MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

外資系SaaS企業への転職を成功させる方法|求められる条件や年収・転職難易度・企業一覧を解説

テクノロジー業界の盛り上がりにより、SaaS領域に転職を考えている方もいるでしょう。

本記事では外資系SaaS企業への転職方法を紹介します。

おすすめのエージェントサービスや向いている人材も解説するので、外資系SaaS業界への転職活動をすぐに始められる内容です。

ぜひ最後まで読み進めてみてください。

本記事でわかること
  • 外資系SaaS企業の特徴
  • テクノロジー業界に強い転職エージェント
  • 話題の外資系SaaS業界

外資系SaaS企業へ転職したい方は、リクルートダイレクトスカウトがおすすめです。リクルートダイレクトスカウトでは、エージェントや企業から直接オファーをもらえるので、働きながらでも効率的に転職活動ができます。

\年収800万円以上!/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

外資系SaaS企業とは

外資系SaaS企業とは

SaaS企業とは、クラウド型のサービスやソフトウェアを提供してビジネスモデルを展開している会社のことです。

個人や企業がソフトウェアを保有するのではなく、インターネットがあれば使用できるサービスを提供しています。

そして海外資本で出資されて設立され、サービスを展開しているのが外資系SaaS企業です。海外と日本企業が共同で設立した場合もあれば、100%子会社のケースもあります。

近年ではM&Aによって外資系企業になった会社も増えているようです。

転職市場の動向

コンサルティング会社『Fortune Business Insights』の調査では、世界のSaaS市場は2022〜2029年までに19.7%の成長率が予測されています。

SaaS企業では市場拡大に伴い、世界的に積極的な採用が行われている状況です。

外資系SaaS企業では国内の会社よりも技術活用が進んでいます。そのため転職したい方は、テクノロジー分野での知識や、営業ノウハウ、マネジメントなどの最新情報を取り入れなくてはいけません。

外資系と日系のSaaS企業の違い

外資系企業では、最新のテクノロジーや営業手法が学べます。近年、日系のSaaS企業で取り入れられている営業手法やテクノロジーは、海外から登場しました。

そのため外資系SaaS企業に務めれば、新しいトレンドを押さえられます。日系SaaS企業では、海外からのトレンドが2〜3年後に主流となります。

スキルアップに力を入れているのも外資系SaaS企業の特徴です。研修やセミナーなど、社員の自己研鑽の費用を負担してくれます。スキルアップに時間を投下しやすい環境なので、結果的に年収も上がるでしょう。

外資系SaaS企業に転職するメリット・やりがい

外資系SaaS企業に転職するメリット・やりがい

外資系SaaS企業に転職するメリットややりがいは、以下のとおりです。

外資系SaaS企業に転職するメリット・やりがい
  • 高年収が期待できる
  • 最新の技術トレンドや営業手法を学んで活かせる
  • さまざまな経験ができる
  • 職種の幅が広くピボットしやすい

外資系SaaS企業は急成長している会社が多いです。3か月〜半年で状況は変わり、常に新しい課題を解決していかないといけません。成長したい環境に身を置きたい方は、やりがいを感じるでしょう。

また外資系SaaS業界では、職種や配置転換があります。カスタマーサクセスを担当していた方が、インサイドセールスやカスタマーサービスへの異動がよく起こります。

実力があればすぐに昇進して、裁量権の高い仕事を任せてもらえやすい環境です。

外資系SaaS企業ランキング一覧

外資系SaaS企業ランキング一覧

外資系SaaS企業を5つ紹介します。

外資系SaaS企業ランキング一覧

各企業の特徴を知り、転職や情報収集に活かしてみてください。

Zoom Video Communications

社名Zoom Video Communications
代表取締役エリック・ユアン
設立日2011年4月
社員数8,484人
拠点アメリカ合衆国カリフォルニア州サンホゼ
公式HPhttps://zoom.us/

Zoom Video Communicationsは、オンラインビデオツール「Zoom」で有名なアメリカのソフトウェア会社です。クラウドプラットフォームを使用し、ビデオ通話や音声会議、ウェブセミナーなどのコミュニケーションサービスを提供しています。

チャットサービスやイベントスケジュール管理ができるSaaS製品があるため、あらゆるビジネスシーンに対応しています。

Google

社名Google
代表取締役サンダー・ピチャイ
設立日1998年9月
社員数139,995人
拠点アメリカ合衆国カリフォルニア州 マウンテンビュー
アンフィシアター パークウェイ 1600番
公式HPhttps://about.google/

