MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

未経験からデータアナリストへの転職を成功させる方法!中途採用の動向や転職に必要なスキルを解説

データアナリストは転職難易度が高い業界です。しかし平均年収が高くやりがいもあり、ハイクラスな転職先として人気があります。

難易度の高いデータアナリスト業界へ転職を考えているなら、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントは、転職全般のサポートを行ってくれます。

転職エージェントを利用すると、未経験からでもデータアナリストへの転職成功確率が上がりますので、ぜひご利用ください。

本記事でわかること
  • データアナリストの仕事内容
  • 中途採用の動向
  • 未経験から転職を成功させる方法
  • 転職する上で必要なスキル
  • データアナリストに向いている人・向いていない人

データアナリストへ転職を希望するならビズリーチがおすすめです。データアナリストをはじめハイクラスの中途採用求人を扱っています。またミスマッチが起こりにくい転職サイトとして人気があります。

\ハイクラス転職なら/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

データアナリストとは

データアナリストとは

データアナリストとは、企業の課題解決のサポートを行うデータ分析の専門家です。

データアナリストの業務内容は、多くのデータや業務システムから実績の集計や分析を行うことです。分析結果をもとに、利用者が将来的にとるであろう行動の予測や解析を行います。

そのため、高度な分析スキルが必要です。また分析結果を分かりやすくまとめる能力や、クライアントに分析結果を伝える提案力も求められる仕事です。

仕事内容

データアナリストの仕事内容は、「エンジニア型」と「コンサル型」に分けられます。

エンジニア型とは、システム開発や運用するシステム改善を目的としデータ分析することです。

働き方として、データ分析を行いながら開発業務も並行していく場合が多いです。業務システムの機能改善によるメンテナンスや品質向上が求められます。求められるスキルとしてプログラミングが重要です。

コンサル型は、利用者が現在抱えている課題や問題を解決することを目的にデータ分析するのが仕事です。

働き方として、データ分析を行いコンサルティングを行っていきます。抱えている課題の解決策を探し、実証・検証に携わる業務です。

データサイエンティストとの違い

データアナリストと似た職業に、データサイエンティストがあります。

データアナリストとは、多くの分析結果をもとに利用者が将来的にとるであろう行動の予測や解析を行う人です。予測や解析結果により、抱えている課題への解決策をクライアントに提案します。

一方、データサイエンティストは多くのデータから必要情報を抽出し分析を行う職業です。

両者の主な違いは、データの扱い方にあります。データアナリストはデータを活用し提案するのが仕事で、データサイエンティストはデータ抽出を行う職業です。

あわせて読みたい
データサイエンティストへの転職を成功させる方法!必要なスキルや未経験での転職可能性を解説 データサイエンティストは、将来性の高さや給料が高さが魅力的なため、これから目指したいと考えている方も多いでしょう。そこで本記事ではデータサイエンティストの転...

将来性

データアナリストは将来性が高い職種です。

総務省がまとめた情報通信白書によると、POS(販売時点情報管理)やeコマースによる販売記録、MtoMデータを含む自動取得データの活用が大きく進展しています。よって各企業におけるIoT導入が今後も進んでいくとみられています。

IoTとは、物とインターネットを接続しネット上で管理できるようにするシステムです。

またデータアナリストは政府が掲げるDX推進に対し、重要な役割に位置づけられています。ただし、人員不足が問題となっておりスキルを持つ人材は必要な状況です。

参照:情報通信白書(図表3-2-1-1)

未経験からデータアナリストへの転職は難しい?中途採用の動向を解説

未経験からデータアナリストへの転職は難しい?中途採用の動向を解説

未経験からデータアナリストへの転職は難易度が高いです。しかし可能性はあるので、諦める必要はありません。

未経験の場合でも、ITエンジニアやコンサルタント、マーケターなど関連する実務経験がある場合は転職しやすいです。

ITエンジニアはプログラミング言語を使用するため、エンジニア型として働く際の相性は良いです。コンサルタントやマーケターは、あらゆる課題への分析や解決策の提案経験があるため、コンサル型として採用される確率が高くなります。

