MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

ビズリーチは50代に評判がいい?年齢制限の実態や50代転職におすすめな理由、実際の成功例を紹介

本記事でわかること
  • ビズリーチの50代転職における実態
  • 50代転職者がビズリーチを利用しての成功体験談
  • ビズリーチが50代転職におすすめできる理由
  • 万が一ビズリーチの審査に落ちた時の対処法

他の転職サイトでは決して出会えない、高年収・好待遇の求人が揃う唯一無二の有料転職サイトがビズリーチです。有料だからこそ出会える求人と徹底的なサポートは、50代転職でも使えます。

結論、50代転職でビズリーチは使えます。むしろ、50代のキャリアがあるからこそ狙える好待遇求人が豊富で、使わない手はありません。

本記事では、50代転職におけるビズリーチの評判だけでなく、好条件な求人を見つける検索テクニックや50代転職でアピールすべき武器まで紹介します。

忙しい方でも登録しておけばスカウトが届くので、今のうちにサクッと登録しておきましょう。

ビズリーチのおすすめポイント
  • 年収1,000万円超・管理職/経営幹部の難関ポジションの希少求人が豊富
  • 50代転職者が有利になる高い専門性・スキルを活かせる求人を個別で紹介
  • 待つだけでスカウトが届くから忙しいビジネスパーソンに最適

\50代でも年収大幅アップ!/

※30秒で登録完了

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

【結論】ビズリーチは年齢制限なし!50代転職でも利用できる

【結論】ビズリーチは年齢制限なし!50代転職でも利用できる

結論から言って、ビズリーチは50代転職でも十分に利用できます。ビズリーチの最大の特徴は「ほったらかしでスカウトがくる」ことです。

50代のビジネスパーソンが、日々の業務をこなしながら転職活動をするのは困難でしょう。ビズリーチを使えば経歴などの入力だけで、企業からスカウトが届くので、転職したいけど面倒といった方にもぴったりのサービスです。

年収1,000万円超の高年収な求人を豊富にそろえ、50代からでも満足なキャリアアップを可能にする転職サポートもついてきます(※1)。

ただし、現在の職歴や年収状況によってビズリーチ登録の審査に落ちる可能性があるので注意しておきましょう。

現職でも忙しく転職希望先を探す時間を取りづらい50代の方には、企業から好待遇スカウトが届くビズリーチの利用がおすすめです。

\50代でも年収1000万!/

※30秒で登録完了

※1 有料プランでの利用の場合

関連記事:50代からの転職におすすめの転職エージェント

50代転職におけるビズリーチ利用の実態

50代転職におけるビズリーチ利用の実態

ここでは、50代転職におけるビズリーチ利用の実態を詳しく紹介します。

ビズリーチ利用の実態
  • ビズリーチの求人数
  • ビズリーチの年齢別スカウト数の推移
  • ビズリーチの50代利用者の主な転職先

ビズリーチの求人数

全体の求人数公開求人:85,754件
非公開求人:不明
50代の求人数登録後に閲覧可能

※2023年2月17日現在(今の求人数:公式HP参照

ビズリーチの求人数は、約8万6000件です。主に年収800万以上となっており、中には2,000万円を超える求人も掲載されています。

求人全体の3分の1が年収1,000万円を超えており、2023年2月17日現在で475件が年収1,000万円の求人です。

経営幹部や事業部長、マネジメント職のハイクラス求人が豊富にそろうほか、IT企業のエンジニア・データサイエンティストなどの技術・開発職にも年収1,000万円超えの求人が多く見られています。

>>ビズリーチの50代の求人数を見てみる

ビズリーチの年齢別スカウト数の推移

一般には、年齢を重ねるごとに企業からのスカウト数は減少する傾向が強いです。

ビズリーチも例外ではなく、50代のスカウト数は20~30代に比べて少なくなっています。スカウト数のピークは20代後半であり、50代のスカウト数はその20分の1程度です(※)。

公式サイトにも、年齢が上がるごとに割り当て可能なポジションが少なくなるため、年齢増加によるスカウト数が減少すると説明されています。

ただ、マネジメントや技術職など希少で需要ある経験を持っているなら、しっかりとスカウトがもらえます。ひとまず早めに登録してスカウトが来るのを待つのが賢明です。

※参考:ビズリーチ スカウト統計情報

ビズリーチの50代利用者の主な転職先

ビズリーチを50代で利用した人が、転職を決めた業界・職種の一例は以下の通りです。

ビズリーチの50代利用者の主な転職先
  • ソフトウェアベンチャー 主席研究員(年収850万円)
  • サービス会社 経営企画部長(年収1,200万円)
  • バイオ系ベンチャー コンサルタント(年収2,000万円)
  • メーカー 開発本部長(年収1,200万円)
  • 中堅小売業 営業本部長(年収1,000万円)

