MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

転職面接前に必ずやるべき面接対策を紹介|転職面接で絶対にやってはいけない行動とは?

初めての転職活動では、面接への対策が非常に重要です。

準備を万全にして面接に臨まなければ、基本うまくいきません。

本記事でわかること
  • 転職面接で必ずやるべき対策
  • 転職面接で絶対にやってはいけない行動
  • 転職面接の対策が充実した転職エージェント

面接対策をしたい人におすすめの転職エージェントはリクルートエージェントです。転職業界No.1の実績に加え、転職面接のサポートが充実しているので、面接対策をしたい人はぜひ登録しましょう。

\転職するなら登録必須/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

転職活動で面接対策が必要な理由

転職活動で面接対策が必要な理由

マイナビエージェントが集計したデータによると、転職活動では書類選考を通過する確率は30%、そこから一次面接を通過する確率はさらに30%程度とされています。

この確率を通過して内定を得るには、面接への対策が必要となるでしょう。

面接対策が必要な具体的な理由は以下の2つです。

まずは面接対策にどのような効果があるか見ていきましょう。

限られた時間で自分の強みをアピールできる

面接対策をおこなっておけば、限られた時間内で自身の強みを十分にアピールできます。

面接時間はある程度決められているので、アピールの時間は有限です。

限られた時間内に好印象を残し選考を通過するためには、準備が必要となります。

対策をしていないと自身の強みを十分にアピールできず、面接を通過できません。

面接官の印象に残らない話を長々と続けてしまい、結局何が言いたいのかわからないアピールになってしまいます。

面接を通過するためには短時間で自身の強みをアピールし、面接官に良い印象が残る面接態度と回答を準備しておかないといけません。

緊張が和らぎパニックになることを防げる

面接対策をしておけば、面接の場面でも過度に緊張せず落ち着いて質問に回答できます。

面接の場では緊張する人が多く、頭が真っ白になって考えていたことが飛んでしまいがちです。

パニックになってうまく話せず、言いたいことが伝わらないと面接では良い印象を与えられません。

そこで対策をしておくと、緊張を和らげられ言いたいことを伝えやすくなり、効果的なアピールができます。

転職面接前に必ずやるべき面接対策

転職面接前に必ずやるべき面接対策

転職面接前に必ずしておくべき面接対策は次のとおりです。

面接対策をしたか・しなかったの差は、本番での面接時に大きく影響します。具体的な面接対策と、対策を行う理由について見ていきましょう。

面接の実践練習をする

本番の面接のために実践練習をするのが、効果的な面接対策です。

他人に自身の強みを伝えるのは難しいので、練習していないと緊張してうまく話せません。

具体的な実践練習としては、頭の中でイメージし、メモ書きして文字にした後、声に出して練習すると良いでしょう。

面接で想定される質問をイメージしたら文字にして整理し、声に出して話し方や声の大きさをチェックするといった流れです。

面接の練習を繰り返すと、慣れてきて緊張が和らぎ、伝えやすさも向上して面接合格率も上がります。

自己分析をして自分の話したい内容を言語化する

自分の強みアピールをうまく伝えるために、自己分析をして内容を言語化しましょう。

あらかじめ言語化しておかないと、本番の面接でうまく言葉として出てきません。

自己分析をして言語化しておくと、自分の強みをあらためて理解でき、面接でスラスラと質問に回答できます。

言語化をするときは、実践練習と合わせて行うと良いでしょう。

一人で練習する際は面接官と自身の一人二役で行い、質問と回答を両方用意しておくと面接でのリズムを掴みやすくなります。

「あなたの強みはなんですか?」「志望動機はなんですか?」などの想定される質問を口に出して、自然に言語化できるようにしましょう。

業界・企業について調べる

面接を受ける業界・企業について調べておくのも、面接対策の一つです。「なぜその業界・企業に入りたいのか」を深掘りでき、志望動機を聞かれた際の回答が明確になります。

面接で調べたことを話す際は、自分のスキルや考え方と接点を持たせるのがおすすめです。

例えば企業の理念やサービスの中で魅力に感じた点を自分の性格や実績と関連付けると良いでしょう。

「あなたの会社について調べました」という熱意と、自身の強みを同時にアピールできます。

話すことも固まりやすいので、面接を受ける前にしっかりと業界・企業の調査をしておきましょう。

転職の面接対策で気をつけるべき点

転職の面接対策で気をつけるべき点

面接対策を行う際に気をつけておくポイントは次の2つです。

上記の点に注意しないと、あまり効果のない面接対策になってしまいます。

