MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

第二新卒はITエンジニアへの転職は可能?おすすめする理由や転職成功のコツについて徹底解説

本記事でわかること
  • 第二新卒にIT業界がおすすめな理由
  • 第二新卒がITエンジニアへの転職を成功させるポイント
  • ITエンジニアを目指す第二新卒におすすめの転職エージェント

第二新卒の転職先としてIT業界はおすすめです。IT業界は今後の成長が期待されており、キャリアアップが目指せる業界と言えます。

スキルと実績があれば、独立して自分でビジネスを行うことも夢ではありません。また、リモートワークを取り入れる企業もあり、柔軟な働き方を選択できます。

本記事では、第二新卒の転職先としてITエンジニアをおすすめする理由を解説します。転職成功のコツも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ITエンジニアへの転職を目指す第二新卒には、ワークポートの利用がおすすめです。IT・Web・ゲーム業界に特化しており、完全未経験からでもITエンジニアを目指せます。

\IT業界を目指すなら登録必須/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

第二新卒はITエンジニアへの転職は可能?

第二新卒がITエンジニアへの転職を目指せる理由について解説します。

IT業界の転職市場について把握しておきましょう。

IT人材は不足しているため転職しやすい

IT人材が不足していることが、第二新卒からITエンジニアを目指しやすい理由です。IT業界は今後も市場が拡大し続けるにもかかわらず、人材不足の状況が続くと言われています。

実際に2019年をピークに、IT業界への供給人材数は減少していくと予想されていています。

また、2030年までの需給予測においては、将来的に40~80万人規模で不足が生じると考えられています。

IT業界はすべての分野で人材不足であり、未経験者を受け入れる企業が今後も増える見込みです。そのため、未経験業界を目指す第二新卒にとって狙い目と言えます。

大手IT企業への転職は難しい

第二新卒にとってIT業界は転職しやすいですが、大手IT企業を目指す場合は話が変わってきます。

大手IT企業は即戦力な人材を求めており、第二新卒の強みであるポテンシャル採用をほとんど行っていません。

新卒採用であれば経験がなくても入社を目指せますが、未経験の第二新卒では書類選考の通過は難しいでしょう。

大手IT企業への転職を目指す場合は、ほかの企業で経験を積んでから転職する必要があります。そのため、まずは未経験を採用している企業を目指すことが大切です。

第二新卒にIT業界へ転職をおすすめする理由

IT活用の幅はますます広がりを見せており、今後もますますIT業界は成長を続けるでしょう。技術を必要とする職種の多いIT業界は、中途採用では未経験だとマイナスになりやすい傾向があります。

しかし第二新卒であれば、ポテンシャルと今後の活躍に期待して、未経験でも積極的に採用している企業が多くおすすめな業界です。

ではより具体的に第二新卒にIT業界転職をおすすめする3つの理由をお伝えします。

あわせて読みたい
転職したいけどスキルのない20代は転職できる?スキルなしの20代が今すぐやるべきことを解説 「転職したいけれどスキルがない」と悩む20代は多いです。しかし、20代の転職にスキルは必須ではありません。 特別なスキルを持っていなくても、転職に成功したケースが...

IT業界の転職求人倍率が高水準を維持している

dodaの調査によると、2014年以降のIT業界の転職求人倍率は、1を下回った時期はなく、常に高水準を維持しています。

直近2020年4月のデータでは、各業界の求人倍率は1〜2倍に留まっているものの、IT/通信の求人倍率は7.85と圧倒的に高い水準になっています(*)。

今後も経済状況は厳しいとの予測が多く、新卒採用を停止した企業も。しかしIT/通信系の求人数は他業界と比較すると変動は少なく、テレワーク需要の高まりなども踏まえて今後はますます求人数が増加する可能性が高いといえるでしょう。

*転職サイトdoda|転職求人倍率レポート(2020年5月18日発表)

能力重視で学歴・職歴不問の企業が多い

IT業界はWEBエンジニアやプログラマーなど、専門的な技術を活用し業務を行う職種が多いのが特徴です。そのためITの技術を取得していれば、学歴や前職での職歴はさほど重要視されない傾向にあります。