50代での転職であっても、年収1,000万円を超えるキャリアアップは十分に可能だとわかります。

また、管理職クラスの求人が揃っており、これまでの経験やスキルを活かした、やりがいあるポジションが多く掲載されているのが魅力です。

【評判】ビズリーチを利用して50代で転職を成功させた方の体験談

【評判】ビズリーチを利用して50代で転職を成功させた方の体験談

ここでは、ビズリーチを利用して50代で転職を成功させた方の体験談を紹介します。

ビズリーチを利用して50代で転職を成功させた方の体験談
  • 経営・事業企画職
  • 技術・開発職
  • IT系企業
  • 営業職
  • 管理・人事職

実際に利用してみた口コミ評判も書いてあるので、検討する際の参考にしてください。

経営・事業企画職

Review Image
庄野さん(50代男性)
サービス会社 経営企画部長 年収1200万円
ほかの転職サイトも利用していましたが、ビズリーチは希望する求人が圧倒的に多かったです。

引用:ビズリーチ公式

50代で未経験の業界への転職を成功させた方の口コミです。以前は金融業界に勤めていましたが、IT業界に転身し、その後事業コンサルタントとしての独立を経ての転職活動でした。

他の転職サイトとも併用していましたが、ビズリーチの求人数が圧倒的に多い点が便利だったとのことです。50代の年齢がネックになることも多かったが、自身の経験をより効果的にアピールできる職務経歴書に更新し続けた結果、つかんだ内定だったとのことでした。

転職先の選択肢を幅広げれば、50代からでも条件を妥協することなく選択できる可能性も増します。ポジションが少ない50代でも他より圧倒的な求人数を誇るのがビズリーチの強みです。

技術・開発職

Review Image
岩井さん(50代男性)
メーカー 開発本部長 年収1200万円
説明文をここに入れてください。300文字までのテキストが適切です。説明文をここに入れてください。300文字までのテキストが適切です。説明文をここに入れてください。300文字までのテキストが適切です。

引用:ビズリーチ公式

33年間勤めた大手メーカーの電気設計エンジニアから、55歳の役職定年を機に、近畿地方にあるメーカーへ転職を果たした男性の転職成功例です。1年前に突然役職定年制度ができたことを機に、これまでのキャリアを生かし、モノづくりを続けたいという思いで転職活動を始められました。

ビズリーチを通じて直接スカウトをもらったのが現職にあたる会社で、マッチしてから約3日でスピード内定したとのことです。また、ビズリーチで声掛けされたヘッドハンターにもらった職務経歴書のアドバイスに関しても高評価でした。

ビズリーチではキャリアアップだけでなく、自身の希望に合わせたライフスタイルのために転職先を選ぶことも可能です。

また、独自でスコア化された選りすぐりのヘッドハンターから、職務経歴書をはじめとする選考対策の相談にも乗ってもらえるのもビズリーチの強みと言えます。業界に精通したヘッドハンターがサポートするので、他よりも転職成功率は高まるでしょう。

IT系企業

Review Image
大石さん(50代男性)
電気通信事業会社 マネージャー職 年収非公開
50代半ばの転職は簡単ではないと思っていたので、ものづくりがやりたいという私の思いに合う企業があれば、北海道から沖縄まで勤務地はどこでもいいと考え、連絡をいただいた企業やヘッドハンターとはなるべく会うようにしました。そんなとき、ビズリーチを通じて直接スカウトをいただいたのが、近畿地方に本社を置く今の会社だったのです

引用:ビズリーチ公式

外資系ITインフラ企業でITエンジニアと営業を兼任していた50代男性が、電気通信事業会社のマネージャー職へ転身した事例です。前職の業績悪化とともに転職活動を始めるも、苦戦を強いられる経験をされています。

難航する転職活動の中で、エンジニア転職のこだわりをなくし、営業も含めて広い視野で取り組み始めたところ、うまくいったとのことでした。応募案件に合わせて、ビズリーチに登録していた職務経歴書を細かく更新し、営業実績もわかりやすく伝わるように書いていたようです。

8か月の転職期間で250件もの案件に応募して、やっと成功されたとのことでしたが、ビズリーチに登録してから幅広く求人を見て、マッチングを図る中で最適な企業を見つけたとのことでした。

あわせて読みたい
【今がチャンス!】IT転職でおすすめの転職エージェント・転職サイト11選|IT向け転職エージェントの特... IT業界は人材が不足しており、転職先を見つけやすいのが特徴です。求職者1人に対して求人数6.82件という、他の業種よりも飛びぬけて高い数値をつけています。※2021年7月...

