MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

ビズリーチの審査基準とは?落ちた人の口コミから分かる審査基準を解説|審査に落ちた人がとるべき行動を紹介

ビズリーチに登録したにもかかわらず、審査に落ちてへこんではいませんか?ハイキャリア向け転職エージェント「ビズリーチ」には登録審査がありますが、審査基準を理解することで通過率を高められます。

ビズリーチは「選ばれた人だけの転職サイト」を掲げており、「審査に落ちて登録できなかった」と嘆く声が存在します。ビズリーチの審査に落ちるとモチベーションが下がるため、対策を知っておくと安心です。

当記事では、人材業界を経験した筆者がビズリーチの審査基準について解説します。審査に落ちた人がとるべき行動も紹介するので、参考にしてみてください。

ビズリーチの登録審査に落ちても、あなたの市場価値がないわけではありません!登録審査のないリクルートエージェントを利用すれば、ハイキャリア転職も目指せます。

本記事でわかること
  • ビズリーチの審査に落ちた人の口コミ
  • ビズリーチの審査に落ちた人の特徴
  • 審査に落ちた人がとるべき行動とは?
本記事をまとめると
  • ビズリーチは年齢やスキルが不十分だと審査に落ちる
  • 職務経歴書を詳しく書くのが審査を通過するコツ!
  • ビズリーチの審査に落ちたら、審査なしのリクルートエージェントに切り替えよう!

審査なしで利用可能!

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

ビズリーチの審査基準は公開されている?

ビズリーチ

引用:ビズリーチ公式HP

ビズリーチでは、具体的な審査基準を公開していません。しかし審査落ち経験者の体験談から、ある程度の基準は推測できます。

ビズリーチの審査基準
  • マネジメント・管理職経験
  • 20〜30代の若年層(40代は役職経験)
  • ある程度の年収
  • 転職回数が少ない

上記は一例ですが、当てはまらない場合は審査に落ちる可能性があります。なぜなら、ビズリーチの求人は「マネジメント経験」を問われるものが多いためです。

そのため、マネジメント・人材育成にかかわる業務の経験が全くない人は、登録審査の通過は難しいでしょう。

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ 本記事でわかること ビズリーチの良い口コミ・悪い口コミ ビズリーチを利用するメリット・デメリット ビズリーチの料金プラン ビズリーチの登録方法 実際にビズリーチを...

ビズリーチの審査に落ちた人の口コミ

ビズリーチの審査に落ちた人の口コミを紹介します。

ビズリーチの登録審査は、年齢・経験・年収の組み合わせが重要と考えられます。それぞれの口コミを解説するので、登録審査時の参考にしてみてください。

ハイクラスに当てはまる職歴がなかった

ビズリーチは、経験を重視しています。なぜなら、取り扱うのがハイクラスな求人なばかりなためです。

ビズリーチの登録審査に落ちる人の特徴
  • 社会人経験がない
  • マネジメント経験がない・浅い
  • 経歴が特殊(自衛隊や郵便局、フリーランスなど)

もちろん、上記の経歴でも転職は可能です。ただしビズリーチは向いていません。他の転職エージェントを利用しましょう。

年齢が低すぎるもしくは高すぎた

口コミの内容から、ユーザーは50歳前後と推測できます。一方、ビズリーチを利用している年齢層は次のとおりです。

最もアクティブな行動を見せる年代は26〜45歳という結果が出ています。
そのうち特に即戦力として期待されるミドル人材(31〜45歳)の割合は55.5%で、全体の半数以上の割合を占めています。
引用:ビズリーチレポート

若すぎるまたは年齢が高すぎると、求人も減少します。理由は、若すぎると経歴・スキルが不足していたり、年齢が高すぎると応募が難しくなったりするからです。

ビズリーチに限らず、自分の年齢・経験に合った転職エージェントの利用が大切です。若年層・高年齢層を求める転職エージェントもあるので、チェックしてみてください。

適当に書いた職務経歴書だった

ビズリーチへの会員登録は、全27項目です(個人情報、職務経歴など)。中には職務経歴の要約として、自身の経歴・スキルをアピールできる項目も存在します。

ビズリーチ 登録画面

引用:ビズリーチ公式HP

ビズリーチの審査は、職務経歴を詳しく記入するほうが通過しやすいです。長文は逆効果ですが、アピールできるポイントや特記事項、功績などがあれば簡潔に入力しましょう。

ビズリーチの審査に落ちた人の特徴

ビズリーチの審査に落ちた人の特徴は、下記のとおりです。

ビズリーチが扱うのは、管理職などハイキャリア向けの求人ばかりです。そのため、求人に見合わない学歴・年収の場合は、審査に落ちるケースがあります。

最終学歴が募集求人に見合わなかった

ビズリーチの審査に落ちる特徴は、最終学歴が募集求人に見合わなかったという点が挙げられます。ビズリーチには年収800万円以上のハイクラス求人が多いため、高学歴を求められる傾向にあります。

