MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

インサイドセールスとフィールドセールスの違いを徹底解説|メリットや年収、向いている人の違いも紹介

インサイドセールス・フィールドセールスとは、営業活動の役割の一つです。この2つの違いについて、よくわかっていない人も多いのではないでしょうか。

営業へ転職する際には、インサイドセールス・フィールドセールスの違いとはなにか、どちらが自分に向いているのか、などについて知っておきたいところです。

本記事では、インサイドセールス・フィールドセールスの違いを徹底解説します。営業へ転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

本記事でわかること
  • インサイドセールス・フィールドセールスの役割
  • インサイドセールス・フィールドセールスのメリット・デメリット
  • インサイドセールス・フィールドセールスに向いている人・向いていない人

インサイドセールス・フィールドセールスの求人を探している人には、リクルートエージェントがおすすめです。業界最大級の求人数を誇るエージェントで、自分の希望にあう条件で求人を探せます。

\転職支援実績No.1/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

インサイドセールスの役割とは?

インサイドセールスの役割とは?

インサイドセールスとは、電話やメール、オンラインツールなどを利用して顧客とコミュニケーションをとる「内勤型」の営業スタイルです。

基本的には、新規顧客を見つけてアポイントをとりつけ、フィールドセールスが行う商談へとつなげる役割を担います。

顧客のところに訪問しなくてもコミュニケーションが取れるため「時短になる」「交通費のコストが抑えられる」などがメリットです。

「それってテレアポと同じ仕事なのでは?」と思う人もいるかもしれません。しかしテレアポとインサイドセールスでは、仕事内容が異なります。

テレアポは電話でアポイントを獲得する仕事、インサイドセールスは顧客へのヒアリング・情報提供によって顧客を育成し、フィールドセールスにパスする仕事です。

インサイドセールスはフィールドセールスと役割分担することで、効率的に顧客の獲得、商談の成約につなげられます。

あわせて読みたい
インサイドセールスの将来性と市場価値とは?|将来性が高いと言われている理由を解説 転職を検討している方のなかには、市場価値や将来性などを知った上で、インサイドセールスを目指したい方もいるのではないでしょうか。 インサイドセールスは、オンライ...

フィールドセールスの役割とは?

フィールドセールスの役割とは?

営業と聞いて多くの人が思い浮かべる仕事が「フィールドセールス」です。

「外勤型」営業のことで、顧客のところまで足を運び、顔を合わせて営業をします。インサイドセールスと役割分担する場合は、営業の商談部分を主に担当する点が特徴です。

フィールドセールスは、インターネット技術の発展によるテレワークの普及、近年流行しているコロナウイルスの影響などにより、以前より営業が難しくなっています。

しかし「電話やメールよりコミュニケーションをとりやすい」「顔をあわせる安心感がある」などでインサイドセールスにない利点も多く、常に需要のある仕事です。

あわせて読みたい
フィールドセールスはやめとけ・きついって本当?フィールドセールスの役割や仕事内容、向いている人の... インサイドセールスが普及する前はフィールドセールスが主流でした。最近はコロナ禍によりリモートワークが普及し、現在はインサイドセールスに移行しつつあります。 時...

インサイドセールスとフィールドセールスの違い

インサイドセールスとフィールドセールスの違い

「インサイドセールスとフィールドセールスは具体的に何が違うのか」と気になっている人も多いのではないでしょうか。

インサイドセールスとフィールドセールスの最大の違いは「対面か非対面か」です。もちろんこれ以外にも、違うところは数多くあります。

本項では、インサイドセールスとフィールドセールスの違いを、次の点から解説します。

インサイドセールスとフィールドセールスの違い

インサイドセールスとフィールドセールス、どちらを目指すか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

メリット・デメリット

まずはインサイドセールスフィールドセールス、それぞれのメリット・デメリットを詳しく紹介します。転職を考えている人は、しっかりと理解しておきましょう。

インサイドセールス

インサイドセールスのメリット・デメリットを表にまとめました。

メリット・会社にとって重要なポジション
・試行回数が多いので成長しやすい
・将来性があるので市場価値が高い人材になる
デメリット・新規のお客さんを次に繋げるのが難しい
・迷惑に思われることがあって辛くなる
・何度も断られることがしんどい
・フィールドセールスとお客さんとの板挟みになりやすい

