MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

働くのが怖いのは適応障害が原因?適応障害になりやすい人の特徴やとるべき行動を徹底解説

本記事でわかること
  • 適応障害の症状や発症しやすい人の特徴
  • 働くのが怖いと感じた時に取るべき行動
  • 適応障害の人が利用すべき転職サービス

「職場が怖くて朝起きるのが辛い」「自分の症状を検索すると適応障害に当てはまる…」などと悩んでいる人はいませんか。

働くのが怖いと感じている場合には、無理して働き続けるのではなく、自分が置かれている状況を正しく知って、慎重に対処する必要があります。

現状を分析して第三者の適切なサポートを受けることで、理想とする職場への転職や充実した働き方を実現させることも可能です。

本記事では、適応障害の症状や取るべき行動など、状況を改善させるために役に立つ情報を紹介します。「どうしたらいいかわからない」と悩んでいる人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

適応障害の症状で現状の仕事に悩んでいる人は、マイナビエージェントに登録して相談してみるのをおすすめします。マイナビエージェントのキャリアアドバイザーに、現状や将来について相談することで、「転職すべきか」についても解決できるうえに、その後の手厚い転職活動サポートも受けられます。

【公式】https://mynavi-agent.jp/

\転職者の8割が利用/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

働くのが怖いと感じるのは適応障害?仕事上であらわれる適応障害の症状

働くのが怖いと感じるのは適応障害?仕事上であらわれる適応障害の症状

働くことに対する恐怖心がある場合には、適応障害の可能性が考えられます。適応障害は、ストレスが原因で自分の置かれた環境に適応できなくなり、落ち込みや焦燥感、不眠などを引き起こす精神疾患です。

一度発症してしまうと、不安感や抑うつ気分・不登校や出勤拒否が起こるなど、社会生活に支障をきたす場合もあります。

適応障害には、主に以下のような症状が見られます。

適応障害の症状
  • 不眠
  • 無気力
  • 全身の倦怠感
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 過呼吸

また、適応障害によって引き起こされる症状は人によっても異なりますが、仕事をするうえでは以下のような症状に悩む人も多いです。

仕事をするうえでの適応障害の症状
  • 集中力の低下:ミスが増えやすくなる
  • 疲労感:継続的な疲労感により、パフォーマンスの低下が懸念される
  • 不安と緊張:業務を遂行する際に不快な感情が広がる
  • イライラや怒り:職場での対人関係に悪影響が出るほどにコントロールできない
  • 孤立感:他の人々とのコミュニケーションを避けるあまり、孤立感を感じる

適応障害の場合には、ストレス因子を特定し、適切に対処することが重要です。

参考:適応障害|そばにクリニック大井町|品川区大井

適応障害になりやすい人の特徴

適応障害になりやすい人の特徴

適応障害は、ストレスとなる原因が明確に存在しますが、同じストレスに対しても、適応障害を引き起こす人とそうでない人がいます。

物事の捉え方やストレス耐性、気質などの個人特性によって異なりますが、適応障害になりやすい人には、以下のような特徴があります。

適応障害になりやすい人の特徴
  • 真面目かつ几帳面で責任感が強い
  • 心配性で傷つきやすくストレス耐性が低い
  • 自分より相手を優先してしまう
  • 人から頼まれたことを断れない

上記のような特徴を持った人が、必ず適応障害を引き起こすとも限りません。

ただ、適応障害になりやすい人は、人からのお願いを断れずに受け入れてしまう優しい傾向にあるため、自分の意思を周りに表示する方法を徐々に探していくのが重要です。

仕事で適応障害になってしまう原因

仕事で適応障害になってしまう原因

仕事をしているうえで、適応障害を引き起こしてしまう原因として、以下のような理由が挙げられます。

以降で、詳しく解説していきます。

上司や同僚との人間関係が悪い

職場の人間関係がうまくいっていないことによるストレスにより、適応障害を引き起こす可能性は高くなります。特に、風通しの悪い環境や同僚との交流がない場合などには、日頃から仕事に関する相談などもしにくく、窮屈さを感じてしまう場合があります。

