MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

副業OKの会社の探し方は?副業を認めている会社の特徴や企業一覧も紹介

近年、業務外のスキマ時間を活用して副業で稼ぐ人が増えています。しかし、副業に関する扱いは企業によって異なるため、本業以外で収入を得たい場合は副業OKか否かを確認しておかなければいけません。

そこで本記事では、副業OKの会社の探し方を紹介します。副業求人を探す方法や注意点についても解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

本記事でわかること
  • 副業OKな会社の探し方
  • おすすめの転職エージェント・サイト
  • 副業する際の注意点

副業OKの会社を探すなら、業界大手の転職エージェントであるマイナビエージェントを利用しましょう。求人数が多く、副業OKの会社が見つかりやすいです。

\未経験・第二新卒に強い!/

あわせて読みたい
転職か副業かどっちがいい?それぞれのメリット・デメリットを詳しく解説 転職か副業を始めようか迷われていませんか?「頑張っても給料が上がらない」「今の会社に居続けるのが不安」という理由から転職や副業を始める人が増えています。 しか...

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

副業OKな会社の探し方

副業OKな会社の探し方

副業OKな会社の探し方を解説します。

副業OKの会社は増加傾向にあるものの、明確に副業が禁止されている会社も存在します。トラブルにならないように、副業OKな会社を選んで入社しましょう。

検索エンジンで「副業OK」の求人を探す

副業OKの求人を探すなら、まずは検索エンジンで条件を絞って検索してみましょう。検索エンジンで検索すれば、ピンポイントの求人が見つかるだけでなく、どの業界に副業OKの会社が多いのか、といった情報も手に入ります。

ただし、ヒットする求人が多過ぎると感じる場合は、職種やスキル・給与など、自分の希望条件である程度絞って検索しましょう。

転職サイトから「副業OK」の求人を絞り込む

検索エンジンではヒットする求人が多過ぎるので、傾向をつかんだら次は転職サイトから「副業OK」の求人を検索しましょう。

転職サイトなら、チェックボックスやフリーキーワード欄から「副業OK」の会社を探せます。利用するのは求人数が圧倒的に多い大手の総合型転職サイトか、自分の職種に合った特化型転職サイトがおすすめです。

特化型の転職サイトであれば、細かく絞り込まなくてもより好条件の求人が見つかりやすいです。

転職エージェントに「副業OK」の求人・会社を紹介してもらう

副業OKな会社の探し方でいちばんおすすめなのが、転職エージェントに「副業OK」の求人・会社を紹介してもらう方法です。

転職エージェントに相談すれば、副業OKの求人に絞ったうえで、自分に合った仕事・会社を紹介してくれます。膨大な量の求人から自分で探す必要がないので、転職活動における負担を大幅に減らせます。

さらに、転職エージェントなら徹底した選考対策を受けることが可能です。内定後の給与交渉やアフターフォローもしてくれるので、安心してまかせましょう。

知人に「副業を認めている会社」を紹介してもらう

知人に「副業を認めている会社」を紹介してもらうのも1つの手です。知人の紹介で転職する例は少なくありません。

うまくいけば、転職の苦労をあまりせず条件の良い会社に入れるかもしれません。また、事前に職場の雰囲気がわかるといったメリットもあります。

一方で、コネ入社の場合は辞めにくい、周囲の視線が気になるなどのデメリットもあるので、どちらも理解したうえで紹介を受けましょう。

フリーランスエージェントを利用する

「副業OKの会社」ではなく「副業OKの求人」を探している人は、フリーランスエージェントの利用がおすすめです。フリーランスエージェントなら、希望する働き方に合わせて求人を紹介してくれます。

サポート体制が整っているため、慣れない副業に不安を感じている人はぜひ登録しましょう。自分のスキルが通用するか不安という人も、まずは相談してみてください。

あわせて読みたい
おすすめのフリーランスエージェント26選|各サービスの一覧・比較表を公開 ここ数年は、特定の企業や団体に所属せず、自分のスキルで仕事を得るフリーランスに注目が集まっています。 引用:新・フリーランス実態調査(ランサーズ) 大手クラウド...