インサイドセールスは新規顧客を見つけ、見込み顧客を育成する大事な役割です。見込み顧客を見つけないとフィールドセールスが動けないため、非常に重要なポジションになります。

訪問する必要がなく、場所にとらわれず仕事ができるため、1日に対応できる商談数や顧客が多い点もメリットです。試行回数を増やすことができ、場数を踏めます。年々需要が高まっている仕事でもあるため、将来性も十分です。

一方デメリットとしては「新規の獲得が難しい」「断られることが多くしんどい」などが挙げられます。

営業でも難易度の高い部分である新規開拓を主に担当するため、フィールドセールスの営業につなげる商談までこぎつけるのが困難です。また、アポ取りの成功率は低く、何度も断られることもあります。

商談につなげれば、次はフィールドセールスに任せることが多いため、きちんとした打ち合わせが必要です。しかし顧客とフィールドセールスの板挟みになる可能性もあり、気苦労の多い仕事でもあります。

あわせて読みたい
インサイドセールスはやめとけ・いらないって本当?インサイドセールスに向いている人の特徴を紹介 リモートワークが普及したことで、顧客との接触機会が減った企業は多いです。そこで、インサイドセールスを取り入れた企業も増え始めました。 数年前にはひとまずインサ...

フィールドセールス

フィールドセールスのメリット・デメリットは次のとおりです。

メリット・見込みのあるお客さんにアプローチができる
・直接説明できる
デメリット・試行回数が少ない

フィールドセールスの最大のメリットは、直接顧客と会って話ができるところです。顧客に面と向かってアプローチできるため、うまく交渉が運べば顧客と強い信頼関係が結べます。コミュニケーション能力の向上が見込めるでしょう。

直接説明できる点も魅力です。オンラインツールや電話、メールではできない身振り手振りなどの説明を加えて商談が可能です。インサイドセールスよりも、営業スキルを高める場になります。

しかし、訪問営業の形になるため、インサイドセールスよりも試行回数が少なくなるところが難点です。移動時間もかかり、1日に何度も交渉できません。

向いている人・向いていない人の特徴

次に、インサイドセールスフィールドセールス、それぞれに向いている人・向いていない人の特徴を紹介します。自分がどちらの仕事に向いているのか、気になっている人は必見です。

インサイドセールス

インサイドセールスに向いている人・向いていない人を次の表にまとめました。

向いている人・コミュニケーション能力が高い人
・積極的に挑戦して行ける人
・自分自身で試行錯誤を繰り返せる人
向いていない人・メンタルが強くない人
・消極的で受身な姿勢で仕事をする人

まずコミュニケーション能力の高い人は向いています。インサイドセールスは対面営業ではないため、オンラインツールを使用しても細かな表情まではわからず、主に声でコミュニケーションをとる、高度なスキルが求められるためです。

積極的に新規顧客を獲得する必要もあります。そのために、積極的にチャレンジする姿勢、自分で考えて改善を繰り返す能力もほしいところです。

向いていない人には、メンタルがあまり強くない人が挙げられます。営業先に冷たくされる、何度も断られるなどの出来事があるでしょう。しかし、そこで傷ついてふさぎこんでいてはいけません。

消極的で受け身な人にも難しい仕事です。失敗しても次につながったと前向きな姿勢が必要となります。

フィールドセールス

フィールドセールスに向いている人・向いていない人の特徴は次のとおりです。

向いている人・コミュニケーション能力が高い人
・相手に合わせた提案ができる人
向いていない人・自分の提案ばかりを押し付ける人
・決断力に自信のない人

インサイドセールスと同様、フィールドセールスにもコミュニケーション能力が必要です。面と向かって顧客と話をして、契約を勝ち取るスキルがある人が、フィールドセールスに向いています。

相手に合わせて柔軟に提案をするスキルもあると望ましいです。訪問営業では相手が何を欲しているのか、何をしてほしいのかの意図を汲み取り、交渉を進めていく必要があります。

逆に相手の意思を汲み取れず、自分の提案ばかりを押し付ける人は、フィールドセールスに向いていません。相手の喜ぶ提案をする「顧客志向」が、成約にこぎつけるのに不可欠なためです。

顧客の決断を後押しする、ここぞというときに売り込む「決断力」もないと難しいでしょう。

年収

インサイドセールスとフィールドセールスの年収は、基本的にはそこまで差はありません。新卒で300万円程度、経験を積んでいくと400〜800万円程度です。もちろん、企業や年齢によって給与は変わります。

