MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

30代で次の仕事が決まっていないけど辞めるのは危険!退職せずに転職活動を進められる転職エージェントを紹介

30代で次の仕事が決まっていないけど辞たいと考えているなら、まずは転職先を見つけてから退職した方がよいです。なぜなら、30代の転職事情は20代と比べてかなり難易度が上がり、退職後の無職期間が長く続く可能性があるからです。

「20代のときはすぐに転職先見つかったから退職してから転職活動を始めよう」と考える方も多いでしょうが、30代の転職ではそんなに簡単には決まりません。実際に「転職活動を始めて転職先が決まるまでの期間」は20代よりも30代の方が長いことがわかっています。

そのため、早く辞めたいなら今すぐ転職エージェントを利用しましょう。30代であれば取り扱い求人業界や職種が幅広い『doda』に登録しておけば間違いありません。サクッと転職活動を終わらせてから今の職場を退職しましょう!

【公式】https://doda.jp/

\30代向け求人が豊富!/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

1ヶ月半以内に転職先が見つかる30代は2割以下!

エン・ジャパンが実施した「転職活動に関する調査」によると、転職先が決まるまでの期間は年代別に異なります。

引用:エン・ジャパン「転職活動に関する調査」

上記の図からわかるように、30代の約60%が転職活動を終えるまでに1ヶ月半~3ヶ月かかっていました。

20代とは異なり、30代の転職先はすぐには決まりません。30代で転職を考えたら、できるだけ次の仕事が決まってから辞めたほうがよいです。

次の仕事が決まってから辞めることで、自分が納得した会社に入社できる可能性が高まります。

\登録・利用とも完全無料!/

次の仕事が決まっていないけど辞めるとやばい理由

次の仕事が決まっていないけど辞めるとやばい理由

次の仕事が決まっていないけど辞めるとやばい理由を以下の4つです。

次の仕事が決まっていないけど辞めるとやばい理由
  • 金銭的余裕がなくなる
  • 世間からの評価が悪くなる
  • 焦って転職先を決めて後悔する
  • 転職活動でマイナス評価になる

退職後、すぐに転職先が見つかる保証はありません。そのため転職期間が長くなると、焦って転職先を決めて後悔するケースがあります。

また、万が一転職先が見つからない場合、面接時に「なぜ先に辞めたのか?」「失業期間があるのはなぜか」などの質問を受ける可能性があります。これらは先に辞めた人にしかされない質問なので、余計なストレスがかかるでしょう。

上記に対して明確に回答できないと、採用担当者からマイナス評価を受ける原因になります。

次が決まっていない30代におすすめの転職エージェント・サイト

次が決まっていない30代におすすめの転職エージェント・サイトを紹介します。

結論から述べると、どちらも登録すべきです。出会いの幅を広げ、早期かつ優良企業からの内定獲得を目指しましょう!

doda|エージェントサービス・スカウト機能どちらもあり!

【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    顧客満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaの特徴
  • エージェント・サイト・スカウトの3機能に対応
  • 診断・書類作成ツールで転職活動を効率化
  • doda専用のアプリが便利

dodaは、エージェント・サイト・スカウトの3機能を持つ転職サービスです。企業からのスカウトを待ちながら求人紹介を受けられるので、転職活動を効率化できます。

登録すると診断ツールを無料で利用でき、自分の強み・弱みを言語化してくれるので、自己分析に自信がない30代の方でも安心です。

また、dodaには専用のスマホアプリが用意されているため、スキマ時間で求人検索やキャリアアドバイザーからの提案をチェックできます。

>>公式HPを見る

メリット
  • 豊富な求人から自分に合った転職先が見つかる
  • 診断ツールの利用で自分の強み・弱みを言語化できる
  • 定期的に開催される転職セミナーで情報を得られる
デメリット
  • 定期的に届くスカウトメールを管理しなければならない
  • 希望条件とは異なる企業からスカウトが届く場合がある

▼dodaの口コミ

スクロールできます
Review Image
30代女性(医療業界)
自分にあった非公開求人を紹介してくれるので、それで転職が出来たら確実に給料アップができます。対応も早く私に合う求人があればすぐに連絡をくれるのですごく助かりました。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
30代男性(IT系)
DODAの非公開求人は、エージェントさんがこちらの条件にあわせて紹介してくれたもののみが見れます。登録して少ししたら、DODAから連絡(が来て、非公開求人を紹介してくれるようになりました。

キャリアクラス転職独自調査

\30代向けの優良求人が多い!/

マイナビエージェント|30代前半の未経験転職に強い!

