MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

外資系から日系企業への転職を成功させる方法!日系企業に転職する背景や注意点も解説

外資系企業から日系企業に転職する場合は、いままでと大きく環境が変わるということを頭に入れておく必要があります。

外資系なら当たり前に通じていたことが日系企業では通用しなかったりと、知識のないまま入社してしまうと苦労することになるので、本記事を参考にして予備知識を入れておきましょう。

本記事でわかること
  • 日系企業への転職で起こる変化
  • 日系企業へ転職する際の注意点
  • 日系企業へ転職したい人におすすめの転職エージェント

外資系から日系企業への転職を成功させるなら、ハイクラス転職特化のビズリーチがおすすめです。ビズリーチにプロフィールを登録すると、あなたに合った企業からオファーが届きます。登録企業も優良企業を厳選しているので安心です。

\ ハイクラス転職に強い/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

外資系から日系企業への転職で起こる変化

外資系から日系企業への転職で起こる変化
外資系日系
職種変更ジョブ型採用入社後に適性を判断
昇格基準成果主義年功序列
給与体系年俸制&インセンティブ月給制
福利厚生年俸に含まれるあり
退職事情解雇の恐れがある不当な解雇・退職はほとんどない

外資系から日系企業の違いを比較すると、形態が大きく違うのがわかります。以下では、それぞれの組織文化についてより詳しく解説していきます。

外資系から日系企業への転職で起こる変化

外資系企業の組織文化

外資系企業では主にジョブ型採用で、その分野に特化した人を採用し育成する傾向にあります。そのため職種の変更があまりなく、変更を希望する場合は相応の理由が必要です。

また、給与形態は福利厚生も含んだ年俸制が主流となり、加えてインセンティブ給が加算される成果主義です。昇格も実力主義で、成果を残せれば給与はどんどん上がりますが、逆に成果が出なければ苦しくなります。

そして、外資系企業では結果を残せない場合、解雇される場合があります。とはいえすぐに解雇されるわけではなく、出社の必要ない在籍期間や給与の割増など転職のサポートはしてくれるようです。

日系企業の組織文化

外資系企業に対して、日本企業は総合職や一般職としての採用が主流で専門職の採用はあまりなく、選考や入社後の研修で適性を判断して配属になるケースが一般的です。

給与形態は月給制で福利厚生は別途用意されており、昇格も年功序列なので長期にわたって生活が安定しやすいのが特徴です。

ただ、一方でインセンティブ給を導入している企業は少数のため、働いてもあまり給与が伸びないというデメリットもあります。

退職事情については、日本企業は労働基準法に則って運営されるため、不当な解雇をされる可能性がほとんどありません。

外資系から日系企業への転職を希望する理由

外資系から日系企業への転職を希望する理由

ここからは、外資系から日系企業への転職を希望する人の理由を4つピックアップしてご紹介します。

自分の転職事情と照らし合わせて確認してみましょう。

転職を通じてキャリアアップしたい

外資系企業出身であることはアドバンテージになる可能性が高いので、転職を通じてキャリアアップしたいという人が転職を希望します。

そもそも日系企業では外資系企業出身者が少なく、その経験自体が評価されやすいです。それに加えて語学力も評価され、日系企業の海外事業所で働ける可能性もあります。

また、転職の際も日系企業出身の応募者と比べて成果をアピールしやすいのもメリットです。

実際に転職で経営幹部にキャリアアップした事例もあるので、キャリアアップしたい人は日系企業も視野に入れると思った以上の好待遇を受けられるかもしれません。

充実した教育体制や研修体制のもとでスキルアップを図りたい

外資系企業に比べて日系企業は教育体制や研修体制が充実しているので、自身のスキルアップを図りたいという人もいます。

外資系企業はスキル重視のジョブ型採用なので、働きながらスキルを高めなければいけません。

一方、日系企業は終身雇用の意識が強く、社員の教育に力を入れているため、じっくり自分のスキルアップができます。

スキルを身につけたら企業にとどまって昇格を目指す道、キャリアアップを目指して転職する道など選択肢も広がります。

営業スキルを高く評価してもらいたい

外資系企業はマーケティング部門に力を入れている一方、日系企業では営業部門に力を入れる傾向が強いため、営業スキルを高く評価してもらいたい人は日系企業の方が向いているかもしれません。

