MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

食品メーカーの営業がきつい理由6選!辞めたいと感じたときの対処法を徹底解説

食品メーカーの営業は、一般的な営業職とは違う点があります。

本記事では食品メーカーの営業がきついと言われている理由や、メリット・やりがいを紹介します。食品メーカーの営業の特徴を知れば具体的に働いているイメージが湧くので、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • 食品メーカー営業の特徴
  • 食品メーカー営業のきついところ
  • 食品メーカー営業のやりがい

食品メーカーの営業を希望している方は、マイナビエージェントがおすすめです。マイナビエージェントは第二新卒や20代に強い転職エージェントなので、未経験募集の多い食品メーカーの営業と相性がいいからです。

\ 未経験からの転職をサポート!/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

食品メーカー営業がきついといわれる理由4選

食品メーカーの営業の仕事がきついといわれている理由は主に以下の4つです。

食品メーカーへの転職を検討する際の材料として知っておきましょう。

顧客・消費者から重大なクレームが発生しやすい

食品メーカーは食中毒や農薬残留・異物混入などが起きると事件に発展しやすい業界です。過去に大手製菓メーカーでも、消費期限切れの食材使用が社会問題となりました。

近年の度重なる事件や社会問題によって消費者の目が厳しくなっていますし、食品問題は生命に関わる恐怖心があるため、クレームが発生しやすいです。

消費者の被害の度合いによっては、大きな事件や事故に発展する場合もあります。自身が関わった食品で問題が発生すると、責任を感じてしまう方もいるでしょう。

努力がなかなか給料に反映されずストレスになりやすい

食品メーカーが営業している商品は、お菓子や野菜などの食品がメインです。そのため単価は、不動産や保険など他業種の商品に比べると安くなります。

利益率が低いため、契約を多くとっても構造的に給料は上がりにくいのが現実です。人によっては「頑張りが認められない」と感じてしまいます。

また、営業手法は既存顧客の商品の補充や、ヒアリングをして時々新商品を提案する「ルート営業」が主流です。新規営業をして成果報酬をもらうような営業スタイルは少ないので、給与面で不満に感じる方もいるでしょう。

問い合わせ・商談・イベント対応で土日出勤がある

食品メーカーの営業は月に数回土日出勤があります。飲食店は土日も営業が多いので、商談やイベントが土日になる場合もあるからです。

また飲食店はゴールデンウィークや年末が繁忙期です。食品メーカーの営業も飲食店の繁忙期に合わせてイベントや新商品の販売がされるので忙しくなります。

土日や祝日に出勤があると、家族や友人、恋人などとプライベートの予定を合わせにくいデメリットがあります。

1日の営業訪問件数が多いうえ、陳列や配送を手伝うこともあり体力的にきつい

食品メーカーの営業は卸業者から小売店・量販店などと契約を結んでいるので、1日の訪問件数が多くなりがちです。ルート営業でさまざまな顧客先を回りつつ新商品を提案できる新規顧客の開拓も行わなくてはいけません。

また営業担当が陳列や配送を行う場合もあります。多くの食品メーカーでは配送業務は別の会社に委託していますが、営業担当が陳列や配送を兼務しているケースもあるからです。
卸業者と関わっていると小売店の新店舗や改装の応援を打診され、配送や陳列業務を手伝うこともあるでしょう。

