MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

適応障害の人に向いている仕事と向いていない仕事を紹介|転職を成功させる方法とは?

仕事を頑張りたくても、自分の身体が思うように動いてくれないと悩んでいませんか?適応障害の方が無理して仕事を続けると、症状が悪くなるかもしれません。

適応障害の方はストレスが少なく、自分のペースでこなせる仕事を選ぶことが大切です。今の仕事が向いていないなら、自分に合った仕事への転職を検討してみましょう。

本記事でわかること
  • 適応障害の人に向いている仕事
  • 適応障害の人が自分に合った仕事を見つける方法
  • 適応障害の人におすすめの転職エージェント
適応障害の方に
おすすめの転職エージェント
大手企業の障害者枠
求人多数あり
dodaチャレンジ
障害のある方の
転職支援実績No.1!
無料相談をする
大手企業の障害者枠
求人多数あり
LITALOCOワークス
全国に100以上の
拠点あり!

無料相談をする
手帳なしの方は
dodaがおすすめ

doda
顧客満足度No.1の
転職エージェント
無料相談をする
※2024年 オリコン顧客満足度®調査 転職エージェント 20代 第1位

>>dodaチャレンジの口コミ・評判を見る

障がい者手帳を持っていない方は障がい者特化のエージェントは利用できないことがほとんどです。下記記事で自分に合った転職エージェントを探しましょう!

あわせて読みたい
障がい者手帳なしの方におすすめの転職エージェント|求職者に寄り添った対応をしてくれるエージェント... 本記事でわかること 手帳なしでは障害者特化のエージェントを利用できない理由 手帳なしで転職活動を進める方法 障害者手帳なしで利用できるおすすめの転職エージェント...

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

適応障害の人はどんな仕事を選べばいい?

適応障害の人はどんな仕事を選べばいい?

適応障害の方は特定の環境や状況に適応することが苦手です。自分に合わない環境で我慢し続けると、今よりも症状が悪くなる可能性があります。

適応障害の方は以下の項目を満たす仕事を選んでみてください。

適応障害の人が選ぶべき仕事
  • ノルマがない仕事
  • 残業がない仕事
  • マニュアル化されている仕事
  • 多くの人と関わらない仕事

自分に向いていない仕事を選ぶと、過剰適応の状態になってストレスを溜め込んでしまいます。最悪の場合はうつ病を発症してしまうので、注意して仕事を選びましょう。

適応障害の人に向いている仕事

適応障害の人に向いている仕事

適応障害でまわりに迷惑をかけてしまい、自分は働き続けられないと感じる方は多いでしょう。今の仕事が合っていないだけで、あなたにぴったりの仕事は必ず見つかります。

ここでは、適応障害の人に向いている4種類の仕事を紹介します。

適応障害の人に向いている仕事

経理

経理は適応障害の方が働きやすい仕事のひとつです。営業職のように不特定多数の人と関わることがないため、大きなストレスにさらされずに仕事を続けられます。

会社の規模によりますが、経理は比較的休みを取りやすい職種です。適応障害で体調が不安定な場合でも、自分の身体を優先できます。

ただし、経理として採用されるには簿記のスキルが必要です。転職を検討しているなら、資格取得のために勉強を始めておきましょう。

受付事務

適応障害の方には受付事務の仕事もおすすめです。

受付事務の業務内容には来訪者への対応や予約の調整などがあります。人と接する機会が多いポジションですが、仕事の大まかな流れが決まっているため、焦らず仕事を進められるのが魅力です。

また顧客データの登録・管理やメール対応を任されることもあります。臨機応変な対応を求められることが少なく、適応障害の方が安心して働ける職種です。

データ入力

人とのコミュニケーションを苦手とする適応障害の方にはデータ入力の仕事がおすすめです。データ入力ではWordやExcelなどのソフトを使い、指定されたデータを打ち込みます。

