MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

ビズリーチとdodaの違いを6項目で徹底比較 | 自分の転職スタイルに合ったサービスを利用しよう

ビズリーチとdodaは、サービス内容が大きく異なります。内容を理解しないまま登録すると「思っていたのと違う」と後悔する可能性が高いです。

本記事では、ビズリーチとdodaの違いを細かく比較しています。利用者の口コミ・評判や選ぶポイントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

それぞれの良さを理解して、自分にぴったりなサービスを選びましょう。

本記事でわかること
  • ビズリーチとdodaの6つの違い
  • ビズリーチとdodaどっちが向いている?
  • ビズリーチとdodaの口コミ・評価
  • ビズリーチかdodaかを選ぶポイント
それぞれの転職サイトがおすすめの人

【ハイクラス転職を希望している人】

⇒ビズリーチがおすすめ。管理職や社内の重要ポジションとなる求人が多数ある。

>>『ビズリーチ』に相談する

【スキルに合った求人を選んで応募したい人】

⇒dodaがおすすめ。求人数が多く、幅広い業種の求人が掲載されている。

>>『doda』に相談する


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

【一覧比較】ビズリーチとdodaの違いとは

エージェント名ビズリーチdoda
イメージ画像
求人数82,971件(非公開求人除く)186,947件(非公開求人除く)
料金無料(一部有料)完全無料
国内拠点数8拠点12拠点
スカウトの有無
求人応募の有無△(無料は一部、有料は応募可能)
キャリア
アドバイザーの質
平均年収30代:840万円
40代:960万円
記載なし

※求人数:2023年3月15日時点

ビズリーチはハイクラス転職に強く、平均年収が800万円以上と高水準です。求人数はdodaと比べるとやや少ないですが、高年収の仕事と多く出会えます

一方、dodaは求人数が非常に多く、すべてのサービスを無料で利用できます。掲載求人に応募できたりスカウトが届いたりするので、自分の状況に合わせて転職活動を進められます。

また多くの転職エージェントは、dodaのようにまず面談を行います。一方ビズリーチは面談を行わず、必要事項を入力してスカウトを待つスタイルです。

それぞれ強みや活用方法が違うので、自分に合った転職サービスを選択しましょう。

ビズリーチとdodaの違いを6項目で徹底比較

ビズリーチとdodaの違いを6項目で徹底比較

ビズリーチとdodaはともに転職成功が目的ですが、それぞれ特徴が異なります。サービスの違いは、主に以下の6つです。

利用方法や強みが違えば、好みもわかれます。

求人数

エージェント名ビズリーチdoda
求人数82,971件
(非公開求人除く)
186,947件
(非公開求人除く)

※求人数:2023年3月15日時点

求人数は、ビズリーチよりもdodaの方が多いです。

ビズリーチはハイクラス転職に特化しており、求人内容は管理職や責任者候補が多い傾向にあります。一方、dodaはポテンシャル採用や経験が浅くても応募できる求人を多数保有しています。

得意分野

エージェント名ビズリーチdoda
得意分野・経営管理
・営業
・IT
・IT
・メーカー
・不動産
・人材
・コンサルタント

ビズリーチにはマネジメント経験や、専門的なスキルを活かせる求人が豊富です。年収1,000万円以上の求人が多く、ハイクラス向けの支援に強い転職サービスです。

dodaは幅広い層が応募できる求人が多いだけでなく、サービスの登録者全員に専任のキャリアアドバイザーがつきます。

料金

エージェント名ビズリーチdoda
料金無料(一部有料)完全無料

ビズリーチの無料プランは、厳選されたプラチナスカウトの閲覧と返信が可能です。

有料プランはすべてのスカウトに返信できるだけでなく、気になる求人を検索して直接応募できるようになっています。

30日間5,478円(税込)でサービスをフル活用できるので、ビズリーチをメインに使いたい人は有料プランがおすすめです。

dodaは専任のキャリアアドバイザーによるサポートをすべて無料で受けられます。

スカウトの有無

エージェント名ビズリーチdoda
スカウトの有無

ビズリーチとdodaのスカウト機能は、内容が異なります。ビズリーチのスカウト機能は、以下のとおりです。

ビズリーチのスカウトの内容
  • 2種類のスカウトがある(通常・プラチナ)
  • プラチナスカウトは優良企業と一流なヘッドハンターから送られる

以下は、dodaのスカウト内容です。

dodaのスカウトの内容
  • 面接確約のオファーがくる可能性がある
  • スカウトの停止・再開が自由にできる

ビズリーチはヘッドハンターと企業がスカウトを送っているので、求人の質が高い傾向にあります。

求人応募の有無

エージェント名ビズリーチdoda
求人応募の有無
(無料は一部 )
( 有料は応募可能)

