MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

双極性障害の人が転職をする上で大切にすべきことを解説|転職を繰り返さないためには?

「双極性障害のために仕事が長続きしない」と悩む方は多いでしょう。

自分の性格や病気についてしっかりと理解していれば、何度も転職を繰り返さずに済みます。自分に合った仕事が見つからないなら、転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

本記事では、双極性障害の方が転職を繰り返さないためのポイントについて解説しています。

本記事でわかること
  • 双極性障害の人が転職を繰り返さないためのポイント
  • 双極性障害の人が転職する上で大切にすべきこと
  • 双極性障害の人におすすめの転職エージェント
双極性障害の方に
おすすめの転職エージェント
大手企業の障害者枠
求人多数あり
dodaチャレンジ
障害のある方の
転職支援実績No.1!
無料相談をする
手帳なしの方は
dodaがおすすめ

doda
顧客満足度No.1の
転職エージェント
無料相談をする
※2024年 オリコン顧客満足度®調査 転職エージェント 20代 第1位

>>障害者手帳を持っていない方はこちら

障がい者手帳を持っていない方は障がい者特化のエージェントは利用できないことがほとんどです。下記記事で自分に合った転職エージェントを探しましょう!

あわせて読みたい
障がい者手帳なしの方におすすめの転職エージェント|求職者に寄り添った対応をしてくれるエージェント... 本記事でわかること 手帳なしでは障害者特化のエージェントを利用できない理由 手帳なしで転職活動を進める方法 障害者手帳なしで利用できるおすすめの転職エージェント...

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

双極性障害(躁うつ病)とは?

双極性障害(躁うつ病)とは?

双極性障害は躁状態とうつ状態を繰り返す病気で、別名「躁うつ病」と呼ばれています。ハイテンションで活発に活動できる状態と、無気力なうつ状態を繰り返すのが特徴です。

双極性障害は気分の波で状態が変わるわけではなく、自分ではコントロールできません。

躁状態は本人に病気の自覚がなく、周りからも元気な人に見えます。しかし、うつ状態になる場面もあるため、周りの人が異変に気づいて発覚する病気です。

本記事では、双極性障害を抱える方が定着できる職場に転職するポイントについて紹介します。

参考:厚生労働省「双極性障害(躁うつ病)」

双極性障害は転職が難しい?

双極性障害は転職が難しい?

