MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

ビズリーチの企業スカウトを受けて落ちる人はいる?内定率と落ちる割合を解説

本記事でわかること
  • ビズリーチの企業スカウトの落ちる割合や内定率
  • ビズリーチの企業スカウトを受けるメリット
  • ビズリーチの企業スカウトに落ちる人の対処法

ビズリーチの企業スカウトは、スカウトが来たからといって必ず内定がもらえるわけではありません。書類選考なしで面接は確約しますが、落ちる可能性はあります。

企業スカウトをもらっても必ずしも内定が貰えるわけではないため、落ちる不安がある人は、ビズリーチ以外のサービスを併用し、効率よく転職活動が進めることをおすすめします。

本記事ではビズリーチの企業スカウトを受けた場合の内定率、落ちる割合や理由について解説します。さらに、ビズリーチと併用におすすめのスカウトサービスも紹介するので転職活動の成功率を上げたい人はぜひ参考にしてください。

ビズリーチだけから企業スカウトを受け取るのもよいですが、複数のサービスに登録して多くのスカウトをもらった方が転職成功の可能性が上がります。doda Xは、登録に審査がなく無料で利用できるため、ビズリーチとの併用におすすめです!

【公式】https://doda-x.jp/

\登録の審査がなくすぐ利用できる!/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

ビズリーチの企業スカウトとは?

ビズリーチの企業スカウトとは?

企業スカウトとは、ビズリーチ登録者の経歴や実績を見て、強い興味を持った企業から届くスカウトのことです。

「プラチナスカウト」に分類されるスカウトで、企業からの直接のスカウトにより、書類選考なしで面接に進めます。

プラチナスカウトには、他にもヘッドハンターからのスカウトもありますが、こちらは面接確約ではなく、書類選考がある場合もあるので注意が必要です。

ハイクラス転職では書類選考で落ちてなかなか面接に辿り着かないことが多いので、面接が確約されるのは大きなメリットと言えるでしょう。

企業スカウトは書類選考なしで面接に進めるため、内定率が大幅に上がります。

ビズリーチの企業スカウトを受けて落ちる人はいる?

ビズリーチの企業スカウトを受けて落ちる人はいる?

ビズリーチの企業スカウトを受けたからといって、内定が確約されるわけではないため、落ちる人は存在します。

企業スカウトは書類選考なしで面接は確約しますが、内定については面接で自己アピールして獲得しなければなりません。

企業が自分に強い興味を持っていても、面接で落とされる可能性があります。

内定率が上がる企業スカウトですが、面接で落ちる人はいるので注意しましょう。

企業スカウトサービスを行なっているサービスはビズリーチ以外にもあります。複数のサービスからスカウトが来る状態にするほうが、多くの企業と出会え、好条件の企業と出会える可能性が上がります。

そのため、すでにビズリーチに登録している人は、『doda X』も併用して効率的に転職活動を進めましょう。

あわせて読みたい
ビズリーチの審査基準とは?落ちた人の口コミから分かる審査基準を解説|審査に落ちた人がとるべき行動... ビズリーチに登録したにもかかわらず、審査に落ちてへこんではいませんか?ハイキャリア向け転職エージェント「ビズリーチ」には登録審査がありますが、審査基準を理解...

ビズリーチの企業スカウトの内定率と落ちる割合は?

ビズリーチの企業スカウトの内定率と落ちる割合は?

ビズリーチの企業スカウトから面接を進めて、内定を獲得できる確率は20〜30%と言われています。

確率は書類選考が完全免除になる点を入れたもので、5社から企業スカウトを受ければ1社は内定を獲得できる計算です。

一方企業スカウトを受けて落ちる確率は、50%〜70%ほどになります。

半数以上が落ちると聞くと、企業スカウトに大して効果がないように感じられますが、そんなことはありません。

通常のスカウトやヘッドハンターからのプラチナスカウトでは書類選考が加わるので、落ちる確率は格段に上がります。

内定数を増やすにはスカウトが来る数を増やす必要があります。ビズリーチだけの利用よりも『doda X』や『リクルートダイレクトスカウト』を併用するほうが多くのスカウトが届きます。

転職サービスの併用は当たり前になっているので、どちらも登録して効率的転職活動を行いましょう。

ビズリーチと併用がおすすめのスカウトサービス

ビズリーチ以外にもスカウトサービスは多数存在します。ビズリーチだけから企業スカウトを受け取るのもよいですが、複数のサービスに登録して多くのスカウトをもらった方が転職成功の可能性が上がります。