簡単な業務が多く、自分で考えて入力するようなものはほとんどありません。そのため、基本的なパソコン操作ができる方であれば、誰でもチャレンジできるでしょう。

シングルタスクでコツコツと仕事をこなしたい適応障害の方は、データ入力の仕事を探してみてください。

工場

工場での仕事はルーティンワークがほとんどです。臨機応変な対応を求められることはなく、適応障害の方が無理せず働けます。

カレンダーどおり土日や祝日に休みがあり、連休を取りやすいのも強みです。業務の流れさえ覚えてしまえば、自分のペースでもくもくと作業に取り組めます。

また最低限のコミュニケーションだけで仕事を進められるので、1人で仕事に集中したい方にもおすすめです。

\仕事探しならまずは相談!/

あわせて読みたい
ノルマのない仕事がしたい人におすすめの仕事5選|自分のペースで働ける仕事を紹介 銀行・保険・不動産などをはじめとして、ノルマのある仕事は多いです。ノルマを意識するあまりストレスになってしまうと、体調を崩すリスクがあります。 ノルマが課せら...

適応障害の人に向いていない仕事

適応障害の人に向いていない仕事

適応障害の人に向いていない仕事を選ぶと症状が悪化したり、うつ病になったりする可能性があります。ここでは適応障害の人に向いていない仕事を紹介するので、事前に把握しておきましょう。

適応障害の人に向いていない仕事

新規開拓営業

新規開拓営業はノルマが厳しい職種の代表格です。会社から命じられたノルマを達成できなければ、上司から叱責されることもあるでしょう。

強いストレスにさらされる機会が多いので、適応障害の方は避けるべき仕事です。

適応障害によって気分が沈んでいるときに、営業先から断られるのは精神に大きなダメージを与えます。営業の仕事が原因で適応障害になる方も少なくありません。

新規開拓営業はプレッシャーがかかるので、転職しないようにしましょう。

コールセンター

コールセンターはメンタルを病みやすい職種のひとつです。

カスタマーセンターを担当すると、顧客からのクレーム対応をしなければなりません。電話で感情的に怒鳴られることもあり、長く続けるほどメンタルへのダメージが蓄積していきます。

業務マニュアルは用意されていますが、イレギュラーな事態には自分で考えて対応することが必要です。仕事のストレスが大きいので、適応障害の方にはおすすめできません。

介護

介護は身体が不自由な方の暮らしをサポートする仕事です。移動や食事から入浴のサポートまで、仕事の内容は多岐にわたります。

介護の仕事は頑張りが数値で表せず、努力した分だけ評価されるわけではありません。自分の仕事を適性に評価してもらえないことが、ストレスにつながります。

また介護業界は人手不足が続いており、介護士に大きな負担がかかる状態です。過度なストレスがあるため、適応障害の方は避けておきましょう。

向いている仕事を見つけて転職を成功させる方法

向いている仕事を見つけて転職を成功させる方法

適応障害の人が転職を成功させるための方法を3つ紹介します。

適応障害の方の実績が豊富な転職エージェントに相談する

自分に向いている仕事を見つけて快適に働くには、適応障害への支援実績が豊富な転職エージェントに相談するのがおすすめです。

大手の転職エージェントには豊富な求人が集まっています。しかし、適応障害などの病気を抱える方へのサポートには慣れていません。

障がい者の転職に特化したエージェントであれば、病気を考慮してあなたにぴったりの求人を紹介してくれます。在宅勤務やフレックス制度、時短勤務に対応した求人があるので、体調が安定しない方でも安心です。

また長く働き続けるために、就労支援に対応した転職エージェントもあります。

\障害者の転職実績No.1/

あわせて読みたい
適応障害の方におすすめの転職エージェント11選!転職を失敗させないため確認しておくべきことも紹介 転職しようとしている適応障害の方こそ転職エージェントを利用すべきです。転職に失敗して次の職場でも辛い目にあうなんてことは、なんとしてでも避けなければなりませ...