こうした人は営業の強い日系企業(キーエンスなど)を選んで転職すると良いでしょう。選考で自分の成果をアピールできれば給与アップも狙えます。

一方で力を入れている分ノルマが厳しい企業もあり、ノルマに日々追われて疲れてしまう人もいるので、ストレスマネジメントができるかも重要です。

雇用・待遇・福利厚生を安定させたい

日系企業は外資系企業と比較して解雇されるリスクが低いため、安定しているという強みがあります。福利厚生も給与とは別に用意されているので、利用しやすいのもメリットです。

また、年功序列で昇格していくため外資系企業ほど上を目指してガツガツ競争する必要がありません。他人を蹴落として上がるような競争は疲弊してしまうので、競争が苦手な人は日系企業の方が良いでしょう。

日系企業ではこうした安定が長期にわたって得られるので、車や自宅の購入、子どもの教育費や老後資金など将来設計が立てやすくなります。

英語を使ったコミュニケーションが苦手

外資系企業は日本支社でも英語でコミュニケーションを取ることがあります。そのため、ある程度の英語力が必要です。

そんな中自分の思った以上に英語が話せなかったり、意思を伝えられないとかなりストレスがかかります。

ストレスが耐えられなくなり外資系企業ではなく、日経企業へ行きたくなるのでしょう。

あわせて読みたい
英語ができないから仕事辞めたい!辛いと感じる理由と英語スキル以外で活躍できる仕事への転職成功を目... 憧れの外資系企業に入社したけれど「英語ができないから仕事を辞めたい」と思ってはいませんか? 自分の英語が仕事で通用せず、自信をなくしてしまう方は多いでしょう。...

外資系から日系企業に転職する際の注意点

外資系から日系企業に転職する際の注意点

安定などの日系企業で得られるメリットを求めて外資系企業から転職を希望する人は多いですが、まったく別の環境への転職となるためリスクもあります。

以下では外資系から日系企業に転職する際の注意点について解説するので、転職を検討している人はよく確認しておきましょう。

年収が低下する可能性がある

外資系企業から日系企業に転職した場合、年収が低下する可能性があるのはあらかじめ理解しておく必要があります。というのも、外資系と日系企業では給与形態が大きく違うからです。

外資系企業の給与形態は基本給に加えてインセンティブ給があるため、仕事で成果を発揮できればどんどん給与が上がります。対して、日系企業では基本給に加えて各種手当がつく程度で、インセンティブ給はありません。

また、日系企業は年功序列で昇進しにくく、給与を上げづらいのも年収が下がってしまう原因の1つです。

国税庁発表の『民間給与実態統計調査』では平均年収が443万円となっており、平均年収800万円と言われる外資系企業とは大きな差があります。

独自の社内ルールに拘束されるおそれがある

日系企業は外資系企業と違い、独自の社内ルールに拘束されるおそれがあります。日系企業特有の社内ルールや文化には、以下のようなものがあります。

日系企業特有の社内ルールや文化
  • 始業時間に厳しく、残業にはルーズ
  • 飲み会が多い
  • 仕事の手順は守らなくてはならない
  • 有給が取りづらい

外資系企業と違って日系企業は協調性を重んじるため、悪しき習慣と言われるようなものが根強く残っています。

外資系企業は仕事ができていれば多少時間に遅れることや残業せずに帰ることをとがめませんが、日系企業は始業時間に厳しく、残業をすることが良しとされる風潮です。

また、飲み会への参加や休みの取りにくさなど、いわば同調圧力のようなものを感じてしまうので、外資系企業から転職した際に戸惑う可能性があります。

こうした習慣がなかなか変わらないのも日系企業のデメリットです。

外資系から日系企業への転職を成功させるポイント

外資系から日系企業への転職を成功させるポイント

ここからは、外資系から日系企業への転職を成功させるポイントを4つご紹介します。

ここで紹介するポイントを実践すれば、転職の際のリスクを回避できるので、漏れなくチェックしておいてください。

大手やグローバル企業を中心に転職候補先を絞り込む

大手やグローバル企業を中心に転職候補先を絞り込めば、海外人材が多く外資系に近い働きやすさを得られます。逆に中小企業やベンチャー企業では外資系企業出身者が少なく、理解者が少ないかもしれません。