その結果、業務に付随するストレスやプレッシャーなどを、誰にも相談できずに1人で抱え込んでしまうのです。

周りに、1人でも相談できる人がいない場合には、休日を利用して外出したり趣味を見つけたりしてストレスを抱え込まない環境づくりが重要です。

長時間労働で休まる暇がなく、常に仕事のことが頭から離れない

帰宅後も、常に仕事のことばかり考えて、全く頭や心が休まらない状態も、ストレスの原因となり得ます。

特に、能力以上の仕事を任されたり、業務量が多いにもかかわらず誰からのサポートも受けられない場合に、責任感が強く真面目な人は1人で頑張り過ぎてしまい、適応障害を発症するというケースも多くあります。

そのような場合には、意識的に別のことを考えたり趣味を楽しんだりして、一瞬でも心が休まる時間を作ってあげる必要があります。

あわせて読みたい
休日も仕事の不安が消えない人の対処法5選|土日も仕事のことが頭から離れず気が休まらない人の特徴やNG... 本記事でわかること 仕事が頭から離れないときの対処法 休日も仕事の不安を感じやすくなる行動・原因 休日も仕事のことで不安になりやすい人の特徴 仕事は辛いことも多...

業務内容が自分に合っていない

業務内容が自分に合っていない場合にも、大きなストレスとなる場合があります。

例えば、黙々とオフィスでアプリの開発業務に従事したいという希望がありながら、実際はアプリの営業を任されている場合などには、「本来の希望している仕事ができない」「そもそもやりたくない業務を任されている」という2種類のストレスを抱えることになります。

適応障害の人だけにかかわらず、誰しも希望する仕事に就けない場合にはストレスが溜まるものです。この場合にも、症状が悪化する前に、部署異動や担当業務の変更が必要でしょう。

適応障害で働くのが怖いと感じる人がとるべき行動5つ

適応障害で働くのが怖いと感じる人がとるべき行動

適応障害によって、働くのが怖いと感じる場合には、以下のような方法を試してみましょう。

できるだけ無理せずに、確実な解決方法を探していきましょう。

職場に相談できる窓口があれば利用する

悩みを1人で抱え込んでいると、余計に悪化してしまう可能性があります。そのため、上司や同僚などに話しにくい場合には、職場の相談窓口などを利用するのも一つの手段です。

第三者から客観的に見て、アドバイスを受けられるため、落ち着いて話せるという人もいるでしょう。また、口に出して自分の気持ちや現状について話すというだけでも、気持ちが楽になることもあります。

会社にそのような窓口がない場合には、社外相談窓口や厚生労働省が開設している相談窓口を利用してみても良いでしょう。

異動や業務量などについて上司に相談する

業務量や部署内の人間関係などが原因で適応障害を引き起こしているようなら、業務量の削減や、部署異動について上司に相談する方法もあります。適応障害の改善には、ストレスの原因を排除することが有効です。

そのため、周囲に任せられる仕事があれば、業務効率化ツールの導入や業務の割り振りを行い、業務量を調整しましょう。また、部署異動によって人間関係を改善させられるようであれば、思い切って希望するのも一つの方法です。

ただ、現状の業務量削減・部署異動が叶ったとしても、また同じ状況に陥る可能性は十分に考えられるため、その点も踏まえて対策しておく必要があります。

精神科や心療内科を受診する

自分だけでは解決できない場合には、カウンセラーや精神科医などの専門家へ相談することが重要です。心身の不調を抱えたまま仕事をしていては、余計に悪循環に陥るばかりです。

自分の症状にしっかりと向き合うことが適応障害の改善に繋がるため、専門医の客観的な診断や対処法をもとに治療する必要があります。

また、通院によって治療薬を出してもらえる可能性もあるため、症状によっては、投薬で業務に支障がない範囲で働ける可能性もあります。

休職して仕事と距離を置く

仕事に行きたくないほどの症状がある場合には、休職するという選択肢もあります。休職して、ゆっくり睡眠を取ったり趣味を謳歌したりして、仕事や仕事関係の人と物理的に距離を置くのです。

適応障害は無理をすると症状が悪化して、うつ病など他の病気を引き起こす危険性もあります。そのため、治療に専念するためにも、完治するまでは休職するという方法も賢明です。

休職する場合には、医学的な観点から休む必要を訴えられるため、主治医に診断書を書いてもらうのも、会社側に休職を認めてもらいやすくなる一つの方法です。

ストレスのかからない職場に転職する

現状の職場環境や人間関係などがストレスの要因である場合には、転職する選択肢もあります。ただ、転職する場合には退職のステップを踏む必要があり、心身ともにストレスを感じてしまう可能性もあるため、まずはしっかりと休養することが重要です。

