MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

転職時には年収交渉してもいい?タイミングと相場、交渉を成功させる方法を例文付きで解説

本記事でわかること
  • 転職時の年収交渉のベストなタイミングや相場
  • 年収交渉が成功しやすいケース・失敗しやすいケース
  • 転職時の年収交渉を成功させるポイント

転職するときに「年収交渉してもよいのか」と疑問に感じている人は多いでしょう。年収アップを目指すなら、可能な範囲で年収交渉をしてみるのがおすすめです。

とはいえ、年収交渉が可能だとしても「どのタイミングでするのか」「どの程度の金額まで希望して良いのか」と悩む人も少なくありません。

年収交渉のタイミングや金額について悩んでいるなら、転職エージェントに相談しましょう。転職エージェントは企業探しだけでなく、転職全般のサポートをしてくれるため、年収交渉を代わりにやってくれます。

転職エージェントを利用するならリクルートエージェントがおすすめです。リクルートエージェントは転職支援実績No.1を誇ります。また求人数も豊富に保有しているため、キャリアアップができる求人が見つかりやすいです。

\ 年収交渉で収入アップ/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

転職時の年収交渉は可能!ベストなタイミングと相場

転職時の年収交渉は可能!ベストなタイミングと相場

転職時の年収交渉は可能ですが、ベストなタイミングや相場が存在します。ベストなタイミングで、適切な相場を提示できると成功する確率が高くなります。

年収交渉するタイミング

年収交渉するベストなタイミングは、以下のとおりです。

年収交渉するベストなタイミング
  • 内定後、承諾前のオファー面談
  • 選考時に相手側から切り出された場合

自ら年収交渉を持ち込むと、お金のことしか考えていない人なのかと勘違いされてしまいます。そのため年収交渉を持ちかけるタイミングは極めて重要です。

とはいえ、相手側から年収について切り出された場合は、選考途中で年収交渉をして問題ありません。

一方よくないタイミングは、内定を承諾した後です。内定承諾は提示された給与の条件も含めて入社することを合意したと判断されます。

年収交渉をするタイミングは「相手から話を切り出されたとき」が基本です。自分からは聞かない、承諾した後に交渉しない、ということを徹底しましょう。

年収交渉の相場

年収交渉の相場は、一般的に「現職の年収+20%」が上限だといわれています。年収交渉をする際に、相場からかけ離れた金額を提示して交渉が成立するケースはほとんどありません。

また、企業の給与水準と自身のスキルとの釣り合いが取れる金額であることも重要です。選考を受ける時点で、募集要項から年収相場を把握しておきましょう。

年収交渉をする相手

年収交渉をする相手は人事担当者です。基本的には、人事担当者が給与や待遇などの条件を発信しています。そのため、年収についての質問や相談は人事担当者に行いましょう。

一方、1次面接などで面接を担当する現場担当者に年収交渉をするのはNGです。1次面接は現場の人が担当することが多く、一緒に働きたい人かどうかを確認していることが多いため、交渉するにはまだ早いです。

ある程度選考が進んだうえで、人事担当者に交渉するようにしましょう。

ただし、役員面接で役員相手に年収交渉するのも一般的にはNGとされているため注意してください。

年収交渉時のNGな行動とタイミング

年収交渉時のNGな行動とタイミング

年収交渉にはNGな行動とタイミングがあります。

年収交渉時のNGな行動とタイミング
  • 選考途中で年収交渉する
  • 条件を押し付ける
  • 相場や自身のスキルからかけ離れた条件を提示する

選考途中に年収交渉を行うと、お金のことだけを考えている人だと思われてしまい、採用されにくくなります。

また条件を押し付けたり、相場や自身のスキルからかけ離れた条件を提示したりすると「自己評価が高すぎる扱いにくい人材だ」と判断される可能性があります。

年収交渉が成功しやすいケース・失敗しやすいケース

年収交渉が成功しやすいケース・失敗しやすいケース

年収交渉には、成功しやすいケースと失敗しやすいケースがあります。

年収交渉が成功しやすいケース・失敗しやすいケース

それぞれの違いはなにかを理解しておくことで、年収交渉を有利に進められます。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

成功しやすいケース

年収交渉に成功しやすいケースは以下のとおりです。

成功しやすいケース
  • 業種の相場内の金額である
  • 年収に見合うスキルや経験がある
  • 転職エージェント経由で年収交渉をする

「年収の相場」といっても業種ごとでさまざまです。極端な例でいえば、IT系と介護業界では相場が大きく異なります。年収交渉は、業種の相場を把握したうえで金額を提示しましょう。