また、グローバル企業であれば海外にも事業所があるため、海外の事業所とのやり取りや海外出張・転勤など語学力を活かせる場面も多いでしょう。

給与水準も外資系ほどではありませんが高い水準で雇用も安定しているため、程良いバランスが得られます。

応募の際も日系企業では外資系企業にいた経験を高く評価してくれる場合が多く、通常の転職に比べて難易度は下がります。

日系企業に転職したい理由をはっきりさせる

転職候補先が決まったら、日系企業に転職したい理由をはっきりさせておきましょう。外資系企業から日系企業への転職希望者は少なく、採用担当者は応募者の志望動機が気になります。外資系から日系企業へ転職したい理由についても聞かれるかもしれません。

通常の転職でも志望動機についてははっきり述べることが重要ですが、その企業を選んだ理由もよりはっきりさせましょう。

また、転職理由についてはポジティブな理由を回答するのが必須です。前の企業を批判する内容とならないよう、嘘ではない前向きな回答を考えましょう。

実績やキャリアを整理したうえで、自己PRをまとめる

次に、自分のこれまでの実績やキャリアを一通り整理したうえで、自己PRをまとめていきましょう。特に日系企業へ転職する場合、外資系企業での実績・キャリアは大きな自己PRになります。

もちろん企業によってはすべての実績を1人で達成したわけではないと思いますが、自分がどれだけプロジェクトに貢献できたか、数字を用いるなどして成果をわかりやすく伝える準備をしておくのが重要です。

自分の実績・キャリアから、志望先の企業にどのような点で貢献できるのかをアピールしましょう。採用担当者にわかりやすく伝えられれば、あなたが志望先の企業でどんな活躍をしてくれるのかイメージしてもらいやすいです。

ターゲットとする業界に強い転職エージェントを活用する

最後に、ターゲットとする業界に強い転職エージェントを活用しましょう。転職を成功させるには、日系企業ならではの対策が必要です。

外資系企業で忙しく働きながら自分1人で対策をしたり情報収集をしたりするのは容易ではありません。どの作業にも時間がかかってしまい、転職の時期がどんどん遅くなってしまいます。

その点、転職エージェントでは専任のアドバイザーが転職を全面サポートしてくれるので、効率よく活動を進められます。非公開求人を得たり、面接傾向などの最新情報を得たりするためにも、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

外資系から日系企業に転職したい人におすすめの転職エージェント

ここからは、外資系から日系企業に転職したい人におすすめの転職エージェントを2つ厳選してご紹介します。

ぜひ参考にして、自分の目的に合ったエージェントを利用してください。

外資系から日系企業に転職したい人におすすめの転職エージェント

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ビズリーチの特徴
  • ハイクラス向けの転職に特化
  • 1,000万円以上の求人を豊富に保有
  • プロフィールの登録により企業からオファーが届く

ビズリーチはプロフィールを登録すると、企業からオファーが届くハイクラス向けのスカウト型転職サービスです。ビズリーチは登録に審査が必要ですが、外資系企業に勤務しているなら審査も突破しやすいでしょう。

登録すれば年収1,000万以上の企業が求人の1/3を占めるので、年収アップの可能性もあります。また、企業は厳選された優良企業ばかりなので、好待遇も期待できます。

外資系企業に勤務していると日系企業からの市場評価がわかりにくいかもしれませんが、スカウト型サイトなら自分の市場価値もわかります。

ビズリーチの料金は基本無料ですが、より充実したサービスを受けられる有料コースが2種類あるので、自分の目的に合わせた使い方をしましょう。

\ ハイクラス転職に強い/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ 本記事でわかること ビズリーチの良い口コミ・悪い口コミ ビズリーチを利用するメリット・デメリット ビズリーチの料金プラン ビズリーチの登録方法 実際にビズリーチを...