そのうえで、転職の決断をする場合には、退職や転職への不安を軽減させるためにも、転職エージェントや就労支援サービスを利用するのをおすすめします。

特に、転職エージェントでは、カウンセリングや転職活動全般をサポートしてくれるため、安心して次のステップに進めるでしょう。

働くのが怖い人や適応障害の人におすすめの転職エージェント

働くのが怖いと感じている人や、すでに適応障害を発症している人におすすめの転職エージェントを紹介します。

適応障害が再発しないためにも、親身になって相談に乗ってくれる転職エージェントの利用が重要です。

マイナビエージェント|働くのが怖いと感じている20代におすすめ

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 各業界・職種に精通した専任アドバイザーが転職活動をサポート
  • 企業担当アドバイザーの在籍で求人票には載ってないリアルな企業情報がわかる
  • 応募書類の添削や徹底した面接対策で安心のサポート体制が整っている

マイナビエージェントとは、オリコン顧客満足度®調査 転職エージェント 第1位に選ばれた、転職支援サービスです。

さまざまな業界の転職市場に詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているため、自分にぴったりな求人をおすすめしてくれます。

また、企業とやりとりを行うリクルーティングアドバイザーは、社内の雰囲気や働く人の様子をリサーチしたうえで情報提供してくれるため、安心して企業選びができます。

適応障害の症状によって、ミスが増えたり職場関係にストレスを抱えたりして働くのが怖いと感じる人であれば、事前に社内の雰囲気や働く環境について把握できると、転職について前向きに背中を押してくれる材料にもなるでしょう。

>>公式HPを見る

メリット
  • 転職未経験でも安心して利用できる
  • マッチング力が魅力で転職活動がスムーズに行える
  • マイナビのみが取り扱う独占求人情報に出会える
デメリット
  • 経験・実績によっては求人紹介を受けられない可能性がある
  • ハイクラス層向けの求人は少ない傾向にある

▼マイナビエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
31歳(女性)
初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。

引用:マイナビエージェント

Review Image
26歳(男性)
転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。

引用:マイナビエージェント

\求人紹介から内定までを一貫してサポート!/

ランスタッドチャレンジド|関東在住で障がい者手帳を持つ方におすすめ

名前ランスタッドチャレンジド
料金無料
求人数公開求人:385件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア全国
精神障がい者の方:
現住所が東京・神奈川・千葉・埼玉の方のみ
オンライン面談△(電話面談は可)
得意分野・業界身体障害の方の就労・転職支援
公式HPhttps://www.randstad.co.jp/challenged/
詳細を見る
運営会社名ランスタッド株式会社
拠点東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート21F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ランスタッドチャレンジドの特徴
  • 専任コンサルタントが面談から定着フォローまで一貫してサポート
  • 障害の特性に合ったオーダーメイド求人を紹介
  • 働く時間を考慮した2種類の就業方法から選択が可能

ランスタッドチャレンジドは、障がい者向けの求人を専門に扱う転職エージェントです。丁寧なカウンセリングに定評があり、特性に合ったオーダーメイド求人を紹介してくれます。

精神保健福祉士によるサービスを受けられるため、東京・神奈川・千葉・埼玉に住む障がい者手帳を持つ方におすすめです。

また、就職や転職が決まったあとも専任コンサルタントが職場に慣れるまでフォローしてくれるため、仕事が続くか不安な人でも安心して転職できます。

>>公式HPを見る

メリット
  • 障がい者に理解のある企業の求人と出会える
  • 就職後も定着するまでサポートしてもらえる
  • 紹介予定派遣は高いマッチ度が期待できる
デメリット
  • 一部のサービスは東京・神奈川・千葉・埼玉でしか利用できない
  • 就労経験によっては支援を断られる場合がある

▼ランスタッドチャレンジドの口コミ

スクロールできます
Review Image
40代(女性)
しょうがい者専用求人とお聞きし、専任のコンサルタントの方がしっかりと配慮事項をヒアリングしてくれました。企業側にも安心してしょうがい内容と配慮事項をお伝えし、希望の条件で無事転職することができました。

引用:ランスタッドチャレンジド

Review Image
20代(男性)
無事、正社員として転職することができました。派遣期間中は様々な課題がありましたが、担当コンサルタントの方にフォローしていただきながら一つずつ解決していきました。今では自分の将来像も見えてきて、一人で考えずに思い切って紹介会社に相談して良かったと思っています。

