MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

第二新卒でコンサルへの転職を成功させる方法!転職が向いている人の特徴や面接時のアピール内容を解説

現在、コンサル業界は高い成長率を誇っており、第二新卒を積極採用する会社も増えています。

第二新卒でコンサル転職を目指すなら、面接官の心を惹くような志望動機や、自身の考え方や性格がコンサルタントに向いていることをアピールしなければなりません。

本記事では、第二新卒がコンサルへの転職を成功させるための面接対策の方法やおすすめな理由などを紹介します。

本記事でわかること
  • 第二新卒でコンサルへの転職に必要な能力
  • コンサルへの転職が向いている人の特徴
  • コンサルが向いていない人の特徴

コンサル業界の転職に特化したアクシスコンサルティングなら、第二新卒やコンサル未経験者も手厚くサポートしてくれます。他の転職サービスでは出会えないコンサル会社の求人も紹介してもらえるのでおすすめです。

\非公開求人を多数保有/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

コンサル業界は第二新卒の転職先としておすすめ

コンサル業界は第二新卒の転職先としておすすめ

コンサル業界が第二新卒の転職先としておすすめな理由は以下の2つです。

コンサル業界が第二新卒の転職先としておすすめな理由
  • 社風の適応がスムーズである
  • 新卒よりも育成に手間がかからない

第二新卒は社会人経験があり、新卒よりも企業文化への適応能力が高いと言われています。また実務経験があるので育成に手間がかかりません。

最近では第二新卒を積極採用するコンサルティング会社も増えています。

コンサル業界とは

コンサル業界とは

コンサルティング業界とは、企業や組織が抱えるさまざまな問題を解決する仕事です。

コンサルタントは問題解決のために戦略を策定したり、専門的なアドバイスや提案をしたりします。

コンサル業界とは

コンサルタントについて、深掘りして解説していきます。

コンサルの種類

コンサルの種類は、戦略・IT・総合の3つです。業務の概要や具体例、必要なスキルは以下の通りです。

業務概要業務の具体例必要なスキル
戦略コンサル企業の成長戦略や組織改革、M&Aなどについて専門的な知見とアドバイスを提供します。・新規事業の機会評価
・競争戦略の立案
・事業再編
・分析スキル
・戦略的思考
・プロジェクトマネジメント
ITコンサルITシステムの導入や最適化、セキュリティ対策など、テクノロジーに関連する課題を解決します。・ITインフラの設計・導入
・データ分析のためのシステム開発
・セキュリティ対策の強化
・IT知識
・プロジェクトマネジメント
・コミュニケーションスキル
総合コンサル戦略コンサルとITコンサルの要素を含み、多領域かつ多様なビジネス課題に対応し、一貫した解決策を提案します。・組織改革の実行計画の原案
・ITシステム導入と事業戦略の統合
・人材開発プログラムの設計
・戦略的思考
・IT知識
・分析スキル
・プロジェクトマネジメント

将来性

ITや通信分野の調査会社であるIDC Japanは、2022年5月26日に国内ビジネスコンサルティング市場の予測を発表しました。

IDC Japanによると2021年のコンサル市場は11.4%増の5,724億円で、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)のニーズ増加により高成長を記録しました。2026年には8732億円に達すると予測されています。

一方で課題となっているのが、デリバリー人材の不足と人材獲得競争の過熱です。コンサルタントの育成プログラムの強化と、1人あたりの生産性の向上が市場全体の課題となっています。

第二新卒でコンサルへの転職に必要な能力

第二新卒でコンサルへの転職に必要な能力

第二新卒でコンサルへの転職に必要な能力は以下の3つです。

顧客の課題に対する解決策を考えて実行する能力

第二新卒でコンサルタントへ転職するには、顧客の課題に対して解決策を考え実行する能力が必要となります。

コンサルタントは企業の課題を冷静に分析し、その結果から効果的な戦略を立案し実行することが、主な仕事です。

学生時代に行ったプロジェクトや現職での業務経験から、複雑な問題を解決するための論理的思考力・高いコミュニケーション能力・優れたリーダーシップなどをアピールすることで、コンサル転職の可能性は高まります。

担当分野に関する専門知識

第二新卒でコンサルタントへ転職するには、担当分野に関する専門知識が必要となります。特に財務・会計・経営・ITなどの転職を希望する場合は、求人企業が求める分野の専門知識が必要です。

