MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

フリーターの現実は厳しい|その理由10個と正社員を目指した方が良い理由を徹底解説

本記事でわかること
  • フリーターの現実が厳しい理由
  • フリーターより正社員の方が良い理由
  • 正社員になるための選択肢

フリーターは正社員に比べると「社会的地位が低い」「働けないときは給料がもらえない」「安定しない」など、現実が厳しい理由がさまざまあります。

現実が厳しいフリーターの現状から抜け出したいと考えているなら正社員を目指しましょう。正社員になると「安定した給料が得られる」「社会的地位が上がる」など、メリットがあります。

本記事ではフリーターの現実が厳しい理由や、正社員になるための選択肢を紹介します。フリーターでいることに少しでも悩んでいるのであれば、正社員を目指して1日でも早く動き出しましょう。

フリーターの現実が厳しいと感じているならハタラクティブを利用し、正社員を目指しましょう。ハタラクティブは求人の8割以上が未経験OKな求人のため、フリーターからでも就職先が見つかります。

\就職成功確率80.4%/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

フリーターの現実が厳しい10の理由

フリーターの現実が厳しい10の理由を紹介します。厳しい理由をみて、フリーターを抜け出したいと思ったら行動してみましょう。

それぞれの理由を解説します。

評価されない

フリーターでいくら頑張っても、周囲から評価されることはありません。私は好きな仕事でアルバイトをしていたので、自分なりにクオリティを求め、完璧に仕事をこなしたが、評価はされませんでした。

フリーターの仕事はアルバイトですから、「よく頑張っているね」という言葉はかけてもらえるますが、それ以上のことは特にないです。お金のためにやっていたわけではないけど、無気力な正社員組が自分以上の報酬をもらっていると思うと、やる気を削がれることが多々ありました。

社会的地位が低い

現在の日本の感覚において、フリーターというのはやはり社会的評価がとても低いです。

私は元フリーターで現在は正社員ですが、いざ正社員になろうと思ったときに、フリーター期間というのはマイナスポイントになってしまいます。

面接官に悪意はなかったと思いますが、面接で「なぜ責任のある仕事に就こうと思わなかったのですか?」と言われたことがあります。自分では頑張っていたつもりでしたので、少しショックを受けました。

あわせて読みたい
フリーターは世間体が悪い?世間の目が冷たい中でフリーターを脱出し生き抜く方法とは? 本記事でわかること 世間体が悪いと感じた体験談 フリーターでいることのデメリット フリーターから脱出する方法 「フリーターでいると世間体が悪いから、なんとか脱出...

体調を崩すと給料がない

朝から昼、夕方から深夜帯に分けてアルバイトの掛け持ちをしていましたが、働いた分だけ給料をもらえるので無理をしてでもシフトを入れてしまい、体調を崩しました。

当然ながら、体調を崩すと働くことが出来ず、給料をもらう事が出来ません。正社員と違い、福利厚生が整っていないので自分に負担がかかります。生活費の支払いが日々の負担となって、娯楽にさくための時間もお金もなかったです。

いつクビになるか分からない

自分は一時期「塾講師」をしていたのですが、いつクビになるか分かりませんでした。

会社が儲かっている時は良いですが、経営が危うい状態の時はいつクビになるのか分からず、現実の厳しさを感じていました。

正社員であれば簡単にはクビには出来ませんし、失業保険なども利用できます。景気悪化を理由に解雇という名のクビになった時に、現実の厳しさを知りました。

あわせて読みたい
フリーターから正社員になる場合の履歴書の書き方|人事が見ているポイントを徹底解説 本記事でわかること 人事が履歴書を見るポイント フリーターから正社員を目指す際の履歴書の書き方 おすすめの転職エージェント フリーターから正社員になる場合、履歴...

