MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

WEBディレクターにおすすめの転職エージェント8選|未経験者にもおすすめを紹介

Webディレクターとして転職したいけど、どの転職エージェントが自分に合っているのかお悩みの方、多いのではないでしょうか。

好条件の求人が多いWebディレクター転職ですが、あなたに合った求人を見つけられないと後悔につながってしまいます。

後悔のないWebディレクター転職にはプロの専門的なサポートが欠かせません。

本記事でわかること
  • Webディレクター転職で選ぶべきエージェントのポイント
  • Webディレクターにおすすめの転職エージェント
  • Webディレクター転職を成功させるためのポイント
  • Webディレクターが転職エージェントを使うメリット・デメリット

好条件のWebディレクター求人に出会い、内定を確実に勝ち取るためには、職種に特化した選考対策が必須です。後悔なく転職を一人でできるか不安なら、転職エージェントに相談しましょう。
業界最大手のリクルートエージェントを利用すれば他にはない求人27万件以上から、あなたに最適な企業を厳選して紹介してくれます。

\転職支援実績No.1/

※Web・IT業界にも強い

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

WEBディレクターが転職エージェントを選ぶときのポイント

WEBディレクターが転職エージェントを選ぶときのポイント

WEBディレクターに転職成功しやすくなる、転職エージェントを選ぶポイントを紹介します。

WEB関連の求人が多い転職エージェントを選ぶ

WEBディレクターの求人は、WEB・IT業界に強い転職エージェントを選ぶようにして下さい。そのうえで、転職エージェントの特性に合わせて複数登録がおすすめです。

転職エージェントの特性は、大きく2種類あります。

求人の掲載数を多くするため、幅広い業界・業種から集めることに強い「総合型」。そして、求人数は少なくても特定の業界・業種に強い「特化型」です。

「総合型」「特化型」の両方を登録する方が、網羅的に、より多くの求人を集めることができるからです。

登録無料の転職エージェントばかりなので、この手間はメリットにつながっていきます。

自分の要望をくんで求人を紹介してくれる転職エージェントを選ぶ

自分の要望を伝えたのに、まったく要望と違う企業を紹介されるケースがあります。他にも、希望する連絡頻度の大小や、担当者の機械的な対応や高圧的な態度を取られるケースもあるようです。

対処法として、複数の転職エージェントに登録すること、各社の担当者に他にも登録していることを伝えることが有効です。

ライバルの転職エージェントがいるとわかれば、各社の担当者は可能な限り要望に応える求人を紹介してくれるでしょう。その中で、より自分の要望をくんで求人を紹介してくれる転職エージェントを選んでください。

あなたの要望をくんでくれる転職エージェントと話を進めていけば、ムダのない転職活動ができるでしょう。

あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...

WEBディレクターにおすすめの転職エージェント

WEB業界の求人が多く、実績も豊富なおすすめの転職エージェントは下記の6つです。

次では、それぞれの特徴・おすすめポイントをまとめました。

リクルートエージェント

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートエージェントの特徴
  • リクルートのみの掲載企業など、業界最大級の求人数
  • 転職支援実績NO.1の徹底サポート
  • 面接対策や履歴書添削なども対応可能

業界最大手の「株式会社リクルート」が運営する総合型転職エージェントです。全国の求人を取り扱っているので、都市圏や地方に住んでいても求人が見つかります。

リクルートエージェントにしか求人を出さない人気の企業もあり、非公開求人も豊富なので、理想の求人が見つかりやすいです。

多数のキャリアコンサルタントがいるので、もしイマイチと感じたらいつでも変更が可能なので、安心して利用できます。

「総合型のリクルートエージェント」と「特化型の転職エージェント」と複数登録する人も多いです。

\転職支援実績No.1/

あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...

