MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

テレワークが羨ましい!テレワーク・在宅勤務ができる仕事への転職成功を目指す方法を紹介

現在は働き方が多様化し、テレワークを認める企業も増えてきました。テレワークを経験したことがない人からすると「羨ましい」と感じるかもしれません。

とはいえ、いくら待ってもテレワークが叶うことはありません。テレワークで気楽に働きたいという人は、転職して希望の環境に身を置きましょう。

本記事では、テレワーク・在宅勤務ができる仕事への転職成功を目指す方法を紹介するので、転職したいと感じた人はぜひ実践してください。

本記事でわかること
  • テレワークができる仕事への転職を成功させる方法
  • テレワークのメリット・デメリット
  • おすすめの転職エージェント・サイト

テレワーク・在宅勤務ができる仕事を探すなら、業界大手の転職エージェントであるマイナビエージェントを利用しましょう。求人数が多いため、在宅勤務OKの会社も見つかりやすいです。

\未経験・第二新卒に強い!/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

「ぶっちゃけテレワークが羨ましい」と感じるビジネスパーソンは約3割

リスクモンスター株式会社の調査結果では、全体の3割以上が「テレワークが羨ましい」と感じていることがわかりました。

引用:リスクモンスター株式会社

「テレワークは通勤不要で、自分のペースで働けるのが羨ましい・ずるい」と感じる人が多いようです。

また、テレワークを実施していない、または少ない企業に勤めている人が「羨ましい」と感じる傾向にあるようです。

反対に、週の半分以上テレワークをおこなっている人は「羨ましい」と感じる割合が少なく、現状のテレワークに満足していることが伺えます。

テレワークの今後の動向

テレワークの今後の動向

新型コロナウイルスの影響で急速に広まったテレワークですが、働き方改革の一環として受け入れられ、今後も継続していくことが予想されます。

株式会社かんき出版教育事業部がおこなった「テレワークに関する実態調査」では、87%の企業が今後もリモートワーク制度の継続の方針を示しました。

テレワークは「ワークライフバランスの充実」や業務の効率化などの好影響も大きく、さらに経費削減にもつながります。そのため、企業にとってもメリットが大きいのでしょう。

テレワークが羨ましい!ぶっちゃけメリットはあるの?

テレワークが羨ましい!ぶっちゃけメリットはあるの?

テレワークをしたことがない人からすると、漠然と「羨ましい」とは思いつつ、メリットが想像しにくいかもしれません。そこで以下では、テレワークのメリットについて詳しく解説します。

通勤時間・満員電車のストレスがない

テレワーク最大のメリットは、通勤時間・満員電車のストレスがないことです。とくに、通勤時間は1時間を超えるとストレスが増える傾向にあります。

都心の企業に勤める人は通勤に1時間以上かかる場合が多く、想像以上にストレスがかかっています。一方、テレワークであれば始業の直前まで寝ていても問題ありません。通勤時間で浮いた時間を、自分の趣味や家事に充てられるのも魅力です。

▼通勤時間で悩んでいる方に読んでもらいたい記事

あわせて読みたい
通勤2時間かかる人はうつになる可能性大?長距離通勤のストレスで限界を感じる前に知っておくべきこと 本記事でわかること 通勤時間の平均 通勤が2時間もかかるのは異常なのか? 通勤2時間にはどんな解決策があるのか? 通勤に長時間かかっており、「もう長時間通勤が限界...

