MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

30代で営業以外への転職は可能!営業しかできない人が転職を成功させる方法を解説

30代で営業しか経験がないため、別の業種に転職できるのか不安を感じていませんか。30代になるとポテンシャル採用が少なくなるケースがあるので、転職するか迷ってしまう方は多いでしょう。

そこで本記事では、営業から異業種へ転職する方法について解説します。30代でも転職エージェントを利用すれば、異業種への転職が実現可能です。

また、30代でも未経験OKな求人紹介や選考におけるサポートが受けられます。転職エージェントの力を借りて30代で異業種への転職を成功させましょう。

本記事でわかること
  • 30代で営業以外への転職できる可能性・体験談
  • 営業から別業界へ転職できる理由・成功させるコツ
  • 向いてないと感じる仕事を続けるリスク

30代で営業しか経験がない人が、未経験転職を狙うならマイナビエージェントがおすすめです。マイナビエージェントは30代でも応募できる未経験OKの求人が豊富なため、選択肢が広いです。

\オリコン顧客満足度No.1/

>>公式HPを見る

気になる見出しをタップ

営業しかできない30代は営業以外への転職が難しい?

営業しかできない30代は営業以外への転職が難しい?

営業しかできない30代は、未経験転職ができるのか紹介していきます。異業種の転職を考えている人は、下記の内容を参考にしてください。

30代は営業以外の転職が難しい?
  • 30代でも「異業種×異職種」の転職は可能
  • 30代で営業以外への未経験転職を成功させた人の声

各項目について、解説していきます。

30代でも「異業種×異職種」の転職は可能

リクルートの調査によると、30代の転職者のうち、約3割が「異業種×異職種」の転職を成功させています。データは以下のとおりです。

参照:リクナビNEXT

内訳をみてみると、30〜34歳では33.0%、35〜39歳では28.4%となっています。

転職成功者の3人に1人が、業種・職種ともに未経験なので、30代でも「異業種×異職種」の転職は可能だといえます。

30代で営業以外への未経験転職を成功させた人の声

30代で営業から未経験転職を成功させた人の声を紹介します。

営業以外の仕事を経験することで、知見が広がりキャリアに良い影響をおよぼす可能性は高いです。

30代での未経験転職は不安かもしれませんが、成功する可能性はありますので、挑戦してみましょう。

営業経験しかなくても営業以外に転職できる理由

営業経験しかなくても営業以外に転職できる理由

営業経験しかなくても営業以外の職種に転職できる理由を紹介します。下記の3つを意識することで、営業経験しかない人でも、未経験転職に自信がもてます。

営業以外に転職できる理由
  • 異職種でも活かせるスキルをもっているから
  • 30代は人柄やポテンシャル採用を狙える可能性があるから
  • 未経験者を積極的に採用している企業は多いから

転職できる理由について、それぞれ解説していきます。

異職種でも活かせるスキルをもっているから

営業を経験した人は、さまざまなスキルを培っています。

営業で得られるスキル
  • 高いコミュニケーション力
  • 折衝力
  • 分析力
  • タフな精神や体力 など

営業では、お客様に商品を売るために高いコミュニケーション力が求められます。コミュニケーション力は、どの業界に転職しても必要とされるスキルです。

折衝力とは、利害関係が一致しない相手と駆け引きを行い、最終的な折り合いをつけることです。お客様に商品を売るときだけではなく、社内で上司との打ち合わせなどでも役に立ちます。

営業は飛び込み営業をした際に、門前払いをされることもあり、タフな精神や体力が鍛えられます。

30代は人柄やポテンシャル採用を狙える可能性があるから

30代の転職では、人柄やポテンシャル採用を狙える可能性があります。

人柄やポテンシャル採用は、20代を中心に行われる方法です。ただし、20代ほどではありませんが、30代ならギリギリ人柄・ポテンシャル採用が狙えます。

営業しか経験がなく異業種に転職する際も、選考を受ける企業が求める人柄とマッチすれば、採用される可能性は十分にあります。

自己分析・企業研究を行い、求める人柄がマッチする求人に応募しましょう。

未経験者を積極的に採用している企業は多いから

近年、市場拡大や人手不足などの背景から、未経験者の採用を積極的に行っている企業は多いです。

企業は人手を欲しているため、営業経験しかなくても、未経験の異業種に転職ができる可能性はあります。

また、若い世代の人口減少に伴い、新卒の採用者数が減っていくことが予想されるため、中途採用に力を入れている企業も増えています。

未経験者でも人柄が良ければ積極的に採用する企業は増えてきているため、営業経験しかない人でも転職は可能です。

営業から営業以外への転職を成功させる方法

営業から営業以外への転職を成功させる方法

営業から営業以外への転職を成功させる方法を紹介します。下記で紹介する方法を参考に、転職を成功させましょう。

営業以外への転職を成功させる方法
  • なぜ営業以外に転職したいのか理由を明確にする
  • 自己分析を徹底して自分の適職を見つける
  • 希望職種で活かせるスキルや経験を洗い出す
  • 転職エージェントに相談して適職の求人紹介と選考サポートを受ける