マイナビクリエイター

名前マイナビクリエイター
料金無料
求人数非公開
今の求人数:公式HP参照
対象年代20〜50代
対応エリア全国
オンライン面談あり
得意分野・業界全職種に対応
公式HPhttps://mynavi-creator.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビワークス
拠点東京都新宿区西新宿1-6-1
新宿エルタワー27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビクリエイターの特徴
  • WEB業界出身のアドバイザーが、企業に合わせたポートフォリオのアドバイス
  • あなたに合わせた、量より質の求人紹介
  • 納得いくまで寄り添う対応力の満足度が高い

マイナビクリエイターは、株式会社マイナビワークス運営のWEB・IT/ゲーム業界に特化した転職エージェントです。マイナビは業界最大手の人脈を活かして、WEB・IT・ゲーム業界の求人数はトップクラスを誇ります。

所属するアドバイザーは、WEB業界出身者が多いです。出身者だからわかる、本当に求められる企業の要望を理解しています。そのため、転職希望者と企業とのマッチング率は非常に高いです。

特にポートフォリオ作成や面接対策に力を入れており、マンツーマンで熱心かつ丁寧にアドバイスをしてくれます。

\Web・IT・ゲーム特化/

あわせて読みたい
デザイナー・クリエイター向け転職エージェント10選|Webデザイナー必須のポートフォリオ作成サイトも紹介 転職エージェントの数は多く、デザイナー・クリエイターの転職でどのエージェントを利用するべきか迷う方は多いでしょう。 各転職エージェントによって、デザイナー・ク...

Geekly(ギークリー)

【公式】https://www.geekly.co.jp/
名前Geekly
料金無料
求人数公開求人:19,867件
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア首都圏中心
オンライン面談
得意分野・業界IT/Web/
ゲーム業界
公式HPhttps://www.geekly.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社Geekly(ギークリー)
拠点東京都渋谷区渋谷1丁目11−8 4F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
Geeklyの特徴
  • WEB・IT・ゲーム業界専門の転職エージェント
  • 求人と就職希望者とのマッチング力が高く、書類通過率が高い
  • WEBディレクター経験者向けの求人が多い

Geekly(ギークリー)は、IT・WEB・ゲーム業界に強い特化型の転職エージェントです。転職支援実績は10年以上、キャリアアドバイザーは専門職の経験や知識があります。

求人は大手からベンチャーまで幅広く取り扱い、業界や求人を出す企業情報にも詳しいのが特長です。転職希望者の要望に合わせて、最適な求人を紹介してくれます。

平均年収アップ率が76%以上を誇り、企業との交渉力が強いため、キャリアアップを目指す人にもおすすめです。

\リモートフレックス求人多数/

あわせて読みたい
Geekly(ギークリー) 評判の口コミ・評判は?しつこい・やばいと言われる悪い口コミが本当なのか徹底調... 本記事では、Geeklyのサービスや実際の利用者からのリアルな口コミを紹介します。 また、Geeklyのメリットとデメリット、Geeklyと併用できる転職エージェントについても...

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
ビズリーチの特徴
  • 優良企業や一流のヘッドハンターからスカウトが届く
  • 取扱求人の3分の1以上が年収1,000万円以上のハイクラス案件
  • 一定基準を満たしたヘッドハンターによるサポートが充実している

ビズリーチは、ハイクラス向けの総合型転職エージェントです。求人の紹介だけでなく、ヘッドハンティング機能もあるため、転職活動がスムーズに進みます。

3分の1が年収1,000万円以上のハイクラス求人で、外資系や経営幹部、管理職などの求人も豊富です。キャリアアップを目指す人はもちろん、自分の市場価値を確認したい人にもおすすめします。

また、WEB関連の求人も多く3万件以上を保有しているので、あなたの希望に最適な求人が見つかりやすいです。

さらに、月額制の有料プランに入れば、転職が早期に進みやすくなります。スピーディーに年収アップをしたい人は、有料プランも検討してみましょう。

\ハイクラス転職するなら/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ ビズリーチはハイクラス転職を目指す人にうってつけな転職サービスです。 特に年収600万円以上を目指す人に支持されています。転職市場に出回っていない希少な求人に出...

ワークポート

名前ワークポート
料金無料
求人数公開求人: 87,860件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界IT・WEB・ゲーム業界
公式HPhttps://www.workport.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ワークポート
拠点東京都品川区大崎1-2-2
アートヴィレッジ大崎セントラルタワー9F・6F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ワークポートの特徴
  • 未経験からのIT・WEB業界への転職に強い
  • 紹介求人が多く、転職が決まるまでがスピーディー
  • 転職のサポートが充実しており、書類選考の通過率が高い

ワークポートは「株式会社ワークポート」が運営する、総合型転職エージェントです。総合型ですが、WEB・ゲーム業界の求人が豊富で、WEBディレクター関連求人は400件以上扱っています。