未経験からデータアナリストへの転職を成功させる方法

未経験からデータアナリストへの転職を成功させる方法

未経験からデータアナリストへの転職を成功させる方法を紹介します。紹介する方法は以下のとおりです。

志望動機を具体的かつロジカルに考える

未経験からデータアナリストへの転職を成功させる方法は、志望動機を具体的かつロジカルに考えることです。

面接の際にデータアナリストに転職したい理由や、その企業を選んだ理由を深掘りして質問されます。またあなたが転職した際に、生かせる強みも聞かれる傾向にあります。

質問の回答として、入社後のビジョンまで明確に伝えられるようにしておくと良いです。明確に伝えると、貢献してくれる人材であることを具体的に判断してもらいやすく、書類選考や面接を通過しやすい傾向にあります。

採用面接での想定問答を準備しておく

未経験からデータアナリストへの転職を成功させる方法は、想定問答を準備しておくことです。

採用面接ではデータアナリストの仕事内容への理解や、問題発生時の対応方法などを問われる傾向にあります。

仕事内容への理解を問う質問には、企業と選考を受けている人にミスマッチを起こしていないかを確かめる意図があります。

また、問題発生時の対応方法では思考プロセスを問われるテクニカルな質問が出されることもあるので、準備しておくことが必要です。

データアナリストの転職に強い転職エージェントを活用する

未経験からデータアナリストへの転職を成功させる方法は、データアナリストの転職に強い転職エージェントを活用することです。

データアナリストの転職難易度は高いため、業界に特化した転職エージェントを活用すると成功確率が上がります。

転職エージェントの活用には相談ができたり、非公開求人を紹介してもらえたり、面接対策をしてくれたりとさまざまなメリットがあります。

個人で転職活動を行うと採用されにくいため、難易度の高い業界へ転職する確率を上げるために転職エージェントを利用してみると良いでしょう。

未経験からデータアナリストに転職したい人におすすめの転職エージェント

未経験からデータアナリストに転職したい人におすすめのエージェントを3つ紹介します。

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ビズリーチの特徴
  • 年収1,000万円以上の求人が豊富
  • ハイクラス向けの転職に特化している
  • プロフィールを登録すると企業からオファーが届く

ビズリーチは、企業やヘッドハンターからスカウトが直接届く転職サービスです。年収1,000万円以上の求人が全体の1/3を占めるので、ハイクラスな転職が実現可能です。

プロフィールを登録することで、優良企業やヘッドハンターからスカウトが届くので、現職が忙しい人でも転職活動できます。

無料会員ではスカウトに返信できる数に限りがあるので、スカウト機能をメインに活用したい人は有料会員になるのも良い手段です。

▼ビズリーチの口コミ

Review Image
長篠さん
私が転職を考える際に重視したのが、管理職としてのキャリアです。転職をしたいけれどこれまでのキャリアを無駄にはしたくないと言うのが、本音でした。 その中で管理職の求人に強い転職サイトとして見つけたのがビズリーチでした。管理職の経験やキャリアを活かせる求人が多く揃っていたので、しっかりと吟味をして選ぶ事が出来ました。 応募から面接、採用までの流れも分かりやすかったですし、スピーディーだったのでとても良い転職活動だった印象です。
Review Image
ビーダル様さん
今回、納得のいく転職を果たすことができました。この業者を選んだのは、転職サービス業者の中でも最近有名になってきているところで、頼りになりそうだと感じたためです。 実際に会員登録をしてから求人情報をチェックしたところ、かなり多くの情報を見ることができ、かつとても見やすいと感じました。その中から自分の希望に沿った情報を数件ピックアップし、募集に応じてみたところ、速やかに転職を決めることができました。

引用:みん評みん評

\ハイクラス転職多数/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ 本記事でわかること ビズリーチの良い口コミ・悪い口コミ ビズリーチを利用するメリット・デメリット ビズリーチの料金プラン ビズリーチの登録方法 実際にビズリーチを...

