MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違いを6項目で徹底比較 | 両方を活用してハイクラス転職を目指そう

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチは、どちらもハイクラス向けのスカウト型転職サービスです。一見「同じようなサービス」と考えがちですが、両者は強みやメリットが異なります。

ハイクラス転職の成功を目指すなら、自分に合った転職サービスを利用するのが大切です。リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違いや口コミ・評判を紹介するので、参考にしてみてください。

解決策まとめ

とにかく求人数の多さにこだわりたい人

⇒リクルートダイレクトスカウトがおすすめ。幅広い業種に対応しており、多くの企業と出会える。

>>『リクルートダイレクトスカウト』に相談する

求人やスカウトの質にこだわりたい人

⇒ビズリーチがおすすめ。サービスの質の高さに定評があり「応募してみたい」と感じるハイクラス求人と出会える。

>>『ビズリーチ』に相談する


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

【一覧比較】リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違いとは?

名前リクルートダイレクトスカウトビズリーチ
イメージ画像リクルートダイレクトスカウトビズリーチ
求人数417,477件(非公開求人除く)86,656件(非公開求人除く)
料金完全無料無料(一部有料)
得意分野メーカー / コンサルティング / 商社経営管理 / 営業 / IT
スカウト機能
ヘッドハンターの数4,300名以上5,800名
利用年齢層20代~60代前半30代~50代
登録審査の有無×
応募の有無〇(ヘッドハンター経由)△(有料プランのみ)

※求人数:2023年2月26日時点

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチには、求人数や得意分野、応募の有無といったサービス内容に違いがあります。また料金体系も異なり、前者が完全無料なのに対し、後者には一部有料プランが用意されています(無料体験あり)。

リクルートエージェントは40万件以上の公開求人数、ビズリーチは求人・スカウトの質の高さが魅力です。それぞれに強みがあるため、自分に合った転職サービスを利用しましょう。

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチを6項目で徹底比較

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチを6項目で徹底比較

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違いを6項目で徹底比較します。

各項目を比較すれば、2つのサービスの違いについて理解できるはずです。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

求人数

名前リクルートダイレクトスカウトビズリーチ
求人数500,000件以上公開求人数:約99,000件
(2023年10月時点)

求人数だけに注目すると、圧倒的にリクルートダイレクトスカウトのほうが多いです。求人の多さは「企業との出会いの幅」に直結するため、効率的に転職活動を進められます。

とはいえ、ビズリーチも9万件以上とハイクラス求人が豊富です。またリクルートダイレクトスカウトはメーカー・コンサルティング・商社、ビズリーチは経営管理・営業・ITというように得意分野(業種)も異なります。

求人数の多さだけに注目するのではなく「自分が希望する業種の求人が豊富かどうか」という点も確認しましょう。

料金

名前リクルートダイレクトスカウトビズリーチ
料金完全無料無料(一部有料)

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチは、料金体系が異なります。前者は完全無料、後者には一部有料プランがあります。

ビズリーチの有料プランはプレミアムステージと呼ばれ、料金は「タレント会員:3,278円」「ハイクラス会員:5,478円」です。

ただし、有料プランには無料体験があります。無料体験中にサービスをフル活用すれば、質の高いサポートを受けられます。

ヘッドハンターの数

名前リクルートダイレクトスカウトビズリーチ
ヘッドハンターの数4,300名以上(2022年5月時点)5,800名(2022年10月現在)

ヘッドハンター数で比較すると、リクルートダイレクトスカウトのほうがやや多いです。ただし、どちらも転職支援実績が豊富な優良ヘッドハンターが多数在籍しています。

リクルートダイレクトスカウトの特徴は、ヘッドハンターを検索・指名して転職相談ができることです。一方、ビズリーチはヘッドハンターに相談するためには有料プランの登録が必要です。無料体験中でも相談できるので、まずは気軽に登録してみましょう。

スカウト機能

名前リクルートダイレクトスカウトビズリーチ
スカウト機能

どちらもヘッドハンター・企業からスカウトを受けられます。職務経歴書を登録するだけで優良求人からスカウトをもらえるので、効率的に転職活動を進められるでしょう。

ちなみに、ビズリーチには面談確約の質の高いスカウトも存在します。採用側の意欲が高い点も特徴です。

登録審査の有無

名前リクルートダイレクトスカウトビズリーチ
登録審査の有無×

リクルートダイレクトスカウトに登録審査はありません。「利用したい」と考えた人すべてが職務経歴書を登録できます。とはいえ、スカウトを受けられるかどうかは登録する職務経歴書の内容次第なので、魅力的な文章を考えてきましょう。

一方、ビズリーチには登録審査があります。登録者の質をある程度確保するために、現職の年収や経験、スキルなどをもとに運営側が「登録の可否」を審査します。登録審査を通過するコツは以下の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ビズリーチの審査基準とは?落ちた人の口コミから分かる審査基準を解説|審査に落ちた人がとるべき行動... ビズリーチに登録したにもかかわらず、審査に落ちてへこんではいませんか?ハイキャリア向け転職エージェント「ビズリーチ」には登録審査がありますが、審査基準を理解...