転職を成功させる方法について、それぞれ解説していきます。

なぜ営業以外に転職したいのか理由を明確にする

営業から異業種へ、なぜ転職したいのか考えることが大切です。まず前提として「営業が嫌なのか」「今の職場が嫌なのか」を明確にしましょう。

営業が嫌なのであれば、異業種の求人探しを続けても問題ありません。しかし、今の職場が嫌なだけであれば、次の転職先でも営業としてやっていける可能性が高いです。

転職では理由が不透明だと、選考時に納得感のある説明ができませんし、営業以外の職種に転職して後悔する可能性があるので注意しましょう。

自己分析を徹底して自分の適職を見つける

転職をする際は、自己分析を徹底的にすることが重要です。

自己分析は「なぜ会社を辞めたいのか」だけでなく、「どんなことに喜びを感じ」「どのようなことに興味を持っているのか」を深掘りしましょう。

自己分析をすることで、何がやりたいのかが見つかり、自分に合った職業が見つかります。適職を見つけることができれば、転職を繰り返さずに済むようになる可能性は高いです。

また、自分の強みを把握できるので選考の際にアピールでき、転職の成功確率が上がります。

希望職種で活かせるスキルや経験を洗い出す

あなたが転職したい希望職種や適職をある程度絞ったら、現場で活かせるスキルや経験を洗い出しましょう。

「部店の営業成績で1位をとった」「コミュニケーション能力が高い」「プログラミングに関する知識がある」など、スキルや経験を洗い出します。

洗い出したスキルや経験から異職種でも「活躍してくれそう」と、選考で判断してもらえるような対策が大切です。

反対に、スキルや経験を洗い出してから、自分に合いそうな職種を探す方法もあります。

転職エージェントに相談して適職の求人紹介と選考サポートを受ける

転職エージェントに相談すれば、営業以外への転職を成功させる方法を網羅的にサポートしてもらえます。

転職エージェントでの面談を通じて、あなたのスキルややりたいことが明確になり、合う求人を紹介してくれます。

そのため、営業以外の適職と出会いやすいです。

求人紹介以外にも、書類添削や面接対策など、選考におけるサポートも対応してくれるため、転職の成功確率が上がります。

30代で営業以外に転職したい人におすすめの転職エージェント

30代で営業以外に転職したい人におすすめの転職エージェントを紹介します。

おすすめの転職エージェント
  • マイナビエージェント
  • doda

気になる転職エージェントがあれば、登録してみてください。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    ハイクラス求人
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • オリコン顧客満足度No.1
  • 20代・30代の転職支援に特化
  • 異業種の転職サポートが充実

マイナビエージェントは、2023年オリコン顧客満足度で総合1位を獲得した転職エージェントです。人材業界大手のマイナビグル―プのため、各業界の公開・非公開求人を数多く扱っています。

マイナビエージェントの保有求人は未経験OKのものが多いので、法人営業から異業種への転職を狙う人におすすめです。

各業界に精通したキャリアアドバイザーが、各職種の転職事情を熟知しているため、興味のある業界からあなたに合ったものを厳選して紹介してくれます。

\20・30代の若い世代の支援が得意/

doda

【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    ハイクラス求人
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaの特徴
  • 転職サイトと転職エージェントの機能をあわせ持つ
  • 企業からスカウトも受けられる
  • 支援ツールが使いやすい

