MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

退職代行を利用するのはクズなのか?非常識でない理由について徹底解説

退職代行は、自分の代わりに仕事を辞める旨を伝えてくれるサービスです。周囲の環境に問題があり、退職したい旨をなかなか伝えられない方から人気があります。

本記事では、退職代行の利用が世間的によく思われないワケから退職代行の利用がクズとは言い切れない理由、おすすめの退職代行サービスまでを紹介します。

本記事でわかること
  • 退職代行の利用が「クズ」「非常識」と言われるワケ
  • 退職代行の利用が「クズ」だと言い切れない理由
  • 退職代行に対する世間的な意見
  • 利用者の満足度が高いおすすめの退職代行サービス

退職代行の利用を検討している方は、退職代行ニチローを選ぶことがおすすめです。退職代行ニチローは最短当日で退職手続きするスピード感があるだけでなく、利用者をスムーズに退職まで導いてくれます。

【公式】https://nichirou.com/taisyoku

\LINE・メール相談24時間対応/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

退職代行を利用することがクズ・非常識と言われるワケ

退職代行を利用することがクズ・非常識と言われるワケ

退職代行を利用することが「クズ」「非常識」と言われる理由として、次のような理由が挙げられます。

退職代行の利用が「クズ」「非常識」と言われる理由は、会社側の一方的な都合によるものがほとんどです。したがって「退職代行=悪い」という言葉を鵜呑みにしすぎる必要はありません。

ここからは、退職代行の利用が「クズ」「非常識」と言われる理由を詳しく紹介します。

急に辞めるのが社会人として無責任

会社を辞めるときは、「退職したい旨を伝える→退職日を話し合う」という流れが一般的です。退職代行を用いて仕事を急に辞めることに対して、無責任だと感じる方は一定数存在します。

「すぐに辞められると穴埋めできない」「周囲に迷惑がかかる」などを正当な理由として突きつける会社もありますが、これらの問題は社員とって関係のないことです。

会社側が不測の事態に備えて人員確保などを怠ってきた結果のため、急に仕事を辞めることに対して無責任だと言われる筋合いはないでしょう。

直接伝えてこないことが非常識

会社のなかには、退職する旨を直接伝えてこないことに対して非常識だと考えている会社もあります。基本的にはお世話になった会社に対して、辞めることを直接伝えることがマナーです。

仕事を辞めることを直接伝えられない職場は、上司・部下との信頼関係が構築できていないと考えられます。

社員の信頼関係が構築できていない会社で退職したい旨を直接伝えると、「退職の相談に応じてもらえない」「退職までの期間に嫌がらせを受ける」など、別のトラブルに発展する恐れがあります。

退職する話し合いでこじらせないためにも、退職代行を利用することは賢明な判断だと言えるでしょう。

育ててきた会社への恩義がない

退職代行の利用が「非常識」「クズ」だという側の声として、「育ててきた会社への恩義がない」という意見もあります。

感謝したい同僚や上司がいる場合は退職代行を利用せず、直接仕事を辞める旨を伝えることが重要です。

恩義を押し付けてくる会社で退職したい気持ちを直接伝える場合、人情に訴えかけるような引き止めが行われます。

辞めるタイミングを逃す可能性が出てくるため、今の仕事に耐えられないのであれば退職代行の利用がおすすめです。

人材の採用にかなりのお金をかけている

人材の採用にかなりのお金をかけている会社も、退職代行を使った辞め方に対して「クズ」「非常識」と声を上げます。

採用にお金をかけている会社は、慢性的な人手不足を抱えていることがほとんどです。急に抜けられると困るため、退職代行を使うことを非難します。

人手不足を課題としている会社で退職したい旨を伝えると、ほぼ間違いなく仕事を辞める時期が延ばされます。

会社側の都合で働かされることになり、仕事を辞めたい社員側には何のメリットもありません。

今の仕事を続けることがストレスになるのであれば、退職代行を使って仕事をすっぱりと辞めたほうが自分のためになります。

退職代行を利用して退職するのはクズなのか?

退職代行を利用して退職するのはクズなのか?