若い子から馬鹿にされる

私の場合ですが、周りは若い子ばかりで身の置き所がなかったです。塾といってもあまり成績が良くない子向けの塾で、そのせいもあり、自分の能力を発揮るする事が難しい状況でした。

自分の能力を発揮できない事はかなり辛いことです。しかも年齢を食っていて、それなのにフリーターに甘んじている情けないおじさんと思われて陰で馬鹿にされていただろうと思います。

その時の給料についても、年齢に対して「時給いくら」で働いている自分をかなり不満に思っていました。その頃、自分は頭が薄くなりかけてきたのですが(30代前半です…)、生徒の一人に「カッパ」というあだ名をつけられてしまいました。

その通りなので苦笑いするしかありませんでした。あまり成績が良くない子たち向けの塾なので、どうしても乱暴な子が混じってしまいます。

私がフリーターだという立場も知っており、いつもバカにされました。また、塾の社員も自分と年齢が変わらず、こっちとしてはかなり気を遣うことになっていました。

福利厚生や保障がない

私は以前、フリーターで数年間塾講師のアルバイトをしていました。勤務内容は正社員と同じくらいハードで拘束時間も長かったのですが、残業代は出ず、タダ働きのようなこともありました。

体調が悪くても休ませてもらえず、悪化して入院したこともありましたが、会社からはなんの補償もなく、収入面で苦しくなり、健康面の不安ができてしまいました。

アルバイトは社会保険の加入も一切させてもらえなかったので、酷使されるだけされて、いつ使い捨てられても仕方ない存在だと思いました。

社会保険、厚生年金がついておらず、全て自分で支払うため、結局支払いの繰り返しになってしまいます。決まった月給ではないため、たくさんもらえる月もあれば少ない月もあり、収入がまばらでバランスをとるのが難しく、生活水準がとても低くなってしまいました。

正社員であれば雇用時間は決まっていますが、アルバイトは雇用先の都合でシフトが削られることもあり、働きたくても働けない日もありました。

経済的に苦しい

時給制だったため、休日が続いたり、体調不良で休まざるを得なくなると生活が苦しくなるので、常に経済面での不安がつきませんでした。残業代も出ず、頑張っても1か月でもらえる給料には限度があり、常に生活が苦しかったです。

社会保険に加入させてもらえなかったため、国民健康保険や国民年金、市県民税などを払うのが大変でした。

毎年確定申告も自分でしなければならなかったのですが、税金が生活を圧迫していると感じました。周囲の友達が正社員として安定した生活をしている中で、フリーターの自分は劣等感や不安を常に感じていましたね。

仕事が辛い

フリーターで辛かった事は、仕事の量が多く精神的・肉体的にも負担がかなりあった事です。

よく休みを取られる社員さんがおり、休まれた際はその方の分まで仕事が度々回ってきていました。社員さんは休んでいても給料は減らず、こちらは仕事量が増えても給料が増えずとても辛く、虚しい気持ちになりました。

あわせて読みたい
フリーターが辛い5つの理由とは?脱却する方法や正社員就職成功のポイントを徹底解説 本記事でわかること フリーターを続けることが辛い理由 フリーターを脱却する方法 就職未経験者・フリーターの転職支援に強いエージェント フリーターは、時間に融通を...

安定していない

フリーターでも以前に比べて時給単価も上がり、様々な職種が増えてはいますが、やはり全体的に安定はしていないと感じます。正社員の方々に比べると、有休は無くて当たり前で休みも取りづらく、また休みを取る事で気まずい思いをします。

休みを取りやすい環境の職場もあるとは思いますが、自分は取りづらい環境でした。正社員の方と同じかそれ以上の出勤日と仕事量、なのにお給料は数万円~10万円近く少ないと言うのが当たり前でした。

フリーターは時給で給料をもらっているため、休みなどが続くと収入が減ってしまい生活が苦しいと思います。

余裕がない

フリーターでも、かけもちなどで働きまくれば、金銭的には良い時もあると思いますが、時間的な余裕がなくなるので厳しいと思います。

なぜなら、働いたぶんだけお金を稼ぐことができるので、掛け持ちでアルバイトをすると時間を犠牲にしてしまうため、精神的にとても負担がかかるからです。

また、正社員ではないので、正社員と比較すると社会的な信頼も得ることが難しく、若い時にはできても年をすると難しくなる仕事も多く、将来性の面も不安だと思います。

フリーターの現実は厳しい!正社員のほうが良い理由

フリーターの現実は厳しいです。本章では正社員のほうが良い理由を紹介します。

それぞれの理由を解説します。

安定した給料が貰えるから

正社員は毎月安定して給料がもらえます。正社員では基本給が決まっており、最低限もらえる金額が一定です。

正社員は土日祝が基本的には休みとなっており、祝日が多い月だからといって月給が下がることはありません。また、忙しい時期は残業が多くなり残業代が加算されますが、比較的暇な時期でも基本給より月給が下がることはないです。