ただし、自分の交渉によって成果が左右されるフィールドセールスの方が、歩合・インセンティブの割合が高い傾向です。

インサイドセールス、フィールドセールスは業績がよければ、給与アップが期待できます。どちらかというと自分の足で契約を勝ち取るフィールドセールスの方が、年収の上限が高くなるため、インセンティブで稼ぎたければフィールドセールスの方がおすすめです。

将来性

将来性においては、フィールドセールスよりもインサイドセールスの方が高くなります。近年ではインサイドセールスを導入する企業が増えており、需要が急増しているためです。

今後もインターネット技術の発展により、インサイドセールスはさらに求められる仕事になると予想されています。

一方、フィールドセールスはインサイドセールスほど将来性は高くありません。しかし、直接商談をするフィールドセールスは、需要が常に存在する堅実な仕事です。

将来性に期待する人、キャリアアップを目指す人はインサイドセールス、堅実に実績を積みたい、インセンティブで稼ぎたいならフィールドセールスを検討しましょう。

インサイドセールスとフィールドセールスの連携とは?

インサイドセールスとフィールドセールスの連携とは?

インサイドセールスとフィールドセールスは、役割分担をして連携すると、効率的な営業活動となります。インサイドセールスとフィールドセールスの連携の流れを見ていきましょう。

まずは、インサイドセールスが見込み顧客の選定を行い、見込み顧客へ情報提供します。商品・サービスを購入してもらえる確率「受注確度」が高まってきたら、フィールドセールスと交代です。

インサイドセールスから担当を引き継いだフィールドセールスが、顧客に商談を開始、直接営業をかけます。インサイドセールスからフィールドセールスへとうまくパスを回すことが、成約率を上げるコツです。

インサイドセールス・フィールドセールスへ転職を成功させるためには

インサイドセールス・フィールドセールスへ転職を成功させるためには

インサイドセールス・フィールドセールスへの転職を成功させるポイントは次の2つです。

インサイドセールス・フィールドセールスへ転職を成功させるためには

詳しく解説します。

転職エージェントに相談する

効率的に転職活動をするのであれば、転職エージェントに登録して、アドバイザーに相談しましょう。

転職エージェントに相談すれば、インサイドセールス・フィールドセールスの求人を紹介してもらえる、営業について熟知したアドバイザーから転職に成功する上でのアドバイスをもらえる、などのメリットを受けられます。

1人で求人を探し、転職対策をするのは効率が悪いため、転職のプロが在籍する転職エージェントを活用して効率的に転職活動を進めましょう。

あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...

自分が向いている方へ転職をする

インサイドセールスとフィールドセールス、自分が向いているのはどちらなのかきちんと理解しておけば、転職活動をうまく進められます。

自分の適性がわからないでは、面接でのアピールポイントが定まらず、なかなか選考に通りません。

転職に成功したとしても、向いていない方に転職してしまえば、また転職することになる可能性もあります。最初から向いている方へ転職すれば、仕事へのモチベーションも高まり、キャリアアップへの近道となるでしょう。

転職活動を始める前に、自分にはインサイドセールスとフィールドセールスどちらが向いているか、把握しておきましょう。

おすすめの転職エージェント

インサイドセールス・フィールドセールスへの転職活動におすすめの転職エージェントは次のとおりです。

おすすめの転職エージェント

おすすめ理由を詳しく見ていきます。

リクルートエージェント

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートエージェントの特徴
  • 業界最大級の求人数を誇る転職エージェント
  • 幅広い業種の求人から、希望に合ったものを探せる
  • 非公開求人・優良求人も多数あり

リクルートエージェントは、業界でも最大級の求人数を保有する転職エージェントです。2022年12月現在、公開・非公開あわせて60万件以上の求人数があります。

60万件以上の求人の半分以上が非公開求人であり、インサイドセールス・フィールドセールスの優良求人も多数ある点が特徴です。幅広い業種の求人から、自分の希望にあった条件で絞り込めます。

サポートも豊富で、履歴書・職務経歴書添削、面接対策など、選考に通るために必要な対策もバッチリです。インサイドセールス・フィールドセールスの求人を探している人は、まずリクルートエージェントに登録しましょう。