アクシスコンサルティング

名前アクシスコンサルティング
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代30代〜50代
対応エリア全国
オンライン面談あり
得意分野・業界コンサルティング
公式HPhttps://www.axc.ne.jp
詳細を見る
運営会社名アクシスコンサルティング株式会社
拠点東京都千代田区麹町4-8 麹町クリスタルシティ6F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段電話・メール
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
アクシスコンサルティングの特徴
  • ハイポストへの転職が実現できる
  • 75,000名以上の転職実績
  • コンサルの転職支援数は業界1位

アクシスコンサルティングは約5,000名の現役コンサルタントにより、20,000名近くの転職志望者を支援してきた豊富な実績を誇ります。コンサルティングを専門とした転職支援者数の実績はNo.1です。

またハイクラス求人を多く保有しており、そのうちの77%は非公開求人です。

非公開求人には好条件や高待遇の企業が多いため、アクシスコンサルティングを利用すればキャリアアップが期待できます。

▼アクシスコンサルティングの口コミ

Review Image
ユニコーンさん
コンサルティング業界に強いエージェントです。コンサルタントから別の職種への転職もサポートしているのがユニークです。アドバイザーは私のこれまでのキャリアに基づき、中長期的なキャリアプランを提案してくれました。コンサルティング業界に強いだけあって、提案内容は合理的で納得できる内容でした。現在はこのエージェントに紹介された事業会社で経営企画担当マネージャーとして働いています。単なる求人の紹介にとどまらず、キャリアプランに基づいて求人を紹介してくれましたので、非常に満足しています。
Review Image
ゲッターさん
候補として提案していただいた会社について、提案いただいた理由を分かりやすく、論理的に説明してもらうことができたので、納得感を持って面接に臨むことができました。しかしながら、面接でなかなか通過することができず、苦しい日々を送りました。そんな中、担当者から面接での問題点を指摘され、アドバイスも貰うことができたのです。おかげで改善点を修正して面接に臨むことができ、見事内定をもらうことができました。

引用:みん評みん評

\大手コンサルへ転職可能/

あわせて読みたい
アクシスコンサルティングの評判・口コミ|実際の利用者によかった点や悪かった点の体験談を聞いてみた アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化した転職エージェントです。 生涯のキャリアパートナーとして、あなたに合ったキャリアプランを提案してくれます。 本記...

ムービンストラテジックキャリア

名前ムービンストラテジックキャリア
料金無料
求人数無料公開求人数:-
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
現在の求人数:公式HP参照
対象年代20〜50代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界コンサルティング・金融
公式HPhttps://www.movin.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
拠点東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー7F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ムービンストラテジックキャリアの特徴
  • 日本初のコンサル業界特化の転職エージェント
  • 日系や外資系に限らず幅広い求人を保有している
  • 経営企画や事業戦略に関われる

ムービンストラテジックキャリアは、日本初のコンサル業界特化型の転職エージェントとして25年以上転職支援を行っています。

約350社以上のコンサルファームがクライアントであるため、独自の選考ルートや求人を保有しているのが特徴です。

また選考において受ける企業へアピールする応募書類の執筆方法やケース面接の対策など、キャリアコンサルタントが転職をサポートしてくれます。

▼ムービンストラテジックキャリアの口コミ

Review Image
狐さん
転職を考え始めたとき、業界のことがある程度分かっていたからこそ、本サイトを利用することにしました。それにはちゃんと理由があります。 第一に、キャリアコンサルタントの多くがコンサルティング会社出身であるということ。とにかくこの業界は独特な世界。他の業種では使わない言葉や慣行が多いのです。それを理解しているキャリアコンサルタントがいることは、このサイトの大きな強みだと言えます。(後略)
Review Image
製造業さん
20代後半、製造業からコンサルへのキャリアチェンジを目指し、元々他のエージェントを利用していたが、サービスの質に不満を持ったためこちらにも登録。 自著の宣伝など社長の自己主張が強く、その点は最初面食らった。一名のエージェントが転職希望者一名を担当し、応募先企業との調整も担当者自身が行うスタイル。エージェントはコンサル出身者が多いようだった(担当エージェントも元BIG4だった)。(後略)

引用:みん評みん評

あわせて読みたい
ムービンストラテジックキャリアの評判はひどい?口コミからわかる向き不向きについて徹底解説 ムービンストラテジックキャリアは、コンサル業界に特化した転職エージェントです。転職実績でNo.1を獲得しており、受かるための選考対策を徹底してくれます。 コンサル...

