MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

転職面接の自己紹介に自信がない!内定獲得率アップを目指せる例文・回答例を紹介

転職時の面接では、「自己紹介をしてください」と聞かれることがほとんどです。自己紹介は採用担当者とのファーストコンタクトになるため、要点を押さえて自分の魅力を伝えることが重要です。

もし、面接時に的外れな自己紹介をした場合は、内定をもらえない可能性が高くなると言っても過言ではありません。自分の魅力をうまく伝える自己紹介をしたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

本記事でわかること
  • 面接時に行う自己紹介の重要性について
  • 自己紹介する際に採用担当者へ伝えるべき項目
  • 採用担当者へ好印象与える自己紹介のポイント

「面接や自己紹介に自信がない」という方は、マイナビエージェントの利用がおすすめです。マイナビエージェントを利用すると、自己紹介の対策を徹底でき、万全な状態で本番の面接に臨めます。

\若年層の転職支援に強い/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

転職の成否を分ける?自己紹介の重要性について

転職の成否を分ける?自己紹介の重要性について

採用担当者と面接をする際に、必ず話すべき内容の1つに自己紹介があります。自己紹介では、自分のことを簡潔に伝える能力が求められます。

自己紹介で採用担当者にマイナスイメージを与えてしまうのはNGです。面接時に自己紹介が重視される理由、および自己紹介と自己PRの違いについて解説します。

転職の成否を分ける?自己紹介の重要性について

面接時で自己紹介が重視される理由

面接時に自己紹介が重視される理由は、応募書類では見抜けない求職者の人柄・性質などを判断するためです。

採用担当者は自己紹介を通じて、求職者が自社の求める人物像にマッチしているのか、適性はあるのかなどをチェックしています。話す内容・姿勢や視線、立ち振る舞いなどを確認し、第一印象を見定めるケースもあります。

他にも、採用担当者は自己紹介の内容から、求職者にコミュニケーション能力があるのかを確認することも珍しくありません。

「自己紹介」と「自己PR」の違い

面接時に行われる「自己紹介」と「自己PR」には、違いがあることを知っておきましょう。

面接時に自己紹介を求められたタイミングで間違えて自己PRをすると、採用担当者に「話が通じない求職者」だと思われてしまう恐れがあります。

自己紹介とは、初めて会う方に自分の名前・職業などを簡単に伝える説明のことです。一方で、自己PRは自分の経歴・スキルなどを具体的にアピールすることを意味します。

あわせて読みたい
職務経歴書の自己PRが思いつかないときの対処法 | 実績なし・フリーターでも書けるポイントを例文付きで... 転職するなら、職務経歴書の自己PRは非常に重要です。しかし、実績がなかったりフリーター期間が長かったりすると、なかなか文章が思いつきません。 自己PRがしっかりし...

転職活動における面接の自己紹介では何を言う?伝えるべき項目

転職活動における面接の自己紹介では何を言う?伝えるべき項目

転職活動時の面接における自己紹介では、下記の内容を伝えます。

転職活動における面接の自己紹介で伝えるべき項目
  • 名前
  • 現在の仕事内容および役職
  • 現職での実績や身につけたスキル・経験
  • 簡単な志望動機

転職活動の面接で自己紹介をする際は、名前を名乗り、現在の仕事内容および役職、実績や身につけてきたスキル・経験の順に伝えることが一般的です。自分のことを一通り紹介し終えたあとは、なぜ転職先を志望したのか動機を簡単に話します。

転職面接の自己紹介で好印象をもってもらうためのポイント

転職面接の自己紹介で好印象をもってもらうためのポイント

転職活動時の面接で行う自己紹介で採用担当者へ好印象を持ってもらうためには、下記のポイントを押さえておくことが重要です。

以下では、面接時の自己紹介で好印象を与えるために必要な項目を詳しく解説します。

1、2分で簡潔にまとめる

転職活動時の面接では、自己紹介を1〜2分程度で簡潔にまとめることが重要です。自己紹介が長くなると話の焦点がずれやすく、採用担当者に「何を伝えたいのかわからない」と思われる恐れがあります。

