MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

転職回数が多い人でも履歴書や面接でごまかさずに転職を成功させる方法

転職市場において、「転職回数が多い人=転職が不利になる」と言われることが一般的です。企業から見れば、転職回数が多い人は、「継続力が乏しい」「仕事に対する熱量が低い」といったように映ります。

また、日本では一つの職場で長く働くことが美学となっている点も、転職回数が多い人がマイナスイメージになる理由として挙げられます。

とはいえ、転職回数が多い方であっても「今の仕事が自分に合わない」「もっと成長できる環境に身を置きたい」といった動機から再び転職したいと思う方もいるでしょう。結論、転職回数が多くても選考対策次第で採用される可能性は十分にあります。

この記事では、企業から見た転職回数が多い人のイメージや転職回数が多い人の転職戦略、転職回数に関係なく採用される人の特徴、転職を成功させる方法などを解説します。

あわせて読みたい
転職回数をごまかすのはNG?転職回数が多くても優良企業への転職成功を目指す方法を解説 転職回数のごまかしは「百害あって一利なし」です。絶対にやめましょう。 転職回数をごまかしてもバレる可能性は非常に高く、もしバレた時に被る損害は甚大です。 本記...

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

企業の採用担当者は「転職回数が多い人」をどのように見ているのか?

企業の採用担当者は「転職回数が多い人」をどのように見ているのか?

転職回数、何回なら多いと思われるのか?

一般的に、何回転職していると、企業から転職回数が多いと思われるのでしょうか。

2014年に、エンジャパンが転職コンサルタントにおこなった調査によると、若手層では2回以上、ミドル層(35歳以上)では3回以上の転職を、企業の人事は気にするという調査結果でした。

転職回数
出典:「エン転職コンサルタント」 ミドル層の転職回数と転職成功の可能性について発表

調査結果をみると、転職回数が多い人は悲観的になってしまうかもしれませんが、「2回の転職」を多いとするのか「3回の転職」を多いとするのかなどは、企業によって捉え方が違ってきます。転職回数が多いことが選考に影響するのかどうかも、求人を出す企業によって変わります。

転職を何回していたら多いのか、ということに関しては、明確なルールがあるわけではありません。私の人事経験からお話すると、大抵どんな企業でも、最大で5回くらいまでがマックスでしょう。

ちなみに、厚生労働省の統計データによると、実は転職というのは昔の高度成長期から行われていました。3回目の転職でその会社に定年まで勤め上げるというパターンが一番多かったというデータがあります。

そういうことを踏まえて、現在でも転職市場は開けているといいますが、最大5回がマックスだと思います。

これは、私が思っているというより、ほとんどの採用担当者が思っていることです。

採用決定者の考えや経験、過去の中途採用者の実績などから、採用するかどうかを決めるため、転職回数が多いからといって、悲観的にとらえずに、どうすれば転職に結びつくかを建設的に考えていくほうが良いでしょう。

あわせて読みたい
20代で転職を繰り返す人の末路とは?20代で職を転々としても不利にならないようする方法を徹底解説 本記事でわかること 20代の平均転職回数 20代で職を転々としても不利にならないようするためには 転職を繰り返すと選考で不利になると言われることもあり、転職回数に悩...

企業が転職回数を気にする理由とは?

なぜ企業は、転職回数が多い人を気にするのでしょうか?

エンジャパンがおこなった「転職回数を気にする理由」の調査では、「定着に不安」を感じるという企業が圧倒的に多く、次いで「ストレス耐性が不安」「キャリアの一貫性に不安」「協調性に不安」という調査結果が出ました。

この調査結果から、企業は転職回数が多い人に対して、「つらいことに耐えられず、またすぐに辞めてしまうのではないかのではないか(定着、ストレス耐性の不安)」、「不満を感じたときに他人のせいにしてしまうタイプなのではないか(協調性の不安)」という不安をもっていることを表しています。

