MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

 泣くほど仕事がつらいときの対処方法|ストレスを溜めているなら転職も検討!

「仕事がつらくて泣きそう…」このように悩んでいませんか?

仕事も大切ですが、それ以上に充実した人生を送ることが大切です。

もしも、今の仕事が泣くほどつらいのなら、会社から逃れることを考えなければいけません。きっと、転職をして新しい環境に身を置くことで、充実した人生を送ることに成功するはずです。

今回は、「泣くほど仕事がつらい人に転職をすすめる7つの理由」を詳しく解説します。

あわせて読みたい
【逃げの転職成功】転職は逃げるが勝ち?今すぐ逃げるべき職場の特徴公開!人間関係が辞める理由で1番多... 「転職は逃げ」そんな言葉を耳にしたことはありませんか?今の職場に不満があっても、我慢している人は多くいます。 株式会社イー・クオーレが800人の男女を対象に行っ...

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

まずは泣くほど仕事が辛い理由を明確にすることが重要

泣くほど仕事が辛いときは、まず理由を明確にすることが重要です。理由が明確でなければ、どのような対処方法があなたに合っているのかがわかりません。

例えば、人間関係や仕事量に問題があるなら、部署異動をお願いすることで泣くほど辛い状況を改善できる可能性があります。

また、うつ病になる手前まで追い詰められているのであれば、今すぐに休職して治療に専念するべきです。

仕事が泣くほど辛いのは、精神の弱さとはまったく関係がありません。誰しもが追い詰められると、同じような状況に陥ってしまうものです。

「心が弱いからだ」と自分を責める必要はないので、まずは泣くほど仕事が辛い理由を明確にしてみてください。それから、自分に合った対処方法を試してみるのがおすすめです。

泣くほど辛い状態で仕事を続けるのは危険?

泣くほど辛い状態を我慢して、無理に仕事を続けるのはかなり危険なことです。

働いていれば、誰でも一度は泣くほど辛い状態を経験します。しかし、泣くほど辛い状態が続いている場合は、あなたの心がSOSを発しているのかもしれません。

「大人だから我慢しなければ」と自分を律して仕事を続ければ、うつ病や適応障害などの精神的な病気にかかってしまう可能性があります。

病気になってしまうと思うように体が動かなくなり、最悪の場合は仕事を続けられなくなるでしょう。

適度なストレスは良い刺激になりますが、泣くほど辛いストレスは自分の体に悪影響を及ぼします。無理して泣くほど辛い仕事を続けるよりも、自分の心と体を休めることを優先しましょう。