自己紹介を1〜2分でまとめるには、仕事内容やこれまで培ってきた経験・スキルなどの何を伝えたいのか、要点を絞りこむことが重要です。

実績やスキルだけでなく「第一印象」「人柄」が伝わるように話す

面接時に自己紹介をする際は、実績やスキルだけでなく「第一印象」「人柄」が伝わるように話すことが大切です。採用担当者の多くが、求職者の自己紹介を通じて第一印象や人柄を把握しているためです。

人事担当者202人を対象に実施した調査「正社員採用で採用担当者が重視するのは?」では、面接時に「人柄を重視している」と回答した割合が86.6%を占めています。
参考:ヒトクル「人事担当者アンケート|採用基準として重視するのは「人柄」が最多で86.6%。」

他にも、doda実施の調査「採用担当者が面接で見ているのはどこ?」では、第一印象を重視してチェックすると回答した採用担当者の割合が業種を問わず高い傾向にあります。
(出典:doda「採用担当者が面接で見ているのはどこ?」

面接官の笑顔を引き出す話を盛り込む

面接時の自己紹介で好印象を与えるためには、採用担当者の笑顔を引き出す話を盛り込むことを意識してみましょう。採用担当者も人であることから、印象に残る求職者に対して好印象を持ちやすいです。

場を和ませて採用担当者の笑顔を引き出したい場合は、例えば、出身地の話を混ぜてみたり、学生時代に打ち込んでいた部活動について語ってみたりするのがおすすめです。

ただし、採用担当者の笑顔を引き出そうとするあまり、プライベートの話をメインとした自己紹介にするのは控えましょう。

転職面接で自己紹介をするときの注意点

転職面接で自己紹介をするときの注意点

転職活動時の面接で自己紹介をする際は、下記のことに注意しましょう。

転職面接で自己紹介をするときの注意点

上記の注意点を意識せずに自己紹介をすると、採用担当者にマイナスイメージを与える可能性があります。以下では、自己紹介をどのように注意すべきなのかを詳しく解説します。

長々と話さない

転職活動時に行う面接では、自己紹介で長々と話さないことが重要です。企業の規模にもよりますが、採用担当者の多くは1日に複数の求職者と面接をします。

そのため、自己紹介を長々とすると採用担当者にストレスを与えてしまい、マイナスイメージにつながる恐れがあります。

実績やスキルを誇張しすぎない

面接時に自己紹介をする際は、実績・スキルを誇張しすぎないようにしましょう。実績・スキルを誇張すると、採用担当者へ事実とは異なった情報を伝えてしまいます。

誇張した部分を評価されて採用されると、入社後に任せられた業務をこなせなかったり、十分な成果をあげられなかったりする可能性があります。

企業から経歴詐称と評価されると、マイナスイメージを持たれるだけでなく、最悪の場合は解雇される危険性があるため注意が必要です。

面接における自己紹介のNG回答例

面接における自己紹介のNG回答例

面接時に要点を踏まえて伝えたとしても、次のような自己紹介は採用担当者へマイナスイメージを与える可能性があります。

以下では、採用担当者から見てNG回答になる自己紹介の例を解説します。

実績を長々とアピールしすぎる

採用担当者から見たときに、実績を長々とアピールする自己紹介はマイナスイメージとなります。どの部分が重要なのかが伝わりにくく、プレゼンテーションが下手な印象を与えてしまうためです。

実績を話す際に長くなる原因として、伝えたい実績を自分のなかでまとめられていないことが挙げられます。

実績を話す時間が長くなりそうな方は、伝えたい実績をランクづけし、そのなかから転職希望先とマッチする実績を1つ選んでアピールすることがおすすめです。

プライベートの話ばかり話してしまう

自己紹介のNG回答例として、プライベートの話ばかりすることも挙げられます。自己紹介で趣味や休日の過ごし方、友好関係の話がメインになると、採用担当者へ「仕事で挙げた実績が少ないのでは?」という印象を与えてしまいます。