学歴や職歴に自信がない人でも、高収入やキャリアアップ が現実的に期待できる業界ですので、チャンスが広がっています。平均年収も446万円と、メーカー、総合商社次いで10業種中3番目と高くなっています(*)。

また成果主義の傾向が強く、成果が出れば翌年大幅に給料が上がる可能性があるのもIT業界です。

*転職サイトdoda|平均年収ランキング 最新版 【業種別】(2020/1/20公開)

あわせて読みたい
第二新卒はポテンシャル採用が重視!就職しやすい業界や転職を成功させるポイント、おすすめの転職エー... 新卒入社後2〜3年である第二新卒の転職では、スキルや経験よりも特性や潜在的な能力を重視するポテンシャル採用が広がっています。 自分のポテンシャルに気付き、ポテン...

年収が高い傾向にある

年収が高い傾向にあることも、第二新卒にITエンジニアへの転職をおすすめする理由のひとつです。

転職サイト「doda」の調査によると、2022年におけるITエンジニアの平均年収は442万円です。全職種を含めた平均年収が403万円であることから、ITエンジニアの年収は高いと言えます。

また、順調にITエンジニアとしてキャリアを積んでいけば、40代には年収が600万円を超えることも魅力です。

年収をアップさせたい第二新卒は、ITエンジニアへの転職を視野に入れておきましょう。

参考:doda「ITエンジニアの平均年収はいくら?給料アップを目指す方法や転職事例も解説」

将来独立や起業も視野に入れやすい

本人のスキル次第で可能性の幅が広いIT業界は、将来独立(フリーランス)や起業を視野に入れている人にもおすすめしたい業界です。

IT業界で身につけるスキルは汎用性の高いものが多く、一通り企業で仕事を積み重ねた後、独立しフリーランスとして仕事をしている人やサービスを開発し起業する人もたくさんいます。

リモートワークを推奨している企業も多く、子育てや介護など家庭の事情で在宅で仕事がしたい人も、IT業界は給料水準を落とすことなく働けるメリットがあります。

あわせて読みたい
【今がチャンス!】IT転職でおすすめの転職エージェント・転職サイト11選|IT向け転職エージェントの特... IT業界は人材が不足しており、転職先を見つけやすいのが特徴です。求職者1人に対して求人数6.82件という、他の業種よりも飛びぬけて高い数値をつけています。※2021年7月...

