MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

ハイクラス・エグゼクティブの50代におすすめの転職エージェント11選

ハイクラス向けの転職エージェントは多数あります。そのため、50代ではどのサービスを利用すればいいか迷う方は多いでしょう。

そこで今回は、50代でハイクラス転職を狙う方に向けておすすめの転職エージェントを紹介します。50代の転職事情や転職エージェントをおすすめする理由なども併せて解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

本記事でわかること
  • ハイクラスの50代におすすめの転職エージェント・サイト
  • 50代のハイクラスの方が転職を成功させる方法
  • ハイクラスの50代が転職活動で注意すべきこと
ハイクラスの50代の方に
おすすめの転職エージェント
ハイクラス転職の老舗
JACロゴ
ベテランが
転職成功を導く

無料登録をする
dodaが手掛ける
doda Xロゴ
無料&審査なしで
スカウトが受けられる

無料登録をする
外資系に強い黒船
ランスタッドロゴ
外資系の転職なら
間違いなし
無料登録をする
AIの要約を見る

50代ハイクラスの転職事情は複雑であり、50代で転職を希望する人がいても実際に転職する割合は低い傾向にあります。企業の43%が45歳以上55歳未満の方の人材採用を考えています。しかし、企業は若手よりも高い年齢層に給与を支払うことに慎重であり、これが50代ハイクラス人材の転職のハードルとなっているのです。

そのため、年収アップや転職成功を目指すには経験とスキルのアピールが必要です。そこで転職エージェントの利用をおすすめします。選考対策はもちろん、非公開求人の紹介や給与交渉の代行など豊富なメリットが多数です。

注意すべき点として、転職エージェントや企業に対して上から目線で話さないことです。50代ハイクラス向けの専門的な転職エージェントにサポートしてもらい、転職を成功させましょう。

>>50代ハイクラスにおすすめのエージェントを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

本記事の監修者の紹介|鈴木恵枝さん

鈴木恵枝

株式会社マルション・アンサンブル 代表取締役 鈴木恵枝
国家資格キャリアコンサルタント保有。経済産業省で中小企業、通商・貿易、製造産業等々の政策・行政に携わったことにより、産業界に関する多くの知識を得る。セカンドライフを歩むために辞職。その後、経営コンサルタントとして「株式会社マルション・アンサンブル」を起業。国家資格であるキャリアコンサルタント及び行政書士を取得し、事業および人材育成の両輪のコンサルタントとして現在に至る。在に至る。労働者の「働き甲斐・生きがい」などに対し、「共に歩」「共に成長」「共に創造」をモットーに寄り添ったご支援をしている。

>>鈴木恵枝のプロフィール・監修記事

※本記事で掲載している商品・サービスは監修者が選定したものではありません。

50代ハイクラスの転職事情とは?

50代ハイクラスの転職事情

50代のハイクラス転職の事情は、一体どうなっているのでしょうか?

それぞれ詳しく解説します。

50代は転職を希望しているのに結局転職しない人が多い

50代で転職を希望している人のうち、実際に転職を経験した人の割合を見ると50~54歳では35.4%、55~59歳では38.2%となっています。

引用:中途採用に係る現状等について

さまざまな企業の待遇や年収などを見て「今のままがいいから転職しない」など求職者側の都合もあるとは思います。

しかし、若い世代に比べると今後の勤務年数が短いことや前職においてある程度形成されてきた人間性への未知の不安、体力的懸念など企業側の理由も背景に隠れているのかもしれません。

45歳以上55歳未満の人材採用は約43%の企業が考えている

年齢が高くなるにつれ、採用率は低下しますが、45歳以上55歳未満の場合、約半数に近い約43%の企業は採用を考えています。

引用:中途採用に係る現状等について

50代はスキルも経験も豊富であるため、20代など若い世代と同じような給与を支払うわけにはいきません。従って、人材コストがかかることが企業側にとって、受け入れをためらう要因となっているかもしれません。

\ハイクラス転職なら登録必須!/

※3分で登録完了

年収はまだまだ上を目指せる

dodaの調査によると、50代以上の平均年収は男性658万円、女性424万円です。年収分布で見ると「300~400万円未満」が最も多く、17.4%を占めています。

引用:年齢・年代別に見る日本の平均年収(平均年収ランキング最新版) |転職ならdoda(デューダ)

この年代の年収のピークは60歳の721万円です。60歳になっても年収が700万円超えるのであれば、50代から転職したとしても年収アップは望めるでしょう。

ただし、何もしないで年収が上がることはありません。50代で転職における年収を上げるためには、経験値の積み上げは重要です。

企業は50代の経験やスキルを求め、即戦力となることを期待して採用します。企業の期待に応えられるだけの経験値を積んでから転職活動に臨むことが、年収アップへの道につながるでしょう。

50代のハイクラスに転職エージェントを利用した転職をおすすめする理由

50代のハイクラス転職に転職エージェントをおすすめする理由

転職エージェントを利用せずとも、人脈や紹介で転職できる人も多いでしょう。しかし、転職エージェントを利用することで、以下のように得られるメリットもあります。

50代のハイクラスに転職エージェントを利用した転職をおすすめする理由

一般に公開されていない求人を紹介してもらえる

転職エージェントを利用することで得られるメリットは、一般的には掲載されない「非公開求人」を紹介してもらえることです。

非公開求人は、大手企業だったり年収が高めであったりするなど、待遇や条件がいいものが多い傾向にあります。転職エージェントに登録すれば質の高い求人に出会える確率が高まるでしょう。

また、非公開求人は転職エージェントに登録した人にしか紹介されないことから、公開求人よりも比較的競争率は低めです。転職エージェントを利用することで、選考が比較的有利に進みやすくなるといえるでしょう。

