MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

未経験でもITベンチャーに転職できる?やめとけ・きついと言われる理由を解説

「ITベンチャーに興味はあるけど、未経験で転職は厳しいだろうな……。」

このような悩みを持っていないでしょうか。IT業界は急速に成長を続けており、異業種から転職を考えている人は多いはずです。

しかし「やめとけ」「きつい」などの声もあり、なかなか行動に移せない人もいるでしょう。

そこで本記事では、未経験でもITベンチャー企業に転職できるのか徹底解説します。IT業界に興味のある人は、ぜひ参考にしてください。

本記事でわかること
  • 未経験でITベンチャー企業へ転職するメリット
  • 未経験からのITベンチャー企業への転職が「やめとけ」「きつい」と言われる理由
  • 未経験からITベンチャー企業へ転職する方法

未経験からITベンチャー企業を目指す人は、識学転職の利用がおすすめです。実力主義・裁量権のあるベンチャー企業のみを紹介してくれます。紹介企業を知り尽くしたスタッフによる紹介で、自身に合ったベンチャー企業へ転職が可能です。

【公式】識学転職公式

\ベンチャー求人のみを紹介/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

未経験でもITベンチャーに転職できる?

未経験でもITベンチャーに転職できる?

「経験がなければITベンチャーへの転職は難しい」と考える人は多い傾向にあります。しかし、未経験でもITベンチャーへの転職は可能です。

IT業界は、IT需要の増加による人材不足により、未経験者の採用が盛んに行われています。そのため、未経験歓迎の求人が豊富です。

また、チャレンジ精神が旺盛な人、仕事に対する意欲が高い人を積極的に採用するため、20代ならポテンシャル採用が十分見込めます。

IT業界は未経験者歓迎の求人が豊富です。ITベンチャー企業に興味のある人は、未経験でも恐れずに挑戦しましょう。

あわせて読みたい
第二新卒はITエンジニアへの転職は可能?おすすめする理由や転職成功のコツについて徹底解説 本記事でわかること 第二新卒にIT業界がおすすめな理由 第二新卒がITエンジニアへの転職を成功させるポイント ITエンジニアを目指す第二新卒におすすめの転職エージェン...

【メリット】未経験でITベンチャーへ転職するのがおすすめの理由

【メリット】未経験でITベンチャーへ転職するのがおすすめの理由

未経験者でもITベンチャーに転職するのがおすすめの理由は次の3つです。

【メリット】未経験でITベンチャーへ転職するのがおすすめの理由

ITベンチャーへの転職には、さまざまなメリットがあります。詳しく紹介するため、IT業界への転職を考えている人は必見です。

成長業界に身を置ける

IT業界は、近年もっとも成長し続けている業界です。伸びしろが期待できる業界で働くことで豊富な経験を積み、自身を成長させられます。

成長業界に身を置いているビジネスパーソンは上昇意識が強く、熱量の高い環境で仕事が可能です。社員も前向きな人が多く、一人ひとりが企業を良くしていこうと考えているため、自身の成長に役立つ良い影響を受けられます。

働き方も最新のメソッドや技術を用いた革新的なものが取り入れられており、新しいものに関心のある人にピッタリです。成長業界に身を置いて自身を成長させたい人は、ITベンチャー企業への転職を検討しましょう。

さまざまなチャンスがあり経験が積める

ITベンチャー企業では、さまざまな経験が積めます。未経験でも仕事を任せてもらえて、成長のチャンスが多いためです。

歴史の古い企業であれば、なかなか新しい仕事に挑戦できませんが、ITベンチャー企業で意欲を見せれば、頻繁に新しい仕事に挑戦できます。風通しが良く、いい提案だと認められれば、採用されることが多い点も魅力です。

ITベンチャー企業は、年功主義よりも実力主義の傾向にあります。挑戦自体も、裁量権を持って取り組むことが可能です。20代でも実力を示せば、重要なポジションを狙えるでしょう。

「若いうちに経験を積みたい」「今からでもキャリアアップを目指したい」人に、ITベンチャー企業はおすすめです。

専門的なスキルが身につく

ITベンチャー企業では、専門的なスキルが身につきます。最新技術の導入・革新的なアイデアの採用などを行うため、自然と希少性の高いスキル・経験が手に入るためです。

また、ITベンチャー企業ではさまざまなことにチャレンジできます。自身から行動して仕事に取り組むと、仕事をこなす上でのスキルの取得モチベーションも向上するでしょう。