dodaは無料で全求人に応募できます。一方、ビズリーチはプランによって応募できる数が異なります。

ビズリーチの有料プランでは、すべての求人に応募が可能です。しかし、無料プランは公募・特集求人にしか応募ができません。

無料体験を申し込めば有料プランを試せるので、すべての求人に応募できるようになります。無料体験は1人につき1週間利用できるので、登録する際はぜひ活用してみてください。

キャリアアドバイザーの質

エージェント名ビズリーチdoda
キャリアアドバイザーの質

ビズリーチの有料プランでは、社内の審査に合格した優秀なヘッドハンターに転職相談ができます。

各ヘッドハンターにはスコアがついているので、高いスコアであればあるほど満足度の高いサービスが受けられるはずです。

一方、dodaは専任のキャリアアドバイザーがつき、気軽に転職活動に関する質問や相談できます。

ビズリーチとdodaは利用すると会社にばれる?

ビズリーチとdodaは利用すると会社にばれる?

ビズリーチもdodaも、設定すれば会社にばれません。ビズリーチでは、下記以外の職務経歴書が公開されます。

公開されない登録情報
  • 氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 生年月日

企業に情報が伝わるのは、応募時のみです。ただし、名前と連絡先を表示する設定になっていると、スカウトを返信する際に情報がばれるので注意しましょう。

また、dodaは職務経歴書を見せたくない企業を登録できます。(企業ブロック設定)

あわせて読みたい
ビズリーチの利用がばれる可能性はある?ばれないための対処方法や設定方法を詳しく解説 ハイクラス転職で有名なビズリーチですが、登録したことが勤務先にばれるのが心配で利用をためらう人もいるのではないでしょうか。 実は、設定方法を工夫し、職場での言...
あわせて読みたい
dodaに登録すると会社にばれる?ばれない理由と対策する方法を徹底解説 dodaにはサイト・エージェント機能のほか、効率的に転職活動を進められる「スカウトサービス」が用意されています。スカウトサービスは企業からスカウトをもらえる便利...

ビズリーチとdodaどっちが向いている?

ビズリーチとdodaどっちが向いている?

ビズリーチとdodaは、自分に向いているサービスを利用しましょう。効率良く転職活動が進められるはずです。

ビズリーチとdodaどっちが向いている?

ビズリーチが向いている人

以下3つに当てはまる人は、ビズリーチがおすすめです。

ビズリーチが向いている人
  • ハイクラス転職を目指している人
  • 管理職やマネジメント経験がある人
  • 在職中で効率的に転職活動を進めたい人

ビズリーチはハイクラス向けなので、新たな環境でスキルアップしたい人に向いています。

忙しくて転職活動に時間がとれない人でも、自分宛てに届いたスカウトをチェックして選考を進めるかどうかを決められるため効率的です。

\ハイクラス求人多数/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ ビズリーチはハイクラス転職を目指す人にうってつけな転職サービスです。 特に年収600万円以上を目指す人に支持されています。転職市場に出回っていない希少な求人に出...

dodaが向いている人

以下3つに当てはまる人は、dodaがおすすめです。

dodaが向いている人
  • 求人数の多さにこだわりたい人
  • 担当者から一貫サポートを受けたい人
  • エージェントやスカウトなど機能を使い分けたい人

dodaは求人数が多いため、希望にマッチした求人が見つかりやすいです。

キャリアアドバイザーからおすすめの求人を紹介してもらえるので、一人では気付けなかった企業と出会える可能性が高まります。

\プロが一貫サポート/

あわせて読みたい
【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?実際に利用した方の体験談を紹介 転職エージェント業界は、まさに戦国時代です。大手と中小企業がたくさんあるため、結局どの転職エージェントがおすすめか分からない人も多いはず。 数ある転職エージェ...