年収や待遇の交渉を代わりに行ってくれる

転職エージェントは、年収や待遇の交渉を代行してくれます。希望する年収が企業の想定年収より少ないなどがあれば、コンサルタントが企業に交渉します。

交渉の際は、希望額だけでなく企業側にとってプラスになるような求職者のよい点も伝え、年収や待遇がよくなるよう試みてくれます。単に「待遇を上げてほしい」というわけではないので、企業側がネガティブに思うことはありません。

\ハイクラス転職なら登録必須!/

※3分で登録完了

ハイクラスの50代におすすめの転職エージェント11選

ポジションMAP【50代ハイクラス】

ここではハイクラスの50代が利用すべき以下11の転職エージェントの特徴を比較しました。

スクロールできます
サービス名詳細得意分野スカウト機能選考対策年収交渉公開求人数料金対応エリアオンライン面談対象年代公式HP
JACリクルートメント
JACロゴ
詳細を見る管理職
外資系
グローバル
ありありあり非公開無料全国20〜60代公式HP
ランスタッド
ランスタッドロゴ
詳細を見る外資系なしありあり4,000件以上無料全国20〜60代公式HP
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
詳細を見る管理職
経営層
ありなしなし500,000件以上無料全国20〜60代公式HP
ビズリーチ
ビズリーチロゴ
詳細を見るミドル層ありなしなし90,000件以上一部有料全国20〜60代公式HP
doda X
doda Xロゴ
詳細を見るIT
営業職
メーカー
ありなしなし35,000件以上無料全国一部可20〜50代公式HP
エンワールド
エンワールドのロゴ
詳細を見る外資系ありありあり500件以上無料全国20〜60代公式HP
アクシスコンサルティング
アクシスコンサルティングロゴ
詳細を見るコンサルなしありあり非公開無料全国30〜50代公式HP
MS-Japan
詳細を見る財務・経理なしありあり9,000件以上無料全国20〜50代公式HP
LHH転職エージェント
詳細を見るハイクラス
外資系
ありありあり25,000件以上無料全国
海外
30〜50代公式HP
パソナキャリア
パソナキャリア
詳細を見るミドル層ありありあり30,000件以上無料全国20〜60代公式HP
コトラ
詳細を見る金融系なしありあり20,000件以上無料1都2府3県
福岡
海外
20代〜60代公式HP

正直多すぎてどれが良いか分からない」と思った方向けに、キャリアクラス編集部が選ぶ50代のハイクラスの方向けの転職エージェントの組み合わせを紹介します。

前提として、転職活動を成功させる秘訣は「転職エージェントを2社以上使う」ことです。各社に応じて求人の種類や強みが異なるため、最低2社は登録したうえで転職活動を始めましょう。

万人向け、迷ったらまずは登録しておきたい2社

間違いない有名エージェント

JACリクルートメント

リクルートが手掛ける本気のサービス

リクルートダイレクトスカウト

【公式】https://directscout.recruit.co.jp/
外資系やグローバル企業へチャレンジをしてみたい方向け

海外企業だからこその求人

ランスタッド

【公式】https://www.randstad.co.jp/

大手エングループの専門サービス

エンワールド

余計なサポートは不要、スカウトをもらって自走したい方

元祖・ハイクラススカウトサービス

ビズリーチ

dodaが手掛けるヘッドハンティング

doda X

【公式】https://doda-x.jp/

JACリクルートメント

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人数:-
(2023年10月13日時点)
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
JACリクルートメントの特徴
  • ハイクラスの求人が多い
  • 総勢約800名のコンサルタントの支援が受けられる
  • 外資系や海外進出企業など、グローバル転職に強い

JACリクルートメントはハイクラス向けの求人が多い転職エージェントです。求人の紹介だけでなく、5年・10年先を見据えたキャリアコンサルティングや、採用企業を熟知しているからこそ可能なレジュメ添削・面接対策なども行ってくれます。

また、JACリクルートメントには、現地の文化や転職事情に精通したアドバイザーが在籍しています。海外企業の組織風土や課題なども具体的に教えてくれるため、外資系や海外企業への転職に強いのも大きな特徴です。

ハイクラス転職を考える方は、JACリクルートメントに登録しておきましょう。

\オリコン顧客満足度No1!/

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

doda X

【公式】https://doda-x.jp/
名前doda X
料金無料
求人数公開求人:約50,000件
非公開求人数:-
(2024年5月時点)
ヘッドハンター数:約8,000名
(2024年3月時点)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20〜50代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界IT・Web・メーカー・営業
公式HPhttps://doda-x.jp/
詳細を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】

※ヘッドハンターによる

doda Xの特徴
  • 転職業界大手・パーソルキャリア株式会社が運営する、ハイクラス転職エージェント
  • ヘッドハンターによるサポートの質が高い
  • 特定の企業に対して情報を非公開にできる機能がある

doda Xは、ハイクラス転職を専門とする転職エージェントです。ハイクラス業界の専門的知識を持ったヘッドハンターが、求職者の経歴をもとに求人を紹介します。

ヘッドハンターは約3000人在籍しており、求職者自身が気づいていない強みを発掘するなどして、求職者の市場価値向上をしっかりサポートしてくれます。

求人実績は経営管理やCFOなどの事業戦略に直結した役職や、エンジニアなどの専門職などさまざまあり、年収800万円以上の求人が豊富です。高年収を狙う管理職や専門職への転職を考えている方は、doda Xに登録したほうがいいでしょう。

\dodaのハイクラス版!/

あわせて読みたい
doda Xの気になる評判・口コミを徹底調査|利用するのがおすすめな人を解説 ハイクラス転職なら「doda X」がおすすめです 年収800万円以上のハイクラス求人が多く、管理職として転職して年収アップに成功したという口コミが多数あります。 そこで...

