MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

銀行から保険会社への転職を成功する方法!転職のメリット・後悔しやすいポイントも解説

銀行からの転職先としてよく挙げられるのが保険会社です。保険会社へ転職すると、同じ金融業界で無形商材を売っていることもあり、知識や経験を活かせます。

また、選考においては銀行員が取得することが多いファイナンシャルプランナーや簿記検定も有利に働きます。

当記事では、銀行から保険会社への転職を成功させる方法やメリット・デメリットについても解説するので、ぜひ応募を検討する際の参考にしてください。

本記事でわかること
  • 銀行から保険会社に転職するメリット
  • 保険会社への転職を成功させるポイント
  • 銀行員が利用すべき転職エージェント

銀行から保険会社への転職なら、未経験OKの求人を豊富に保有しているマイナビエージェントを利用しましょう。20代の満足度No.1を誇る手厚いサポートで、異業種への転職でも安心です。

\ 銀行員からの転職におすすめ/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

銀行から保険会社への転職で起こる変化

銀行から保険会社への転職で起こる変化

銀行から保険会社への転職では、以下のような変化が起こります。

雇用の安定性業務委託型の場合は不安定
給与体系平均年収は低いが、成果を出せれば高収入も可
福利厚生充実している場合が多い

また、以下ではそれぞれの組織文化についても解説します。

銀行と保険会社の組織文化

どのような変化があるのか、両者の違いを事前に把握しておきましょう。

銀行の組織文化

金融業界はハードワークのイメージが強いですが、日系の大手企業では労働環境や待遇が整っています。また、企業として大幅に業績が傾くことは少なく、雇用も安定しています。

給与は日本人の平均より高く福利厚生も充実しているので、常に人気のある業界です。

一方、銀行の営業はノルマが厳しいという声も聞かれます。成果が昇給や昇格に直結するため、ピリピリとした空気があります。

また、防犯意識や不正防止への意識が高いのも銀行ならではの特徴です。

保険会社の組織文化

保険会社は、銀行と同様に福利厚生が充実しています。一方、雇用や給与形態では異なる点もあります。

雇用面では、大手保険会社の正社員であれば安定した企業が多いです。ただし、業務委託型の外交員は労働基準法の適用外なので、不安定な働き方になります。

その代わりに完全歩合制の場合も多く、成果を残せれば年収1,000万円以上も夢ではありません。一方、正社員の年収は平均的であるため、銀行から転職すると一時的に年収が下がる可能性があります。

社風は成果主義で体育会系の企業が多く、飲み会が多いのも特徴です。

銀行から保険会社に転職するメリット

銀行から保険会社に転職するメリット

銀行から保険会社に転職するメリットについて解説します。

保険会社への転職で起こる変化を参考に、理解を深めましょう。

銀行で培った知識・経験を応用できる

保険会社では、銀行で培った知識や経験を応用できる場面が多くあります。銀行でも保険商品を取り扱っているため、顧客への提案・販売の方法、業務の流れを想定しやすいです。