転職時の面接は自分のことを知ってもらう場ですが、採用担当者が求めているのは仕事に関する情報です。プライベートの情報が多くなると、能力があるのか・ないのかを適切に判断してもらえず、採用を見送られてしまうでしょう。

実績や経歴に自信がなく、ネガティブな言葉を多用してしまう

面接時の自己紹介でふさわしくない回答例として、実績・経歴に自信がなく、ネガティブな言葉を多用してしまうこともあります。

実績・経歴を堂々と話せないのは悪いことではありませんが、言葉選びに注意することが大切です。

例えば、「誰でもできる」「たまたま」「運がよかった」などという言葉は、採用担当者から見るとよい印象に繋がりません。

そのため、「周囲と協力できたから」「コツコツと準備を進めてきたから」などのように、ポジティブな言葉へ言い換えて実績・経歴を伝える努力をしましょう。

転職面接の自己紹介で参考になる良い例

転職面接の自己紹介で参考になる良い例

「どのような自己紹介をすべきかわからない」という方は、自己紹介の例を知ることが大切です。自分の経歴・実績などを簡潔に伝えられる自己紹介を目指したい方は、下記の自己紹介を参考にしましょう。

転職面接の自己紹介で参考になる良い例

初めまして。本日は面接を受けさせていただきありがとうございます。転職 太郎と申します。株式会社キャリアクラス転職にて5年間製造オペレーターに従事し、自動車業界向けのエンジン部品の製造をしてきました。

2年前からは主任として部署全体の生産性向上に取り組み、昨年度は生産性を20%向上できました。これまでの現場および管理職の経験を活かして、御社でも尽力したいと思っております。

自己紹介をする際は、自分の名前をフルネームで伝えることが基本です。在籍している企業名も同様に「株式会社」「有限会社」などをつけた正式名称を伝えましょう。企業名を伝える際は、前株なのか後株なのかにも注意してください。

経歴・実績は要点を押さえて端的に伝えると、採用担当者が内容を理解しやすくなります。「現職にはいつから携わっているのか」「どのような実績を挙げたのか」を数字ベースで話すことも、経歴・実績を端的に伝えるポイントの1つです。

【業種別】面接時の自己紹介で好印象を与えるコツ

【業種別】面接時の自己紹介で好印象を与えるコツ

面接時の自己紹介は、業種によって見られているポイントが若干異なります。そのため、自己紹介を考える際は、転職したい業種でどのような情報を伝えると好印象になるのかを知っておくことが大切です。

以下では、転職先に選ばれるケースが多い4つの業種における、自己紹介で好印象を与えるコツを紹介します。

【業種別】面接時の自己紹介で好印象を与えるコツ

営業職

営業職を目指す際の自己紹介では、コミュニケーション能力や顧客対応力をアピールしましょう。

営業職は、他の職種と比べて人と接する機会が多い職種です。そのため、営業職の採用現場では、適切に受け答えできるのか・相手の意図を汲み取って会話できるのかなどを重点的に見られます。

事務職

事務職に応募する際の自己紹介では、パソコンを扱える点はもちろん、堅実に仕事をこなせるスキルがあることも伝えましょう。

事務職では、資料作成やデータ入力などを正確かつスピーディーにこなす能力が求められます。そのため、堅実に仕事をこなせる力があることを採用担当者へうまく伝えられれば、内定を得られる可能性が高まります。

IT技術職

IT技術職を目指すときの自己紹介では、携わってきた領域のスキルを積極的にアピールすることが大切です。ひと言で「IT技術職」といっても、携わる領域によって求められるスキルは異なります。

例えば、プログラマーであれば作成したプログラムのテストやバグ摘出、システムエンジニアであれば、設計・開発やマネジメントスキルなどを伝えましょう。

製造業

製造業の選考で自己紹介をする際は、携わった経験がある工程や自身の人柄をアピールすることが欠かせません。製造業といっても、仕事内容は出荷検査や形状測定などの軽作業から溶接機や旋盤を使った機械オペレーションまで多岐にわたります。