また、ツールで簡単に履歴書や職務経歴書を作成できるので、転職経験や未経験者でも、安心して利用しやすいでしょう。

次々と求人を紹介してくれるので、色んな求人を見たい人、スピード感をもって転職を考えている人にはおすすめです。

\WEBディレクター求人豊富/

あわせて読みたい
ワークポートの評判はいい意味やばい!対応がしつこくてやばいという評判を実際に体験者が論破 ワークポートはIT・ゲーム業界に強い転職エージェントです。未経験からのIT転職を得意とする一方、「求人紹介がしつこい」「コンシェルジュの対応が最悪」といった口コ...

doda(ドゥーダ)

doda
【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaの特徴
  • 業界トップクラスの求人数で未経験でも見つかりやすい
  • 豊富な実績とノウハウで、キャリアアドバイザーが徹底サポート
  • 地域問わず非公開求人が10万件以上

dodaは業界最大手の「パーソルキャリア株式会社」が運営する、総合型の転職エージェントです。

WEB関連の公開求人は約20,000件以上、非公開も合わせて30,000件以上と求人数は多いです。全国に拠点があるため、地方や海外での転職を考えている人は、登録しておくようにしましょう。

また、求人が豊富なので、未経験、年齢が高めでも求人が見つかりやすいです。

自分の適性に合う企業からオファーがもらえる「スカウトサービス」を利用すると、意外な企業から好条件の求人が来ることもあります。

\業界トップクラスの求人数/

あわせて読みたい
【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?実際に利用した方の体験談を紹介 転職エージェント業界は、まさに戦国時代です。大手と中小企業がたくさんあるため、結局どの転職エージェントがおすすめか分からない人も多いはず。 数ある転職エージェ...

WEBディレクター未経験の方におすすめの転職エージェント

WEBディレクターは、未経験からでも転職は可能です。

ここでは、転職エージェントの中でも、未経験歓迎の募集が比較的多めなサービスを紹介します。

WEBディレクター未経験の方におすすめの転職エージェント

マイナビジョブ20’s

名前マイナビジョブ20’s
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対象エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界全業種
公式HPhttps://mynavi-job20s.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビワークス
拠点東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
マイナビジョブ20’sの特徴
  • 第二新卒・20代に特化した転職エージェント
  • 公開求人の70%以上が未経験OK
  • 業界最大手なので信頼できる求人が多い

マイナビジョブ20’sは、業界大手の「株式会社マイナビワークス」が運営する転職サイトです。一番の強みは「第二新卒を理解したキャリアコンサル」と「実績豊富なノウハウ」です。

20代の転職希望者は、成長意欲が高く、次はもっと成功したいという気持ちや事情を理解しています。そのため、しっかりとした個別のキャリアカウンセリングをしてくれます。

担当者は、一人ひとりの経験や希望に合わせて、最適な企業を紹介してくれるので、納得感が違います。履歴書などの書類の添削や面接対策までしてくれるので、安心して利用してください。

\第二新卒に特化型/

あわせて読みたい
マイナビジョブ20’sの評判、口コミは?実際の利用者の体験談からわかる魅力とは? 第二新卒で転職活動をする人にとって気になるのが「第二新卒特化型エージェント」です。大手の第二新卒特化型エージェントで、圧倒的おすすめは「マイナビジョブ20's」...

UZUZ(ウズウズ)

【公式】https://uzuz.jp/
名前UZUZ
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界IT系
公式HPhttps://uzuz.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社UZUZ
拠点東京都新宿区西新宿3-11-20
オフィススクエアビル新宿3F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
UZUZ(ウズウズ)の特徴
  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化
  • マンツーマンの就職支援で内定率86%以上
  • 入社半年後の定着率95.7%

UZUZ(ウズウズ)は株式会社UZUZが運営している転職エージェントです。大手と比較すると規模は小さいですが、WEB・IT企業への転職に強いと定評があります。

WEB・IT企業未経験者のためのITスクールでスキルを育成してくれる他、就職内定率86%・入社後の定着率94%とマッチング率の高さも魅力です。厳正な自社基準で、ブラック企業を排除できているからこそ、離職者が少なさを実現しています。

WEB・IT企業の求人が多いので、総合型の転職エージェントと併用すると、豊富な業種・求人を重視する人にもおすすめです。

\第二新卒がWEB・IT業界に転職/

あわせて読みたい
UZUZ(ウズキャリ第二新卒)は良い意味でやばい?みんなの口コミ評判と実際に使って分かった評価を解説 第二新卒の方には第二新卒向け転職エージェントUZUZがおすすめです。 大手エージェントと比較すると規模は小さいですが、第二新卒に特化しておりIT企業への転職に強い転...