Googleは、アメリカを代表するグローバルIT企業です。世界中で利用されている検索エンジンや、Web広告などさまざまなサービスを展開しています。

現在は「Google Cloud」と呼ばれるサーバーやインフラの基盤を定額で利用できるSaaSサービスも提供しています。

LinkedIn

社名LinkedIn
代表取締役リード・ホフマン
設立日2003年5月
社員数20,000名以上
拠点アメリカ合衆国カリフォルニア州サニーベール
公式HPhttps://jp.linkedin.com/

LinkedInは、ビジネス専門のSNSサービスです。実名、顔出し登録が基本で、プロフィールには学歴や職歴を入力します。

法人は無料で企業ページを作れるため、PRや採用活動に利用可能です。ビジネスに特化したFacebookのようなイメージです。

Linkedinのプロフィールは第三者も閲覧できるので、企業から連絡が来る場合があり、転職やアポイントのきっかけになるでしょう。

また、Linkedinでは求人の掲載・応募が可能です。そのため世界中の企業にアクセスできます。

Salesforce/Slack

社名Salesforce/Slack
代表取締役マーク ・ ベニオフ
設立日2000年4月
社員数20,000名
拠点アメリカ合衆国サンフランシスコ州
公式HPhttps://www.salesforce.com/jp/

Salesforceは、CRM(Customer Relationship Management)と呼ばれる顧客管理システムを中心に開発しているSaaS企業です。

世界で最も有名な顧客管理システム「Customer360」や、業務改善ツール「Service Cloud」などで知られています。

Salesforceは2021年の7月には、チャットツールを開発している「Slack」を買収し、Customer360と連携できるサービスを開発しました。

社員や顧客が速やかにコミュニケーションを取れる「Slack-First Customer 360」と呼ばれる新機能を実装しています。

Shopify

社名Shopify
代表取締役トバイアス・トビ・ルーク
設立日2004年9月
社員数10,000名
拠点カナダオンタリオ州オタワ
公式HPhttps://www.shopify.com/

Shopifyは、ショッピングサイトや顧客の売買管理を運営しているeコマース企業です。Shopifyでは、いちからオンラインストアのサイト構築ができます。

難しいプログラミングスキルは必要なく、初心者の方でも使用可能です。また、高額なWebサイト構築費を払わずに誰でも商品を販売できます。

外資系SaaS企業への転職に求められる条件

外資系SaaS企業への転職に求められる条件

外資系SaaS企業への転職に求められている条件は、以下のとおりです。

外資系SaaS企業には多様なスキルが求められています。

上司や同僚と円滑にコミュニケーションを取るための英語力

外資系SaaS企業では本社のある海外や取引先、外国籍のチームメンバーで話すため、ビジネスレベルの英語力が必要です。

英語力は、TOEICやTOEFLなどの試験の結果で判断される場合があります。

外資系SaaS企業に転職したい方は、最低でもTOEICでビジネス英会話レベルに相応する700点以上は取得しておきましょう。

優れた成果を出し続けるための自己管理能力

外資系SaaS企業で働くなら、自己管理能力が大切です。営業職では給料に占めるインセンティブの割合が高く、成果を出せないと収入に響きます。

日々のプレッシャーを抱えながら成果を継続的に出すには、睡眠時間や食事、休日の過ごし方などの工夫が求められます。睡眠を7時間以上確保したり、糖質を摂りすぎたりしない食生活を意識してみてください。

自発的に課題の解決方法を考えて実行できる能力

SaaS企業では、顧客の課題解決を通じて成功体験をしてもらう必要があります。どの職種でも、顧客の抱える課題を洗い出す分析力と解決に導く力が欠かせません。

そして、自分で考えた解決策を提案する力も求められます。上司やクライアントからの指示を待つのではなく、自ら進んで行動する人材が重宝されます。

外資系SaaS企業への転職が向いている人の特徴

外資系SaaS企業への転職が向いている人の特徴

外資系SaaS企業への転職が向いている人の特徴を紹介します。

外資系SaaS企業への転職が向いている人の特徴
  • 新しい技術や情報などのトレンドに敏感な人
  • 日々の勉強が苦にならない人
  • 高年収を目指したい人
  • グローバルな環境でチャレンジしたい人