ランスタッド

【公式】https://www.randstad.co.jp/
名前ランスタッド
料金無料
求人数公開求人数:4,889件
(2023年10月13日時点)
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界外資系企業に特化
公式HPhttps://www.randstad.co.jp/
詳細を見る
運営会社名ランスタッド株式会社
拠点東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンコート21F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】

ランスタッドは、外資系・グローバル企業などへの転職を中心に支援するエージェントです。世界に拠点を置いていることから、海外にある企業へのパイプも持っており、国内外を問わず転職先を紹介できます。

ランスタッドが取り扱う求人を見ると、一般的にハイクラスといわれる年収800万円以上の求人はもちろん、なかには年収2,000万円クラスの求人も複数掲載されています。

ランスタッドのみが取り扱う求人もあるため、他の転職エージェントでは見つけられない企業へ応募したい方は、ランスタッドへ登録しておきましょう。

\外資系・グローバル企業に強い/

あわせて読みたい
ランスタッドの評判・口コミは?特徴やメリット・デメリットを詳しく解説 ランスタッドは世界中に拠点を構えており、グローバル転職を強みとしている転職エージェントです。 また正社員以外にも派遣や単発など幅広い案件を取り扱っており、ライ...

リクルートダイレクトスカウト

【公式】https://directscout.recruit.co.jp/
名前リクルートダイレクトスカウト
料金無料
求人数公開求人:50万件以上
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20代〜60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界ハイクラス・エグゼクティブに特化
公式HPhttps://directscout.recruit.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話

※ヘッドハンターによる

リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 大手企業から中小企業のエグゼクティブ求人まで幅広く扱っている
  • 3,000名以上のヘッドハンターが仕事を探してくれる
  • 年収800〜2000万円の求人が多い

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス求人に特化したエグゼクティブ向け転職サービスです。以前は「キャリアカーバー」という名前でした。

リクルートダイレクトスカウトの特徴は、3,000名以上在籍しているヘッドハンターが、求職者の代わりに求人を探してくれることです。求職者は、登録後にヘッドハンターからの連絡を待つだけで質の高い求人に出会えます。

また、リクルートダイレクトスカウトは、年収が高い求人を多く扱っています。年収800万円から2,000万円の求人を多数揃えており、転職決定年収は平均950万円以上という実績があります。

効率よく質の高い求人に出会いたい方、転職で年収アップを目指したい方には最適でしょう。

\審査なしで利用できる!/

あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミ|使ってみた体験談を紹介 リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラスから大人気かつ評判の良い転職サービスです。 登録するだけで、年収800万〜2,000万の求人からスカウトが来る可能性がありま...

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人数:99,473件
(2023年10月13日時点)
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話

※ヘッドハンターによる

ビズリーチの特徴
  • 年収600万円以上の方に支持されている転職サービス
  • 他の転職サイトでは出会えないような質の高い求人が多い
  • 職務経歴書を登録しているだけでヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、管理職・専門職などのハイクラス向けの転職エージェントです。年収600万円以上を目指す方から支持される転職サービス№1の実績を持っています。

ビズリーチでは、求人掲載する企業には独自の審査を行っています。審査にパスした企業だけが紹介されるため、求職者は質の高い求人と出会いやすくなるでしょう。

ただ、求人への応募などは有料会員への登録が必要となり、30日間コースで「タレント会員」は3,278円(税込)、「ハイクラス会員」は5,478円(税込)かかります。(スカウトを待つだけなら無料)

月額制の転職エージェントは業界でも珍しいため、利用に戸惑うかもしれませんが、その分質の高い求人が揃っています。年収UPを狙って本気で転職したいと考える方にはピッタリでしょう。

\登録しているだけでスカウトが来る!/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ 本記事でわかること ビズリーチの良い口コミ・悪い口コミ ビズリーチを利用するメリット・デメリット ビズリーチの料金プラン ビズリーチの登録方法 実際にビズリーチを...

エンワールド

名前エンワールド
料金無料
求人数公開求人数:903件
非公開求人数:非公開
(2023年10月13日)
対象年代20代~
対応エリア全国
オンライン面談対応
得意分野・業界ハイクラス・グローバル転職に特化
公式HPhttps://www.enworld.com/
詳細を見る
運営会社名エンワールド・ジャパン株式会社
拠点東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン12階
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
エンワールドの特徴
  • 外資系や日経グローバル企業への転職支援が得意
  • 年収800万円以上の求人案件
  • 幅広い業種の優良企業にパイプあり

エンワールドは、外資系や日経グローバル企業への転職支援が得意な転職エージェントです。幅広い業種の優良企業にパイプを持っています。

アジア太平洋地域の6か国に拠点を展開しており、求職者はどこの地域からでもハイクラスグローバル求人に応募可能です。

また、エンワールドは求人の質が高いことで有名です。年収800万円以上の求人案件が10,000件以上あります。

最適な労働環境と高い報酬を求めるなら、エンワールドで転職先を探しましょう。

\中長期のキャリアサポート!/

※3分で登録完了

あわせて読みたい
エンワールドの評判・口コミを調査|ハイクラス・グローバル転職に強いエージェントの実態とは? エンワールドはハイクラス・グローバル転職を得意とする評判の良い転職エージェントです。質の高い求人を扱っており、充実したサポートを受けられます。 また入社後の活...

