MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

SES営業はやめとけって本当?なぜ辛い・きついと言われる?転職先としてベストな優良企業の特徴を紹介【体験談あり】

本記事でわかること
  • SES営業はやめとけと言われる理由
  • SES営業の優良企業の特徴
  • SES営業の優良企業への転職におすすめのエージェント

SES営業と調べると、「やめとけ」「クズ」「きつい」などのキーワードが出てきて不安になりますよね。しかし、気にする必要はありません。

むしろ、将来性の高いサービスであるSES営業はおすすめです。ブラックなSES企業もあるため、転職エージェントを活用して優良企業を見極めましょう。

営業職専任のキャリアアドバイザーがいるマイナビエージェントなら、多くの求人を紹介してもらえます。

本記事では、SES営業はやめとけと言われる理由と、SES営業の優良企業の見極め方を解説します。

SES営業として優良企業の求人を見つけるなら、転職エージェントに相談するのがおすすめです。特にマイナビエージェントはIT系の営業職の転職サポートに強みがあり、非公開求人も多数紹介しています。


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

SES営業とは

SES営業とは

SESとはシステムエンジニアリングサービスの略称であり、クライアント先に常駐してシステム開発を行う職種です。

SES営業はエンジニアの派遣に関する営業活動を行い、主な仕事内容は3つあります。

SES営業の主な仕事内容
  • エンジニアの常駐先企業の開拓
  • エンジニア紹介
  • エンジニア派遣後のフォロー

よく似た仕事にSier(システムインテグレーター)がありますが、Sierはクライアント先に常駐しません。

エンジニアの能力に合ったプロジェクトを見つけるのが、SES営業の役割です。

あわせて読みたい
IT営業の10種類の職種を紹介!IT営業職の種類別に業務内容や企業例、転職に必要なスキル・資格、平均年... IT営業はやりがいがあり人気も高く、転職を希望する人も多い職種です。 ただ、IT営業職は細かく種類が分かれており、業界研究や自己分析をしてもどの営業職を選べばいい...

SES企業の特徴

SES企業の特徴

SES企業とは、クライアントの職場に常駐する自社のエンジニアが、システムの開発や運用を行っている会社です。

客先に常駐していても、エンジニアへ指示する権限はSES企業が持っているため、派遣や請負とは異なります。

一言でSES企業と言っても、IT業界未経験でも入りやすい大手企業から、4次下請け以下の案件がメインの中小企業までさまざまです。

待遇や業務内容など企業によって当たり外れが大きいため、注意が必要です。

SES営業はやめとけ、辛いと言われる理由7選

SES営業はやめとけ、辛いと言われる理由7選

SES営業はなぜ「やめとけ」「辛い」と言われるのか、7つの理由を紹介します。

営業としてのスキルアップが難しい

SES営業では、営業職としてのスキルアップが難しい場合があります。スキルアップしにくい会社の特徴は以下の通りです。

スキルアップしにくい会社の特徴
  • エンジニアのスキルでできる案件を探す(マッチングのみ)
  • クライアントの御用聞きが中心
  • 契約など事務サポートが多い