ただ第二新卒の場合、深い専門知識を持っていなくても勉強意欲をアピールすることで、高く評価されることもあります。

顧客との折衝・資料作成・プレゼンテーションスキル

第二新卒でコンサルタントへ転職するには、顧客との折衝能力・資料作成・プレゼンテーションスキルが必要です。

顧客のほとんどが企業の経営層であり、自分の提案を理解・納得してもらうためには、短い時間でかつ効果的に情報を伝えなければなりません。

資料作成スキルは課題と解決策を明確に示し、有効性を説明するために重要です。

一方プレゼンテーションスキルは、提案を納得させるために使うストーリーテリング(体験談やエピソードなどのストーリーを利用して伝える手法)や、質問への即時対応など説得力のあるコミュニケーションを行うために必要です。

第二新卒でコンサルへの転職が向いている人の特徴

第二新卒でコンサルへの転職が向いている人の特徴

第二新卒でコンサルへの転職が向いている人の特徴を5つ紹介します。

知的好奇心・学習意欲が強い人

第二新卒でコンサルへの転職が向いている人の1つめの特徴は、知的好奇心と学習意欲が強い人です。

コンサルタントは仮説検証を繰り返し、クライアントにとって有益な解決策を見出すのが仕事です。

そのため物事を深く掘り下げ、「なぜなのか?」「なぜそうなるのか?」など、理由や原因を追求する能力が求められます。

新たな知識や技術の習得も必要です。学習意欲が強い人は、常に変化するビジネス環境の課題に対応し、適切な解決策を提供するコンサルタントとして適した能力を持っています。

顧客の利益という結果にこだわれる人

第二新卒でコンサルへの転職が向いている人の2つめの特徴は、顧客の利益を重視し、その結果に対して強いこだわりを持てる人です。

コンサルタントは要求された仕事だけでなく、相手の期待を超える「付加価値」を提供することが求められます。顧客の成功を最優先しプロジェクトに没頭できる人は、コンサルタントとして成功する可能性が高いでしょう。

精神的にタフな人

第二新卒でコンサルへの転職が向いている人の3つめの特徴は、精神的にタフな人です。

コンサルタントは成果主義であり、決められた期間の中でプロジェクトを成功させなければなりません。そのため精神的に大きなプレッシャーがかかります。

予期せぬ問題が起きたときにも冷静に対応し、解決策を見つける必要があります。

困難な状況に直面しても、前向きな姿勢で取り組める精神力の強い人は、厳しいコンサルティング業界でも成功できる可能性が高いです。

現職のルーティンワークに退屈している人

第二新卒でコンサルへの転職が向いている人の4つめの特徴は、現職のルーティンワークに退屈している人です。

現職で経験やスキルの向上が感じられず、新たな挑戦を求めている人にはコンサルタントは最適な職業と言えるでしょう。

コンサル業界では顧客のビジネス課題を解決するため、多様なスキルと知識が求められ、日々新たな学びがあります。自身の市場価値も高められるコンサルタントへの転職は、自己成長を望む第二新卒者に向いています。

現職の給与や待遇に不満がある人

第二新卒でコンサルへの転職が向いている人の5つめの特徴は、現職の給与や待遇に不満がある人です。

コンサルティング業界は成果主義で、成果を上げることができれば給与や待遇は満足のいくものになるでしょう。しかし仕事量が多いので、時給換算すると割に合わない場合もあるので注意が必要です。

第二新卒でコンサルへの転職が向いていない人の特徴

第二新卒でコンサルへの転職が向いていない人の特徴

第二新卒でコンサルへの転職が向いていない人の特徴を3つ紹介します。

第二新卒でコンサルへの転職が向いていない人の特徴
  • 論理的に考えるのが苦手な人
  • ネガティブ思考の人
  • コミュニケーションに苦手意識がある人

コンサルタントは、問題解決のための論理的思考と円滑なコミュニケーションが求められます。またコンサル業界は厳しい状況下で働くことも多いため、常に前向きになれるポジティブシンキングが必要です。

能力に自信がない、またスキルを磨く努力ができない場合は、コンサルタントへの転職は難しいかもしれません。

第二新卒がコンサルへの転職を成功させるための面接対策

第二新卒がコンサルへの転職を成功させるための面接対策

第二新卒がコンサルへの転職を成功させるための面接対策を3つ紹介します。

入念な業界・企業分析で志望動機を固める

第二新卒は新卒よりも志望動機を深掘りされる傾向が強いです。「なぜ転職したいのか?」「なぜコンサル業なのか?」「なぜ当社に応募してきたのか?」といった質問に対して、具体的かつ説得力のある回答が求められます。

それぞれの質問に対する答えを自身の経験や目標、企業の特徴やビジョンなどを組み合わせ、ストーリーとして話せるよう準備しておきましょう。

自己分析をもとにコンサルタントの適正があることをアピールする

第二新卒の場合、経歴の代わりに人間性が大きな採用基準になります。

コンサルタントに必要なスキルや特性を調査し、自身がコンサル業界に興味があること、考え方や性格・長所などがどう活かせるのかをアピールすることが大事です。

あわせて読みたい
第二新卒はポテンシャル採用が重視!就職しやすい業界や転職を成功させるポイント、おすすめの転職エー... 新卒入社後2〜3年である第二新卒の転職では、スキルや経験よりも特性や潜在的な能力を重視するポテンシャル採用が広がっています。 自分のポテンシャルに気付き、ポテン...