アクシスコンサルティング

名前アクシスコンサルティング
料金無料
求人数公開求人数:非公開
非公開求人数:非公開
(2023年10月13日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代30代〜50代
対応エリア全国
オンライン面談あり
得意分野・業界コンサルティング
公式HPhttps://www.axc.ne.jp
詳細を見る
運営会社名アクシスコンサルティング株式会社
拠点東京都千代田区麹町4-8 麹町クリスタルシティ6F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段電話・メール
オプション【オ・面・年】
アクシスコンサルティングの特徴
  • 現役コンサルタントの転職支援数No.1
  • キャリアパスに応じた転職支援が可能
  • 保有している求人のうち約77%が非公開求人

アクシスコンサルティングは、通常のコンサルタントやポストコンサルタントに強い転職エージェントです。「コンサルティングファーム」「ポストコンサル」「フリーコンサル」など、キャリアプランに応じた支援ができることで知られています。

アクシスコンサルティングでは、プロジェクト管理をメイン業務とする、シニアコンサルタント以上の転職サポートも得意としています。

アクシスコンサルティングには、コンサルタント業界を熟知したアドバイザーが多数在籍しています。アドバイザーからは企業別の書類・面接対策をしてもらえ、求人提案から入社までをサポートしてもらえます。

コンサルティング業界へ転職したい50代は、現役コンサルタントの転職支援実績数が豊富にあるアクシスコンサルティングの利用がおすすめです。

\コンサルの転職に強い/

あわせて読みたい
アクシスコンサルティングの評判・口コミ|実際の利用者によかった点や悪かった点の体験談を聞いてみた アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化した転職エージェントです。 生涯のキャリアパートナーとして、あなたに合ったキャリアプランを提案してくれます。 本記...

MS-Japan

エージェント名MS Japan
料金無料
求人数公開求人数:9,767件
(2023年10月13日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~
対応エリア全国・海外
オンライン面談
得意分野・業界財務・経理
公式HPhttps://www.jmsc.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社MS-Japan
(エムエスジャパン)
拠点東京・横浜
名古屋・大阪
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
MS-Japanの特徴
  • 管理部門・士業の転職に強い
  • 30年以上の実績とノウハウを活かした転職支援が可能
  • MS-Japanにしか掲載されていない求人が複数ある

MS-Japanは、管理部門・士業に特化した転職エージェントです。「管理部門・士業にお薦めしたい転職エージェントNo.1」となっており、これまでに約2.6万人以上の転職支援を行っています。

他の転職エージェントよりも管理部門・士業に強い分、MS-Japanにしか掲載されていない求人も数多く存在します。

特に、弁護士・公認会計士・税理士などは、他の転職エージェントよりもMS-Japanで求人を探すほうが希望条件にマッチする求人と出会えます。

管理部門・士業でキャリアを伸ばしたい50代は、MS-Japanへの登録が必須です。

\管理部門・士業に特化/

LHH転職エージェント(旧spring転職エージェント)

【公式】https://www.springjapan.com/
名前LHH転職エージェント(旧spring転職エージェント)
料金無料
求人数公開求人: 30,031件
非公開求人:-
(2023年10月13日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代30代~50代
対応エリア全国・海外
オンライン面談対応
得意分野・業界ハイクラス向け・外資系
公式HPhttps://www.springjapan.com/
詳細を見る
運営会社名アデコ株式会社
拠点東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX(南ウイング) 8F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
LHH転職エージェントの特徴
  • 幅広い業界・業種の転職に対応
  • 顧客ロイヤリティ評価業界最高水準
  • ハイクラス・ミドルクラス転職顧客満足度高評価

LHH転職エージェント(旧spring転職エージェント)は、幅広い業界・業種のハイクラス転職に対応している転職エージェントです。

2017年にサービスを提供し始めた比較的新しい転職エージェントではあるものの、利用者の満足度が高いことで知られています。

LHH転職エージェント(旧spring転職エージェント)の強みは、企業の人事担当者や人材を求めている部門から実際に依頼を受けた求人を紹介できることです。企業側が求める人物像を捉えた上で求職者に求人を提案するため、入社後のミスマッチが起こりにいと評判です。

50代での転職は20代・30代よりも難しくなります。企業と求職者をマッチさせることを重視しているLHH転職エージェント(旧spring転職エージェント)を利用すれば、定年まで力を発揮できる企業へ転職できるでしょう。

\定年まで活躍したいなら!/

あわせて読みたい
LHH転職エージェントの評判・口コミは?特徴と利用するメリットを解説 ハイクラス転職を目指す方には、LHH転職エージェントがおすすめです。コンサルタントの専門性が高く、手厚いサポートを受けられます。 マッチング力の高さにも定評があ...

パソナキャリア

名前パソナキャリア
料金無料
求人数公開求人:32,875件
非公開求人:非公開
(2023年10月13日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.pasonacareer.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社パソナ
拠点東京都港区南青山
3-1-30
PASONA SQUARE
8F都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
パソナキャリアの特徴
  • 取扱求人の約半数が年収800万円以上
  • 利用者の年収アップ率が67.1%と高い
  • 業界専任のコンサルタントによる転職支援を実施

パソナキャリアは、求職者の経験・実績に合った最適なポストを提案するハイクラス向けの転職エージェントです。キャリアアップできる求人の提案を得意としており、利用者の67.1%が年収アップを実現しています。

パソナキャリアでは、業界専任のコンサルタントによる親身なサポートを受けられます。

コンサルタントは、転職に有益な情報を共有したり面接対策をしたりするだけでなく、年収交渉も行います。転職に関するサポートを包括的に行ってくれるため、一人で転職することに不安を覚える方はパソナキャリアを利用しましょう。

\年収アップ率が高い/

あわせて読みたい
パソナキャリアの評判・口コミは最高?最悪?オリコン満足度1位のサポートを受けた体験談 転職活動を成功させるためには、転職エージェントの活用が欠かせません。 大小さまざまな転職エージェントがありますが、ぜひ登録しておきたいのが「パソナキャリア」で...