第二新卒がITエンジニアへの転職を成功させるポイント

第二新卒がITエンジニアへの転職を成功させるポイントを3つ紹介します。

ポイントを押さえて、ITエンジニアへの転職を実現させましょう。

IT業界やエンジニア職種について理解を深める

ITエンジニアへの転職を目指す第二新卒は、IT業界やエンジニア職種についての理解を深めてください。

ITエンジニアと言ってもさまざまな職種があります。業界分析を疎かにしてしまうと、転職後にミスマッチを起こすため注意が必要です。

また、転職活動を始める前に、ITに関する基礎知識を学んでみましょう。基礎知識を学習することで、自分に合うか合わないかをある程度見極められます。

未経験であれば、自己学習しアピールする

完全な未経験からITエンジニアを目指すのであれば、自己学習してやる気をアピールすることが大切です。

未経験の方はまずプログラミングについて学習するのが良いでしょう。また、基本情報技術者やネットワークスペシャリストなどの資格を取得するのもおすすめです。

実務経験のない第二新卒にとって、資格の取得はアドバンテージとなります。

ポテンシャル採用と言っても、完全な未経験者の採用は不安を抱えるものです。採用担当者に興味を持ってもらえる資格を取得しておきましょう。

転職エージェントを利用する

第二新卒がITエンジニアへの転職を成功させるなら、転職エージェントを利用してください。

転職エージェントに登録すれば、第二新卒や未経験を考慮してあなたに合った求人を紹介してくれます。選考対策や内定後の調整も任せられるため、初めての転職でも安心です。

転職エージェントには第二新卒特化やIT特化など、さまざまな種類があります。複数のサービスを組み合わせて、効率良く転職成功を目指すのがおすすめです。

ITエンジニアを目指す第二新卒におすすめの転職エージェント

ITエンジニアを目指す第二新卒におすすめの転職エージェントを紹介します。

複数のサービスを利用して、自分に合った転職先と出会いましょう。

ワークポート|IT特化型で第二新卒歓迎求人が多数ある

名前ワークポート
料金無料
求人数公開求人: 87,860件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界IT・WEB・ゲーム業界
公式HPhttps://www.workport.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ワークポート
拠点東京都品川区大崎1-2-2
アートヴィレッジ大崎セントラルタワー9F・6F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    顧客満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ワークポートの特徴
  • IT・Web・ゲームに特化した転職エージェント
  • 専任の転職コンシェルジュが内定までサポート
  • 無料アプリ「eコンシェル」で転職活動を支援

ワークポートは、IT・Web・ゲームに特化した転職エージェントです。未経験OKの求人も取り扱っており、未経験の第二新卒でもIT転職を目指せます。

専任の転職コンシェルジュが内定までサポートしてくれるため、転職に関する悩みを何でも相談できる環境が整っていて安心です。

また、ワークポートに登録すると、無料でプログラミングを学べます。面接に進むまでに、ITに関する基礎知識をしっかり身につけておきましょう。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 未経験でも応募できる求人と出会える
  • 登録後は無料でプログラミングを学べる
  • 書類添削や面接対策など丁寧なサポートを受けられる
いまひとつな点
  • 希望とは異なる求人を提案される場合がある
  • 地方向けの求人は見つかりにくい

▼ワークポートの口コミ

スクロールできます
Review Image
20代女性(IT業界)
エージェントの方が、丁寧に私の条件などの相談に乗ってくれ、的確に私に向いている職種などを提案してくれたので、自分で気づかない所にも気づけて良かったと感じました。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
20代男性(IT業界)
担当の転職コンシェルジュが積極的に連絡を取って相談に乗ってくれるのがとても良かったです。 転職はかなりの不安があるので、自分の知らないことを解決してくれて頼りになりました。

キャリアクラス転職独自調査

\IT業界を目指すなら登録必須/

doda|総合型の中でもIT業界の求人が多くサポートが手厚い

doda
【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    顧客満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaの特徴
  • エージェント・サイト・スカウトの3機能を利用可能
  • 総合型転職サイトの中でもIT業界の求人が豊富
  • 自己分析に役立つ診断ツールで転職をサポート

dodaは、エージェント・サイト・スカウトの3機能がひとつになった転職サービスです。

総合型の転職サイトですが、IT業界の求人を豊富に取り扱っています。未経験からでも応募できる求人もあるため、第二新卒の転職におすすめです。

また、スカウト機能も利用できるので、IT業界で経験がある第二新卒はスキルを登録することで企業からオファーをもらえるでしょう。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • IT業界の求人を46,000件以上取り扱っている
  • 求人紹介とスカウトで効率良く転職活動を進められる
  • 無料の診断ツールが自分の強み・弱みを言語化してくれる
いまひとつな点
  • 希望とは異なる企業からスカウトが届く場合がある
  • 大量のスカウトメールを管理する必要がある

▼dodaの口コミ

スクロールできます
Review Image
20代女性(IT)
さまざまな求人があったこと。一人で探すよりも効率的に転職活動することができたこと。使い方も簡単なので、転職をしようとしてる人におすすめできます。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
20代男性(ライター)
求人数が多いのでその点が良いかなと思いました。視野を広げて見ることができますのですごく良かったです。いろんな業界もありましたのでその点も最高でした。

キャリアクラス転職独自調査

\手厚いサポートで転職成功/

マイナビジョブ20’s|第二新卒向けで未経験OK求人が多数

名前マイナビジョブ20’s
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対象エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界全業種
公式HPhttps://mynavi-job20s.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビワークス
拠点東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    顧客満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビジョブ20’sの特徴
  • 20代・第二新卒に特化した転職エージェント
  • 取り扱う求人の75%以上が未経験OK
  • 適性診断をもとにした客観的な視点によるカウンセリング

