MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

WEBディレクターに向いてない人の特徴は?対処方法について徹底解説

WEBディレクターの業務を向いてない・しんどいと悩んでいませんか?向いてない職業を続けるのは精神的にもよくないため、転職エージェント利用をして自分に合った仕事に転職するのがおすすめです。

転職エージェントは企業の紹介や選考の対策まで、転職全般のサポートをしてくれるため、あなたの適職が見つかります。

そこで当記事では、WEBディレクターに向いてない人の特徴を紹介します。向いてないと感じた時の対処法も解説するので、参考にしてみてください。

本記事でわかること
  • WEBディレクターの仕事内容
  • 向いていな人の特徴
  • 向いてないと感じた時の対処法

WEBディレクターからの転職ならマイナビエージェントがおすすめです。各業界に精通したキャリアアドバイザーが転職活動のサポートをしてくれます。また企業とのやりとりも代行してくれるため、安心して転職活動をできます。

\職種の幅が広い/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

WEBディレクターについて

WEBディレクターについて

WEBディレクターの概要について解説していきます。

WEBディレクターについて

将来性やキャリアパスなどの未来の姿を意識することも、意思決定の要因となります。

仕事内容

WEBディレクターとは、サイトの企画や設計、運用を行うチームの責任者です。

仕事内容はクライアントから要望をヒアリングし、サイトの全体構成やコンテンツ企画、制作のディレクションなどを行います。

またWEBサイトを制作する際に関わるエンジニアやデザイナー、ライターなどのチームをまとめる役割もあります。

他にも、サイト制作にかかる予算の管理や見積り作成といった業務も、WEBディレクターの仕事です。

平均年収

マイナビクリエイターが発表している集計データを参照すると、WEBディレクターの平均年収は「450万円」です。※1

日本の平均年収が443万円とされているため、WEBディレクターの年収は平均程度だといえます。※2

また年代別でみた平均年収は以下のとおりです。

年代別でみた平均年収
  • 20代:364万円
  • 30代:480万円
  • 40代:510万円

年齢が上がるにつれ、平均年収が上がっていくのがわかります。

※1 参照:マイナビクリエイター
※2 参照:国税庁「令和3年度民間給与実態統計調査(p.10)」

将来性・キャリアパス

WEB業界は、まだまだ需要がある仕事です。WEBサイトの数は年々増え続けており、必要性がなくならない限りWEBディレクターの需要は高まり続けるでしょう。

キャリアパスでは、WEBディレクターのスペシャリストやWEBプロデューサー、独立などが挙げられます。WEBで仕事が完結し在庫リスクもないため、比較的独立を視野に入れやすい職業だといえます。

▼WEB業界に関する関連記事

あわせて読みたい
WEBマーケティング業界はやめとけ?WEBマーケがやめとけと言われる理由と向いていない人の特徴 WEBマーケティング業界には辛そう、残業が多そうといったイメージがあります。マイナスな印象があるからやめとけと言われてしまうのでしょう。 また、WEBマーケティング...

WEBディレクターに向いてない人の特徴

WEBディレクターに向いてない人の特徴

WEBディレクターに向いてない人の特徴を紹介します。

WEBディレクターの仕事を辛いと感じている人は、向いてない可能性もありますので確認してみてください。

マネジメント・ディレクションが苦手な人

WEBディレクターは、エンジニアやデザイナー、ライターなどのチームをまとめて1つのWEBサイトを制作する仕事です。

そのため各クリエイターの仕事をまとめあげるディレクション力、予算や期限などを管理するマネジメント力が求められます。

マネジメント・ディレクションを行うには、チームメンバーの意思統一やクライアントの課題解決のために、コミュニケーション能力も求められます。

よって、マネジメント・ディレクションが苦手な人はWEBディレクターに向いていません。

自分の考えや意思を曲げられない人

自分の考えや意志を曲げられず、固執してしまう人はWEBディレクターに向いてないかもしれません。

WEBサイト制作中にクライアントから変更を依頼されることや、エンジニアから技術的に変更を余儀なくされることが多くあります。そのため、相手の意見を柔軟に聞き入れず、頑固に自分の考えに固執する人は難しいでしょう。

