MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

転職して1週間で辞めたいと思ったときに注意すべきことを解説

「転職して1週間で辞めてもいいの?」「1週間で辞めたら次の転職活動に悪影響は出る?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ただ、何が理由で1週間で辞めたいと思っているか次第で答えは変わります。

本記事では、1週間で辞めようか悩んでいる人の悩みに合わせた解決策を紹介します。ぜひ今後の行動の参考にしてみてください。

解決策まとめ

【人間関係やパワハラなどが原因で今すぐ辞めたい人】
⇒退職代行サービスの利用がおすすめ。退職代行は即日退職可能でき、すぐに今の職場から離れられます。

>>『退職代行TORIKESHI』に相談する

【やりたいことが違って別の仕事に転職したい人】
⇒転職エージェントの利用がおすすめ。上記の悩みの人は今すぐ辞めずにまずは転職エージェントに相談して、転職先を決めてから辞めましょう。

>>『マイナビエージェント』に相談する


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

転職して1週間で辞めることはできるのか?

転職して1週間で辞めることはできるのか?

原則、転職して1週間で仕事を辞めることはできません。民法第627条1項では、「仕事を辞めたいことの申し出から2週間で辞められる」ことが記載されています。
(出典:e-GOV法令検索「民法」

ただ、1週間でこのまま居続けるのが難しいと判断したら、退職を申し出ることは可能です。最低でも2週間〜1か月程度は転職先で働かなければなりません。

どうしても今すぐ辞めたい方は、退職代行に相談してみましょう。退職代行会社を利用すれば即日で辞められます!

おすすめの退職代行は『退職代行TORIKESHI』です。労働組合が運営しているので安心して利用できます。

\LINEで退職代行!/

あわせて読みたい
リーズナブルな価格で交渉も可能な『退職代行TORIKESHI』がおすすめ! 退職代行TORIKESHIのおすすめポイント 業界最安レベル25,000円 すべてLINEで連絡できる 転職や失業保険もサポート 退職代行TORIKESHIは、すべての連絡がLINEででき、業...

今すぐ辞めなくても良いという方は、転職先を見つけるための行動を取りましょう。まずは転職エージェントに登録することが必須です。

短期間で辞めた人が転職を成功させるためのサポートを徹底的に行ってくれます。短期間で辞めると転職は難しくなるので、転職のプロに相談してサポートしてもらうのは必須です。

おすすめは20代・30代の転職に強い『マイナビエージェント』です。未経験の業界・職種への転職支援も得意としているので、別業界への転職も考える人にもおすすめできます。

まずは気軽に相談してみましょう!

あわせて読みたい
転職1週間で即日退職は可能?違法にならないケースと確実に退職できる方法を解説 本記事でわかること 転職1週間で即日退職できるケース 転職して1週間で退職する方法 即日退職するときに気をつけること 転職してみたものの「なにか違う」と感じること...

転職1週間で辞めたいと思う理由とは?

転職1週間で辞めたいと思う理由とは?

転職1週間で辞めたいと思う理由によって今後の対応が変わってきます。まずは何で辞めたいと思っているか理解することが大切です。

下記は転職して1週間で辞めたいと思っている人が主に辞めたい、と思う理由になります。

ここからは、5つの理由を一つずつ解説します。

思っていた仕事内容と違う

思っていた仕事内容と違う場合は、転職1週間で仕事が辞めたくなる原因になります。求人票や面接で仕事内容を確認して転職しても、自分と企業でイメージする仕事内容に食い違いが生じることが珍しくありません。

例えば、工場の求人で「軽作業」と書いてあった場合、自分は軽いものを取り扱う仕事、企業側は自社で作っている製品で軽いものを取り扱う仕事と解釈している可能性があります。

思っていたのと違う場合の対処法は以下の記事にて詳しく解説しています。

あわせて読みたい
転職後に思ったのと違うと感じる理由と対処法!再転職を成功させるポイントも解説 本記事でわかること 転職後に、思ったのと違うと感じる人の割合 転職後に、思ったのと違うと感じた場合の対処法 思ったのと違うと感じた場合の再転職の判断基準やポイン...