提案や価格交渉など、営業スキルを身につける機会がありません。中小SES企業で、人材育成に力を入れていないSES企業に多く見られます。

人売り営業を強いられる

企業によっては、人売り営業を強いられるケースが多々あります。エンジニアの能力は二の次で、派遣人数を重視しているためです。

SE(システムエンジニア)の能力に合った契約を取るのが営業の役割ですが、本来の役割を果たせずやりがいを失くしやすいです。

人売り営業に嫌気がさし、退職する人も多くいます。

多くのトラブル処理を任される

SESは、客先に常駐するためトラブルがつきものです。常駐先でトラブルが起こったときには、営業が対応しなければいけません。

人売り営業による能力の見合わないSE(システムエンジニア)の派遣が原因で、クライアントから苦情がきたり、SEから不満の声が上がったりする場合もあります。

他にも、SEの勤務態度や残業管理など、トラブルの原因はさまざまです。トラブル処理にストレスを感じる人も多いです。

SEから悪口や罵倒を受けることがある

自社製品を持たないSES企業の場合、営業が売れるのはSE(システムエンジニア)のみです。

SEが客先で働いて、営業の給料分の売り上げを立てているように見えるため、営業に対して悪口を言ったり高圧的な態度をとったりするSEもいます。

実際は、営業が契約を取ってきたからこそSEの働く場所があるのですが、理解してもらえない場合もあります。

多重下請け構造の底辺に位置する

多重下請け構造の底辺、4次請け以下で案件を受けているのがSES企業です。

間にいる企業によって手数料を引かれ、最も利益が少ない立ち位置にいます。これが「SES企業はやめておけ」と言われる1番の理由です。

IT業界は、多重下請け構造ができあがっています。4次請け以下では仕事の裁量がなく、雑務担当となるケースもあり、スキルアップも見込めません。

大手SES企業は3次請けに位置していたり、底辺にいる中小SES企業でも利益を出していたりと、将来性のあるSES企業もあります。

4次請け以下の仕事しか受けていないSES企業は要注意です。

年収が上がりにくい

SES営業は、年収が上がりにくい職種です。理由は3つあります。

SES営業の年収が上がりにくい3つの理由
  • 多重下請け構造の底辺で利益が少ない
  • 会社が給料に売り上げを還元しない
  • SESの相場が決まっている

底辺のSES企業はそもそも利益が少ないため、給料や年収が低い傾向にあります。売上の還元率は会社によって異なり、ブラック企業では非常に低い還元率でしょう。

また、SESの相場が大体決まっているため、どうしても相場に準じた給与設定となってしまいます。

人件費削減のために社員を強制的に休業させる企業がある

SES企業の中には、常駐先が決まらないエンジニアを無理やり休業させ、人件費をカットする企業もあります。

会社都合で社員を休業させる場合、給与補償は6割で済むため、人件費を4割カットできるのです。そしてこの強制的な休業は、給与補償をしっかり行なっていれば違法になりません。

客先へ常駐していないエンジニアは売上が立たないため、一部のブラック企業では、このような人件費削減を行われているのを覚えておきましょう。

参照:休業手当について

あわせて読みたい
IT営業はいらない?将来性がない、やめとけ、きついと言われる理由を解説【IT営業からの転職を成功させ... IT営業は情報システムやサービスを提供・販売する職種ですが、時々「IT営業はいらない」「将来性がない」などと言われることがあります。 中にはIT営業に興味があるもの...

