MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

アセットマネジメントに向いている人・向いていない人の特徴は?仕事内容や求められる条件を紹介

「アセットマネジメント業界に転職したい」と思っても自身に適正能力があるか判断するのは難しいでしょう。何もわからずに転職活動をしてしまうと、入社してからイメージと合わず早期退職の原因にもつながります。

そこで本記事ではアセットマネジメント業界に向いている人の特徴を紹介します。アセットマネジメント業界に必要なスキルや人柄を事前に確認できる内容なので、自身と照らし合わせながら、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

本記事でわかること
  • アセットマネジメント業界の特徴
  • アセットマネジメント業界に向いている人
  • アセットマネジメント業界に強い転職サイト

アセットマネジメント業界に転職を考えている方は、リクルートダイレクトスカウトがおすすめです。リクルートダイレクトスカウトは、スカウト型転職サイトのなかで最も多くの求人数を保有しているので、アセットマネジメント業界に転職しやすいからです。

\ハイクラス求人多数!/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

アセットマネジメント業界とは?仕事内容を解説

アセットマネジメント業界とは?仕事内容を解説

アセットマネジメント業界とは、株式や債券の資産を投資家の代わりに管理や運用をおこなう仕事のことです。個人投資家や投資を専業としている機関投資家・金融機関などからの資産を預かり運用します。

アセットマネジメント業界は大きく分けて3つの部門に分かれています。

部門名特徴
運用部門長期的に資産を運用して収益を上げる
営業部門顧客に資産やマーケットに関する情報を提供
ミドル・バック部門資産運用の際に発生するシステム管理を担当

1つの部門の業務範囲は広く、高度な金融知識が必要な仕事です。

アセットマネジメントに向いている人の特徴

アセットマネジメントに向いている人の特徴

アセットマネジメントに向いている人の特徴を紹介します。

投資や資産運用に興味を持っている人

アセットマネジメントの仕事はお金に興味や関心が深い人には向いています。アセットマネジメント業界で働いている人に「どんな人が向いていますか?」と聞くと、「お金を愛している人」と返ってくることが多くあります。

また、自分自身で投資や資産運用を実践している人にもおすすめの仕事です。すでに個別株の投資や積立NISAなどを始めている方は、今まで培ってきた経験や知識を仕事に活かせます。

顧客の利益のためにとことん貢献できる人

アセットマネジメントの仕事は、顧客の資金を代わりに運用する立場です。そのため顧客の資産を増やすために分析したり、情報を集めたりして行動できる人が求められます。

またアセットマネジメントは経済を相手に仕事をするので、予想していない事態が起こります。株価が大きく変動し、資産に損失が発生することもあるでしょう。

顧客に対して不利になるような状況でも途中で投げ出すことなく、説明責任を負える人はアセットマネジメントの仕事に向いています。

個人情報の取り扱いについて高い倫理観がある人

アセットマネジメントの仕事は、コンプライアンスに対して高い意識がある人が向いています。アセットマネジメントは機密情報を取り扱うからです。

守秘義務を遵守できる人でないと顧客から信頼されないですし、会社に大きな損失を与えます。オフラインの場やSNSのようなオンライン上で情報を公開してしまうのは言語道断です。

個人情報の取り扱いを徹底して守れる人ではないと、アセットマネジメントは務まらないでしょう。

知的好奇心や探求心が強い人

アセットマネジメントの仕事は企業の決算書やIR情報を作成するため、数字を分析する機会が多い仕事です。そのため有益な情報を常に吸収しにいく姿勢が求められます。

また自分の働き方や成果の出し方にもストイックに向き合う必要があります。金融や経済だけではなく、身の回りのことでも仮説検証を繰り返して愚直に行動できる人がアセットマネジメントには向いているでしょう。

困難に直面してもポジティブに向き合える人

金融の世界は人にはコントロールできない問題が多く発生します。そのためどうしても顧客の利益につながらない事態も起こり得るでしょう。

調査や分析業務を繰り返してもいい情報を得られないこともあります。しかし困難な状態でも、ポジティブに立ち向かい最善策を講じられる人がアセットマネジメントには向いています。

アセットマネジメント業界に挑戦する人は、問題や課題に対して前向きに向き合う習慣を身につけていきましょう。

精神的・肉体的なプレッシャーに対して忍耐力がある人

アセットマネジメントの仕事に関わるには強い精神が大切です。

アセットマネジメントは投資家から大きな資金を預かり運用や管理をします。そのためミスが許されない業務やノルマが課される場面が多いです。

顧客によっては精神的に落ち着いていなく、理不尽な苦情を受けることもあります。そのため、緊張感のある状態や理不尽な要求を受ける環境に耐えられる人がアセットマネジメントに向いているでしょう。

