MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

無職のメリット・デメリットとは?無職は人生をもう一度考え直すチャンス!

本記事でわかること
  • 無職のメリット・デメリット
  • 無職になる前に考えておくべきこと
  • 先に次の職場を決めておきたい方におすすめの転職エージェント

無職の期間は決して悪いことではありません。一度仕事から距離を取って、ゆっくりと体や心を休める時間は大切です。

自分を見直す期間を設けることで、やりたいことが見つかる可能性もあります。

ただし、だらだらと無職期間を引き伸ばし続けるのはおすすめしません。無職になる前に次の転職先を見つけて、社会に戻る時期を決めておくのが良いでしょう。

本記事では、無職のメリット・デメリットについて解説します。次の転職先を決めたい方におすすめの転職エージェントも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

無職になる前に転職先を決めておきたい方には、マイナビエージェントの利用がおすすめです。ヒアリングを徹底しているため、体と心を休めてから働きたいという希望を考慮して、あなたに合った求人を紹介してくれます。

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/

\20代が転職するなら登録必須/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

無職のメリット6つ

ここでは、無職のメリットを具体的に紹介していきます。

時間が自由に使える

一番のメリットは、『時間を自由に使える』ことでしょう。フルタイム勤務の人が新しいことにチャレンジしたいと考えても、時間や体力面で限界があります。その反面、無職の人ならば時間の融通が利くので新しいことにも取り組みやすいでしょう。

平日の日中を使える

通常、会社に勤めていると、平日の日中は拘束されます。そして、混んでいる土日にでかけ、待たされるという状況です。

無職状態では、平日に商業施設、銀行、役所、病院などに行け、待たされることがありません。これまでできなかったこと、問い合わせできなかったことなどができるでしょう。

身体的に自由

無職のメリットは、朝起きる時間も夜寝る時間も、お昼を食べる時間も、家に帰ってくる時間も、平日も土日も関係なく自分で決められることです。

身体的に、誰にも強制されることなく好きに生きることが出来ます。

会社員だと、どうしても出社、残業、退社という風に一日の大半の時間を取られてしまいます。無職はそれが皆無です。

趣味が自由

無職では、いつ起きようがいつ昼寝しようが問題ありませんので、趣味の時間を気分次第で動けるとこです。

仕事をしていた時は、満足がいく時間をとれないどころか趣味の時間が全くなかったので、「趣味の時間」を気にせず取れることが最大のメリットになります。

やりたい事や行きたい所など、自分が欲する様に生きる事が出来る事で、新たなエネルギーをチャージする事が出来るでしょう。

勉強の時間が取れる

また、将来に向けて資格の勉強などもできます。私の場合は大学でロシア語を専攻していたので、ロシア語を必死に勉強しました。

そして、近所の短大にロシア語検定を受けに行き、おかげでロシア語検定2級を取ることができました。とにかく時間があるので、自分のやりたいことをできるというのが最大のメリットではないでしょうか。

時間がたくさんある

無職の最大のメリットは、時間がたくさんあるということです。学生や社会人は、時間がそれほどありません。勉強や仕事をしなければならないからです。

それに対し無職は、時間がいくらでもあります。好きなことがたくさんできるのです。ゲームをしてもいいし、好きなことだけ勉強するということもできます。

お金があれば、旅に出るということも可能です。このように、無職には時間がたくさんあり、好きなことを好きなだけできるというメリットがあるのです。

人間関係のストレスが少ない

無職は仕事をしていないので、人間関係でストレスを感じるということもありません。特別な活動をしていない限り、社会に出ている人よりも対人関係に悩む機会が少ないのが無職期間です。

会社員や働いていると、どうしても人間関係というものが発生してしまいます。その中で円滑に出来ればいいですが、人間関係が苦手だったり、職場に嫌な人が居る場合はそれだけでストレスになります。