泣くほど仕事がつらいときの対処方法

泣くほど仕事が辛いときの対処方法を紹介します。

あなたにとって取り組みやすいことから試してみてください。

うつ病の疑いがあるなら病院にいく

仕事が泣くほど辛いと感じている方は、うつ病の疑いがあるので心療内科やメンタルクリニックを受診しましょう。

病院を受診すれば、あなたが抱えている悩みを親身になって聞いてもらえます。症状を診断して適切な治療を提案してくれるので、病気の進行を食い止められて安心です。

心療内科やメンタルクリニックと聞いて、受診をためらう方もいるでしょう。「自分はうつ病にならない」と思っている方ほど、無理をして体を壊してしまう場合があります。

少しでも体に不調を抱えているなら、我慢して働き続けずにまずは自分の症状を診断してもらいましょう。

部署異動をお願いする

部署異動をお願いしてみるのも、仕事が泣くほど辛いときの効果的な対処方法です。今の部署から異動するだけで、ストレスの原因から距離を置ける可能性があります。

例えば、業務量の多さがストレスの原因となっているなら、適切な仕事量の部署に異動することで心身への負担を軽減できます。

また、人間関係に問題がある場合は、部署異動をお願いして新たな関係を一から築き直すのがおすすめです。

ただし、部署異動をお願いしても、必ず希望が通るわけではありません。部署異動が実現しない場合は、ほかの対処方法も検討してみてください。

転職活動を始める

会社内で自分が努力しても泣くほど辛い状態が改善しない場合は、転職活動を始めることを検討してみましょう。

どうしても仕事が辛く、自分には合っていないと感じて転職活動に取り組む方はたくさんいます。

自分に合わない環境で無理して働き続ける必要はありません。ストレスのない職場に転職できれば、泣くほど辛い目に遭うこともないでしょう。

転職活動を始める場合は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。プロのサポートを受けられるので、あなたの状況や性格を見極めて快適に働ける企業の求人を紹介してもらえます。

泣くほど仕事がつらい人に転職をすすめる7つの理由

「今の会社」が、あなたの心を悪くしているかもしれません

生きていれば色々なことが起こります。楽しいこともあれば、苦しいこともあるのが、人間の自然な状態です。たとえ、苦しいことがあったとしても、楽しいこともあるからこそ、充実した毎日を過ごせるのではないでしょうか。

しかし、心が病んでしまうと、楽しみを感じることができなくなってしまうことがあります。例えば、趣味の時間を過ごしてみたとしても、昔のようにワクワクとした気持ちを感じることができないのです。

また、楽しみを感じることができなくなってしまった場合、苦しさは増してしまう傾向にあります。

ひどい場合には、「常に苦しさが続いているんではないか」とすら思えてしまうものです。

そのように心が病んでしまった場合、何が原因なのかを理解することが大切です。もちろん、生きていれば色々なことが起こるわけですから、心が病んでしまった原因がたくさんある場合もあるものです。

しかし、「心を病ませる主たる原因」を確認することは簡単です。

「何でつらいの?」と、自分に問いかけてみれば良いのです。きっと、「何でつらいの?」という問いに、直感的に答えが出るはずです。

もしも、「心を病ませる主たる原因」が仕事であった場合、やはり対処法を考えなければいけません。とはいっても、いくら仕事がつらいとはいっても、「会社を辞める」をいう選択は避けたいものですよね。

1番良いのは、会社があなたの望む環境に変わってくれることですが、会社という大きな環境が変わるということを期待するだけほぼ無駄です。

例えば、「上司との人間関係」がつらいのであれば、配置転換を希望するなどで、つらい状況から抜け出すことができるかもしれません。

あわせて読みたい
死ぬほど仕事が嫌いになっているときの対処方法|自分に向いている仕事の見つけ方 本記事でわかること 死ぬほど仕事が嫌いだと感じる原因 仕事が嫌いになっているときの対処法 今の仕事が死ぬほど嫌いな人が利用すべき転職エージェント・サービス 嫌い...
あわせて読みたい
うつ病・適応障害になったら配置転換してもらえる?配置転換できないときの対処法・自分に合った職場に... 本記事でわかること うつ病・適応障害になったら配置転換してもらえるのか 配置転換してもらえないときの対処法 うつ病・適応障害の人の転職方法 近年、今の職場が合わ...

「つらい原因」を取り除くことが大切です

つらい毎日を送っているのなら、その「つらい原因」を取り除かなければ、いつまで経っても心は開けません。もしも、仕事がつらいのなら、「仕事」を毎日から取り除くことを考えてみましょう。

つまり、今の仕事を辞めることで、つらい毎日から逃れることができます。もちろん、仕事を辞めることを考えると、不安な気持ちになってしまうことでしょう。

性質や性格というのは、そう簡単に改善されることはありません。つまり、仕事場の環境や人間関係が悪いのなら、それは今後もずっと続く可能性があるのです。

であるならば、自分自身が悪いものを受け入れるか、自分自身が悪いものから逃げるしかないのです。

私たち人間は、仕事のために生きているのではありません。生きるために、仕事をしているのです。つまり、「生きる」ということが今の仕事によってつらくなってしまうのなら、今の仕事を続ける意味はありません。