副業OKな会社を探している人におすすめの転職エージェント・サイト

副業OKな会社を探している人におすすめの転職エージェント・サイト3選を紹介します。

おすすめの転職エージェント・サイト

自分に合った好条件の求人が見つかりやすいので、転職サービスは複数併用しておきましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 第二新卒・未経験に強い
  • マイナビグループのサービスが利用できる
  • 女性の転職支援が得意

マイナビエージェントは業界大手の転職エージェントであり、豊富な求人数を誇ります。幅広い業種・条件の企業と出会えます。ベンチャーや大手企業など「副業OK」の求人も豊富です。

マイナビエージェントの保有求人は第二新卒や未経験に強いものが多く、これから別業種にチャレンジしたい人にも最適です。

転職サポートの面でもマイナビグループ積み上げた転職支援実績をもとに、最適なサポートを提供しています。

\未経験・第二新卒に強い!/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 マイナビエージェントは、20代30代の転職において絶大なる人気を獲得しています。20代、30代前半の方は絶対に登録すべき転職エージェントです。 当記事では、マイナビエ...

Geekly

【公式】https://www.geekly.co.jp/
名前Geekly
料金無料
求人数公開求人:19,867件
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア首都圏中心
オンライン面談
得意分野・業界IT/Web/
ゲーム業界
公式HPhttps://www.geekly.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社Geekly(ギークリー)
拠点東京都渋谷区渋谷1丁目11−8 4F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
Geeklyのおすすめポイント
  • IT転職の支援実績が豊富
  • 78%が希望職種でキャリアアップを達成
  • 徹底的なサポートで未経験からの転職が可能

Geeklyは、Web・IT・ゲーム業界の支援に特化した転職エージェントです。ITスキルに自信のある人はぜひ登録しておきましょう。

IT系は「副業OK」としている企業が多いです。そのため、副業に理解のある企業と出会える可能性が高いです。

また、Geeklyの転職成功者は平均25日で内定を獲得しています。早く内定を決めたい人にもおすすめの転職エージェントです。

\Web・IT・ゲーム特化!/

あわせて読みたい
Geekly(ギークリー) 評判の口コミ・評判は?しつこい・やばいと言われる悪い口コミが本当なのか徹底調... 本記事では、Geeklyのサービスや実際の利用者からのリアルな口コミを紹介します。 また、Geeklyのメリットとデメリット、Geeklyと併用できる転職エージェントについても...

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ビズリーチのおすすめポイント
  • ハイクラス求人が多数
  • スカウト型の転職サービス
  • フレキシブルな働き方ができる

ビズリーチは、ハイクラス向けのスカウト型転職サービスです。プロフィールを登録するだけで企業からスカウトが届くので、仕事が忙しい人はぜひ利用して、転職活動の負担を減らしましょう。

ビズリーチは年収の高い求人を多数保有しており、転職後の平均年収は840万円と大幅な収入アップも見込めます。「できれば副業しないで収入を増やしたい…」という人にもおすすめです。

\待つだけで高年収求人が届く/

あわせて読みたい
ビズリーチは50代に評判がいい?年齢制限の実態や50代転職におすすめな理由、実際の成功例を紹介 本記事でわかること ビズリーチの50代転職における実態 50代転職者がビズリーチを利用しての成功体験談 ビズリーチが50代転職におすすめできる理由 万が一ビズリーチの...

副業求人を探したい人におすすめのフリーランスエージェント

副業求人を探したい人におすすめのフリーランスエージェント2選を紹介します。週2日~働ける求人とも出会えます。

おすすめのフリーランスエージェント

ITプロパートナーズ

エンジニア、デザイナー向けの週2、3日のお仕事紹介【ITプロパートナーズ】
 【公式HP】https://itpropartners.com
名前ITプロパートナーズ
案件数公開求人:4,000件以上
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
案件職種エンジニア
デザイナー
マーケター
事業責任者・プロデューサー 他
マージン非公開
サポート確定申告代行サービス
賠償責任保険
福利厚生サービスWELBOX
所得補償制度 他
※一部有料
特徴週2日から働ける
エンド直なので高単価
公式HPhttps://itpropartners.com
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ITプロパートナーズのおすすめポイント
  • 少ない稼働の案件がある
  • フルリモート案件も取り扱っている
  • 企業と直契約なので高単価

ITプロパートナーズは、週2日から稼働可能な案件を多く揃えているフリーランスエージェントです。企業との直接契約がほとんどのため高単価で、副業でも十分な収入を得られます。

フルリモート案件も多く保有しており、ライフスタイルに合わせた働き方が可能です。案件が決まって業務を開始した後も、専属エージェントが定期的にサポートしてくれるので安心です。

\週2から働ける案件あり!/

あわせて読みたい
ITプロパートナーズの評判は?フリーランス未経験の方・副業の方におすすめの理由を口コミ付きで解説 本記事でわかること ITプロパートナーズの魅力・メリット ITプロパートナーズがおすすめの人 ITプロパートナーズと併用すべきフリーランスエージェント ITプロパートナ...