JACリクルートメント

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
JACリクルートメントの特徴
  • 外資系やグローバル企業への転職サポート実績国内No.1
  • 年収800万円以上のハイクラスな求人が多数
  • コンサルタントの転職サポートの質が高い

外資系企業からの転職はハイクラス転職が十分に狙えるので、ハイクラス転職・ミドルクラス転職でオリコン顧客満足度4年連続No.1を達成した高い実績のあるJACリクルートメントもおすすめです。

非公開求人が全体の50%を占めるので、上記の求人数と同じくらいの非公開求人があり、幅広い業界へのハイクラス転職が可能です。

また、JACリクルートメントは海外進出企業や外資系企業への転職支援実績に強みを持っているので、逆に外資系企業からの転職でもしっかりサポートしてくれます。

利用者の満足度は90%以上と高く、企業を熟知した転職のプロが完全無料でサポートしてくれるので、ぜひ登録して納得のいく転職をしましょう!

\ 外資系に強い/

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

外資系から日系企業への転職希望者からよくある質問

外資系から日系企業への転職希望者からよくある質問

ここからは、外資系から日系企業への転職希望者からよくある質問にお答えします。転職前に知っておきたい情報なので、ぜひチェックしてください。

外資系から日系企業への転職が向いている人の特徴は?

外資系から日系企業への転職が向いているのは、以下のような人です。

外資系から日系企業への転職が向いている人の特徴
  • 安定した環境で働きたい人
  • 成果以外の部分も評価されたい人
  • 変化が嫌いな人

日系企業は突然解雇されるリスクもなく、勤続年数で給与も上がっていきます。また、日系企業では成果だけでなくそれまでの過程も評価されるので、成果主義に疲れた人は日系企業に転職すると良いでしょう。

日系企業への転職後に再び外資に戻れる?

日系企業への転職後、外資系に戻るのはもちろん可能です。外資系企業から日系企業に転職した経歴は、再度転職する際にデメリットにはなりません。

外資系と日系企業はかなり社風が違うので、転職前にすべてを知るのは不可能です。一定期間働いてみて日系企業が合わないと判断したら、再び転職を検討しましょう。

日系企業に転職するメリットは?

日系企業に転職するメリットには以下のようなものがあります。

日系企業に転職するメリット
  • 安定した待遇で働ける
  • キャリアアップできる可能性がある
  • 教育体制が充実している
  • 営業スキルを評価してもらえる

日系企業の強みはなんといっても雇用の安定性です。特に倒産のリスクが少ない大手企業ではそれに加えて教育体制も整っています。

また、評価体制も違うので、キャリアアップなど好待遇で迎え入れてもらえる場合もあります。

日系企業への転職が向いている人の特徴は?

日系企業への転職が向いている人は、以下のような特徴のある人です。

日系企業への転職が向いている人の特徴
  • 安定志向の人
  • 与えられた仕事をきちんとこなしたい人
  • 規律や協調性を重んじる人

日系企業は社員1人ひとりが守られており、上司や同期とは良くも悪くも長い付き合いになります。そのため、社内の人間関係をうまくこなせる人が向いています。

また、与えられた仕事をきちんとこなしたい人、安定志向の人も日系企業がおすすめです。

外資系から日系企業への転職を成功させたいなら転職エージェントを活用

外資系企業から日系企業への転職で最も大きく変わるのは働く環境です。外資系と違って実力成果主義ではなくなり保守的になるので、最初は戸惑うことでしょう。

ミスマッチになってしまわないよう、本記事でご紹介したそれぞれの違いを理解した上で転職を検討してください。

外資系から日系企業への転職を成功させたいなら、転職エージェントを利用して効率的に進めましょう。

ハイクラス転職に特化したビズリーチなら、優良企業を紹介してくれるためキャリアアップも狙いやすいのでおすすめです。

\ハイクラス転職に強い /

外資系転職を目指す人におすすめの記事

外資系転職向けの記事
ハイクラス向けの記事

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