外資系SaaS企業で取り扱う商品やサービスは、定期的にアップデートされます。そのため、常に最新のテクノロジーに関する知識や技術を学ばなくてはいけません。

特に営業職は顧客にサービスの説明をする必要があるため、継続的な学習が大切です。

外資系SaaS企業への転職が向いていない人の特徴

外資系SaaS企業への転職が向いていない人の特徴

外資系SaaS企業への転職が向いていない人の特徴は、以下のとおりです。

外資系SaaS企業への転職が向いていない人の特徴
  • 向上心や成長意欲が弱いと感じる人
  • 安定的な仕事環境を求める人
  • 自発的に行動できない人

外資系企業では積極性が大切です。自分で仕事を取りに行く気持ちがないと、周りと差がついてしまいます。

外資系SaaS企業への転職を成功させる方法

外資系SaaS企業への転職を成功させる方法

外資系SaaS企業への転職を成功させる方法は、以下のとおりです。

外資系SaaS企業への転職に失敗しないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

過去の経歴・スキルを整理し転職先で貢献できることをアピールする

外資系SaaS企業では基本的に即戦力しか採用しません。自身のアピールポイントを事前に明確にしておく必要があります。

企業が求めるスキルや経歴をチェックし、当てはまるものを棚卸ししておきましょう。英語力や無形商材の営業経験は、外資系SaaS企業では強みになります。

面接では正しい英語を話すことよりも自分の思いを大切にする

外資系SaaS企業の面接では、必ずしも流暢な英語を話す必要はありません。正しい英語を話すよりも、自分の思いを伝えるほうが大切です。

外資系SaaS企業では、交渉を優位に進めていける人材が求められているからです。英語力が日常会話レベルであっても、堂々と振る舞いましょう。

外資系SaaS企業の転職に強い転職エージェントを活用する

外資系SaaS企業に転職を考えているなら、業界に特化したエージェントを活用しましょう。転職に関する相談や好条件の求人の紹介をしてもらえるからです。

また、外資系に合った書類選考や面接対策をしてくれるのも、転職エージェントを利用するメリットです。

外資系企業の選考では、事前に用意された複数の質問に答えたり、英文履歴書を作成したりといったことが行われます。

面接も一般的な企業より多く3回前後実施されるので、独自の対策が必要です。

外資系SaaS企業に転職したい人におすすめの転職エージェント

外資系SaaS企業に転職したい人におすすめの転職エージェントは、以下のとおりです。

どの転職エージェントも実績が豊富です。

あわせて読みたい
SaaS転職に強いおすすめの転職エージェント9選!評判や成功させるポイントについて紹介 SaaS業界は現在急成長中である業界の一つです。スキルアップやキャリアパスがしやすい環境のため、多くの求職者がSaaS業界への転職を考えています。 しかし、SaaS業界は...

リクルートダイレクトスカウト

名前リクルートダイレクトスカウト
料金無料
求人数公開求人:50万件以上
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20代〜60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界ハイクラス・エグゼクティブに特化
公式HPhttps://directscout.recruit.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートダイレクトスカウトのおすすめポイント
  • 年収800万円以上が多数
  • 求人数20万件以上
  • エージェントからオファーが届く

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円以上のハイクラスが実現できる転職サイトです。外資系や日系SaaS企業の求人を取り扱っています。

またリクルートダイレクトスカウトの運営元は、大手企業の株式会社リクルートです。公開している求人だけでも、20万件以上とスカウト型転職サイトの中ではトップの数を誇っています。

リクルートダイレクトスカウトでは、求職者の経歴を見たヘッドハンターと企業側から求人が届きます。転職エージェントから紹介された企業といくつも面接をする必要がありません。

\年収800万円以上!/

あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミ|使ってみた体験談を紹介 リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラスから大人気かつ評判の良い転職サービスです。 登録するだけで、年収800万〜2,000万の求人からスカウトが来る可能性がありま...

ランスタッド

【公式】https://www.randstad.co.jp/
名前ランスタッド
料金無料
求人数公開求人:2,500件以上
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界外資系企業に特化
公式HPhttps://www.randstad.co.jp/
詳細を見る
運営会社名ランスタッド株式会社
拠点東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンコート21F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ランスタッドのおすすめポイント
  • 外資系企業の求人が多い
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍
  • 派遣事業も展開している

ランスタッドは、世界38か国に拠点を持つ世界最大級の転職支援サービスです。外資系や、グローバル企業の求人を豊富に取り扱っています。海外に本社を持つ外資系SaaS企業を志望している方には、おすすめです。

またランスタッドには、各業種や職種に特化したキャリアアドバイザーが在籍しています。SaaS領域は変化が激しい業界なので、専門性のあるキャリアアドバイザーに相談できるのは大きな強みです。

\グローバル企業に挑戦できる!/

あわせて読みたい
ランスタッドの評判・口コミは?特徴やメリット・デメリットを詳しく解説 ランスタッドは世界中に拠点を構えており、グローバル転職を強みとしている転職エージェントです。 また正社員以外にも派遣や単発など幅広い案件を取り扱っており、ライ...