WEBディレクターが転職を成功させるためには?

WEBディレクターが転職を成功させるためには?

WEBディレクターへ転職成功するには、次のポイントを押さえておいてください。

WEBに強いエージェントと総合型のエージェントを併用する

転職エージェントは、2〜3社登録するようにしてください。特に、WEB業界に強い転職エージェントを複数社登録しておかないと、希望の求人を紹介される確率が低くなることが考えられます。

その上でWEBディレクターの実務経験者の場合、年収アップに強い転職エージェントを利用して、キャリアアップを目指しましょう。

業界未経験者の場合は、総合型転職エージェントを活用してください。未経験者歓迎の求人は比較的少なめです。そのため、より多くの転職エージェント登録が有効だからです。

また、実務経験あるなしに関わらず、書類選考・面接対策が重要です。転職経験が少ない人は、添削サポートなどのサービスが期待でき、実績のある転職エージェントを利用するようにしてください。

あわせて読みたい
転職エージェントは複数掛け持ちした方がいい?複数の転職エージェントを使うメリット・デメリットを紹介 本記事でわかること 転職エージェントを複数掛け持ちするメリット 転職エージェントを複数掛け持ちするデメリット 複数の転職エージェントを登録するときの選び方 転職...

前職での実績を具体的にアピールする

WEB関連企業だけではありませんが、実績を具体的なもの、特に数字で説明できるものは数字で伝える方が印象がよくなります。

なぜなら、経営者や管理者などの仕事は、基本的に数字で物事を判断する仕事といえるからです。

例えば「1年で売上の〇%アップに貢献した」などをアピールします。

前職での実績が数字で表現しにくい人は、日々の業務で工夫したことを伝えることでも、印象に残りやすいことを覚えておきましょう。

詳細設計からプログラミングまで担当しました。認識のズレが生じないように、上司に開発の全体像を確認し、把握して進めました。」などです。

あなたと一緒に働いた時の具体的な場面を、相手にイメージしやすく伝えると、とても印象に残りやすくなります。

今後目指す方向性を明確にする

面接時などで「当社に入ってやりたいことはありますか」という質問はよくあります。

質問の意図は、あなたの目標ややりたいことと、実際に携わる仕事がミスマッチしていないかの確認です。

企業分析をして、どのような人材を求められているかわかっていれば、そもそも応募する企業を間違えません。そのうえで、ミスマッチを防ぐためには自己分析をして、将来どのようなWEBディレクターになりたいか、今後の方向性を明確にしておきましょう。

もし「どのようなWEBディレクターになりたいかがわからない」「何をやりたいか言語化できない」という人は、キャリア相談サービスを利用するのがおすすめです。

今後「どのようなWEBディレクターになりたいか」を言葉で伝えられるようにしておきましょう。

もし一人で言語化する自信がないなら、ポジウィルに相談してみてください。簡単1分で、無料相談の予約ができます。

\ 将来へ不安が解消できる!/

あわせて読みたい
ポジウィルキャリアが怪しいと言われている理由は?ポジウィルの口コミ・評判、利用するメリットなどを紹介 ポジウィルキャリアは近年リリースされた新しいサービスのため、怪しいと思う人が一定数存在します。しかし、実際は「受講してよかった」など、ポジウィルキャリアのサ...

WEBディレクターに向いている人

WEBディレクターに向いている人

WEBディレクターに向いているポイントは4つです。

WEBディレクターに向いている人
  • 複数の仕事をこなせる人
  • 新しい情報をキャッチするのが苦にならない人
  • 責任感が強い人
  • SNSやネットをよく利用する人

WEBディレクターは、多くの「クライアント(お客様)」と「現場製作スタッフ」の間に立って、物事の判断や指揮をとる仕事です。

同時に進行していく仕事をこなしつつ、新しい情報を取り入れていかないと、時代から遅れていってしまいます。

問題が起きても、責任感をもって取り組んで、勤める企業や自分を成長させる努力が必要なのです。

あわせて読みたい
WEBディレクターに向いてない人の特徴は?対処方法について徹底解説 WEBディレクターの業務を向いてない・しんどいと悩んでいませんか?向いてない職業を続けるのは精神的にもよくないため、転職エージェント利用をして自分に合った仕事に...

