MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

法人営業・BtoB営業はきついって本当?やめとけと言われる理由とつらいときの対処法を紹介

法人営業・BtoB(企業同士のビジネス)営業がきついと感じて、悩んではいませんか。

悩んでいる人は「法人営業の業務がきついのか」「仕事内容は好きだけど会社が合わないのか」理由を明確にする必要があります。

きついと感じている理由を明確にしておかないと、対処しても根本的な解決にならない可能性があります。

もし、法人営業の業務自体がきついと感じているのであれば、異業種への転職がおすすめです。

本記事では法人営業がきついと感じている人の対処法やおすすめの転職先を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

本記事でわかること
  • 法人営業がきついと感じている人の経験談
  • きついと感じたときの対処法
  • 転職のコツやおすすめの転職先

法人営業がきついと感じたらマイナビエージェントを利用しての転職がおすすめです。マイナビエージェントは、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、選択肢の幅が広いです。

\顧客満足度No.1/

>>公式HPを見る

気になる見出しをタップ

法人営業(BtoB)はきつい?経験者の本音

法人営業(BtoB)はきつい?経験者の本音

法人営業を実際に経験した人の本音を紹介します。

法人営業がきついと言われる理由として、「新規開拓がきつい」「門前払いされる」などが挙げられます。

法人営業は、自社の商品を他社に購入を促す仕事です。営業に伺ったとしても、「当社には必要ない」と、門前払いされることもあり、メンタル的にきつい場面も経験します。

また、ノルマがきついことにより、業務量が増えてしまい、身体的にもきついと感じやすい仕事です。

法人営業・BtoB営業がきついと感じたときの対処法

法人営業・BtoB営業がきついと感じたときの対処法

法人営業(BtoB営業)がきついと感じたときの対処法を紹介します。

法人営業がきついと感じているのであれば、紹介する対処法を試してみてください。

きつい・難しいと感じるのか原因を明確にする

対処法は法人営業のどこがきついと感じているのか、理由を明確にすることです。

法人営業の「新規営業がきついのか」「テレアポがしんどいのか」「ノルマが大変なのか」もしくは、「会社の雰囲気が苦手なのか」などの原因をはっきりさせましょう。

原因を深堀りすることで「現職を続けるのか」「転職するのか」今後の方針が決められます。

また、理由を明確にすることで、転職を検討したときに自分の軸が定めやすいです。転職における軸とは、働くうえで大切な部分・譲れない条件を定めることです。

転職では軸を決めておくことで、ミスマッチが起こりにくくなります。

顧客との関係構築に注力する

法人営業がきついと感じている人は、顧客との関係構築に注力すると、気が紛れるかもしれません。

法人営業では顧客との関係がうまくいかないと、売上につなげられず、ノルマも達成できないため、メンタル的にきつくなります。

顧客との関係構築ができると、売上につなげられるだけでなく、やりがいを感じやすくなります。

顧客との関係性がうまくいかないことできついと感じているなら、まずは関係構築に注力してみましょう。

仕事以外のプライベートを楽しみ、ストレスを解消する

法人営業がきついと感じている場合は、プライベートで楽しみを見つけ息抜きしてみましょう。

仕事がきつい場合でも、プライベートを満喫できれば、うまく息抜きができ、ストレスが解消されるケースはあります。

仕事だけを続けていると、どこかでストレスの限界をむかえてしまい、メンタルが壊れてしまうかもしれません。

仕事ばかりしている人は、「明日も仕事がんばるぞ」と思えるように、適度に休み自分の機嫌をとりましょう。

他社の法人営業もしくは異業種に転職する

法人営業がきつい人には、転職も選択肢のひとつになります。