営業職

Review Image
後藤さん(50代男性)
調査会社 営業 年収非公開
医療系に特化した転職サイトや付き合いのあるエージェントを通じて企業探しをしていましたが、企業側から直接メールをいただいたのはビズリーチが初めて。それ以来、自分の経歴にどんな企業が興味を持ってくれるのか、毎日欠かさずメールをチェックするようになりました。

引用:ビズリーチ公式

医療機器メーカーのディレクターから調査会社の営業へ転職された50代男性の転職体験談です。

ビズリーチを利用するまでは医療系特化の転職サイトやリファラル採用枠で企業を探していましたが、企業側からスカウトをもらったのをきっかけに、毎日ビズリーチを確認するようになったとのことです。

自発的に求人を探す一般的な転職サイトに比べて、ビズリーチは登録するだけで要領よくハイクラス求人が見つかるため、忙しいビジネスパーソンからは特に重宝されています。

これまで知らなかった優良企業や希少ポジションが知れるのも、スカウト機能があるビズリーチの強みです。

あわせて読みたい
【比較】営業転職でおすすめの転職エージェント13選|営業に強い総合型と特化型のエージェントをそれぞ... 営業職はニーズが多く、転職先を見つけやすいのが特徴です。国内の労働者数のうち、約10%が営業職として働いています。 出典:ミイダスマガジン 数多くの企業から求人...

管理・人事職

Review Image
北野さん(50代男性)
サービス業 経理財務本部長 年収850万円
直接スカウトをいただきました。その後、面接は4回あり、選考のなかで相互に理解が深められたため、入社後のギャップはほとんどありませんでした。資金調達のプロジェクトが動き始めた段階であるところが魅力的で、内定をいただいてすぐに転職しようと決断。自分がやりたいと思っていた大型プロジェクトに関われるチャンスもあり、実績を出すことで給与面でのプラスアルファも期待できます。

引用:ビズリーチ公式

大手商社の子会社で経理部長をしていた50代男性が、30年間の経理・財務の経歴を生かして転職を成功させた事例です。

転職に応募した50社の中で、初めて企業からの直接スカウトをもらったとのことでした。面接を4回挟む間に相互の理解を深められ、入社後のギャップもほとんどなかったとのことです。

ビズリーチでは優秀な求職者と、重要ポジションを担える人材を欲する企業をマッチングしています。忙しい求職者も企業からスカウトがもらえるから、普通では縁の無かった企業ともマッチングできるのです。

自身のキャリアをこの機会に見直し、可能性を試したい方はぜひ利用してみてください。

あわせて読みたい
管理職の転職が難しい?成功させるためにおすすめの転職エージェント7選を紹介 本記事でわかること 管理職への転職が難しい4つの理由 管理職転職のポイントや注意点 管理職転職におすすめのサイト・エージェント 管理職への転職は狭き門であり、難易...
あわせて読みたい
人事のおすすめ転職エージェント・サイト10選 | 転職相談ができるサービスを紹介 人事部門は企業の中でも従業員の割合が少なく、人事を狙って転職するのは狭き門になりがちです。 実際に、「Works人材マネジメント調査2017」によると、1,000人までの企...

50代転職でビズリーチ利用がおすすめな理由

50代転職でビズリーチ利用がおすすめな理由

ここでは、50代転職でビズリーチを利用するのがおすすめな理由を紹介します。

50代転職でビズリーチ利用がおすすめな理由
  • 50代が有利な高い専門性やスキルが必要な求人を紹介してもらえる
  • 年収1,000万円超・新規事業開発・経営幹部など希少求人が豊富
  • 忙しい中でも待つだけで好条件・好待遇のスカウトが期待できる