無職になると、この人間関係のストレスから解放されることが出来ます。

副業ができる

無職なら、副業にも挑戦できます。失業前の会社は「副業禁止」でした。このため、「勤め先の仕事」しか見えていませんでした。

私は、副業でアルバイトをしてみて、前の仕事では気にしていなかった世の中の部分が見えたり、「これまで何気なく受けていたサービスがこのようなことで生まれているのか」という新たな世界を見られ、非常に興味深い体験をしました。

また、倉庫業務では、重いものを運ぶ機会がありましたが、運ぶコツを教えてもらい、その後の引っ越しに応用するなど、様々な新しいことを学べたことが無職であったメリットであったと思います。

日雇労働の禁止規定や、失業保険制度など、お役所的な決め事で、実効性、目的とかい離したシステムが存在することが勉強できました。

これからの人生について計画しなおすチャンスになる

無職になると、時間ができるので一旦立ち止まった状態になるでしょう。その期間に、仕事だけではない、自分の人生をじっくり考えることが出来ます。

会社員で長年働いていると、会社員としての労働というものが人生の大半を占めることになります。これが当たり前になってしまうと、何の疑問も持たず「人生こんなものだろう」という諦めの考え方になってしまいがちです。

諦めの考え方を断ち切ることができるのは、無職生活のメリットといえます。「仕事だけが人生じゃない、自分の人生を楽しむために仕事がある」そんな考え方にシフトチェンジすることが出来るのです。

また、仕事というのは何かということを再定義できる良い機会でもあります。無職だと、考える時間、調べる時間、知る時間は沢山ありますので、仕事についての再定義が出来ることも、無職のメリットだと、私は思います。

通勤ラッシュから解放される

無職のメリットは「自由な時間ができる」「人間関係のストレスがない」「仕事だけではない、自分の人生を考えることが出来る」など、大きなメリットがあります。私は、これに加えて「通勤ラッシュから解放される」というメリットを挙げたいです。

無職になって出勤の必要がなくなったならば、もう、通勤ラッシュの中に身を置かなくても良くなります。満員電車でストレスを溜め込んでいた方には、開放感があるでしょう。

気楽なこと

何といっても無職になるメリットは精神的に「気楽なこと」だと思います。会社に対するストレスがなくなった解放感があります。

上司の機嫌をうかがう必要もありませんし、同僚たちとのライバル関係であるとか、部下にお酒を奢ってやる必要もないのです。

今後の人生をじっくり見つめ直すために、いったん仕事のことは忘れて休息を取ったほうがいいのです。例えば、外で夜遅くまで居酒屋あたりで飲んで帰っても大丈夫です。

無職のデメリット8つ

ここでは、無職のデメリットを具体的に紹介していきます。

お金の不安

無職生活では、収入源が断ち切られるので金銭の不安があります。無職なので給料がもらえなくなるのは当たり前なのですが、やはり、これが一番のデメリットだと思います。こちらについては、切実な問題です。

やはりお金が入ってこない状況というのは、それだけで不安な気持ちになります。家賃や電気代、水道代、ガス代、通信費や食費等、やはり生きていくにはお金が必要です。このお金が入ってこないというのは精神的にかなりストレスになります。

資産がたくさんあるのであればいいかもしれませんが、大半の人はそうではないでしょう。

世間の目・他人からの目が冷たい

無職というのは、やはり人から見られる目は良くありません。「働かずに何をしているんだ」と、言葉で言われなくても、相手の雰囲気で察することも一度や二度ではありませんでした。

他人からの目が冷たいと、これもストレスに繋がります。そして、世間の目も気になります。特にご近所さんの目は最悪です。

日中に散歩に出ようものなら、冷ややかな、「コイツは何してるんだ?」という視線を浴びることになります。もちろん腹もたちますが、無職の人間は税金も払っていない、社会人ともいえない存在なので、黙って耐えるしかないのです。

無職では結婚もできません。無職の人と結婚しようと思う人などいないでしょう。

履歴書に空白期間が出来てしまう

いつまでも無職で居るわけにはいきませんので、再就職をしようとします。この再就職についても、無職では弊害が出てくることは避けられません。それは、職務経歴に空白の時間が出てきてしまうことです。