どうすれば効果の高い面接対策になるのか、詳しく見ていきましょう。

実践練習では本番と同じ緊張感を持って行う

実践練習では、本番と同じような緊張感を持って行わなければ練習効果が十分に出ません。

緊張感を持って練習しなければ、緊張が和らぐ・話し方が改善されるなどの効果が得られないためです。

本番で想定されるような質問にしっかりと答える練習をすることで、自然な受け答えや慣れが身につきます。

本番と同じ感覚で練習に臨むことで十分な効果が出るので、面接は練習でも緊張感を持って行いましょう。

すべて一人で対策しようとしない

面接対策はすべて一人でしようとせず、友達や家族、転職エージェントの力を借りた方がうまくいきます。

自分一人では実践練習や企業研究にも限界があるので、他人の力を借りた方が効果的です。

例として、誰かに面接役をしてもらい受け答えの練習をすると、面接での間の取り方や声の大きさなどをチェックできる、良い練習になります。

転職エージェントに手伝ってもらい行う面接対策では、転職のプロのサポートにより、効果的なアドバイスを期待できるでしょう。

【転職初心者必見】面接の基本を解説

【転職初心者必見】面接の基本を解説

転職初心者に向けた、面接の基本を本項では解説します。

次のような項目を見ていきましょう。

【転職初心者必見】面接の基本を解説

面接で聞かれる主な内容

面接で聞かれるのは、主に次のような内容です。

面接で聞かれる主な内容
  • 自己紹介をお願いします
  • 職務経歴を教えてください
  • 転職理由・退職理由はなんですか?
  • 退職してからの空白期間はなにをしていましたか?
  • 志望動機はなんですか?
  • 自己PRをしてください
  • 前職ではどのような実績がありますか?
  • 将来的にどんな仕事がしたいですか?
  • 休日の過ごし方や趣味を教えてください
  • 最後になにか質問はありますか?

面接で聞かれる内容は、ある程度決まっています。

自己紹介や志望動機、自己PRなどは聞かれることが多いので、ある程度話す内容を準備しておきましょう。

転職面接では、転職理由や退職理由などもよく聞かれます。

最後に質問がないか聞かれる「逆質問」も面接では定番です。

企業に熱意をアピールするために、いくつか質問内容を考えておきましょう。

あらかじめ聞かれるだろう質問に対する回答を用意しておくと、緊張が和らぎ話しやすくなります。

一般的な面接の流れ

一般的な面接は、次のように進みます。

一般的な面接の流れ
  • 入室
  • 自己紹介
  • 職務経歴・転職理由などの質問
  • 志望動機
  • 自己PR
  • 募集内容の説明・条件の確認
  • 質疑応答(逆質問)
  • 退室

まず面接会場に入室し、簡単な自己紹介を行います。

次にどのような仕事をしている・していたかや、転職活動をしている理由を質問されるのが転職面接では一般的です。

経歴について終わると、志望動機や自己PRなど、自身の強みをアピールする箇所に入ります。

自己アピールが終了した後は、仕事内容の詳細な説明や雇用条件の確認です。

面接官の質問が終わったら、最後に質疑応答としてわからないこと・聞いておきたいことを質問するタイムとなります。

質疑応答が終了したら、一礼して退室します。

転職面接前に準備すべきポイント

転職面接前に準備すべきポイント

次の2つのパターンに分けて、転職面接前に準備すべきポイントを解説します。

転職面接前に準備すべきポイント

近年ではオンライン面接も増えているので、どちらにも対応できるようにしておきましょう。

対面面接の場合

対面面接の準備におけるポイントは、次の4つです。

対面面接の場合|準備のポイント
  • 荷物
  • 場所
  • 日程
  • 服装

また、道に迷わないように、面接場所についても調べておきましょう。

面接の日程にも気をつけるべきです。日程を間違えたり遅刻したりは厳禁なので、カレンダーに書き込むなど対策しましょう。

服装は面接官に良い印象を与えられるよう、清潔感のあるものでまとめ、派手なものは避けます。

スーツは無地のジャケットとシャツ、靴はレザーのビジネスシューズ、女性はヒールが高すぎないパンプスがおすすめです。髪型も清潔感を重視し、男性は短く、女性は髪をまとめます。

転職面接ではスマホで時間を見るわけにはいかないので、腕時計の装着がマナーです。

面接前は必要な荷物が入っているか確認し場所を事前に調べ、遅れないように日程を組み服装を整えてから行きましょう。

あわせて読みたい
転職面接にふさわしい服装のマナーとは?男女・年代別の身だしなみや迷ったときの服装選びのポイントを解説 「面接に何を着ていけば良いの?」「服装自由ってどこまで自由なの?」と、転職面接の服装に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 転職の面接では、面接官からどう...