>>あなたに合った転職エージェントを探す

入社前伝えられていた条件と違う

入社前に伝えられていた条件と違う状況で働く場合も、転職後、短期間で辞めたくなる理由の一つです。転職をする際は、入社前に提示された条件に合意できたからこそ、次の職場に移る方がほとんどです。

入社前に伝えられていた条件よりも、給与が下がっていたり、正社員雇用のはずが契約社員雇用になっていたりすると、転職先を辞めたくなるのも仕方ないでしょう。

企業側は、求職者と話し合う場を設けず勝手な都合で条件面を変えることはできません。入社前に伝えられていた条件と今の条件の違いを説明してもらえないは、労働基準監督署や弁護士に相談することも手段の一つです。

やばい上司にあたってつらい

転職する際は、どのような上司と一緒に仕事をするのかを自分で決められません。転職後に直属の上司がやばいときも、すぐに仕事を辞めたくなる原因になります。

やばい上司の特徴は、「配属後に紹介してくれない」「仕事の流れを教えてくれない」「あたりが強い」などが挙げられます。新しい環境に馴染めないなかで、上司との関係につまずくと仕事を続けることが難しくなるでしょう。

>>あなたに合った転職エージェントを探す

あわせて読みたい
上司が嫌いすぎて限界な場合の対処法|人間関係がストレスなら転職した方がいい? 本記事でわかること 限界になるほど嫌われる上司の特徴 上司が嫌いで限界な状態で我慢し続けるとどうなる? 嫌いな上司が限界になったときの対処方法 上司が嫌いで限界...

人間関係が悪すぎる

人間関係が悪すぎる職場は、転職してすぐにでも辞めたくなる方がほとんどです。人間関係が悪すぎる職場の特徴は、「仕事の悩みを気軽に相談できない」「悪口や陰口が多い」ことなどがあります。

人間関係がギクシャクした職場では、気持ちよく仕事ができず、本来のパフォーマンスを発揮できません。

人間関係が悪すぎる職場で働き続けると、ネガティブな気持ちを持ちやすく、ストレスを感じやすくなります。立ち振る舞い方によっては、自分がイジメなどの対象になることも少なくありません。

退職代行を使うことも視野に、仕事を続けるか検討してみましょう。

あわせて読みたい
人間関係が最悪な職場の特徴6選|そのまま働くとやばい理由とは?対処法・解決法も解説 社会に出て働いていると、さまざまな悩みが尽きません。特に職場の人間関係が最悪では、自分でも気づかずうちにストレスを溜め込んでしまう可能性があります。 本記事で...

他の社員よりも仕事ができないのが情けない

他の社員よりも仕事ができないのが情けないときも、短期間で仕事を辞めたくなります。特に、ベンチャー企業や外資系企業では、成果主義を掲げていることがほとんどで、レベルの高い方が働いています。

そのため、前職では仕事をバリバリこなせていた方が、転職先ではなかなか活躍できないというケースは多くあります。

ただし、転職1週間で他の社員よりも仕事ができないと落胆する必要はありません。前職と同じ業界・業種に転職したとしても、入社後1〜2か月程度は仕事を覚える時期です。

解決策まとめ

【人間関係やパワハラなどが原因で今すぐ辞めたい人】
⇒退職代行サービスの利用がおすすめ。退職代行は即日退職可能でき、すぐに今の職場から離れられます。

>>『退職代行TORIKESHI』に相談する

【やりたいことが違って別の仕事に転職したい人】
⇒転職エージェントの利用がおすすめ。上記の悩みの人は今すぐ辞めずにまずは転職エージェントに相談して、転職先を決めてから辞めましょう。

>>『マイナビエージェント』に相談する

転職して1週間で辞めるときに注意すべきこと

転職して1週間で辞めるときに注意すべきこと

転職して1週間で辞めるときは、下記のことに注意しましょう。

ここからは、3つの注意点を詳しく紹介します。

突然バックレる

仕事をいくら早く辞めたくても、突然バックレることは社会人としてマナー違反です。短期間で仕事を辞めることは問題ありませんが、バックレる行為は職場に迷惑をかけるだけでなく、損害賠償を請求される恐れがあります。

早く仕事を辞めたい場合は、退職代行サービスを利用することがおすすめです。退職代行サービスとは、利用者の代わりに退職手続きを進めるサービスのことを指します。退職代行サービスを利用すれば、最短即日での退職が可能です。

\LINEで退職代行!/

あわせて読みたい
仕事を飛ぶリスクは大きい!バックレずに確実かつ健全に辞める方法を徹底解説 仕事が嫌になったり、人間関係が悪化したりして「このまま黙って辞めてしまいたい」と思ったことがある人も多いのではないでしょうか。 実は、仕事を飛ぶという行為には...
あわせて読みたい
退職代行の利用が転職先や親にバレる可能性はあるのか?バレるパターンを紹介 退職代行を利用したいと考える人の中には、転職先や親にバレないか心配する人も多いです。 結論、バレる心配はいりません。しかし、例外はどうしてもあるので、100%バ...