dodaは、業界大手のパーソルキャリア株式会社が運営する転職エージェントです。

20万件以上の豊富な公開求人やdoda独自の非公開求人の中から、厳選した優良求人を紹介してもらえます。有料求人が多いため、営業から異業種を狙いやすいです。

エージェントサービスだけでなく、企業から直接オファーが届くスカウト機能も充実しています。自分から探すのではなく「待つ」転職活動ができるので、便利です。

また、「適正年収の査定」「どのようなキャリアが向いているかの診断」「自己PRの発掘サポート」など、支援ツールが利用しやすいです。

\サポートの質が高い/

30代でも転職しやすい人気職種

30代でも転職しやすい人気職種

30代でも転職しやすい人気職種を紹介します。下記4つのなかで気になる職種があれば、転職先の候補として検討してみてください。

30代でも転職しやすい人気職種
  • Webマーケティング・広報
  • 事務職
  • 人事・採用担当
  • コンサルタント

それぞれの職種の業務内容について紹介します。

Webマーケティング・広報

Webマーケティングは、インターネットを利用して市場の調査や商品の企画・開発、宣伝活動などを行う仕事です。

営業とWebマーケティング・広報には、共通点があり、選考時にアピールしやすい特徴があります。特徴として、営業は「顧客に対して商品やサービスを売る仕事」です。

一方、Webマーケティング・広報は「Webや広告媒体などを使って消費者に商品やサービスをアピールして販売に導く仕事」です。

「商品・サービスを販売する」といった共通点があり、採用後も即戦力になる可能性が高いので、営業からの転職に向いているといえます。

事務職

事務職は、書類作成や請求書の処理、電話・来客対応など、社内のサポート業務を担う仕事です。

売上に直接関わるわけではありませんが、業務を円滑に進めるうえで欠かせないポジションです。

事務職といえば「一般事務」を想像するかもしれませんが、「営業事務」「経理事務」「総務事務」など、さまざまな役割があります。

「営業が向いていない」「プレイヤーでいることに疲れた」という人は、事務職のようなバックオフィス系がおすすめです。誰かのサポートに回るのが好きな人に向いているといえます。

人事・採用担当

人事・採用担当は、新卒や中途の求職者の採用活動や社員の配属先の決定などを行う仕事です。

新しく入社する人を見極めたり社員が活きる配属先を決めたりと、コミュニケーションを取り人柄を判断する能力が求められます。

営業経験者はお客様とのやり取りにより、コミュニケーション能力が高い人が多く、向いているといえます。

人事担当は社員の昇格・異動や福利厚生など、社内の内部事情を把握できる特別感があり、やりがいのある仕事です。

コンサルタント

コンサルタントは、クライアントの経営課題を解決する仕事です。

コンサルタントは、クライアントから課題を引き出し解決に導く仕事のため、コミュニケーション能力が求められます。営業経験者はコミュニケーション能力の高さをアピールすることで、転職成功確率が上がります。

また、コンサルタントはクライアントによって業界が異なるため、各分野の専門的な知識が必要です。

営業時代に同業界を経験していれば、専門知識を活かせます。業界によっては給与水準が高く、キャリアアップが目指せます。

向いていない営業の仕事を我慢し続けるリスク

向いていない営業の仕事を我慢し続けるリスク

向いていない営業の仕事を我慢し続けるリスクを紹介します。転職をしないことで、下記のようなリスクがあることを理解しておきましょう。

我慢し続けるリスク
  • 40代以降になると未経験転職のハードルが一気に上がる
  • ストレスをため続けることでうつ病になる可能性がある
  • 営業で成果を出せないままだと昇給・昇格が見込めない