一方ビズリーチには、高卒以上で応募可能な求人も1,300件ほど存在します。最終学歴が見合わないかどうかは求人によるので、一概に「学歴がないと登録できない」とは言えません。
参考:ビズリーチ公式HP

https://twitter.com/chocochoi0918/status/1384028369742827520?s=20

入力情報不足で不承認になった

ビズリーチに限らず、転職エージェント登録時の入力情報は重要です。特にビズリーチは登録審査が厳しめなので、入力情報不足だと不承認になる可能性が高まります。

登録時の項目には、すべて入力しましょう。自由欄(入力は必須)もありますが、できるだけ詳しく入力してください。

現在の年収がハイクラスに見合わなかった

現在の年収がハイクラスに見合わなかった場合も、ビズリーチの審査に落ちるケースがあります。スキルと年収が見合わない場合は、条件を見直してみましょう。

ただし希望する業界・条件によっては、高年収でなくても審査には通ります。20代で年収400万円でも、店長経験など人材育成の経歴などがあればアピール可能です。

審査に落ちた人がとるべき行動とは?

審査に落ちた人がとるべき行動を紹介します。

転職において、スピード感を持つことは大切です。再審査も可能ですが、別の転職エージェント利用も検討しましょう。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

職務経歴書を更新して再審査に応募する

ビズリーチの審査に落ちても、職務経歴書を更新すれば再審査に応募できます。

職務経歴を更新するポイント
  • 資格取得
  • 現職でキャリアアップ
  • 職務経歴書の功績や特記事項を追記

1度目で職務経歴書の内容が不十分だった場合は、再度見直して追記してみましょう。ビズリーチは職務経歴書を1枚ずつ読んでいるので、「功績は数字を入れて具体的にする」「経験を棚卸しし強みをアピールする」など工夫できます。

また現職を続ける場合は、資格取得や役職など、スキルアップした際に再審査してみてください。経験値があがっていれば、通過できる可能性が高まります。

別の転職エージェントへ登録する

ビズリーチの審査に落ちた場合、最もおすすめなのは別のエージェントに登録することです。一般的に、転職は若いほうが有利となります。

もちろん、ビズリーチでは経歴やスキルが優れていれば40代でも転職可能です。しかし、年収や経歴が近い人物が2人いた場合、やはり年齢が若い人のほうが採用されやすくなります。

転職はスピード感が大切です。そのため、ビスリーチの審査に時間をかけるよりも、別の転職エージェントでスムーズに進めるのが効率的です。

あわせて読みたい
ハイクラス向けのおすすめ転職エージェント17選|年代別のおすすめサービスや利用のポイントを徹底解説 一般向け転職エージェントで高年収の求人案件を探すのは困難です。取り扱い件数が少ないうえに、なかなか公開されるものではありません。 そのため、総合型の転職エージ...

ビズリーチの審査に落ちないためのコツ

ビズリーチの審査に落ちないためのコツを紹介します。

ビズリーチの審査に落ちないためのコツ
  • 記入欄は詳しく入力
  • 年収は最高月収(総収入)

ビズリーチの登録審査は、入力情報が充実しているほど通過しやすくなります。なぜなら、登録できるか否かは運営側が職務経歴書をもとに判断するからです。

少しでも良い印象を残すために、入力内容はできるだけ充実させましょう。

また、現在(直近)の年収項目には、最高月収を入力してください。その際、手取りではなく総収入で申告すると効果があります。

もちろん、審査を通過したいからと嘘をつくのはNGです。職歴などの偽造は、万が一バレた際に信用をなくし、その後は利用できなくなります。

あわせて読みたい
ビズリーチの登録年収で嘘をついてもいい?NGな理由とバレてしまうワケを解説 ビズリーチは優秀な人材の転職を目指すサービスのため、登録の際に審査が必要です。 審査には年収やスキルの提出が求められ、特にハイクラス会員の審査は年収750万円以...

ビズリーチの審査に落ちた原因別おすすめの転職エージェント

ビズリーチの審査に落ちた原因別に、おすすめの転職エージェントを紹介します。

どちらも優秀な転職エージェントです。それぞれ分かりやすく解説するので、参考にしてみてください。

ハイクラスではない・原因不明|リクルートエージェント

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
リクルートエージェントの特徴
  • 求人数30万件以上(非公開含む)の業界最大手エージェント
  • 各業界に精通した質の高いキャリアアドバイザー
  • 未経験〜ハイキャリアまで幅広く対応

リクルートエージェントは、求人数30万件以上(非公開を含む)を誇る業界最大手の転職エージェントです。登録審査がないため、ビズリーチ審査落ちの原因が不明・ハイクラスの実績を有していない人でも安心して利用できます。

リクルートエージェントでは、各業界に精通したキャリアアドバイザーがキャリアの棚卸しを丁寧に行います。そのため、膨大な求人情報の中からその人だけに合った求人を紹介可能です。

そしてリクルートエージェントには、未経験OK〜ハイクラス求人まで幅広い求人が充実しています。年収600万円以上の求人絞り込みも可能なので、ハイクラス・ミドルクラス転職を目指せる点も魅力です。

審査なしで利用可能!

あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...

年齢が原因|JACリクルートメント

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
JACリクルートメントの魅力
  • 30代以上のハイクラス転職に特化
  • 50代でも転職可能
  • ハイクラス・ミドル転職の顧客満足度4年連続No.1

JACリクルートメントは、30代以上のハイクラス転職に特化した転職エージェントです。管理職・技術職・専門職の求人に強く、年収600万円以上の仕事が容易に見つかります。

ただしJACリクルートメントでは、20代でマネジメント経験がない・現在の年収500万円以下の人は求人紹介を断られる場合があります。なぜなら、JACリクルートメントのターゲット層が30〜50代の管理職クラス人材だからです。

ただし、年齢が高くビズリーチの審査が落ちた場合は、JACリクルートメントで転職できる可能性があります。掲載求人はキャリア・年収ともに申し分ないので、登録してみてください。

\50代のハイクラスにおすすめ!/

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

ビズリーチの審査に落ちた人が疑問に思うことを解説

ビズリーチの審査に落ちた人が、疑問に思うことを解説します。

審査に落ちてもやもやしていると、次のステップに進みにくいかもしれません。疑問を解消し、スッキリした状態で転職活動を進めましょう!それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

ビズリーチの審査には学歴は関係ある?

ビズリーチの審査には、度々「学歴が関係あるのでは?」と囁かれています。しかし、高卒以上で応募可能な求人も存在するため、学歴で判断しているわけではなさそうです。

ビスリーチで重要なポイントは、マネジメントや人材育成の経験が挙げられます。年齢は、20代でもマネジメント経験があれば登録できるケースが多いです。

情報不足で不承認になったらわかる?

情報不足で不承認になった場合は、審査結果を伝えるメールに記載されています。下記は、審査結果メールの一例です。

審査結果メールの一例

職務経歴書のご登録をいただき、誠にありがとうございます。
ご登録いただきました情報を元に慎重に審査いたしました結果、現在のご登録情報では見送り/審査保留とさせて頂いております。
ビズリーチでは職務経歴書を更新いただければ、再度審査を実施することが可能でございます。

再審査を希望する場合は、職務経歴書の内容を見直しましょう。

ビズリーチ運営側は、登録希望者の職務経歴書を読んで承認・非承認を判断しています。内容を見直した上で、再審査を依頼してみてください。

ビズリーチの審査は年収は関係あるの?

ビズリーチはハイクラス求人を扱っているため、審査に年収が関係あると思われがちです。しかし実際は、年収が低くても審査に通った人が多数います。

https://twitter.com/chocochoi0918/status/1384028369742827520?s=20

口コミの内容から、年収よりも「いかに職務経歴書を充実させるか」の方が重要なようです。経験やスキルを棚卸しし、簡潔にアピールするとよいでしょう。

ビスリーチ登録時の「現在の収入欄」は、年収500万円以下すべて同じです。そのため年収300万円程度でも、どのようなスキルを保有しているかを明確にすることで、審査通過を目指せます。

ビズリーチの審査に落ちたらまずは別の転職エージェントで転職活動を始めよう!

ビスリーチの審査は、年収や学歴よりも経験値が重要なポイントです。しかし万が一、審査に手こずった場合は転職活動が進みません。

そのためビズリーチの審査に落ちたら、時間を無駄にしないよう別の転職エージェント利用をおすすめします。リクルートエージェントは登録審査がなく、学歴・年収よりもポテンシャル採用が可能です。

また、リクルートエージェントにはハイクラス求人も充実しています。年収600万円以上・管理職なども目指せるので、活用してみてください。

転職活動は、早く進むほど有利です。時間を有効に使い、リクルートエージェントで理想の転職を叶えましょう!

審査なしで利用可能!

[ビズリーチ関連記事]

あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...
あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...
あわせて読みたい
ビズリーチの仕組みについて徹底解説|サービス内容や料金、利用方法などわかりやすく紹介 「ビズリーチの仕組みや利用の流れがよくわからない」と不安を抱く人もいます。 ビズリーチは従来の転職エージェントと異なる仕組みのため、公式HPを見ても「結局どのよ...
あわせて読みたい
ビズリーチからのスカウトが来ない原因は?職務経歴書を見直して優良企業からのスカウトを増やそう! 「ビズリーチに登録したいけどちゃんとスカウト来るのかな?」と疑問に思っている方も多いでしょう。 結論しっかりと登録すればスカウトメールは届きます! スカウトが...
あわせて読みたい
ビズリーチの企業スカウトを受けて落ちる人はいる?内定率と落ちる割合を解説 本記事でわかること ビズリーチの企業スカウトの落ちる割合や内定率 ビズリーチの企業スカウトを受けるメリット ビズリーチの企業スカウトに落ちる人の対処法 ビズリー...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