しかし、フリーターでは祝日が多いからといって休んでいると、給料が少なくなってしまいます。GWやお盆などの正社員が休んでいる期間も働かなければ、給料がもらえないため、つらいと考える方は多いです。

社会保険や福利厚生が充実するから

正社員になると社会保険や福利厚生が充実します。正社員では「健康保険」「厚生年金」「雇用保険」など、社会保険が手厚いです。

特に年金は正社員とフリーターでは、正社員が加入する厚生年金の方が老後に受け取れる金額が大きいです。

正社員では会社からの福利厚生も受けられます。「家族手当」「住宅手当」「通勤手当」「健康診断」など、受けられる恩恵は企業によってさまざまです。

健康診断は法律として企業が従業員に受けさせる必要があるので、正社員になると毎年受診することになります。会社の義務として健康状態を年に1回把握できるので、病気の早期発見につながります。

社会的信用が得られるから

フリーターから正社員になると社会的信用が得られます。社会的信用が得られると、「車や家のローンが組める」「クレジットカードを作れる」「賃貸の審査に通りやすい」など、メリットがあります。

ローンは銀行からお金を借りる行為です。クレジットカードはカード会社が支払いを立て替え、後に利用者からお金を支払ってもらう仕組みです。

どちらも返済能力がないと判断されると利用できません。そのため、安定した収入がある正社員だと返済能力があると示せるため、審査が通りやすくなります。

経験値が積めるから

フリーターを続けるよりも正社員に就職した方が経験値を積めます。フリーターではアルバイトとして働くため、責任感のあるポジションで仕事をする機会が少ないです。

一方、正社員では大きなプロジェクトに参加したり、若いうちから役割を与えられたりするため、責任感のある仕事ができます。

責任感のあるポジションで仕事をすると、大きな経験ができるため、ビジネスマンとしての成長につながります。

また、正社員では上司に仕事を教えてもらったり、仕事ができる人のやり方を間近でみれたりと視座が上がる機会が多く、成長できる環境です。

結婚率が高いから

正社員はフリーターと比べると結婚率は高いです。ハタラクティブが算出したデータによると、フリーターと正社員では結婚率が大きく異なります。

正社員の結婚率は25〜29歳で約65.3%、30〜34歳で約58.9%、35〜39歳で約56%です。一方、フリーターでは25〜29歳で約4.8%、30〜34歳で約3.3%、35〜39歳で2.8%となっており、大きく差があることがわかります。

もし、将来的に結婚を考えているのであれば、データからわかるとおり、正社員になった方が確率が上がります。

引用:ハタラクティブ

現在フリーターの方へ|正社員になるための選択肢

フリーターの方が正社員になるための選択肢を紹介します。選択肢を確認し、正社員へ向けて動き出しましょう

それぞれの選択肢を紹介します。

アルバイト先で正社員登用を目指す

フリーターから正社員になるためには、アルバイト先で正社員登用を目指す方法があります。正社員登用とは、アルバイトや契約社員の方が在籍する企業で正社員として働ける制度です。

アルバイト先で行っている仕事を今後も続けていきたいと思えるのであれば、勤務先に正社員登用の制度があるかどうか確認しましょう。正社員登用があるのであれば、面接や筆記試験などの選考がおこなわれます。

正社員登用では今まで働いてきた慣れ親しんだ職場で仕事を続けられ、正社員としてのメリットを受けられます。

転職活動を行い正社員就職を目指す

転職活動を行うことで、フリーターから正社員を目指せます。正社員登用以外のやり方をするのであれば、アルバイト先を辞め、別の企業の正社員を目指しましょう。

「正社員になりたいけどやり方がわからない」と考える方も多いのではないでしょうか。転職活動を行い正社員を目指す具体的な方法は、以下のとおりです。

転職活動を行い正社員就職を目指す方法
  • ハローワークに通う
  • 求人サイト
  • フリーター向け転職エージェント【最もおすすめ】

それぞれの方法を解説します。

ハローワークに通う

転職活動を行い正社員を目指す場合は、ハローワークに通う方法があります。ハローワークは厚生労働省が運営する機関です。

「就職活動を始めたい」「職業訓練を受けたい」と考えている方が利用すべき機関です。ハローワークでは求人紹介や面接日程の調整を行ってくれます。

また、全国に500ヶ所以上の拠点があり、無料で利用できます。全国に拠点があるため、住んでいる地域の近くにある可能性が高いです。

ただし、ハローワークが紹介してくれる求人には「少なからずブラック企業が存在する」と、聞くこともあるので注意しましょう。

求人サイト

フリーターから正社員を目指すには、求人サイトを利用する方法があります。求人サイトは各企業の求人情報がまとまって掲載されているWebサイトです。

多くの求人が掲載されているため、自分のやりたい仕事が見つかります。「未経験歓迎」「未経験OK」など、入力し検索すればフリーターからでも採用される求人が見つかるかもしれません。