また提示した金額に見合うスキルや経験があると、金額に対する理由が説明できるため交渉が通りやすくなります。

他には、転職エージェント経由で年収交渉をするという方法もあります。あなたのスキルや業界内の相場を把握しているため、年収交渉を有利に進められる可能性が高いです。

失敗しやすいケース

年収交渉に失敗しやすいケースは以下のとおりです。

失敗しやすいケース
  • 自身のスキルを過大評価している
  • 希望年収が相場からかけ離れている
  • 年収アップを希望する理由が曖昧

自身のスキルを過大評価していると、自分を客観視できていない人材だと思われ、マイナス評価に繋がります。

また、希望年収が相場からかけ離れた金額を提示してしまうと、企業研究ができていない人材だと判断される可能性もあります。

「年収アップに応じるメリット」を伝えなければ、年収交渉はうまくいきません。年収交渉には「やる気」や「意欲」ではなく、明確な理由を提示しましょう。

転職時の年収交渉を成功させるポイント

転職時の年収交渉を成功させるポイント

転職時の年収交渉を成功させるポイントを紹介します。

年収交渉は難易度が高いと感じるかもしれませんが、以下のポイントを意識することで成功確率が上がります。

それぞれ詳しく解説します。

業界・業種の年収相場を理解する

転職時の年収交渉を成功させるポイントは、業界・業種の年収相場を理解することです。

業種にはそれぞれ相場があります。年収交渉は相場に適した金額を提示できるかによって、成功確率が変わります。

例えば、年収500万円が相場の業種で、年収1000万円以上を希望するのは無謀です。あなたが受ける業界・業種の年収相場について調べてから交渉を行いましょう。

各業界・職種の平均年収が知りたい方はdodaの『平均年収ランキング』をを参考にしてみてください。

他社の提示年収を交渉材料にする

転職時の年収交渉を成功させるポイントは、他社の提示年収を交渉材料にすることです。

年収交渉では明確な根拠があると、成功確率が上がります。交渉において他社の提示年収は、根拠として使えます。

例えば「他社からは〇万円で内定をいただいており、御社で同じ金額を承諾いただけるなら入社したい」といった交渉が可能です。

転職者のスペックによっては、企業側が逃したくなくて交渉が有利になる可能性があります。

ただし、自身のスキルや経験があることが前提です。

希望年収を受け入れることで会社にどのようなメリットがあるのかを伝える

転職時の年収交渉を成功させるポイントは、希望年収を受け入れることで会社にどのようなメリットがあるのかを伝えることです。

年収をアップすると人件費が上がるため、企業側は簡単に応じることができません。そこで、年収アップを成功させるには「会社にとってどれだけメリットがあるか」を納得してもらう必要があります。

自分の希望年収ばかりを主張しない

転職時の年収交渉を成功させるポイントは、自分の希望年収ばかりを主張しないことです。

企業側は、会社規定のルールや既存の社員との給与バランスによって給与を決めています。また企業が出せる給与には上限があり、社員が希望する金額を簡単には許可できません。

そのため、年収交渉の際は企業とある程度すり合わせることが大切です。例えば年収交渉の際に「希望額になるためには、どのような成果をあげればよいか」と聞くのも、良い交渉術の1つです。

転職エージェントに年収交渉を依頼する

転職時の年収交渉を成功させるポイントは、転職エージェントに年収交渉を依頼することです。転職エージェントを利用すれば、企業探しや面接対策などのサポートのほか年収交渉代行も任せられます。

転職エージェントは転職のプロであり、業界・業種の年収相場を把握しています。そのため、相場から外れた金額を提示することはありません。個人・業界ごとに適切な年収交渉が可能です。

転職後年収と転職エージェントの利用の関係

実際にキャリアクラス編集部でインターネット調査を行ったところ、転職エージェントを利用した方が年収が上がった人が多いという結果が出ています。

転職エージェントは年収交渉の経験も豊富であるため、プロに任せるのが安心です。

年収交渉が不安な人はリクルートエージェントに相談するのがおすすめ

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 4.5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1の転職エージェント
  • 応募書類添削や面接対策もあり手厚いサポート力
  • 転職成功者の80%以上が利用