自分の時間をつくりやすい

テレワークは通勤時間がないため、自分の時間をつくりやすいのも大きなメリットです。総務省統計局が実施した調査によると、日本人の平均通勤時間は1日1時間19分、年間では348時間でした。

一方、テレワークになると通勤時間がないので、好きなことができます。趣味を楽しんだり、遊びに行く準備ができたり、勉強して資格取得を目指すのも良いでしょう。

ちなみに300時間勉強すれば、人気の国家資格である宅建や、インテリアコーディネーターの資格取得を狙えます。

働きやすい環境で集中して仕事ができる

テレワークでは勤務場所が自宅なので、自分好みのデスク、服装、体勢で仕事ができます。働きやすい環境にカスタマイズすることで、集中して仕事ができるのも魅力です。

ただし、自宅は誘惑が多いので、仕事とプライベートをいかに切り離せるかが重要です。広いスペースを確保できる人は、仕事用の家具を充実させてより集中できる環境を作りましょう。

仕事で使えるスペースが限られる人は、パーティションなどを活用するのがおすすめです。余計なものが目に入らず、集中力が上がります。

ランチ代を節約できる

テレワークなら、ランチ代も節約できます。自宅で簡単に準備できるので、毎月最大数万円単位での節約が可能です。

出社すると、コンビニや外食になるため食費がかさんでしまいます。またお弁当を作る場合でも、早起きしなければならないのはデメリットといえるでしょう。

適度なサボりができる

適度なサボりができるのも、テレワークの魅力です。テレワークだからといって仕事をサボってよいわけではないですが、周囲の目を気にせず休憩を挟めるのは理想的です。

人の持続的な集中力は大人で約50分と言われています。集中力が切れたら適度に休憩することで、仕事の効率も上がるでしょう。

テレワークのデメリット

テレワークのデメリット

一方、テレワークには次のようなデメリットもあります。

デメリットを理解しておかなければ自分が困ることになってしまうので、以下の解説をチェックして対策しましょう。

自分でオンとオフを切り替える必要がある

テレワークでは、会社のように周りの目や指示を出す上司がいません。そのため、自分でオンとオフを切り替える必要があります。

特に自宅のプライベート空間で作業する人は周りに誘惑が多く、ついサボってしまいがちになります。仕事量をしっかりこなさなければ、社内の評価に響いて後々困るのは自分です。

上司の目がなくのびのび仕事ができるのは大きなメリットですが、出勤時と変わらぬパフォーマンスを発揮するには、ある程度の自制が必要です。

社内のコミュニケーションが不足しがち

テレワークで生じる社内のコミュニケーション不足は、企業側と労働者側のどちらにとってもデメリットです。

テレワークでは直接顔を合わせないため、雑談などの会話が減り、報告のみの連絡が増えます。その結果、上司や同僚との信頼関係の構築が難しくなります。

さらに、1人で作業することに対する孤独感を感じる人もいるでしょう。コミュニケーション不足を解消するには、メッセージだけでなくZoomなどのコミュニケーションツールを積極的に活用する必要があります。

運動不足で太りやすくなる

テレワークで出勤や社内の移動がなくなると、運動不足で太りやすくなります。具体的には、運動不足により体力や筋力が落ち、糖尿病や肥満など生活習慣病の発症リスクが高くなってしまう点もデメリットの1つです。

コミュニケーションの不足によるメンタルヘルスの不調も増えてきています。健全なメンタルを保つためには、適度な運動が必要です。テレワークの人は積極的に運動を取り入れて、健康二次被害を防ぎましょう。

テレワーク・在宅勤務ができる仕事への転職成功を目指す方法

テレワーク・在宅勤務ができる仕事への転職成功を目指す方法

テレワーク・在宅勤務ができる仕事への転職成功を目指す方法を紹介します。転職してテレワークしたい人は、すべてチェックして実践しましょう。

テレワークOKの求人が豊富な転職エージェントに相談する

テレワークOKの求人と効率的に出会うためには、転職エージェントへの相談がおすすめです。転職エージェントに在籍するキャリアアドバイザーは転職事情に精通しており、実際のテレワーク事情も聞くことができます。

テレワークがしたいという希望を伝えれば、あなたにぴったりの求人を紹介してくれるので、負担も少なく転職可能です。また、転職エージェントに掲載される求人は厳選を重ねた優良企業ばかりなので、失敗するリスクも少なく済みます。