今一度、自分自身に「今の人生は充実しているか?」と問いかけてみましょう。

今の仕事を辞めるとなると、次の仕事場を見つけなければいけません。つまり、転職活動をしなければいけないのです。

今現在、つらい毎日を送っているのに、転職活動をする気など起きない方も多いことでしょう。また、「どうせ転職をしたって状況は変わらない」と思ってしまいがちです。しかし、生きていくためには、仕事をしていかなければいけません。

世の中を見渡してみてください。能力が高いわけでもない一般人が、当たり前のように働き、充実した生活を送っています。もちろん、お金をいただいている以上、苦しいことだってあるでしょう。

きっと、あなたも転職活動を進めることで、当たり前のように働けるようになるはずです。

また、会社がつらくて心が病んでしまっている場合、多くは会社の環境に責任があります。

広い社会。1つの会社に依存する必要はありません

何かに依存してしまうということは、それにしか頼ることができない状況であるということです。それは、とても危険な状態でもあります。

依存しているものとの関係が悪化してしまったとしても、それに頼ることしかできないため、正常な判断力などが鈍ってしまう恐れがあるのです。

例えば、今の会社に依存をしているとします。もちろん、会社の環境が良好であるうちは、問題なく社会人生活を送ることができるでしょう。しかし、会社の環境が悪くなってしまった場合は厄介です。

今の会社に依存しているわけですから、そこに頼るしかありません。他に頼れるものもないわけですから、今の会社に居続けることしか道はないのです。

多くの人は、学校卒業後、1つの会社に入社し、そこで長い期間を勤めようと考えることでしょう。もちろん、立派な考えではあるのですが、「1つの会社で長い期間を勤めるんだ」という考えは、会社への依存へと向かわせることもあります。

入社後数年以上経っている場合は、特に注意が必要です。やはり、勤続年数が長ければ長いほど、依存の度合いは高くなってしまうものです。

会社への依存を解きたい場合は、広い社会のなかでの自分を見つめてみることが大切です。会社のなかの自分ではなく、広い社会のなかでの自分を客観的に見つめてみるのです。

例えば、世界という社会のなかでの自分を認識してみれば、会社への依存心は和らぐのではないのでしょうか。

もちろん、世界をイメージすることが難しい場合は、日本という社会のなかでの自分を認識して見るだけでも、「自分は今の会社以外にも活躍できる場所があるんだ」と思うことができますよ。

実際に、社会には数え切れないほどの会社が存在します。そして、転職活動を進めることで、自分がより活躍できる会社に入社できるチャンスが広がります。

残念なことに環境の悪い会社は存在しますし、評判の良い会社でも自分には合わないことはあります。

しかし、もしもそのような会社に入社してしまった場合でも、たまたま外れを引いてしまったことに過ぎません。であるならば、いつまでも外れの会社に居続けるだけ、時間の無駄なのではないでしょうか。

転職活動をすることで、当たりの会社に入社できるチャンスを広げることができるのです。

外れの会社で我慢するよりも、きっと見つかるであろう当たりの会社に早く入社をすることのほうが幸せであると、私は感じています。 もちろん、転職活動となると、面倒なイメージも抱いてしまいがちです。

しかし、心に余裕があるのなら、良い縁やタイミングが転がっているかもしれないわけですから、なるべく早く転職活動を進めたほうが良いでしょう。

まず、「今の会社に属する自分」ではなく、「社会のなかの自分」を認識してみてください。そう考えれば、客観的に自分を見つめることができ、気持ちを楽にすることができます。

また、「自分に最適な会社を見つけさえすれば幸せになることができる」という気持ちになることができるかもしれません。

あわせて読みたい
辞めた方がいい会社の特徴20選!見切りをつけた方がいい会社にいるとやばい理由を解説 結論下のチェックリストに当てはまる内容が1つでもあれば転職を検討すべき。 一つでも当てはまる内容がある人は転職を考えてもよいです。このままやばい会社にいてもし...