健康な方と比べて、双極性障害を抱える方の転職は難易度が高いと言えます。しかし、正しいやり方で対策を行えば、双極性障害の方でも転職を成功させられます。

産業医科大学の近野祐介氏の研究によると、外来治療中の日本人双極性障害患者の就労率は43.5%です。これは決して低い数字ではありません。

クリニックで治療を続けながら転職に成功し、社会で働く方はたくさんいます。

ただし、双極性障害の方が就労を続けるには、自分に合った仕事を見極めることが大切です。

参考:CareNet「日本人双極性障害患者における気分エピソードと就労との関連」

双極性障害の人に向いている仕事

双極性障害の人に向いている仕事

双極性障害の方には以下のような仕事がおすすめです。

双極性障害の人に向いている仕事
  • 決まった時間に働ける仕事
  • 身体への負担が少ない仕事
  • 自分のペースで働ける仕事

双極性障害を抱えていても、自分のペースで働ける仕事であれば長く続けられます。仕事量が安定していて、身体への負担が少ないことも重要です。

特に躁状態のときには頑張りすぎて、症状を悪化させてしまう可能性があります。仕事量を調整しやすい事務職や軽作業なら、負担が少なく安心です。

双極性障害の人に向いていない仕事

双極性障害の人に向いていない仕事

以下のような仕事は双極性障害の方に向いていません。

双極性障害の人に向いていない仕事
  • 繁忙期・閑散期の波が大きい仕事
  • 残業が多く帰宅時間が遅くなる仕事
  • 対人折衝の多い仕事

双極性障害の方は、生活リズムが乱れることで症状を悪化させてしまう可能性があります。そのため、時期によって忙しさに波がある仕事や、残業が多い仕事は避けるべきです。

早朝勤務や深夜勤務などは生活リズムが保ちにくく、症状が落ち着いている方であっても再発の原因になりかねません。

また、対人折衝が多い営業職や接客業などもストレスを抱えやすいため、選ばないようにしましょう。

双極性障害の人が転職を繰り返さないようにするためには

双極性障害の人が転職を繰り返さないようにするためには

双極性障害の方が転職を繰り返さないためには、以下のポイントに注意して転職活動を行いましょう。

自己判断で治療をやめず働きながら通院する

双極性障害を抱えて働き続けるなら、自己判断で治療をやめずに通院することが大事です。

躁状態の場合は気分が良い状態が続くため、自己判断で通院をやめる傾向があります。しかし、薬の服用がなくなったことで、症状が悪化する可能性があるので注意が必要です。

気が大きくなりやすい躁状態のときに、周りの意見を聞き入れることは難しいでしょう。

クリニックの医師から「寛解」という言葉をもらっていないなら、自己判断せずに通院を続けるべきです。吹躁状態で寛解したと勘違いした結果、症状を悪化させるケースがあるので注意してください。

残業の時間が少ない会社に転職する

残業が多い職場で働き続けるとストレスの影響で、双極性障害が悪化する可能性があります。

夜遅くまでの残業が増えやすい繁忙期は、双極性障害の方が躁転しやすいタイミングです。

躁状態になるとハイテンションが続くため、自分では疲れを感じにくくなります。一般的に躁状態の反動でうつ状態に入るので、躁状態を抑えることが大切です。

双極性障害の方が転職する際は、閑散期と繁忙期の仕事量にあまり差がない会社を選びましょう。

自分のペースで業務ができる仕事にする

双極性障害の方が転職を繰り返さないためには、自分のペースで業務できる仕事を選びましょう。

仕事量とストレス負荷の変化は、双極性障害の症状を悪化させる要因です。自分のペースで進められる仕事なら、体調の波に合わせて仕事量を調整できます。

また、自分のペースで仕事を続けるなら、周りの理解や協力が必要です。双極性障害を受け入れて、サポートしてもらえる環境が欠かせません。

体調に合わせて仕事量を調整してもらえるかを、面接で確認しておきましょう。

双極性障害の人が転職をする上で大切にするべきこと

双極性障害の人が転職をする上で大切にするべきこと

双極性障害の方が転職する上で大切にすべきことは以下の2つです。

障害者向けの求人が豊富な転職エージェントを利用する

双極性障害の方が転職する際には、転職エージェントを利用してください。障害者向けの求人が豊富な転職エージェントなら、障害の特性に合わせた求人を紹介してもらえます。

障害者向け転職エージェントの求人は、病気や障害に深い理解がある企業のものばかりです。一般向け転職エージェントのように、病気や障害が理由で断られる心配はありません。

また、障害者の転職サポートに慣れたコンサルタントが在籍しているのも安心できるポイントです。転職についての不安や疑問を気軽に相談しやすい環境が整っています。

自分の性格や双極性障害の症状をしっかりと理解する

双極性障害を抱える方は、転職活動を始める前に自分の性格や症状をしっかりと理解することが大切です。転職を検討したら、まずは自己分析を行ってみてください。

双極性障害の程度によって、チャレンジできる仕事が異なります。自分ができることを伝えていれば、許容範囲を超えた仕事を振られる心配がありません。

また、どのようなサポートをして欲しいかなども、会社で伝えやすくなります。

体調の波が出たときに柔軟な対応をするためにも、症状についてしっかり理解しておきましょう。

双極性障害の人におすすめの就労支援のある転職エージェント

双極性障害の方には以下の転職エージェントがおすすめです。

双極性障害の人におすすめの転職エージェント

>>障害者手帳を持っていない方はこちら

doda チャレンジ

dodaチャレンジ
【公式】https://doda.jp/challenge/
名前dodaチャレンジ
料金無料
求人数公開求人数:1,476件
非公開求人数:-
(2023年12月14日)
今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界障がい者への転職サポート
公式HPhttps://doda.jp/challenge/
詳細を見る
運営会社名パーソルチャレンジ株式会社
拠点東京都港区芝5-33-1森永プラザビル本館19F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaチャレンジの特徴
  • 障害者の転職支援数No.1
  • 丁寧なカウンセリングで安心
  • 障害者に理解のある求人が豊富

dodaチャレンジは障害者の転職支援に特化したエージェントです。あなたの性格や障害の特性に合わせて、豊富な求人からぴったりのものを紹介してくれます。

運営元は、障害や病気を持つ人の就労に特別な配慮をしている会社の子会社と認定された「特例子会社」です。そのため、障害者の就労についての知識やノウハウを持っています。