応募の有無

名前リクルートダイレクトスカウトビズリーチ
応募の有無〇(ヘッドハンター経由)△(有料プランのみ)

リクルートダイレクトスカウトの求人応募は、すべてヘッドハンター経由で進められます。スカウトを受けるだけでなく、気になる求人には積極的に応募するのがおすすめです。

一方、ビズリーチは無料プランでは求人応募ができません。基本的に「スカウトを受ける」という転職活動となります。ただし、有料プランの無料体験を活用すれば求人応募が可能です。

ビズリーチは「企業からのスカウトをもらった」「自ら求人を応募した」といった場合は企業と直接やりとりを行えます。

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチ向いているのはどっち?

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチ向いているのはどっち?

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチどちらが向いているのかを紹介します。

ハイクラス転職の成功を目指すなら、自分に合った転職サービスの利用が必須です。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

リクルートダイレクトスカウトが向いている人

リクルートダイレクトスカウトが向いている人は以下のとおりです。

リクルートダイレクトスカウトが向いている人
  • 求人数の多さにこだわりたい人
  • 完全無料でサービスを利用したい人
  • 年齢層が高い(50代後半~60代前半)人

最大の魅力は求人数が豊富な点です。幅広い業種の求人・企業と出会えるため、求人数の多さにこだわりたい・豊富な選択肢の中から求人を選びたい人に向いています。

また、リクルートダイレクトスカウトは完全無料で利用できる点も魅力です。レジュメ登録・スカウトの受け取り・求人応募・指名ヘッドハンターへの相談など、すべてのサービスを無料で利用できます。

さらに、求人やスカウトの中には60歳以上向けの「顧問スカウト」もあります。業務委託の顧問求人を紹介してもらえるので、退職後のキャリアを考えている人にもおすすめです。

\常時30万件以上の求人/

あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミ|使ってみた体験談を紹介 リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラスから大人気かつ評判の良い転職サービスです。 登録するだけで、年収800万〜2,000万の求人からスカウトが来る可能性がありま...

ビズリーチが向いている人

ビズリーチが向いている人は以下のとおりです。

ビズリーチが向いている人
  • 求人やスカウトの質にこだわりたい人
  • 管理職やマネジメント経験を活かしたい人
  • 地方在住の人

ビズリーチは求人やスカウトの質の高さに定評があります。年収が高い・好待遇など「応募してみたい」「ぜひ入社したい」と感じるような優良求人が豊富です。

管理職やマネジメント経験を活かせる求人を多く取り扱っており、「経験を活かしたキャリアアップを目指したい」という人にも最適です。

また首都圏だけでなく、地方勤務やフルリモート勤務の求人も多く保有しています。働く場所や働き方を自由に選べる点も魅力の1つでしょう。

\年収1,000万円の求人多数/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ ビズリーチはハイクラス転職を目指す人にうってつけな転職サービスです。 特に年収600万円以上を目指す人に支持されています。転職市場に出回っていない希少な求人に出...

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの口コミ・評判

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの口コミ・評判

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの口コミ・評判を紹介します。

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの口コミ・評判

転職サービスを選ぶうえで、評判チェックは必須です。それぞれ紹介するので、参考にしてみてください。

リクルートダイレクトスカウトの口コミ・評判

とにかく求人数の多さに定評があります。常時30万件以上の求人数を誇り、うち67,707件を年収800万円以上が占めています(2023年2月12日時点)。

そのため「高年収の求人と多く出会いたい」「年収アップを目指したい」と考えている人に最適です。

ビズリーチの口コミ・評判

ビズリーチは複数あるハイクラス向け・スカウト型転職サービスの中でも「質の高さ」に定評があります。スカウトの1つ「プラチナスカウト」は採用側の本気度が高く、中には面談確約で選考に進めるオファーも存在します。