WEBディレクターが転職エージェントを使うメリット・デメリット

WEBディレクターが転職エージェントを使うメリット・デメリット

WEBディレクターになるには、転職エージェントを使った方が、転職成功しやすいです。

しかし、必ず成功するわけではないので、メリット・デメリットをきちんと把握して利用してください。

WEBディレクターが転職エージェントを使うメリット・デメリット

メリット

WEBディレクターが転職エージェントを使うメリット
  • 自分に合った求人を紹介してくれる
  • ブラックな企業に当たりにくい
  • 選考対策を行ってくれる

転職サイトやハローワークでは、求人をだしている企業の特性や、どのような仕事内容かを理解するのは大変です。そのうえ、その企業がブラック企業かどうかの判断も難しいです。

転職エージェントなら、細かな企業分析や、ブラック企業の排除をしっかりしてくれます。転職成功のために、書類や面接対策をして、選考通過の確率を上げてくれるのです。

転職直後の不安相談も乗ってくれるので、未経験者でも安心です。転職成功のために、登録から転職後までしっかりフォローしてくれます。

あわせて読みたい
レア求人・ホワイト企業の求人の見つけ方を徹底解説|レア求人やホワイト企業の求人が見つからない原因は? せっかく転職するなら「レア求人に巡り合いたい」「給料が高い超ホワイト企業に転職したい」と思う方も多いでしょう。 ただ、自分で探してもなかなかレアな求人は見つか...

デメリット

WEBディレクターが転職エージェントを使うデメリット
  • ベンチャー企業の求人は比較的少なめ
  • エージェントによって対応エリアが違う

WEB関連はベンチャーやスタートアップの企業が多いため、高待遇が可能な企業が少ない傾向です。

もしベンチャー企業を希望する場合は、転職サイトや直接ベンチャー企業のホームページに問い合わせる方が良いでしょう。

また、都市部に強い転職エージェント、地方にも強い転職エージェントがあります。希望の勤務地がある人は、確認して登録するようにしてください。

転職エージェントを複数登録することで、求人数が増えて、デメリットを解決することも多いです。

あわせて読みたい
ベンチャー向け転職エージェント19選|ベンチャー・IT・ハイクラス特化の求人はどこで探す?後悔しない... 「ベンチャー企業に転職をしてみたい!」と考えている人もいるのではないでしょうか。 ベンチャー企業は個人の裁量が大きく、成長したい人におすすめの環境です。しかし...

WEBディレクターは未経験者でもなれるのか?

WEBディレクターは未経験者でもなれるのか?

未経験者でもWEBディレクターにはなることは可能です。

しかし、仕事の特性上、色んな現場製作スタッフの仕事を把握しないとできないこともあります。現場製作スタッフを経験してから、ディレクターを目指すことも検討してみましょう。

また、「未経験OK」の求人には、アシスタントから始める正社員もあるので、積極的に応募することもできます。

小規模の企業であれば、早期にディレクション業務に携わることもあるので、転職エージェントのアドバイザーの意見も聞きつつ始めてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
未経験でもITベンチャーに転職できる?やめとけ・きついと言われる理由を解説 「ITベンチャーに興味はあるけど、未経験で転職は厳しいだろうな……。」 このような悩みを持っていないでしょうか。IT業界は急速に成長を続けており、異業種から転職を考...
あわせて読みたい
未経験職種への転職を成功させる8つの秘訣とは? 未経験職種への転職を希望する場合、「経験がないから」とあきらめるのはもったいないことでしょう。前職の経験から活かせることが何かあるはずですから、それを探して...