再就職の際、無職期間があるとどうしても履歴書の職歴欄に空白ができてしまうのです。無職期間というのが、紙面で明白に記載されることになります。

この期間について当然ながら先方企業に問いただされるでしょう。多くの無職期間がある就職活動者が悩む点です。

再就職のハードルが上がる

無職の期間があると、履歴書や職務経歴書の経験年月の表記にズレが生じます。更に、その期間が長くなるにつれて、応募できる案件も減っていきます。

何故なら、求人募集の「ブランク X 年以内」「直近 X 年以内に当該業務の経験がある人」などの条件を満たさなくなってしまうからです。明確な理由があってのことなら仕方がありませんが、何となくだったら嫌な話です。

業務で使用していたアプリケーションやプログラム言語を、自宅で日常的に使用していたとしても、それはブランク扱いです。

精神的に落ち込んでしまう

無職のデメリットは、精神的にふさぎこみ、行き詰ってしまうことだと思います。いつ、失業状態から抜けだせるかがわからないことはもちろん、「社会から忘れ去られた」とという感覚になってしまうでしょう。

このような状況が続けば、「普通の会話ができない人間」になってしまうのではないかという恐怖感もありましたね。無職が長くなると精神衛生上良くありません。

無職でいると、ストレスを感じることが多いです。普通の人は社会人として仕事に打ち込んでいるのに、自分は無職となると、気が狂いそうになります。

周りと自分をつい比べてしまい焦りを覚えてしまいます。

生活が乱れる

無職生活では、自分を律しないと生活が乱れます。会社勤めのときは、決まった時間に起きていました。(起きざるをえませんでした)

「無職」になれば、「遅刻」がないため、いつまでも寝ていられます。昼まで寝て、夜は夜更かしをするような生活を続けると、社会復帰が難しくなるでしょう。

社会から一度離れると多くの無職の人が視野が狭くなりがちです。

アンケートの職業欄に劣等感を覚える

無職になると、対面のアンケートには答えたくなくなります。ネットのアンケートでも、職業の選択時に「無職」の選択肢がないことがよくありますよね。

経験から言うと、「その他」を選んでテキストボックスに「無職」と入力するパターンが多いのですが、その度に少々の面倒臭さと感じます。

時には、前提条件に「有職者」と示すこともなく、何ページにも及ぶアンケートに答えていった最後に職業に関する問いがあって、そこに「無職」や「該当なし」などの選択肢が存在しない場合もあります。

そのために回答を断念せざるを得なかった時には、随分と腹立たしい気分となりました。

お金が必要になったときに困る

仕事がないので消費者金融を利用できなかったり、クレジットカードが作れないことはデメリットかもしれません。やっぱり仕事がない時ほど預金もないわけで、普段の生活費を工面するだけでも大変なのに、何か急にお金が必要になったときは困りますからね。

特に兄弟とか仲の良い友達の冠婚葬祭などに当たったら大変です。無職の間は、1円でも切り詰めたいものですが、突然予期せぬ出費が必要になることがあります。

無職になる前に考えておくべきこと

無職になる前に、以下3つのことについて考えておくべきです。

考えずに無職になると、あとで困る可能性があるため注意してください。

お金について考える

無職になる前に、まずはお金について考えておかなければなりません。

これまでは仕事をして収入を得ていたため、お金の心配はほとんどなかったでしょう。しかし、無職になると収入がなくなり、貯金に頼って生活する必要があります。

半年~1年ほど生活していけるだけの貯金があれば、お金の心配をせず無職の期間にしっかりと休めるため安心です。

ただし、貯金が少ない場合は、生活していくためにアルバイトをして収入を得なければなりません。

どの程度お金に余裕があるかによって、無職でいられる期間は異なります。会社を辞めてしまう前に、お金についてしっかり考えておきましょう。

期間を設ける

これから無職になる予定の方は、いつまで無職でいるのか期間を設けることが大切です。

人間は楽なほうに流される性質があるため、期間を設けていなければ無職期間がだらだらと伸びてしまうでしょう。

無職期間が長ければ長いほど、今後の転職で不利になる可能性があります。特に目的もなく無職期間が長くなれば、空白の期間について説明するのが難しくなるため注意してください。