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
マイナビエージェントの特徴
  • 豊富な実績を持つ業界専任アドバイザー
  • 1万件以上の非公開求人を保有
  • 企業担当アドバイザーがバックアップ

転職を失敗させたくない30代前半の方は、マイナビエージェントの利用が必須です。マイナビエージェントには企業担当アドバイザーがいるため、志望企業の情報を正確に知ることができます。

志望企業が決まっていない場合は、理想の働き方や憧れの業界などについてアドバイザーに相談してください。公開求人はもちろん、1万件以上の非公開求人の中からおすすめ求人を紹介してくれます。

志望企業が定まった後は、専任アドバイザーに書類の添削や模擬面接をお願いしましょう。企業担当アドバイザーと業界専任アドバイザーを両方利用すれば、転職成功間違いなしです。

>>公式HPを見る

メリット
  • 未経験から他業界への転職を目指せる
  • 幅広い業界・職種の求人を網羅している
  • 首都圏だけでなく地方の求人も取り扱っている
デメリット
  • 希望条件を満たせる求人がない場合がある
  • ハイクラス向けの求人はほとんど取り扱っていない

▼マイナビエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
30代男性(飲食)
時に厳しい指摘をされることもありましたが、指摘内容が適確だったため信頼できました。希望条件にマッチした求人を多数紹介してもらったことと、サポートが手厚かったことでスムーズに転職活動が行えて良かったです。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
30代女性(化粧品)
求人数が多いので求人を探すときにたくさん選べて良かったです。 アドバイザーの方がとても親切だったので利用して良かったと思いました。 使いやすいサイトだと思います。

キャリアクラス転職独自調査

\顧客満足度No.1/

ビズリーチ|年収600万以上の求人多数のスカウトサービス

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ビズリーチの特徴
  • 年収アップを目指せる
  • 登録後はスカウトを待つだけでOK
  • 企業と直接コンタクトを取れるため効率的

ビズリーチは、スカウトサービス型転職エージェントです。登録時にプロフィールを入力しておくだけで、優良企業からスカウトを受けられます。

求人数は非公開ですが、ビズリーチの導入企業は17,100社を誇ります(2021年7月現在)。年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占めているので、「給与面に不満があって辞めたい」という30代にもおすすめです(2021年1月現在)。

レジュメ登録をすれば適正年収がわかるため、自分の市場価値を知りたいという方にもおすすめのサービスです。

また、ビズリーチは企業と直接コンタクトを取れるため、転職活動を効率的に進められます。また、待ちの転職活動ができるため、転職意欲がそこまで高くない30代の方はとりあえず登録しておくだけでもおすすめします。

>>公式HPを見る

メリット
  • 受け取ったスカウトから自分の市場価値がわかる
  • 自分と相性の良いヘッドハンターを指名できる
  • キャリアアドバイザーの質が高い
デメリット
  • スキルや経歴によっては自分に合った求人が見つからない
  • 無料プランでは利用できる機能が限られている

▼ビズリーチの口コミ

スクロールできます
Review Image
30代男性(商社)
ハイクラス転職サイトのビズリーチには、管理職・専門職・次世代リーダー・グローバル人材など、優秀かつ即戦力になる人材向けの求人が揃っています。そのため、大手や外資などの高待遇求人が豊富で、多種多様な職種・業界の求人が多いです。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
30代女性(介護)
思ったよりも求人が多くさらに給料が多いものが多かったです。介護業界は給料が安いと聞いていたのですが、思ったよりも高くて驚きました。求人の質が高いと思いました。

キャリアクラス転職独自調査

\年収アップ狙いの30代向け/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ 本記事でわかること ビズリーチの良い口コミ・悪い口コミ ビズリーチを利用するメリット・デメリット ビズリーチの料金プラン ビズリーチの登録方法 実際にビズリーチを...