転職回数が多い場合、どうしても「採用してもすぐに辞めてしまうのでは」という印象を持たれてしまうのは仕方がありません。

また、企業は社員が仕事でつまずいたときに、その壁を乗り越えて頑張っていってほしいと思っているため、ストレスを感じた際にすぐに嫌になって辞めてしまうと思われる人を採用したがりません。ストレスの原因を上司や他人のせいにしてすぐ辞めてしまうと思われる人も敬遠されるでしょう。

転職回数が多い人は、企業からこのような不安を持たれていることを自覚する必要があります。そして、それでも採用につなげるためにはどうすれば良いのかを考える必要があるのです。

業界最大級の求人数!

転職回数が多い人が気をつけること

転職回数が多い人が、活動時に気をつけることを解説します。

過剰な自己アピールは逆効果

転職回数の多い人が犯しやすい失敗として、過剰な自己アピールが逆効果になってしまうということがあります。

理由はどうあれ、転職を繰り返す人は何か問題があるのではないかと思われがちです。一般に、会社が好意的に見てくれる転職回数は、30代なら2回、40代なら3回程度までが限度のようです。

近年、転職マーケットは厳しさを増し、「売れる人材」と「売れない人材」の格差が広がっています。それだけ、転職希望者の「競争」も激しくなっているわけですから、転職回数の多さもマイナスポイントとしてとらえなければなりません。

そうしたなかで、転職回数の多い人がなんとか自己アピールしようとして、誤った退職理由の説明をしてしまうケースがあるのです。

よく見られるのが、職場環境の悪さを強調しすぎるケースです。退職理由が人間関係にある場合、必ずしもマイナスになるわけではありませんが、何回も上司とトラブルを起こして、会社を辞めている人は非常に不利です。

採用担当者は、いかに厳しい環境でも耐え抜いてきたかを知りたいのです。ところが、こうした人は往々にして、退職に追い込まれたのは上司の責任であると主張してしまいます。

本人にしてみれば、正直に当たり前なことを言っているのかもしれませんが、採用担当者の目にはそうは映りません。

退職理由をもう一度確認してみる

転職回数の多い人すべてに当てはまるわけではありませんが、転職を成功させようと考えるなら、もう一度、退職理由についてじっくり考えてみることを勧めます。

表面的には、上司や給料などに対する不満でも、本当の原因は自分自身にあるのかもしれません。もし心当たりがあるのなら、退職理由の表現のしかたを根本から変えてみるべきです。

あわせて読みたい
面接で退職理由を聞かれた時の対処方法|短期間で退職した理由の伝え方も紹介 転職を決意してからするべき事はいろいろですが、面接対策もしっかりと行う必要があります。 ここでは転職希望者が面接時に必ず聞かれる「転職を決めたのはどうしてです...

行動を躊躇しないこと

もしあなたが悩んでいるのであれば行動を起こすべきです。悩んでいるということは、今の会社に不満を持っているということです。

今の会社が改善しようと取り組んでいる場合は別ですが、そうではない場合は一歩踏み出して転職活動をするべきでしょう。悩んでいる時間がもったいないです。

行動に早く移すことができれば、より良い求人に巡り合うかもしれません。やる気があるなら頑張って今よりも良い会社に入社することを目指しましょう。

面接や履歴書で嘘をつかない

転職回数が多い場合、数ヶ月で退職した職場がいくつかあるかもしれませんが、面接や履歴書で嘘をつかないことが重要です。嘘をついて転職活動を行うことは、デメリットしかありません。

仮に嘘をついて入社すると、転職先から信頼してもらえなくなるほか、採用の取り消しに至る恐れもあります。最悪の場合は、経歴詐称とみなされ損害賠償へ発展するケースがあることを知っておいてください。

そもそも、面接や履歴書で嘘をついたとしても、保険や源泉徴収の情報によって経歴がバレることがほとんどです。転職活動をする際は企業を欺くことよりも、自分の強み・魅力をしっかりとアピールする方法を考えることが大切です。

転職回数が多い人の転職戦略とは?