無職自体は悪いことではないですが、社会的に見てあまり良い印象はありません。意味もなく無職期間を長引かせないために、あらかじめ期間を設けましょう。

無職期間後どうするか決めておく

無職になる前に、無職期間後はどうするかを決めておくことも忘れてはいけません。

あらかじめ設定した無職期間が過ぎたあとには、転職や独立などさまざまな選択肢があります。今後どのようなキャリアを進むかによって、必要な準備も異なるでしょう。

例えば、無職期間後に転職するつもりであれば、先に次の転職先を決めておくべきです。無職の間に転職活動を始めるよりも、次が決まっているほうが安心して無職期間を過ごせます。

また、独立を目指す方は事業計画を立てたり、開業に必要な手続きを行ったりしなければなりません。

先に今後の予定を決めておくことで、スムーズに社会復帰できます。

無職になる前に転職活動を進めよう

これから無職になる予定の方は、仕事を退職する前に転職活動を始めるのがおすすめです。

先に次の職場が決まっていれば、無職期間が無駄に長引いてしまう心配がありません。経歴に空白期間ができる前に選考を受けられるため、無職が不利に働かずに済みます。

また、転職活動を始める際は転職エージェントを利用しましょう。あなたの希望や経歴を考慮した上で、内定獲得までサポートしてもらえるため安心です。

目的や属性に合ったサービスを選んで、転職活動を進めましょう。

20代の転職にめっぽう強い『マイナビエージェント』

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    顧客満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 20代の転職支援に強いエージェント
  • 各業界・職種に通じたキャリアアドバイザーが在籍
  • 丁寧なヒアリングであなたに合った求人を紹介

マイナビエージェントは、20代の転職支援に強いと評判のエージェントです。未経験OKの求人を豊富に取り扱っており、若手の転職をしっかりサポートしてくれます。

丁寧なヒアリングに定評があるため、転職で悩みを解消したい20代におすすめです。

また、各業界・職種に通じたキャリアアドバイザーが在籍しているので、異業界・異職種を目指す20代も相談してみてください。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 若手向けの未経験OK求人を紹介してもらえる
  • キャリアアドバイザーが親身になって悩みや希望を聞いてくれる
  • 求人票にはないリアルな情報を提供してもらえる
いまひとつな点
  • 希望とは異なる求人を紹介される場合がある
  • 年収アップを目指せる企業とは出会いにくい

▼マイナビエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
20代女性(IT)
求人情報の詳細や条件についても充実しており、自分に合った条件を選ぶことができました。これにより、時間を節約しながら効率的に求職活動を進めることができました。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
20代男性(印刷業界)
会社の提案を受けることができるので、ある程度の安心を持てる。また、過去に紹介した人もまだ辞めずに働いているし、評価も悪くないと言う話を聞くことがあり、信ぴょう性がある。

キャリアクラス転職独自調査

\20代が転職するなら登録必須/

求人数が豊富で30代以上の方でも理想の求人が見つかる『doda』

【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 4
    顧客満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaの特徴
  • エージェント・サイト・スカウトの3機能を提供
  • 常時20万件を超える業界最大級の豊富な求人数
  • 転職に役立つ診断ツールを無料で利用可能

dodaは、エージェント・サイト・スカウトの3機能がひとつになった転職サービスです。常時20万件以上の豊富な求人を保有しており、30代以上の方でも理想の転職先と出会えます。

登録すると無料で診断ツールを利用でき、適職や自分の強み・弱みを短時間で診断してくれるのが特徴です。

また、エージェントとスカウトは同時に利用できるため、転職活動を効率良く進めたい30代以上の方にもおすすめです。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 求人紹介を待っている間に企業からスカウトを受けられる
  • ほぼすべての業界・職種の求人を網羅している
  • 診断ツールで自分の強み・弱みを言語化できる
いまひとつな点
  • キャリアアドバイザーによってサポートの質に差がある
  • 定期的に届くスカウトメールを管理する必要がある