未経験からデータアナリストへの転職に必要なスキル・資格

未経験からデータアナリストへの転職に必要なスキル・資格

未経験からデータアナリストへの転職に必要なスキル・資格を紹介します。紹介するスキル・資格は以下のとおりです。

数学・統計学・データ分析の知識

未経験からデータアナリストへの転職に必要なスキル・資格は、数学・統計学・データ分析です。

前提として、データアナリストには大学基礎レベルの数学知識とデータ分析の基礎となる統計学の知識が必要です。分析基盤環境の構築や適切なデータ活用をおこなうには、データベースに関する知識も必要不可欠だといわれています。

例えば、分析学の基礎知識である平均値や中央値、分散、相関係数などは必ず知識として理解しておく必要があります。

なぜなら業務で分析を行うにあたって、分析対象のデータを正確に読み取れないからです。

分析ツール・プログラミング言語を扱うスキル

未経験からデータアナリストへの転職に必要なスキル・資格は、分析ツール・プログラミング言語を扱うスキルです。

ビッグデータを分析するには、複数の分析ツールを使いこなす必要があります。例えば、以下の分析ツールを使えるようにしておくとよいでしょう。

分析ツール名称内容
Octoparse(オクトパス)コーディングをせずにWebサイトから、
データをすばやく取得できるWebスクレイピンツール
ParseHub初心者にも使いやすいWebスクレイピングツール
Tableau誰でもどこでも使える分析プラットフォーム
QuickSight分析家がいない企業でも、手軽にデータの分析ができる

統計・データベース・IT関連の資格

未経験からデータアナリストへの転職に必要なスキル・資格は、統計・データベース・IT関連の資格です。

資格は必須ではないものの、あると知識やスキルを保有している証明となります。データアナリストの転職に役立つ主な資格は、以下のとおりです。

資格概要
情報処理技術者試験「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、
情報処理技術者として、「知識・技能」が一定以上の水準で
あることを証明する国家試験
ORACLE MASTER「Oracle Database」のスキルを備えていることを証明する資格
統計検定統計学に関する知識や活用力が、
一定以上の水準であることを証明する資格
OSS-DB技術者認定資格無償で利用可能なオープンソースデータベースの
操作スキルを証明する資格

データアナリストへの転職が向いている人の特徴

データアナリストへの転職が向いている人の特徴

データアナリストへの転職が向いている人の特徴を紹介します。

向いている人の特徴
  • 論理的な思考をもっている人
  • 数字やデータを扱うのが好き・慣れている人
  • 知的好奇心が強く勉強が苦じゃない人
  • コミュニケーション能力が高い人

データアナリストは、客観的な視点でデータを活用しクライアントに利益をもたらす業務です。論理的な思考をもち、数字やデータを扱うのに長けている人は向いているといえます。

また、データ分析結果をもとに課題の解決策をクライアントに提案する職業であるため、コミュニケーション力は重要となります。

データアナリストへの転職が向いていない人の特徴

データアナリストへの転職が向いていない人の特徴

データアナリストへの転職が向いていない人の特徴を紹介します。

向いていない人の特徴
  • 自分の感覚や直感で行動しやすい人
  • 緻密な作業が苦手な人
  • コミュニケーションをとるのが苦手な人

データアナリストはデータの分析結果に基づいて解決策を導きだすため、直感は重視されません。よって数字やデータよりも、自分の感覚や直感を信じて行動する人にとっては、やりにくいと感じる可能性があります。

