MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

現場監督からおすすめの転職先は?他の仕事へ転職するメリットや注意点を解説

現場監督は施工管理とも呼ばれ、主に建設現場で現場を取り仕切る責任者としての役割を担う職業です。

非常に重要なポジションである反面、肉体労働や残業など負担が大きく、転職を考える人も少なくありません。

本記事でわかること
  • 現場監督からおすすめの転職先
  • 現場監督から転職するメリット
  • 現場監督からの転職でおすすめのエージェント

転職を考えているなら、マイナビエージェントに登録して転職をサポートしてもらいましょう。適職がわかるほか、忙しい中でも転職活動の負担を減らせます。

\現場監督からの転職に強い!/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

現場監督から他の仕事へ転職する主な理由

現場監督から他の仕事へ転職する主な理由

現場監督は心身共に負担が大きく、転職を検討する人も少なくない職業です。

実際に現場監督の人はどのような悩みを抱えて転職を考えるのでしょうか。

ここからは、現場監督から他の仕事へ転職する主な理由について解説していきます。

体力的にしんどくなった

現場監督を経験したことのない人は、「現場監督は監督だから、職人さんみたいに動かないのでは?」と思うかもしれません。

しかし、実際の現場監督は現場の掃除を中心にとにかく一日中動き回っています。

さらに、現場の作業が終わってからは事務作業が待っており、定時には退社できません。

休日も出勤することもあり、時間がいくらあっても足りないという意見もあります。

また職人さんの手伝いをすることもあるので身体的にきつく、こういった理由で辞めたくなる人が多いようです。

あわせて読みたい
激務で辞めたいあなたへ。無理して壊れてしまう前に転職を考えよう! 毎日の仕事で消耗しきっていませんか? 朝早く眠い目をこすりながら出社し、家に帰れば深夜過ぎ、家には「寝るためだけに帰る」という人も多いでしょう。 このまま激務...

残業や土日出勤がきつくなった

現場にもよりますが、現場監督は残業の多い職種です。

朝は職人さんよりも早く出勤して現場の掃除、職人さんが帰ってからは事務作業に終われる日々で土日出勤も少なくありません。

特に現場作業は工期が決まっているため、工期の進捗状況により忙しさも左右されます。

肉体労働であることや天候も影響するため、休日でさえ予想外のトラブルに備えなければいけません。

遊びに行く時間もなく仕事ばかりになってしまうため、嫌気がさしてしまうこともあるでしょう。

あわせて読みたい
毎日残業なのはおかしい?疲れてストレスが限界に達したときにおすすめの行動を紹介 結論毎日残業がきついなら転職を検討すべき! 今のままストレスを抱えながら働くと、最悪の場合、うつ病になったり、精神疾患になったりする可能性があります。 そうな...

職人との人間関係が悪くなった

現場監督は職人さんとの人間関係が重要です。

現場監督は中間管理職的な役割なので、職人さんとの板挟み状態に悩む人もいます。

上司の指示も聞くのは重要ですが、実際に現場を回しているのは職人さんです。

職人さんとの付き合いがうまくいかず、人間関係が悪化してしまうと仕事が回しにくくなってしまい、居心地も悪くなってしまいます。

人間同士なので合う合わないはありますが、人間関係での退職は現場監督を問わずよくある退職理由です。

あわせて読みたい
退職理由が「人間関係」では転職面接でマイナス評価になる?正直に伝えるべきか解説 会社を辞める理由として最も多いのが「人間関係」です。一度悪くなった人間関係を修復するのは困難で、こちらから歩み寄っても相手にその気がなければ益々関係はこじれ...