仕事内容によって求められるスキルは大きく異なるため、仕事内容がわかる際には企業の求めるスキルとマッチする経験・スキルを伝えることが重要です。

面接対策に強い転職エージェント

面接対策を十分に進めたい方は、下記の転職エージェントを利用しましょう。

面接対策に強い転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 20代・30代の転職支援に強い
  • 模擬面接を通じて面接が苦手な方へのサポートを実施
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。20代・30代、初めて転職する方への転職支援を得意としています。

マイナビエージェントでは、求職者が自信を持って面接に臨めるように、模擬面接を実施しています。模擬面接ではキャリアアドバイザーが面接官となり、面接時によく聞かれる自己紹介や志望動機などを中心に質問します。

採用担当者へ好印象を与える、声のトーンや話すスピードもレクチャーしてもらえるため、模擬面接を受けておけば自信を持って面接当日を迎えられるでしょう。

私的にマイナビエージェントが最高だと思ってたんだけど、リクルートエージェントも超優秀なキャリアアドバイザーに当たれば最高です。流石リクルート、精鋭はマジで精鋭だし、石ころは石ころ。リクナビ×マイナビ×専門性の高い小規模エージェントの3つを登録しつつAMBIとビズリーチ使うのが最適解かな

— プラテンさん (@platen100) January 23, 2023

マイナビエージェントは転職業界大手のマイナビが運営する転職エージェントです!長年の実績を活かして全国の企業と太いパイプを築いており、通常の転職サイトでは出会えない好条件求人が多いのが特徴です!若手人材に特化しているためキャリアアドバイザーの質も高く、5年後を見据えた転職が可能です

— タオ・ヘクマティアル (@TAO_Lv0) May 2, 2020

\若年層の転職支援に強い/

リクルートエージェント

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1の実績
  • 内定獲得に向けて面接対策を実施
  • 求人紹介から内定・退職交渉・入社までを一気通貫でサポート

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の実績を持つ転職エージェントです。実績豊富なキャリアアドバイザーによる転職サポートに強みがあり、これまでにさまざまな求職者の転職を成功させてきました。

リクルートエージェントでは希望に応じて模擬面接を実施しており、客観的なアドバイスや受け答えの基本をレクチャーすることで、求職者をサポートしています。

他にも「面接力向上セミナー」や「自己PRと志望動機の作成セミナー」などを通じて、選考面を全面的にサポートしている点はリクルートエージェントの大きな強みです。

リクルートエージェントを使ってみてGoodと感じた内容3選
●過去の面接質問を教えてくれた
●メンタル面を支えてくれた
●企業に売り込んでくれた
残業80時間で転職できたのはリクルートエージェントのおかげ。ただし、悪い担当者だと上手くいかないので要注意。ひとまず話だけでも聞く価値ありです。

— おいさん@転職で時間を増やす人 (@overtime0127) December 13, 2022

初めての転職 面接編
面接時質問したらイメージが悪くなる質問
・給与の事
・福利厚生の事
・ネガティブな質問
ポイントは面接官がどう思うかを考え質問しましょう
求人に書いてある事を面接時に質問する事は絶対NGです
初めて転職は「リクルートエージェント」に頼みましょう
私も利用してます

— マイルド@転職・就職・お悩み相談 (@mild_mens5) December 17, 2022

\転職支援実績No.1/

よくある質問

よくある質問

転職活動時の面接に関するよくある質問は次のとおりです。

ここからは、よくある質問に関する回答を紹介します。

転職面接の自己紹介の理想的な長さは?

面接時に行う自己紹介の理想的な長さは、1〜2分程度と言われています。自己紹介は短すぎるもしくは長すぎると採用担当者へマイナスイメージを与えるため、自分の経歴・スキル、志望動機などを端的に伝えられるように準備しましょう。

面接での自己紹介はどこまで話す?