50代が有利な高い専門性やスキルが必要な求人を紹介してもらえる

ビズリーチでは転職のプロフェッショナルであるヘッドハンターが、あなたの転職の相談に乗ってくれます。

ヒアリングで得た条件や登録した職務経歴書をもとに、50代までのキャリアの中で身につけた高い専門性やスキルを活かせる求人を紹介してくれるのが強みです。

40代以下の転職者ではアピールできない強みを生かし、50代こそが輝ける希少ポジションが見つかります。

特にマネジメントや事業責任者などの人を束ねる職務には、低年次から容易に携われないので、企業側から重宝される実績だと言えるでしょう。ヘッドハンターに的確に伝え、希望条件に合った求人紹介を受けてみてください。

年収1,000万円超・新規事業開発・経営幹部など希少求人が豊富

ビズリーチでは主にハイクラス求人を扱っていますが、他にはない希少な好条件の求人が多く掲載されています。

ヘッドハンターによる紹介やスカウト経由でのエントリーだけでなく、自分から気になる求人に応募することも可能です。

掲載中の求人には、年収1,000万円を大幅に超えるものや新規事業開発部長・経営幹部など希少ポジションも多く含まれます。

50代の転職でさらなる年収アップや、自分の実力を試す新たな挑戦を志す方にとって最適な転職サイトです。

忙しい中でも待つだけで好条件・好待遇のスカウトが期待できる

現役で活躍する50代のビジネスパーソンにとっては、現職に勤めながら転職活動をするのはかなり重労働となり得ます。すでに管理職やプロジェクトの責任者など、事業を取りまとめる役職にいる方が多い年代であるため、勤務時間も長くなりやすいです。

その中でも転職活動をうまく進めるために、待つだけでも企業側からスカウトをもらえる仕組みを利用するのが効率的でしょう。

ビズリーチには、事前に登録した職務経歴書や所持スキルなどをもとに、あなたを気になった企業側からスカウトが届くシステムがあります。また、スカウトで交渉される条件や待遇も他では出会えないほど、ハイレンジのものが多いです。

時間が限られる中でもうまく転職活動を進めて、理想の50代のキャリアを作り上げてください!

\50代でも年収大幅アップ!/

※30秒で登録完了

ビズリーチの登録から内定までの流れ|3分で登録完了

ビズリーチの登録から内定までの流れ|3分で登録完了

ビズリーチに登録してから内定するまでの流れは以下の通りです。

STEP
ビズリーチ登録(審査)
STEP
職務経歴書の作成
STEP
エントリー(スカウト経由・ヘッドハンター経由・検索経由)
STEP
企業との面談・選考面接
STEP
内定(年収・条件交渉)
STEP
内定承諾~入社

ビズリーチで転職活動を進めるフローは、スカウト・ヘッドハンター・検索のいずれを経由してエントリーしてもほとんど変わりません。

スカウト・検索経由の場合は直接企業とのやり取りが発生する一方で、ヘッドハンター経由の場合は企業との選考の日程調整や内定後の条件交渉まで代行してくれるだけの違いです。

自分の転職への意欲や、割ける時間によってもエントリー方法は変わりますが、登録後にいずれの方法も選べるので、まずは登録して触ってみてください。

ビズリーチの登録は30秒で完了します。待つだけでも転職活動が進められるので、今のうちに登録しておきましょう。

\50代でも年収大幅アップ!/

※30秒で登録完了

【注意】50代でビズリーチの審査に落ちる人の特徴

【注意】50代でビズリーチの審査に落ちる人の特徴

ビズリーチには年齢制限がないものの、登録には一定の審査基準が設けられています。

明確な審査基準は公表されていませんが、ビズリーチ公式には以下の記載がありました。

審査基準は、ビズリーチに掲載している求人情報の応募条件を満たすキャリアをお持ちであることです。 ただし、具体的な審査基準は公開しておりません。

引用:ビズリーチ公式

また一般に、以下の特徴に当てはまる人は審査に落ちやすいと言われています。

50代でビズリーチの審査に落ちる人の特徴
  • 年収やスキルが企業の求めるレベルに伴わない
  • 現職での実績やマネジメント経験が浅い
  • 転職回数が多すぎる

他の原因として、登録した情報に不備があったり、詳しく書けていなかったりする場合には、実績を正しく評価してもらえず落とされることもあります。

実際にハイクラスを狙って登録したけれど、審査落ちして利用できなかった50代の方もいることは、事前に把握しておきましょう。

万が一審査に通らなかった場合は、同じくハイクラス転職に特化した審査不要のスカウトサービス「リクルートダイレクトスカウト」を利用してみましょう。

50代転職の成功率をより高めるなら50代向け転職エージェントの利用がおすすめ

50代で転職するにあたり、仕事をしながら自分で企業探しや選考対策を行うのは、かなり大変です。また、50代からの再就職はかなり難しいと言われています。

もし徹底的に選考対策を行い、本気で転職を成功させたいなら50代転職向けの転職エージェントを利用しましょう。

特に年収1,000万円以上のハイクラス転職を得意とするJACリクルートメントの利用がおすすめです。応募者の実績やスキルレベルを厳正に評価し、志望企業に特化した選考対策を行ってくれます。