ハローワークに相談する

適応障害を抱えながら転職活動を進めるなら、ハローワークに相談してみてください。

ハローワークには障がい者を支援する専門援助窓口があります。専門の職員や相談員がサポートしてくれるので安心です。

また求人紹介だけでなく、履歴書の添削や面接対策にも対応しています。適応障害の症状に合った転職先が見つかるので、まずは相談してみましょう。

何が嫌かを明確にする

適応障害の方が自分に向いている仕事を探す前に、まずは現状の何が嫌に感じているのかを明確にしておきましょう。

働いていて負担に感じる条件には以下のようなものが考えられます。

働いていて負担に感じる条件
  • 人間関係が良好ではなく常に気を使う
  • 残業が多く疲労が溜まっている
  • 上司の当たりが自分にだけキツイ

このように嫌に感じることが明確になっていれば、ストレスの原因を避けて自分に合った転職先を探せます。職場での嫌なことをリストアップして、エージェントに相談する際にしっかりと伝えましょう。

あわせて読みたい
適応障害は職場が原因?対処法と自分に合った仕事・職場に転職する方法を解説 仕事のことを考えると過度に憂鬱な気持ちになったり、体調が悪くなったりすることはありませんか? 誰でも嫌なことがあれば落ち込むものですが、それが度を超えているよ...

適応障害の方におすすめの転職エージェント

適応障害の方には以下の転職エージェントがおすすめです。

適応障害の方におすすめの転職エージェント

障がい者手帳を持っていない方は障がい者特化のエージェントは利用できないことがほとんどです。下記記事で自分に合った転職エージェントを探しましょう!

あわせて読みたい
障がい者手帳なしの方におすすめの転職エージェント|求職者に寄り添った対応をしてくれるエージェント... 本記事でわかること 手帳なしでは障害者特化のエージェントを利用できない理由 手帳なしで転職活動を進める方法 障害者手帳なしで利用できるおすすめの転職エージェント...

dodaチャレンジ

dodaチャレンジ
【公式】https://doda.jp/challenge/
名前dodaチャレンジ
料金無料
求人数公開求人数:1,476件
非公開求人数:-
(2023年12月14日)
今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界障がい者への転職サポート
公式HPhttps://doda.jp/challenge/
詳細を見る
運営会社名パーソルチャレンジ株式会社
拠点東京都港区芝5-33-1森永プラザビル本館19F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaチャレンジの特徴
  • 障がい者の転職支援実績No.1
  • 大手企業の求人を多数取り扱い
  • 利用者に寄り添ったサポート

dodaチャレンジは障がい者の転職支援に特化したエージェントです。厚生労働省の調査で、「障がいのある方の転職支援実績No.1」に輝いた実績があります。

運営元のパーソルチャレンジ株式会社は、障がい者や病気を持つ人の就労に特別な配慮をしていると認定を受けた企業です。障がいや病気への深い理解があるため、安心して利用できます。

また大手企業を含む優良企業の求人を多数取り扱っており、適応障害を抱える方でも自分にぴったりの求人を見つけられるのが強みです。

\障害者の転職実績No.1/

あわせて読みたい
dodaチャレンジの評判・口コミを徹底調査|その他の障がい者向けの転職エージェントと比較 障がいがある人の場合、フルタイムの勤務が難しかったり、職場で何らかの配慮が必要だったりして、なかなか自分に合う求人が見つからないことがあります。 そんなときに...

LITALICOワークス

LITALICOワークス
【公式】https://works.litalico.jp/
名前LITALICOワークス
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界精神障害、発達障害の方を対象とした就職支援
公式HPhttps://works.litalico.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社LITALICO
拠点東京都目黒区上目黒2-1-1中目黒GTタワー15F/16F/20F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
LITALICOワークスの特徴
  • 障害名にこだわらない、1人1人に合わせた就職サポート
  • 全国に120拠点あり、全国多数の企業との繋がっている
  • 利用者満足度92%!障碍者手帳なしでも全力サポート

LITALICOワークスは、全国トップクラスの就職実績を誇る就労移行支援事業所です。障害名にこだわらず、1人1人に合わせて就職をサポートします。環境面や対人面など多角的なサポートがあるため、就職後の定着率は88%です。

LITALICOワークスのスタッフは、障碍者手帳がない場合でも企業と交渉をしてくれます。企業から配慮を得て、自分らしく働きたい方におすすめです。

また、LITALICOワークスは全国に120拠点あるため、上京転職やU・Iターン転職をしたい方にも人気があります。ぜひ全国多数の企業との繋がりを活かし、希望の地域で就職しましょう。

\自分らしさを生かせる就職!/

アットジーピー(atGP)