今の業務内容や会社に不満があり、現状を解消する方法がないなら、転職がおすすめです。

転職する場合は、「今の会社に不満があるのか」「法人営業の業務内容が嫌なのか」によって、次の職場が変わります。

今の会社に不満があるだけであれば同業種の別会社へ、業務内容が嫌な場合は異業種へ転職すると、ミスマッチが起こりにくくなります。

法人営業(BtoB)がきついと悩む人におすすめの仕事

法人営業(BtoB)がきついと悩む人におすすめの仕事

法人営業(BtoB)がきついと悩む人に、おすすめの仕事を紹介します。下記のなかで気になる仕事があれば、転職先の候補にいれてみてください。

法人営業がきついと悩む人におすすめの仕事

それぞれの仕事について詳しく解説します。

営業企画

営業企画は、自社商品やサービスの売り上げ向上、市場シェアの拡大を狙った営業の戦略を立案する仕事です。

主な仕事内容は「営業戦略の立案」と「営業目標の達成サポート」に分けられます。営業企画では法人営業で身につけた「課題発見・解決力」「提案力」「説得力」などの経験が、活かせます。

法人営業の経験によって、お客様がどのような商品を欲しているか、現場で感じたことを活かした営業戦略が立案可能です。

また、営業目標の達成サポートでは、営業の成果状況を定期的に確認し、管理します。目標達成が難しい場合には、営業戦略の見直し、営業のサポートを行います。

マーケティング職

マーケティング職とは、市場のニーズを調査し、商品やサービスを売る仕組みづくりをする仕事です。マーケティング職の業務は、「調査・分析」「企画」「宣伝」の3つに分けられます。

特に重要なのは「調査・分析」です。ネット上のトレンド情報や現地訪問によって、市場の動向調査を行います。

「今なにが人気なのか」「どのような商品を売れば売れるのか」「どんな宣伝方法が効果的か」など、商品を最大限売る方法を考える仕事です。

バックオフィス系

バックオフィス系は、経理や人事、総務など、基本的に顧客と関わらず社内のサポートをする仕事です。

バックオフィス系の仕事は、直接売上を上げるポジションではありませんが、会社にとってなくてはならないポジションです。

請求書の処理や書類作成、備品の管理など、従業員が円滑に仕事を進められる環境を整えます。

営業のように現場に出る仕事が苦手な人には、バックオフィスへの転職がおすすめです。

ITエンジニア

ITエンジニアは、情報技術の知識・スキルを活用し、システムの設計・構築・運用をする仕事です。ITエンジニアからさらに細かく「プログラマー」「SE(システムエンジニア)」「インフラエンジニア」などに分けられます。

スキルさえあればできると思われがちですが、顧客の要望を細かく聞き出せるコミュニケーション能力が、ITエンジニアには求められます。

法人営業で鍛えたコミュニケーション能力を活用できるので、転職先の候補としておすすめです。

法人営業・BtoB営業以外の仕事への転職を目指す方法

法人営業・BtoB営業以外の仕事への転職を目指す方法

法人営業・BtoB営業以外の仕事へ、転職する方法を紹介します。

転職を検討している場合は、ぜひ参考にしてください。

自己分析・企業研究を通して、自分の適職を見つける

転職活動を始めるには、まず自分の適職を見つけることが大切です。

「どんな仕事が好きなのか」「どのような事象に喜びを感じるか」など、自己分析を行うことで、転職の軸が見つかります。転職の軸を決めておくと、ミスマッチを起こしにくいです。

転職の軸を決めてある程度業界をしぼれたら、企業研究を行うことで、適職が見つかりやすくなります。

他にも転職サービスの適職診断ツールを活用する方法も、自分の適職を見つける方法としておすすめです。

法人営業で培ったスキルや経験を棚卸しする

転職活動では自分の強みをアピールし、会社にとってプラスの存在だと思われることが重要です。法人営業時代に身につけたスキルや、どのような経験をしてきたかを棚卸しておきましょう。

法人営業ではコミュニケーション能力や交渉力、企画・提案力など、さまざまなスキルを身につけられます。法人営業で身につけたスキルは、どの業界でも使えるものが多く、転職できる幅も広くなります。