ITベンチャー企業に入れば、他では得られない経験を積めます。仕事を通して専門的なスキルを身につけたい人にはピッタリの環境です。

【デメリット】未経験からITベンチャーはやめとけ・きついと言われる理由

【デメリット】未経験からITベンチャーはやめとけ・きついと言われる理由

未経験からITベンチャーに転職する際のデメリットは次の3つです。

【デメリット】未経験からITベンチャーはやめとけ・きついと言われる理由

「未経験でITベンチャーに転職できるのか」と検索すると「やめとけ」「きつい」などのネガティブな意見が多く出てきます。その理由について見ていきましょう。

ハードワークの企業が多い

ITベンチャー企業は成長業界のため、仕事が忙しく「きつい」環境になる傾向にあります。一人ひとりの社員に割り当てられる負担が大きく、新入社員の教育などにあてる余裕が、場合によってはないかもしれません。

忙しさに加えて、労働時間が長い可能性もあります。残業や休日出勤など、いわゆる「ブラック企業」に当てはまる企業もあるでしょう。

慣れない仕事をいきなり任せられることもあるため、仕事へのモチベーションが高い人でないとついていけない可能性があります。

福利厚生や制度が整っていない

メガベンチャーであれば整っている場合も多いですが、新しい企業の場合は福利厚生・制度などがあまり整っていません。

福利厚生が乏しいと「プライベートが充実しない」「将来に不安」などのデメリットがあります。

制度については、マニュアルやシフト・社内のツールなどが整っていないと、仕事の時間を割いて自分たちで決めていく必要があるかもしれません。

充実した福利厚生や制度を企業に期待する人は、よく考えてからITベンチャー企業への転職を決めましょう。

教育体制が不十分な会社もある

福利厚生や制度の他に、教育体制があまり整っていない点も注意すべきです。ITベンチャー企業では、実務を通して仕事を覚えていく「OJT」のスタイルを採用する企業が多数存在します。

未経験者だからといってなんでも一から教えてくれるわけではありません。わからないことは自身で調べる「自走力」が必要です。

一方、いきなり実務から入るスタイルは「スキルを早く高めたい」「習うより慣れろの方が向いている」人にはメリットになります。

自身から進んで仕事を覚えていく意欲の高い人なら問題ありませんが、まずは先輩から丁寧に仕事を教えてほしい人には、ITベンチャー企業はあまり向いていません。

未経験からITベンチャーへ転職して活躍する人の特徴

未経験からITベンチャーへ転職して活躍する人の特徴

未経験からITベンチャーへ転職して、活躍できる人の特徴は次のとおりです。

「自分はITベンチャー企業に向いているかな?」と疑問に思っている人は、参考にしてください。

ミスを恐れずに挑戦できる人

ミスすることを恐れずに、チャレンジし続けられる人は、ITベンチャー企業で活躍できる人材です。ITベンチャー企業では、さまざまな新しいことに挑戦でき、成長が期待できます。

逆にミスを恐れていては、重要な仕事が割り振られず、チャンスが回ってきません。ITベンチャー企業は、ミスを恐れず行動できる、チャレンジ精神に溢れた人が活躍できます。

自分で考えて行動できる人

ITベンチャー企業で活躍できるのは「自分で考えて行動できる人」です。主体性を持って仕事に取り組める人は、経験を積んで成長できます。

ITベンチャー企業で成長するには、自身で考えて行動する「自走力」が必要です。他人をまずアテにする人や、自身で目標を設定できない人には向いていません。ITベンチャー企業では、自身で業務や役割などを決定する必要があるためです。

また、突発的なトラブルにも対応できる「対応力」も求められます。自分で考えて行動するタイプの人は、ITベンチャー企業への転職を検討しましょう。

自分ごととして仕事をできる人

仕事を「他人ごと」として捉えずに「自分ごと」として取り組める人は、ITベンチャー企業で活躍できます。

ITベンチャー企業では、仕事において当事者意識を持っておくことが大切です。ITベンチャー企業は挑戦の機会が多い代わりに、責任が大きい傾向にあります。

仕事を「自分ごと」として捉える人であれば、責任感を持って行動するため、良い結果が得やすいでしょう。仕事を任せてもらえるケースも増えます。

仕事を他人に言われたからやっている「他人ごと」で捉える人は信頼されず、重要な仕事をもらえません。

当事者意識を持って仕事に取り組める人は、挑戦の機会を多く得られます。「挑戦をしたい」「向いている企業へ転職したい」人は、ITベンチャー企業への転職も視野に入れましょう。