名前atGP(アットジーピー)
料金無料
求人数公開求人:1,218
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界事務関連、IT・エンジニア関連、技術関連
公式HPatGP転職公式
詳細を見る
運営会社名株式会社ゼネラルパートナーズ
拠点東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング9階
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
アットジーピーの特徴
  • 93%と高い利用者満足度
  • 転職サイトとしての利用も可能
  • スカウトや就労サービスにも対応

アットジーピーは障がい者のサポートを専門とする転職エージェントです。豊富な求人がそろっているので、適応障害の状態に合った求人が見つかります。

障がい者の就職・転職を熟知しており、利用者満足度93%と高いのが安心ポイントです。マッチング力に強みがあるため、長く働き続けられる転職先に出会えます。

また転職サイトとしての側面を持っており、スカウトや就労サービスにも対応しているのが特徴です。適応障害を理解した企業からオファーが届くチャンスもあります。

\障がい者転職満足度93%/

あわせて読みたい
atGP(アットジーピー)の評判・口コミを紹介|特徴やメリットを詳しく解説 atGP(アットジーピー)は、障がい者の転職サポートに特化したエージェントです。障がい者転職サポート実績No.1を獲得しており、あなたにぴったりの求人を紹介してもら...

適応障害の転職に関してよくある質問

適応障害の転職に関してよくある質問

ここでは、適応障害の方の転職に関してよくある質問として、以下の3つを紹介します。

適応障害の人にフリーランスはおすすめ?

フリーランスは適応障害の方にとっておすすめの働き方です。1人ですべての責任を背負うプレッシャーはありますが、自分で働くペースを自由に調整できます。

ただし、フリーランスになっても収入を安定させられる保証はどこにもありません。まずはスキルを身につけ、安定した仕事量を確保できる状態にすることが大切です。

障がい者向けのエージェントは障害者手帳が必要?

障がい者向け転職エージェントの多くは、利用するにあたって障害者手帳が必要です。障害者手帳を持つ方、または申請中の方のみがサービスを利用できます。

適応障害では精神障害者保健福祉手帳を取得できる場合があります。障がい者向け転職エージェントの利用を検討している方は、主治医に相談してみてください。

適応障害は転職で不利になる?

転職において、適応障害が不利になるケースはあります。ただし、伝え方やアピールの仕方によっては、適応障害をカバーできるので安心してください。

適応障害が不利になるのではと心配な方にこそ、転職エージェントの利用がおすすめです。面接対策を受けて、適応障害の上手な伝え方を教えてもらいましょう。

適応障害の人に向いている仕事まとめ

適応障害の人には経理やデータ入力、工場など、ストレスの少ない仕事がおすすめです。業務内容で負担になるものはあまりなく、調子を崩さず仕事を続けられます。

今の仕事から適応障害に向いている職種へと転職するなら、dodaチャレンジに相談してみてください。病気を理解したエージェントが、親身になってサポートしてくれます。

プロのサポートを受けて、適応障害と上手く付き合える仕事を見つけましょう。

\障害者の転職実績No.1/

あわせて読みたい
【どこがいい?】転職エージェントおすすめ32選|人気の理由や独自調査した口コミなどをもとに徹底比較! 転職エージェントを使わない転職活動は困難を極めます。筆者の体験談ですが、最初は自力で転職活動を進めようとしましたが、大変すぎました。 とはいえ、多くの方にとっ...
あわせて読みたい
障害者雇用で年収1000万のハイクラス転職は目指せる?年収アップするため行動を解説 「障害者雇用で年収1,000万円のハイクラス転職は難しいだろうか…」このように悩んでいませんか。 障害者雇用はできる仕事の範囲が限られてしまうということもあり、年収...
関連記事

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

広島県呉市生まれ。高校卒業後は地元中堅企業で製造部門を6年経験。その後、Webマーケティング業界へチャレンジしたいと思い、SEO対策を中心に行う大阪のベンチャー企業へ入社。2022年1月からはフリーランスとして、転職希望者が「自分らしくよりよい人生を歩めるように」をモットーに活動中。自身の経験を踏まえた、転職系記事や求人広告のライティング、キャリア支援などを行なっている。転職経験者としてだけでなくキャリア支援者の視点をもとに、記事コンテンツを制作している。

気になる見出しをタップ