▼リクルートエージェントの口コミ

Review Image
良い口コミ(女性)
細かいところまで親身に返信してくれたりする。職務経歴書や面接対策など添削してくれる。求人も圧倒的に多いし、日本のエージェントの中では一番だと思う。ここをメインに利用して他社をサブに利用するのが良いかも。
Review Image
良い口コミ(男性)
転職エージェントはサイトによって癖があることが多く、使い方が分かるまで上手く仕事を探せなかったりします。自分は二三のサイトを利用したのですが、一番使い勝手が良かったのがリクルートエージェントでした。 まず、最初に使い方の説明を見たのですが、シンプルなインターフェースなので説明無くても全然利用出来ます。時期、場所、職種等々、大雑把な条件から仕事を探して、徐々に贅沢していく感じの使い方で自分好みの仕事が探せるのでかなりオススメです。

引用:みん評みん評

\優良求人多数!/

あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
マイナビエージェントの特徴
  • 20代・30代の転職に強い転職エージェント
  • 未経験OKの求人多数
  • 専門分野に特化したキャリアアドバイザーからのサポート

マイナビエージェントは、20代・30代の転職に強いエージェントです。インサイドセールス・フィールドセールスの求人を多数保有しています。

20代を対象としていることもあり、未経験歓迎の案件が多い点が特徴です。業界・業種未経験でも、ポテンシャル採用を十分見込めます。

在籍するキャリアアドバイザーは業界・エリアに特化したエキスパートです。特定の業界・エリアに精通したアドバイザーからのアドバイスにより、未経験からでも転職成功を目指せます。

東京・大阪のみでなく、全国各地に支店があるところも魅力です。業界の転職事情に詳しいアドバイザーから転職成功のためのアドバイスを受けたい人は、利用を検討しましょう。

▼マイナビエージェントの口コミ

Review Image
良い口コミ(男性)
転職を考えていた時に、インターネットの評判を聞いて転職をサポートしていただきました。最大手に比べて求職者の数が少なく、その分、丁寧にサポートしていただけるという評判でしたが、まさにその通りでした。こちらの希望を親身になって考えてくださり、さらに担当の方の判断で確認しきれないほどの転職案をだしてくださりました。一人で考えこむ、ということがほとんどなく、まさに二人三脚。他社の意見を聞くことができるのが、こんなにも心強いものだとは、使用する前には考えもせず、とても助かりました。 転職が終わった後のサポートもとても良く、気持ちよくキャリアアップすることができました。
Review Image
良い口コミ(男性)
特別なスキルがないので転職活動はすごく嫌でしたし、自信もありませんでした。ただ現職の未来があまりにないので、ちゃんと安定して働けるような会社を見つけるために転職活動をしようと決意しました。 いくつかの転職サービスを使いましたがあっさりしているコンサルの方が多く求人はたまに送られてくるものの、エントリーしても書類でダメっていう感じが続いてました。 それからマイナビエージェントに登録したんですが、親切さにビックリしました。職務経歴書をしっかり作り直してくれ、私の希望条件である安定企業っていう点をしっかり照らし合わせて求人を紹介してくれました。 さらに、求人の選考が通りやすいように、私の推薦文を経歴に沿えてくれていたようです。後から内容を見せてもらいましたが「1つの事を最後までやりとげる力、辛い職場でも粘り強く我慢して働いてきたこと人間的に信頼できて明るい雰囲気」っていう感じを送ってくれてたようです。

引用:みん評みん評

\20代の満足度No.1/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 マイナビエージェントは、20代30代の転職において絶大なる人気を獲得しています。20代、30代前半の方は絶対に登録すべき転職エージェントです。 当記事では、マイナビエ...

インサイドセールスとフィールドセールスの違いまとめ

インサイドセールスとフィールドセールスの違いを解説しました。

インサイドセールスは内勤型の営業で、将来性が高く市場価値の高い人材になりたい人におすすめです。フィールドセールスは外勤型の営業、成果が年収に結びつきやすく、年収を上げたい人に向いています。

インサイドセールス・フィールドセールスへ転職したい人には、リクルートエージェントの登録がおすすめです。豊富な選択肢があり、希望の求人が見つかりやすくなります。無料で相談も可能なため、今すぐ登録して転職活動を効率的に進めましょう。

\転職支援実績No.1/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