次が決まっていなくても辞めてもいい人の特徴

次が決まっていなくても辞めてもいい人の特徴

反対に、次が決まっていなくても辞めてもいい人もいます。

上記の特徴に当てはまる人なら、辞めたあとでも焦らずに転職活動を進められるでしょう。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

今すぐに会社から逃げ出したい人

次が決まっていなくても辞めてもいいのは、なんらかの理由で今すぐ会社から逃げ出したい人です。以下に当てはまる人は、早めに現職を辞めましょう。

上記が続くと、うつ病などの体調不良になる危険性があります。そのため、自分が潰れる前にやめた方がよいです。

>>今すぐ辞めたい人におすすめの退職代行

生活費が半年分以上確保できている人

生活費が半年分以上確保できている人は、次の仕事が決まらないまま辞めても問題ありません。ある程度のお金があれば精神的にも安定するので、「早く転職先を決めないと」という焦りがうまれにくいです。

毎月20万円の生活費がかかるなら、約120万円ほどあると安心です。

現職が忙しすぎて転職活動ができない人

現職が忙しすぎて転職活動ができない人は、次の仕事が決まっていなくても辞めるのが良いでしょう。

忙しい仕事と転職活動を両立しようとしても、転職活動に使える時間を確保できません。このままでは時間がないことを理由に、転職を先送りにしてしまいます。

転職活動に取り組む時間を捻出できないなら、時間を確保するために仕事を辞めてしまいましょう。

ただし、半年分以上の生活費が確保できない方は、貯金を優先してください。

あわせて読みたい
働きながら転職活動するのが辛い!仕事をしながらがつらいときの対処法を5つ紹介 選考対策の時間がとれない・スケジュール管理が難しいなどの理由で、働きながらの転職活動でつらい思いをしている方はたくさんいるのでないでしょうか。 働きながらスム...

自分にとって納得する転職先を見つけるポイント

少しでも早く転職先を決めて辞めたい30代が早く転職先を決めるポイント

自分にとって納得する転職先を見つけるなら、次のポイントを徹底してください。

30代転職は、20代の頃のようなポテンシャル・人柄重視の採用が少ないです。自身の経験や魅力をアピールできるよう、しっかり対策しましょう。

30代の転職活動のコツを知る

30代では、20代と同じように転職活動に取り組んでも内定を獲得できません。まずは30代が転職を成功させるためのコツを知ることが大切です。

そのためには、30代の支援実績が豊富な転職エージェントを活用してみてください。

転職エージェントに登録すれば、30代の転職事情を考慮したうえでサポートしてくれます。求人紹介だけでなく選考対策も行ってもらえるため、転職が不安な方におすすめです。

30代の転職活動のコツを知るために、転職エージェントに相談しましょう。

無料で行えることは積極的に取り組む

自分が納得できる転職先を見つけるなら、無料で行えることは積極的に取り組んでください。

世の中には、無料で転職をサポートしてくれるさまざまなサービスがあります。無料であっても質の高いサービスを提供しているため、あなたの転職活動を効率化してくれるでしょう。

例えば、転職エージェントのほかには、スカウトサービスも無料で提供されています。プロフィールを登録するだけで、好条件の企業からスカウトを受けられるのが特徴です。

自分に必要だと思う無料サービスをひとつずつ試してみましょう。

>>30代におすすめのスカウトサービスはこちら

自己分析・選考対策を徹底的に行う

30代が早く転職先を決めるポイントは、徹底した自己分析・選考対策です。魅力ある選考書類や面接時の効果的なアピールを研究すれば、早く内定をもらえる可能性が高まります。