転職回数が多い人がとるべき転職戦略にはどのようなものがあるのか、まとめてみました。

志望動機は多岐にわたる経験を逆にアピールする

転職回数が多いことは、一般に不利とされています。目安として、20代で2回、30代で3回を超える場合には、ウィークポイントとしてとらえ、採用担当者の不安を払拭するような志望動機を書く事が必要です。

転職回数が多い場合の志望動機は、次のような点に注意しながらまとめます。

転職回数が多い場合の志望動機のまとめ方
  • 自己中心的と思われないような書き方をする
  • さまざまな職場で積んだキャリアのうち、志望する会社で活かせるものを選別する
  • そのキャリアを新しい職場でどう活かせるのか、具体的にアピールする

転職回数が多い人は、退職理由の表現のしかたを工夫する必要がありますが、志望動機欄では、退職理由とうまくリンクさせて、前向きな姿勢をアピールすることが大切です。

また、転職回数が多くてうまく転職ができないという人は、今までの転職から何を得たのかをまず考え、それをセールスポイントにすることが重要になります。

今まで全く同じ仕事をしていたのならベストですが、そうでない場合、例えば事務をやった後、販売を任されたという人もいるでしょう。

そういう人はそれぞれの仕事から何を学び、転職先でそれをどう生かしたいかを考えておきましょう。転職回数が多いのをマイナスに捉えると行き詰ってしまいます。転職エージェントのコンサルタントに相談してみてもいいでしょう。

◆転職回数が多い場合の志望動機の書き方

○○社では主に法人を相手に事務用品の飛び込み営業、△△社ではOA機器のルートセールス、××社では保育園・幼稚園を対象に幼児向け教材のコンサルティングセールスをしていました。

扱う商品は異なりますが、それぞれの職場で身につけた営業ノウハウを十分に活かして、新しい顧客の獲得に励みたいと思っております。

このように、キャリアに一貫性があることを強調した表現にすることを心がけましょう。

あわせて読みたい
転職の志望動機の書き方を解説|未経験の仕事へ転職するときの例文を紹介 転職活動における志望動機は、入社意欲を伝えるための重要な文書です。端的かつ具体的に書くことで、面接までスムーズに進む可能性が高まります。 志望動機がしっかりし...

面接で不信感を払拭する回答のしかた

◆「転職回数が多いようですが、何か事情があったのですか?」

【質問の意図】
  • 安易に転職を考えていないか
  • 転職を繰り返すのは、何か深刻な理由があるのではないか

【回答のポイント】

転職回数が多いことは、マイナス評価の対象になりますが、面接でこうした質問が出たら、面接官の不安感を払拭する絶好の機会ととらえて、積極的に自己アピールします。

志望動機や前職の退職理由を断片的に説明するだけでは、応募者が歩んできたそれまでの人生や考え方を伝えることは困難です。

もっとも痛いところを突く質問ですが、逆転の発想で、自己アピールにつなげましょう。

私自身は、面接のときに前職での仕事内容をしっかり述べるのと、入社したい会社のためにどのようなことで貢献ができるのかというところを重視して面接時は話をしていました。

「自分自身はこのようなことを今まで行ってきた」、「状況に応じての行動はこのようにします」など、具体的な言動も面接時には見られているのではないかと思います。

回答例

これまでに3回、職場を移っておりますが、1回目は履歴書に記載しましたとおり、会社の倒産によるものです。

そして2回目はそれまでの経験を充分活かせる職場ではなかったため、思い切って転職いたしました。

3回目は、職場では実績を評価され、昇進も早かったのですが、30歳を迎えて、キャリアアップを真剣に考えるようになり、転職を決意しました。

それぞれの会社での在籍期間は短いですが、転職に際しては、いつも真剣に考えて、決断いたしました。

また、職場は変わりましたが、私はこれまで営業一筋で生きてきております。ぜひ、御社でこれまでのノウハウの集大成をさせてください。

あわせて読みたい
面接で退職理由を聞かれた時の対処方法|短期間で退職した理由の伝え方も紹介 転職を決意してからするべき事はいろいろですが、面接対策もしっかりと行う必要があります。 ここでは転職希望者が面接時に必ず聞かれる「転職を決めたのはどうしてです...

