エージェント 正社員とし...

転勤を拒否できる可能性のある例外的なケース

転勤は原則拒否できませんが、正当な理由を主張できる場合、例外的に拒否できる可能性があるケースもあります。具体的には以下の3つのケースです。

転職を拒否できる可能性のあるケース
  • 就業規則に転勤がない旨や職種や勤務地を限定する旨の記載がある場合
  • 「業務上の必要性がない」「不当な動機・目的がある」「通常甘受すべき程度を著しく超える不利益」に該当する場合
  • 親の介護をする人が本人しかいない、家族が病気で転院ができないなど

まず、就業規則に転勤がない旨や職種や勤務地を限定する旨の記載がある場合、会社側には転勤命令権がないことを主張できます。

続いて、「業務上の必要性がない」「不当な動機・目的がある」「通常甘受すべき程度を著しく超える不利益」に該当する場合は、権利の濫用を主張できます。

ただし、これらのケースは会社とトラブルになる可能性もあるので注意しましょう。

親の介護をする人が本人しかいない、家族が病気で転院ができないなどのやむを得ない事情がある場合は、会社に配慮してもらえる可能性があるので、真摯な態度で交渉してみましょう。

下記記事は「地方転勤が嫌で辞める人」向けた記事なのでぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
地方転勤が嫌で会社を辞めるのはあり?地方転勤に抵抗を感じる理由と会社を辞めるメリット・転職活動を... 本記事でわかること 地方転勤で会社を辞めるメリット・デメリット 地方転勤が原因で会社を辞めるときの転職活動のポイント 地方転勤が嫌で会社を辞める人におすすめの転...

「転勤なら辞めます」と離職するメリット

転勤を拒否できず、離職したいと考えている人は、次のような離職するメリットについても理解しておきましょう。

以下でそれぞれ詳しく解説していきます。

転勤を命じられるストレスから解放される

転勤が発生しない企業に転職すれば、いつ転勤させられるかということに不安を抱き続ける必要がなくなり、ストレスから解放されます。

転勤を拒否したい理由としてもっとも多いのが、家庭の事情や将来への不安などです。その点、転勤のない企業に転職すれば、家族がいると安心して将来像を描けるようになります。

転勤した先では自分の将来像を描けなさそうという人は、転職を検討しましょう。

自分の望むキャリアを構築していくきっかけになる

転勤離職を選べば、それを機にキャリアアップやキャリアチェンジも狙え、自分の望むキャリアを構築していくきっかけになります。

転勤は自分のキャリアにおいて大きな転換期ですが、その決定権を会社に委ねているのでは、自分でキャリアを選んでいるとは言えません。その点、離職してキャリアを見直せば、このまま現職を続けるよりも理想とするキャリアを歩める可能性があります。

キャリアを見直す際は、自己分析を深めるのはもちろんのこと、キャリアアドバイザーにも相談して確実に成功させましょう。

「転勤なら辞めます」と離職を選ぶデメリット

転勤離職にはメリットもありますが、以下のようなデメリットもあります。

退職して後悔しないように、しっかりチェックして知っておきましょう。

突然の転職活動となり準備不足で失敗するおそれがある

転勤があらかじめわかっていなかった場合、離職までの時間が短いため突然の転職活動となり、準備不足で失敗するおそれがあります。

転職活動に失敗すれば給与・待遇面、キャリア面で今までよりも条件が悪くなる可能性があるので、そのことを考慮したうえで決断しましょう。

転職活動は、平均で1~3ヶ月ほど時間がかかります。退職意思を表明してから実際に退職するまでは1ヶ月ほどあるので、その間にできるだけ準備を進めてください。

退職金・雇用保険の給付に悪影響が及ぶリスクがある

転勤離職は会社都合ではなく自己都合による退職となるため、退職金・雇用保険の給付に悪影響が及ぶリスクがあります。会社の規定によっては、退職金の支給額が減額されてしまう恐れがあるので、不安な人は就業規則を確認しましょう。