退職代行を利用して退職するのは、クズな行為ではありません。「会社側が退職の相談に応じてくれない」「退職したい旨を言い出せる職場でない」という場合は、退職代行を利用すべきです。

下記は、退職代行を利用して退職することがクズではないと言える理由です。

同じように退職代行の利用を検討している人は多い

転職希望者のなかには、退職代行の利用を検討している方が多くいます。

2020年に株式会社マイナビが発表した「マイナビ 転職動向調査2020年版」によると、退職代行を利用したことがあるor利用を検討していると回答した転職者は、全体の25.7%におよびます。
(出典:マイナビ「「マイナビ 転職動向調査2020年版」を発表」

「退職代行を使って仕事を辞めたい」と考えている層は一定数存在するため、退職代行の利用が悪いと考えすぎる必要はないでしょう。

退職代行は近年出てきたサービスのため、世間的な認知度が低い状況です。今後、退職代行の認知度が拡大していけば、利用者の割合は上昇すると考えられます。

>>おすすめの退職代行サービスを見る

直接言い出せない職場環境が悪い

公益財団法人連合総合生活開発研究所が2019年に行なった調査によると、会社員の4人に1人が自分の勤め先をブラック企業だと認識しています。

そのうちの2割強は、今すぐにでも転職したいと考えている状況です。
(出典:公益財団法人連合総合生活開発研究所「第38回『勤労者の仕事と暮らしに関するアンケート(勤労者短観)』調査結果」

ブラック企業をすぐに辞めるためには、退職代行の利用が欠かせません。一般的な手順で仕事を辞める場合、仕事を辞める時期の相談をしたり、引き継ぎ業務をしたりすることから、3か月程度の時間が必要になります。

退職代行を利用する際は、勤め先とやり取りせず仕事を辞めることが可能です。上司と話し合う場を設けなくて済むため、引き止められることが少なくなります。

退職代行によっては即日退職できる場合もあります。今の職場がブラック企業でいますぐ辞めたい場合は、退職代行を使って退職手続きを進めることがおすすめです。

>>おすすめの退職代行サービスを見る

あわせて読みたい
今すぐ仕事辞めたい!会社を即日退職するためにあなたが取るべき戦略とは? 今すぐにでも仕事を辞めたい!もう会社に行きたくない!無理だ…! このように切羽詰まった状況で、悩んでいる人もいるでしょう。できればもう明日からでも出社拒否をし...

正規の手続きを踏んで辞めるのでバックレるよりもマシ

退職代行を利用して仕事を辞める方法は、バックレるよりもマシです。

退職代行を利用する場合、サービス元が正規の手続きを踏んで退職手続きを進めてくれるため、会社側に迷惑はかかりません。

一方で仕事をバックレる場合は、下記で挙げるリスクが伴うことを知っておきましょう。

仕事をバックレる場合に伴うリスク
  • 損害賠償を請求される恐れがある
  • 給与や退職金が減額される可能性がある
  • 自宅や実家へ訪問されるケースがある
  • 懲戒解雇になり転職が不利になる場合がある

仕事をバックレる行為は、多くのリスクがあります。メリットになることはほぼないため、バックレることを考えていた方は、退職代行の利用をおすすめします。

>>おすすめの退職代行サービスを見る

あわせて読みたい
仕事を辞めさせてくれないときに飛ぶ・バックレるのはあり?会社を辞めさせてくれないときの対処法を解説 退職の申し出をしたにもかかわらず、「会社を辞めさせてもらえない」このように悩んでいませんか?辞めたいのに辞められない状態が続くと、「飛ぶかバックレるしかない...

自分の健康やメンタルの方が圧倒的に大切

ストレスで仕事を続けることが困難な場合は、退職代行を利用したほうがよいでしょう。正規の手順で仕事を辞める旨を伝えることは社会人として大切です。

しかし、自分の健康やメンタルを損なうのであれば退職代行に頼るほうが得策だと言えます。

厚生労働省が2019年に発表した「過労死等防止対策白書」によると、連続勤務や長時間労働などの勤務問題における過労死等の認定件数は横ばいで、改善が進められていません。
(出典:厚生労働省「過労死等防止対策白書」

つまり、自分の健康やメンタルを守るためには自己防衛が必要であると言えます。過労による問題を防ぐためには、退職代行を利用して仕事を辞める方法が得策です。自分を守るために退職代行を使うことは、クズな行為ではありません。

>>おすすめの退職代行サービスを見る

あわせて読みたい
もう限界だから仕事を辞めたい!退職すべき理由と私がとった行動 「限界だから仕事を辞めたい」と思ってしまうのは、あなたの心がSOSを発している証拠です。 「朝が来るのが怖くて眠れない」「仕事に行こうとすると泣き出してしまう」...