ビズリーチとdodaの口コミ・評価

ビズリーチとdodaの口コミ・評価

ビズリーチとdodaの口コミ・評判を紹介します。

ビズリーチとdodaの口コミ・評価

実際の利用者による情報は、公式サイトに書いていない情報のため貴重です。それぞれ3つずつ口コミ・評価をピックアップしています。

ビズリーチの口コミ・評価

ビズリーチの口コミ・評価では、年収アップにつながるといった内容が多かったです。

ビズリーチ登録したら、9件スカウト来たんやけど早すぎて怖い。しかも今より年収高い。採用されるかは別問題だろうけど、転職に希望だけは持てた。ありがとうビズリーチ

— Mao Blackcat🐈🐈‍⬛❖ (@bc_mao_game) September 23, 2020

dodaに登録した人だと、現状の年収に不満がある人が多そうだし、年収高い層はdoda使わずビズリーチとかかな。

— Mi (@Mitchy_30_) February 15, 2023

ビズリーチはプラチナスカウトの質が高い印象

有料かと思いきや、チケットで2〜3ヶ月は無料で行けた。

私は転職活動の時は転職エージェント1社とビズリーチ登録が、まず最初にすることでした。

ビズリーチの審査通過する人は、使って損なし。#転職活動 #転職

— タカヒロ|日々感謝して生きる。 (@takahiro_job35) August 30, 2022

プレミアムチケットを獲得するためには、基本情報を入力したり、キャンペーンに参加したりするといった条件をクリアしなければいけません。

また人によっては、ビズリーチ登録後にすぐ質の高いスカウトをもらえるケースもあります。

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ ビズリーチはハイクラス転職を目指す人にうってつけな転職サービスです。 特に年収600万円以上を目指す人に支持されています。転職市場に出回っていない希少な求人に出...
あわせて読みたい
ビズリーチは40代からの評判はいい?40代での利用が向いている人の特徴を紹介 本記事でわかること 40代からのビズリーチの評判 ビズリーチの審査に落ちる人の特徴 40代に強い転職サイト・エージェント 40代から高年収の企業に勤めるには、ハイクラ...

dodaの口コミ・評価

dodaの口コミ・評価では求人数の多さと、キャリアアドバイザーのサポートに魅力があるといったものが多いようです。

DODAは企業からスカウトが来るので、職務経歴の登録だけしておくのも良いと思います!

— きよりん (@kiyorinzz) August 18, 2021

ここだけの話
転職タイミングを考えているあなたへ

大手転職サイトのdodaより
2022年12月の求人倍率は上昇中

転職希望者数に対して求人数が多い
つまり比較的転職しやすい環境!
時期とか考えずに情報収集からしてみて損はないです

— こちゃ@未経験転職のウラ側 (@_ko_tea_) March 12, 2023

職務経歴書とかエージェントに提出したら、わたしの特色?とか長所とかうまいことまとめてくれて、なんだこのひと天才なのか?って思った🤔
今のところdoda が一番親切な印象〜😚

— きよな (@kiyona_hym85) February 10, 2021


dodaは求人数が多いため、スキルや希望にマッチした求人と出会いやすいです。

さまざまな企業からスカウトが届く場合もあるので、今まで考えつかなかった求人との縁が生まれる可能性もあります。

また、キャリアアドバイザーは選考通過のコツをわかっているので、的確なアドバイスがもらえるはずです。

あわせて読みたい
【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?実際に利用した方の体験談を紹介 転職エージェント業界は、まさに戦国時代です。大手と中小企業がたくさんあるため、結局どの転職エージェントがおすすめか分からない人も多いはず。 数ある転職エージェ...