コトラ

KOTORA(コトラ)
【公式HP】https://www.kotora.jp/
名前コトラ
料金無料
求人数22,838件
対象年代20代〜
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・愛知県・大阪府・福岡県・海外
オンライン面談
得意分野・業界金融・ITコンサル
公式HPhttps://www.kotora.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社コトラ
拠点東京都港区赤坂1丁目7−19 キャピタル赤坂ビル 2階
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
コトラの特徴
  • 金融やコンサル業界に強い
  • 専門職を経験し、業界を熟知したコンサルタントから各業界の市場動向などが聞ける
  • 独自の価値観診断ツールがある

コトラは、金融やコンサル業界に特化した転職エージェントです。ハイクラス層向けの求人も多く、年収1000万円以上だと約4500件(2022年5月16日現在)以上あります。

在籍しているコンサルタントは、金融やコンサル業界のことや会社のディテールを知り尽くしているため、業界を熟知した優秀な方からのサポートが受けられることが大きな特徴です。

金融・コンサル業界でハイクラス転職を狙っている方は、コトラを登録しておいたほうがいいでしょう。

\金融・コンサルに特化!/

あわせて読みたい
【ハイクラス】コトラの転職は金融系・コンサル系の評判がいい?コトラの転職エージェント体験談 コトラは金融・IT・コンサルに特化した転職エージェントです。 案件数はやや少なめですが、求職者と企業のマッチング率が高く、キャリアアップ転職に強いのが特徴です。...

>>一番上の転職エージェントに戻る

ハイクラスの50代女性におすすめの転職エージェント

50代女性のハイクラス求人を取り扱う転職エージェントをまとめました。

サービス名特徴
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
・掲載求人はハイクラスなものばかりで年収1,000万円クラスも多数!
・書類の添削や面接対応などのサポートも充実
・役員クラスの求人もあり
doda Xロゴ
doda X
・年収1,000万円を超える非公開求人が多数
・登録するだけでヘッドハンターから声がかかる
・求人の平均年収は800万円超

いずれの転職エージェントもスカウト型の転職エージェントです。実績次第ではかなり良い条件での求人を紹介される可能性もあります。

ハイクラスの50代におすすめの転職エージェントの利用方法

ハイクラスの50代におすすめの転職エージェントの利用方法

ハイクラスの50代には、転職エージェントを以下3つの方法で利用することをおすすめします。

複数の転職エージェントを利用する

ハイクラスの50代が転職エージェントを利用する場合は、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

なぜなら、転職サービスを利用する企業の中には、コストを少しでも抑えるために1つの転職サイト・エージェントだけを使って採用活動を行うところもあるからです。

自分の希望に合った転職先を見つけるためにも、さまざまな転職エージェントを併用して選択肢を広げておきましょう。

あわせて読みたい
転職エージェントは複数掛け持ちした方がいい?複数の転職エージェントを使うメリット・デメリットを紹介 本記事でわかること 転職エージェントを複数掛け持ちするメリット 転職エージェントを複数掛け持ちするデメリット 複数の転職エージェントを登録するときの選び方 転職...

スカウト型の転職エージェントにも登録する

求職者の経歴などをもとに、企業が直接応募オファーをするスカウト型の転職エージェントにも登録しましょう。ハイクラスの50代向けの転職エージェントは、スカウト機能がついていることも多いです。

効率よく転職活動を進められますし、自分がどのような業種・業界のどのような企業から必要とされているのかを知るきっかけにもなります。スカウト型の転職エージェントは登録しておきましょう。

\登録しているだけでスカウトが来る!/

※ヘッドハンターが転職をサポート

あわせて読みたい
スカウトサービスとヘッドハンティングサービスの違いは?2つのサービスの違いを詳しく解説 スカウトサービスとヘッドハンティングは、企業やヘッドハンターから声をかけると言った点で内容的には似ていますが、対象者が異なります。 スカウトサービスは転職活動...

書類添削や面接対策、情報収集などでたくさん頼る

書類の添削や面接対策、情報収集は転職エージェントが得意とすることです。採用されるためにも、コンサルタントを頼って密に話をしましょう。

転職エージェントは、業界の情報や数多くの転職事例を知っています。だからこそ印象よく思われる書類の書き方や面接の答え方など実践的なアドバイスも得られるため、たくさん頼って転職活動を成功させましょう。

>>おすすめの転職エージェントにも戻る

50代ハイクラスが求められる会社は?

50代ハイクラスが求められる会社は?

下記に該当する会社は、50代のハイクラス人材を求めているケースが多くあります。

以下では、50代のハイクラスが求められている理由を詳しく解説します。

ベンチャー・スタートアップ企業

50代のハイクラス人材を求める会社として、ベンチャー・スタートアップ企業が挙げられます。ベンチャー・スタートアップ企業は若手社員が多く、経営層をサポートできる従業員がいない場合がほとんどです。

