MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

25卒から就活が変わる!スケジュールやインターンのルール変更について詳しく解説

後輩ちゃん

25卒の就活からインターンのルールが変わるみたいで心配です…。

キャリア先輩

条件はみんな一緒だから、ルールを理解して適切な対策をすれば大丈夫だよ。


2022年6月に就活ルールの変更が発表され、25卒の就活からはインターンが大きく変わります。インターンがより重視されることにより、就活スケジュールや必要な対策にも影響が出ることを不安に思う人も多いでしょう。

本記事ではインターンのルール変更や取るべき対策について紹介するので、いち早く知識を身につけて内定獲得のための準備を進めてください。

就活が不安な人は、就活エージェントのJobSpring(ジョブスプリング)に登録して、就活のプロに内定までサポートしてもらいましょう。JobSpringは徹底した対策で内定率が90%以上と高いのが魅力です。

インターンのルール変更が不安なら…
就活エージェント JobSpring
【公式HP】https://jobspring.jp/
  • インターンのルール変更が不安ならJobSpringに相談しよう!
  • 専属のアドバイザーが適切な対策をしてくれる!
  • 丁寧なカウンセリングでキャリアプランが明確になる!

最短2週間のスピード内定!

※30秒で登録完了


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

【重要】25卒の就活から変わるポイントとは?

まずは25卒の就活から変わるポイントについて解説します。

これまでの就活とは重視する点や必要な対策が大きく変わる可能性があるので、隅々までチェックしておいてください。

インターンシップが採用に直結するようになる

2022年4月に経団連と全国の大学が参加する産学協議会がおこなわれました。同協議会では「多くの学生がインターンの参加が採用に直結すると考えていること」「インターンの名を冠してはいるものの、実質的には会社説明会のプログラムが存在すること」が問題視されました。

この結果を踏まえて文部科学省、厚生労働省、経済産業省の合意のもと、2022年6月にインターンシップのルール変更がおこなわれています。

この変更に伴って、25卒以降の就活ではインターンシップが採用に直結するようになります。従来のインターンシップのルールでは、学業への影響を考慮してインターンを採用と直結させることを禁止していました。

このルール変更により、より多くの企業がインターンを取り入れるようになり、学生の参加も増えるでしょう。

後輩ちゃん

これからはインターン重視の就活になっていくかもしれません。

あわせて読みたい
【25卒/26卒】インターンに全く行ってないと受からない!?後悔しないために行かなかった人が今すぐすべ... インターンに行っていないと就職できないのでしょうか… しっかり実力をつければ就職できるよ! 最近インターンを開催している企業がかなり増えており、就活の大切なイベ...

インターンのルールの変更に伴い重要度が増す

インターンシップのルールが変更されたことにより、これまで以上にインターンを実施する企業が増え、学生の参加人数も多くなるでしょう。また、人気企業のインターンはより倍率が高くなることが予想されます。

インターンの開催スケジュールについても注意してよく確認しましょう。インターンは大学3年の6~9月にサマーインターン、10〜2月にかけてオータム・ウィンターインターンがおこなわれます。

これまでもインターンに参加した一部の優秀な学生が早期選考に呼ばれたり内定に直結することはありましたが、25卒のインターンからはより多くの学生が内定を手にするでしょう。

キャリア先輩

大学3年の時点で就活が終わる可能性がより高くなることが予想されるよ。

キャリアクラス新卒就活

対面での面接が24卒よりも多くなると予想できる

新型コロナウイルスの影響で近年ではオンライン面接が増えていましたが、25卒は24卒よりも対面での面接が多くなる可能性があります。

株式会社学情が2023年に調査した「2024年卒の採用状況」では、面接の実施形式を「対面のみ」と回答した企業が前年を1.8ポイント上回り27.4%で最多になりました。