テレワークで働きたい理由を明確にする

テレワークを希望する際は、テレワークで働きたいポジティブな理由を明確にしておきましょう。

転職活動を進める上では、ネガティブやイメージの悪い理由であってもポジティブに言い換えて説明できることが重要です。ポジティブな理由でも、自分にしかメリットがないような理由では、選考を突破できません。

例えば、「集中して仕事ができる」「成果が上がる」など、テレワークをすることにより応募先の企業にとってもメリットがあるとアピールしましょう。

テレワークができる職種の知識やスキルを身につける

テレワークが多い職種の知識やスキルを身につけておけば、内定率アップを目指せます。キャリアアップもできて一石二鳥なので、積極的に身につけましょう。

希望職種によって異なりますが、WEB系・IT系・管理職としてのマネジメント力など、テレワークで求められるスキルを積み上げるのがおすすめです。

ただし、転職したいなら転職活動を後回しにせず、スキル取得と並行で進めましょう。

テレワークが羨ましいと感じる人におすすめの転職エージェント・サイト

テレワークが羨ましいと感じる人におすすめの転職エージェント・サイトを紹介します。

おすすめの転職エージェント・サイト

ちなみに、転職活動の効率を上げたいなら、転職エージェント・サイトは複数併用するのが必須です。ぜひどちらも登録して、自分に合った働き方を目指しましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 第二新卒・未経験に強い
  • マイナビグループのサービスが利用できる
  • 女性の転職支援が得意

マイナビエージェントは2023年オリコン顧客満足度で総合1位を獲得した、業界大手の転職エージェントです。豊富な求人数を誇り、テレワークOKの求人ともたくさん出会えます。

マイナビエージェントの保有求人は第二新卒や未経験に強いものが多く、テレワークを機に別業種にチャレンジしたい人にも向いています。

さらに転職回数別・年代別のサポート体制が整っており、どんな転職にも対応できるのが強みです。「テレワークに転職したいけど、どんな対策をすればいいのかわからない…」と不安な方は、まずは気軽に相談してみてください、

\未経験・第二新卒に強い!/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

Geekly

名前Geekly
料金無料
求人数30,000件以上
※2024年1月時点、非公開求人を含む
対象年代全年代
対応エリア首都圏中心
オンライン面談
得意分野・業界IT/Web/
ゲーム業界
公式HPhttps://www.geekly.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社Geekly(ギークリー)
拠点東京都渋谷区渋谷1丁目11−8 4F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
Geeklyのおすすめポイント
  • IT転職の支援実績が豊富
  • 78%が希望職種でキャリアアップを達成
  • 徹底的なサポートで未経験からの転職が可能

Geeklyは、Web・IT・ゲーム業界の支援に特化した転職エージェントです。IT業界テレワークを取り入れている企業が多いので、理想の働き方ができる仕事に転職できます。

また、78%が希望職種でキャリアアップを達成しており、テレワークを目指しながら年収アップのチャンスもあります。

IT転職では職務経歴書を書くのが大変ですが、Geeklyでは専門の書類作成チームが作成を代行してくれ、大幅に負担を減らせるのも魅力です。

\Web・IT・ゲーム特化!/

あわせて読みたい
Geekly(ギークリー) 評判の口コミ・評判は?しつこい・やばいと言われる悪い口コミが本当なのか徹底調... 本記事では、Geeklyのサービスや実際の利用者からのリアルな口コミを紹介します。 また、Geeklyのメリットとデメリット、Geeklyと併用できる転職エージェントについても...

テレワークが多い仕事は?