オンライン面接の場合

オンライン面接(Web面接)で準備すべきポイントは次の3つです。

オンライン面接(Web面接)|準備のポイント
  • 日程
  • 服装
  • 見え方

オンライン面接では現地に向かう必要がないので油断しがちですが、当然面接時間に遅れてはいけません。

忘れないようにカレンダーに記入しておく、アラームをセットしておくなど対策しておきましょう。

服装は対面面接と同様、基本的にはスーツです。企業から服装を指定されない限りは、スーツ着用で面接に臨みましょう。

オンライン面接が対面面接と異なるのは、見え方に工夫した方がいいという点です。

部屋の照明だけだと表情が暗く映ってしまう可能性があるので、ライトを当てて明るくするなど手を加えましょう。

面接で好印象を残す方法は?

面接で好印象を残す方法は?

面接で好印象を残すには、次の3つの方法があります。

面接で好印象を残す方法
  • ハキハキと話す
  • 企業に合わせたアピールをする
  • 実績や経験をわかりやすく説明する

上記を踏まえて面接に挑むと、面接官に好印象を与えられますよ。

ハキハキと話す

面接では聞き取りやすいようにハキハキと話しましょう。

緊張すると声が小さくなったり、早口になったりしてしまうものです。聞き取りにくい話し方をすると「自信がないのか」「社会人として大丈夫なのか」と見られてしまい、マイナスに捉えられてしまいます。

明るく、伝わりやすさを意識した話し方を面接では行いましょう。

企業に合わせたアピールをする

面接で好印象を残すには「なぜ自社を受けたのか」という問いにしっかりと答えを用意しておかないといけません。

そのためには企業をしっかりと調査し「この人はウチをわかってるな」と思ってもらえる内容をアピールしましょう。

面接を受ける企業の社風や求める人材を的確に把握し、面接でアピールできれば、合格にグッと近づきます。

面接対策では企業に合わせたアピールをするために、企業研究を徹底して行いましょう。

実績や経験をわかりやすく説明する

実績や経験を説明する際は、わかりやすさを重視しましょう。どれだけ素晴らしい内容でも、伝わらなければ好印象を与えられません。

面接官がイメージしやすいようにアピールするには、具体的な説明が必要です。「曖昧な表現ではなく数字で表す」「結果だけでなくそこに至る過程も説明する」などを行うと、伝わりやすさが上がります。