50代のハイキャリア人材は、経験豊富であることから、これからビジネスを拡大していくフェーズにあるベンチャー・スタートアップ企業では求められています。

主にCFO(最高財務責任者)CTO(最高技術責任者)など、特定の部署の最高責任者として採用される機会が多くなります。

>>スタートアップ向けの転職エージェント・サイトを見る

>>ベンチャー向けの転職エージェント・サイトを見る

 コンサルティング企業

コンサルティング企業では、幅広い業界の課題解決・問題提起に取り組むため、経験豊富な50代のハイクラス人材が求められます。

50代のハイクラス人材であれば、さまざまな角度から企業をコンサルティングできるため、業界経験がなくても採用される可能性があります。

特に、「マネージャー経験がある」「プロジェクトリーダをやったことがある」など、さまざまな経験をしている50代は採用されやすい傾向が強いです。

コンサルティング企業は総じて実力主義の社風ではあるものの、成果に応じて高水準の収入を得られるという魅力があります。

>>コンサル向けの転職エージェント・サイトを見る

外資系企業

外資系企業も、50代のハイクラス人材を求めている会社の一つです。外資系企業の多くは実力主義を採用しており、若手よりも即戦力になる50代のハイクラス人材の需要があります。

これまでの仕事で、何らかの実績を持っている方であれば、外資系企業に勤めることで高水準の収入を得られるでしょう。

外資系企業では「即活躍できる」部分を重きに置いて採用活動を行います。外資系企業で活かせるスキルを持っている50代であれば、転職するハードルはそれほど高くありません。

>>外資系転職でおすすめの転職エージェント

>>おすすめの転職エージェントにも戻る

ハイクラスの50代が転職を成功させるためのポイント

ハイクラスの50代が転職を成功させるためのポイント

ハイクラスの50代が転職を成功させるには、以下3つのポイントをおさえることが重要です。1つずつ解説しましょう。

マネジメントなどの豊富な経験や実績をアピールする

50代を採用する理由は「豊富な経験」が最も多くなっています。年代が上がるほど、経験を重視する会社は多くなるものです。

引用:50代から厳しくなる中高年の転職。好転させるポイントはこだわりを捨てること? – 自分の相場を知る – ミドルシニアマガジン | マイナビミドルシニア

50代は、20代や30代などの若い世代が経験していないような仕事をしてきています。後輩を育てる人材育成や、マネジメントや管理職など会社の運営に関わるようなことをしてきた人もいるでしょう。

今までの豊富な経験や実績は、選考時の武器になります。しっかりアピールできれば、転職は成功するでしょう。

人脈がどのように活かるかアピールする

ハイクラスの50代が転職する場合、人脈も大きな武器になる場合もあります。今まで積み上げてきた人間関係があるからこそ得られる情報もあるでしょう。

企業側は「今までにない社外とのつながりができれば、さまざまな情報が得られて事業拡大ができるかも」と考えるため、広い人脈を持っていれば選考で有利になる可能性があります。

どのような人脈があり、それがどう会社の事業に活かせるのかをしっかりアピールしましょう。

専門性が高いことをアピールする

ハイクラスの50代が転職を成功させるには、高い専門性を持っていることをアピールすることが重要です。

エン・ジャパンが「採用するミドル人材に求めるものはなんですか?」というアンケートを行ったところ、59%の企業が「専門性」と答えていました。

引用:第125回 「ミドル人材(35歳~55歳)の採用について」|人事、採用、労務の情報ならエン人事のミカタ

50代のハイクラス求人には、マネジメントや管理職の経験の他に、高い専門性が求められる分野もあります。他の人にはない専門性の高さをアピールすることで、転職もしやすくなるでしょう。

企業の求めていることを理解する

企業は、明確な目的をもって50代ハイクラス人材の採用活動を行っています。企業が50代ハイクラス人材に求めるニーズをしっかりと汲み取らなければなりません。

リクルートマネジメントソリューションズの人材開発実態調査2017で、企業は部長・課長クラスの人材に対して「内部環境を踏まえ、組織のビジョンを構築する力」を求めていると回答しています。

引用:【年代別】転職で重視される能力とスキルは?

50代ハイクラス人材は、部長や課長として採用されることも多いです。部長や課長に求められる「内部環境を踏まえ、組織のビジョンを構築する力」「戦略を立案する力」などのニーズに合わせた自己PRができるようにしましょう。

どのように貢献できるかを明確に伝える

企業には、転職後に貢献できることを明確に伝えることが大事です。自分の強みが仕事でどのように活かせるか説明できれば自己PRになるうえに、しっかり企業研究を行っている証拠にもなります。

企業研究を行っていないと働き方の理解が浅く、自分の強みが仕事でどのように活かせるか分からないからです。

企業研究を進めるうちに求められるスキル・能力が判明したら、自分にスキル・能力があるかどうか確認しましょう。

\ハイクラス転職なら登録必須!/

※3分で登録完了

ハイクラスの50代が転職活動で注意すべきこと

ハイクラスの50代が転職活動で注意すべきこと

ハイクラスの50代が転職を成功するために注意すべきことは、以下3つです。詳しく解説しましょう。

転職エージェントや応募企業に対して上から目線で話さない

転職エージェントや応募企業に対して、上から目線のような話し方をしないよう気をつけましょう。

50代でハイクラス転職をするとなると、エージェントや応募企業の担当者が自分より年下である可能性もあります。

若くてスキルも高そうな人と自分を比べてしまい、自信のなさや劣等感から、意識はしていなくても上から目線のような話し方になってしまうかもしれません。

しかし、転職エージェントでも応募企業でも、接するのは人間です。上から目線で話すと相手もいい気はしません。サポートも薄くなって、結局は自分の首を絞めてしまうことになるでしょう。

アピールするポイントを間違わない

ハイクラスの50代が面接を受けるときは、アピールするポイントを間違えないようにしましょう。同じ50代であっても、求めるスキルや経験は企業によって異なります。

もしマネジメント力を求めているのであれば、マネジメントの経験はどれぐらいあるのか、今までどのようなマネジメントを行ってきたのかなどをわかりやすく伝える必要があります。