面接時の自己紹介では、これまでの経歴・スキル、志望動機などを中心に話します。プライベートの話をするのは極力控えましょう。

面接では「休日は何をして過ごしていますか?」「趣味・特技は何ですか?」と聞かれるケースが多いです。基本的に自己紹介でプライベートの話をする必要はありません。

自己紹介で現職もしくは前職の会社名を言うべき?

面接時に自己紹介をする際は、現職もしくは前職の社名を述べるほうが好印象になります。会社名を述べずに面接へ臨むと、どのようなことをしている人なのかが採用担当者に伝わりにくくなります。

面接時に自己紹介・自己PR以外でよく聞かれる質問はある?

面接時に自己紹介・自己PR以外でよく聞かれる質問として、次のようなものがあります。

自己紹介・自己PR以外でよく聞かれる質問
  • 転職理由・背景
  • 志望動機
  • 強み・弱み(長所・短所)
  • 成功体験・失敗体験 など

質問への回答を考える際には、自己紹介・自己PRの内容と絡めると一貫性が生まれ、説得力が増します。

未経験や実績なしでアピールできることがないときの対処法は?

未経験や実績なしでアピールできることがない場合、これまでの経歴とあわせて、何を学んできたのか・経験をどのように活かしているのかなどを話せるとよいでしょう。

特に、20代・30代で未経験の業種へ転職する際は、人柄や将来性を重視するポテンシャル採用が期待できます。

第二新卒が自己紹介で注意する点は?

第二新卒が面接時に自己紹介をする場合は、経歴・スキルを誇張しないように注意しましょう。第二新卒を募集する企業は、求職者の経歴・スキルよりもやる気や人柄、熱意を求めている傾向があります。

転職成功を目指すなら面接時の自己紹介対策を徹底しよう!

転職成功を目指すなら、面接時の自己紹介を作り込むことが重要です。面接時の自己紹介は自分と採用担当者を繋ぐファーストコンタクトになるため、中身が薄ければ第一印象が悪くなります。

面接および自己紹介に自信がない方は、模擬面接を実施しているマイナビエージェントの利用がおすすめです。マイナビエージェントでは模擬面接で面接時のルール・マナーを伝えるほか、どのように受け答えすべきなのかをレクチャーしています。

面接時に自分の魅力をうまく伝えたい方は、マイナビエージェントに登録しておきましょう。

\20代・30代の転職に特化/

転職の選考対策に関する記事

あわせて読みたい
転職面接前に必ずやるべき面接対策を紹介|転職面接で絶対にやってはいけない行動とは? 初めての転職活動では、面接への対策が非常に重要です。 準備を万全にして面接に臨まなければ、基本うまくいきません。 本記事でわかること 転職面接で必ずやるべき対策...
あわせて読みたい
職務経歴書の書き方を徹底解説|書き方がわからない転職初心者にも簡単に説明! 転職初心者の方にとって、最初に苦戦するのは職務経歴書の書き方です。 「具体的に何をどのように書けばいいかわからない…」と言う方がほとんどではないでしょうか。 本...
あわせて読みたい
転職の志望動機の書き方を解説|未経験の仕事へ転職するときの例文を紹介 転職活動における志望動機は、入社意欲を伝えるための重要な文書です。端的かつ具体的に書くことで、面接までスムーズに進む可能性が高まります。 志望動機がしっかりし...
あわせて読みたい
職務経歴書の自己PRが思いつかないときの対処法 | 実績なし・フリーターでも書けるポイントを例文付きで... 転職するなら、職務経歴書の自己PRは非常に重要です。しかし、実績がなかったりフリーター期間が長かったりすると、なかなか文章が思いつきません。 自己PRがしっかりし...
あわせて読みたい
転職面接の逆質問を考える際の注意点!面接官に好印象を与える逆質問の考え方・おすすめの例文リストを紹介 面接では、必ずと言っていいほど最後に「何か質問はありますか」という逆質問があります。実は、逆質問は面接の印象を左右することもある重要なポイントです。 本記事で...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