今後の見通しを立てずに辞める

今後の見通しを立てずに辞めると、生活面に苦労する可能性が高くなります。

短期間で仕事を辞める場合、「収入源が途切れる」「個人で保険料や住民税の支払いをする必要がある」など、金銭的な負担が大きくなることが一般的です。

今後の見通しを立てずに仕事を辞めると支出が増え続けるため、ライフプランが大きく崩れる可能性がゼロではありません。

転職先が決まってから転職するのが理想です。ただ、どうしても限界な場合は見通しだけでも立てておきましょう。

\まずは気軽にキャリア相談!/

転職活動が不利になる可能性があることを理解しておく

仕事を1週間で辞める場合、転職活動が不利になる可能性があることを理解しておきましょう。採用担当者は、短期間で仕事を辞める方に対して「すぐに辞められてしまうのでは?」と考えます。

転職市場では、短期間で仕事を辞めた方に対するイメージが悪くなります。そのため、これまでよりも書類選考で落とされる可能性が高く、短期間で仕事を辞めた方は転職活動が難航するケースがほとんどです。

転職活動が難航するとキャリアに空白期間ができ、採用を見送られることがさらに増えます。転職して1週間で辞めることを検討している方は、「本当に辞めるべきなのか」をキャリアアドバイザーに相談してみることえをおすすめします。

あわせて読みたい
短期離職すると転職が決まらない?短期離職するリスクと転職を成功させる対処法を解説 本記事でわかること 短期離職をすると転職が決まらないと言われる理由 短期離職して転職先が決まらない場合の対処法 短期離職してもスムーズに転職が決まる人の特徴 前...
あわせて読みたい
転職したばかりなのに仕事を辞めたいときはどうすべき?2ヶ月で辞めた私からの助言 本記事でわかること 転職したばかりなのに、なぜ辞めたくなるのか? 転職したばかりなのに仕事を辞めたいと思うのは、悪いこと? 辞めたいなら辞めるべきである あなた...

転職して1週間で辞めたいときの世間から持たれるイメージは?

転職して1週間で辞めたいときの世間から持たれるイメージは?

理由によっては、1週間で仕事を辞めたいと思うことは仕方ありません。しかし、転職して1週間で辞める方に対して、世間はあまり良い印象を持ちません。

感じ方はそれぞれではあるものの、1週間で仕事を辞めた方には「根性がない」「忍耐力がない」「ストレス耐性がない」と思う方がほとんどです。

すぐに仕事を辞めることに対してマイナスイメージを持つ方が多いため、新たに転職する際は、短期間で仕事を辞めた妥当な理由を準備することが大切です。

世間からのイメージはやや下がってしまうものの、自分のキャリアを考えた場合、早期退職したことに後悔していないと回答する方が多い傾向にあります。

キャリアクラスが実施した調査では、早期退職した方の95%以上が「後悔していない」という回答でした。

引用:PR TIMES「早期退職経験者の95%以上が「後悔していない」という結果に!転職後1年以内に退職した理由や相談相手をアンケート調査」

短期退職して次の職場を探す場合、転職エージェントを利用して対策を万全に進めましょう。

転職エージェントを利用することで短期退職した方が、どのようにすれば内定がもらいやすくなるかアドバイスをもらえます。転職して1週間で辞めたいと考えている人は転職エージェントの登録は不可欠です。

\20代〜30代は登録必須!/

転職して1週間で辞めたいと思った時に取るべき行動

転職して1週間で辞めたいと思った時に取るべき行動

転職して1週間で仕事をやめたいと思う方は下記の3つを行動をするのがおすすめです。

短期間で辞める人は一般的な行動をしていても転職活動はうまくいきません。今回紹介する行動を実践してみましょう!