環境を変えることで、悲しい気持ちを遠ざけることができます

つらい状況にいるときは、何をやっても光が見えてこないように感じてしまいがちです。実際に私も、仕事がつらくて休んでしまった経験があるのですが、未来に対して全く希望を抱くことができませんでした。

現実を考えれば、未来に向けて行動をしていかなければいけません。例えば、今の会社を辞めるのならば、新しい会社に転職をしなければいけないのです。もちろん、転職先企業に対して、希望を抱くのは、なかなか難しいものです。

「転職をしたら楽しい日々になる」と、自分に言い聞かせてみてください。また、「今よりも楽しい日々にする」ということを目標にして、転職活動を進めてみてください。

せっかく新しい会社を探すわけですから、できれば前向きな気持ちで転職活動を進めたいものです。

私の話をさせてください。私は、大人数の企業に勤めており、人間関係に疲れてしまいました。

まだ、若かったため部下はいませんでしたが、上司の威圧に耐えることができなくて… また、上司によって教育方法が違い、自分自身が戸惑ってしまい、会社に行くのが怖くて休みがちになってしまいました。

やはり、休んでしまった当初は、何に対しても光を感じることができなかったものです。もちろん、「転職すべきなのかな」とは考えていましたが、やはり転職に対して不安しか抱くことができなかったように感じています。

ただ、「このままではいけない」と思い、「どうすれば今よりも楽しい日々にすることができるか」を考えました。私は、「少人数の会社であれば人間関係に悩まなくて済むかもしれない」と考えるようになりました。

実際に、少人数の会社のみと面接をさせていただき、何社か落ちて挫折しそうにはなりましたが、最終的にはある会社から採用をいただき「楽しい日々」を送ることに成功したものです。

人生とは面白いもので、環境が変わるだけで、気持ちも変えることができます。もちろん、職場を変えるだけで、悲しい気持ちを遠ざけることに成功することもあります。

転職活動をするときには、「自分はどのような会社に勤めれば楽しい日々を送れるか」と考えるようにすると良いのではないでしょうか。

ほとんどが「良い会社」。転職先が良い会社である可能性は高いです

昨今、ブラック企業問題で騒がれているため、ブラック企業が身近に感じられるような気がします。まるで、ほとんどの会社がブラック企業であるかのように思え、身構えてしまう方も多いのではないでしょうか。

もちろん、就職や転職をする会社が「ブラック企業でないのか?」と不安になってしまう方も多いことでしょう。

しかし、広い社会のなかから見てみるとブラック企業は少数派で、ほとんどが良い会社かもしれません。

今の会社が泣けるほどつらいとなると、転職先企業に対してもネガティブなイメージを抱いてしまいがちです。やはり、「転職をしても再びつらい毎日が待っている」と思ってしまうものです。

しかし、ほとんどの会社は、社員の健康について気遣ってくれる会社なのです。

実際に、私も転職活動において多くの社長と面接をさせていただく機会がありましたが、ほとんどの社長は社員のことを考えているように感じられました。

私が以前の会社で心を病んでしまったことを正直に伝えると、精神状態を理解したうえでの働き方を提案してもらったこともありました。

泣けるほどつらい場合、放置しておくと外出すらできなくなってしまうことがあります

もちろん、生きていれば、つらいことはたくさんあります。そして、そのつらいことを乗り越えなければ、道が開けてこないこともあります。しかし、「泣けるほどつらい状況」である場合、その状況からは逃げなければいけません。

多くの人は、「つらい状況は乗り越えるもの」だと認識しています。ただ、「泣けるほどつらい状況」であるならば、それを乗り越えようとしても心を痛めるだけに過ぎないかもしれません。

もし、「泣けるほど仕事がつらい状況」であるのに、頑張って仕事に行っている場合、いつか身体が全くといって良いほど会社に向かわなくなってしまうかもしれません。

もちろん、「つらいけど仕事に行かなくてはいけない」ということは理解しています。しかし、身体が固まったような状態になってしまい、場合によっては家に引きこもってしまうのです。