未経験でITベンチャーに転職する方法

未経験でITベンチャーに転職する方法

未経験でITベンチャーに転職する方法は次のとおりです。

「未経験でITベンチャーに転職したいけど、どうしたらいいかわからない……。」と悩んでいる人は、これから紹介する方法を試してください。

転職エージェントに相談する

希望に合うITベンチャーを探したい人は、転職エージェントに相談しましょう。ITベンチャー企業は数多くありますが、自身に合った優良企業を見つけるのは、1人では難しいです。

転職エージェントを利用すれば「未経験者歓迎」の求人や「優良求人」を見つけやすくなります。悩みの相談だけでもOKのため、積極的に活用しましょう。

転職エージェントは、基本的に無料で利用できます。ITベンチャー企業へ転職したいけれど、何から取り組むべきかわからない人は、転職エージェントへの相談がおすすめです。

あわせて読みたい
【今がチャンス!】IT転職でおすすめの転職エージェント・転職サイト11選|IT向け転職エージェントの特... IT業界は人材が不足しており、転職先を見つけやすいのが特徴です。求職者1人に対して求人数6.82件という、他の業種よりも飛びぬけて高い数値をつけています。※2021年7月...

できるだけ若いうちに転職する

ITベンチャー企業に転職を考えている人は、できるだけ若いうちに行動しましょう。年齢が若い方が、転職活動を有利に進められます。

転職活動が有利になる理由は、ポテンシャル採用が見込めるためです。20代であれば、今後の伸びしろを期待して、採用される確率が上がります。

また、IT企業でキャリアアップを目指すのであれば、早いうちに行動した方がよいでしょう。

若いうちに転職した方が、転職に有利に働き、スキルも早く身につきます。

今までの経験やスキルを企業に合わせてアピールする

未経験でもITベンチャー企業への転職は十分可能です。ただし、前職での経験や実績はしっかりとアピールしましょう。選考を受ける企業を事前に研究しておくと効果的です。

前職で経験したことやスキル・実績はポテンシャルの判断基準になります。アピールポイントを企業に合わせて効果的に行えば、採用されやすくなるでしょう。

業界や職種が未経験でも、活かせるポイントはあります。書類選考や面接の前に自身の棚卸をして、本番ではアピールポイントを企業に合わせる工夫をしましょう。

入社への熱意を伝える

未経験でITベンチャー企業への転職を目指す場合は、意欲の高さをアピールしましょう。興味を持ってもらえて、選考通過率が上がります。

とくにベンチャー企業は熱意を持って仕事に取り組んでいる人が多い環境です。熱意をうまく伝えられれば、共感してもらえて印象も残りやすくなります。

「なぜ入社したいのか」「将来的にどうなりたいのか」を深く掘り下げ、アピールに組み込みましょう。

未経験でITベンチャーに転職したい人におすすめの転職エージェント

未経験でITベンチャーに転職したい人は、次の転職エージェントの利用がおすすめです。

未経験でITベンチャーに転職したい人におすすめの転職エージェント

具体的にどのような理由でおすすめなのか解説します。

識学転職

【公式】識学転職公式
名前識学転職
料金無料
求人数非公開
対象年代20~30代
対象エリア全国
オンライン面談あり
得意分野・業界WEB・通信・インターネット・管理・企画
公式HPhttps://top.shikigaku-tenshoku.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社識学
拠点東京
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
識学転職の特徴
  • 成長中のベンチャー企業に特化した転職エージェント
  • ベンチャー企業の求人を多数保有
  • 紹介企業を知り尽くしたサポート体制

識学転職は、成果主義の企業のみを紹介するベンチャー企業特化型転職エージェントです。「識学コンサル」を導入している優良企業のみを紹介しています。

紹介先企業と強いパイプを持っている点が特徴です。組織コンサルを提供している企業が運営しているため、紹介先企業の内情を知り尽くしています。企業についてよく知った上で、一人ひとりの適性に合った求人を紹介してくれます。

紹介企業は実力主義・成果主義で裁量権のある企業ばかりのため、ITベンチャー企業への転職を目指す人におすすめです。

\裁量権のある仕事に就ける/

あわせて読みたい
識学転職の評判・口コミは?利用が向いている人と向いていない人の特徴を解説 識学転職はベンチャー企業への転職に特化しており、裁量権を持って働きたい・年功序列ではなく結果で評価される企業で働きたい方におすすめです。 成果主義・実力主義の...