以下のスカウトサービスをビズリーチと併用すれば、転職活動を有利に進められます。

ビズリーチと併用するべきサービス

doda X

【公式】https://doda-x.jp/
名前doda X
料金無料
求人数公開求人:約50,000件
非公開求人数:-
(2024年5月時点)
ヘッドハンター数:約8,000名
(2024年3月時点)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20〜50代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界IT・Web・メーカー・営業
公式HPhttps://doda-x.jp/
詳細を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
doda Xの特徴
  • ハイクラス求人に特化した転職エージェント
  • ハイクラス企業に精通したヘッドハンターからスカウトが届く
  • 高待遇の非公開求人も多数

doda Xはパーソルキャリア株式会社が運営する、ハイクラス転職に特化したサービスです。

アカウントを登録すればハイクラス企業に通じたヘッドハンターからスカウトが届くので、自分からアクションを起こさなくても問題ありません。

高待遇の非公開求人もあるので、他社にない求人を探している人にもおすすめです。

スカウトメールには年収1,000万円以上の案件が豊富にあるので、ハイクラス転職を目指す人はぜひ登録しておきましょう。

\年収800万以上の求人が豊富/

あわせて読みたい
doda Xの気になる評判・口コミを徹底調査|利用するのがおすすめな人を解説 ハイクラス転職なら「doda X」がおすすめです 年収800万円以上のハイクラス求人が多く、管理職として転職して年収アップに成功したという口コミが多数あります。 そこで...

リクルートダイレクトスカウト

【公式】https://directscout.recruit.co.jp/
名前リクルートダイレクトスカウト
料金無料
求人数公開求人:50万件以上
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20代〜60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界ハイクラス・エグゼクティブに特化
公式HPhttps://directscout.recruit.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 業界最大手のリクルートが運営しているから案件が多数
  • すべての機能を完全無料で利用可能
  • ヘッドハンターの検索・相談でこちらからもアクションできる

リクルートダイレクトスカウトは、転職業界の最大手である株式会社リクルートが運営するスカウトサービスです。

ビズリーチと同様、年収の高いハイクラス案件を多く扱っています。有料プランはなく、すべての機能を完全無料で利用できるのが大きな特徴です。

無料でヘッドハンターを検索して相談できるので、自分から積極的に動きたい人はビズリーチと合わせてリクルートダイレクトスカウトを利用しましょう。

\年収アップ確実の案件多数!/

あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミ|使ってみた体験談を紹介 リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラスから大人気かつ評判の良い転職サービスです。 登録するだけで、年収800万〜2,000万の求人からスカウトが来る可能性がありま...

ビズリーチの企業スカウトに落ちる人は一度視野を広げてみるのもおすすめ!

ビズリーチの企業スカウトに落ちる人は、希望条件が高すぎるのかもしれません。いつまでも難航する転職活動では途中で気力が落ちるリスクもあり、時間がもったいないです。

業界トップクラスの求人数と求人の質を誇るリクナビNEXTなら、ビズリーチよりも幅広い業界・職種から、あなたに本当に合った企業を探せます。

20代・第二新卒の若年層からハイキャリアを目指す人まで幅広く対応し、全国に求人を持つため、ビズリーチで狙っていた高年収層の求人も諦める必要はありません。

さらに、ビズリーチ同様にスカウト機能もあるほか、完成度の高い職務経歴書の作成機能も使えるため、転職活動中でも選考通過率を効率よく高められます。

幅広い企業を見てセーフティーネットも探りながら、ハイクラス層も狙いたい人にはリクナビNEXTとビズリーチの併用がおすすめです。

\業界トップクラスの求人数/

※5分で登録完了

あわせて読みたい
リクナビNEXTの口コミ評判を紹介|メールが多くてめんどくさいって本当?リクルートエージェントとの違... 株式会社リクルートが運営する「リクナビNEXT」は、豊富な求人数と使いやすさゆえに、多くの転職者から高い人気を獲得しています。 しかし「メールが多すぎる!」といっ...

ビズリーチの企業スカウトを受けるメリット

ビズリーチの企業スカウトを受けるメリット

企業スカウトには、以下のようなメリットがあります。

詳しく解説するので、参考にしてください。

書類選考なしで面接が確約されている

本来であれば書類選考で30〜50%程度の志望者が落ちるのに対して、企業スカウトは面接が確約されているので問題なく通過できます。

書類選考を通過するためには、志望理由などを時間をかけて準備して臨む必要がありますが、企業スカウトは待つだけでいいのです。

企業スカウトは企業の方から強い興味を持ってくれているわけですから、ビズリーチが厳選した優良企業の面接を有利に進められます。

企業スカウトは書類選考で落とされず、面接に進めるのが大きなメリットです。

内定が出るスピードが早くなる

書類選考がスキップされるので、その分選考スピードが上がり、内定獲得までスムーズに進みます。

企業の動きにも左右されますが、通常であれば2〜3か月かかる選考が1か月で終わる可能性もあるでしょう。

転職活動がすぐに終わるので、退職後に動き出した人は空白期間を少なくできるメリットがあります。

会社で働きながら転職活動している人は、退職を切り出すタイミングが前倒しになる可能性があるので注意しましょう。

企業スカウトは企業によっては、内定が出るスピードが早いメリットがあります。

企業側が興味を持ってくれた状態で面接を受けれる

企業スカウトは企業側が興味を持ってくれている状態で面接を受けられるので、内定獲得率が高い傾向にあります。

企業からわざわざスカウトを送られてくるのは、こちらに強い興味を持っている証なので、面接を有利に進めやすいのです。

中には採用担当だけでなく、企業の上役が興味を持ってスカウトしてくれたケースもあるので、最終面接まで進める確率がグッと上がります。

あわせて読みたい
ビズリーチの仕組みについて徹底解説|サービス内容や料金、利用方法などわかりやすく紹介 「ビズリーチの仕組みや利用の流れがよくわからない」と不安を抱く人もいます。 ビズリーチは従来の転職エージェントと異なる仕組みのため、公式HPを見ても「結局どのよ...