WEBディレクター未経験者が理解しておきたいこと

WEBディレクター未経験者が理解しておきたいこと

WEBディレクターってどんな仕事か理解できていないと、ミスマッチが起こる典型といえます。

ここからは、WEBディレクターの仕事内容と、平均年収を解説します。

WEBディレクター未経験者が理解しておきたいこと

WEBディレクターの仕事内容

WEBディレクターの仕事は、WEBサイトの企画立案や製作などを行い、サイトの運用の責任者です。具体的には次の通り。

WEBディレクターの仕事内容
  • クライアントや自社の要望・課題のヒアリング
  • 企画提案・見積りや予算管理
  • プロジェクトの進行管理
  • コンテンツの品質管理
  • プロジェクトメンバーの選定や運用更新

WEBディレクターは、WEB製作に関する知識は必須です。また、問題に対してどう解決すればいいのかという方法だけでなく、その作業に必要なスキルや人材、時間、費用も把握できていないといけません。

社内で製作・解決するには難しい場合は、外注するためのノウハウも必要になってきます。マネジメントスキルやコミュニケーションスキルも必要になってくるでしょう。

WEBディレクターの仕事は、多くの「クライアント(お客様)」と「現場製作スタッフ」の間に立って、物事の判断や指揮です。

つまり、クライアントからダイレクトに評価されるので、その喜びや苦しみを同時に受け取ることができるのも、やりがいの一つといえるでしょう

WEBディレクターの平均年収

Webディレクター 年収

WEBディレクターの平均年収は、584.4万円です。関東地方は比較的高め、地方だと低めとなります。例えば、東京都であれば、669.4万円と高くなります。【参照】:厚生労働省 

WEBディレクターは、全職業年齢の平均年収よりも高い水準です。実績によって、収入は変動する傾向が多く、個人差がでやすい傾向があります。

また、平常時の勤務は、週休二日制などフレキシブルな働き方のできる会社も多いです。しかし、締め切りやトラブル対処などで、残業や休日出勤することもあるので、勤務時間は不規則になることもあります。

WEBディレクターになるには資格は必要?

WEBディレクターになるには資格は必要?

WEBディレクターは、必須の資格はありません。それは、結果がすべての実力主義の仕事というのが理由です。

しかし、転職の際にスキルのアピールとなるので、有利であることは間違いありません。次のような資格・認定試験が有利といえるでしょう。

WEBディレクターになるのに有利になる資格
  • WEB検定
  • ウェブ解析士
  • ITパスポート試験
  • WEBアナリスト検定
  • ウェブデザイン技能試験
  • 個人情報保護士認定試験
  • ネットマーケティング検定
  • WEBクリエーター能力認定試験
  • Google Analytics Individual Qualification(GAIQ)
あわせて読みたい
【資格は転職に役立つのか?】転職を有利にする本当に役立つおすすめ資格43選 「資格は転職に役立つのか?」 この質問は、転職する人が一度は考える質問と言っていいでしょう。 自分の履歴書の資格欄に何も書く事がなかったり、誇れる実績やキャリ...

WEBディレクターの仕事は今後なくなることはある?

IT人材需給

【参照】:みずほ情報総研株式会社

WEBディレクターの仕事は、今後なくなることはありません。

むしろ、幅広いスキルや経験が必要なことから、現在、その需要に対して人材の数が足りないといった状況です。WEBサイトの増加やEC市場の拡大などで、今後も高い需要が続くと予想されます。

WEBディレクターの主な転職先とは?

WEBディレクターの主な転職先とは?

WEBディレクターの転職先は、主に次の2つです。

WEBディレクターの主な転職先
  • WEB支援の会社
  • 事業会社のWEB担当

わかりやすくいうと、他社のWEBディレクションをするか、自社のWEBディレクションをするかです。

実務経験者はどちらでも就職はできますが、未経験者はWEB支援の会社で実務経験を積む方がよいでしょう。実務経験を積んでスキルを磨いてから、キャリアアップを目指すのが王道だからです。

他社でも自社でも、WEBディレクターになって高い実績がでれば、より高い年収アップが望めます。

Webディレクターにおすすめの転職エージェントまとめ

今回はWEBディレクターにおすすめの転職エージェントと選ぶポイントを紹介しました。

WEBディレクターは、未経験者でもなれる、年収の高くなりやすい職業です。WEBディレクターに転職や、キャリアアップを目指すには、WEBに強く、企業分析がしっかりしている転職エージェントを選ぶようにしましょう。

転職エージェントを利用すると、書類面接対策をしてくれて、選考を通りやすくなります。そして、あなたの希望にあった、求人を紹介してくれることでしょう。

おすすめしているリクルートエージェントなら、WEB・IT業界の求人数も多いので、転職成功を後押ししてくれます。

まずは登録して、あなたの希望にあった条件があるか確認してください。

\WEB・IT業界に強い/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