また、求人サイトでは自ら企業を探して応募するため、自分のペースで就職活動を進められます。ただし、フリーターからの就職活動はただでさえ難易度が高いため、個人で求人を探し、採用されるのは難しいです。

フリーター向け転職エージェント【最もおすすめ】

正社員を目指すには、フリーター向けの転職エージェントを利用する方法がおすすめです。フリーターからの正社員就職は難易度が高いため、キャリアのプロの力を頼りましょう。

転職エージェントは求人紹介から履歴書添削や面接対策などの選考支援まで行ってくれるサービスです。

また、転職エージェントにはそれぞれ得意分野があるため、フリーターのサポート力に定評があるサービスを利用することで、成功確率が上がります。

フリーター向けの転職エージェントでは、フリーターに対する「就職市場の熟知」「就職支援実績が豊富」など、メリットがあるため、利用してみましょう。

【現在フリーターの方】おすすめの転職エージェント

現在フリーターの方におすすめの転職エージェントを紹介します。気になるサービスがあれば登録してみてください。

それぞれの転職エージェントについて解説します。

ハタラクティブ|未経験職種を目指したい20代フリーターにおすすめ

名前ハタラクティブ
料金無料
求人数公開求人: 3,372件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対応エリア全国
オンライン面談LINEビデオ面談可
得意分野・業界フリーター・既卒・
第二新卒の支援に特化
公式HPhttps://hataractive.jp/
詳細を見る
運営会社名レバレジーズ株式会社
拠点東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号
渋谷スクランブルスクエア24F・25F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    3
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ハタラクティブの特徴
  • 未経験OKの求人が8割を超える
  • 書類通過率96%以上の実績を誇る
  • 担当アドバイザーの評判が良い

ハタラクティブは、未経験職種の就職支援に強いエージェントです。保有求人の約8割が未経験OKのため、経歴に自信がないフリーターでも就職先が見つかります。

求人紹介では性格や経歴を踏まえたうえで提案してくれるので、やりたいことがわからないから就職しなかった20代のフリーターでも適職が見つかります。

また、「書類通過率は96%」「内定率は80%」の実績を誇るため、フリーターの厳しい現実から抜け出したい方は利用すべきサービスです。

>>公式HPを見る

メリット
  • 学歴に関係なく求人を紹介してくれる
  • 最短2週間で内定獲得を目指せる
  • 幅広い職種への採用実績がある
デメリット
  • 取り扱う求人の勤務地が限られている
  • 求職者が自分で求人を検索できない
  • ハイクラス転職には向いていない

▼ハタラクティブの口コミ

スクロールできます
Review Image
20代男性(製造業界)
カウンセリングではしっかりとどんなことをしたいのか何ができるのか自分自身がどういう性格でどういう働き方を求めているのか話をした上で判断して頂けました。自己分析って自分が思う人物像を理論的に自分で考えるけだけだと思うので、客観的な目線からの意見は自分にとって凄くありがたかったです。
Review Image
20代女性(IT業界)
担当の方が女性の方だったのですが、とても親切に対応してくれました。私の職歴や持っている資格などを把握したうえで、自分の条件と合っている会社を紹介してくれたので良かったと感じました。

キャリアクラス転職独自調査

\最短2週間で正社員を目指せる/

マイナビジョブ20’s|大卒1〜3年目までのフリーターにおすすめ

名前マイナビジョブ20’s
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対象エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界全業種
公式HPhttps://mynavi-job20s.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビワークス
拠点東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
マイナビジョブ20’sの特徴
  • 第二新卒・既卒に特化している
  • マイナビグループのノウハウがある
  • 強み・弱みを深掘りできる適性診断がある

マイナビジョブ20’sは、20代や第二新卒向けの転職エージェントです。未経験OKな求人を75%以上も取り扱っているため、未経験職種にチャレンジしたい大卒1〜3年目のフリーターにおすすめのサービスです。