エンワールド

エンワールド
【公式HP】https://www.enworld.com/
名前エンワールド
料金無料
求人数公開求人数:-
非公開求人数:-
(2023年12月14日)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~
対応エリア全国
オンライン面談対応
得意分野・業界ハイクラス・グローバル転職に特化
公式HPhttps://www.enworld.com/
詳細を見る
運営会社名エンワールド・ジャパン株式会社
拠点東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン12階
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
エンワールドのおすすめポイント
  • グローバル転職も可能
  • ハイクラス求人が10,000社以上
  • 求職者へのフォロー体制が整っている

エンワールドは総合型のハイクラス転職エージェントなので、幅広い業種の求人を保有しています。外資系だけではなく、日系のSaaS企業を目指している方におすすめです。

また、アフターフォローが手厚いのもエンワールドの特徴です。面接の向き合い方や準備だけではなく、入社後にはアンケート調査やアドバイスが受けられます。長期的なキャリア形成を考えてくれる転職エージェントです。

\外資系企業に強い!/

あわせて読みたい
エンワールドの評判・口コミを調査|ハイクラス・グローバル転職に強いエージェントの実態とは? エンワールドはハイクラス・グローバル転職を得意とする評判の良い転職エージェントです。質の高い求人を扱っており、充実したサポートを受けられます。 また入社後の活...
あわせて読みたい
SaaS転職に強いおすすめの転職エージェント9選!評判や成功させるポイントについて紹介 SaaS業界は現在急成長中である業界の一つです。スキルアップやキャリアパスがしやすい環境のため、多くの求職者がSaaS業界への転職を考えています。 しかし、SaaS業界は...

外資系SaaS企業に転職して後悔するポイント

外資系SaaS企業に転職して後悔するポイント

外資系SaaS企業に転職して後悔するポイントは、以下のとおりです。

外資系SaaS企業に転職して後悔するポイント
  • 転職後に短期間で成果を求められる
  • 激務になりがち
  • プレッシャーのかかる環境

外資系企業では、始めはプロジェクトに関わらずスケジュール管理や会議のセッティングを担当します。プロジェクトによっては納期が短いため、素早い対応が求められます。

ときには残業をすることもあるでしょう。近年では働き方改革が進んで改善されたようですが、残業時間は40時間を超える月もあるようです。

外資系SaaS企業への転職希望者からよくある質問

外資系SaaS企業への転職希望者からよくある質問

外資系SaaS企業への転職希望者からよくある質問を紹介します。

記事を読み進めるなかで気になる点がある方は、ぜひ確認してみてください。

外資系SaaS企業の年収はどれくらい?

外資系SaaS企業の年収は職種にもよりますが、1,000万円を超える企業が多いです。

営業職であれば400〜800万円がボリュームゾーンですが、マネージャーになれば1,000万円以上の求人が多数存在します。

日本の平均年収は461万円なので、外資系SaaS企業は高いです。

日本法人のある外資系SaaS企業は?

日本法人のある有名なSaaS外資企業は、以下のとおりです。

日本法人のある有名なSaaS外資企業
  • Salesforce
  • Oracle
  • Adobe
  • Zoom
  • Dropbox
  • Shopify

日本にも多くの外資系SaaS企業があります。有名外資系SaaS企業の日本法人に勤めるのも可能です。

あわせて読みたい
外資系企業の日本法人立ち上げポジションへの転職を成功させる方法!必要な能力・転職して後悔するポイ... 特定のスキルや経験が必要な外資系企業の日本法人立ち上げポジションの転職は、高い難易度を誇りますが、成功させる方法はいくつかあります。 本記事では、転職を成功さ...

外資系SaaS企業への転職難易度は高い?

外資系SaaS企業への転職難易度は、非常に高いです。ただし、国内でのSaaS業界やIT分野での経験があれば可能性はあります。

具体的な売上実績や無形商材の営業スキルがあれば、チャンスがあります。

外資系SaaS企業に転職したいなら転職エージェントは必須

リクルートダイレクトスカウトは、外資系SaaS企業への転職におすすめです。年収600〜800万円以上の求人が20万件以上あるため、外資系SaaS企業を見つけやすいからです。

求人を紹介してくれるヘッドハンターも、元業界経験者やSaaS領域に詳しい方がサポートしてくれます。難易度の高い外資系SaaS企業への転職が実現できるしょう。

外資系SaaS企業へ転職したい方は、ぜひリクルートダイレクトスカウトに無料登録してみてください。

\年収800万円以上!/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