転職エージェントに登録する

転職を検討する際は、まず転職エージェントに登録しましょう。転職エージェントは「転職しようか迷っている」という人でも相談に乗ってもらえます。

キャリアアドバイザーが利用者の悩みをヒアリングして求人紹介をするため、今後どう行動すべきか明確になります。

転職することになったら、求人の紹介から内定後のサポートまで徹底的にサポートしてくれるので安心です

>>短期離職者向け転職エージェントはこちら

退職理由を明確にする

転職して1週間で辞めたいときは、退職理由を明確にすることが重要です。短期間で仕事を辞めた場合、選考では必ずと言ってよいほど退職理由が聞かれます。

企業側は退職理由を知り、採用後に求職者が長く勤めてくれるのかを判断したいと考えています。

短期間で仕事を辞めた方は、漠然とした退職理由を企業側に伝えても採用してもらえません。仮に採用されたとしても、退職理由が明確になっていないことが原因で、転職先でも同じような悩みを抱えて仕事を辞めたいと思う可能性があります。

転職して1週間で仕事を辞めるべきか考えている方は、退職理由を明確にして長く続けられる仕事を見つける準備をしましょう。

あわせて読みたい
引き止められない退職理由を紹介!上司からの引き止め対処法も解説 本記事でわかること 上司が退職を引き止める理由について 会社が上司から引き止められない退職理由 退職を伝えて引き止められたときの注意点 「勤めてみたら自分が考え...

自己分析を行う

入社後すぐに転職を検討する場合は、自己分析を行った上で次の仕事を探しましょう。仕事を辞めたくなった原因は、前回の転職時に行った自己分析が不十分だったことが考えられます。

自己分析を行う目的は、自分に合う仕事・職場環境を把握することです。自己分析を行う際は、今までの人生で起こった出来事に対してどのような行動を取ったのか、そこで感じたこと・身につけたことを書き出しましょう。

自己分析して得た情報は、選考時に自己PRをする際にも役立ちます。

転職して1週間で次の転職先を考えている人におすすめの転職エージェント

転職して1週間で次の転職先を考えている方は、大手の転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職活動の軸が定まっていない方がほとんどだと思うので、まずはほとんどの業界・職種の求人を取り扱っている下記3つへの登録を検討しましょう!

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】

マイナビエージェントは、20代~30代の転職に強い転職エージェントです。20代の転職エージェント満足度では2021年度にNo.1を獲得しています(実施:GMOリサーチ(株))。

丁寧なカウンセリングに定評があり、あなたの希望に寄り添う企業紹介を行ってくれます。転職してすぐの違和感をもとに、豊富な掲載求人から最適な企業を厳選してくれるので、短い期間での再転職に不安な人でも安心してください。

また、掲載している求人は全体の20%で、無料相談に参加すればその4倍の求人も紹介してもらえます。もちろん、転職時の悩みの相談や企業別の選考対策、内定後のサポートまでおこなってくれる徹底サポート付きです。

20代・30代で転職を考える人、未経験の業界や職種への転職に興味がある人は、マイナビエージェントに一度無料で相談してみましょう。

\20代〜30代は登録必須!/

※5分で申し込み完了

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

doda

【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】

dodaは、10万件以上の求人からぴったりなものを紹介してくれる転職エージェントです。自分では気づかなかった優良・ホワイト企業の求人と出会いたい方におすすめします。

さらに、dodaのキャリアアドバイザーは専任なためサポートが手厚いです。電話やメールに加えて、LINEで気軽に相談ができます。履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策などで悩んだ時はすぐに連絡しましょう。

転職して1週間で辞めていたとしても、dodaを利用すれば転職活動がスムーズに進みます。

\転職サポートが手厚い!/

リクルートエージェント

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】

リクルートエージェントは、実績豊富なキャリアアドバイザーによる転職サポートが受けられる転職エージェントです。転職サポートの質が高いことから、転職支援実績No.1の実績を誇っています。

リクルートエージェントでは、2022年12月12日時点で公開求人・非公開求人を含めて約60万件の求人を取り扱っています。総求人数のうち半数以上が非公開となっており、好条件の求人を見つけやすい点はリクルートエージェントの魅力です。

豊富な求人のなかから適職を探せるため、転職してから1週間で次の仕事を探している方でも、長く勤められる企業に出会える可能性が高くなります。

\転職支援実績No.1!/

あわせて読みたい
リクルートエージェントの評判は?50人アンケート結果の実態 本記事の結論 ネット上の評判は求人数が多いなど良い評判が多かった。 ただし、対応が冷たいなどの悪評もあり。 他の転職エージェントと比較しながら、利用の検討を行い...