アセットマネジメントに向いていない人の特徴

アセットマネジメントに向いていない人の特徴

アセットマネジメントに向いていない人の特徴を紹介します。

数字を扱う仕事に苦手意識がある人

アセットマネジメント業務で扱う運用成績や分析・情報などはすべて数字を使用します。そのため数字に苦手意識がある方は向いていないでしょう。

営業の成果もすべて数字で現れます。ときには自身の営業成績と上司や部下との評価を比較されることもあるでしょう。

数字で成果を出して評価されることに抵抗があると続けていくのはつらく感じてしまいます。

積極的なコミュニケーションに抵抗がある人

アセットマネジメントの営業部門では、同僚や顧客・利害関係のあるさまざまな人とコミュニケーションを取る必要があります。また投資家から資産運用の目的や方法などを聞かなくてはいけないので、コミュニケーションスキルは重要です。

またミドル・バックオフィスでは、営業部門から受けたシステムのトラブルについて修正結果を的確にフィードバックする必要があります。サポートするうえでも意見を聞いたり質問をしたりするので、積極的なコミュニケーションに苦手意識がある人は難しいでしょう。

個人プレーで仕事を進めるのが好きな人

個人で仕事を進めるのが好きな人にはアセットマネジメントの仕事は向かないでしょう。
アセットマネジメントはいかなる部門でもチームワークが求められるからです。

たとえば運用部門では、市場や銘柄の分析や投資戦略を立案するチームに分かれたうえでマネージャーが指揮を出します。チームごとに施策や計画があり、それぞれの役割を担って仕事を進めていきます。

プレッシャーに弱く緊張しやすい人

アセットマネジメントのマネージャー職に就いた場合には、投資戦略や市場分析の方向性の最終的な意思決定をしなくてはいけません。現場責任者としてプレッシャーがかかる場面があるでしょう。

また、アセットマネジメントは投資家を集めたセミナーや勉強会で登壇する機会が多いです。人前に出て投資に関する説明や質疑応答をおこなう必要があります。

そのためアセットマネジメントは、一般職よりも緊張感や不安感を得やすい特徴があります。

アセットマネジメントの仕事に求められる条件

アセットマネジメントの仕事に求められる条件

アセットマネジメントの仕事に求められる条件を紹介します。

アセットマネジメント業界に対する深い理解

アセットマネジメント業界では、未経験であっても即戦力を求めるため金融や経済に関する深い理解が求められます。なぜなら顧客は金融機関や機関投資家など投資のプロだからです。

そのためアセットマネジメント職も投資に関する専門知識を備えておく必要があります。書籍や業界関係者・転職エージェントなどを活用し、仕事内容や働き方などを深く理解しておくのが大切です。

各部門で生かせるスキルの習得

アセットマネジメント業界は各部門によって必要なスキルが異なるので、自身が転職したい現場の専門知識を習得しておく必要があります。

たとえば営業部門ではプレゼンテーションスキルや資料作成・セミナーの企画などの経験が必要です。ミドル・バック部門では市場のリスク分析・各種データ管理などのスキルがあると活躍できます。

自分が狙っている部門のスキルを把握したうえで、現在の仕事や講座などで習得していくことが大切です。

金融・コンサルティング・不動産業界での実務経験

アセットマネジメント業界では、金融やコンサルティング・不動産業界での実務経験が求められます。金融業界では資産運用や金融に関する専門知識や金融機関への法人営業を経験できます。

コンサルティング業界での戦略策定の経験は、顧客の事業分析や資産運用の方向性を決める際に役立つでしょう。アセットマネジメント業界には不動産の資産運用をする仕事もあるので、投資対象としての不動産業務に携わっていれば、アセットマネジメント業界に活かせます。

アセットマネジメントの仕事に転職したい人におすすめの転職エージェント

アセットマネジメントの仕事に転職したい人向けの転職エージェントは次のとおりです。

時期によってはアセットマネジメントの求人がない場合があるので、アセットマネジメントだけではなく、さまざまなハイクラスの求人を検討するのもおすすめです。

リクルートダイレクトスカウト

名前リクルートダイレクトスカウト
料金無料
求人数公開求人:50万件以上
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20代〜60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界ハイクラス・エグゼクティブに特化
公式HPhttps://directscout.recruit.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    ハイクラス
    求人
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートダイレクトスカウトのおすすめポイント
  • ハイクラス求人のスカウトが来る
  • スカウト型転職サイトでは求人数がNo.1
  • 非公開求人も多数

リクルートダイレクトスカウトは、企業やヘッドハンターから直接オファーが来る転職サイトです。そのため企業に応募する手間がかからないので、忙しいビジネスパーソンでも仕事の合間をぬって転職活動を進めていけます。

またリクルートダイレクトスカウトは、スカウト型の求人サイトのなかで求人が最も多い転職サイトです。そのため一般的には公開されていない高待遇の求人を紹介してもらえます。

\ハイクラス求人多数!/

あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミ|使ってみた体験談を紹介 リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラスから大人気かつ評判の良い転職サービスです。 登録するだけで、年収800万〜2,000万の求人からスカウトが来る可能性がありま...