相手の意見を尊重しなければ、良いサイトはできないだけでなく、クライアントやチームメンバーが遠ざかってしまう可能性が高くなります。

責任感がない人

WEBディレクターは、クライアントとの窓口であり制作における責任者です。責任重大な仕事であり、責任感がない人やプレッシャーに弱い人にも向いてないでしょう。

例えば、制作現場のデザイナーやエンジニアなどがミスを犯したときに、矢面に立って謝罪をする必要があります。

しかし「自分のミスは自分で謝れ」のように、チームの責任を取りたくないと考える責任感がない人には、WEBディレクターは務まりません。

マルチタスクをこなすのが苦手な人

WEBディレクターは常に複数の仕事を同時に進めなければいけません。エンジニアやデザイナー、ライターなどのスケジュールを複数管理する必要があります。

また進捗の遅れやメンバーのアクシデントなど、さまざまなトラブル対応も起こります。そのためマルチタスクをこなせる人でないと、WEBディレクターを務めるのは難しいでしょう。

時間やスケジュールにルーズな人

時間やスケジュールにルーズな人は、WEBディレクターに向いてません。

WEBディレクターはクライアントから依頼されている制作物を、期日内に納品する必要があります。制作物が計画通り進み、期日内に納品されるかは、WEBディレクターの腕にかかっているといえます。

自分だけでなく、チームメンバーの制作進捗やプロジェクト全体の進行の管理が必要です。完成品の納期から逆算し、どの段階でどの程度の進捗率になっている必要があるか把握しなければなりません。

クライアントに提案ができない人

WEBディレクターにおいて、クライアントの要望を引き出すのは大切です。

しかし、クライアントの要望ばかりを受け入れてしまうと、納期に間に合わせることができず評価が落ちてしまいます。また、メンバーから「ディレクターは現場の大変さをわかっていない」と判断され、チームの空中分裂に繋がります。

WEBディレクターはクライアントのすべての意見を受け入れるのではなく、ときに意見・提案をすることも必要です。

WEBディレクターに向いてる人の特徴は?

WEBディレクターに向いてる人の特徴は?

WEBディレクターに向いている人の特徴は、以下のとおりです。

WEBディレクターに向いてる人の特徴
  • コミュニケーションやマネジメント力がある人
  • さまざまな意見を柔軟に取り入れられる人
  • クライアントに最適な提案や折衝ができる人
  • スケジュール管理が得意な人

WEBディレクターは、制作チームをまとめるリーダー格のポジションを担当します。

チームメンバーに困っていることがないか確認したり、働きやすい環境を作りあげたりできるコミュニケーション能力が必要です。

WEBディレクターに向いてないと感じたときの対処法

WEBディレクターに向いてないと感じたときの対処法

WEBディレクターに向いてないと感じたときの対処法を紹介します。

すぐに取り組めそうなものがあれば、ぜひ試してみてください。

なぜ「向いてない」と感じるのか理由を明確にする

WEBディレクターに向いてないと感じたら、まずは原因を把握することに努めましょう。

「なぜ向いてないと感じているのか」「どういった部分に苦手意識を持っているか」など、原因を追求していきます。

そうすることで向いてない理由を言語化でき、苦手分野の仕事を避けられるようになります。

一方で苦手を深掘りしたことにより、こんな仕事が向いてるというのが明確になるかもしれません。

上司や先輩に相談する

過去に現在の自分と同じような悩みを持っていた上司や先輩がいる可能性があります。自分の悩みを打ち明けることで、過去の経験を話してくれるかもしれません。

上司や先輩に相談することで、悩みの緩和や改善ができるでしょう。

また、WEBディレクターが向いてないと感じるなら、思い切って別の業務を担当する部署へ異動させてもらえるか聞いてみるのも1つの手です。

実力不足の場合はインプットの時間を多く取る

WEBディレクターに向いてないと感じる人のなかには、知識が足りていない場合があります。

WEBサイト制作では、さまざまなジャンルのクリエイターたちに指示を出すシーンが多々あるため、WEBディレクターとして活躍するには、幅広い知識が必要です。

向いてないと感じている理由が知識不足によるものであれば、インプットの時間を多く取ることで解決するかもしれません。

今とは違うジャンルの仕事に挑戦してみる

ひと言で「WEBディレクター」といっても、SNSマーケティングやSEOなどさまざまです。

WEBサイト制作が向いてないと感じた場合でも、SNSマーケティングやSEOには適性があるかもしれません。今の仕事とは違うジャンルの勉強をしてみて、自分に向いているものがあるか確認してみましょう。

そこで自分に合うものが見つかれば仕事にし、また合わないと感じたら別のジャンルに挑戦してみれば良いのではないでしょうか。

自分に合った仕事に転職する

WEBディレクターではない、別の仕事に転職するのも1つの手段です。向いてない仕事を続けても成長する可能性は低く、自分に合うことを始めた方が早期での成長が期待できます。