リクルートエージェントは、業界最大手であるリクルートが運営する転職エージェントです。業界最大級の求人数と独自ノウハウにより、転職支援実績No.1を獲得しています。

常時60万件以上(非公開含む)の求人を保有しているだけでなく、全業種に対応しているため、幅広い選択肢の中から転職先を選べる点も魅力です。

さらに応募書類添削や面接対策もあり、手厚いサポートを受けられます。サポート力が高いことから、年収交渉代行としても心強い味方となってくれるでしょう。

▼リクルートエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
Aさん
エージェント経由のみの限定求人で、興味のある分野での内定が決まったため、感謝を込めて高評価にしました。 ただ、こちらの低評価レビューはどれもとても共感できるものばかりで、利用前に一通り読んでおくと、サービスへの期待とのギャップが少ないかと思います。 私自身も非常に参考にさせていただいたので、重複する部分も多いですが、活動中思っていたことなどを書き残しておきます。(後略)

引用:みん評

Review Image
Bさん
転職エージェントはサイトによって癖があることが多く、使い方が分かるまで上手く仕事を探せなかったりします。自分は二三のサイトを利用したのですが、一番使い勝手が良かったのがクルートエージェントでした。 まず、最初に使い方の説明を見たのですが、シンプルなインターフェースなので説明無くても全然利用出来ます。時期、場所、職種等々、大雑把な条件から仕事を探して、徐々に贅沢していく感じの使い方で自分好みの仕事が探せるのでかなりオススメです。

引用:みん評

\ 年収交渉成功率アップ/

あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...

【状況別】転職時の年収交渉の例文

【状況別】転職時の年収交渉の例文

年収交渉するといってもどのように行えば良いか迷う人が多いです。本章では状況別の交渉例文を紹介します。

面接時に年収を聞かれた場合

面接時に年収を聞かれた場合の、例文は以下のとおりです。

「私の今までの経歴や実績を考慮していただけるのであれば、現職の年収より10%アップの金額を希望します。理由として前職では常に月のノルマを達成しており、御社でも活躍できる経験だといえるためです。もし交渉の余地があれば、ご検討いただければ幸いです。」

面接で年収について聞かれた場合は、「年収50万円アップ」ではなく「年収10%アップ」とパーセンテージで答えるのが無難です。

面接ではスムーズに話を切り出せるよう準備しておきましょう。

内定オファーを受けた場合

内定オファーを受けた場合の、例文は以下のとおりです。

「入社は前向きに検討しておりますが、給与についてご相談させていただいてもよろしいでしょうか。ご提示いただいている年収◯◯万円ですが、再度ご検討いただくことは可能でしょうか?前職で◯◯を担当しており、知識や経験は御社の業務に十分活かせると考えております。現在の提示年収の10%アップである◯◯万円で転職させていただけますと幸いです。」

内定オファーを受けた場合は、入社する意志があることを伝えたうえで交渉するのがポイントです。また金額の提示方法も具体的な金額をいきなり伝えるのではなく、パーセンテージを示したうえで数字を提示すると良いでしょう。

内定を承諾する前に、年収交渉するのが一般的です。

選考中に年収に関する話題が出なかった場合

選考中に年収に関する話題が出なかった場合は、あなたから年収の話題を出す必要はありません。

選考中は企業側である面接官や人事担当者から聞かれてから答えましょう。そして内定オファーを受けた後に交渉するのがベストです。

転職時の年収交渉メールの例文

転職時の年収交渉メールの例文

転職時の年収交渉を、メールで行う場合の例文は以下のとおりです。

【件名】入社にあたり給与に関するご相談
【本文】 ◯◯株式会社 人事部 ◯◯様

お世話になっております。
先日御社の最終面接をさせていただいた◯◯です。このたびは内定の通知をいただき誠にありがとうございます。

先日届きました労働条件通知所の内容を確認し、1点ご相談があり連絡いたしました。給与についてですが、ご提示いただいた年収◯◯万円を◯◯万円への変更をご検討いただけますでしょうか。

理由としましては、前職では◯◯の経験があり、実績として◯◯を残してきました。
御社に入社したあかつきには、今までの経験を活かし◯◯(部署)として全力で貢献したい所存です。つきましては、前職の年収◯◯万円と同水準の◯◯万円へあげていただきたく存じます。

誠に勝手ではございますが、どうかご一考いただけますと幸いです。
また本来はメールでお伝えするのではなく、直接お伺いしてご相談すべきことではございますが、日程が合わずメールでお伝えする失礼をお許しください。

以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

メールで年収交渉を行う場合は、直接伺って交渉することができずに申し訳ないという旨の謝罪は必ず入れるようにしましょう。

年収アップの希望を押し付けるのではなく、あくまでも「相談させていただきたい」といったスタンスで交渉するのが最適です。

「なぜ年収アップを希望するのか」「どのようなバックグラウンドをもとに交渉しているのか」を明確に伝えましょう。

よくある質問

よくある質問

転職するときの年収交渉についてよくある質問について紹介します。

以下を読めば、転職時の年収交渉に関する不安を解消できるはずです!