引用:令和3年度テレワーク人口実態調査

引用:令和3年度テレワーク人口実態調査

テレワークが多い仕事は、業種別では情報通信業・保険・不動産業・学術研究、専門・技術サービス業です。また職種別では、営業・研究・管理職などでテレワークが多いという結果でした。

一方、テレワークが少ない仕事は業種別では医療・福祉で、職種別ではサービス・保安などと、対人業務に偏っています。

テレワークが向いている人・向いていない人の特徴

テレワークが向いている人・向いていない人の特徴

テレワークが向いている人・向いていない人の特徴について解説します。

テレワークが向いている人・向いていない人の特徴

テレワークには向き不向きがあります。自分の特徴を理解しないまま転職してしまうと、後悔することになるので注意しましょう。

テレワークが向いている人

テレワークが向いているのは、以下のような特徴を持った人です。

テレワークが向いている人
  • 自己管理ができる人
  • 1人でもくもくと作業するのが好きな人
  • オンラインでコミュニケーションをとれる人

テレワークでは自己管理が最も難しい問題ですが、自分で環境を整えて自制できる人は向いています。

また、仕事中はもくもくと作業することになります。1人での作業が苦に感じない人は向いていると言えるでしょう。

テレワークは孤独感との戦いですが、オンラインで友人や同僚などとうまくコミュニケーションをとれる人は問題ありません。

テレワークが向いていない人

テレワークが向いていない人は、以下のような特徴のある人です。

テレワークが向いていない人
  • オンとオフを切り替えられない人
  • テレワークに適した環境が作れない人
  • 孤独に弱い人

上記の問題は、テレワークをしていれば必ず直面します。その際に対処できなければ、仕事の効率が下がったり、メンタルの不調になったりしてしまいます。

心当たりのある人はテレワークを始めても後悔する可能性が高いので、転職する前に治せるかよく考えましょう。

よくある質問

よくある質問

テレワーク・リモートワークについてよくある質問に回答します。

事前に疑問点をすべて解消しておきましょう。

テレワーク・リモートワーク・在宅勤務の違いは?

テレワーク・リモートワークは同じような意味で使われることが多く、会社以外の広範囲で働くことを指します。自宅はもちろん、喫茶店や図書館など、仕事のできる環境であれば自分の好きな場所を選べるのが魅力です。

一方、在宅勤務はテレワークの形態の1つで、自宅で働くことを指します。働く場所が「自宅」に限定されており、通勤を必要としないメリットがあります。

面接時に「テレワーク希望」を伝えたほうがよい?

面接時にあからさまにテレワーク狙いなのを出すのはおすすめしません。どうしても知りたい場合は、「御社が社内業務で取り組んでいることはありますか?」などさりげない質問で把握するようにしましょう。

また、転職エージェントに相談すれば働き方の実情を教えてもらえます。企業担当者に自分からあえて伝える必要はありません。

いざ転職してテレワークができなければ意味がないので、転職エージェントに登録した際には、担当アドバイザーに必ず「テレワーク希望」であることを伝えましょう。

テレワークと出社、どっちがいい?

テレワークと出社のどちらが向いているかは人それぞれです。自分に合った働き方を選ぶのが、今後のキャリアでの幸せにつながります。

また、なかにはテレワークと出社、両者を組わせている企業も存在します(週〇日出社など)。自分がどのような働き方を希望しているのか、再度確認してみてください。

テレワークが羨ましいなら転職エージェントに相談してみるのがおすすめ

テレワークが羨ましいと感じるなら、転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。キャリアアドバイザーに相談すれば、テレワークができる優良求人を紹介してもらえます。

また、テレワーク事情についても教えてくれるので、本記事と併せて自分が適応できそうか考えましょう。

テレワークができる仕事への転職成功を目指すなら、丁寧なサポートを受けられるマイナビエージェントの利用がおすすめです。選考対策から内定後の年収交渉や入社日の交渉まで、転職のすべてをサポートしてくれます。

\未経験・第二新卒に強い!/

テレワークのコツを知りたい方は、『スケコンマガジン』というサイトの「【勝ち残れる人はここが違った!】営業マンがテレワーク時代に生き残るためのコツと課題」を読んでください。

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