食品メーカー営業の仕事をきつい、辞めたいと感じたときの対処法

食品メーカーに転職しても仕事内容が思っていたのと違うと感じ、すぐに転職を決断する方も少なくないので、まずは以下の行動をとってみてください。

後悔しない転職をするためにも、順番に試してみるのがおすすめです。

クレームへの対応方法を学んで冷静に処理するマインドを養う

企業が食品の品質を徹底していても、人が介入する限り問題が発生しクレームは起こります。そのためにもクレームへの対応方法を身につけておく必要があります。

クレームの具体的な対応方法は以下のとおりです。

クレームの対応方法
  • 顧客の身体の状態を最優先
  • 関係機関と連携し原因を究明
  • 社内や社会に謝罪し発信

クレームが来たらまずは顧客の状態を確認しましょう。

本当に食品による問題なのかはわからないため顧客の身体を心配しながら話を聞き、医療機関への連絡を打診してください。

食品による問題だとわかったら、保健所に報告し食品の回収や厨房の中止を呼びかけます。そして関係機関と連携し本格的に原因を究明していきます。

原因が発覚したら、社内で情報を共有してください。そしてホームページやマスコミなどのメディアを活用し、謝罪と現在の状況・今後の対策を発信しましょう。

契約している企業にはメディアだけでなく、直接謝罪を伝えることも忘れてはいけません。

現状の労働環境がきついことを上司に打ち明ける

食品メーカーの営業がきついと感じたら、上司に相談しましょう。

「営業業務と物流の兼務がきつい」や「クレーム対応や急な依頼内容の変更により残業が多くてつらい」など具体的に伝えてみてください。場合によっては仕事量の調整や部署異動などで業務改善をしてくれる可能性もあります。

「上司に伝えても状況は変わらない」と考える方もいるでしょう。しかしきつい労働環境を1人で抱え込んではいけません。

誰にも打ち明けられないことで心理的に負担を抱えて業務が滞ってしまったら、後々大きな問題に発展してしまいます。現状の労働環境がきついことを打ち明けると気持ちが楽になることもあるので、まずは上司に相談してみましょう。

転職エージェントに相談する

「食品メーカーの営業を辞める」と決めたら転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントには以下のようなサービスがあり、あなたの転職活動をサポートしてくれるからです。

転職エージェントのサポート内容
  • 非公開求人の紹介
  • 履歴書の添削
  • 面接の練習
  • キャリアの相談

転職エージェントには公式サイトに掲載されていない高待遇の非公開求人を保有しています。

非公開求人の多くは人気企業で、掲載してしまうと応募が殺到してしまうため転職エージェントに登録しないと紹介してもらえない仕組みになっています。非公開求人を閲覧するためにも、転職エージェントの活用は必須です。

またキャリアアドバイザーが、スキルの棚卸しや転職活動の方向性などを一緒に考えてくれることで、本当に転職したい職場が明確になります。

あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...

食品メーカー営業の仕事を楽と考える意見もある

食品メーカーの営業がきついと考える人もいれば、楽と考える人もいます。食品メーカーの営業が楽と考える人の意見は以下のとおりです。

転職を決めるときは、両方の意見を参考にしてください。

>>メーカー営業がゆるいと言われる理由

社会のインフラを支える立場で需要が安定している

食品メーカーが営業している商品は、経済の打撃を受けにくく比較的需要が安定しています。そして経営基盤が安定している企業が多いため収入も一定です。

また年功序列で昇給していくような企業体質が多く、長く勤めることで収入を増やせます。安定志向の営業職に就きたい方にはおすすめです。

流通経路が決まっており問屋・ユーザーへの自社商品の提案のみに集中できる

食品を小売店や量販店に届ける際には、食品メーカーの間に卸業者が入ります。卸業者の役割は、在庫の調整や流通管理などです。

食品が店頭に並ぶまでの流れ
  • 食品メーカーが卸業者に自社商品を営業
  • 卸業者が在庫管理や出荷業務を行う
  • 小売店や量販店に商品が並ぶ

食品メーカーの営業は、自社商品を卸業者や小売店に営業することに時間を使えるのです。

参入障壁が高くライバルが少ない

食品メーカーを始めるには設備費用や在庫コストなどがかかるので、参入障壁が高いのが特徴です。そのため、競合他社が参入してくる可能性が低くライバルが少ないのです。

顧客から他社商品と比較されることが少ないので、新商品の提案も通りやすいでしょう。また多くの顧客は契約している企業が数社のみの場合が多く、契約を打ち切られたり価格競争に巻き込まれたりせずに働き続けられます。