ビズリーチかdodaかを選ぶポイント

ビズリーチかdodaかを選ぶポイント

ビズリーチかdodaかで迷ったら、以下のポイントを参考に選びましょう。

人それぞれ転職に対する思いやスキルは違うので、自分に合ったサービスを選ぶのがベストです。

希望する業種や年収の求人が豊富かどうか

ビズリーチはハイクラス求人が中心ですが、dodaは幅広い求人を取り扱っています。dodaにも高年収かつ管理職の求人はありますが、ビズリーチの方が希望条件に近いハイクラス求人と出会いやすいです。

一方、社会人経験が少ない人にとっては、dodaの方がマッチした求人が見つかります。転職サービスを利用する際は、今のスキルと希望している仕事内容や年収を照らし合わせながら選択しましょう。

自分の転職スタイルに合っているか

在職中の人にとって、自分に合ったスタイルで転職活動ができるかは重要です。以下のように考えている人は、ビズリーチをおすすめします。

こんな考えの方にはビズリーチがおすすめ
  • 応募求人を見つける時間が取れない
  • いい求人があれば転職したい

有料プランでは求人応募もできるので、効率的に転職活動を進められます。

一方、以下の考えを持っている人にはdodaがおすすめです。

こんな考えの方にはdodaがおすすめ
  • 自分のペースで転職活動をしたい
  • 徹底したサポートをお願いしたい

転職スタイルは人それぞれ異なるので「転職活動をマイペースに進めたい」「選考をサポートしてほしい」などの希望に沿った転職サービスを選びましょう。

ビズリーチとdodaとの併用すべき転職サービス5社を比較

ビズリーチとdodaとの併用すべき転職サービス5社を比較
転職サービス求人数得意分野特徴
ビズリーチ82,971件経営管理 / 営業 / IT・ハイクラス転職に強みあり
・一流のヘッドハンター在籍
doda186,947件IT / メーカー / 不動産
不動産 / コンサルタント
・求人数は業界最大級
・幅広い層にアプローチ
リクルートエージェント642,866件IT・Web / 営業
メーカー / 事務
・圧倒的な求人数
・転職支援実績No.1
マイナビエージェント非公開IT・Web / 不動産
メーカー / 営業
・20代~30代転職に強みあり
・企業担当も協力
JACリクルートメント14,924件外資系
管理・専門職
・外資系に強みあり
・ハイクラス求人多数

※2023年3月15日時点

複数を比較しても、dodaの求人数は多めであり、リクルートエージェントはさらに充実しています。

マイナビエージェントの求人数は非公開ですが、転職成功事例が豊富で、20代・30代向けの求人を多数保有しています。

JACリクルートメントは、ビズリーチと同様ハイクラス転職に強い転職エージェントです。外資系に強く、ビズリーチとは違った視点の求人と出会えます。

よくある質問

よくある質問

ビズリーチとdodaに関する、よくある質問にお答えします。質問は以下のとおりです。

公式サイトの情報だけでは物足りなかった人は、知りたかった内容が載っている可能性があります。

ビズリーチとdoda、20代に向いているのは?

ビズリーチもdodaも、20代に向いています。

特に、dodaは専任のキャリアアドバイザーがつくので、はじめての転職でも安心です。幅広い求人を取り扱っているので、経験が活かせる求人が見つかる可能性があります。

一方、ビズリーチはハイクラス転職に特化していますが、20代も利用可能です。ただし、管理職やマネジメントの経験が必須ですので、経験がない人は他の転職エージェントを使いましょう。

dodaとdoda xの違いは?

doda Xは、ビズリーチと同じくハイクラス向けの転職サービスです。dodaとdoda xのサービスの違いを見てみましょう。

転職サービスdodadoda x
サービス内容・キャリアアドバイザーが転職希望者と面談
・求人に応募して転職活動を進める
・レジュメを登録するだけでスカウトが届く
・求人応募も可能
・ヘッドハンターが非公開求人を紹介

dodaもdoda Xも、無料ですべてのサービスを利用できます。

あわせて読みたい
doda Xの気になる評判・口コミを徹底調査|利用するのがおすすめな人を解説 ハイクラス転職なら「doda X」がおすすめです 年収800万円以上のハイクラス求人が多く、管理職として転職して年収アップに成功したという口コミが多数あります。 そこで...

中長期の転職活動にも利用できる?