▼dodaの口コミ

スクロールできます
Review Image
30代男性(広告系)
dodaの方の時は、多分その方がよく見抜いてくれていたからでしょうが、腰を据えて落ち着いて吟味できたし、要望に対する対応や案件紹介もより的確に感じたからです。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
30代女性(製造業)
エージェントの方が親身になってアドバイスをくれたので、安心して転職活動ができました。アフターフォローもしっかりしており、入社後にもお世話になっています。年収もアップしたので満足しています。。

キャリアクラス転職独自調査

\豊富な求人から適職と出会える/

受け身の転職活動ができるハイクラス転職向けの『ビズリーチ』

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    3
  • 5
    顧客満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ビズリーチの特徴
  • ハイクラスに特化したスカウト型の転職サイト
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上
  • 優秀なヘッドハンターに転職の悩みを相談可能

ビズリーチは、ハイクラスに特化した転職サイトです。スカウト型を採用しており、プロフィールを登録するだけで、あなたに興味を持った企業からスカウトが届きます。

取り扱う求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えており、転職で年収アップを目指す方におすすめです。

また、利用者が自分と相性の良いヘッドハンターを検索できる機能もあります。経歴やスキルに自信がある方は、ビズリーチに登録しておきましょう。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 企業から届くスカウトで自分の市場価値がわかる
  • 自分と相性の良いヘッドハンターを探せる
  • 現職にバレずに転職活動を進められる
いまひとつな点
  • 経歴やスキルが足りないとスカウトを受け取れない
  • 無料プランは利用できる機能が限定されている

▼ビズリーチの口コミ

スクロールできます
Review Image
30代女性(医療業界)
求人がとても多くてたくさんの中から選べたのが良かったです。また、アドバイザーの方も私が出す条件の中から的確に良い求人を見つけてくれたのでとても助かりました。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
40代男性(不動産)
職場の退職した社員がビズリーチを利用して退職したという話を聞き、登録しました。 コロナ禍のなか、エージェントと対面で職歴を伝え、転職したい業種を伝える事ができました。

キャリアクラス転職独自調査

\年収アップを目指す方におすすめ/

無職は人生をもう一度考え直すチャンス

無職には、メリットもデメリットもあります。無職の最大のメリットは、1日の過ごし方が自由になることでしょう。極端に言えば、起床時間も就寝時間も、その間の過ごし方もすべて自由です。

この無職のメリットを享受しながら、デメリットをなくすよう就職活動に励みましょう。無職の生活は、大きな視野で見れば、あなたの長い人生にとってほんの束の間の出来事です。

無職は非常に孤独ですが、人生をもう一度考え直せる時間が訪れたともいえます。これからどのように生きていきたいのか、考え直すチャンスです。

落ち込みすぎず、前向きになりましょう。前を向いて進んでいけば、無職という水の底から必ず浮上することができるはずです。あなたを応援しています!

準備を整えてから無職になろう!

無職の期間は体と心をゆっくりと休めて、自分を見つめ直せる期間です。しかし、メリットだけでなくデメリットもあるため、いつまでも無職でいるわけにはいきません。

無職のデメリットをできるだけ軽減したいなら、仕事を辞める前に転職先を決めておくのがおすすめです。次の職場が決まっていれば、だらだらと無職を続ける心配がありません。

無職になる前に転職先を決めたい方は、マイナビエージェントに相談してみてください。

マイナビエージェントは、20代の転職支援に強いエージェントです。希望や悩みを丁寧にヒアリングして、あなたが活躍できる企業の求人を紹介してくれます。

無職期間を無駄に引き伸ばしてしまわないために、しっかり準備を整えてから無職になりましょう。

\ 20代が転職するなら登録必須/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