食品メーカー営業へ転職するメリット・やりがい

食品メーカー営業の仕事には、以下のような多くのメリット・やりがいがあります。

食品メーカーに勤務したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

営業難易度や待遇面で働きやすい点がメリット

食品メーカーの営業は営業難易度が低く待遇が厚い企業が多いため、他業界よりも働きやすいのが特徴です。

営業はルート営業が基本で、新規営業に積極的に取り組み成果報酬を得るといったスタイルではありません。販売状況の確認や新商品のイベントの手伝い・ヒアリングなど既存顧客との信頼構築が優先されます。

営業成績によって成果報酬を支給する企業もありますが、積極的に提案するような営業スタイルではないので「営業がちょっと苦手」と感じている方にも向いています。

また食品メーカーの営業は、社宅・通勤手当が手厚い企業が多いのが特徴です。子育て世帯のための育児短時間勤務制度を導入している企業もあります。

担当店舗の棚に自社商品が陳列されたときのやりがい

商品が店舗に並ぶまでは多くの困難があるので、自社商品をコンビニやスーパーで見かけたときにやりがいを感じる方も多いようです。

たとえばプライベートブランド新規商品の選定はコンペで決まります。コンペとは各営業担当者が店舗に並べたい商品を持ち寄り、プレゼンテーションをして競うことです。

数名の小売店の担当者によって評価が下され、選ばれることで店頭に並べられます。コンペで勝ち抜き、店舗に並んだときはやりがいを感じるようです。

世の中から反響を得たときのやりがい

食品メーカーの営業の仕事は、自身がPRした商品が世間から注目される機会があります。

商品がテレビで取り上げられたり、実際に食品を手に取ったお客さんのリアクションが見られたりします。SNSへ投稿されれば、数字で直接反応がわかります。

自身が関わった食品が好評であれば、やりがいを感じるでしょう。

プロモーションイベントを成功させたときのやりがい

食品メーカーの営業は、新商品の販促をするために店舗でイベントを企画します。試食会や、バレンタイン・ハロウィンなど時期に合わせたイベントを実施します。

イベントを企画するのは、他部署と連携したりアイデアを考えたりと時間のかかる仕事ですが、上手くいき売上に影響するとうれしいものです。

またプロモーションイベントは、顧客と直接つながる機会でもあります。商品を買ってくれた方の喜んでいる姿が見られるのは、やりがいを感じる瞬間の一つです。

食品メーカー営業へ転職したい人におすすめの転職エージェントエージェント2選

食品メーカー営業へ転職したい人におすすめの転職エージェントは以下の2つです。

食品メーカー営業へ転職したい人におすすめの転職エージェントエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントのおすすめポイント
  • マイナビの独自求人がある
  • マイナビグループ全体で求人を探せる
  • 20代の転職に強いエージェント

マイナビエージェントは取引先の企業が多く、マイナビだからこそ掲載されている独自求人を取り扱っています。

またマイナビエージェントを活用することで、マイナビグループ全体の転職エージェントを利用できます。転職エージェントとして歴史の長い企業なので、食品業界の求人も多く保有しているでしょう。

食品メーカーの営業は、未経験からの応募も多数存在しています。マイナビエージェントは、第二新卒や20代の業界未経験の方でも応募できる求人が多いので、食品メーカーの営業に転職しやすいエージェントです。

食品業界への転職や他業界への転職で年収アップが実現できるでしょう。

スクロールできます
Review Image
Aさん
特別なスキルがないので転職活動はすごく嫌でしたし、自信もありませんでした。ただ現職の未来があまりにないので、ちゃんと安定して働けるような会社を見つけるために転職活動をしようと決意しました。 いくつかの転職サービスを使いましたがあっさりしているコンサルの方が多く求人はたまに送られてくるものの、エントリーしても書類でダメっていう感じが続いてました。 それからマイナビエージェントに登録したんですが、親切さにビックリしました。職務経歴書をしっかり作り直してくれ、私の希望条件である安定企業っていう点をしっかり照らし合わせて求人を紹介してくれました。 さらに、求人の選考が通りやすいように、私の推薦文を経歴に沿えてくれていたようです。後から内容を見せてもらいましたが「1つの事を最後までやりとげる力、辛い職場でも粘り強く我慢して働いてきたこと人間的に信頼できて明るい雰囲気」っていう感じを送ってくれてたようです。