引用:ランスタッドチャレンジド

\それぞれに合ったオーダーメイド求人が魅力!/

dodaチャレンジ|充実したサポートを受けたい障がい者手帳保有者向け

dodaチャレンジ
【公式】https://doda.jp/challenge/
名前dodaチャレンジ
料金無料
求人数公開求人数:1,476件
非公開求人数:-
(2023年12月14日)
今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界障がい者への転職サポート
公式HPhttps://doda.jp/challenge/
詳細を見る
運営会社名パーソルチャレンジ株式会社
拠点東京都港区芝5-33-1森永プラザビル本館19F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaチャレンジの特徴
  • 障がい者のための転職・就労支援サービス
  • 就労移行支援も受けられる
  • 障害の状況に合わせて業務内容を最適化

dodaチャレンジは、障がい者のための転職・就労支援サービスです。非公開求人を含む多くの求人から、それぞれに合った転職先を紹介してくれます。

うつ病や発達障害、統合失調症などさまざまな種類の障害を持っている人のサポート実績があり、カウンセリングを受けた人の98%が満足しているサービスです。

また、求人紹介だけでなく企業側に掛け合い、一人ひとりの障害内容に合わせた業務内容の再構築や、業務そのものの創出まで取り組んでくれるため、安心して転職活動のサポートを任せられます。

面接準備セミナーやコミュニケーション力向上セミナーなど、転職に役立つセミナーも定期的に開催されているため、障がい者の転職ノウハウを存分に吸収できるはずです。

>>公式HPを見る

メリット
  • 就職してからも専任スタッフが相談に乗ってくれる
  • 障がい者の幅広いニーズに対応してくれる
  • 年収500万円以上のハイクラス転職も目指せる
デメリット
  • 地方の求人が少ない
  • 取り扱い業種は多いが専門分野に弱い

▼dodaチャレンジの口コミ

スクロールできます
Review Image
20代(女性)
症状や闘病履歴を丁寧に聞き、こうと決めつけず「私はどうなのか」を重視してサポートしてくれました。精神障害についてここまで理解のあるアドバイザーは他にいないと思います。
Review Image
30代(男性)
私の障害について詳しく理解した上で、面接対策を徹底的に行ってもらえたので、実際に面接を受ける際も自信を持って臨む事ができました。年収アップも達成でき、本当に感謝しています。

引用:dodaチャレンジ

\障がい者の転職支援実績No.1!/

働くのが怖い適応障害の人におすすめの就労支援サービス

就労支援サービスとは、障害のある人が、就職に必要なスキルを身につけるトレーニングや、就職活動のサポートを受けられる「通所型」の福祉サービスのことを指します。

以降では、長く働き続けるためにおすすめの就労支援サービスを紹介します。

おすすめの就労支援サービス

働くためのスキルを身につけながら転職したいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

atGPジョブトレ

【公式】https://www.atgp.jp/training/
名前atGPジョブトレ
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア東京・大阪
オンライン面談
得意分野・業界障害別のコースがある
公式HPhttps://www.atgp.jp/training/
詳細を見る
運営会社名株式会社ゼネラルパートナーズ
拠点東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング9階
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
atGPジョブトレの特徴
  • 障がい者のための就労移行支援サービス
  • 障害別コースで同じ症状をもった人と学べる
  • 就職後の定着率が91%

atGPジョブトレは、障がい者のための就労移行支援サービスです。5つのコースが用意されており、障害の特性に合ったコースを選択できます。

PC操作などのビジネススキルから障害への対処スキルなどの、就職に必要なスキル習得から、実際の職場を想定した模擬業務や企業実習に取り組む実践トレーニングまで、幅広いサポートが受けられます。

また、自己PR作成や面接対策に対応してもらえるうえに、就職後のサポートも受けられるため、会社以外で相談できる窓口があるという安心感を得られるのがatGPジョブトレの魅力です。

>>公式HPを見る

メリット
  • 障害の特性に合わせてコースを選択できる
  • 事務職として働くためのスキルを習得できる
  • 転職・就職活動のサポートも受けられる
デメリット
  • 専門的なスキルの習得には向いていない
  • 交通費や昼食費のサポートがない

▼atGPジョブトレの口コミ

スクロールできます
Review Image
男性
実務に近しい職業トレーニングで、働いていたときの感覚を鈍らせずにいられる。 また、利用者間の学びあいの機会も多く、ここに通っていなかったら気付けなかった自身の特性が数多くあります。
Review Image
男性
障害名にあてはめず、私個人の困りごととして話を聞いてくださったこと、相談に乗っていただけたことがとても大きかったです。 どのスタッフさんについてもそれは言えます。