23卒よりも24卒のほうが対面になってきており、徐々に対面での面接が回復していることがわかります。

これまではオンライン面接に力を入れていた就活生も多かったですが、これからはより対面重視の対策が必要になるでしょう。

対面はオンラインと雰囲気が違うので、就活エージェントや大学のキャリアセンターを利用して練習しましょう。

後輩ちゃん

もちろん、オンライン面接の練習も欠かさないようにしてください。

25卒の就活から変わるインターンシップの概要

インターンシップは産学協議会によって以下の4つに分類されています。

以下では、それぞれのインターンシップの概要と、今回のルール変更でどのようになるのか解説します。すべて確認して、自分がどのインターンシップを目指すのかイメージしましょう。

オープン・カンパニー

オープン・カンパニーは大学のキャリアセンターや企業・就職情報会社が主催する単日のイベントです。オープン・カンパニーの主な目的は企業・業界のPRで、学生に企業や仕事内容について知ってもらうために開かれます。

実施規模は大きく学生の参加可能枠も多いので、参加のハードルは低いでしょう。また、参加企業数も多いので、学生にとってはさまざまな企業と出会えるチャンスです。

これまでは「インターン」という名称でも開催されていましたが、新ルールでは1日開催であり就業体験がないことから、オープン・カンパニーで得た情報は採用活動には活用できません。

キャリア先輩

開催時期もさまざまなので、スケジュールに余裕がある時に参加しよう。

キャリア教育

キャリア教育は企業がCSRとして実施するプログラムや、大学が主導する授業・産学協働プログラムを指します。CSRとは「Corporate Social Responsibility」の略で、企業が果たすべき社会的責任のことです。

企業が果たすべき社会的責任は、自社の特長を活かして社会課題の解決に当たることです。

キャリア教育は1~3日の短期間でおこなわれ、学生は座学や就業体験を通して自分のキャリアを考えます。

就業体験はできるものの短期間であることや、あくまでもキャリア教育を目的としたものであるため、オープン・カンパニーと同様に得た情報を採用活動に使うことはできません。

後輩ちゃん

本格的なインターンに参加せずとも働くことについて学べるのでぜひ参加しましょう。

汎用的能力・専門活用型インターンシップ

汎用的能力・専門活用型インターンシップは、仕事への適性や汎用的な能力を見極めることを重視したプログラムです。開催は企業が単独でおこなうもの、大学が企業あるいは地域と連携しておこなうものがあります。

このインターンシップは適性や汎用能力重視なら5日以上の短期、専門性重視なら2週間以上の長期開催です。参加は少人数に絞っておこなわれるため、人気の企業は参加のための書類選考が発生する可能性があります。

汎用的能力・専門活用型インターンシップで取得した学生の情報は採用活動で活用できるので、内定に直結する可能性も高いです。

採用直結型のインターンの場合は、募集要項に産学協議会基準準拠マークが記載されているのでチェックしましょう。

キャリア先輩

多くの学生が対象になる採用直結型のインターンはこれだから、入念に確認しておいてね。

高度専門型インターンシップ

高度専門型インターンシップは、「ジョブ型研究インターンシップ」「高度な専門性を重視した修士課程学生向けのインターンシップ」が該当します。

就業体験を通して専門性を実践で活かして向上させることを目的としており、大学と企業の連携のもと実施されます。就業期間は2ヶ月以上で、特に修士課程学生向けのインターンシップは理系の修士課程学生が対象です。

50社60大学がこのプログラムに参加しているので、参加を希望する際は大学のキャリアセンターに問い合わせてみましょう。

もちろん採用直結型のインターンであり、実践力を磨きながら優良企業への内定を目指せるのが魅力です。

後輩ちゃん

専門性が活かせるインターンがあるのは嬉しいですね。

25卒向けのインターンはいつから始まる?