リクルートダイレクトスカウトかビズリーチかを選ぶポイント

リクルートダイレクトスカウトかビズリーチかを選ぶポイント

リクルートダイレクトスカウトかビズリーチかを選ぶポイントは以下のとおりです。

リクルートダイレクトスカウトかビズリーチかを選ぶポイント
  • 自分の目的に合っているか
  • ヘッドハンターとの相性はどうか

転職サービスはそれぞれ得意分野や求人年収などに違いがあるため、自分の目的に合ったサービスを選ぶことが大切です。ハイクラス・キャリアアップ転職を目指す人の中でも、個人ごとで「希望する業種」「自分の年齢層」「活かせるスキル」が異なります。

インターネット上で「〇〇がおすすめ!」と紹介されていても、自分が求める求人・サービスがなければ意味がありません。

また、転職サービスを選ぶときはヘッドハンターとの相性の良し悪しも重要です。納得のいく転職成功を目指すためには、自分の強みや希望条件を把握したうえで求人を紹介してくれる担当者を見つけましょう。

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチを活用してハイクラス転職を目指すコツ

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチを活用してハイクラス転職を目指すコツ

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチを活用してハイクラス転職を目指すコツを紹介します。

ハイクラス転職を目指す、またスカウト型転職サービスを利用するうえで大切なのは「自ら積極的に動くこと」です。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

登録レジュメの内容を充実させてスカウトをもらう

ハイクラス転職の成功を目指すなら、スカウトを多数もらえるよう登録レジュメの内容を充実させることが大切です。企業やヘッドハンターは、登録レジュメを見て「魅力的な人材かどうか」を判断します。

例えば「マネジメント経験あり」とだけ記載しているよりも「少数チームをまとめて昨対比〇%を達成できました」という内容のほうが魅力的です。

また芳しい成果でなくても「〇〇が不十分だと反省し、同じミスをしないよう心がけています」など、失敗から得た経験を明確化できるとよいでしょう。

スカウトの多さは優良企業との出会いの幅に直結します。少しでも多くのスカウトをもらえるように、登録レジュメは具体的かつ自己アピールを含めた内容にするのがハイクラス転職を成功させるコツです!

あわせて読みたい
ビズリーチからのスカウトが来ない原因は?職務経歴書を見直して優良企業からのスカウトを増やそう! 「ビズリーチに登録したいけどちゃんとスカウト来るのかな?」と疑問に思っている方も多いでしょう。 結論しっかりと登録すればスカウトメールは届きます! スカウトが...

転職活動をヘッドハンターに任せすぎない

納得のいく転職を目指すうえで大切なのは、転職活動をヘッドハンターに任せすぎないことです。受け身の転職活動は、自分に合う企業との出会いのチャンスを逃す原因になります。

ヘッドハンターは複数の転職者と面談しています。「受け身な人」と「積極的に質問や求人動向について相談してくれる人」では、後者を活躍できる人材と判断するでしょう。

自分から積極的に動けば、ほかの人が見つけられなかった優良求人と出会える可能性も高まります。

資格やスキルを身につける

ハイクラス転職を目指すなら、企業に求められる資格やスキルを身につけるのがおすすめです。とくにビズリーチで転職活動を進めるには「管理職やマネジメント経験」が必須なため、現職で今すぐチャレンジすべきです。

管理職でなくても「1チームをまとめて業務を進めた」といった経験でも問題ありません!レジュメは登録後も編集・更新ができるので、転職活動を進めつつ経験を積み、常に魅力的なアピールポイントをつくっていくことが大切です。

スカウトを待つだけでなく「今自分ができること」に取り組みましょう!

併用がおすすめなスカウト型転職サービス5社を比較

転職サービス求人数得意分野特徴
リクルートダイレクトスカウト500,000件以上メーカー / コンサルティング / 商社・年収800万円~年収2,000万円の求人多数
・指名ヘッドハンターに相談できる
ビズリーチ公開求人数:約99,000件
(2023年10月時点)
経営管理 / 営業 / IT・保有求人の3分の1以上が年収1,000万円以上
・求人やスカウトの質が高い
JACリクルートメント10,002件外資系 / 管理・専門職・複数のコンサルタントから求人を紹介してもらえる
・選考対策や交渉代行も任せられる
doda X公開求人数:40,000件
(2023年10月時点)
IT / Web / メーカー / 営業・保有求人のほとんどが年収800万円以上
・在職する会社にバレる心配がない
エンワールド851件テクノロジー / 総務 / 人事・グローバル転職に強い
・入社後活躍に力を入れている

ひと言で「ハイクラス転職」といっても、求人によって企業規模や待遇、年収などが異なります。得意分野やサポート内容を把握しながら、自分に合った転職サービスを最低2、3社併用するのがおすすめです。

求人数の多さはリクルートダイレクトスカウトが圧倒的ですが、他社にも魅力的な求人が多数存在します。ビズリーチは年収1,000万円以上の求人が豊富、JACリクルートメントは徹底した選考対策を受けられるなどの魅力があります。

よくある質問

よくある質問

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチに関するよくある質問に回答します。

それぞれ解説するので、転職サービス選びの参考にしてみてください!