それぞれのリスクを理解し、早めの行動を心がけましょう。

40代以降になると未経験転職のハードルが一気に上がる

30代はまだ未経験での転職ができますが、40代以降では一気に難易度が上がります。

未経験転職では採用において、ポテンシャルによる割合が重視されているため、年齢が上がるにつれて不利になります。

「転職したいな…」「現職が向いていないな…」と思いつつ我慢し続けると、転職できずに数年が経ち後悔するかもしれません。

40代になり未経験転職のハードルが上がる前に、早めの行動を心がけましょう。

ストレスをため続けることでうつ病になる可能性がある

向いていない仕事を我慢してやり続けることは、ストレスがたまります。

ストレスをためつづけてしまうと、うつ病適応障害になってしまう可能性があり、注意が必要です。

営業の仕事は、お客様に商品を売る仕事であり、結果が数字にでてしまいます。結果を出せていないことが一目でわかり、ストレスを抱えやすい仕事だといえます。

仕事は業務内容によって、向き・不向きがあることを理解し、早めの転職を心がけましょう。

営業で成果を出せないままだと昇給・昇格が見込めない

営業が向いていないと感じる人は、成果を出せていない可能性が高いです。営業を続けて昇給・昇格を実現するには、成果を出す必要があります。

しかし、向いてない人は成果を出せず、昇給・昇格が見込めません。

40代以降に転職を決意したとしても、年齢を重ねても同じポジションのままだと、前職で結果を出していない人だと判断され、非常に難しくなります。

営業に向いていないと感じたら、30代のうちに転職へ踏み出すことが大切です。

30代で営業から営業以外に転職する際の注意点

30代で営業から営業以外に転職する際の注意点

30代で営業から異業種に転職する際の注意点を紹介します。転職する際はメリットだけでなく、下記3つのような注意点があることを理解しておきましょう。

営業以外へ転職する際の注意点
  • 20代と比べて未経験転職の難易度が高い
  • 年収が下がる可能性がある
  • 人とのコミュニケーションは多職種でも必要

それぞれの注意点について解説していきます。

20代と比べて未経験転職の難易度が高い

正直なところ20代に比べると30代は、未経験転職の難易度が高いです。

未経験転職では、企業側が若い世代を求めているケースが多いです。20代と30代で迷った際に、前者を採用するケースはよく見られます。

30代では経験者・即戦力採用のほうが、求人の幅が広いのが現状です。

対策することで転職は十分可能ですが、ある程度期間がかかるかもしれないので、退職前に転職先を決めておくのが良いでしょう。

年収が下がる可能性がある

営業から未経験転職を成功させた場合、年収が下がる可能性があります。営業は数ある職種のなかでも、給与水準が高めに設定されています。

とくに、現在インセンティブが支給されていたり、みなし残業が基本給に含まれていたりする場合は、年収が下がる確率が高いです。

どの程度であれば年収が下がったとしても、許容できるのか確認しておくことが大切です。具体的な数字で、1ヶ月の支出を把握しておきましょう。

人とのコミュニケーションは多職種でも必要

営業はお客様とのコミュニケーションをとる機会が多い職種です。「人とのコミュニケーションに疲れたから営業以外がいい」と思って、転職を考えている人も多いかもしれません。

しかし、仕事をするうえでコミュニケーションを全く取らないことは難しいです。営業以外ではお客様とのコミュニケーションの機会は減るかもしれませんが、社内でのやり取りは必ずあります。

どのような職業でも、コミュニケーションをゼロにすることはできないと理解しておきましょう。

よくある質問

30代で営業から異業種への転職を考えている人のよくある質問に回答します。

よくある質問
  • 文系でも営業職以外の仕事に転職できる?
  • 営業以外で稼げる仕事はある?
  • 営業以外に転職するなら資格を取得したほうがいい?

気になることがあれば、解決しておきましょう。

文系でも営業職以外の仕事に転職できる?

問題なくできます。

転職活動において文系がマイナスに働くことはほとんどないので、安心してください。営業で培ったコミュニケーション力や分析力を活かせれば、さまざまな業界へ挑戦できます。

また、スキルや資格を取得することで、新卒入社のときは、理系出身者が多い分野への転職も可能です。

営業以外で稼げる仕事はある?

営業から未経験の職種へ転職直後は、基本的に給与が下がります。

ただし、以下の職種は給与水準が高いため、経験やスキルを積むことで営業以上に稼げる可能性があります。

給与水準が高い職種
  • ITエンジニア
  • 経営コンサルタント
  • マーケティング

求人ボックスによると、営業の平均年収は391万円です。業界によってばらつきがあるため、平均にするとやや低い傾向にあります。

他の職種では「ITエンジニア485万円」「経営コンサルタント505万円」「マーケティング497万円」と、営業よりも給与水準が高いことがわかります。

営業以外に転職するなら資格を取得したほうがいい?

資格は必ずしも必須ではありません。

転職市場において、30代は資格よりも経験が重視される傾向にあります。未経験転職では、資格よりも少しでも若いほうが有利です。資格取得にはげむよりも、転職活動を優先して進めるべきだといえます。

希望する業界では「どんな経験・スキルが求められるか」「どのような人柄が受け入れられているか」を意識し、転職活動を行いましょう。

30代転職でも営業以外は可能!転職エージェントに相談しよう

30代で営業しか経験してない人でも、異業種の未経験転職はできます。ただし、個人での転職活動では難しいため、転職エージェントを利用しましょう。

数ある転職エージェントのなかでも、営業から未経験転職をする際は、マイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェントは、2023年度のオリコン顧客満足度調査でNo.1を獲得している、実績のあるサービスです。

20代・30代と若い世代の転職支援に特化しています。また、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、求人の幅が広いです。

マイナビエージェントは、30代の営業経験しかない人にとって、魅力的なサービスだといえます。気になる人は、ぜひ登録してみてください。

\ オリコン顧客満足度No.1/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