マイナビジョブ20’sは、20代・第二新卒のサポートに特化した転職エージェントです。20代向けの求人のみを取り扱っており、自分に合った転職先が見つかります。

取り扱う求人の75%以上が未経験OKのため、未経験からIT業界を目指す第二新卒におすすめです。

また、適性診断をもとに客観的な視点でカウンセリングしてくれるため、自分の弱みを理解してリカバーできるように対策してもらえます。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • キャリアアドバイザーが客観的にアドバイスしてくれる
  • 適性診断で自分の強み・弱みを言語化できる
  • 無料で参加できるセミナーが転職に役立つ
いまひとつな点
  • 希望とは異なる求人を紹介される場合がある
  • 地方向け求人の取扱が少ない

▼マイナビジョブ20’sの口コミ

スクロールできます
Review Image
20代男性(IT業界)
書類選考で落ちることが多かったので、履歴書の添削をしてもらえたのは心強かったです。 また、企業とのやりとりもアドバイザーの方が行ってくれていたので、私は面接に集中するだけという環境も作ることが出来ました。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
20代男性(製造業)
希望の転職先を見つけられて、面接指導や書類選考における対策が見出せたので、良かったです。非常に面倒見が良いサービスで助かりました。感謝しています。

キャリアクラス転職独自調査

\75%以上の求人が未経験歓迎/

第二新卒必見!ITエンジニアの種類

では次にIT業界未経験の第二新卒におすすめの職種をご紹介します。企業によっては同じ職種名でも多少意味合いが異なり、より細分化されている場合もあります。

職種によっては未経験可の求人も多数ありますが、プログラミングスキルやシステムの知識があるだけ転職に有利です。

最近ではオンライン上でも手軽に学べるサービスがたくさん揃っていますので、IT業界に転職を考えている人は事前に勉強をしておくことをおすすめします。

第二新卒必見!IT業界の主要5職種

※システムエンジニア・プログラマーの平均年収は厚生労働省の賃金構造基本統計調査を基に「きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与」で算出。

厚生労働省|令和元年賃金構造基本統計調査(2020/6/4現在)

あわせて読みたい
IT業界への転職に資格はいらない?必要ないと言われる理由と未経験におすすめの資格を紹介 「将来性のある業界で働きたい」「テレワークで仕事をしたい」という人に人気が高いのがIT業界です。 IT業界はハードルが高いイメージがありますが、必ずしも資格がない...

システムエンジニア

システムエンジニアとは、システム開発の上流工程を担い、お客様のヒアリングやプロジェクト全体の進捗管理などを行う職種です。

より具体的には顧客が求める仕様を決め、大まかな設計を行うだけでなく、予算や人員、プロジェクト進捗管理などのマネジメント業務、実際にプログラムが稼働するかテスト工程まで担当します。

システムエンジニアの平均年収は568万円であり、全職種の平均年収である457万円より高い水準になっています。

システムエンジニアはITコンサルタントにステップアップが可能であり、ITコンサルタントになればより高い給料が見込めます。

WEBエンジニア

WEBエンジニアとは、WEBサイトやECサイトのシステムを構築するエンジニアです。

システムの設計から開発、運用・保守までを担うWEBエンジニアは、さらにフロントエンドエンジニアバックエンドエンジニアの2職種に分かれます。

フロントエンドエンジニア

フロントエンジニアは、ユーザー側に見られる部分のシステム構築を担います。

WEBデザイナーがデザインしたサイトに、HTMLやCSS、JavaScript、PHPといったプログラミング言語を用いて、WordPressなどのCMS構築やカスタマイズを行います。

初心者にも比較的習得しやすいプログラミング言語を活用していることもあり、第二新卒にも幅広く求人がありおすすめの職種です。

バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアは、フロントエンド(ユーザー側に見られる部分)とは逆で、ユーザー側に見られない部分を担当します。