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの利用がバレる心配はある?

どちらの転職サービスを利用しても、現職にバレる心配はありません!企業ブロック機能が備わっているので、在職する会社に対してレジュメを非公開にできます。

上司や同僚があなたの登録情報を閲覧することはなく、安心して利用できます。ブロック機能の詳細や設定方法は以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ビズリーチの利用がばれる可能性はある?ばれないための対処方法や設定方法を詳しく解説 ハイクラス転職で有名なビズリーチですが、登録したことが勤務先にばれるのが心配で利用をためらう人もいるのではないでしょうか。 実は、設定方法を工夫し、職場での言...

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチは20代でも利用できる?

どちらも年齢制限を設けているわけではないので、20代でも利用できます。30代以降の転職に強いものの、専門スキルやマネジメント経験がある人は登録審査を申し込む価値があります。

ただし、20代がハイクラス向けの転職サービスを利用するときは登録レジュメの作成に力を入れましょう。華やかな成果がなくても、経験から学んだことを明確化してアピールすればOKです。

仕組みの違いはある?

両者の仕組みに大きな違いはありません。どちらも登録レジュメを通して、企業やヘッドハンターからスカウトを受けられます。

ただし、無料で求人応募ができるのはリクルートダイレクトスカウトのみです。ビズリーチは有料プラン(無料体験あり)の利用者のみ求人応募・ヘッドハンターへの相談ができます。

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチを活用してハイクラス転職を成功させよう!

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチは、どちらも優良企業と多く出会える転職サービスです。高年収・好待遇の求人が見つかるため、キャリアアップを転職を目指す人は必ず登録しておきましょう。

求人数の多さを重視する人はリクルートダイレクトスカウト、求人やスカウトの質にこだわりたい人はビズリーチがおすすめです。

転職サービスをうまく活用して、ハイクラス転職を成功させましょう!

あわせて読みたい
ビズリーチとdodaの違いを6項目で徹底比較 | 自分の転職スタイルに合ったサービスを利用しよう ビズリーチとdodaは、サービス内容が大きく異なります。内容を理解しないまま登録すると「思っていたのと違う」と後悔する可能性が高いです。 本記事では、ビズリーチと...
あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違いを6項目で徹底比較 | 両方を活用してハイクラス転職を... リクルートダイレクトスカウトとビズリーチは、どちらもハイクラス向けのスカウト型転職サービスです。一見「同じようなサービス」と考えがちですが、両者は強みやメリ...
あわせて読みたい
ワークポートとビズリーチの違いを6項目で徹底比較 | 転職サービスを使い分けて転職成功を目指そう 本記事でわかること ワークポートとビズリーチの違いを6項目で徹底比較 ワークポートとビズリーチの口コミ・評判 ワークポートかビズリーチかを選ぶポイント ワークポー...
あわせて読みたい
doda Xとビズリーチの違いを5項目で徹底比較 | どちらが向いているか選ぶポイントを解説 本記事でわかること doda Xとビズリーチの違い doda Xとビズリーチが向いている人 doda Xかビズリーチかを選ぶポイント doda Xとビズリーチは、どちらもハイクラス向け...
あわせて読みたい
ビズリーチとdodaの違いを6項目で徹底比較 | 自分の転職スタイルに合ったサービスを利用しよう ビズリーチとdodaは、サービス内容が大きく異なります。内容を理解しないまま登録すると「思っていたのと違う」と後悔する可能性が高いです。 本記事では、ビズリーチと...
あわせて読みたい
JACリクルートメントとビズリーチの違いを6項目で徹底比較 | ハイクラス転職を目指すなら併用がおすすめ! JACリクルートメントとビズリーチは、どちらもハイクラス向けの転職に特化した転職サービスです。「ハイクラス向け」という同じ特徴があるため、どちらを利用すればよい...
あわせて読みたい
ビズリーチとリクルートエージェントの違いを6項目で徹底比較 | サービスをフル活用して転職を成功させよう ビズリーチとリクルートエージェントは、どちらも大手転職サービスです。一見「同じようなサービス」と捉えがちですが、強みやメリットはそれぞれ異なります。 あなたの...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