マイナビジョブ20’s

名前マイナビジョブ20’s
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対象エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界全業種
公式HPhttps://mynavi-job20s.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビワークス
拠点東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】

マイナビジョブ20’sは、20代・第二新卒の転職支援に強い転職エージェントです。希望・悩みを聞く力が高いことで知られており、利用者からは「自分に合った求人を紹介してもらえた」など、良い口コミが多く寄せられています。

転職してから1週間で仕事を辞めたい方が利用する場合、「どのような仕事が合うか」をマイナビジョブ20’sが一緒に考えてくれるでしょう。話し合った結果から、自分に適した求人の紹介・転職プランの提案をしてもらえます。

まずは、マイナビジョブ20’sの面談を受けて転職活動を進める準備から始めましょう。

\傾聴力の高さが持ち味!/

あわせて読みたい
マイナビジョブ20’sの評判、口コミは?実際の利用者の体験談からわかる魅力とは? 第二新卒で転職活動をする人にとって気になるのが「第二新卒特化型エージェント」です。大手の第二新卒特化型エージェントで、圧倒的おすすめは「マイナビジョブ20's」...

転職に踏み切れない人におすすめの転職サイト

転職して1週間で次の転職に踏み切れない方は、大手の転職サイトの利用がおすすめです。1週間で仕事を辞めるのは不安なため、まずは転職サイトで多くの求人をみてみましょう。

リクナビNEXTなら、幅広い業界・業種の求人をとりあつかっています。

ここからは、リクナビNEXTの特徴を紹介します。

リクナビNEXT

【公式】https://next.rikunabi.com/
名前リクナビNEXT
料金無料
求人数公開求人:80,000件以上
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対応年代全年代
対応エリア全国 / 海外
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://next.rikunabi.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無なし
面接対策の有無なし
スカウト機能の有無あり
連絡手段

リクナビNEXTは、日本最大級の求人データベースを検索できる転職サイトです。AIが自分に最適な求人を教えてくれるため、運命の業界・業種と出会えます。また、企業からのスカウト機能も人気です。

リクナビNEXTには豊富な検索条件があるため、自分にあった条件で絞り込み可能です。未経験歓迎の求人もあります。

転職してから1週間で次の転職に踏み切れないなら、リクナビNEXTの転職成功ノウハウを読んでみましょう。リクナビNEXTには、転職の基本情報が全てまとめられています。転職支援サービスもあるため、直接プロに相談することも可能です。

\転職サイトを利用する人におすすめ/

あわせて読みたい
リクナビNEXTの口コミ評判を紹介|メールが多くてめんどくさいって本当?リクルートエージェントとの違... 株式会社リクルートが運営する「リクナビNEXT」は、豊富な求人数と使いやすさゆえに、多くの転職者から高い人気を獲得しています。 しかし「メールが多すぎる!」といっ...

転職後1週間で辞めないほうがよい人の特徴

転職後1週間で辞めないほうがよい人の特徴を紹介します。

辞めたい明確な理由がない場合は、もう少し働いて様子を見るのがおすすめです。

仕事に慣れていないことが原因の人

仕事に慣れていないことが原因の方は、転職後1週間で辞めるべきではありません。

一般的に、新しい仕事に慣れるまでにかかる期間は、3~6ヶ月と言われています。どんなに優秀な人でも、転職後わずか1週間で完璧に仕事をこなすことは無理です。

そのため、転職して1週間で仕事が合わないと判断してしまうのは早すぎるでしょう。

思ったように業務をこなせず、あなたが焦っている気持ちもわかります。しかし、仕事に慣れていないだけで退職を決めてしまえば、新しい職場でも同じことを繰り返すかもしれません。