現場によって住む場所が変わるのがきつい

建設現場に出て働く場合は、1つの現場作業が終了すると次の現場での仕事になります。

つまり現場によって出勤する場所が変わるため、それがきついというのが退職理由の1つです。

交通アクセスに優れた都心を中心とした仕事は問題ないかもしれませんが、交通アクセスの悪い地方の現場ともなると、住む場所を変える必要もあります。

現場によって残業時間や環境もかわるため、結婚を考える人には深刻な悩みです。

次の現場の心配をして、精神的にもしんどいのはいやですよね。

あわせて読みたい
全国転勤はやめとけ!全国転勤が辛くて後悔する5つの理由と3つの対処法 「全国転勤のある大企業に入って後悔している」、「地方に転勤になってつらい」という方は多く、離職率も高いです。 独立行政法人労働政策研究・研修機構が2017年10月に...

現場監督からおすすめの転職先

現場監督からおすすめの転職先

ここからは、現場監督からおすすめの転職先をご紹介します。

現場監督で抱えていた不満を解決しつついままで培ったスキルも活かせる職業なので、ご紹介する職種に興味のある人はぜひ詳しく見てみましょう。

現場監督からおすすめの転職先

ディベロッパー

ディベロッパーは「土地や街の開発事業者」のことを指します。

不動産業界の立ち位置としては売主側で、マンション開発や土地開発のプロジェクトマネジメントや品質管理を行います。

ディベロッパーの魅力は、現場監督が抱える働き方の悩みを解消できることです。

ディベロッパーなら定時に上がれることも多くワークライフバランスも取れますし、大きな企業が多いので年収アップも狙えるでしょう。

また、同業界なので前職の経験を活かせるのも強みです。

不動産仲介

不動産仲介も同業界のため、前職の知識やスキルなどを活かせる可能性がある職業です。

不動産仲介は、売り手と買い手の間に立って契約を行う仲介業者で、大きく「売買仲介」と「賃貸仲介」に分類されます。

現場監督から不動産仲介に転職するメリットは、肉体労働から解放されることや年収アップが狙えることです。

また、現場のように仕事場がよく変わる心配もないため、生活設計が立てやすい職業と言えるでしょう。

ハウスメーカー

同業種なら、自社で住宅の施工や販売を行うハウスメーカーに転職するのも選択肢の1つです。

ハウスメーカーにも施工管理の業務はあるため、転職もしやすく小さい規模感の現場で仕事ができます。

他にゼネコンに比べておすすめできる点としては、大手だと待遇が良いことや、顧客に直接感謝されてやりがいを感じられるところです。

今の仕事に慣れてしまってイチからやり直すのに抵抗がある人は、ぜひ検討してみてください。

工務店

工務店はハウスメーカーよりも狭い範囲での住宅工事(リフォームや増築など)を請け負う職種です。

ハウスメーカーと同様、同業種なので転職のハードルとしては低いでしょう。

ハウスメーカーと違う点は、工務店は地域密着型の企業が多いことです。

また、小規模な企業も多く存在します。

地元での作業が多くなるため、現場が遠くて悩む心配はありません。

地域に貢献がしたい人や、慣れた環境で仕事がしたい人にはおすすめの転職先です。

あわせて読みたい
施工管理から転職を考えている20代におすすめの転職先を紹介|異業種にキャリアチェンジできる? 施工管理とは、建設現場の全体的な管理を行い、現場の技術者たちを監督する仕事です。 一般的には肉体労働や残業の多いハードワークとして知られており、異業種に転職を...