特に以前の職場と異なる業種へ転職する場合は、元の業種の専門用語を使うと混乱の元となるので、誰でもわかる噛み砕いた説明が必要です。

転職面接で絶対にやってはいけない行動

転職面接で絶対にやってはいけない行動

転職面接で絶対にやってはいけない行動は次のとおりです。

面接では自己アピールでプラスの印象を与えるのも大事ですが、マイナスとなる行動を減らすことも意識しましょう。

面接時間に遅刻する

面接時間に遅刻するのは厳禁です。

時間を守れない行動は社会人としての姿勢を問われる行為であり「当たり前のことを守れない」「一緒に働こうとは思えない」などのマイナスイメージは避けられません。

面接に遅刻してしまうと、次の面接に進める可能性が低くなりますし、遅れて来た時点で面接を受けられない場合もあります。

当日は面接時間に余裕を持って出発し、万が一交通機関の遅れで間に合わない場合は早めに面接先に連絡するのがおすすめです。

ネガティブな発言をする

面接では自分の強みをアピールする必要があるので、ネガティブな発言は控えましょう。

「自分に自信がないのかな」と捉えられてしまい、面接不合格につながります。

自分からネガティブな発言をするのはもちろん「あなたの短所はなんですか」と聞かれて、短所を話すだけの回答も良くありません。

短所を聞かれた際は自身の短所をハッキリと答え、それに対策を講じていることをアピールするのが好印象です。

例えば緊張しやすい性格が短所だとしたら、責任感が強い裏返しであり事前準備をすることで克服できるようになった、などと言い換えると短所がアピールポイントになります。

質問の答えになっていないことを話す

面接中に自身が話したい内容が先行してしまい、質問の答えになっていないことを話すのは減点対象です。

例えば実績やスキルについて質問しているのに、聞いてもいない武勇伝を長々と話し始めるなどです。

答えになっていない話をすると「質問の意図を理解していない」「コミュニケーション能力が低い」などの悪印象を与えてしまいます。

面接官の質問に答える際は、相手が聞きたいことの意図を理解し、わかりやすく伝えることを心がけましょう。

転職エージェントに面接対策を手伝ってもらった方がいい理由

転職エージェントに面接対策を手伝ってもらった方がいい理由

次のような理由から、面接対策は転職エージェントに手伝ってもらうと効果的です。

面接で評価されるポイントを知り尽くしている

転職のプロフェッショナルである転職エージェントは、面接で評価されるポイントを知り尽くしています。

転職に役立つ知識を多数持っているので、面接対策を手伝ってもらうと非常に効果的です。

具体的には、業界・企業によって大切していることや、面接の際にどういったことを言えばいいかなどのアドバイスをもらえます。

面接で評価されるポイントを多数教えてもらえるので、ぜひ転職エージェントの力を借りましょう。

自己分析を手伝ってくれる

転職エージェントでは自己分析を手伝ってくれるので、何をアピールすればいいか悩んでいる人にもおすすめです。

熟練のキャリアアドバイザーが、自身では気づかなかった魅力やアピールポイントを発見してくれます。

転職エージェントでは登録した後の面談で、プロの視点からアドバイスがもらえるので、新たな気づきを得られるかもしれません。

面接をうまく進めるための、弱みを強みにできる可能性や新たな適性が見つかる可能性があるので、転職エージェントを活用してみてください。

業界・企業の情報を教えてくれる

転職のプロのエージェントに面接対策を手伝ってもらうと、業界・企業の情報を教えてもらえる場合があります。

企業の求める人材や聞かれる可能性の高い質問内容を事前に押さえられるので、面接の合格率が上がるのが大きなメリットです。

業界・企業の詳しい情報は、一人では知ることが難しい情報も多数含まれています。

効率的に面接対策を行えるので、転職エージェントを活用する際は企業研究にも注目しましょう。

実際の面接のような練習をしてもらえる

転職エージェントのサポートの一つとして、実際の面接のような練習ができます。

1対1の面談形式で実践練習ができるので、本番の面接で「緊張感を和らげられる」「スムーズに受け答えできる」などの効果が期待できるでしょう。

転職のプロに見てもらえるので、改善すべき点や良かった点などのアドバイスももらえます。

一度だけでなく複数回手伝ってもらえるので、面接対策では転職エージェントを活用して模擬面接をしましょう。

面接対策が充実しているおすすめの転職エージェント

面接対策のサポートが充実した転職エージェントに登録して、面接を万全の状態で臨みましょう。

リクルートエージェント|業界No.1の実績

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1
  • 業界トップクラスの求人数
  • プロによる経験豊富な転職サポート

リクルートエージェントは、転職活動を始めるなら登録必須の転職エージェントです。転職支援実績No.1の大手リクルートであり、業界トップクラスの求人数を誇ります。

様々な業界・業種の求人を扱っているので、使い勝手が良い点も魅力です。

経験豊富なアドバイザーが多数在籍しているので、充実した転職サポートを受けられる点も見逃せません。

面接の受け答えが不安な人も、転職のプロから面接対策のアドバイスをもらえるので安心です。

初めての転職でどの転職エージェントに登録するか悩んでいる人は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。

\転職業界No.1の実績/

マイナビジョブ20’s|第二新卒・20代に特化!

名前マイナビジョブ20’s
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対象エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界全業種
公式HPhttps://mynavi-job20s.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビワークス
拠点東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
マイナビジョブ20’sの特徴
  • 第二新卒・20代に特化した転職エージェント
  • 求人の70%以上が未経験OK
  • 適正診断で自己分析が可能

マイナビジョブ20’sは、第二新卒・20代に特化した転職エージェントです。保有求人の70%以上が未経験歓迎の案件なので、経験の浅い20代でも内定を獲得できます。

マイナビジョブ20’sの大きな特徴は面談の前に行う「適正診断」で、自分では気づかなかった強みや仕事への適性の分析が可能です。

面接で自己アピールが苦手だった人も、適正診断を受ければ自身の強みをハキハキと答えられるようになります。

キャリアアドバイザーから面接対策として効果的なアピール方法も学べるので、面接の受け答えを鍛えたい人はマイナビジョブ20’sに登録してみてはいかがでしょうか。

\20代・既卒転職に特化/

転職の面接対策でよくある質問

転職の面接対策でよくある質問

転職の面接対策で挙げられることの多い質問は次の3つです。

本番の面接で動揺しないように、事前に対策しておきましょう。

逆質問で気をつけるべき点は?