つまり、「身体が固まったような状態」になる前に、何としても対処をしなければいけません。

まずは、今の会社を辞めることが先決だといえます。もちろん、今の会社を辞めることには、躊躇をしてしまうことでしょう。しかし、「泣けるほどつらい原因」が仕事にある場合、会社を辞めなければ「身体が固まった状態」を遠ざけることはできません。

実際に、私の友人は、心が病んでいた状態でも仕事を辞めませんでした。「転職活動が上手くいくはずがない」と考え、「泣けるほどつらい会社」にしがみ付いていたようです。

しかし、ある日、会社に行けなくなってしまいました。友人いわく、「どうでもよくなった」そうです。

その後、友人は意欲が戻らず、3年弱は引きこもっていたように記憶しています。また、心療内科に通院し、服薬治療を余儀なくされてしまいました。

いまだにその友人は、「3年弱の引きこもりは孤独な日々で寂しかった」といっています。もしも、友人が「泣けるほどつらい会社」をきっぱりと辞めていれば、引きこもりの期間は減らせたのかもしれません。

あわせて読みたい
職場でのいじめからは逃げるが勝ち!人間関係で会社から逃げたい人はすぐに転職すべき! 職場の「パワーハラスメント(パワハラ)」「いじめ・嫌がらせ」が、近年、社会問題として顕在化してきています。 いじめ・嫌がらせは、学校だけではなく大人の職場のな...
あわせて読みたい
仕事がつらい状況を抜け出すには?原因別の対処法や相談におすすめのサービスを紹介 本記事でわかること 仕事がつらいと感じる原因と対処法 仕事が辛いときにすべきこと 転職の際におすすめの転職エージェント 社会人として生活を送るなかで、「仕事がつ...

転職は売り手市場である今がチャンスです

今は、転職マーケットが売り手市場であるといわれています。つまり、転職をしやすい時期であると考えることができるのです。

「内定取消」「派遣切り」「リーマンショック」といった言葉が流行っていた時期、やはり転職マーケットも悲惨なものでした。もちろん、転職活動自体は今と同じように行うことができましたが、採用率は圧倒的に低かったものです。

しかし、今は違い、転職マーケットは売り手市場です。もちろん、転職活動を進めることで、挫折を味わうこともあるでしょう。例えば、「何社も落ちる」という状況も珍しくはありません。

ただし、「今は10年ほど前と比べて恵まれている」ということを忘れてはいけません。

また、今は会社の人手不足も顕著になってきており、未経験でも中途採用されやすくなってきています。もし、「違う業種や職種に転職したい」と考えているのなら、特にチャンスであると考えることができます。

このような転職マーケットの売り手市場状態は、いつまで続くかわからないので厄介です。

例えば、数年後には再び「内定取消」が当たり前のように行われ、転職マーケットが買い手市場になってしまう可能性もあるでしょう。

だからこそ、チャンスを逃すことだけは避けたいものです。

最後にアドバイスですが、転職先企業が決まった場合でも、満足はしないでください。常に、「社会のなかの自分」を認識して、「広い社会のなかでどう活躍できるか」を考えて行動してください。

転職先企業が良い環境だとしても、それがいつまで続くかわかりません。また、倒産してしまう可能性も考えなくてはいけません。特に、今後はAI・ロボット・自動化が主流になってきますので、無くなってしまう会社は多いと考えられます。

仮に、転職先企業から離れなくてはいけない状況になってしまったとき、「社会のなかの自分」を認識できなければ、新たに道を開くのは難しくなってしまいます。

おすすめの転職エージェント

仕事が泣くほど辛いと悩んでいる方におすすめの転職エージェントを紹介します。

あなたの置かれた状況や属性に合った転職エージェントでサポートしてもらいましょう。

20代ならマイナビエージェントがおすすめ

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    顧客満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 20代の転職支援に強いエージェント
  • 各業界・職種に通じたキャリアアドバイザーが在籍
  • 転職回数に応じたサポートを受けられて安心

