MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

第二新卒で入りやすい業界は?転職を成功させるためのポイントやおすすめの転職エージェントを紹介

第二新卒として転職活動を始める際に、入りやすい業界を把握しておくことが大切です。第二新卒が転職しにくい業界を選んでしまうと、なかなか内定をもらえない可能性があります。

本記事では、第二新卒が入りやすい業界について解説しています。転職を成功させるためのポイントやおすすめの転職エージェントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

第二新卒が転職しやすい主な業界

第二新卒が転職しやすい主な業界

第二新卒の転職では未経験からでも仕事に取り組みやすく、今後も伸びる可能性が高い業界を目指すのがおすすめです。第二新卒が転職しやすい主な業界には以下の5つがあります。

第二新卒が転職しやすい主な業界
  • IT業界
  • 製造業界
  • 接客業界
  • 運送業界
  • 専門商社

IT業界

インターネットを活用したサービスや事業は急速に成長しており、IT人材は圧倒的な人手不足に陥っています。経済産業省が行った調査によると、2030年には約45万人のIT人材が不足する見込みです。

2022年現在でも人手が足りていないため、IT業界では第二新卒を積極的に採用しています。

IT業界にはパソコンやWebに関する知識が必要ですが、インターネットとともに育ってきた若年層は未経験から転職しやすいのがアドバンテージです。

またIT業界にはベンチャー企業が多く、第二新卒が持つポテンシャルの高さを求めています。そのため仕事に対する熱意を示せば、未経験でも採用してもらえる可能性が十分にあるでしょう。

あわせて読みたい
【今がチャンス!】IT転職でおすすめの転職エージェント・転職サイト11選|IT向け転職エージェントの特... IT業界は人材が不足しており、転職先を見つけやすいのが特徴です。求職者1人に対して求人数6.82件という、他の業種よりも飛びぬけて高い数値をつけています。※2021年7月...

製造業界

製造業界には未経験から始められる仕事が多く、働きながらスキルや経験を身につけられるのが特徴です。そのため、職歴が浅く転職に自信がない第二新卒でも、自分がスキルアップできる企業を見つけられます。

製造業界は営業などのようにノルマがなく、マニュアルに沿って自分のペースを崩さずに働けるのが魅力です。働きやすい環境づくりに力を入れる企業もあり、長く働き続けたい方にも適しています。

また働きながらスキルを身につければ、工業関連の資格取得も目指せるでしょう。ものづくりに興味のある方は製造業界もチェックしてみてください。

接客業界

接客業界は人と接することや、おもてなしをするのが好きな方に適しています。特別な資格が必要ないので、若年層で仕事に活かせる資格がない第二新卒でも転職しやすい業界です。

特に飲食・販売・宿泊の3職種は人手不足であり、未経験でも応募できる求人がたくさん見つかります。

接客業界でも業務内容はマニュアル化されているため、研修後はすぐに業務に取り組めるでしょう。学生時代のアルバイトで接客を経験している方なら、仕事にも馴染みやすいです。

また新型コロナウイルスの流行が収束したあとには、接客業界でのさらなる人手不足が予想されます。

接客が好き・得意な方は、接客業界も視野に入れておきましょう。

運送業界

インターネット通販が急激に増加したことで、運送業界も人手不足の状態です。経済産業省の調査によると、2019年から2020年にかけて物販系分野の市場が21.71%拡大しています。

新型コロナウイルスの影響でインターネット通販の需要が高まっているため、この状況は2022年以降も続く見込みです。

運送業界では未経験者を積極的に採用しており、第二新卒の採用枠を設ける企業も珍しくありません。3~4月は運送業界への転職が多く、新卒社員と同時に研修や教育を受けられるので、未経験から転職しても安心です。

教育体制が整った業界で未経験から仕事を覚えたい方には、運送業界への転職もおすすめです。

専門商社

第二新卒が入りやすい業界のひとつに専門商社があります。専門商社は特定の商品のみを扱っており、企業数が多いため総合商社よりも転職しやすいのが特徴です。

扱う商品の幅が狭く、未経験からでも専門知識を身につけて仕事に取り組めます。

また営業職としての求人が豊富であり、営業職も未経験から転職しやすいのが魅力です。社会人として最低限のビジネスマナーが身についた第二新卒であれば、スムーズに現場に馴染めます。

専門商社よりも総合商社に転職したいという声もありますが、未経験から総合商社への転職は難易度が高くおすすめしません。

あわせて読みたい
総合商社への転職は難しい?未経験から商社への転職難易度が高いと言われる理由を解説 総合商社は年収が高く安定感のある仕事のため、入りたいと考えている人も多いでしょう。 しかし総合商社は中途採用では入るのが難しいと言われています。総合商社への転...
あわせて読みたい
【比較】営業転職でおすすめの転職エージェント13選|営業に強い総合型と特化型のエージェントをそれぞ... 営業職はニーズが多く、転職先を見つけやすいのが特徴です。国内の労働者数のうち、約10%が営業職として働いています。 出典:ミイダスマガジン 数多くの企業から求人...