コンサルの転職に強い転職エージェント・求人サイトを活用する

第二新卒でコンサルタントへ転職するのは、容易なことではありません。転職成功のためには、コンサル業界に特化したエージェントの活用がおすすめです。

エージェントを活用すれば転職に関する相談ができたり、非公開求人を紹介してもらえたり、面接対策をしてくれたり、さまざまなメリットが受けられます。

第二新卒でコンサルに転職したい人におすすめの転職エージェント

第二新卒でコンサルに転職したい人におすすめの転職エージェントは以下の2つです。

第二新卒でコンサルに転職したい人におすすめの転職エージェント

アクシスコンサルティング

名前アクシスコンサルティング
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代30代〜50代
対応エリア全国
オンライン面談あり
得意分野・業界コンサルティング
公式HPhttps://www.axc.ne.jp
詳細を見る
運営会社名アクシスコンサルティング株式会社
拠点東京都千代田区麹町4-8 麹町クリスタルシティ6F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段電話・メール
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
アクシスコンサルティングの特徴
  • コンサル業界に特化したエージェント
  • 現役コンサルタントの転職支援数No.1
  • シニアコンサルタント以上の入社実績No.1

アクシスコンサルティングは、コンサル業界に特化した転職エージェントです。創業から20年間で、5,000人以上の現役コンサルタントと75,000人以上の転職志願者を支援してきた実績があり、現役コンサルタントの支援数No.1も獲得しています。

求人の約77%が非公開なので、一般公開されていない優良案件を多数保有しています。またアクシスコンサルティングの平均支援期間は3年間と長く、「生涯のキャリアパートナー」を目指して中長期的なキャリアプランを提案してくれるのが特徴です。

業界に精通したキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、第二新卒やコンサル未経験の方でも、安心して利用が可能です。

どちらかというとコンサル向けですが、アクシスコンサルティングは割とオススメです。
監査法人のアドバイザリー部門であればコネクションを持っていますし、面接対策等丁寧に対応してくれます。

— みやび (@miyabi_fas) December 17, 2019

アクシスコンサルティング懐かしいなぁ。当時の担当者は、ペーペーの私に熱意を持ってアドバイスしてくれたし、鬱で休職した時は転職活動やめなさいと至極真っ当なことを言ってくれたけどね
要は人だと思うけど。家族を幸せにするんだ!と言っていた彼は今元気かしら https://t.co/mMp1zfeIlC

— コロナ無職ちゃん (@etteluoRnaissuR) June 27, 2021

\第二新卒・未経験でも安心/

あわせて読みたい
アクシスコンサルティングの評判・口コミ|実際の利用者によかった点や悪かった点の体験談を聞いてみた アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化した転職エージェントです。 生涯のキャリアパートナーとして、あなたに合ったキャリアプランを提案してくれます。 本記...

JACキャリア

JACキャリア
【公式】https://www.jac-career.jp/
名前JACキャリア
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界ハイクラスの20代
公式HPhttps://www.jac-career.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14階
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段電話・メール
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
JACキャリアの特徴
  • 20代向けのハイクラス転職支援サービス
  • IT・戦略コンサルタントの求人多数
  • 実績豊富な運営元だから10年後のキャリアが見える

JACキャリアは、ITや戦略コンサルタントの求人を多数保有している20代向けのハイクラス転職に特化したエージェントです。

運営元である株式会社ジェイエイシーリクルートメントは、JACキャリア以外にも以下の事業を展開しています。

株式会社ジェイエイシーリクルートメントの事業展開

常日頃から30~50代のハイクラス転職を支援している実績があるからこそ、20代では企業でどんな経験を積めるのかを理解し、第二新卒やコンサル未経験の方にも、10年後のキャリアを見据えた求人を提案してくれます。