引用:atGPジョブトレ

\障害別トレーニングで働き続ける力が身につく/

LITALICOワークス

LITALICOワークス
【公式】https://works.litalico.jp/
名前LITALICOワークス
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界精神障害、発達障害の方を対象とした就職支援
公式HPhttps://works.litalico.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社LITALICO
拠点東京都目黒区上目黒2-1-1中目黒GTタワー15F/16F/20F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
LITALICOワークスの特徴
  • 就職を目指す障がい者のための就労移行支援事業所
  • 全国トップクラスの就職実績あり
  • 企業インターンを通して自分に合う仕事を発見

LITALICOワークスは、就職を目指す障がい者のための就労移行支援事業所です。全国120カ所に事業所があり、就労移行支援・就労定着支援・就労支援を提供しています。

全国4,500カ所以上の企業にインターン先があるため、実習を通して自分に合った仕事を見つけられるのが強みです。

また、就職後に職場で定着できるように、職場訪問や業務量の調整などの支援を実施しています。精神障害を抱えていても、仕事を長く続けるためのサポートがあり安心です。

>>公式HPを見る

メリット
  • LITALICOワークスオリジナルの支援システムの導入で個別に最適なサポートが受けられる
  • 専門的な資格を持ったスタッフのサポートで最適な働き方を実現
  • 全国多数の企業との繋がりで場所を選ばず転職可能
デメリット
  • 事業所によって向き・不向きがある
  • 交通費や昼食費はサポートしてもらえない

▼LITALICOワークスの口コミ

スクロールできます
Review Image
Kさん
就労移行支援を受けるためにLITALICOワークスに通い始めたのですが、分かってるつもりのことをゼロから吸収しようと思うと、なんだか楽しいです。 通所する、ということだけでそわそわ感や不安感が出てくるのですが、まずはそこをクリアする段階から。

引用:X(旧Twitter)

Review Image
Nさん
LITALICOワークスは就労移行事業所の中では大手だからスタッフの質が高くて、的確にアドバイスくれて自己肯定感高めてくれて良い事業所だと思う

引用:X(旧Twitter)

\全国トップクラスの就職実績!/

適応障害の人が働きやすい職場を見つけるには?

適応障害の人が働きやすい職場を見つけるには?

適応障害の人が、働きやすい職場を探すためには、以下のような点に注意するとより良い職場を見つけられるでしょう。

「どのような職場が合っているかわからない」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

自分がストレスを感じる環境を知っておく

適応障害の人だけではなく、社会で働く人全員に言えることですが、自分がどのような環境でストレスを感じるのかは把握しておく必要があります。

そのため、適応障害を発症した人であれば、適応障害を発症した要因や現在の症状などについて、深掘りすることが重要です。

ストレスを感じた状況について、再度思い起こす作業は決して簡単なことではありませんが、ストレスを感じることなく、より良い環境で働ける職場を見つけるためには必要な作業なのです。

客観的な自己分析や、1人で考えるのが辛い場合には、主治医やカウンセラーなどを利用してみても良いでしょう。

フレックス制度やリモートワークなど柔軟な働き方ができる職場を探す

適応障害の人が働きやすくなるために、多様で柔軟な雇用形態が認められている職場を探すという方法があります。

適応障害は、日によって症状の出方に差がみられることも多くあります。そのため、以下のような柔軟な働き方で、ストレスにさらされる場面を減らすことで、長期的に働くことが可能になるのです。

柔軟な働き方の例
  • 通院による時短勤務の許可
  • 通勤ラッシュを避けた時差出勤の許可
  • リモートワーク・在宅勤務の許可

また、適応障害の人の中で、他の精神疾患などと併せて障がい者手帳を取得している場合には、「障がい者雇用枠」で働くという選択肢もあります。

障がい者雇用枠で働く場合には、障がい者雇用の担当者との面談や支援機構との連携が取りやすいなどのメリットがあるため、安心して働けると感じる人もいるのです。

1人での転職活動に不安がある場合は、障害のある人の転職をサポートしている転職エージェントもあるため、まずは相談から始めてみても良いでしょう。

適応障害に向いている仕事・向いてない仕事

適応障害に向いている仕事・向いてない仕事

適応障害の有無に関わらず、ストレスなく働くために、自分に向いている仕事や向いていない仕事を知ることは非常に重要です。

以下では、適応障害の人に向いている仕事と向いていない仕事についてまとめました。

向いている仕事
  • 経理
  • 受付事務
  • データ入力
  • 工場
  • 県庁・市役所職員
向いていない仕事
  • 新規開拓営業
  • コールセンター
  • 介護
  • エンジニア