第二新卒が転職する前に知っておくべき転職事情

第二新卒が転職する前に知っておくべき転職事情

第二新卒が転職活動を始める前に知っておくべき転職事情には以下の3つがあります。

第二新卒の転職事情
  • 第二新卒はキャリアチェンジしやすい
  • 転職で前の会社より待遇が良くなることがある
  • 第二新卒が見られている部分はポテンシャル

第二新卒はキャリアチェンジしやすい

第二新卒の転職では、経験やスキルが少ないことで自己評価が低くなりやすい傾向があります。

しかし、ポテンシャルを重視した第二新卒の採用が多く、実際のところはキャリアチェンジしやすいことを覚えておきましょう。

転職後の職種・業種
※引用:マイナビ転職

マイナビ転職の調査によると、第二新卒の約80%が転職を機会に新たな業種・職種にチャレンジしています。

また第二新卒であれば家庭を持つ方も少なく、もし転職に失敗しても再挑戦しやすいのもメリットでしょう。そのため、第二新卒の転職は積極的な姿勢で取り組むのがおすすめです。

転職で前の会社より待遇が良くなることがある

第二新卒は転職後に新卒と同じ扱いになるため、現職よりも待遇が下がると言われるのが一般的です。しかし、必ずしも待遇が下がるわけではなく、転職後に給料アップに成功したケースも存在します。

例えば、給料の最低水準が低い業界から高い業界に転職した場合、待遇の改善を望めるでしょう。また中小企業から大企業への転職でも、充実した福利厚生を保証してもらえる可能性があります。

ただし、転職後の待遇改善を求めるのであれば、企業の待遇をしっかり確認したうえで応募しなければなりません。

第二新卒が見られている部分はポテンシャル

第二新卒の採用面接で重視される部分はポテンシャルの高さです。社会人経験があるとは言え、いきなり即戦力は求められないので安心してください。

社会人に必要な常識やマナーをすでに身につけた第二新卒は、経験やスキルではなく応募企業に対する熱意が注目されています。つまり企業にどのように貢献してくれそうかや、先行投資するべき人材かを評価されているのです。

そのため、経験やスキルに自信がなくても、入社後の明確なキャリアプランを伝えることで採用される可能性が高くなります。

あわせて読みたい
第二新卒はポテンシャル採用が重視!就職しやすい業界や転職を成功させるポイント、おすすめの転職エー... 新卒入社後2〜3年である第二新卒の転職では、スキルや経験よりも特性や潜在的な能力を重視するポテンシャル採用が広がっています。 自分のポテンシャルに気付き、ポテン...

第二新卒は未経験の業界に転職しやすい理由

第二新卒は未経験の業界に転職しやすい理由

第二新卒が未経験の業界に転職しやすいのは、ポテンシャルの高さや仕事への熱意を重視して採用が行われるからです。

一般的に企業は第二新卒に即戦力を求めていません。その代わり、社会経験が少ないために柔軟で適応力が高い部分を評価しています。

第二新卒は前職のやり方にこだわらないので、上司や先輩の指示に従って柔軟に仕事を進められる点も採用する企業側のメリットです。

また新卒のように一から育成する必要がなく、育成コストを削減できることも第二新卒を積極的に採用する理由でしょう。

第二新卒からの転職で意識したい転職先の選び方

第二新卒からの転職で意識したい転職先の選び方

第二新卒からの転職で意識したい転職先の選び方には以下の3つがあります。

転職先の選び方
  • 平均年収が高い業界を選ぶ
  • 福利厚生が充実している企業・業界を選ぶ
  • 将来的な成長が見込める産業を選ぶ

平均年収が高い業界を選ぶ

第二新卒の転職では、平均年収が高い業界を知ったうえで転職活動を行うのがおすすめです。

例えば、市場が順調に拡大しているIT業界や大手企業は平均年収が高い傾向があります。年収が下がりやすい第二新卒の転職であっても、転職先によっては年収アップを目指せるでしょう。

ただし、平均年収が高い業界や企業には人気が集中するので、内定獲得の難易度が上がることも覚えておいてください。

福利厚生が充実している企業・業界を選ぶ

転職先として選んだ企業や業界によっては、過酷な労働環境で働かなければならない場合があります。やる気や熱意があっても、残業や休日出勤が多くては再転職を検討してしまうかもしれません。

後悔のない転職を行うためにも、福利厚生が充実している企業・業界を選ぶことが大切です。応募する企業を決める際には、年間休日日数や残業の有無を必ず確認してください。

あわせて読みたい
年間休日105日はしんどいからやめとけ!年間休日105日から脱出する方法を紹介 本記事でわかること 年間休日が105日がやめとけと言われる理由 完全週休2日制と週休2日制の違い 年間休日105日でしんどいと感じた時の対処方法 年間休日105日を12ヶ月で...