現場監督から他の仕事へ転職するメリット

現場監督から他の仕事へ転職するメリット

激務の現場監督から他の仕事へ転職するメリットはさまざまありますが、以下では代表的なメリットを具体的にご紹介します。

ご紹介するほかにも企業によっては転職によって解決することがあるかもしれないので、自分の悩みと合わせて参考にしてみてください。

事故に合う可能性を下げられる

現場では常に細心の注意を払っていても、事務所で仕事をするよりは危険がつきものになっています。

特に、万が一事故が起きてしまった場合は、責任を問われることにもなりかねないのが現場監督です。

一生懸命に仕事をしても、どうしようもない赤の他人の事故で責任を追うのはいやですよね。

転職すれば、事故に遭って怪我をする確率もずっと下がりますし、身の危険に対して気を張っている必要もありません。

精神的にも肉体的にも楽になる可能性は高いので、大きなメリットだと言えるでしょう。

時間に余裕ができる

転職すると時間に余裕ができるのは、嬉しいメリットです。

現場監督の仕事は、朝は職人さんよりも出勤して掃除など、業務中はあちこち動き回って気を張って、定時後は事務作業と激務です。

また、残業に加えて休日出勤も日常茶飯事なので、休日を満喫する暇もありません。

週休二日制の企業や残業なしの企業などは、世の中にたくさんあります。

そういった企業に転職すれば、残業が減るぶん自分のプライベートに使う時間が増えるでしょう。

趣味や仲間との遊びにも休日が調整できるため合わせやすく、プライベートが充実するはずです。

あわせて読みたい
年間休日105日はしんどいからやめとけ!年間休日105日から脱出する方法を紹介 本記事でわかること 年間休日が105日がやめとけと言われる理由 完全週休2日制と週休2日制の違い 年間休日105日でしんどいと感じた時の対処方法 年間休日105日を12ヶ月で...

住む場所が安定する

住む場所が安定するのは、普通の人が考えている以上に大きなメリットです。

現場監督はその建設現場での作業が終われば次の現場へ移るので、細かく仕事をする場所が変わります。

そして、現場によっては転勤が発生する場合もあり、引っ越しを余儀なくされてしまいかねません。

通勤ストレスや転勤のストレスは大きいものです。

別業種に転職するだけでも転勤の可能性はずっと少なくなりますし、住む場所が安定します。

特に、結婚などを考えている人にとっては、新生活の安定のためにも転職するのは選択肢として十分視野に入るでしょう。

現場監督から他の仕事へ転職するときの注意点

現場監督から他の仕事へ転職するときの注意点

転職すると生活面や給与面なども大きく変化するので、それが不満に感じる場合もあります。

以下では、現場監督から他の仕事へ転職するときの注意点についてご説明するので、転職して後悔しないようにチェックしておきましょう。

現場監督から他の仕事へ転職するときの注意点

給料が減る可能性がある

転職先によりますが、転職すると給料が減る可能性が注意点として挙げられます。

現場監督は勤務時間が長く休日出勤も多いため、主に残業が減って残業代が減るといった形です。

この残業代の給与をどうとらえるのかは、人次第と言えます。

「残業しなくてよくなった代わり」と前向きにとらえる人は転職すべきですが、「残業してでもお金を稼ぎたい」と思う人は転職を考え直すべきかもしれません。

しかし、残業代も込みで同じ給与の別業種なら転職の可能性を捨てなくても済むので、まずは業界研究をしてみることをおすすめします。

転職先を見つけてから退職する

「日々の業務で忙しくて転職先を探す暇がない!」という方も、できるだけ転職先を見つけてから転職しましょう。

転職先を見つける前に辞めてしまうと、職が見つかるまではお給料が入らなくなってしまい、焦りによる転職先の妥協やストレスにつながります。

一度休んでしまうと生活リズムを戻すのも大変なので、余程のことがなければ即辞めるのはおすすめしません。

即辞めた方が良い場合は、心身に異常をきたしそうになっているときや、大きなトラブルに巻き込まれそうな時です。

現場監督が転職後活かせるスキルとは?

現場監督が転職後活かせるスキルとは?

現場監督が転職後でも活かせるスキルをピックアップしました。

転職を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

現場監督が転職後活かせるスキル
  • 建築施工管理技士
  • 電気工事施工管理技士
  • 管工事施工管理技士

現場監督におすすめのスキルは、現場での経験が役立つものが多いです。

建築施工管理技士は建築工事の施工計画を作成し、現場では建築物の質的な向上を支えるために重要な資格です。

電気工事施工管理技士は現場での配線や電気系統などの施工管理ができる資格で、電気工事の現場でも活かせます。

管工事施工管理技士は配管工事の施工計画作成や品質管理などを行え、さまざまな現場で重宝される資格です。

現場監督から他の仕事へ転職を成功させるためには?