また膨大なデータの分析を行うため、緻密な作業が苦手な人も向いていないかもしれません。

データアナリストへの転職で後悔しない求人選びのポイント

データアナリストへの転職で後悔しない求人選びのポイント

データアナリストに転職すると、プライベート時間も学習する必要があります。業務を行うにあたり、常に最新の知識・情報を仕入れていなければなりません。

業務内容によっては、プログラミング言語を習得する必要もあります。よって転職後は常に学び続ける必要があることを理解しておきましょう。

また、顧客とコミュニケーションを取る機会が多いため、技術分野のみを手がけると想定して転職するとミスマッチを起こす恐れがあります。

データアナリストへの転職希望者からよくある質問

データアナリストへの転職希望者からよくある質問

データアナリストへの転職希望者からよくある質問を紹介します。

未経験の第二新卒でもデータアナリストに転職できる?

未経験での転職は難易度が高いですが、転職できる可能性はあります。

新卒で入った会社でどのようなスキルや知識を身に着けたかアピールすることが大切です。またあなたがどのような考えで前職をやめ、選考を受けているかを明確に答えられるようにしておくと採用確率は上がります。

あわせて読みたい
20代でハイクラス転職を目指す人におすすめの転職エージェント・サイト12選 近年、キャリアをバリバリと築いていきたい20代を中心に、若手のハイクラス転職が人気を博しています。 しかし、一般的な転職活動では誰でも応募しやすい求人が見つかり...

30代〜40代の未経験でもデータアナリストに転職できる?

30代〜40代の未経験者でも、知識やスキル次第ではデータアナリストに転職可能です。

統計やデータベース、IT系のスキルを持つ人を中心に30〜40代の未経験でも採用する傾向があります。そのためデータアナリストの経験はなくても、必要なスキルや知識を持っていることをアピールできれば成功確率は上がります。

あわせて読みたい
30代のハイクラスにおすすめの転職エージェント・サイト9選|ミドルクラスの転職は難しい? 30代でハイクラス転職を希望していても、難易度が高そうで不安と言う声をよく聞きます。 確かに30代で転職を成功させるには、マネジメントスキルがあったり専門性が高か...
あわせて読みたい
40代のハイクラス人材におすすめの転職エージェント・サイト8選|転職を成功させるためには? 終身雇用が崩壊しつつある現代では、キャリアアップして高年収を実現させたい40代を中心に、管理職や経営幹部へのハイクラス転職が盛んです。 しかし、一般的に35歳を超...

データアナリストの平均年収は?

データアナリストの平均年収は、約678万円です。

日本の平均年収が、約440万円であるため平均よりも高いことがわかります。

また全体の給与幅では、440〜1,166万円と比較的広いです。勤務先や経験、スキルによって差が出ている傾向があります。

未経験からデータアナリストに転職したいなら転職エージェントは必須

データアナリストは転職難易度が高い業界ですが、決して転職を諦める必要はありません。データアナリストへ転職を考えている人は、ビズリーチの利用がおすすめです。

ビズリーチは、年収1,000万円を超える求人が全体の1/3を占める、ハイクラスな転職に特化した転職サービスだといえます。

またビズリーチはスカウト機能が使える転職サービスです。あなたのプロフィールを見た企業やヘッドハンターからスカウトメールが届くので、 待つだけで転職活動ができます。

忙しくて転職活動ができない方やスキマ時間を有効活用したい方は、ぜひビズリーチを利用してみてください。

\ハイクラス求人多数/

あわせて読みたい
コンサルBIG4への転職難易度は?中途採用の試験内容・選考フローを解説 コンサルBIG4は世界4代監査法人のことを指し、コンサル業界の最高峰として知られています。 もしコンサルBIG4への転職を目指すのであれば、一筋縄ではいきません。十分...
あわせて読みたい
コンサル転職でおすすめの転職エージェント13選|総合系・戦略系・IT系それぞれに強い転職エージェント... 転職エージェントは独自の非公開求人を保有しており、好条件の求人探しに欠かせないサービスです。複数の転職エージェントを併用すれば、転職の選択肢はさらに広がりま...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