アピールが多すぎたり、そもそも会社のニーズとマッチしていなかったりしてはいけません。応募する企業が、50代の人材に何を求めているのか、どのようなスキルを持った50代に来てほしいのかをしっかり把握してから面接に挑みましょう。

50代ハイクラス向けの転職エージェントを利用する

ハイクラスの50代が転職活動を行う際は、50代ハイクラス向けの転職エージェントを利用しましょう。なぜなら、転職エージェントによって、合う年代や扱う求人の種類などが異なるからです。

50代でハイクラス転職を狙う場合は、年収が高くスキルの高さや専門性を重視するような企業を多く取り扱っている転職エージェントが合っています。

自分の年齢や希望に合った求人を扱っている転職エージェントを利用しないとミスマッチが起きてしまうため、転職エージェント選びは慎重に行いましょう。

\ハイクラス転職なら登録必須!/

※3分で登録完了

>>おすすめの転職エージェントにも戻る

キャリアプランに悩むハイクラスの50代におすすめの行動

ハイクラス転職を狙う50代がキャリアプランに悩んだときは、以下のことを実践してみましょう。

キャリアプランに悩むハイクラスの50代におすすめの行動

キャリアコーチングを受ける

50代でハイクラス転職を目指す際、キャリアプランに悩んだらキャリアコーチングを受けるのもおすすめです。

キャリアコーチングとは、専任のコーチと面談を行い、自分のキャリアについて悩みを聞いてもらえたりキャリア設計をしてもらえたりするサービスです。転職を前提としたサービスを提供している転職エージェントとは異なります。

今後どのようなキャリアを積んでいけばいいのかわからない方は、ぜひキャリアコーチングを受けてキャリアプランを練っていきましょう。

50代の方におすすめのキャリアコーチングは、45歳以上のキャリア支援を行う「ライフシフトラボ」です。

転職だけでなく「複業」を軸とした戦略的コーチングを行い、カウンセリングや強みの棚卸しなどを通じて会社に依存しないキャリアプランを計画してくれます。

>>おすすめのキャリアコーチングを見る

転職エージェントに相談する

転職エージェントに相談することで、キャリアプランが見えてくることもあります。一人だと難しい自己分析も、キャリアアドバイザーに相談することで整理しやすくなるでしょう。

一人で転職活動を進めていると、どうしても視野が狭くなりがちです。ぼんやりと「こうなりたい」という将来像はあっても、理想の実現に向けてやるべきことまでは導き出せません。

キャリアアドバイザーがいれば、第三者からの視点、そして転職のプロの視点から求職者を分析した上で求人を紹介してくれます。現実に沿ったキャリアプランも立てやすくなるでしょう。

>>おすすめの転職エージェントにも戻る

あわせて読みたい
50代からの転職におすすめの転職エージェント15選|転職相談できる転職エージェントを徹底比較 世間では「50代での転職は厳しい」と言われることがあり、50代で転職することに不安を抱いている方も多いでしょう。 しかし、自身の年齢やキャリアに合った転職エージェ...
あわせて読みたい
転職エージェントに相談だけするのはダメ?どこまでの相談内容まで対応してくれるか解説 転職活動を行っていて誰かに相談したいと感じたら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。 転職エージェントは相談だけの利用もできるので、転職について悩みを...

ハイクラスの50代からよくある質問

ハイクラス転職を目指す50代からのよくある質問にお答えします。転職活動をするなら、疑問点は解消しておきましょう。

ハイクラス転職とエグゼクティブ転職の違いは?

ハイクラス転職と同様に「エグゼクティブ転職」という言葉もよく聞きますが、どちらも優秀な人の転職であることに変わりはありません。

ハイクラスとは、会社経営の目線で仕事ができる・高度なスキルを持っている人材のことです。経営層や専門的な知識を持ったエンジニアや研究者などが該当します。

エグゼクティブとは管理や経営などにおいて「実行する・実行力のある」という意味であり、経営幹部の人たちを呼ぶときに使われることが多いです。

ハイクラスもエグゼクティブも曖昧な表現ではありますが、共通して挙げられるのは「能力の高い人が狙う転職」であることだといえるでしょう。

あわせて読みたい
50代からの再就職は難しい?ミドル世代の転職事情や、転職を成功させるポイントを解説 この記事では、ミドル世代の転職事情・50代の再就職が難しい理由・再就職しやすい業種・50代からの再就職を成功させるポイントなどを紹介します。 \50代の再就職におす...

50代で未経験業界への転職はできる?

50代で未経験業界への転職は可能です。未経験であっても、これまで積んできた経験・スキルとの接点があれば、即戦力として採用される可能性があります。

ただし未経験職種へ転職すると、今までの仕事よりも給与が低くなることが多いです。年収も下がってしまうかもしれません。

家族や将来のことなどさまざまな視点から、転職すべきかどうかを考えるといいでしょう。

50代の転職で必要な資格は?

企業の基本はお金の管理にあります。50代で転職する際に資格取得を考えるなら、企業のお金の管理ができるような難関資格を持っていれば重宝されるでしょう。

50代の転職で必要な資格
  • 税理士
  • 簿記1級
  • FP
  • 弁護士
  • 宅地建物取引主任者

ただ、資格は持っているに越したことはありませんが、重要なのは経験です。今までどのような経験を積んでスキルを身につけてきたのか、経験を生かして企業に貢献できるのかといった点を重視しなくてはなりません。

50代からの転職ですぐに決まる人の特徴は?