SES営業の転職先としてベストな優良企業の特徴

SES営業の転職先としてベストな優良企業の特徴

ブラック事例を紹介してきましたが、SES企業にも優良企業は多数存在します。優良企業の特徴を4つ解説します。

エンジニア経験者が年々増えている

エンジニア経験者が年々増えているのは、優良企業の特徴です。人手不足のIT業界で、エンジニア経験者の採用は簡単ではありません。

経験者に選ばれる時点で、その企業に魅力があります。あわせて、社員数が増えているかチェックしましょう。

経験者を採用できているのに社員数が変わらない場合には、退職者がたくさんいます。退職理由の確認が必要です。

エンジニア経験者と社員数どちらも増えていれば、優良企業の可能性が高いです。

チームで業務に取り掛かっている

優良なSES企業では、数人のチームを組んで客先に常駐しています。

チームでプロジェクトを進行させるため、常駐先の社員から唐突な要求を受けることもありません。体調不良などで休んだ場合でも、お互いにフォローできます。

優良企業では、1人での客先常駐はほとんど行わないため、常駐するときの体制を聞いてみると見極められます。

エンジニアへの還元率が高い

会社のマージン率を減らし、エンジニアへの還元率が高い企業は優良企業です。還元率の高さは年収に直結するため、モチベーションの維持にも役立っているでしょう。

平均的な還元率は6割程度ですが、還元率の高い優良企業では7割〜8割以上のケースもあります。

反対に、ブラック企業では還元率が低く、公開されていない可能性もあるため、注意が必要です。

SES上場企業の平均年収ランキング上位の会社に転職する

平均年収は、優良なSES企業を見極める重要な指標になります。平均年収の高い会社は、利益を給与に還元している優良企業です。

SES上場企業の平均年収が高いベスト5は以下の通りです。

SES上場企業平均年収ランキングベスト5

平均年収の高いSES企業への転職を目指しましょう。

SES営業への転職はやめとけ、クズという意見の実態【体験談】

SES営業への転職はやめとけ、クズという意見の実態【体験談】

SES企業では、ブラックな会社と優良な会社の両方が存在しているのが現実です。実際の体験談を紹介します。

SES営業のよい体験談

エンジニアとの良好な関係を構築し、SES営業に活かした体験談がありました。

この職場では、エンジニアとSES営業のコミュニケーションがしっかり取れていたのでしょう。

エンジニアのキャリアパスを理解して、SES営業が関連する案件を取ってくる好循環ができあがっています。

SES営業の悪い体験談

SES営業の給与の不満に関する体験談がありました。

エンジニアに対する還元率は話題に上がりますが、SES営業も不満を感じています。

売り上げを作っても全然給与に反映されない事態を避けるために、インセンティブや歩合性など、入社前に給与体系を確認しましょう。

SES営業の優良企業の求人を探せる転職エージェント

SES営業の優良企業を見つけるためには、以下の転職エージェントを活用しましょう。

SES営業求人を見つけるためのおすすめの転職エージェント2選

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    20
  • 取り扱い
    業種数
    20
  • 20
    ハイクラス
    求人
  • 20
    サポート
    対応
  • 利用実績
    20
マイナビエージェントの特徴
  • 営業職専任のキャリアアドバイザーがいる
  • サポート期間に制限がない
  • 20代~30代の若手転職に強い

マイナビエージェントは20~30代の若手転職に強い転職エージェントです。

転職未経験であっても、経験豊富なキャリアアドバイザーがあなたの悩みや不安を取り除き、転職活動をサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーと、企業の採用担当とやり取りをする企業担当アドバイザーがそれぞれ在籍しているのは、他にはないマイナビエージェントの強みです。

また、営業職専任のキャリアアドバイザーが、希望に合った求人も紹介してくれます。

マイナビエージェントに登録をして、SES営業への転職を成功させましょう。

\営業職専任のアドバイザー!/

>

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

SES営業への転職希望者からよくある質問

SES営業への転職希望者からよくある質問

SES営業に関する2つのよくある質問を紹介します。

SES営業を辞めたい!キツイ!と感じたときの転職先は?

SES営業の主な転職先は、以下の5つです。

SES営業の主な転職先
  • 受託開発
  • 社内SE
  • フリーランス
  • 人売り営業を軸としないSES企業
  • 人材派遣会社

意外かもしれませんが、SES営業からエンジニアは転身しやすい職種です。SES営業で培ったIT知識を活かせます。

すでに副業で成果を出している場合や、1年間生活できるほどの貯蓄があれば、フリーランスとして独立するのも選択肢の1つです。

ただし、仕事を取れなければ収入がなくなるリスクも覚悟した上で、判断しましょう。

また、自社製品を持っている会社や、下請けではなく客先から直接仕事をもらっている会社のSES営業であれば、人売りを軸としないため労働環境の大きな改善が見込めます。

SES営業での人材紹介スキルを活かして、人材派遣会社へ転職するのも可能です。

SESをバックレたい人は下記記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
SES(客先常駐)をバックレたい人がとるべき行動は?損害賠償などのリスクについても解説 本記事でわかること SES(客先常駐)を無断でバックレるリスク SES(客先常駐)をバックレたいときに取るべき行動 SES(客先常駐)の現場から離れる際のポイント SES(...

SES業界の課題は?

SES業界の課題は「IT業界の人材不足」「多重下請け構造」の2点です。

特に多重下請け構造は、案件の低価格化やエンジニアの労働環境の悪化を引き起こしています。

今に始まったことではなく、長年課題とされていますが、改善できていないのが現状です。

IT業界の堅調な市場拡大に伴い、SES業界も伸びていくでしょう。

しかし、変化の早いIT業界では、「DX・AI・IoT」、「メタバース・クラウドサービス・ブロックチェーン」など、トレンドについていく努力が必要です。

「SES営業やめとけ」は企業次第!優良企業への転職はエージェントサービスの登録から

やめとけ、きついと言われるSES営業ですが、労働環境の良い優良企業はたくさん存在します。

一方で、人売り営業が軸であるブラック企業がいるのも事実です。

結局のところ企業次第であるため、ブラック企業につかまらないよう、応募前にしっかり見極めなければいけません。

転職サポートがしっかりしているマイナビエージェントを活用するのもおすすめです。

転職エージェントを活用して、効率よくSES優良企業への転職を目指しましょう。

あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...
あわせて読みたい
【今がチャンス!】IT転職でおすすめの転職エージェント・転職サイト11選|IT向け転職エージェントの特... IT業界は人材が不足しており、転職先を見つけやすいのが特徴です。求職者1人に対して求人数6.82件という、他の業種よりも飛びぬけて高い数値をつけています。※2021年7月...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