たったの1週間で判断してしまわず、時間をかけて仕事への適性を見極めてください。

次にやりたいことが決まっていない人

次にやりたいことが決まっていない方も、転職後1週間で辞めるのはおすすめしません。

今の会社にはやりたいことや目標があって入社したはずです。しかし、転職後1週間で辞めたいと考えている場合、次にやりたいことが決まっていない方は多いでしょう。

転職の軸が定まっていない状態で辞めると、退職と転職を繰り返す可能性があります。

仕事内容や人間関係が合わず辞めたいのは辛い状況ですが、退職する前にまずは次にやりたいことを決めるのが重要です。

会社を辞めるのは転職の軸が定まってからでも遅くないので、働きながら次にやりたいことを探しましょう。

転職後1週間で辞めると決めてもよい人の特徴

転職後1週間で辞めると決めてもよい人の特徴を紹介します。

転職後1週間で辞めると決めてもよい人の特徴

目標達成やキャリアの実現が難しい場合は、早期に退職するのも解決策です。

入社前の条件と違った

実際に働いてみて、入社前の条件と違った場合は転職後1週間で辞めると決めても問題ありません。

まずは入社前に明示された労働条件と違うことを会社に相談してみましょう。場合によっては、条件を改めてもらえる可能性があります。

それでも改善されないときは、本格的に退職を検討してみてください。

雇用契約書や労働条件通知書と実際の条件が異なる場合、労働者の意志で雇用契約を解除できます。

会社側があなたを無理やり引き止める権利はないので、安心して転職活動を始めましょう。

やりたい仕事が入社したらできなかった

自分の目標を達成できると期待して入社した職場で、実際はやりたい仕事ができない場合も早めに退職を決意するのがよいでしょう。

やりたい仕事ができないのであればモチベーションを維持できません。このまま働き続けても、やりたい仕事ができないことでストレスを抱える可能性があります。

また、やりたい仕事ができている場合と比べて、身につけられるスキルや経験にも差が出てしまうでしょう。

やりたい仕事ができない職場で働き続けるよりも、自分のキャリアを実現できる会社への転職を目指すのがおすすめです。

早期退職者の7割が早期退職が転職活動に影響していないと答えた!

引用:PR TIMES「早期退職経験者の95%以上が「後悔していない」という結果に!転職後1年以内に退職した理由や相談相手をアンケート調査」

キャリアクラスが独自に調査した結果、早期退職した方の70%近くが転職活動に支障がなかったと回答しています。

近年は、業界・職種を問わず多くの企業が人材不足に悩んでいる状況です。そのため、基礎的なPCスキルや社会人としてのマナーを持つ方であれば採用する企業も見られます。

また、人材が流動的な時代となっており、「前職の在籍期間をあまり気にしない」と考えている企業も多く存在します。

ただし、企業側が求職者を採用するときは、「長く勤めてもらえるか人材かどうか」を潜在的に考えていることを知っておきましょう。早期退職して転職する場合は仕事に対する思いや熱意を前向きに伝え、「採用しても問題ない」と転職希望先に思ってもらうことが欠かせません。

1週間で仕事を辞めた方にインタビューしてみた

田中さん(仮名)インタビュー

【インタビュアーのプロフィール】

名前田中さん(仮名)
性別女性
年齢30代
業界介護業界
転職時期約7年間

本章では転職後1日勤務をして辞める旨を伝えた経験を持つ田中さん(仮名)にインタビューしました。「1週間で辞めた理由」や「1週間で辞めて後悔したか」など1週間以内に辞めた経験のある方しか語れない内容の話を聞いてみました!

「1週間で辞めるか迷っている」という方はぜひ参考にしてみてください。

前職に入社した理由は?

ーー本日はお時間いただきありがとうございます。本日はよろしくお願いいたします。

田中さん:よろしくお願いいたします。

ーー早速なのですが、1週間で辞めた会社に入社した理由はなんだったんですか?

田中さん:転職サイトで3つくらいの求人をピックアップして、その中で一番家から近い職場を選びました。介護施設だったので、利用者からの口コミが良いかは確認しました!口コミはとても良かったです。

前職を1週間で辞めた理由は?

ーー前職を1週間で辞めた理由は?

田中さん:前職と同じ雰囲気・働き方だったため、危険さを感じて辞めようと決めました。その前の会社を辞めようとした理由が「サービス残業などがなく、ある程度余裕のある会社で働きたい」というものだったので、この職場では解決できないと感じました。

ーー事前に職場の雰囲気など知ることは難しかったですか?