引用:みん評

Review Image
Bさん
大手転職エージェントでしたし安心感がありました。前職の知識や技術を活かした転職先を探していましたが、相談に親身になって乗って頂けましたし、候補企業も幅広くピックアップして頂き、ミスマッチがないように配慮して頂けたのが印象的です。また、前職での悩みや転職に至った経緯などをしっかりとヒアリングした上で転職先を提案していイタダケタことも大きかったです。今後転職する機会が訪れた場合はこの転職エージェントを再度利用するつもりです。

引用:みん評

\ 未経験からの転職をサポート!/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

リクルートエージェント

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 求人数は35万件以上と日本No.1
  • 転職者の8割が利用
  • キャリアアドバイザーが優秀

リクルートエージェントは「株式会社リクルート」が運営している日本最大級の転職エージェントです。

求人数は日本最大級で、公開求人と非公開求人を含めると35万件以上あります。全職種を網羅しているので、食品業界への転職も可能です。

またリクルートエージェントのキャリアアドバイザーは積極的に提案してくれます。ヒアリングを通して、食品業界へ活かせるような転職活動の戦略を一緒に考えてくれるでしょう。

キャリアアドバイザーとの面接は土日にも対応しているので、働きながら転職活動をしたい方でも安心して進められます。

スクロールできます
Review Image
Cさん
はじめての転職活動で利用しましたが、結果的にここのエージェントを通して第一志望の会社から内定を頂けました。 担当の方がとても良い方で、履歴書や職務経歴書の添削だけでなく、面接台本の添削や、面接練習なども何度もして頂きました。 最終的に内定が出た際も朝一電話をしてくれて、一緒になって喜んでくださって嬉しかったです。

引用:みん評

Review Image
Dさん
まさか自分がこの歳で転職、しかも正社員になれるとは思ってなかったのでびっくりです。 とにかく受かりそうなところを教えてくれるので、あとはひたすらエントリー。面接まで行くのも大変な時代ですし、紹介してくれる会社の数が多いのはやっぱり強いと思います。 システムもしっかりしてるので他社より使いやすいと思いました。

引用:みん評

\ 求人数国内トップクラス/

あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...

食品メーカー営業への転職希望者からよくある質問

食品メーカー営業への転職希望者からよくある質問は以下の6つです。

食品メーカー営業の平均年収は?

食品メーカー営業の平均年収は以下のとおりです。

年代全体平均年収男性平均年収女性平均年収
20代395万円410万円372万円
30代530万円553万円454万円

引用:マイナビエージェント

金融庁のデータによると、日本人の平均給与は467万円です。食品メーカーの営業は、一般的な会社員よりも同じか少し高い傾向にあります。

年功序列な企業文化が根付いているので、経験年数と共に年収も高くなるようです。

また他業界と比較してみましょう。

業種20代30代
半導体・半導体製造機器メーカー461万円584万円
精密機器メーカー435万円584万円
機械・機械部品メーカー399万円534万円

引用:マイナビエージェント

30代になると、半導体や精密機械のメーカーとほぼ変わらない年収となります。

食品メーカー営業にスキル・資格は必要?

食品メーカーに特別なスキルは必要ないですが、以下のスキルはあるといいでしょう。

食品メーカー営業に必要なスキル
  • マーケティング
  • 調理の知識
  • 普通免許

食品業界は流行の変化が激しい世界です。そのため売れている商品の分析や観察するマーケティング力は大切です。

顧客に味やアレンジ方法を具体的に伝える必要があるので、最低限の料理の知識もあるといいでしょう。

食品メーカーの営業は、食品を配送したり営業で店舗を回ったりするので普通免許は必須です。

食品メーカー営業に向いている人の特徴は?