また、3,000社以上の企業との取引実績があり、豊富な求人がそろっているのも強みです。大手企業や有名企業の求人も多く、あなたにぴったりの転職先が見つかります。

双極性障害の方が転職を目指すなら、まずはdodaチャレンジに相談してみましょう。

https://twitter.com/crazyapple_jp/status/1443418895205896200

\カウンセリング満足度94%/

あわせて読みたい
dodaチャレンジの評判・口コミを徹底調査|その他の障がい者向けの転職エージェントと比較 障がいがある人の場合、フルタイムの勤務が難しかったり、職場で何らかの配慮が必要だったりして、なかなか自分に合う求人が見つからないことがあります。 そんなときに...

マイナビパートナーズ紹介

マイナビパートナーズ紹介
【公式】https://mpt-shoukai.mynavi.jp/
名前マイナビパートナーズ紹介
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア首都圏(東京都)
関西
オンライン面談対応
得意分野・業界障害者への転職サポート
公式HPhttps://mpt-shoukai.mynavi.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビパートナーズ
拠点東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 9F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話、チャット
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
マイナビパートナーズ紹介の特徴
  • 一人ひとりの特性に合った求人を紹介
  • 入社後の定着支援があり安心
  • ロングスパンでキャリアについて考えてくれる

マイナビパートナーズ紹介は、マイナビグループが運営する障害者の転職支援に特化したエージェントです。障害者の転職支援に慣れたコンサルタントが、一人ひとりの特性に合わせた求人を紹介してくれます。

運営企業も積極的に障害者の雇用を行っており、障害者の就労に配慮している企業として認定されているため安心です。

マイナビパートナーズ紹介のサポートは内定までではありません。入社後に定着するためのサポートを受けられるのが魅力です。

ロングスパンでキャリアについて一緒に考えてくれるので、双極性障害の方でも定着を目指せます。

\入社後サポートあり!/

あわせて読みたい
マイナビパートナーズ紹介の評判と口コミを紹介|障がい者の方におすすめの理由を解説 「マイナビパートナーズ紹介を利用したいけど、本当に良いサービスなのか気になる……」と悩んでいる方は多いでしょう。 マイナビパートナーズ紹介には「障がい者が活躍で...

よくある質問

よくある質問

よくある質問として以下の3つを紹介します。

双極性障害は障害者枠で転職できる?

双極性障害の方は障害者枠で転職できます。ただし、障害者枠で転職するには障害者手帳が必要です。

転職エージェントに相談する前に、障害者手帳を申請しておきましょう。

双極性障害は隠した方がいい?

転職する際には双極性障害であることを企業に伝えておくべきです。隠して入社すると、体調に波があることで周りに迷惑をかけてしまいます。

また、先に伝えておいたほうがサポートを受けやすく安心です。双極性障害については隠さず企業に伝えておきましょう。

就労支援とは?

就労支援とは病気や障害などが理由で就労が困難な方に、就職して働くことを支援する制度です。支援の内容は職業相談から職業訓練、職業紹介まで多岐にわたります。

双極性障害で就労が難しい方は、まず就労支援を受けてみるのがおすすめです。

双極性障害の人はまず転職エージェントに相談!

双極性障害の方が転職を繰り返さないためには、自分の性格や症状を理解して、特性に合った企業に入社することが大切です。障害者向け転職エージェントなら、あなたにぴったりの求人を紹介してくれます。

双極性障害で転職に悩む方は、まずdodaチャレンジを利用してみてください。障害者の転職支援実績No.1を獲得しており、豊富な知識とノウハウでサポートしてくれます。

dodaチャレンジに相談して、定着して働ける転職先と出会いましょう。

\障がい者の転職実績No.1!/

[障がい者向け記事]

関連記事
あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

広島県呉市生まれ。高校卒業後は地元中堅企業で製造部門を6年経験。その後、Webマーケティング業界へチャレンジしたいと思い、SEO対策を中心に行う大阪のベンチャー企業へ入社。2022年1月からはフリーランスとして、転職希望者が「自分らしくよりよい人生を歩めるように」をモットーに活動中。自身の経験を踏まえた、転職系記事や求人広告のライティング、キャリア支援などを行なっている。転職経験者としてだけでなくキャリア支援者の視点をもとに、記事コンテンツを制作している。

気になる見出しをタップ