マイナビジョブ20’s

名前マイナビジョブ20’s
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対象エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界全業種
公式HPhttps://mynavi-job20s.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビワークス
拠点東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
マイナビジョブ20’sの特徴
  • 第二新卒・20代の転職サポートに強い
  • 20代が活躍できるベンチャー企業の求人を数多く保有
  • 適職診断でアピールポイントを強化

マイナビジョブ20’sは、第二新卒・20代に特化した転職エージェントです。20代の転職に適した、数多くのサポートを受けられます。

20代が活躍できるベンチャー企業の求人を、多数保有している点が特徴です。取り扱い求人の多くが未経験歓迎案件のため、経験がなくても転職チャンスが豊富にあります。

独自のサポート「適職診断」により、強み・弱みを客観的に理解できるのも強みです。アピールポイントを強化すれば、ITベンチャー企業への転職成功率が上がります。

未経験でも転職できるベンチャー企業を紹介してくれるため、キャリアに自信のない人はぜひ活用しましょう。

Review Image
良い口コミ(男性)
いくつか転職サイトを見ていたのですが、無料の転職支援に惹かれてこちらのサイトに登録しました。初めてこの手の支援を受けましたが、これが無料で受けられるのというのが正直な感想でした。 私自身、書類選考で落ちることが多かったので、履歴書の添削をしてもらえたのは心強かったです。また、企業とのやりとりもアドバイザーの方が行ってくれていたので、私は面接に集中するだけという環境も作ることが出来ました。おかげで、無事に希望の会社に転職出来ました。
Review Image
良い口コミ(女性)
初めて転職活動をしてみましたが、最初は不安でいっぱいでした。けれど、マイナビジョブ20’sにはたくさんの求人が載っていましたので、自分に合う仕事が見つかるかもしれないと希望を持てました。 20代で転職活動をするのは不安でしたが、第二新卒向けの求人がたくさんそろっていたので、本当に助かりました。しかも、無料で転職支援サービスも受けられます。おかげで、理想的な仕事に就くことができましたから、利用して良かったです。

引用:みん評みん評

\20代の支援に特化/

あわせて読みたい
マイナビジョブ20’sの評判、口コミは?実際の利用者の体験談からわかる魅力とは? 第二新卒で転職活動をする人にとって気になるのが「第二新卒特化型エージェント」です。大手の第二新卒特化型エージェントで、圧倒的おすすめは「マイナビジョブ20's」...

未経験者を採用しているITベンチャー企業の例

未経験者を採用しているITベンチャー企業の例

未経験者を採用している有名なITベンチャーには、次のような企業が挙げられます。

未経験者を採用している有名ITベンチャー企業例
  • DeNA
  • サイバーエージェント
  • メルカリ
  • グリー(GREE)
  • ビズリーチ

ITベンチャー企業といっても、ECサイト・アプリ・ゲーム開発・人材サービスなど、種類は多岐にわたります。

一度は聞いたことのある有名な企業が、ITベンチャー企業であることは珍しくありません。メガベンチャーでも未経験者採用は行っているため、ITベンチャー企業に興味のある人は恐れずにチャレンジしましょう。

ITベンチャーに未経験で転職したらどのくらいの年収?

ITベンチャーに未経験で転職したらどのくらいの年収?

未経験がITベンチャーに転職した際の年収は、第二新卒枠だと300〜400万円程度です。新卒の年収と、それほど差はありません。

もちろん年収については、会社や年齢によって変わります。ただし、基本的には他業界と比較してもそこまで変わらない、平均的な水準であると覚えておきましょう。

年収が上がってくるかは、自身のスキルアップと、企業の成長によります。ITベンチャー企業に転職したら、自身から率先して行動して年収アップを狙いましょう。

未経験でもITベンチャーに転職できる!

未経験でもITベンチャーに転職できるのか解説しました。未経験からのITベンチャー企業への転職は、十分可能です。

未経験からITベンチャーに転職すると「成長業界で仕事できる」「経験が積める・スキルが身につく」などのメリットがあります。

ただし「やめとけ」「きつい」と言われているように、デメリットもある点は注意しましょう。きつい仕事が多く、福利厚生や教育体制が整っていない企業が多数存在します。

デメリットをしっかりと理解した後でも「ITベンチャー企業で挑戦したい」「成長業界へ転職したい」と考える人には、識学転職の利用がおすすめです。

成果主義で裁量権のある優良企業を多数紹介してもらえます。ITベンチャー企業への転職を目指している人は、今すぐ識学転職へ登録しましょう。

\ベンチャー企業に特化/

あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...
あわせて読みたい
スタートアップ向けの転職エージェント・サイトおすすめ12選|未経験からの転職可能性も解説 成長できるチャンスが多い、若いうちから昇格を狙えるなどの理由で、スタートアップ企業への転職を考えている方は多いのではないでしょうか。 しかしスタートアップ企業...

[転職エージェント関連記事]

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