JACリクルートメントを利用し、ビズリーチだけでは補えない選考対策で実力を補強しながら、50代転職の成功率をより高めていきましょう。

\ハイクラス転職5年連続No.1!/

※30秒で仮登録完了

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

ビズリーチに登録できない50代が取るべきハイクラス転職戦略

ビズリーチに登録できない50代が取るべきハイクラス転職戦略

ここでは、ビズリーチに登録できない50代でも、ハイクラス転職を成し遂げるための活動戦略をお伝えします。

ビズリーチに登録できない50代が取るべきハイクラス転職戦略
  • 履歴書・職務経歴書を見直して再審査に応募する
  • 他の50代向け転職サービスを併用する

履歴書・職務経歴書を見直して再審査に応募する

まずは、履歴書や職務経歴書の内容が十分に書けているか確認してください。今まで経験してきた事業や実績を詳しく記入していることが、審査に合格する第一条件となります。

また、実績やスキルをただ羅列するだけでなく、取り組んだプロジェクトの中で自分は何を得て、今はどんな強みがあるのかを明記することが大切です。

他にも年収は最高月収をもとに記入し、企業側から見ても魅力的な職務経歴書に仕上げてから再審査に応募してください。

ただし、ビズリーチの登録の年収で嘘の記述をすると後々に転職活動へ悪い影響を及ぼすので絶対にやめましょう。

あわせて読みたい
ビズリーチの登録年収で嘘をついてもいい?NGな理由とバレてしまうワケを解説 ビズリーチは優秀な人材の転職を目指すサービスのため、登録の際に審査が必要です。 審査には年収やスキルの提出が求められ、特にハイクラス会員の審査は年収750万円以...

他の50代向け転職サービスを併用する

ビズリーチの審査に落ちた、または落ちる可能性を考えて、他の50代向け転職サービスを複数利用するのも手段の1つです。

以下では、ハイクラス向けのスカウトサイトで特に評判のいい2つを紹介します。

ハイクラス向けのスカウトサイト
  • リクルートダイレクトスカウト
  • doda X

リクルートダイレクトスカウト

名前リクルートダイレクトスカウト
料金無料
求人数公開求人:50万件以上
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20代〜60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界ハイクラス・エグゼクティブに特化
公式HPhttps://directscout.recruit.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 業界最大手リクルートのコネクションを利用した豊富な求人数
  • ハイクラス特化で転職後の平均年収950万円を実現
  • 有名な日系大手や外資系企業の案件も多数

リクルートダイレクトスカウトは、業界最大手のリクルートエージェントのハイクラス特化の転職エージェントです。大きな特徴として、リクルートのルートを活かした膨大な求人数が挙げられます。

具体的な転職先には、日本IBMやAppleなど、業界最大手の案件がよく見られます。これらの求人ではスキルや経験が募集条件に合致すれば年収1,000万円も十分に狙うことが可能です。

厳選された約600社の中から、あなたに合った好待遇求人をヘッドハンターが代わりに探してくれます。完全無料でスカウトは待つだけでいいので、今のうちに登録しておきましょう。

\業界最大級の求人数!/

あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミ|使ってみた体験談を紹介 リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラスから大人気かつ評判の良い転職サービスです。 登録するだけで、年収800万〜2,000万の求人からスカウトが来る可能性がありま...

doda X

【公式】https://doda-x.jp/
名前doda X
料金無料
求人数公開求人:約40,000件
非公開求人数:-
(2023年10月時点)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20〜50代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界IT・Web・メーカー・営業
公式HPhttps://doda-x.jp/
詳細を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無
連絡手段メール、電話
オプション【ス】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
doda Xの特徴
  • 4,000名以上の厳選されたヘッドハンターが特別なハイクラス求人を紹介
  • ハイクラス転職に強い専属のカウンセラーによるサポートが受けられる
  • キャリアの可能性を最大限引き出すコーチングを受けられる

doda Xは、スカウトを待つほか自ら求人に応募できるタイプのハイクラス転職サービスです。ヘッドハンティングサービスと求人紹介サービスを併用でき、転職活動の成功率が高められると定評があります。