転職回数が多くても採用される人はどんな人か?

転職回数が多くても採用される人には、次のような特徴があります。

ここからは、4つの特徴について詳しく解説します。

転職ごとに明確な理由を説明できる人

過去に転職した理由を明確に説明できる人は、転職回数に関係なく採用されやすいといえます。企業側は、目的を持って転職している人に対して、あまりマイナスイメージを持ちません。

「スキル・キャリアアップを図るために転職を重ねてきた」というように、一貫性を持って過去の転職理由を伝えられれば、プラスに評価されやすくなるでしょう。

例えば、「A社では〇〇を学び、B社ではA社の経験から〇〇という実績を上げました」などと、勤め先でどのようなことを学び経験したのかを伝えられると、説得力が増します。

コミュニケーションが円滑に取れる人

転職回数が多かったとしても、コミュニケーションが円滑に取れる人は、採用される可能性が高くなります。どのような仕事であっても、人と人が関わりながら進めることが基本です。

そのため、経験・スキルだけでなく、コミュニケーション能力の高さを重視する企業は少なくありません。特に、20代の人材を求める企業では、経験・スキルよりもコミュニケーション能力を求める傾向です。

なお、社会人に求められるコミュニケーション能力とは、相手の意図を正しく汲み取る力・伝えたいことを端的に伝える力などです。コミュニケーション能力は、面接時にチェックされることが多くあります。質問に対して的確に回答するほか、要点を押さえて短く伝えることが重要です。

専門的なスキルや経験がある人

専門的なスキルや経験がある人も、転職回数にかかわらず採用されます。専門的なスキルを持つ人は、企業側にっとて価値が高い人材です。募集を出しても集まりにくいため、転職回数よりもスキルの希少性が評価されます。

例えば、人事・経理や法務などの領域、WebやITといった分野に精通する知識を持っていると、専門的なスキルを持つ人材と判断されやすくなります。ほかにも、管理職やプロジェクトリーダーなど、上流の経験を持つ人材も評価されやすくなるでしょう。

専門的なスキルや経験をアピールする方法は、20代よりも30代以降のキャリア実績が豊富にある方におすすめです。

転職に対する意欲が感じられる人

転職に対する意欲が感じられる人も、転職回数の多さに関係なく採用されやすくなるでしょう。企業は、スキル・経験と合わせて、「求職者がどれだけ自社に貢献したいのか」という意欲もチェックしています。

意欲を伝えるためには企業分析を通じて、転職希望先がどういった分野・事業に力を入れているのかを知ることが重要です。面接や履歴書では企業分析で得た情報から何に共感し、どのような部分で自分の力を発揮できるのかを伝える必要があります。

転職回数が多い求職者に対して、企業側は「再び辞めてしまうのでは」と考えることが一般的です。転職回数が多い方が内定を得るためには、「すぐに辞めるかもしれない」と思われることを払拭する必要があります。

転職回数が多い人が転職を成功させる方法

転職回数が多い人は、次の方法を通じて転職を成功させましょう。

以下では、2つの方法について詳しく解説します。

転職のプロにサポートしてもらう

転職を成功させたい人は、転職のプロである転職エージェントにサポートしてもらうことを視野に入れましょう。転職エージェントでは、ヒアリングを通じて求職者に合った求人の提案から書類添削・面接対策、入社日・条件面の交渉などをワンストップで行います。

転職回数が多い方がどのように転職活動を進めるべきかもレクチャーできるため、転職回数の多さに負い目を感じている人の強い味方となります。下記は、転職回数が多い方におすすめの転職エージェントです。