ただし、上記の対策を自分で行うには限度があります。客観的なアドバイスを受けるほうが効率的なので、転職エージェントの利用がおすすめです。

30代の営業職・総合職の男性が転職を成功させるためのポイント

30代の営業職・総合職の男性が転職を成功させるためのポイントを紹介します。

30代の営業職・総合職の男性は、豊富な求人を扱う転職エージェントで適職を探しましょう。

積極的に転職エージェントを利用する

30代の営業職・総合職の男性が転職を成功させたいなら、積極的に転職エージェントを利用してください。

転職エージェントでは希望をヒアリングしたうえで、あなたに合った企業の求人を紹介してくれます。経験豊富なキャリアアドバイザーがいるため、何でも相談できて安心です。

また、転職エージェントは面接での効果的なアピール方法を学べるだけではありません。キャリアアドバイザーが採用担当者にあなたの人柄や魅力を伝えて、転職を後押ししてくれます。

転職活動を有利に進めたい方は、転職エージェントに登録しましょう。

30代の営業職・総合職におすすめの転職エージェント

30代の営業職・総合職におすすめの転職エージェントを紹介します。

おすすめの転職エージェント

マイナビエージェントは30代前半の方におすすめの転職エージェントです。若手向けの求人を扱っており、未経験OKの求人に出会えます。

dodaは30代後半の方におすすめの転職エージェントです。求人紹介だけでなくスカウト機能も利用でき、効率良く転職活動を進められます。

30代の専門職の男性が転職を成功させるためのポイント

30代の専門職の男性が転職を成功させるためのポイントを紹介します。

専門職の男性は自分の属性に合った転職エージェントを利用することが大切です。

特化型の転職エージェントを活用する

30代の専門職の男性が転職を成功させるなら、特化型の転職エージェントを活用しましょう。

特化型の転職エージェントにはWeb・ITや管理職など、さまざまな分野があります。例えば、レバテックキャリアGeeklyは、IT業界での転職を目指す方におすすめです。

また、ハイクラス転職を目指す方から人気のJACリクルートメントは、技術職や専門職の求人を豊富に取り扱っています。

目指す業界や職種に特化した転職エージェントを活用するのが転職成功のコツです。

自分のスキル・強みを棚卸ししてどのような貢献ができるかを明確に示す

自分のスキル・強みを棚卸しして、どのような貢献ができるかを明確に示せるようにしましょう。

転職では面接で適切にアピールして、採用担当者に「欲しい人材」と思ってもらうことが大切です。そのためには、自分のスキル・強みを把握しておかなければなりません。

面接で効果的にアピールできるように、自己分析で自分のスキル・強みを棚卸ししてください。アピールする際は、具体的なストーリーを交えて伝えるのがおすすめです。

30代の独身女性が転職を成功させるためのポイント

30代の独身女性が転職を成功させるためのポイントを紹介します。

女性ならではの悩みを解消してくれる転職エージェントに相談しましょう。

女性の転職に強いエージェントを利用する

30代の独身女性が転職を成功させるなら、女性の転職に強いエージェントを利用してください。

女性の転職に強いエージェント

マイナビエージェントには、女性の転職市場に通じたキャリアアドバイザーが在籍しています。出産や子育てを経験したスタッフが多く、今後のキャリアを見据えた提案をしてもらえて安心です。

LIBZは「女性がワークライフバランスを大切にしながら活躍できる求人」を取り扱っています。そのため、今後もキャリアを積み重ねていきたい女性におすすめです。

結婚など将来のライフスタイルを踏まえて企業を選ぶ

独身女性の転職では、結婚や出産など将来のライフスタイルを踏まえて企業を選びましょう。

女性のライフスタイルは結婚や出産で変わりやすいと言われています。独身時代に快適だと思える職場が、結婚後も働きやすいとは限りません。

将来的にライフスタイルが変化した際にギャップを起こさないためには、転職先の社風や労働環境をしっかりチェックすることが大切です。

応募先を決める前に、結婚や出産を経験した社員が活躍しているかを見ておきましょう。

30代の既婚・子持ちの女性が転職を成功させるためのポイント

30代の既婚・子持ちの女性が転職を成功させるためのポイントを紹介します。

ポイントを押さえれば、ワーママでも納得できる転職先と出会えるでしょう。

ワーママに強いエージェントを利用する

30代の既婚・子持ちの女性が転職を成功させるなら、ワーママに強いエージェントを利用してください。

ワーママに強いエージェントを利用するメリット
  • ワーママの希望に沿った提案をしてくれる
  • ワーママに理解のある企業の求人と出会える
  • 女性ならではの悩みを相談できる