ビズリーチとdoda Xの違いは、転職に関するカウンセリングに加え、キャリアコーチングも実施している点です。求職者の抱える悩みを解決するだけでなく、理想的なキャリアを形成する支援も行ってくれます(※有料)。

転職先を紹介してもらうだけでなく、転職を多岐にわたってサポートしてほしい方は、ビズリーチとあわせてdoda Xにも登録しておきましょう。

\年収800万以上の求人多数!/

あわせて読みたい
doda Xの気になる評判・口コミを徹底調査|利用するのがおすすめな人を解説 ハイクラス転職なら「doda X」がおすすめです 年収800万円以上のハイクラス求人が多く、管理職として転職して年収アップに成功したという口コミが多数あります。 そこで...

50代転職でビズリーチを利用することに関してよくある質問

50代転職でビズリーチを利用することに関してよくある質問

ここでは、50代転職でビズリーチを利用するうえでよくある質問に回答していきます。

よくある質問
  • 50代転職でもビズリーチなら年収アップできる?
  • 50代転職でもビズリーチの有料会員に登録すべき?
  • ビズリーチを使えるほど学歴や職歴に自信がないならどうする?

50代転職でもビズリーチなら年収アップできる?

50代の転職でもビズリーチを使えば年収アップを狙うことは十分に可能です。

ただし、これまでの職歴や実績・スキルが掲載する企業の求めるレベルに達していることが条件となります。

必ず年収が上がるとは言えませんが、ビズリーチを利用すれば年収アップの確率を高めることが可能です。

50代転職でもビズリーチの有料会員に登録すべき?

50代の転職を本気で成功させたいなら、ビズリーチの有料会員に登録するのがおすすめです。

有料会員にアップグレードすることでビズリーチ全体の求人の検索・応募・閲覧が可能になり、スカウトもより届きやすくなります。また有料なら、転職に役立つ限定コンテンツの閲覧できるのも魅力です。

会員ステージは無料のスタンダードステージと、有料のプレミアムステージの2種類があります。自身の転職意欲に合わせて利用してみましょう。

ステージ名利用できるサービス内容
プレミアム・全ての求人の検索・閲覧、応募
・全てのスカウトの閲覧・返信
・ビズリーチプレミアムの各種コンテンツの利用
スタンダード・求人の検索・閲覧(企業名を除く)
・一部の求人への応募
・プラチナスカウトの閲覧・返信

ビズリーチを使えるほど学歴や職歴に自信がないならどうする?

自身の学歴や職歴に自信がない場合は、ビズリーチの審査に通らない可能性も踏まえて転職活動を進めるべきです。

ハイクラスの求人には一定以上の実績やスキルが求められるので、仮に審査に通ってもスカウトが届かなかったり、選考に落ち続けたりするリスクもあります。

この時は事前にうまくいかなかった場合も想定して、希望条件を広げておくことが有効です。

マイナビエージェントリクナビNEXTなら、業界最大級の求人から選べるほか、幅広い業界職種から本当に相性の良い企業とマッチングできます。合わせて登録しておきましょう。

50代転職にもビズリーチは最適!登録できないなら他と併用しよう

50代転職には、ハイクラス向け転職サービスで圧倒的な求人数を掲載しているビズリーチの利用が向いています。

各業界に精通したヘッドハンターが40代以下ではアピールできない武器を活かした転職活動をサポートしてくれるのが魅力です。

忙しい50代のビジネスパーソンでも、登録しておけばスカウトが届くため、手間をかけずに転職活動をスタートできます。今のうちにサクッと登録だけでも済ませておきましょう。

\年収1000万が射程圏内!/

※30秒で登録完了

ただ、一般的に50代の転職は若い層に比べて募集枠が少なく、高い専門性やスキルが求められるため非常に難しいです。また、ビズリーチ独自の登録時審査で落とされるリスクもあります。

一人での転職に自信がない、審査に落ちないか不安という方は、ハイクラス特化の転職エージェント「JACリクルートメント」の併用もおすすめです。

あわせて読みたい
50代の転職は地獄なのか?地獄と言われている理由について徹底解説 転職先が決まらない、転職に踏み切れないと悩んでいる50代の方は多いです。たしかに、20代・30代の転職と比較すると、50代を取り巻く転職事情は厳しいといえます。 しか...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