25卒向けのインターンシップは、2023年の4月ごろに情報が解禁され順次エントリー受付が始まり、7月ごろから実施されます。25卒はすでにオータムインターンが始まっているので、まだインターンに参加していない人はウィンターインターンを急いで探してください。

26卒の人も開始まで1年を切っているので、今から情報収集を始めましょう。

インターンを探すなら、就活サービスやインターン専門のサービスに登録するのがおすすめです。

キャリア先輩

25卒は早い企業だともう内々定を取る人も出てくるよ。急ごう!

キャリアクラス新卒就活

25卒からの就活スケジュールは変わる?

25卒からはインターンシップの重要性が上がりますが、就活スケジュール自体はこれまで通り変更はありません。現在、政府が公表している就活スケジュールは次の通りです。

就活スケジュール
  • 広報活動開始 :卒業・修了年度に入る直前の3月1日以降
  • 採用選考活動開始:卒業・修了年度の6月1日以降
  • 正式な内定日 :卒業・修了年度の10月1日以降

引用:「2024年度卒業・修了予定者の就職・採用活動日程に関する考え方

従来通り就活情報の解禁は3年生の3月1日から、採用選考は4年生の6月1日、内定日は10月1日となっています。

採用直結型のインターンをおこなう企業は増えると予想されますが、インターン参加者のみしか採用しないという企業は少数です。

ただ、就業体験ができた上にチャンスが増えるなど良いことずくめなので、早めにインターンの情報収集を始めましょう。

25卒からの就活スケジュールを具体的に説明

就活 何から始めればいい スケジュール


25卒からの就活スケジュールは次の通りです。

25卒からの就活スケジュール
  • 大学3年4月~|自己分析・業界(企業)研究
  • 大学3年6月~2月|短期インターン(夏・秋・冬)
  • 大学3年12月~3月|ES作成・早期選考
  • 大学3年3月~大学4年5月|エントリー・面接練習
  • 大学4年6月~|内定(承諾・辞退)

大学3年生になったら、自己分析を徹底的におこないましょう。自己分析が今後の人生のキャリアを決めると言っても過言ではありません。

漏れのないよう、自己分析を繰り返して細かなことでもブラッシュアップしてください。自己分析が終わったら次は業界・企業研究をおこない、応募する企業を絞っていきましょう。

業界と企業が絞れたら、インターンに応募、参加して内々定を狙いましょう。もしインターンで内定が取れなくても、早期選考・本選考に向けて準備を怠らないようにしてください。

就活のルールが変わる25卒が取るべき対処方法とは

就活のルールが変わりインターン重視の就活になった影響で、従来の就活とは少し必要な準備が異なります。

インターンで内定を狙いながら就活を成功させるためには、以下で解説することを実践しましょう。

インターンに関する情報を積極的に探す

インターンの重要性が増し、早期内定を獲得できる可能性が高まったので、インターンに関する情報は積極的に探しましょう。インターンを探すのにおすすめの方法は、次の通りです。

インターンを探すのにおすすめの方法
  • 就活サイト・インターン応募サイトを利用する
  • 大学のキャリアセンターで調べる
  • 企業のホームページで探す
  • 教授や先輩、友人の紹介で探す

さまざまな方法がありますが、大半の学生は就活準備サイトからインターンに応募することが多いようです。

ただ、就活準備サイトは利用者も多く、人気企業には応募が殺到します。インターンへの参加率を上げたいなら、大学のキャリアセンターや知人からの紹介で探すのが良いでしょう。

後輩ちゃん

企業を絞り込めているなら、ホームページから直接探すのもありです。

就活のスケジュールを決めて計画的に進める

インターンの重要性が増したことにより、大学3年生の時期から就活で忙しくなることが予想されます。本記事を参考にしながら、まずは就活のスケジュールを決めて計画的に進めましょう

就活は長期戦になるため、詰め込んでの準備が通用しません。慌てて就活をしても自己分析が不十分になり、応募する企業や業界が絞り込めず、失敗やミスマッチの原因になります。