Lancers Agent(ランサーズエージェント)

名前Lancers Agent(ランサーズエージェント)
案件数公開求人:12,902件
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
案件職種エンジニア
デザイナー
PM
ディレクター
マーケター
マージン非公開
サポート不明
特徴週3日から働ける
リモート案件90%以上
公式HPhttps://lancersagent.com/
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
ランサーズエージェントのおすすめポイント
  • ランサーズグループ40万社と連携
  • 週3日以上、リモート案件90%以上
  • クライアント直案件だから高単価

Lancers Agent(ランサーズエージェント)は、クラウドソーシング大手のランサーズが運営する、IT・Web業界に特化したフリーランスエージェントです。40万社と連携しており、培ってきたスキルを活かせる求人と多く出会えます。

取り扱っている求人はクライアント直案件のため、マージンで引かれることはありません。高単価の報酬を得られるのも魅力です。

また、週3以上のフルリモート案件がほとんどを占めるので、ライフスタイルに合わせて働き方を選べます。

\透明性の高い契約!/

会社と副業について

会社と副業について

以下では、会社と副業について解説します。

副業OKの会社のことや、副業のメリットなどについて詳しく紹介します。副業を始めたい人は、正しい知識を身につけましょう。

正社員に副業を認めている会社の割合

正社員に副業を認めている会社の割合は年々増えています。経団連の調査によると、2022年の時点において企業の約7割が「副業を認めている」「認める予定」と回答しました。

引用:経団連

リモート・在宅ワークといった働き方の多様化により、副業を許可する企業は今後も拡大することが予想されます。

現職でもいずれは副業が解禁される可能性がありますが、すぐに収入を増やしたいなら、待つのではなく自分から動きましょう。転職活動をすれば、より良い条件の企業で働ける可能性が高いです。

副業を認めている会社の特徴

現在、副業を認めているのは以下のような特徴を持つ企業が多いです。

副業を認めている会社の特徴
  • スタートアップ・ベンチャー企業
  • IT・WEB系の企業
  • 在宅・リモートワークが中心の企業

スタートアップ・ベンチャー企業は時代の変化を恐れない社風の企業が多いです。「良いものは取り入れよう」というスタンスなので、副業OKとしている企業が多い傾向があります。

また、在宅・リモートワークが中心の企業は柔軟な働き方ができます。

副業をするメリット

副業をするメリットは、以下の通りです。

副業をするメリット
  • 副業によって収入を増やせる
  • スキルを磨き、より重宝される人材を目指せる
  • 収入源を増やすことでリスクヘッジを行える

最大のメリットは、副業によって収入を増やせることです。最初から高単価案件を受けるのは難しいかもしれませんが、すぐに収入を増やせます。

また、副業をすることでスキルが身につき、より重宝される人材を目指せます。

本業とは別で副業を続ける際の注意点

本業とは別で副業を続ける際の注意点

本業とは別で副業を続ける際の注意点について解説します。何も考えずに副業をするのは危険です。すべての項目をしっかりチェックしましょう。

副業を始める前に注意点を把握しておかなければ、後々で思いもしなかった損失を被る可能性があります。

必ず会社の就業規則を確認する

現在の本業を続けたまま副業を始める場合は、必ず会社の就業規則を確認しましょう。副業OKなのか禁止なのか、また申告が必要かなど確認漏れがないよう注意しなければいけません。