自分に合った仕事へ転職できるか不安な人は、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントは、担当のキャリアアドバイザーが経歴や面談を通して、あなたに合う企業を紹介してくれます。

WEBディレクターに向いてない人におすすめの仕事

WEBディレクターに向いてない人におすすめの仕事

WEBディレクターに向いてない人におすすめの仕事を紹介します。

WEBディレクターに向いてない人におすすめの仕事

幅広い知識が求められている職業だからこそ、さまざまなジャンルに挑戦できます。

ITエンジニア

ITエンジニアは、コンピュータ関連に特化した技術者を指します。WEBディレクターで得たプログラミング知識を活かせます。

ITエンジニアはコツコツ作業のイメージがありますが、クライアントへ提案をしたりニーズを汲み取ったりするコミュニケーション能力も必要です。

また特定のプログラミング言語や他分野のシステムとの連携スキルなどを習得することで、キャリアアップも目指せます。

営業職

営業職は顧客に商品やサービスを販売する仕事です。そのため顧客とコミュニケーションを取る機会が多い職種です。

商品やサービスを販売するために、顧客への提案力やコミュニケーション能力が求められます。

WEBディレクターでは、クライアントに提案するシーンが多い仕事なので、営業職に転職した際も役に立つでしょう。

なにより顧客と対話をする機会が多いので、コミュニケーション力を活かしたい人におすすめな職業です。

事務職

事務職はデータの入力や書類作成、整理、電話対応などの業務を行う職種です。社内のサポート役というイメージを持つ人が多いでしょう。

突発的な対応よりもルーチンワークがメインであるため、コツコツ作業するのが好きな人におすすめです。

また請求書の支払や書類の提出など、遅れてはならない業務が多く、スケジュール管理能力も必要です。

WEBディレクターに向いてないのに我慢し続けるリスク

WEBディレクターに向いてないのに我慢し続けるリスク

WEBディレクターに向いてないのに我慢し続けるリスクは、以下のとおりです。

WEBディレクターに向いてないのに我慢し続けるリスク
  • ストレスが原因でうつ病や適応障害になる可能性がある
  • 適職と出会えず、転職が不利になっていく

向いてない職業を続けストレスを溜めてしまい、うつ病適応障害になると仕事ができなくなります。

また仕事だけでなく日常生活にも支障がでてしまうため、うつ病や適応障害になるまで我慢するのは避けるべきです。

WEBディレクターを辞めるか迷っている人におすすめの転職エージェント

WEBディレクターを辞めるか迷っている人におすすめの転職エージェントを2つ紹介します。

WEBディレクターを辞めるか迷っている人におすすめの転職エージェント

転職を検討する場合は、ぜひご利用ください。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職サポートに強い
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
  • 丁寧なヒアリングで希望に合った求人を紹介してくれる

マイナビエージェントは、20~30代の転職支援を得意としています。2023年のオリコン顧客満足度調査でNo.1を獲得しており、手厚いサポートを受けられます。

また各業界の転職事情に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、現職と違う業界への転職を目指したい人におすすめです。

ベンチャーから大手までさまざまな求人を取り扱っており、幅広いニーズに対応しています。「WEBディレクターに向いてないから別職種へ転職したい」という方は登録しておいて損はありません。

▼マイナビエージェントの口コミ

Review Image
はまちゃんさん
転職を考えていた時に、インターネットの評判を聞いて転職をサポートしていただきました。最大手に比べて求職者の数が少なく、その分、丁寧にサポートしていただけるという評判でしたが、まさにその通りでした。こちらの希望を親身になって考えてくださり、さらに担当の方の判断で確認しきれないほどの転職案をだしてくださりました。一人で考えこむ、ということがほとんどなく、まさに二人三脚。他社の意見を聞くことができるのが、こんなにも心強いものだとは、使用する前には考えもせず、とても助かりました。(後略)
Review Image
Kさん
大手転職エージェントでしたし安心感がありました。前職の知識や技術を活かした転職先を探していましたが、相談に親身になって乗って頂けましたし、候補企業も幅広くピックアップして頂き、ミスマッチがないように配慮して頂けたのが印象的です。また、前職での悩みや転職に至った経緯などをしっかりとヒアリングした上で転職先を提案していイタダケタことも大きかったです。今後転職する機会が訪れた場合はこの転職エージェントを再度利用するつもりです。

引用:みん評みん評

\幅広い職種が狙える/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 マイナビエージェントは、20代30代の転職において絶大なる人気を獲得しています。20代、30代前半の方は絶対に登録すべき転職エージェントです。 当記事では、マイナビエ...