50代ですぐにハイクラス転職が決まる人の特徴をまとめました。

50代でハイクラス転職を達成できる人の特徴
  • 高い専門性がある
  • 数字による実績がある
  • マネジメント経験が豊富

50代の転職では、ポテンシャルよりも実績を求められます。具体的な数字を出せるよう、経歴の棚卸しをしておくと良いです。

また、50代は一般的にベテランだと認識されます。高い専門性を求められる点も覚えておきましょう。

50代ハイクラス向けの転職エージェントを利用して転職を成功させよう!

鈴木様

今や、「人生100年時代」「働き方改革」などのワードはすっかり定着し、政府は多様な生涯設計ができる社会を構築するため、様々な政策を打ち出しています。そして、企業もこれに沿い、意義ある職業人生を歩むことができる環境整備をしています。

職業人生が長くなる上で考えなくてはいけないことは、「生きがい、働きがい」です。豊かで有意義なそして自分らしい職業人生を歩むために、自分は何をしたいか、何を大事にしたいのかを考え、その自分の価値観と働き方がつながるような選択をすることも必要なことだと思います。

特に、50代は経験豊富かつ貴重なスキルを有する年代です。それを更に活かし充実した人生を実現するために、一歩踏み出しキャリアアップを模索するには適切なタイミングなのではないでしょうか。

50代のハイクラス向けの転職エージェントはJACリクルートメントがおすすめです。年収も質も高い求人が多く、外資系企業から日経グローバル企業まで幅広く扱っているため、希望の求人に出会いやすいでしょう。

しかし、50代のハイクラス向けには他にもさまざまな転職エージェントがあります。より自分の希望に近い求人に多く出会えるよう、併せて利用して転職を成功させましょう。

ハイクラスの50代の方に
おすすめの転職エージェント
ハイクラス転職の老舗
JACロゴ
ベテランが
転職成功を導く

無料登録をする
dodaが手掛ける
doda Xロゴ
無料&審査なしで
スカウトが受けられる

無料登録をする
外資系に強い黒船
ランスタッドロゴ
外資系の転職なら
間違いなし
無料登録をする

比較表をもう1度見る

スクロールできます
サービス名詳細得意分野スカウト機能選考対策年収交渉公開求人数料金対応エリアオンライン面談対象年代公式HP
JACリクルートメント
JACロゴ
詳細を見る管理職
外資系
グローバル
ありありあり非公開無料全国20〜60代公式HP
ランスタッド
ランスタッドロゴ
詳細を見る外資系なしありあり4,000件以上無料全国20〜60代公式HP
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
詳細を見る管理職
経営層
ありなしなし500,000件以上無料全国20〜60代公式HP
ビズリーチ
ビズリーチロゴ
詳細を見るミドル層ありなしなし90,000件以上一部有料全国20〜60代公式HP
doda X
doda Xロゴ
詳細を見るIT
営業職
メーカー
ありなしなし35,000件以上無料全国一部可20〜50代公式HP
エンワールド
エンワールドのロゴ
詳細を見る外資系ありありあり500件以上無料全国20〜60代公式HP
アクシスコンサルティング
アクシスコンサルティングロゴ
詳細を見るコンサルなしありあり非公開無料全国30〜50代公式HP
MS-Japan
詳細を見る財務・経理なしありあり9,000件以上無料全国20〜50代公式HP
LHH転職エージェント
詳細を見るハイクラス
外資系
ありありあり25,000件以上無料全国
海外
30〜50代公式HP
パソナキャリア
パソナキャリア
詳細を見るミドル層ありありあり30,000件以上無料全国20〜60代公式HP
コトラ
詳細を見る金融系なしありあり20,000件以上無料1都2府3県
福岡
海外
20代〜60代公式HP
あわせて読みたい
50代女性におすすめの未経験でも挑戦できる仕事を紹介|資格なし・定年のない仕事とは? 「50代で新しい仕事を見つけたい」「未経験女性でもできる仕事を見つけたい」と思っている50代女性は多くいます。ただ、未経験で仕事を見つけることは簡単なことではあ...
あわせて読みたい
USCPA(米国公認会計士)におすすめの転職エージェント10選|士業の人に人気のエージェントを紹介 USCPA(米国公認会計士)におすすめな転職エージェントは、MS-Japanやビズリーチです。MS-Japanは管理部門・士業に特化しており、ビズリーチはハイクラス求人が多くあり...

今週の転職に関するニュース

【最新のニュース】
  • 転職の平均回数について男女687人にアンケート調査|20代の過半数が転職を経験しているという結果に
  • 転職面談の3人に1人は現職にとどまるべき?転職キャリアコンサルタントへのアンケート調査

20代の過半数が転職を経験|転職の平均回数について男女687人にアンケート調査

株式会社GOLD CAREER(本社:東京都港区 代表取締役:鎌田大樹)は、男女687名に対し、転職平均回数についての調査を行いました。

※引用:PRTIMES

20代の過半数が転職を経験している結果となりました。

※引用:PRTIMES

また、平均転職回数は男性よりも女性が多い結果となりました。女性は結婚や出産などのライフイベントを機に転職をすることが多いことが要因と推測されます。

>>記事の紹介を見る

転職面談の3人に1人は現職にとどまるべき?転職キャリアコンサルタントへのアンケート調査

エン・ジャパンは運営する『ミドルの転職』の転職コンサルタント126人に「転職すべき人・現職にとどまるべき人」についてアンケート調査を実施しました。

※引用:PRTIMES

半数以上のキャリアコンサルタントが「3割以上は現職にとどまるべき」と思ったという結果になりました。

※引用:PRTIMES

現職よりも高待遇の企業への転職は、難しいと判断することが多いようです。

>>記事の紹介を見る

▼参考文献

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