大学3年生のうちに終わらせる勢いを持って、早めの行動を心がけましょう。

キャリア先輩

どれだけ準備できたかが成否を分けるよ。

25卒の就活が変わると不安に思っている人が今から取るべき行動

25卒から就活が変わってしまうのではないかと不安に思う人は多いでしょう。ただ、就活のルールが変わったとしても、今から下記のことを徹底すれば大丈夫です。

就活が変わると不安に思っている人が今から取るべき行動

それぞれ詳しく解説します。

自己分析を徹底する

就活において、自己分析の徹底は大前提です。自己分析が甘いと自分に合っていない業界・企業に応募することになり、内定獲得が難しくなります。

さらに、たとえ内定をもらえたとしても入社してからのミスマッチにつながり、早期退職の原因になってしまいます。

就活は一度きりで、さらに今後の人生を左右する重要な機会です。後悔のないように満足するまで自己分析をおこなってください。就活の最中も繰り返しおこなうとより方向性が固まります。

後輩ちゃん

自己分析が間違っているとすべてが台無しになるので慎重にやりましょう。

あわせて読みたい
【就活】自己分析ツールおすすめ7選|診断結果を最大限活かすためにすべきことについても徹底解説 自己分析が1人じゃ全然進みません… そんな時はツールを使って効率的に自己分析を進めよう! 就活をするうえで自己分析は欠かせません。志望する業界や職種を明確にする...

ESの準備を徹底する

自己分析ができたら、次に重要なのはES作成です。ESは自己分析をもとにして志望動機や自己PR、長所・短所などを記載します。

ESの提出は応募の入り口でもあるので、完璧に作成しましょう。就活生のESで企業が見ているのは以下の要素です。

ESの準備を徹底する
  • わかりやすく伝えられる力があるか
  • 自社に合った人物か
  • 自社で活躍してくれそうか

ESを作成したら、第三者に添削してもらうのがおすすめです。就活エージェントを利用すれば、あらゆるESを見てきた就活のプロが徹底的に添削してくれます。

キャリア先輩

ESは企業ごとに作成しよう。

あわせて読みたい
ES添削は誰にお願いしたらいい?おすすめの依頼先6つと選ぶときのポイントを紹介 ES添削って、誰にお願いしたらいいんでしょうか? 見てもらいたいポイントによって、依頼先を選ぶといいよ。 「ES(エントリーシート)を添削してもらいたいけど、誰に頼...

面接練習を行う

自己分析とESが完璧になったら、最後に面接練習を繰り返しおこなって内定率を上げましょう。面接では自分の人柄や応募企業に合っているかをアピールすることが重要です。

面接に慣れるなら、就活エージェントや大学のキャリアセンター、ハローワークを利用して模擬面接を受けましょう。

模擬面接ではフィードバックをもらえるので、自分の弱点がわかります。また、本選考の前に志望度が低めの企業を受けて慣れておくのも有効な手段です。

後輩ちゃん

とにかく回数をこなしましょう!

あわせて読みたい
就活の面接練習ってどこでしたらいい?25卒におすすめのサービスや練習方法をご紹介 最近は面接練習の方法が多様化し、目的や緊急度に合わせていろんな方法が選べるようになりました。 選択肢が増えた一方で、どこで面接練習するか、誰に頼むかで迷ってい...

就活を不安に思っている人におすすめの就活サービス

就活を不安に思っているなら、就活サービスに登録してサポートを受ければ負担を大幅に減らせます。特に就活エージェントでは、アドバイザーが就活の悩み相談に乗ってくれるので不安を解消できます。