求人に応募する前に自分の性格も含めて、強みとなるポイントを見つけておきましょう。

ポジティブな転職理由を考える

転職を成功させるには、志望動機や退職理由をポジティブかつ前向きな言葉で伝えることが大切です。退職理由を聞かれたときに、前職のことを悪くいってしまうと、選考で良い印象にならない可能性があります。

採用担当者はこれから一緒に働く人を選ぶ立場です。採用担当者は前職を悪くいう人よりも、ポジティブな理由で転職を希望する人と働きたいと考えます。

もしネガティブな理由で退職をしていたとしても、ポジティブに言い換える練習はしておきましょう。

転職エージェントに相談して適職を紹介してもらう

転職活動では、転職エージェントに相談することで適職が見つかる可能性が上がります。転職エージェントは、求人紹介や面接対策、書類添削など、転職における全般のサポートをするサービスです。

転職エージェントでは面談を通して、何に興味をもち、どのような仕事に向いているか判断し、適職を紹介してくれます。転職活動を個人で行うには限界があるため、プロである転職エージェントにサポートしてもらうことで成功確率が上がります。

法人営業・BtoB営業がきついと悩む人が利用すべき転職エージェント

法人営業・BtoB営業がきついと悩む人が、利用すべき転職エージェントを紹介します。

利用すべき転職エージェント

気になるエージェントがあれば登録してみてください。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 4
    ハイクラス求人
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • オリコン顧客満足度No.1
  • 20代・30代の転職支援に特化
  • 異業種の転職サポートが充実

マイナビエージェントは、2023年オリコン顧客満足度で総合1位を獲得した転職エージェントです。人材業界大手のマイナビグル―プのため、各業界の公開・非公開求人を数多く扱っています。

マイナビエージェントの保有求人は未経験OKのものが多いので、法人営業から異業種を狙う人におすすめです。

各業界に精通したキャリアアドバイザーが、各職種の転職事情を熟知しているため、興味のある業界からあなたに合ったものを厳選して紹介してくれます。

\オリコン顧客満足度1位/

リクルートエージェント

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 4
    ハイクラス求人
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートエージェントの特徴
  • 転職の支援実績No.1
  • 70万件を超える豊富な求人数
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーによるサポート

リクルートエージェントは、公開・非公開を合わせ70万件以上の求人を保有する転職支援実績No.1のエージェントです。

さまざまな業種に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍しているので、各業界の情報や転職事情などが得られます。

オンライン面談を通して、希望する業界や職種が求職者に合っているかどうかを判断してくれるため、ミスマッチが起こりにくいです。

業界最大級の求人数を誇るリクルートエージェントなら、あなたに合う業界・職種が見つかります。

\転職者の約8割が利用/

法人営業・BtoB営業とは?

法人営業・BtoB営業とは?

法人営業・BtoB営業の基本情報を紹介します。法人営業は具体的にどのような仕事をし、待遇は良いのかなど、参考にしてください。

それぞれの内容について詳しく解説していきます。

仕事内容

法人営業の仕事内容は、法人を対象に自社の商品やサービスを売ることです。

既存顧客に対し、新商品の案内や課題を解決できるサービスの紹介などを行います。

一方で、新規顧客獲得のために、電話・メールや飛び込み営業なども行います。新規顧客獲得のために行う営業は、門前払いされてしまう場面もあり、きついと感じてしまう人も多いです。

メーカーや商社、人材などの業界が、法人営業を行っている傾向にあります。

やりがい・メリット

法人営業のやりがい・メリットは、以下のとおりです。

法人営業のやりがい・メリット
  • 顧客から直接感謝の気持ちを受け取れる
  • 高単価の取引ができる
  • 成果を出すほど、インセンティブ(成果報酬)で稼げる

自社製品やサービスによって、顧客企業の業務拡大や売上アップにつながると、感謝の気持ちを直接伝えられ、モチベーションが上がります。

また、法人営業では企業が顧客となるので、個人消費者への営業に比べて、高単価な取引を受注しやすいです。そのため、インセンティブの額が大きくなり、給料が高くなる傾向にあります。