中長期の転職活動でサービスを利用するなら、ビズリーチがおすすめです。年齢が高くなるほど転職活動期間は長くなる傾向があるので、マイペースに進められるサービスを利用するのがよいでしょう。

ビズリーチが実施したアンケート「転職を考えてから他の企業に入社するまでの期間」では、以下の結果が出ています。

年代別で見ると、年齢が高い方が、転職までに時間がかかることが多いようです。

「1カ月~3カ月未満」と回答した20代は46.2%だったのに対し、50代では27.7%にとどまりました。

引用:ビズリーチ公式

dodaはサポート期間についての記載がないものの、リクルートエージェントをはじめ多くの転職エージェントはサポート期間が3ヶ月と決まっています。

しばらく転職活動に動きがなければ、手厚いサービスが受けられない可能性が高いです。

ビズリーチとdodaをうまく活用して優良企業へ転職しよう!

ビズリーチはハイクラス向けの転職サービスで、dodaは幅広い求人がそろっている転職エージェントです。

管理職や責任者候補のスカウトがほしい人はビズリーチを、幅広い求人が見たい人はdodaをおすすめします。

それぞれの特徴を理解したうえで、自分に合った転職サービスを利用しましょう。両者を併用すれば、より効率的かつ効果的に転職活動を進められます!

それぞれの転職サイトがおすすめの人

【ハイクラス転職を希望している人】

⇒ビズリーチがおすすめ。管理職や社内の重要ポジションとなる求人が多数ある。

>>『ビズリーチ』に相談する

【スキルに合った求人を選んで応募したい人】

⇒dodaがおすすめ。求人数が多く、幅広い業種の求人が掲載されている。

>>『doda』に相談する

あわせて読みたい
ビズリーチとdodaの違いを6項目で徹底比較 | 自分の転職スタイルに合ったサービスを利用しよう ビズリーチとdodaは、サービス内容が大きく異なります。内容を理解しないまま登録すると「思っていたのと違う」と後悔する可能性が高いです。 本記事では、ビズリーチと...
あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違いを6項目で徹底比較 | 両方を活用してハイクラス転職を... リクルートダイレクトスカウトとビズリーチは、どちらもハイクラス向けのスカウト型転職サービスです。一見「同じようなサービス」と考えがちですが、両者は強みやメリ...
あわせて読みたい
ワークポートとビズリーチの違いを6項目で徹底比較 | 転職サービスを使い分けて転職成功を目指そう 本記事でわかること ワークポートとビズリーチの違いを6項目で徹底比較 ワークポートとビズリーチの口コミ・評判 ワークポートかビズリーチかを選ぶポイント ワークポー...
あわせて読みたい
doda Xとビズリーチの違いを5項目で徹底比較 | どちらが向いているか選ぶポイントを解説 本記事でわかること doda Xとビズリーチの違い doda Xとビズリーチが向いている人 doda Xかビズリーチかを選ぶポイント doda Xとビズリーチは、どちらもハイクラス向け...
あわせて読みたい
JACリクルートメントとビズリーチの違いを6項目で徹底比較 | ハイクラス転職を目指すなら併用がおすすめ! JACリクルートメントとビズリーチは、どちらもハイクラス向けの転職に特化した転職サービスです。「ハイクラス向け」という同じ特徴があるため、どちらを利用すればよい...
あわせて読みたい
ビズリーチとリクルートエージェントの違いを6項目で徹底比較 | サービスをフル活用して転職を成功させよう ビズリーチとリクルートエージェントは、どちらも大手転職サービスです。一見「同じようなサービス」と捉えがちですが、強みやメリットはそれぞれ異なります。 あなたの...
あわせて読みたい
パソナキャリアとdodaの違いを6項目で徹底比較 | 自分に合った転職サービスを利用しよう パソナキャリアとdodaは、どちらも大手かつ有名な転職エージェントですが「どちらを使えばよいのか」と迷う方もいるでしょう。両者にはそれぞれ特徴があり、あなたの転...
あわせて読みたい
ワークポートとdodaの違いを6項目で徹底比較 | どちらが向いているか解説 ワークポートとdodaはどちらも転職支援サービスですが、機能や得意分野などが異なります。効率良く転職活動を進めるためには、違いを理解して自分に合ったエージェント...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