就活を不安に思っている人におすすめの就活サービス

以下でおすすめの就活サービスを3つ紹介するので、自分に合ったものに登録しましょう。

ジョブスプリング

ジョブスプリング
【公式HP】https://jobspring.jp/
名称JobSpring(ジョブスプリング)
運営企業HRクラウド株式会社
対象学年25卒
強みAI×プロのエージェントによる高精度なマッチング
利用しやすさ対面面談が東京のみ(オンライン対応)
求人内定まで最短2週間の求人を紹介
紹介実績1000社から厳選された3~4社を紹介
サポート早期離職率0.1%を誇る手厚いサポート
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://jobspring.jp/

JobSpring(ジョブスプリング)は、徹底したカウンセリングとAIを駆使したマッチングが強みのエージェントです。専任アドバイザーによる親身なカウンセリングに定評があるので、まずは相談して不安を解消しましょう。

選考対策にも定評があり、内定率は90%と非常に高い水準を誇るのも魅力です。

また自分に合った企業のみを厳選して紹介してくれるためマッチ率が高く、早期離職率はわずか0.1%と就活失敗の心配がほぼありません。

後輩ちゃん

新ルールに沿った対策をしてくれるので安心です!

内定まで最短2週間!

※30秒で登録完了

キャリアパーク

名称キャリアパーク就職エージェント
運営企業ポート株式会社
対象学年25卒
強み最短1週間で優良企業へスピード内定ゲット
利用しやすさ全国対応でエリアも広く、丁寧なヒアリングが好評
求人厳選された全国各地の優良企業300社から求人を紹介
紹介実績年間1,000人以上の就活生がスピード内定獲得
サポート選考対策やセミナーなどで選考通過率が大幅アップ
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://careerpark-agent.jp/

キャリアパーク就職エージェントは、最短1週間以内のスピード内定獲得を目指せる就活エージェントです。最短3日で内定獲得した例もあるので、とにかく早く優良な企業の内定を決めたい人に向いています。

スピード感はありますが適当に紹介しているわけではなく、独自の基準でブラック企業を徹底排除しているので安心です。

また、就活対策資料や内定者のES、各種診断ツールなどが一通り揃っており、このサービスだけで就活が完結するの嬉しい点です。

キャリア先輩

お得なサービスが盛りだくさんだから、使い倒そう!

平均5回以上の面談!

※30秒で登録完了

オファーボックス

offerbox
【公式HP】https://offerbox.jp/
名称OfferBox(オファーボックス)
運営会社株式会社i-plug(アイプラグ)
対象学年25卒
強み学生利用率No.1で圧倒的な安心感を誇る逆求人サイト
独自性自己分析診断ツールAnalyzeU+をもとに正確なスカウトマッチング
求人大手からベンチャーまで9,411社以上が掲載
実績オファー受信率93.6%(※プロフィール記入率80%以上)
使いやすさ1分で無料登録、SNSでもログイン可能
総合得点18.5/20.0点
公式HPhttps://offerbox.jp/

インターンを受けても内定がもらえるか自信のない人は、OfferBox(オファーボックス)でスカウトをもらって有利に進めるのも1つの方法です。

OfferBoxはプロフィールを登録しておくとあなたに興味を持った企業からオファーがもらえます。登録して待つだけなので、他の就活サービスとの併用にも向いています。

スカウトを受ければ選考で有利になったり一部の選考が免除されたりするので、プロフィールを充実させてより多くのスカウトを受けましょう。

キャリア先輩

無料の適性診断も評判が良いよ。

企業からオファーが届く!

※60秒で登録完了

早めに行動して計画的に就職活動を行おう!

インターンシップのルール変更によって、就活スケジュールに大幅な変更はありません。

ただ、インターンがより重視されることで、早く入念な準備が必要になりました。早期内定が欲しい人は、早めに自己分析からスタートして計画的に就職活動をおこないましょう

ただ、大学の授業と並行しながら進めるのは大変なので、就活エージェントに登録して全面サポートを受けましょう。

JobSpring(ジョブスプリング)なら専属のアドバイザーが丁寧なヒアリングのもと、最適な企業を紹介してくれます。

内定まで最短2週間!

※30秒で登録完了

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