平均年収

法人営業の平均年収は、447万円です。若いときは年収がさほど高くありませんが、キャリアを積み重ねていくにつれて、収入が上がる傾向にあります。

法人営業の20代の平均年収が413万円に対し、30代では530万円まで上がります。

法人営業では、成果次第で収入に変動があるので、キャリアが上がりスキルが身につくと稼ぎやすいです。また、所属する業界によって収入の差があり、高年収も目指せます。

参照:マイナビエージェント

法人営業・BtoB営業がきついのに我慢し続けるリスク

法人営業・BtoB営業がきついのに我慢し続けるリスク

法人営業・BtoB営業がきついのに我慢し続けるリスクは、以下のものが挙げられます。

きついのに我慢し続けるリスク
  • 向いていない仕事でストレスを溜めると、うつ病になるリスクがある
  • モチベーションが上がらず、成果を出せない
  • 年齢を重ねるごとに転職が不利になる

向いていない仕事を続けると、ストレスが徐々にたまり、うつ病のリスクが高まります。

向いてない仕事をやることは、やりがいを感じられずモチベーションが上がらないため、成果も出せません。結果が出せないから、出世できずに収入も上がらず、悪循環となります。

未経験での異業種への転職は、若いほど有利です。向いていない仕事を我慢して続けている間に、年齢を重ねてしまい、転職の選択肢を狭めてしまいます。

よくある質問

よくある質問

法人営業について、よくある質問を紹介します。気になることがあれば、転職する前に確認しておきましょう。

それぞれの質問について回答していきます。

法人営業・BtoB営業の仕事はきつい?楽?

法人営業の仕事がきついかどうかは、担当する営業先によって異なります。新規開拓を担当する場合、門前払いをくらったり、ノルマ達成ができなかったりと、きつい部分が多いです。

一方、法人のルート営業は、比較的楽といわれています。ルート営業とは、既存顧客に対して行う営業のことです。既存顧客のため関係性がすでにできており、新規開拓に比べれば負担が少ないです。

とはいえ、ルート営業は新規開拓と比べると楽なだけです。基本的には、楽な営業なんてないことを理解しておきましょう。

法人営業・BtoB営業と個人営業(BtoC)の違いは?

法人営業と個人営業の違いは、以下のとおりです。

法人営業個人営業
取引先法人一般消費者
受注金額高額法人営業に比べて安価
購買決定者担当者の直属の上司
管理職・経営者
お客様本人
取引成立までの期間時間がかかる比較的短い
即決の場合もあり
休日土日・祝日平日の場合が多い

法人営業の場合は相手が法人なので、受注金額が高額になり、収入におけるインセンティブの割合も大きくなります。ただし、取引成立までの期間は、決定するまでのフローが長く時間がかかるため、個人営業の方がスムーズです。

法人営業に向いている人の特徴は?

法人営業に向いている人の特徴は、以下のとおりです。

法人営業に向いている人の特徴
  • チャレンジ精神のある人
  • 数字や成果を追いかけるのが好きな人
  • 顧客の役に立つことにやりがいを感じる人
  • 成果に見合った収入を得たい人

法人営業では新規開拓を担当することもあり、門前払いされることも珍しくありません。「当たって砕けろ」というチャレンジ精神を持つ人に向いています。

法人営業では成果をあげるにつれ、収入も上がるインセンティブを採用しており、高年収が期待できます。

法人営業・BtoB営業がきついなら転職エージェントを活用して異業種転職を目指そう

法人営業がきついと感じているなら、転職エージェントの力を頼り、異業種転職を目指しましょう。数ある転職エージェントのなかでも、マイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェントは、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、異業種転職を目指せる環境が整っています。また、2023年度オリコン顧客満足度No.1を獲得している実績があるサービスなので、安心して利用できます。

法人営業から異業種転職を目指すなら、マイナビエージェントに登録するところから始めましょう。

\ 転職の幅が広い/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