田中さん:難しかったです。事前に施設の口コミを見てはいたのですが、それは施設利用者の口コミなので、内部の声ではありません。利用者の口コミがよければ良い職場なのではないかと間違った認識をしていたのが見抜けなかった原因です。

1週間で辞めると伝えるときに上司からは止められましたか?

ーー1週間で辞めると伝えるときに上司に止められましたか?

田中さん:電話で退職を伝えたのですが、止められたというか「こんなことで辞めるならどこも続かないぞ」と言われました。早く転職先も見つけないとと思っている中で強めのことを言われたので精神的にきつかったです。

ーーかなり不安が増えますよね。どうやって乗り越えたんですか?

田中さん:母親に相談しました。あとはすぐにハローワークに相談に行きました。そのおかげですぐに転職先が見つかりました。なので、1週間で辞めてしまった方はまずはプロに相談するのをおすすめします。

今の職場へ転職した理由は?

ーー今の職場へ転職した理由は?

田中さん:正直、給料がなくなるという不安であんまり条件を絞らずに探していたというのが本音です。そうしたら、たまたま良い職場と巡り会えた感じです。収入がなくなるという不安がすごかったので、すぐにハローワークに相談しました。

ーー転職活動を始めてどのくらいで転職できたんですか?

田中さん:結局、1ヶ月以内には次の職場が見つかり、すぐに働き始めることができました。

ーーとてもスムーズに決まったんですね!実際転職してみて働き方は変わりましたか?

田中さん:かなり変わりました。サービス残業もないですし、残業したらちゃんと基本給に追加されますし、人間関係もよいのでとても満足しています。

辞める前に転職先を見つけるとの辞めた後に転職先見つけるのどちらがよかった?

ーー田中さんは辞めたあとに転職活動をしていますが、振り返ると辞める前に転職先を見つけるとの辞めた後に転職先見つけるのどちらがよかったと思いますか?

田中さん:私は先に辞めてよかったと思っています。退職を切り出すのって結構勇気が必要なことで、転職活動をしている中でやめるという決意か揺らいでしまうと思っています。そうすると、結局やめることを伝えられず1年2年と時間が経っていく可能性があります。私はそっちのほうが怖かったです。

1週間で辞めたいと思っている方へアドバイスをください

ーー1週間で辞めたいと思っている方へアドバイスをください

田中さん:収入がないとないという危機感を持ち、次の職場探しをすぐに始めることが重要だと思います。実際私がすぐに転職を成功できたのは、退職後すぐにプロに相談したからです。

今すぐやめるなら、すでにプロの方へ相談するのが良いと思います!

キャリアクラス編集部杉田

すぐに辞める方はすぐにプロに相談して、一刻も早く転職先を見つけるのがポイントです。転職活動が長引くほど不安が大きくなります。田中さんのようにすぐにプロに相談するようにしましょう!

1週間で仕事を辞めたとき履歴書に書く必要ある?

1週間で仕事を辞めたとき履歴書には書く必要ある?

1週間で仕事を辞めた場合、試用期間内であれば法的には退職した旨を履歴書に書く必要はありません。ただし、仕事をしたという事実がある以上、1週間で退職したとしても履歴書には経歴として書くほうが無難です。

履歴書に1週間で仕事を辞めたことを書く際は、退職理由をポジティブな内容にして伝えることが重要です。

あわせて読みたい
面接で退職理由を聞かれた時の対処方法|短期間で退職した理由の伝え方も紹介 転職を決意してからするべき事はいろいろですが、面接対策もしっかりと行う必要があります。 ここでは転職希望者が面接時に必ず聞かれる「転職を決めたのはどうしてです...

1週間で仕事を辞めたことが転職先でバレることはある?

1週間で仕事を辞めたことが転職先でバレることはある?

1週間で仕事を辞めたことは、転職先でバレる可能性があります。転職後は、社会保険と雇用保険の加入手続きを次の職場ですることが一般的です。企業側は、各種保険の手続きをする際に、以前の職場で加入していた保険の情報を確認できます。

つまり、転職活動中は転職してから1週間で仕事を辞めたことが隠せても、入社後にバレる可能性がかなり高いと言えます。

企業によっては、1週間で仕事を辞めた経歴を書いていない方を「経歴詐称」と判断することがあります。経歴詐称だと企業から判断された場合は、解雇される恐れがあるので、1週間で辞めた会社のことも経歴書に書くようにしましょう。

転職して1週間で退職するときの伝え方は?