また、転職におけるマイナビグループの豊富なノウハウがあり、若い世代に特化したサービスとなっているため、経歴に自信のない20代のフリーターでも安心して利用できます。

マイナビジョブ20’sでは「個別転職相談会」を行っているため、キャリアの相談ができます。ほかにも「適性診断」を受けることで選考におけるアピールポイントも強化できるため、選考が不安な方はぜひ登録しておきましょう。

>>公式HPを見る

メリット
  • 内定まで徹底フルサポート
  • 全ての求人が20代対象
  • 未経験OK求人75%以上
デメリット
  • 20代以外の求職者は使いにくい
  • 地方求人が少ない
  • 希望に合う求人がない可能性がある

▼マイナビジョブ20’sの口コミ

スクロールできます
Review Image
20代男性(人材業界)
サポートがしっかりしていて、不明点など私が困ったことに関してすぐに対応してくださり、安心しながら転職活動ができた。私自身の意見を尊重してくれた。
Review Image
20代女性(食品業界)
こちらのサイトは、主に20代の方を対象にして求人を掲載しているので、あまり経験がない方でも応募ができるという点はライバルが減るので非常に良かったと感じました。

キャリアクラス転職独自調査

\20代の支援に特化/

【現在正社員の方】おすすめの転職エージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
マイナビエージェントの特徴
  • 第二新卒・未経験に強い
  • マイナビグループのサービスが利用できる
  • 異業種の転職サポートが充実している

マイナビエージェントは、マイナビグループが運営する総合型の転職エージェントです。若い世代の支援に定評があり「20代の転職エージェント満足度No.1」「2023年オリコン顧客満足度転職No.1」を獲得しています。

現職を辞めてフリーターになろうとしていたけど、やっぱり正社員として働きたいという方におすすめです。また、各業界に精通したアドバイザーが在籍しているため、今の職場が合わず、異業種を目指したい方でも転職成功を目指せます。

マイナビエージェントの保有する求人は未経験OKなものが多いため、他業界へ転職したいと考えている方でも適職が見つかりやすいサービスです。

>>公式HPを見る

メリット
  • 全国各地域で転職活動ができる
  • 各業界に精通している
  • 書類選考の通過率が高い
デメリット
  • ハイクラスの求人が少ない
  • キャリアアドバイザーによって差がある
  • 希望する条件と合う求人がないこともある

▼マイナビエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
20代女性(IT業界)
求人情報の詳細や条件についても充実しており、自分に合った条件を選ぶことができました。これにより、時間を節約しながら効率的に求職活動を進めることができました。
Review Image
20代男性(薬品業界)
エージェントの方の対応が思っていた以上に親切、丁寧でした。また自分の理想とする条件面もしっかり考えてくれて、転職先を提案していただいたので、とてもよかったです。

キャリアクラス転職独自調査

\未経験OKの求人豊富/

厳しい現実を感じているフリーターへ

フリーターの現実は厳しいものがありますが、日々生きていかなければいけません。今フリーターをしている方へ、厳しい現実を乗り越えるために伝えたいメッセージを送ります。

紹介する内容を参考に早めの行動を心がけましょう。

目標と意志を持って生きること

私は元フリーターで、現在は中小企業の正社員として働いています。正社員になってフリーターを脱出したことにより、経済的にも安定しましたし、結婚もできました。

ただ、正社員になったから全てがうまくいくというわけではなく、正直、今の生活でも辛いことはありますね。正社員になれば、仕事に責任も出てプレッシャーもかかります。

終わらせなくてはいけない仕事ができていなければ、深夜まで残業する場合もありますし、家に仕事を持ち帰ることもありますから。フリーターはよく「責任がない」と言われることがあるかと思います。それでいいんじゃないかと思うことが近頃よくあります。

もしあなたに夢や目標があるなら、自分のやりたいことをやるべきです。責任を背負い始めるとそこから動くことができなくなっていきます。

私はいわゆる「普通の生活」を手にするため、夢や目標を放棄しましたが、毎日「これで良かったのだろうか」と考える日々です。このようなことは、他のブログやサイトには書いていないかもしれません。

少なくともフリーターであったころは、そんなことを考える日はありませんでした。正社員になることが大切なのではありません。大事なのは目標と意志を持って生きることです。