また、自己都合退職の場合は失業保険の給付までに最短3ヶ月かかり、さらに受給期間も会社都合の場合に比べて短くなります。

しかし、目先の退職金や失業保険を惜しんでいては、転勤は避けられません。自分のキャリアや事情と天秤にかけて、最適な選択を心がけてください。

「転勤なら辞めます」と離職する前にやっておくべきこと

「転勤なら辞めます」と離職する前にやっておくべきことは、以下の通りです。

転勤あるいは離職を選択する時間は少ないですが、やるべきことをやっておかないと後悔します。いきなりやめるのではなく、まずは以下で紹介することを実践してください。

少しでも条件が良くなるよう交渉する

まずは会社に転勤を拒否したい理由を誠実に伝えましょう。ただ、明確に拒否の姿勢を取ってしまうと、就業規則に背いていると判断され、懲戒処分の可能性もあるので注意してください。

まずは強い拒否ではなく、理由を話したうえで転勤の時期を遅らせて欲しい、戻れる時期を提示して欲しいといった条件を出して、譲歩できないか探っていきましょう。離職に踏み切るのは、どうしても折り合いがつかないと判断してからでも問題ありません。

転勤を選んだ場合のメリットを確認する

転勤を命じられるとデメリットばかりが目につきがちですが、転勤するメリットについても理解しておきましょう。Indeedがおこなった転勤に関する求人動向・意識調査では、以下のようなメリットがあることがわかっています。

転勤を選ぶメリット
  • 通勤時間が減る
  • 新しい環境で気分転換できる
  • 良い経験を積める
  • 新しいチャレンジができる
  • 社内で新しい人脈ができる

新しい環境は不安がつきまといますが、むしろメリットになる場合もあります。自分の中で転勤するメリットと離職するメリットどちらが大きいのか比較することが大切です。

転勤離職から転職を成功させるコツ

転勤離職を選択するなら、離職を申し出てからすぐに転職活動をスタートさせる必要があります。転職を成功させるために、以下のようなコツを抑えておきましょう。

それぞれ詳しく紹介します。

転勤の可能性が低い会社・職種を探す

まず転勤の可能性が低い会社・職種を探すのは、転勤を拒否したい人なら当然掲げるべき希望条件となります。応募したい企業を絞ったら、求人情報や実際に働いている社員の口コミなどから、転勤の可能性を調査しておきましょう。

転勤なしの募集の場合は、求人に記載があることもあります。また、会社の拠点についても調べておけば、転勤した場合にどの拠点に行くのかがわかります。

また、面接では転勤しないことを希望するのも1つの方法です。入社前から転勤を拒否すると印象が下がるかもしれませんが、明朗かつ前向きな印象を与えられる言い方をすれば採用される可能性はあります。

退職理由をポジティブな内容に変換する

転職の面接の際は、退職理由をポジティブな内容に変換して話しましょう。転職に際してはよく聞かれることですが、無理に「転勤が嫌だから退職しました」と伝える必要はありません。

そのままストレートに伝えると、人事異動に不満があるとすぐに退職する人間というイメージを持たれてしまいます。正当な理由があっての離職であったと伝えることが大切です。

ただし、うその転職理由を作る必要はありません。転職に至った以上、何かしらの不満があったことは面接官もわかっています。

言わないことをあらかじめ決めておき、応募先の企業に転職して解決する退職理由だけを話しましょう。

キャリアの棚卸しを行い転職先で貢献できることをアピールする

転職を決めたら、準備としてまずはキャリアの棚卸しをおこない、転職先で貢献できることをアピールできるようにしましょう。

中途採用では即戦力を求めるのが基本です。転職先で活かせるスキル、経験を整理してどのように貢献していけるのかアピールしましょう。

採用担当者にスキルが伝わりやすいよう、職務経歴書の作成と面接対策は徹底的におこなってください。職務経歴書を作成する際は、第三者に添削してもらい、客観的な意見をもらいましょう。