転職して1週間で退職するときの伝え方は?

転職して1週間で退職する旨を伝えるときは、直属の上司に仕事を辞める意思を伝えてください。仕事を辞める意思を伝える際は、2人で話せる場を設けてもらうとスムーズに話を進められます。

本来であれば、転職してから1週間で辞めることは好ましくありません。そのため、「謝罪を述べること」「『なぜ仕事を短期間で辞めるのか』について妥当な理由を準備すること」が大切です。

あわせて読みたい
円満退職するにはどうすればいい?「おすすめの退職理由」と「伝え方の例」を紹介 本記事でわかること おすすめの退職理由と伝え方の例 円満退職できない悪い例 スムーズに転職する方法 会社を辞める際は、どんな理由であれ円満退職を目指すことが重要...
あわせて読みたい
引き止められない退職理由を紹介!上司からの引き止め対処法も解説 本記事でわかること 上司が退職を引き止める理由について 会社が上司から引き止められない退職理由 退職を伝えて引き止められたときの注意点 「勤めてみたら自分が考え...

転職して1週間で辞めることを考えている人からよくある質問

転職して1週間で辞めることを考えている人からよくある質問として、次の内容が挙げられます。

以下では、よくある質問について回答していきます。

転職して1週間では仕事になれないのは当たり前?

転職して1週間で仕事になれないのは、当たり前のことです。前職と同じ業界・職種へ転職する場合であっても同様です。

転職すると仕事の進め方はもちろん、人間関係や社風などが一変します。今までとは異なる環境で仕事に従事する必要があるため、1週間程度でなれないことは当然です。

ただし、マニュアルを渡して個人で仕事を覚えるように言ったり、業務内容を一度教えただけで放置したりする企業は、ブラック企業の可能性があります。危険を察知したら辞めることも視野に入れておきましょう。

転職して1週間は疲れがたまりやすい?

転職して1週間は、疲れがたまりやすくなります。個人差はあるものの、人によっては1ヶ月ほど疲れがたまりやすい時期になるかもしれません。

転職して間もない時期は、覚えることが多くなったり周囲へ気を遣ったりするため、自分が思っている以上に疲弊します。疲れやすくなってしまう点は、誰もが通る道だと覚えておくとよいでしょう。

転職先になれないことによる疲れは、人間関係を構築すると緩和しやすくなります。仕事について話せる仲間ができると、仕事を覚える期間を短縮できるほか、気を遣う機会が減るためです。

転職して1週間で辞めたいならその後の行動が大切!

転職して1週間で仕事を辞めても、次の職場に就くことは可能です。しかし、世間は転職後1週間で仕事を辞めることに対して、マイナスイメージを持ちます。

転職してから1週間で仕事を辞める場合は、周囲が納得できる退職理由を用意することが大切です。

1週間で仕事を辞めたいと思った場合は、まずは転職先を決めましょう。次が決まれば、お金の心配もほぼなくなるので安心して辞めることができます。

短期間で仕事を辞めた方が転職活動を成功させるには、転職エージェントを利用しましょう。なかでも、マイナビエージェントマイナビジョブ20’sは、転職サポートが充実しており、求職者から人気を博しています。

1週間で辞めたいと思ったらまずは転職エージェントに相談してみましょう!

解決策まとめ

【人間関係やパワハラなどが原因で今すぐ辞めたい人】
⇒退職代行サービスの利用がおすすめ。退職代行は即日退職可能でき、すぐに今の職場から離れられます。

>>『退職代行TORIKESHI』に相談する

【やりたいことが違って別の仕事に転職したい人】
⇒転職エージェントの利用がおすすめ。上記の悩みの人は今すぐ辞めずにまずは転職エージェントに相談して、転職先を決めてから辞めましょう。

>>『マイナビエージェント』に相談する

本記事の関連記事

あわせて読みたい
転職して1年目で辞めたい!一年で退職するメリット・デメリットを解説 「転職したけれど、自分に合わず辞めたい」という方は多いでしょう。実際に転職後1年以内に離職するケースは珍しくありません。 そのまま我慢して働き続けるのもひとつ...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