退職の自由は労働者の権利

退職の自由は労働者に与えられた権利であり、適切な方法で退職手続きを進めればいかなる場合でも仕事を辞められます。実際に、民放の第627条には次のように記されています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:e-Gov「民法」

民法627条には、退職の申入れがいつでもできることについてしか記されておらず、具体的な申入れ方法については述べられていません。

つまり、退職代行を使った退職手続きは適法だと判断できるため、クズな行為ではないと考えられます。

退職代行の利用がクズだと思っている人の声

退職代行の利用がクズだと思っている人の声

退職代行は法律的に見ても利用して問題のないサービスです。しかし、一部の人は、下記のような思いから退職代行の利用をクズだと思っています。

退職代行で辞めるやつは人間のクズだな
自分から入れされてくださいって言ったのに辞める時は人の力で退職するという無責任な辞め方
だからバカにされるし次の場所でも自分が何が悪いかわらないまま同じ事を繰り返す

— 毎日普通マン (@chan367774370) January 6, 2021

そもそも、仕事の悩みを第三者にしか打ち明けられない状況が問題です。自分の体を守るためであれば、退職代行を利用した仕事の辞め方は正攻法だと言えます。

退職代行を使って会社を辞めようとする若者はクズ。自分で意思を伝えようとする能力がなしなのか?

◆自分でだけ休みがない
◆仕事が覚えられなくて仕事に行きたくない

業務内容を覚えること、
お客様に奉仕する、
それが仕事なのでは?甘ったれるなよ!#退職代行 #退職代行サービス #五月病

— TANGO/KILO 3rd ver. (@RJGG_1983) May 6, 2019

若者の考え方は甘いと考える上司がいる職場では「仕事を辞めたい」といっても、「根性で乗り越えろ」と言われて話が進みません。職場に問題があることを棚に上げて責められる場合は、退職代行を利用して仕事を辞めるべきです。

退職代行の利用に賛成する声

退職代行の利用に賛成する声

退職代行の利用に対してマイナスイメージが強いものの、実際には利用に賛成する声が多くあります。

またグチグチ言われると分かってたから仕事辞めますと話す気力もなく、逃げ出すように退職代行に頼った。本当に頼ってよかった。あんなに恐怖だった職場から、無事に脱出することが出来ました😢私のライフラインです😢✨

— mizuki (@moakt_5) September 28, 2022

ストレスを抱えすぎると、仕事を辞めることすら言い出せなくなります。今の職場に限界を感じているのであれば、退職代行の利用を強くおすすめします。

退職代行ビビってたけどちゃんとやめれたし今のところ連絡はない、なんかあれば間に入ってくれるみたいだしよかったよかった、

— ヤミヤミヤミイ (@_yamiyamiyamiii) September 14, 2022

しっかりとしたサポートをしている退職代行であれば、会社から連絡が来ることはありません。もし、会社とトラブルが起こった際には仲介してくれます。退職代行の利用をビビる必要はないでしょう。

\最短当日で退職手続き/

批判されても退職代行を利用した方がいい理由

批判されても退職代行を利用した方がいい理由

仕事に対するストレスや不満が限界に達している場合は、周囲から批判されたとしても退職代行を利用すべきです。退職代行を利用したほうがいい理由として、次のようなものが挙げられます。

ここからは、退職代行を利用すべき3つの理由を詳しく紹介します。

即日で嫌いな会社から抜け出せる

退職代行を利用すると引き継ぎをせずに仕事を辞められるため、即日で嫌いな会社から抜け出せます。退職に関する交渉をすべてスタッフが行ってくれることから、仕事を辞めるときに嫌いな会社とやり取りする必要がありません。

退職代行では法律の話を出しながら退職手続きを進めます。会社側から引き止められたり、仕事を辞める話が先延ばしされたりする心配は不要です。有給休暇が残っている場合は、退職代行利用後すぐに有給休暇消化期間に入れます。

上司へ報告するストレスを感じなくて済む

仕事を辞めたい方のなかには、上司へ退職したいこと伝えるのが嫌で仕事を辞められない方も多くいます。退職代行を利用すれば、上司へ仕事を辞める旨を伝える必要がないため、ストレスを感じなくて済みます。

退職代行では、利用者の代わりにスタッフが会社へ仕事を辞める旨を伝えてくれます。退職代行利用後は、基本的には上司から連絡が届くことはありません。

あわせて読みたい
退職を切り出す勇気が出ない人必見!気まずいときの対処法と切り出すタイミングを伝授! 本記事でわかること 退職を切り出すときの心理的負担を軽くする方法 仕事を辞めることを伝える勇気を持つために必要な準備 退職を切り出す勇気が持てない原因 退職する...