将来的な成長が見込める産業を選ぶ

第二新卒が転職する際には、長く1つの企業で継続して働けるように、将来性のある産業かどうかを見極めることも大切です。企業の将来性を見極めるには、業界や企業の研究を入念に行わなければなりません。

しかし、今の職場で働きながら1人で企業研究を進めるのは難しいでしょう。

効率良く企業研究を行うには、転職のプロに頼るのもひとつの方法です。自分だけでは企業の将来性が見極められない方は、今すぐ転職エージェントに相談してみてください。

第二新卒の転職で注意したいポイント

第二新卒の転職で注意したいポイント

第二新卒の転職では、以下3つのポイントに注意して転職活動を行いましょう。

注意したいポイント
  • 自己分析を行ったうえで転職先を選ぶ
  • 自分の頭だけで考えず専門家に頼る
  • 第二新卒の転職は新卒のときの就職活動よりも準備が必要と認識する

自己分析を行ったうえで転職先を選ぶ

第二新卒の転職では自己分析を行ったうえで転職先を選びましょう。

自分のやりたいことを見つけ、自分に合った職場に転職するために自己分析は必要不可欠です。就活のときに自己分析を行っていても、社会人を経験したことで分析結果が変わる可能性があります。

あわせて読みたい
【落ちるの?】第二新卒転職の適性検査対策まとめ |おすすめ参考書と落ちる確率を下げる方法 転職活動で、苦手な人も多いのが適性検査です。テストなので対策せずに臨むのは、リスクがあります。 新卒の就職活動のときも、適性検査やWEBテストを受けたという方も...

自分の頭だけで考えず専門家に頼る

第二新卒の転職を成功させるには、自分だけで転職活動を進めずに専門家に頼ることも必要です。

転職する際には検討すべき事項や、収集しなければならない情報がたくさんあります。効率良く転職を成功させるためにも転職エージェントに登録して、専門家のサポートを受けるのがおすすめです。

あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...

第二新卒の転職は新卒のときの就職活動よりも準備が必要と認識する

第二新卒の転職は、新卒時の就職活動よりも入念な準備が必要です。

例えば求人への応募ではエントリーシートではなく、履歴書・職務経歴書を提出しなければなりません。また募集人数もひとつのポジションで1~若干名程度なので、就活と比べて入社へのハードルが高くなります。

第二新卒の転職の成功には転職エージェントの利用がおすすめ

第二新卒の転職を成功させるには、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントの中には第二新卒向けのサポートを行うところがあり、未経験からでも転職しやすい業界や企業の情報が手に入ります。

履歴書・職務経歴書を添削してもらえるので、作成の仕方がわからない方でも安心です。

また第二新卒だからこそアピールできるポイントを教えてもらえる点でも、転職エージェントの利用をおすすめします。

第二新卒を専門にサポートする転職エージェントには必ず登録しておきましょう。

第二新卒におすすめの転職エージェント|20代の転職に特化「マイナビジョブ20’s」

名前マイナビジョブ20’s
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対象エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界全業種
公式HPhttps://mynavi-job20s.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビワークス
拠点東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】

マイナビジョブ20’sは第二新卒を専門的にサポートする転職エージェントです。2,900件を超える求人の約70%が未経験OKであり、第二新卒で入りやすい業界の求人が豊富にそろっています。

登録すると精度が高いと評判の「マイナビジョブ20’s適性診断」を無料で利用できるのも魅力です。転職したいけれど自分に合った業界・職種がわからないという方でも、適性があり長く続けられる仕事を見つけられます。

また応募書類の添削や面接対策だけでなく、給与など条件交渉まで行ってもらえるので、第二新卒の転職で今の会社より条件を下げたくない方にもおすすめです。

あわせて読みたい
マイナビジョブ20’sの評判、口コミは?実際の利用者の体験談からわかる魅力とは? 第二新卒で転職活動をする人にとって気になるのが「第二新卒特化型エージェント」です。大手の第二新卒特化型エージェントで、圧倒的おすすめは「マイナビジョブ20's」...

第二新卒は転職エージェントに登録して確実に転職を成功させよう

第二新卒の転職を成功させるには、入りやすい業界・職種を研究してしっかりと対策しなければなりません。1人で転職活動に取り組むと効率良く対策できないので、転職エージェントを利用してください。

第二新卒の転職には、20代向けの転職サポートに特化したマイナビジョブ20’sがおすすめです。無料の適性診断とキャリアアドバイザーのWサポートで、自分にぴったりの転職先を見つけられます。

転職エージェントに登録して、第二新卒の転職を確実に成功させましょう。

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

広島県呉市生まれ。高校卒業後は地元中堅企業で製造部門を6年経験。その後、Webマーケティング業界へチャレンジしたいと思い、SEO対策を中心に行う大阪のベンチャー企業へ入社。2022年1月からはフリーランスとして、転職希望者が「自分らしくよりよい人生を歩めるように」をモットーに活動中。自身の経験を踏まえた、転職系記事や求人広告のライティング、キャリア支援などを行なっている。転職経験者としてだけでなくキャリア支援者の視点をもとに、記事コンテンツを制作している。

気になる見出しをタップ