内定後に年収交渉を行なったら内定取り消しになる可能性はある?

内定後に年収交渉を行っても内定取り消しになることはありません。

しかし年収交渉に折り合いがつかないと、最終的には採用できないという事態になる可能性はあるので注意しましょう。

内定承諾前のオファー面談のタイミングで交渉を行い、金額の折り合いをつけることが大切です。

ちなみに、内定承諾した後に年収交渉を行うのはNGです。

転職時の年収・給与はどうやって決まるの?

転職時の年収・給与は、主に以下の2つの方法で決めています。

転職時の年収・給与の決まり方
  • 企業の給与テーブルに合わせて決定
  • 前職の年収を参考に、スキルや経験を考慮して決定

スキルや経歴、年齢などによって給与テーブルが決まっているケースが多いです。また前職の年収を参考に、企業の給与テーブルやスキルや経験を考慮して決定します。

企業の年収・給与がどのように決まっているか把握しておくと、年収交渉がうまくいきやすいです。

前職・現職の年収を高く申告するのはあり?

前職・現職の年収を高く申告するのはNGです。嘘をついても、源泉徴収票を提出したときに必ずばれます。

また面接時に嘘だと気づかれなかったとしても、後にばれたときに嘘をつく人という評価となり、入社後働きにくくなるでしょう。

転職時の年収交渉は転職エージェントに依頼するのがおすすめ!

転職時の年収交渉は、タイミングや交渉方法など気をつけなければいけない点がいくつもあります。タイミングや切り出し方を間違えると、不採用や内定取り消しになるリスクがあるため注意が必要です。

年収交渉にはリスクがあるため、転職エージェントに代行してもらうのがおすすめです。転職エージェントは企業探しや面接対策などの転職サポートだけでなく、年収交渉も代行して行ってくれます。

転職エージェントのなかでも、業界最大手であり転職支援実績No.1であるリクルートエージェントを利用すると良いでしょう。

リクルートエージェントは転職支援実績No.1を誇り、年収交渉代行の実績も豊富です。さらに求人も豊富に保有しているため、数多くの選択肢からあなたに合う企業が見つけられます。

\ 年収交渉代行もお任せ/

年収交渉に関連する記事一覧

あわせて読みたい
転職で年収150万アップさせるためには?転職エージェントに年収交渉で年収アップ! 年収を上げるために転職を考える人は多いです。専門性が高かったり、実績があったりすれば1回の転職で年収150万円アップもできます。 ただし、年収アップだけにこだわっ...
あわせて読みたい
年収の勝ち組ラインはいくら?平均年収・中央値から見える勝ち組ライン、到達するための方法を解説 「お金がすべてではない」とわかっていても、つい周囲の人と年収を比べてしまうことがあるでしょう。お金を稼ぐと自己肯定感が上がったり、よい社会的評価を受けたりす...
あわせて読みたい
年収1,000万円稼ぐにはどうすればいい?年収1,000万円稼げる職業・副業や転職を成功させるポイントを解説 年収1,000万円稼ぐには、日本の大手企業や外資系企業に就職したり、スキルを活かして起業や独立、副業をしたりする必要があります。 本記事では、年収1,000万円稼ぐため...
あわせて読みたい
転職で年収1000万円以上は難しい?年収1000万円を稼げる仕事と転職を成功させるポイントを解説 本記事でわかること 年収1000万円以上のハイクラス転職の実態 ハイクラス転職を成功させるポイント 年収1000万円を目指す人におすすめの転職エージェント 年収1,000万円...
あわせて読みたい
年収800万円の難易度は高い?年収800万円が狙える職業と転職のコツを解説 年収800万円に到達するのは難しいですが、いくつかのキャリアプランがあります。そこで本記事では、年収800万円を目指すための能力や転職サービスを紹介します。 年収80...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