言い出せずに無駄な時間を過ごさずに済む

退職代行を利用すると最短で即日退職できるため、仕事を辞めたいことを言い出せずに無駄な時間を過ごさずに済みます。

特に、20代後半から30代前半は今後のキャリアを定める上で重要な時期です。退職したいことを言い出せずに時間が過ぎると、キャリアとして無駄な時間を過ごすことになります。

退職する時期が遅くなると年齢が足かせとなり、転職先の選択肢が狭まることが否めません。「仕事を辞めたい」と言い出せずに過ごすことは無駄な行為です。

おすすめの退職代行サービス

ひと口に退職代行と言っても、さまざまな企業がサービスを提供しています。下記は、利用者の満足度が高いおすすめの退職代行サービスです。

おすすめの退職代行サービス
  • 退職代行ニチロー
  • 退職代行TORIKESHI
  • 退職代行ガーディアン
  • 辞めるんです

退職代行ニチロー

【公式】https://nichirou.com/taisyoku

名前退職代行ニチロー
利用料金28,000円
運営組織労働組合法人 日本労働調査組合
LINE対応あり
返金保証
転職支援あり
公式HPhttps://nichirou.com/taisyoku

退職代行ニチローは、最短当日で退職手続き可能なサービスです。LINEやメールで24時間全国対応しているため、「会社を辞めたい」と思い立った時に連絡すれば即退職できます。電話連絡は不要となっており、わずらわしい話し合い時間が一切ありません。

オプションなし・追加料金なしという点もニチローの強みです。ニチローの退職代行サービスには、転職相談や残業代・退職金の確認、有給休暇消化の交渉なども含まれています。お得なサービス込みでも退職代行にかかる費用は、一律28,000円です。

過去に退職を拒否されていたとしても、退職代行ニチローに任せれば問題ありません。ニチローが会社とのやり取りを一任するため、退職の引き止めに合うことはないです。また、ニチローは労働組合が運営を行っており、会社への団体交渉権を保障されています。

\信頼度抜群!退職お任せ/

退職代行TORIKESHI

【公式HP】https://torikeshi.jp/
名前退職代行TORIKESHI
利用料金27,000円
※内2,000円は労働組合加入費
運営組織日本労働産業ユニオン
LINE対応あり
返金保証あり
転職支援あり
公式HPhttps://torikeshi.jp/

退職代行TORIKESHIは、LINEで気軽に退職代行を依頼できるサービスです。退職代行TORIKESHIとの連絡は全てLINEで完結するため、メールや電話での面倒なやり取りは必要ありません。

退職代行TORIKESHIなら、雇用形態に関わらず一律27,000円で退職代行の依頼が可能です。離職票や雇用保険被保険者証など、必要書類の受け取りサポート代込みのお得な料金となっています。

労働組合運営の安心感と一律27,000円という低価格を実現しているのは、退職代行TORIKESHIだけです。LINE無料相談は24時間対応しているので、退職しようか迷っているなら相談だけでもしてみましょう。

\業界最安!一律27,000円/

あわせて読みたい
退職代行TORIKESHIの評判はどう?転職サポートの付いた人気サービスの口コミを紹介 退職代行TORIKESHIは、労働組合が運営する安心・安全な退職代行サービスです。退職代行TORIKESHIが職場と直接退職交渉をしてくれるため、職場に顔合わせしたくない方に...

退職代行ガーディアン

名前ガーディアン
利用料金29,800円
運営組織東京労働経済組合
LINE対応あり
返金保証なし
転職支援なし
公式HPhttps://taisyokudaiko.jp/

退職代行ガーディアンは、労働組合法人が行っている退職代行サービスです。確実かつ即日対応するスピード感を強みにしており、利用者が辞められなかったケースは、2022年10月現在でこれまで一度もありません。

利用料金は連絡回数・連絡時間に関係なく一律で29,800円となっており、追加料金は一切かかりません。退職代行にかかる費用が高額にならないことから、退職代行ガーディアンは多くの方に選ばれています。

退職代行ガーディアンでは、サービスについて不安を持つ方に対して無料相談or申込相談を実施しています。サービスについて詳しく理解した上で退職代行を依頼したい方は、まずは無料相談から依頼してみましょう。

\安心かつ確実に退職できる/

あわせて読みたい
退職代行ガーディアンの評判は?退職に失敗する可能性があるのか口コミをチェック 退職代行ガーディアンは、労働組合が運営している仕事を辞めたい人を支援するサービスです。 ただ、退職代行サービスと聞くと「本当に安全なのか」「バレることなく辞め...