企業スカウトは無視しても大丈夫?

企業スカウトは無視しても大丈夫?

メリットの多い企業スカウトですが、必ず返信する必要はありません。

企業スカウトを無視したからといって、企業スカウトが来なくなるなどのデメリットがあるわけではないからです。

しかし返信した方が、転職する意思が強いことをアピールできます。

少しでも興味がある企業スカウトならば、返信しましょう。

企業スカウトで返信がこない場合はどうしたらいい?

企業スカウトで返信がこない場合はどうしたらいい?

スカウトに対して返信したのに返事がこない場合は、自分からビズリーチへメッセージや電話などで連絡しましょう。

ビズリーチは企業・ヘッドハンターに対して1週間以内の返信を要請しています。

1週間程度様子を見て返事がない場合は、何らかの事情がある可能性があるので、ビズリーチへ問い合わせてください。

また、企業スカウトが来たら早めに返信した方が、選考が優位に進みます。

こちらの熱意を伝えられますし「自社に興味を持ってもらえている」と受け取ってもらえるので好印象につながりやすいです。

企業スカウトは早めに返信し、1週間以内に返事がこない場合はビズリーチへ問い合わせましょう。

企業スカウトがこない場合の対処方法

企業スカウトがこない場合の対処方法

内定率が上がる企業スカウトですが、来なければ意味がありません。

企業スカウトがこない場合は、何かしらの問題があるかもしれないので、その対処法を紹介します。

以下の3つの方法を試してみましょう。

それぞれの対処法を詳しく見ていきます。

職務経歴書を見直す

職務経歴書を見直すと、企業に興味を持ってもらいやすくなるので、企業スカウトが来る可能性が高まります。

例えば、自己PRに具体的な数字を盛り込むことで、実績をわかりやすく、伝わりやすい文章にできます。

実績は達成した内容だけでなく、そこに至るまでのプロセスを書くと、納得感がグッと上がるでしょう。

職務経歴書を魅力的なものに変えれば企業スカウトが来やすくなるので、スカウトがこない場合は一度見直してみましょう。

他のスカウトサービスにも登録する

ビズリーチだけでなく、他のスカウトサービスにも登録しておく対処法もあります。

ビズリーチから企業スカウトが来なくても他のスカウトサービスからスカウトが来る可能性がありますし、求人の比較・検討も可能です。

複数のスカウトサービスに登録しておけば、良い条件のスカウトに厳選して返信できるので、希望に合った転職ができる可能性が上がります。

ビズリーチには「他の転職サービスを使ってはいけない」といったルールがあるわけではないので、スカウトの幅を広げたい場合は積極的にスカウトサービスに登録しましょう。

\登録の審査がなくすぐ利用できる!/

有料プランに変更してこちらから企業へアピールする

ビズリーチからなかなか企業スカウトがこない場合は、有料プランの活用を検討しましょう。

ビズリーチには無料プランと有料プランがあり、有料プランにはビズリーチの公開求人を検索できる機能があります。

企業スカウト目当てであれば無理に有料プランにする必要はありませんが、企業へ強くアピールしたい場合は自分から応募してみましょう。

「いきなり有料プランを使うのは抵抗がある…」という人は、有料プランを一定期間お試しで利用できる制度もあります。

ビズリーチで企業スカウトがこないのであれば、有料プランを使って自分から応募しましょう。

あわせて読みたい
ビズリーチからのスカウトが来ない原因は?職務経歴書を見直して優良企業からのスカウトを増やそう! 「ビズリーチに登録したいけどちゃんとスカウト来るのかな?」と疑問に思っている方も多いでしょう。 結論しっかりと登録すればスカウトメールは届きます! スカウトが...

ビズリーチの企業スカウトは落ちる人はいるがメリットが多い!

ビズリーチの企業スカウトは、内定確約ではなく落ちる人もいます。

しかし書類選考なしで面接に進める、企業に注目されているので内定率が高いなど、メリットは多数あります。

ハイクラス転職をうまく進めたい場合は、企業スカウトを活用して転職活動を有利に進めましょう。

ビズリーチだけから企業スカウトを受け取るのもよいですが、複数のサービスに登録して多くのスカウトをもらった方が転職成功の可能性が上がります。doda Xは、登録に審査がなく無料で利用できるため、ビズリーチとの併用におすすめです!

【公式】https://doda-x.jp/

\登録の審査がなくすぐ利用できる!/

[ビズリーチ関連記事]

ハイクラス向けの記事

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