現場監督から他の仕事へ転職を成功させるためには?

忙しい現場監督から他の仕事へ転職を成功させるには、効率よく転職活動をする必要があります。

まったく関係のない未経験の職種にジョブチェンジしたいなら、より入念な対策が必要です。

以下では転職を成功させるためにおすすめの方法をご紹介します。

転職エージェントのサポートを受ける

「忙しいんだから転職エージェントの面談なんてしてる暇ない」と思う方もいるかもしれませんが、忙しいからこそ転職エージェントは利用しましょう。

転職エージェントに頼れば自己分析や選考対策、企業選定など転職に際して手間のかかる行程の負担を減らせるほか、企業との日程調整もしてくれます。

結果的に転職にかかる時間を大幅に減らせるため、忙しい現場監督にはもっとも向いている手段です。

また、転職エージェントは登録企業をふるいにかけている場合も多く、ブラック企業をはじいているのでホワイト志向がある人にとっては企業を見極めるのが簡単になります。

あわせて読みたい
レア求人・ホワイト企業の求人の見つけ方を徹底解説|レア求人やホワイト企業の求人が見つからない原因は? せっかく転職するなら「レア求人に巡り合いたい」「給料が高い超ホワイト企業に転職したい」と思う方も多いでしょう。 ただ、自分で探してもなかなかレアな求人は見つか...

自己分析をして自分がどの仕事をしたいか明確にする

もし現場監督から別の仕事に転職したいなら、自己分析をして自分が何をしたいのかを明確にしましょう。

また、同時になぜ今の仕事を辞めたいのかも考えてください。

希望と不満が明確になれば、希望だけでなく不満も解消された仕事が見つかり、転職が成功に近づくはずです。

自己分析は自分1人で行うのではなく、転職エージェントに頼るか、診断ツールを使いましょう。

診断ツールで適職診断をするだけでも客観的に適職がわかりますし、転職エージェントならさらにそこから希望に沿った企業の応募もできてお得です。

現場監督から他の仕事へ転職するときにおすすめの転職エージェント

ここからは、現場監督から他の仕事へ転職するときにおすすめの転職エージェントを3つご紹介していきます。

なお、エージェントは非公開求人やサービスの関係で併用するのがおすすめです。

それぞれに特徴があるので、ぜひチェックしてみてください。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 20代~30代前半の転職に強い!
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーがいる!
  • 転職後の定着率97.5%!

マイナビエージェントは20代〜30代の転職に強く、特に20代に人気のある転職エージェントで、20代の転職エージェントのサービス満足度NO.1に選ばれています。

マイナビエージェントの強みは、各業界に太いパイプを持ち、企業情報に精通したプロフェッショナル力です。

いままでの転職サポートで培ったノウハウを持つキャリアアドバイザーがあなたを専任でサポートしてくれ、転職を成功へと導きます。

また、リクルーティングアドバイザーが定期的に登録企業へ足を運んで企業の求めている人材の情報を直接仕入れているため、マッチング力の高さも強みです。

自分に本当に合った優良企業に転職したい人は、ぜひ登録しましょう!

▼マイナビエージェントの口コミ

Review Image
利用者の声
初めての転職でしたが、職務経歴書や履歴書の添削、面談対策、スケジュール調整など全体的にサポートしていただきました。 おかげさまで転職活動中に勤めていた企業の業務と並行しても無理なく進めることができ、転職の目的を叶えられるような企業から内定もいただくことができました。 企業の面接ごとに、内情に詳しいエージェントの方から詳しい話を聞くことができたり、複数内定いただいた場合の相談にも乗っていただけたので心理面でもサポートいただいていました。オススメです!
Review Image
利用者の声
マイナビエージェントを利用して良かったというのが私の実感です。転職活動のテクニック面、精神面の両方で助けて頂き無事、内定を獲得する事ができました。