JACリクルートメント

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    ハイクラス
    求人
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
JACリクルートメントのおすすめポイント
  • 日系大手の求人多数
  • 海外の求人にもアクセスできる
  • 各業界に特化したキャリアコンサルタントが在籍

JACリクルートメントは年収700万円以上のハイクラス向け転職エージェントなので、日系大手の管理職や幹部候補の求人を多く保有しています。

また海外に拠点を持っていて日本にはない外資系やM&A事業会社の求人にアクセスできる数少ない転職エージェントです。

さらにJACリクルートメントは各業界に特化したキャリアコンサルタントが在籍しています。そのためアセットマネジメント業界に詳しいキャリアコンサルタントからアドバイスを受けられるのが特徴です。

Review Image
無記名(男性)
職務経歴が充実していれば【あり】です。 逆の場合、紹介すらしてもらえないでしょう。 転職5回、年齢45歳、プラントエンジ一筋の経歴で1ヶ月少々で転職出来ました。 ここは、企業側と求職者側の担当者が同じなのでニーズの乖離が少なかった感じがします。また、各担当者間で情報を共有しているため紹介数が多い。書類通過率は他エージェントと比べて高かったです。
Review Image
無記名(男性)
複数のエージェントに登録をしましたが、一番信頼も出来、こちらを通じて次職も決められました。 他社とは異なり、求人者1人に対して1人の担当者が付く形ではなく、案件毎に担当者が異なり、JAC社の複数のエージェントとやり取りを行う形になります。 他社では一度担当者に背景等を説明すれば済みますが、こちらでは最初の面談で話した内容が社内でシェアされていますが、担当者毎にその都度説明することにもなりますので、人によっては少々面倒に感じる事もあるかもしれません。 案件に関しては、他社で紹介される案件もありますが、こちらでしか紹介されない案件もありましたので、どの会社でもエージェント次第といった所でしょうか。 多くの担当者と接した訳では無いのですが、最終的に決めた企業の担当者はとても対応が良く、サポートもしっかりしておりました。 (もちろん応募した案件の担当者、相談をした担当者も不満を感じた方はいませんでした) 細かい点のフォローもしかっりとして頂けたので、最後までとても安心して選考に挑むことが出来ました。 もし次回転職する機会があれば、再度利用したいと思いますし、周りにも薦めたいと思います。

引用:みん評

\年収700万円以上!/

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

アセットマネジメントへの転職希望者からよくある質問

アセットマネジメントへの転職希望者からよくある質問

アセットマネジメントへの転職希望者からよくある質問を紹介します。

プロパティマネジメントとの違いは?

プロパティマネジメントとは、不動産を保有するオーナーに代わり資産価値としての不動産を運用・管理する仕事です。

具体的には以下のような仕事内容です。

プロパティマネジメントの仕事内容
  • ビルやマンションの修繕
  • 賃貸契約の交渉
  • 物件でのトラブルの対応

プロパティマネジメントは不動産の運用で、アセットマネジメントは資産運用をメインに代行するという違いがあります。

取得しておくと転職が有利になる資格は?

アセットマネジメント業界の転職が有利になる資格は以下のとおりです。

アセットマネジメント職に有利になる資格
  • 証券アナリスト
  • MBA
  • 不動産鑑定士
  • 不動産証券化協会認定マスター
  • 不動産コンサルティングマスター

資格はアセットマネジメントの仕事にも活かせますが、知識を体系的に学習した証明になり、転職活動のアピール材料にもなるのでぜひ取得しておきましょう。

アセットマネジメントの仕事のやりがいは?

アセットマネジメントの仕事のやりがいは以下のとおりです。

アセットマネジメントの仕事のやりがい
  • 金融知識を日常生活にも活かせる
  • 経済を動かしている感覚がある
  • 顧客と信頼関係を構築できる

アセットマネジメントの仕事は、顧客の大切な資産を預かり、中長期的に運用していくことで大きな利益を提供することを付加価値としています。企業と顧客がお互いにメリットのある関係を築き続けられることにやりがいを感じている方が多いようです。

アセットマネジメントへの転職を成功させたいなら転職エージェントを活用

アセットマネジメントへの転職を成功させたい方におすすめの転職エージェントはリクルートダイレクトスカウトです。

リクルートダイレクトスカウトは、多くの求人を保有しています。そのため求人数の少ないアセットマネジメント業界の求人を入手しやすいです。

またM&A事業会社や大手企業の求人にも強いので、金融関連の仕事に就きたい方や年収を上げたい方は、ぜひリクルートダイレクトスカウトの公式サイトをご覧ください。

\ハイクラス求人多数!/

投資銀行への転職を検討している人におすすめの記事

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