「最後に質問はありませんか?」と聞かれる「逆質問」の際に気をつけるべきポイントは次のとおりです。

逆質問で気をつけるべき点
  • 今だから聞ける内容の質問にする
  • 話が広がりやすい質問にする
  • 事前に複数の質問を用意する

まず調べればすぐにわかるような質問はわざわざ面接で聞く必要がないので、避けた方が良いでしょう。

短すぎる内容や「はい」か「いいえ」で答えられるような質問も熱意をアピールできないので、話が広がりやすい質問にするべきです。

そして事前に質問を準備していても、面接内で回答済みの場合もあるので、複数の質問を用意した方が安心です。

「質問をしない」という選択は「自社への興味が薄い」と捉えられ、評価が下がる原因になります。

転職の面接対策はどのくらいの時間をかけるべき?

転職の面接対策にかける時間ですが、1日1時間程度時間をとって行いましょう。

面接の流れに慣れるために、集中力が途切れない程度の時間で対策をします。1時間のうちに行う内容は、イメージ訓練やアピール箇所の書き出し、声に出して練習などです。

時間をとってやりすぎると、自分の中で面接の流れのイメージが固まりすぎ、本番で練習以外の範囲の受け答えが難しくなるためおすすめできません。

できれば面接直前よりも、しっかりと時間をかけて前もって準備しておきましょう。

転職の面接対策でおすすめの本は?

転職の面接対策でおすすめの本は次のとおりです。

転職の面接対策でおすすめの本
  • 転職の思考法
  • 成功する転職面接
  • 適職の結論
  • 転職2.0

転職に関する本は様々なものが出版されているので、上記の中から手に取ってみましょう。

面接対策が書かれた本や、転職エージェント選びについて書かれた本もあるので勉強になります。

面接対策は転職エージェントの力を借りよう!

転職成功率を上げるためには、面接対策は必須です。一人で対策できるものもありますが、本番に近い実践練習は経験豊富なアドバイザーに見てもらった方が高い効果が見込めます。

実践的な面接対策を行うなら、転職のプロであるリクルートエージェントに相談するのがおすすめです。

各業界に精通した経験豊富なアドバイザーが在籍しているので、面接の際に役立つ指摘が多くもらえ、面接合格率が上がります。

\転職するなら登録必須/

選考対策に関する記事一覧

あわせて読みたい
転職面接の自己紹介に自信がない!内定獲得率アップを目指せる例文・回答例を紹介 転職時の面接では、「自己紹介をしてください」と聞かれることがほとんどです。自己紹介は採用担当者とのファーストコンタクトになるため、要点を押さえて自分の魅力を...
あわせて読みたい
転職面接にふさわしい服装のマナーとは?男女・年代別の身だしなみや迷ったときの服装選びのポイントを解説 「面接に何を着ていけば良いの?」「服装自由ってどこまで自由なの?」と、転職面接の服装に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 転職の面接では、面接官からどう...
あわせて読みたい
転職面接前に必ずやるべき面接対策を紹介|転職面接で絶対にやってはいけない行動とは? 初めての転職活動では、面接への対策が非常に重要です。 準備を万全にして面接に臨まなければ、基本うまくいきません。 本記事でわかること 転職面接で必ずやるべき対策...
あわせて読みたい
職務経歴書の自己PRが思いつかないときの対処法 | 実績なし・フリーターでも書けるポイントを例文付きで... 転職するなら、職務経歴書の自己PRは非常に重要です。しかし、実績がなかったりフリーター期間が長かったりすると、なかなか文章が思いつきません。 自己PRがしっかりし...
あわせて読みたい
転職面接の自己紹介に自信がない!内定獲得率アップを目指せる例文・回答例を紹介 転職時の面接では、「自己紹介をしてください」と聞かれることがほとんどです。自己紹介は採用担当者とのファーストコンタクトになるため、要点を押さえて自分の魅力を...
あわせて読みたい
職務経歴書の書き方を徹底解説|書き方がわからない転職初心者にも簡単に説明! 転職初心者の方にとって、最初に苦戦するのは職務経歴書の書き方です。 「具体的に何をどのように書けばいいかわからない…」と言う方がほとんどではないでしょうか。 本...
あわせて読みたい
転職面接の逆質問を考える際の注意点!面接官に好印象を与える逆質問の考え方・おすすめの例文リストを紹介 面接では、必ずと言っていいほど最後に「何か質問はありますか」という逆質問があります。実は、逆質問は面接の印象を左右することもある重要なポイントです。 本記事で...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