引用:GoogleGoogle

\20代~30代の転職に強い!/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

doda

【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
dodaの特徴
  • 業界トップクラスの求人数!
  • ハイクラス転職のノウハウが豊富!
  • 優良企業からスカウトが受け取れる!

dodaは総合型転職エージェントで、20代~30代の転職におすすめです。

dodaの強みはサポートの充実さで、豊富なツールやキャリアアドバイザーによる丁寧なサポートで、転職活動を効率よく進められます。

ツールには適正年収がわかる「年収審査」や人気企業の合格率がわかる「合格診断」などがあり、自分の市場価値の確認も可能です。

専任のキャリアアドバイザーからのサポートは、キャリアカウンセリングから求人の紹介から自己分析、書類の描き方、選考対策など多岐にわたります。

転職に必要なすべての作業を二人三脚でフォローしてくれるので、精神的にも大変な転職活動においてこれほど心強い味方はいません。

キャリアアップも可能なので、ぜひ登録しておきましょう!

▼dodaの口コミ

Review Image
利用者の声
今回の転職では結局ここ経由で決まりました。1番良かったと思います。 求人数と担当の対応が良かったです
Review Image
利用者の声
社会に出て20年、初めての転職活動で正しい履歴書の書き方すら覚えていないという状況で困っていました。そんな時に転職エージェントの存在を知り、DODAのお世話になりました。昔から知っている名前ですし、何となく安心感がありました。良かったのは、すぐに希望条件に合った求人を紹介してもらえた点です。転職活動は何かと大変だと言いますが、私の場合は初めてにもかかわらず非常に効率的に成功しました。履歴書や職務経歴書の書き方もしっかり教えていただきましたよ。

引用:みん評みん評

\自分の市場価値がわかる!/

あわせて読みたい
【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?実際に利用した方の体験談を紹介 転職エージェント業界は、まさに戦国時代です。大手と中小企業がたくさんあるため、結局どの転職エージェントがおすすめか分からない人も多いはず。 数ある転職エージェ...

リクルートエージェント

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1を獲得
  • 50万件を超える豊富な求人数
  • ほぼすべての業界、職種を網羅

リクルートエージェントは株式会社リクルートが運営する業界最大手のサービスなので、まず登録するなら筆頭候補に上がる転職エージェントです。

求人数は50万件以上でほぼすべての職種を網羅しているため、現場監督から他の仕事へ転職したい人もさまざまな選択肢があります。

また、非公開求人も多数扱っているのでまずは登録して相談してみましょう。

これまでに47万人の人が転職を成功させており、実績に基づいて適切な転職サポートが受けられます。

面談では専任のキャリアアドバイザーが丁寧にあなたの希望を聞いてくれるため、懸念点や現職の悩みを伝えましょう。

転職の最初から最後までを委ねるのにぴったりのエージェントです。

▼リクルートエージェントの口コミ

Review Image
利用者の声
細かいところまで親身に返信してくれたりする。職務経歴書や面接対策など添削してくれる。求人も圧倒的に多いし、日本のエージェントの中では一番だと思う。ここをメインに利用して他社をサブに利用するのが良いかも。
Review Image
利用者の声
ネットで検索していてトップの方に出てきたので選びました。見てみると、掲載数が非常に多く見やすいホームページで、転職成績実績NO.1ということでした。アドバイザーの方がとても親切にしてくれて親身になって相談に乗ってくれました。(後略)

引用:みん評みん評

\ 業界No.1の転職支援実績!/

あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...

現場監督から転職するなら転職エージェントを利用しよう!

現場監督は残業や休日出勤なので、自分1人で転職活動をするとなかなか進みません。

しかし、心身共に疲れ果てる前になんとか転職先を決めたいですよね。

できるなら転職先が決まる前に退職するのは避けましょう。

効率よく転職をするなら、転職のすべてをサポートしてくれる転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントなら、現場監督からの転職に強いマイナビエージェントがおすすめです。

ぜひ登録して、自分の希望をすべて叶えましょう!

\20代~30代の転職に強い!/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