食品メーカーの営業に向いている人の特徴は以下のとおりです。

食品メーカー営業に向いている人の特徴
  • 食に興味のある人
  • 地道に営業できる人
  • 話を聞くのが得意な人

食品メーカーの営業は、小売店の仕入れ担当の方に食品の美味しさを伝える必要があるので、食に興味がなくては難しいです。

またルート営業を中心とするので、コツコツと相手の話を聞いて提案する営業力が必要になります。

あわせて読みたい
営業に向いてない人の特徴8選|当てはまったときの対処方法を紹介 「営業が向いてない」と思いながら働いても、損しかありません。そのため、早いうちの転職がおすすめです。早いうちに転職しないと「あのとき転職すればよかった」と後...

未経験・女性でも食品メーカー営業に転職できる?

未経験や女性でも食品メーカーの営業に転職できます。人手不足であるため未経験でも積極的に採用する企業が多いのが現状です。

また食品は主婦に向けて作られることが多いので、女性の意見や考え方を大切にします。残業も1日2〜3時間なため、子育て世代の方でも活躍しやすい職場です。

食品メーカー営業を退職する人の理由は?

食品メーカー営業を退職する人の理由は以下のとおりです。

食品メーカー営業を退職する人の理由
  • 同じ業務の繰り返しでつまらない
  • スキルが身につかない
  • 給料が安い

食品メーカーの営業は、ルート営業が中心なので単調になりやすいです。毎日同じ繰り返しと感じ、業務内容に飽きて転職してしまう方はいるようです。

また市場価値の高いスキルが磨かれている実感が少なく、20代前半の方にとっては物足りなさを感じる可能性があります。

食品メーカー営業に転職した後のキャリアは?

食品メーカー営業に転職した後のキャリアは以下のとおりです。

食品メーカー営業に転職した後のキャリア
  • 営業職
  • マーケティング職
  • マネジメント職

別業種の営業経験を活かして、食品メーカーの営業職に就く方がいます。人と関わるのが好きだったり、何かを提案したりするのが得意な方は、営業職に向いているでしょう。

食品メーカーの営業は、顧客ニーズを読む力が必要です。売上を上げた実績を残せばマーケティング部門の仕事に就くのも可能です。

社員の管理業務や営業成績を上げた実績があれば、マネジメント職を狙えます。得意なリーダーシップを活かしてチーム全体の責任者のポジションに転職するのもいいでしょう。

あわせて読みたい
メーカー営業からの転職先で人気の業界・職種は?転職を成功させる方法や後悔しない企業選びのポイント... 「メーカーの営業から転職したい。けれど、どの業界・職種を選べばいいかわからない……」このように悩む方は多いのではないでしょうか。 転職を成功させるためには、後悔...

食品メーカー営業への転職を成功させるなら転職エージェントに登録

食品メーカー営業へ転職を成功させるなら、マイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェントには、ほかの転職エージェントにはない独自求人が豊富にあるからです。マイナビグループにしかない食品業界の求人を紹介してもらえる可能性があります。

またマイナビエージェントは、20代に強い転職エージェントです。20代は新卒採用と同様に扱われるケースが多く、未経験の業界でも採用されやすいのが特徴です。

食品メーカー営業は未経験からの募集も積極的に実施しているので「これから食品メーカー営業に就きたい」と考えている方は、ぜひマイナビエージェントを活用してみてください。

\ 未経験からの転職をサポート!/

あわせて読みたい
【大手メーカー営業転職】食品原料メーカーの転職事情や日系と外資の違い、20代での転職活動についてイ... 「20代での転職にためらう」「食品業界や営業職などが気になる」「日系か外資か転職先に迷っている」という方の参考になる内容を中心にインタビューしました。 今回は食...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