マイナビエージェントは、20代の転職支援に強いエージェントです。未経験OKの求人が豊富であり、経歴に自信がない方でも自分に合った職場と出会えます。

各業界・職種に通じたキャリアアドバイザーが在籍しているため、異業界・職種への転職を目指す20代におすすめです。

また、マイナビエージェントでは企業担当アドバイザーも転職をバックアップしてくれます。求人票には掲載されていないリアルな情報を提供してもらえるため、入社後にミスマッチを起こす心配がありません。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 未経験OKの求人が多く、異業界・職種への転職を目指せる
  • キャリアアドバイザーが親身になって相談に乗ってくれる
  • 求人票ではわからないリアルな情報を教えてもらえる
いまひとつな点
  • 希望とは異なる求人を紹介されることがある
  • キャリアアップを目指す方には合わない可能性がある

▼マイナビエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
20代男性(薬局業界)
エージェントの方の対応が思っていた以上に親切、丁寧でした。また自分の理想とする条件面もしっかり考えてくれて、転職先を提案していただいたので、とてもよかったです。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
20代女性(IT)
求人情報の詳細や条件についても充実しており、自分に合った条件を選ぶことができました。これにより、時間を節約しながら効率的に求職活動を進めることができました。

キャリアクラス転職独自調査

\20代向けの未経験OK求人が豊富/

全年代におすすめなのはdoda

【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    顧客満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaの特徴
  • エージェント・サイト・スカウトの3機能を用意
  • 20万件を超える豊富な求人から適職を紹介
  • 転職に役立つ診断ツールを無料で利用可能

dodaは、エージェント・サイト・スカウトの3機能がひとつになった転職サービスです。状況に応じて機能を使い分けられるため、転職活動を効率化できます。

常時20万件を超える豊富な求人を保有しており、どの年代でも自分に合った転職先を見つけられるのが強みです。

また、dodaでは無料で利用できる診断ツールを多数用意しています。強み・弱みの言語化や適職診断などは、転職の軸を定める際に役立つでしょう。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 3つの機能を使い分けて転職を効率化できる
  • 便利な診断ツールで自分に合った働き方がわかる
  • 転職フェアで効率良く転職活動を進められる
いまひとつな点
  • 求人数の多さから応募先選びで迷う可能性がある
  • 定期的に届くスカウトメールを管理する必要がある

▼doda

スクロールできます
Review Image
30代男性(IT系)
DODAの非公開求人は、エージェントさんがこちらの条件にあわせて紹介してくれたもののみが見れます。登録して少ししたら、DODAから連絡(が来て、非公開求人を紹介してくれるようになりました。

キャリアクラス転職独自調査

Review Image
40代女性(サービス業)
doda以外にも転職サイトはいくつか利用しました。 dodaの良かったところはWEBサイト内のチャット相談項目が充実しているところです。 何でも気になることは相談すれば良いと思いますが、目で見て分かるように項目が記されているのでやりやすかったです。

キャリアクラス転職独自調査

\年代を問わず適職が見つかる/

泣くほど仕事が辛いなら転職活動を始めることも検討しよう!

泣くほど仕事が辛いなら、今の状況を無理して我慢する必要はありません。辛い気持ちを我慢して仕事を続けていると、うつ病や適応障害などの精神的な病気にかかる可能性があります。

仕事が辛いと感じるのは悪いことではないので、すぐに転職活動を始めるのがおすすめです。

ストレスを溜め込まずに働ける企業に転職したいなら、転職エージェントに相談してみてください。転職エージェントならあなたの悩みを理解した上で、適職を紹介してくれます。

泣くほど辛い仕事を無理に続けるよりも、自分に合った職場で伸び伸びと働きましょう。

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