何かしらの行動を開始しよう

今フリーターをしている人たちに言えることは、好きなだけ続けてもそれは個人の問題だと言うことです。しかし、もしフリーターをしているのが嫌ならば、すぐに行動に移した方が良いでしょう。

厳しい現実から一刻も早く抜け出したい思い、それは行動をするための重要な動機になります。身分の安定、もしくは信用力を手に入れるために八方手を尽くして情報を集め、就職活動を頑張って欲しいです。

その際、目標を下げたりするのも手です。フリーターはある意味気楽ですが、将来的にしんどいことになります。

出来るだけスキルのつく、社会的に信用のある仕事に移ることをおすすめします。

フリーターでいられるのは若いうちだけ

若いうちは、フリーターでもなんとか生活できるだけの収入が得られるし、まだまだ可能性がある、とあまり深く考えずにいられるかもしれません。

ですが、やがて体力的な難しさや、税金などの問題、周囲の友達が安定した仕事や家庭にいる中、自分の将来への不安など、いろいろな困難が降りかかってきます。

フリーターとして生活ができるのは、本当に若いうちのごく短い間だけだと思います。とはいえ、一度フリーターをしてしまうとズルズルと正社員の道から遠ざかってしまう現実もあります。

なるべく早くフリーターの生活から抜け出すことができるよう、いろいろな情報を集め、正社員の道を目指すことが重要だと思います。

あわせて読みたい
フリーターは何歳まで許される?限界年齢や年齢別の対処法を徹底解説 フリーターは、アルバイトやパートで仕事をしながら暮らしている方の総称です。正社員と比べると、収入や働き方、将来などが不安定であり、世間的に見るとあまりおすす...

フリーターでも自己肯定感を下げないこと

社会人から見たらフリーターのあなたは負け組かも知れません。でももしかすると、自由に時間を使えて、好きなことが出来て、羨ましがられているかもしれません。

あなたは負け組だと思っていても、向こうは勝ち組だとは思っていないはずですよ。自己肯定感を下げるのはやめましょう。

それにもし、なりたくてフリーターになったのであれば、それを負け組だというのは矛盾しています。だって夢を叶えた訳ですから。

フリーターになるという夢を叶えた結果、社会人になりたいという新たな夢ができた。それだけの事ではないでしょうか。

就職活動に失敗してフリーターになってしまった方、新卒の肩書きが外れたくらいで負け組だと思わないでください。あなたは就職活動のしんどさを予習出来ているのですから、そう考えれば少しはアドバンテージに捉えられるのではないでしょうか。

それでも「負け組だ」という自覚があるのなら、自分を変えられるチャンスです。自分より大事な誰かを見つけた時に、その人を守れるチカラを身につけてください。

あわせて読みたい
フリーターを抜け出したいけど抜け出せない!スムーズに正社員になれる方法を紹介 本記事でわかること フリーターから抜け出したい人が正社員になる方法 フリーターから抜け出すためにできること フリーターから抜け出したい人におすすめの転職エージェ...

長く働けるやり甲斐のある仕事を見つけよう

やはり、長く働ける仕事、やり甲斐のある仕事を見つける事が良いでしょう。一生働ける様な仕事に出会うのは中々難しいですが、すぐに辞めて次々に仕事をかえても、経験や技術は手に残りません。

また、長く働けると言う事は、安定が一番大きいですが、信頼も得られますし人間関係も築く事が出来ます。長く勤める事によって様々な保障や、休みを取れる環境になるのは大切でありがたい事だと感じました。

フリーターであれば辞めるのは簡単で、責任も少ないのではないかと思う方も多いかと思います。ですが現実的には中々辞められないし、責任も押し付けられる場面が多々ありました。

フリーターだから楽、と言う事は無いと思います。同じ働くなら、正社員で頑張った方が絶対に良いです。そのため、正社員を目指して就職活動に励むことをおすすめします。

正社員を目指すのであれば個人で行うのは難しいため、フリーターの就職支援に強いハタラクティブを利用しましょう。

ハタラクティブは1社ずつ面接対策を行ってくれるため、選考が不安な方でも安心です。また、8割以上が未経験OKな求人のため、採用される確率の高い求人が見つかります。

フリーターでいることの現実は厳しいと感じているなら、正社員を目指すためには動いてみましょう。

\内定まで最短2週間/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