面接対策は頻出問題を理解するだけでなく、模擬面接を繰り返してしっかりアピールできるよう練習しましょう。

転職エージェントを活用する

転勤離職ではとにかく転職活動のための準備時間がないので、転職エージェントの利用が必須と言っても過言ではありません。限られた時間で自分に合った企業・求人探し、選考対策を講じていくうえで、専門家である転職エージェントのサポートは不可欠です。

転職エージェントには、転職事情を熟知したキャリアアドバイザーが在籍しており、転職希望者のスキルや経験を最大限活かせる企業を紹介してくれます。

希望条件に応じた企業を紹介してくれるので、転勤が嫌な人は転勤のない企業に転職したい旨をあらかじめ伝えましょう。

転勤離職を考える人におすすめの転職エージェント

転勤離職を考える人におすすめの転職エージェントは次の3つです。

おすすめの転職エージェント

それぞれのサービスについて詳しく紹介するので、自分に合ったものを選んで転職を成功させましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 4
    ハイクラス求人
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • オリコン顧客満足度No.1
  • 未経験者の転職に強み
  • 異業種の転職サポートが充実

マイナビエージェントは、2023年オリコン顧客満足度で総合1位を獲得した転職エージェントで、大手ならではの求人数の多さと、丁寧なカウンセリングが魅力です。

また、マイナビグループの強みを活かして各業界の公開・非公開求人を数多く扱っているので、自分に合った転勤なしの求人が見つかるでしょう。未経験OKの求人も多く、別業種にキャリアチェンジを考えている人にも向いています。

マイナビエージェントは支援制度も豊富で、キャリアアドバイザーの面談や書類の添削はもちろんのこと、転職相談会や転職市場レポートなどがあり、転職に関するすべてがマイナビエージェントで完結します。

>>公式HPを見る

メリット
  • 全国各地域で転職活動できる
  • 各業界に精通している
  • 「20代」や「第二新卒」の若い世代の転職に強い
デメリット
  • ハイクラスの求人が少ない
  • 転職の意志が弱いとサポートを断られることがある
  • 希望する条件と合う求人がない可能性がある

▼マイナビエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
20代男性(電子部品)
職務経歴書の添削がとても丁寧で何度も添削してもらいました。文章の表現方法も都度私に聞いてくださり、私が書きたいことを出来るだけ崩さないようにしつつ、しっかりと企業に伝えることができる表現に変えてもらったことがとても良かったです。
Review Image
20代女性(IT業界)
求人情報の詳細や条件についても充実しており、自分に合った条件を選ぶことができました。これにより、時間を節約しながら効率的に求職活動を進めることができました。

引用:キャリアクラス転職独自調査

\オリコン顧客満足度NO.1のサポート/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

doda

【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    ハイクラス求人
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaの特徴
  • スカウト機能がありサポートが幅広い
  • 支援ツールが使いやすい
  • 転職サイトとエージェントの機能をあわせ持つ

dodaは、業界大手のパーソルキャリア株式会社が運営する転職エージェントです。dodaの魅力は、転職サイトとエージェントの機能をあわせ持つことであり、転職サイトで気になった求人についてエージェントでサポートを受けることもできます。

求人は20万件以上の公開求人を保有しているほか、doda独自の非公開求人の中からマッチする求人を紹介してもらえるので、納得できる転職が可能です。

また、自分で求人を探す、エージェントから紹介してもらう以外にもスカウト機能があり、自分で探さなくても優良求人と出会えるのも魅力です。さまざまな角度から転職活動を効率よく進めて、早期の内定を獲得しましょう。

>>公式HPを見る

メリット
  • サポート期間に制限がなく、自分のペースで進められる
  • 年収査定で自分の適正年収がわかる
  • エージェントとLINEで気軽に連絡が取れる
デメリット
  • スカウト数が多いため、メールの管理が大変
  • 担当者によって対応やサポートに差がある