JACキャリアに登録をして、将来を見据えたコンサル転職を成功させましょう。

SNSでは良い口コミ・評判が見つからなかったため、インターネット上で見つけたJACキャリアの良い口コミ・評判を紹介します。

Review Image
男性(20代)
20代のハイクラス転職に特化しているだけあって、将来を見据えた求人提案はさすがだと感じました。今後管理職を目指す20代は利用すべき転職エージェントだと思います。採用が見送られてしまった時も原因をフィードバックしてくれ、次に活かすことができました。
Review Image
男性(20代)
担当コンサルタントの知識が豊富で、仕事内容や業界の動向など専門的なやりとりができました。紹介してくれた求人は全て質が高く、外資系の求人も強いイメージです。専門性の高い転職を目指すならおすすめの転職エージェントだと思います。

\IT・戦略コンサルの求人多数/

あわせて読みたい
JACキャリアの評判・口コミは?実際の利用者の声からわかるメリット・デメリットを解説 JACキャリアはIT・デジタル領域/管理部門の求人を豊富に扱う、20代のハイクラス人材に特化したサポートが受けられる転職エージェントです。 本記事では、利用者の声から...

第二新卒でコンサルに転職して後悔するポイント

第二新卒でコンサルに転職して後悔するポイント

第二新卒でコンサルに転職して後悔するポイントを2つ紹介します。

第二新卒でコンサルに転職して後悔するポイント
  • 長時間労働になりやすい
  • 成果主義でプレッシャーが大きい

コンサルタントは顧客の問題を解決するため、プロジェクトの進行に伴い長時間労働になることが多いです。プライベートとのバランスが取れないときがあるので、注意が必要です。

コンサルタントは常に成果が求められます。目標達成のプレッシャーが大きいので、達成できないときやプロジェクトが立て込んだ場合、ストレスを感じてしまうかもしれません。

第二新卒でコンサルに転職したい人からよくある質問

第二新卒でコンサルに転職したい人からよくある質問

第二新卒でコンサルに転職したい人からよくある質問を5つ紹介します。

コンサル業界の平均年収は?

コンサルタントの平均年収は410万円で、月給に換算すると34万円、初任給は21万円が相場です。国税庁が発表した「令和3年分 民間給与実態統計調査」によると、全国の平均年収は443万円でした。

コンサルタントの平均年収は全国の平均年収と比較すると低いですが、勤務先や経験、保有スキルによって大きく異なる傾向にあります。

第二新卒は社会人何年目までが含まれる?

第二新卒に明確な定義はありませんが、一般的には1年目から3年目までを指します。
「〇歳までは第二新卒」といった年齢制限もなく、採用する会社によっても第二新卒の概念は異なります。

第二新卒でコンサルに転職するには学歴が必要?

学歴はコンサルタントへ転職する際の1つの採用基準とされています。実際にコンサルタントとして活躍している人には、高学歴が多い傾向にあります。

ただし能力や適性、経験等も重視されるので、学歴が全てではありません。

未経験の第二新卒がコンサルに転職するのは難しい?

第二新卒なおかつコンサル未経験者でも、自分の可能性や将来性をアピールすれば転職は可能です。ただコンサル未経験の場合は、転職エージェントのサポートが必要不可欠です。

転職エージェントを利用すると、業界の動向や求人企業の内部事情を教えてくれたり、選考対策をしてくれたり、さまざまなサポートが受けられます。

第二新卒でもBIG4のコンサルに転職できる?

BIG4とは、世界的な会計事務所グループ「デロイト、PwC、EY、KPMG」の4社を指します。

BIG4は150カ国以上の国や地域に所在するメンバーファームや関連会社を持つ大企業で、会計・監査・税務からコンサルティングまでを提供し、世界の主要企業に対して広範な業務を行っています。

過去、第二新卒でBIG4のコンサルに転職した事例もあります。求人があれば、転職できる可能性もあるでしょう。ただ転職難易度は高いので、英語力や専門知識は必要です。

あわせて読みたい
第二新卒でコンサルBIG4への転職は可能?各ファームの採用傾向や転職成功のポイントを徹底解説 本記事でわかること コンサルBIG4における第二新卒の採用傾向 コンサルBIG4への転職を成功させるための選考対策 コンサルBIG4を目指す第二新卒におすすめの転職エージェ...

第二新卒でコンサルに転職したいなら転職エージェントを活用

第二新卒がコンサルへ転職するためには、入念な業界・企業分析をもとに、転職の希望理由をストーリー立てて話せるようにしなければなりません。

コンサルに特化したアクシスコンサルティングなら、業界を熟知したキャリアアドバイザーが自己分析や業界・企業分析のサポートをしてくれたり、面接対策をしてくれたり、非公開求人を紹介してくれたりします。

アクシスコンサルティングに登録をして、第二新卒のコンサル転職を成功させましょう。

\非公開求人を多数保有/

第二新卒でコンサル業界へ転職を目指す人におすすめの記事

[コンサルティングファーム関連記事]

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