上述したように、適応障害の症状には波があるため、症状に合わせて休みやすかったり時間調整ができたりすると、負担やストレスが軽減される傾向にあります。

そのため、バックオフィス業務やルーティンワークなどの、コミュニケーションコストがかかりすぎない働き方ができる環境は向いています。

一方で、新規開拓営業やコールセンターなどの頻繁に断られたりクレームを受けたりする場合や、勤務時間が長いうえに突発的な対応が必要であるエンジニアなどの職業も避けた方が賢明な場合もあります。

もちろん、上記のような向いていない仕事の中にも、求人の内容や柔軟な働き方ができるかどうかによってはその限りでないケースもあるため、転職活動をする際には応募企業について十分に調べることが重要です。

働くのが怖い適応障害の方からよくある質問

働くのが怖い適応障害の方からよくある質問

働くのが怖いと感じている適応障害の人からよくある質問には、以下のようなものがあります。

働き方に悩んでいる場合には、ぜひ参考にしてみてください。

適応障害で退職するのは逃げ?

適応障害で退職するのは、「逃げ」ではありません。退職することは、健康的に長期的に働くための選択肢の中の1つに過ぎないのです。

逃げていると批判する人の意見が気になることがあるかもしれませんが、働き方を決めるのは自分自身であるため、そのような意見を気にしすぎる必要はありません。

まずは、治すことを最優先で考えて、ストレスなく生きる方法を選択しましょう。

転職の面接では適応障害の病歴を言うべき?

適応障害の病歴について、転職の面接時に伝えなければならないという法的義務はありません。ただ、自分がオープン就労とクローズド就労のどちらで転職活動を行うかによっても変わってきます。

オープン就労とクローズ就労の違い
  • オープン就労・・・障害があることを企業に開示し、障害のある人を対象とした求人に応募
  • クローズ就労・・・障害があることを企業に非開示で就職する

オープン就労とクローズ就労では、以下の表のように、障害の事実を企業に伝えて入社する方が職場定着率が高いという事実があります。

調査研究報告書 No.137 障害者の就業状況等に関する調査研究

つまり、適応障害であったことを転職先でしっかりと伝えておく方が、長期的に考えた場合には安心して働ける可能性が高いでしょう。

適応障害になった場合は休職か転職どちらがよい?

適応障害の場合には、うつ病などと異なり、明確なストレスの要因があるため、ストレスの要因さえ取り除けば数ヶ月で体調が回復する場合も多いとされています。

そのため、休職して体調回復を優先して、その後復職するのも一つの方法です。しかし、復職したとしても職場環境が改善されない限りは、適応障害が再発する可能性も十分に考えられます。

そのため、再発の心配などせずに安心して働くためには、体調の回復を待って転職するのも一つの方法です。いずれにしても、自分の症状を鑑みて、無理なく体調を回復できる手段を選択しましょう。

適応障害で働くのが怖いと感じるなら1人で抱え込まず相談しよう

適応障害に悩んでいる場合には、自分を責めたり無理したりしないことが重要です。また、放置してしまえば症状の悪化に繋がるため、早めに周りの上司や同僚、友人、もしくは専門医などに相談しましょう。

転職などを検討する場合にも、1人で抱えずに、転職エージェントなどを利用すると「自分にぴったりな仕事・職場」が見つかりやすくなるため、転職活動がスムーズに進みます。

特に、マイナビエージェントであれば、大手の総合方転職エージェントの中でも特にサポートが優れているため、適応障害の人でも安心して利用できるはずです。

転職エージェントをうまく活用しながら、リモートワークやフレックス出勤など、自分の希望条件にあった働き方を叶えていきましょう。

求人紹介から内定までを一貫してサポート!

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

福岡県在住、フリーランスのwebライターです。
大学卒業後、生命保険会社にて営業職を経験。
その後、ブライダル業界、IT業界とさまざまな業界へ転職。自身の複数回の転職経験を通して、異業種への転職方法や難易度についても実体験ベースでわかりやすくお伝えしていきます。プライベートでは、現在一児のママ業に奮闘中。

気になる見出しをタップ