▼dodaの口コミ

スクロールできます
Review Image
30代男性(医療業界)
自分にあった非公開求人を紹介してくれるので、それで転職が出来たら確実に給料アップができます。対応も早く私に合う求人があればすぐに連絡をくれるのですごく助かりました。
Review Image
30代女性(医療業界)
自分にあった非公開求人を紹介してくれるので、それで転職が出来たら確実に給料アップができます。対応も早く私に合う求人があればすぐに連絡をくれるのですごく助かりました。

引用:キャリアクラス転職独自調査

\スカウトが受けられる/

あわせて読みたい
【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?実際に利用した方の体験談を紹介 転職エージェント業界は、まさに戦国時代です。大手と中小企業がたくさんあるため、結局どの転職エージェントがおすすめか分からない人も多いはず。 数ある転職エージェ...

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ビズリーチの特徴
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占める
  • 優秀なヘッドハンターからスカウトが届く
  • 直接企業とコンタクトが取れるためキャリアアップしやすい

ビズリーチは、国内最大級のハイクラス向け転職サービスです。年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占めており、キャリアアップを目指す人におすすめです。

ビズリーチにはヘッドハンターや企業からオファーが届くスカウト機能があり、自ら応募しなくても選考が進められるため、転勤離職で時間のない人でも効率よく転職活動できます。

在籍するヘッドハンターは独自の厳しい審査を通過した人材で、ヘッドハンタースコアの良い方と出会えば、自身の転職活動に大いに役立つでしょう。ヘッドハンタースコアは会員の満足度や採用決定数などの転職支援実績を数値化したものなので、点数の高い方を選びましょう。

>>公式HPを見る

メリット
  • 高年収求人に出会える
  • スカウトを受けることで市場価値がわかる
  • 便利に転職活動できる機能が充実している
デメリット
  • 審査に通らないと利用できない
  • 選考対策を受けられない可能性がある
  • 無料プランだとサービスが限られる

▼ビズリーチの口コミ

スクロールできます
Review Image
20代男性(IT業界)
スキルアップやキャリアップができる。求人している会社が年収も高く、保険や有給制度もしっかりしている所が多かったので、収入をあげたかった自分に合っていました。
Review Image
30代女性(商社事務)
ビズリーチで特に素晴らしかった所は、履歴書・職務経歴書の書類添削や、企業に合った面接指導等についてもきめ細かく利用しやすいと思いました。自分自身の市場価値を正式に把握できることも良かったです。

キャリアクラス転職独自調査

\キャリアップが狙える/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ 本記事でわかること ビズリーチの良い口コミ・悪い口コミ ビズリーチを利用するメリット・デメリット ビズリーチの料金プラン ビズリーチの登録方法 実際にビズリーチを...

「転勤なら辞めます」は選択肢としてアリ!転勤の可能性が低い会社に転職しよう

「転勤なら辞めます」は選択肢としてありですが、まずはメリットとデメリットについてしっかり理解したうえで、最善の選択肢を選んでください。結果として転職を選ぶのであれば、転勤がないことを優先事項として転勤の可能性が低い会社に転職しましょう。

転職活動なら、転職エージェント大手であるマイナビエージェントに登録してサポートしてもらうのがおすすめです。

マイナビエージェントでは、キャリアアドバイザーから自分に合った企業を紹介してもらえるうえ、内定まで丁寧なサポートが受けられるのでぜひ登録しましょう。

\オリコン顧客満足度NO.1のサポート/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

東京生まれ東京育ち、日本大学芸術学部文芸学科卒。政治・就職・転職・ゲームなど幅広い分野で活動中の雑食webライターです。youtube動画や漫画のシナリオも書いています。趣味はキャンプ・バレーボール・ゲーム。
大学在学中からラジオ局ライターとして勤務し、国家公務員を経て現在はライターに出戻り。読者の日々が彩り豊かになるような文章を目指して執筆しています。

気になる見出しをタップ