転職回数が多い方におすすめの転職エージェント
  • 20代におすすめなのは『キャリアスタート』
  • どの年代にもおすすめなのは『doda』

以下では、キャリアスタートdodaの特徴を紹介します。

20代におすすめなのは『キャリアスタート』

名前キャリアスタート
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人数:-
(2024年1月12日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代10代後半から30代前半
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界第二新卒など、若手の転職支援に特化
公式HPhttps://careerstart.co.jp/
詳細を見る
運営会社名キャリアスタート株式会社
拠点東京都港区新橋2-6-2 新橋アイマークビル8F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】

キャリアスタートは、新卒や第二新卒、既卒やフリーターなどの転職支援を得意とするエージェントです。特に、20代の転職サポートに定評があり、サービスを開始して以来6.8万人以上が登録しています。

キャリアスタートの大きな魅力は、年収アップにつながる転職がしやすいことです。実際に、2020年4月〜2022年3月までの年収アップ率は83%と高い水準です。

キャリアだけでなく収入面も妥協したくない20代は、キャリアスタートを活用して転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。

\年収アップにつながる転職に強い/

どの年代にもおすすめなのは『doda』

doda
【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】

dodaは、常時20万件以上の求人を掲載している業界大手の転職エージェントです。年齢を問わず利用しやすいサービスであり、未経験OKの求人から管理職向けの求人まで幅広く取り扱っています。

dodaでは、エージェントサービスとスカウトサービスを併用して転職活動を進められます。ほかの転職エージェントを利用するよりも、効率的に転職先を見つけられることがdodaの魅力です。

自分のキャリアに合う転職先を効率的に探したい方は、dodaに登録することがおすすめです。

\転職活動を効率的に進められる/

転職の目的を明確に話せるようにする

転職回数が多い方が転職を成功させるためには、転職する目的を明確に話せるように準備することが必須です。

意図もなく転職を繰り返す求職者に対して、企業はマイナスイメージしか持ちません。「根性がない」「転職しても再び辞める可能性がある」と考えるためです。

転職の目的を明確に話せるように準備するためには、なぜ転職したくなったのか動機を深掘りすることが重要です。

例えば、「スキルに磨きをかけたいこと」が転職する動機の場合、なぜ転職する必要があるのか・転職希望先へ入社するとどのように成長できるのかなどを深掘りすると、転職する目的が明確になります。

転職回数の多さは選考対策次第で挽回できる!

転職活動をする際に、「転職回数が多くなると不利になる」と言われることが一般的です。しかし、目的を持っていたり、専門的なスキル・経験を有していたりする場合は、不利にならない可能性があります。

近年は、さまざまな業界で人手不足が囁かれており、転職回数の多さは選考対策次第で挽回できるケースがほとんどです。選考対策に力を入れたい方は、転職のプロである転職エージェントのサポートを受けましょう。

特に20代の方は、定着率や年収アップ率に定評があるキャリアスタートを利用することがおすすめです。キャリアスタートにサポートしてもらえば、仕事内容と収入のどちらも妥協しなくて済むため、長く勤められる企業と出会える可能性が高くなります。

\年収アップにつながる転職に強い/

あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...
あわせて読みたい
20代で転職を繰り返す人の末路とは?20代で職を転々としても不利にならないようする方法を徹底解説 本記事でわかること 20代の平均転職回数 20代で職を転々としても不利にならないようするためには 転職を繰り返すと選考で不利になると言われることもあり、転職回数に悩...
あわせて読みたい
退職理由が「人間関係」では転職面接でマイナス評価になる?正直に伝えるべきか解説 会社を辞める理由として最も多いのが「人間関係」です。一度悪くなった人間関係を修復するのは困難で、こちらから歩み寄っても相手にその気がなければ益々関係はこじれ...
あわせて読みたい
転職回数が多い30代のための転職活動を成功させる3つの秘訣 「即戦力として期待できる」 「前職の社風に染まりすぎていない」 「社会人としての基礎がありながらフレッシュ」 転職先の企業から好意的に捉えられることも多かった20...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