リクルートエージェント

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績でNo.1を獲得
  • 業界最大級の豊富な求人数
  • 業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍

リクルートエージェントは、業界最大級の求人数を誇ります。転職支援実績ではNo.1を獲得しており、多くの求職者から人気が高いです。

常時60万件以上の豊富な求人を保有し、全業界・職種を網羅しています。豊富な選択肢のなかから、あなたに合った求人に出会えます。

業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍するため、あなたに最適な業界を紹介してくれる点も魅力です。

業界はまだ絞れてないけど、WEBディレクターから転職したい人は利用してみましょう。

▼リクルートエージェントの口コミ

Review Image
umeさん
リクルートというネームバリューがあることと、求人情報の多さから信頼できると感じ、リクルートエージェントを利用しました。実際に面談をしてもらって感じたことは、まずこっちの意見をしっかり聞いて下さることと寄り添う姿勢で決して押しつけのようなことはされなかったことが好印象でした。というのも、面談時に現職で大分参っていて、精神的に疲れ切っており、正常な判断が出来る状態ではありませんでした。とにかく今の状況から逃げたいという思いで心身ともボロボロの状態で面談してもらったのですが、転職はいつでも出来るから焦らず今はとにかく休養をとった方が良いと親身になって心配して下さったのが印象でした。(後略)
Review Image
キウイさん
やはり圧倒的な知名度にひかれて登録をしました。登録してからのレスポンスも早く、最初のインタビューから求人紹介・選考過程での状況ヒアリングやアドバイザリー・内定後のフォローアップまでメール、電話ともに気持ちのよい対応をしていただけました。私が支部の存在しない遠隔地に在住だったため、実際にオフィスでの対面は難しく、メールと電話での対応に終始しましたが、選考が進んで模擬面接(想定させる質問への対処方法アドバイス)も丁寧にご対応いただけたことが、実際の面接時の自信にもつながり最終的に内定をいただけたと感謝しております。

引用:みん評みん評

\業界最大級の求人数/

>>公式HPを見る

あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...

WEBディレクターが向いてないなら自分の適職に転職しよう!

WEBディレクターに向いてないと感じたら、原因を深掘りした上で自分の適職に転職しましょう。

自分に合わない職業を続けていても、ストレスが溜まり精神的に病んでしまうかもしれません。適職を見つけるには、マイナビエージェントの利用がおすすめです。

マイナビエージェントでは、各業界に精通するキャリアアドバイザーがあなたの適正に合わせて仕事を紹介します。求人数が多く職種の幅が広いため、自分の適職が見つかります。

向いてない職業から転職を考えている人は、ぜひマイナビエージェントを利用してみてください。

\サポート力が高い/

▼Webに関する記事

あわせて読みたい
Webマーケターになるには?未経験からでもなれる効率的な方法を紹介 インターネット広告の普及により注目を集めているWebマーケターですが、未経験からでも転職できます。ただし未経験の場合、ポートフォリオや職能があるかが重要なポイン...
あわせて読みたい
フリーランスWebデザイナーの仕事の取り方とは?好条件の仕事を取るための営業のコツも解説 Webデザイナーは人気の職業であり、フリーランスとして独立を目指す方が増えています。 しかし、「どうすれば仕事を取れるのか?」と悩む方も多いでしょう。 フリーラン...
あわせて読みたい
フリーランスWebデザイナーは厳しい?年収のリアル・案件獲得を成功させるコツを解説 「会社員からフリーランスのWebデザイナーになりたい」「副業でやっているWebデザインの仕事で独立したい」と考えている人もいるのではないでしょうか? フリーランスWe...
あわせて読みたい
Webマーケティング向けの転職エージェント・サイトおすすめ10選!未経験からの転職可能性も解説 Webマーケティング職はWeb広告やSNS運用、SEO分析など、さまざまな領域で活躍できる職種です。 企業からのニーズも高まっていますが、しっかり対策を取らないとWebマー...
あわせて読みたい
WEBマーケティングへの未経験転職は厳しいのか?厳しいと言われる理由について解説 「未経験者の場合、WEBマーケティング職に転職できないのか?」と不安に思っている方は、多いのではないでしょうか。 結論、正しい方法で転職活動すればWEBマーケティン...
あわせて読みたい
【適正診断】WEBマーケティングに向いてる人・向いていない人の特徴|向いていない人はWEBマーケターは... インターネット広告市場は年々伸びており、あらゆる企業がWEBマーケティングに取り組む人材を求めています。それに伴い、WEBマーケティング会社への転職を目指す人口も...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