副業禁止の会社で副業がバレてしまった場合、以下のような処分が下る可能性があります。

考えられるペナルティー
  • 訓戒、戒告
  • 減給
  • 出勤停止、自宅待機
  • 降格処分
  • 諭旨退職、解雇

給与やボーナスが減るだけでなく、最悪の場合は解雇まであり得ます。裁判にまで発展したケースもあるので、副業禁止の会社で副業をするのは避けましょう。

本業がおろそかになるのはNG

副業に力を入れ過ぎて、本業がおろそかになるのはNGです。副業で本業がおろそかになると、会社や同僚に迷惑がかかります。

会社が副業を認めているのは「本業に影響が出ない程度」のことが多いです。本業をおろそかにしてしまうと注意されるだけでなく、ボーナスや昇給などの査定にも影響が出て、結果的に収入が下がってしまう原因になります。

中には副業で稼げるようになり独立する人もいますが、現在自分がどちらを優先すべきか判断を誤らないようにしましょう。

副業収入が年間20万円を超える場合は確定申告が必須

副業収入が年間20万円を超える場合は、確定申告が必須です。確定申告は前年の所得を税務署に申告して、所得税を納税するための手続きです。

副業で確定申告をする場合は、本業の給与と引かれた税金を記載した上で、副業の経費や収入を記載します。

なお、確定申告の申告漏れは罰則の対象となるので注意しましょう。罰則は、無申告による「無申告加算税」が加算され、さらに申告が遅れた期間分の「延滞金」が発生します。

さらに悪質と判断された場合は「重加算税」が発生するので、絶対に忘れず申告しましょう。

副業可能な大手企業一覧

副業可能な大手企業一覧

以下では、副業可能な大手企業をまとめました。

副業可能な大手企業
  • 日本電信電話
  • NTTデータ
  • ソフトバンク
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • 第一生命ホールディングス
  • 富士フイルムホールディングス
  • ソニーグループ
  • キリンホールディングス
  • イオン
  • 資生堂

各業界の大手企業も副業OKの流れになりつつあります。割合として多いのは、ITやメーカー、金融でした。

ただし、副業解禁の流れが広がっていることもあり、今後もさまざまな業界・企業で副業が許可されていくでしょう。

よくある質問

よくある質問

以下では、副業に関してよくある質問に回答します。

会社員におすすめの副業やバレる原因についても詳しく解説しているので、より副業に興味を持った人はぜひチェックしておきましょう。

公務員・教員は副業OK?

公務員・教員は副業禁止だと思われていますが、厳密には制限があるだけで、範囲内であれば副業しても問題ありません。

教員の常勤講師には制限がある場合が多い一方、非常勤講師は副業OKです。

原則、常勤講師を含む公務員は、国家公務員法・地方公務員法で「営利目的の副業が禁止」されています。また、教育公務員については教育公務員特例法で副業について定められており、条件を満たせば副業OKです。

例えば、資産運用やポイントサイトは許可が必要ありませんが、営利の可能性がある芸術分野や家業手伝いは許可が必要です。

会社員におすすめの副業は?

会社員におすすめの副業は、以下の通りです。

会社員におすすめの副業
  • エンジニア
  • WEBデザイナー
  • ライター
  • 物販
  • 動画編集

上記で紹介した副業は初期費用が少なく、かつ初心者でも参入しやすいという特徴があります。また、リスクのある投資などと違い、働いた分だけ報酬が入るのも魅力です。

さらに、副業案件が多いのも特徴です。特にWeb系の副業は案件が多く、収入が安定しやすいメリットがあります。

会社に副業がバレる原因は?

前提として、副業禁止の会社で副業をするのはNGです。バレた場合、減給や解雇などの処分が下される可能性があります。

バレる原因は社内の噂であることが多いです。あくまで噂話の域を出ることはありませんが、同僚には副業の話をしないように注意してください。

また、特に注意したいのが住民税による副業バレです。副業をしていると住民税の所得割の額が増え、経理担当者が疑問を抱く可能性があります。副業をしたいなら、副業OKの会社に転職しましょう。

副業OKな会社の探し方は転職エージェントの利用がおすすめ!

副業で収入を増やしたい人は、副業OKな会社で働くのが大前提です。副業禁止の会社で副業がバレると、キャリアが台無しになる可能性もあります。

副業OKな会社に転職したいなら、転職エージェントを利用して探すのがおすすめです。転職エージェントなら、あなたの希望条件を満たす優良企業を紹介してくれるので、本業でも収入アップが狙えます。

また、選考に係るサポートはもちろんのこと、内定後の面倒な交渉も代行してくれるので安心です。マイナビエージェントに登録して、副業OKの会社に転職しましょう。

\転職するなら登録必須/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