辞めるんです

辞めるんです
【公式】https://yamerundesu.com/
名前辞めるんです
利用料金27,000円
運営組織LENIS Entertainment株式会社
LINE対応あり
返金保証
転職支援
公式HPhttps://yamerundesu.com/

辞めるんですは、顧問弁護士からの業務指導のもとサービスを提供している退職代行です。これまでに7,000件以上の退職代行実績があり、退職率は100%となっています。

利用者が円満退職できるように退職代行を進めることから、「会社側とトラブルになりにくい」と定評があります。円満退職できるため「有給休暇を消化できなかった」「残業代が未払いになった」など、トラブルに発展することはほとんどありません。

辞めるんですでは、退職完了後に料金を支払うことが可能です。「料金を支払ったものの退職できなかった」というトラブルを回避できるため、安心してサービスを利用できます。

「円満に退職したい」「退職代行に支払う料金を無駄にしたくない」と考えている方は、辞めるんですの利用がおすすめです。

\トラブルなく円満退職できる/

あわせて読みたい
退職代行「辞めるんです」の評判・口コミは?魅力・おすすめの人の特徴を解説 「会社を辞めると言いにくい」「言ったとしても止められそう」と悩んでいる人は、退職代行の利用を検討しましょう。 退職代行とは、あなたの代わりに退職の連絡をしてく...

退職代行を利用してトラブルになった事例はある?

退職代行を利用してトラブルになった事例はある?

悪質な退職代行を利用すると、会社側とトラブルになるケースがあります。たとえば、「会社が退職を認めてくれない」「会社側から必要書類が送られてこない」などは、悪徳な退職代行へ依頼した際に起こりやすいトラブルです。

仕事を円滑に辞めたい方は、実績のある退職代行を選ぶことがポイントです。「退職代行支援数が多い」「メディア掲載実績がある」などの特徴が見られる退職代行は、実績があると判断できます。

退職代行の一つである退職代行ニチローは、実在する顧問弁護士・社労士との提携があり指導を受けているサービスです。安心して退職代行を任せられるサービスを利用したい方は、退職ニチローを利用しましょう。

\安心の労働組合運営/

あわせて読みたい
退職代行の利用が転職先や親にバレる可能性はあるのか?バレるパターンを紹介 退職代行を利用したいと考える人の中には、転職先や親にバレないか心配する人も多いです。 結論、バレる心配はいりません。しかし、例外はどうしてもあるので、100%バ...

退職代行を使われた企業側はショックを受ける?

退職代行を使われた企業側はショックを受ける?

退職代行を使われた企業側は、少なからずショックを受けます。しかし、企業側がショックを受けることに対して、まったく気にする必要はありません。

社員と信頼関係を構築できている企業では、退職代行を利用しなくても仕事を辞められることが一般的です。そもそも、退職代行を利用しなければ仕事を辞めにくい環境を作っている企業側に問題があると言えます。

企業側の気持ちを考えることは大切ですが、自分の体を守るほうが重要です。今の職場で受けるストレスや苦痛から抜け出すためには企業側がどう思うのかは関係なく、退職代行を利用することをおすすめします。

\退職後のアフターフォロー◎/

あわせて読みたい
仕事を飛ぶ方法とその後どうなるかを解説【体験談】仕事をばっくれた友人の末路…|正社員をばっくれた体... 仕事をばっくれる・飛ぶなら、退職代行を使いましょう!仕事を突然ばっくれてしまうと、さまざまなリスクがあります。 しかし、退職代行を利用したらリスクなく正式な手...

退職代行を利用するときは周りの声は気にしない!

退職代行の利用に対して「クズ」「非常識」などと周囲から言われるケースが多くあります。しかし、退職代行を使って仕事を辞めることは、決して非常識な行為ではありません。

仕事を辞めたいことを言い出せない職場環境が悪いだけです。正規の手続きを踏んでいるため、バックレるよりもマシな行為だと言えます。

退職代行の利用を検討している方は、退職代行ニチローを選ぶことがおすすめです。退職代行ニチローはLINE・メールで気軽に相談できるだけでなく、最短即日退職できるようサポートします。

今の職場からすぐに退職したい方は退職代行ニチローへ依頼しましょう。

\最短で即日退職可!/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