ワーママに強いエージェントは、既婚・子持ち女性に理解がある企業の求人を扱っています。

また、実際に出産・育児の経験があるキャリアアドバイザーが在籍しているので、女性ならではの悩みを相談しやすいのもメリットです。

勤務形態を柔軟に対応してくれる企業を選ぶ

30代の既婚・子持ちの女性が転職活動に取り組む際は、勤務形態を柔軟に対応してくれる企業を選びましょう。

既婚・子持ちの女性が、独身時代と同じように働くのは難しいことです。子どもの体調不良や保育園からのお迎え要請があれば、対応しなければなりません。

そのため、職場の勤務形態で妥協してしまうと、仕事と子育てを両立できなくなる可能性があります。

子育てをしながらキャリアを積み重ねるには、時短勤務や在宅勤務に対応した企業を選ぶのがおすすめです。

次を決めずに退職してしまったあとにやるべきこと

次を決めずに退職してしまったあとにやるべきことが2つあります。

次を決めずに退職してしまったあとにやるべきこと

空白期間をできるだけ短くするために、すぐに行動を始めましょう。

転職活動をスタートする

次を決めずに退職してしまった方は、今すぐに転職活動をスタートしてください。

一般的に、転職にかかる期間は3~6ヶ月と言われています。転職活動のスタートが遅くなればなるほど、空白期間が長くなってしまうため注意が必要です。

また、空白期間が長くなると、面接で理由の説明を求められます。正当な理由を答えられなければ、内定獲得が遠のいてしまうでしょう。

転職活動では空白期間が不利に働く可能性があります。不利な状況にならないためにも、今すぐ転職活動をスタートするのがおすすめです。

健康保険と年金加入の手続きを行う

次を決めずに退職したら、まずは健康保険と年金加入の手続きを行わなければなりません。

退職に伴い、今まで所有していた健康保険証は会社への返還が必要です。健康保険の手続きは、切り替え先によって期限が異なります。

健康保険の切り替え期限
  • 国民健康保険への切り替え:退職から14日以内
  • 任意継続保険への切り替え:退職から20日以内

また、退職から14日以内に厚生年金から国民年金への切り替え手続きも行ってください。それぞれ忘れないように、手続きを済ませましょう。

30代会社員は仕事をしながら効率的に転職活動を進めよう

30代会社員は、特別な事情(パワハラがひどい・貯金が十分ある)がある場合を除いて、次の仕事を決めてから辞めるほうがよいです。無計画に辞めてしまうと、お金だけでなくメンタル面にも悪影響を与えます。

「今の仕事を辞めたい!」と考えたら、早期で転職成功を目指せるdodaを利用しましょう。30代転職のサポートが充実しているので、早期の転職成功を目指せます。

\30代向け求人が豊富!/

在職中に応募書類の準備を完了させましょう!

次を決めずに会社を辞めていざ転職活動を始めたのは良いものの「書類こんなに落とされるとは思わなかった」「何か月も経つのに書類選考すら通らない、こんなはずじゃなかった」といったリスクは極力抑えたいです。

次を決めずに会社を辞めるにしても自己分析や応募書類の準備といったことは在職中のうちに済ませておくべきです。ただ、自己分析や応募書類の準備が大事といっても具体的な対策というのは難しいです。

読者から寄せられた転職相談を元に記事を投稿している転職メディア「 ALLOUT(オールアウト) 」にて 30代の書類選考対策について実際の相談事例を踏まえながら解説しておりますので、 応募書類の準備、書類選考対策にお困りの方の参考になるでしょう。

>>転職の書類選考が通らない30代を何度も救ってきた俺が伝えたいこと

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