フロントエンドからのデータ入力や指示をもとに、データ処理や保存、サーバーやデータベースを構築していきます。

バックエンドエンジニアはサイトにおける一番裏部分の設計を行うため、データベースの知識などより細かい知識が必要なことから、多少フロントエンドよりは敷居が高いといえます。そのため、なかなか中途採用で未経験からバックエンドエンジニアの求人を見つけるのは難しいでしょう。

しかし第二新卒であれば未経験でも積極的な採用を行っている企業も多く、チャンスが広がっています。

インフラエンジニア

インフラエンジニアとは、システムやインターネットなどを設計・構築・整備・保守する職種です。インフラはどのシステムにも不可欠であり、IT業界全体を支える職種と言えます。

インフラエンジニアは、サーバーエンジニア・ネットワークエンジニア・データベースエンジニアなどに細分化されているのが特徴です。

また、インフラエンジニアの年収は436~457万円であり、エンジニアの平均年収442万円と同等の水準となります。

スキルによって年収に差が出るため、身につけるスキル次第でさらなる年収アップを目指せるでしょう。

あわせて読みたい
第二新卒でITエンジニアへの未経験転職は難しい?おすすめな理由と成功させる3つのポイントを徹底解説 本記事でわかること 第二新卒でITエンジニアへの未経験転職がおすすめな理由 転職を成功させるポイント ITエンジニアへ転職するために利用すべきサービス 第二新卒でIT...

第二新卒がIT業界に転職を成功させるなら、転職エージェントを活用しよう

ここまで第二新卒にIT業界へ転職をおすすめする理由から、IT業界の主要5職種についてお伝えしました。

業界未経験でも第二新卒であれば、IT業界はまだまだチャンスは豊富にあります。

身に着けるべきスキルも多いものの、それに見合うだけの高水準な給料や多様な働き方が実現しやすいIT業界。

そんなIT業界への転職を成功させたいなら、転職エージェントを活用するのがおすすめです。特にIT業界未経験の人は、プロと共に転職活動を行うことで業界への理解を深めながら効率的に転職を成功する確率を高めることができます。

第二新卒でITエンジニアへの転職を目指す方は、ワークポートに相談してみてください。無料でプログラミングを学べるため、未経験からでも転職を成功させられます。

転職エージェントを活用して、希望するIT職種への転職成功率を高めましょう。

\IT業界を目指すなら登録必須 /

あわせて読みたい
第二新卒におすすめの転職エージェント23選|第二新卒から大手企業を紹介してもらえる転職エージェント... 「第二新卒での転職は早すぎる、やめとけ」という声がある一方、実際には3人に1人の新卒が3年以内に退職しています。 出典:厚生労働省「新規大卒就職者の事業者規模別...
あわせて読みたい
第二新卒で大手への転職は無理?第二新卒が超大手企業へ転職できる方法を解説 第二新卒で大手へ転職したいと考える人がいる一方、「新卒ですら難しいのに第二新卒は無理でしょ」と言われることがあります。 しかし、一定の基準を満たせば第二新卒で...
あわせて読みたい
【第二新卒の実態】第二新卒は甘くないという噂について解説|第二新卒が甘くないと言われている理由 新卒入社から約3年以内に転職をする人は、今や3人に1人とも言われています。いわゆる「第二新卒」の転職です。 ネットでは「第二新卒は若くて即戦力になるため内定がも...
あわせて読みたい
第二新卒で受からない原因と対処法を紹介|書類選考がうまくいかない時の解決策とは? 第二新卒として転職活動を続けても、なかなか採用されない方は多いでしょう。 以前と比べて、第二新卒を積極的に採用する企業は増えつつあります。しかし、書類選考で第...
あわせて読みたい
【社会人一年目辛い】社会人1年目で辛いメンタルのときに読む記事|仕事ができなくて辛いのはあるある?... 社会人1年目、すでに仕事が辛くてたまらない方いませんか? 社会人一年目で辛いと感じている多くの人が「先輩・同期たちとの差があり辛い」「仕事が上手くいかない」と...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