業務に携わった経験があれば仕事を覚えやすいでしょう。選考の際は歓迎されるので、忘れずにアピールしてください。

また、成果主義で体育会系の社風も似ているため、イケイケな雰囲気を苦にしない人であれば、転職しても馴染みやすいはずです。

成果を挙げるほど収入アップが見込める

保険会社では成果を上げるほど収入アップが見込めるので、自分の頑張りで年収を上げていきたい人にもおすすめです。

日本企業は年功序列のところも未だに多く、実力でのし上がっていける環境は貴重と言えます。

特に、業務委託型の外交員は、完全歩合制の報酬制度です。成果を出すことに自信がある人ならば青天井で収入アップを目指せます。

成果をたくさん上げれば、どんどん出世していくも良し、さらに報酬の良い同業他社に転職するのも良しと選択肢も増えるのでいい事づくめです。

海外事業へのチャレンジも視野に入れられる

保険業界では人口減少による国内市場の限界を受けて、海外進出するケースが増えています。保険会社に転職すれば、海外事業へのチャレンジも視野に入れられます。

銀行ではメガバンクが海外事業を展開していることもありますが、保険会社ほど顕著ではありません。地域に根ざした銀行は特にチャンスが少ないでしょう。

保険会社への転職は、海外を舞台に仕事がしたい人にとっておすすめです。

銀行から保険会社に転職して後悔しやすいポイント

銀行から保険会社に転職して後悔しやすいポイント

以下では、銀行から保険会社に転職して後悔しやすいポイントについて解説します。

入社してからでは遅いので、応募前によく確認して自分と合っているか見極めましょう。

収入を安定させるには成果を出し続ける必要がある

保険会社の営業職では、成果を上げるほど収入も上がっていきます。反面、成果を出せなければそれだけ収入も減ってしまうのがデメリットです。

成果を出し続けて収入を安定させるには、日々の自己研鑽も必要になります。

自己研鑽が苦手な方や成績が上がらないプレッシャーに耐える自信の無い人には、向いていません。

顧客の状況に合わせて休みを取らなければならない

法人相手が多い銀行に対して、保険会社では個人が顧客になるため、お客様に合わせて土日に営業などの対応をする必要もあります。

土日に仕事が入っていると、家族やパートナーとのプライベートを合わせにくいのがデメリットです。また、イベントも土日が多いため趣味がある人は参加できず、苦痛に感じるかもしれません。

仕事よりプライベートを重視したい人は転職すると後悔しやすいので、募集要項をよく確認しましょう。

常に新規顧客の開拓が求められるため体力が必要

保険会社では常に新規顧客の開拓が求められるため、体力が必要です。新規開拓ではテレアポや飛び込み営業、通りがかりの人に声をかけるなど、強いメンタルも求められます。

契約を取れれば個人としての売上を上げられ収入アップにもつながりますが、そのためには新規顧客を開拓し続けなければなりません。

結果として移動や提案の時間が多くなるので、体力・精神力を使って消耗します。

銀行から保険会社への転職を成功させるポイント

銀行から保険会社への転職を成功させるポイント

以下では、銀行から保険会社への転職を成功させるポイントについて解説します。

内定率を上げるために、すべてしっかりチェックして実践しましょう。

転職の軸をもとに希望条件に優先順位をつける

まずは転職活動の入り口として、給料や労働環境など転職の軸を決めておきましょう。決めた転職の軸をもとに譲れない条件を検討し、マッチする企業を探してみてください。

転職サイトから希望条件で探しても良いですが、エージェントに伝えて企業探しをすると、より高い確率でミスマッチを防げます。

転職エージェントでは、あなたの希望だけでなく性格や特性を見極めて、最適な企業を紹介してくれます。

徹底的に業界・企業研究を行う

転職活動においては当然のことですが、業界・企業研究は徹底的におこないましょう。特に保険会社への転職において、外交員の場合は業務委託型の採用もあるので要注意です。

業務委託型の採用の場合、個人事業主として採用されるため、確定申告や経費計上が必要になります。

事前に応募先候補企業の雇用形態や待遇を確認しておきましょう。

業界・企業研究が十分できていれば、ミスマッチ防止になります。

保険会社に強い転職エージェントを活用する

内定率を上げるなら、保険会社に特化した転職エージェントの活用がおすすめです。転職に関する相談ができたり、非公開求人を紹介してもらえたり、面接対策をしてくれたりといった豊富なメリットがあります。

また、保険業界の転職事情にも精通しているので、最新の情報を入手できるのも大きなメリットです。エージェント経由で応募企業のニーズもわかるので、対策がしやすくなります。

個人事業主ではなく正社員採用が良い場合は、雇用形態についての希望も面談の際に伝えておきましょう。

銀行から保険会社に転職したい人におすすめの転職エージェント

銀行から保険会社に転職したい人におすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

銀行から保険会社に転職したい人におすすめの転職エージェント

エージェントごとに保有する求人が違うので、複数併用して効率よく企業と出会いましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 第二新卒・未経験に強い
  • マイナビグループのサービスが利用できる
  • オリコン顧客満足度No.1

マイナビエージェントは、2023年オリコン顧客満足度で総合1位を獲得した転職エージェントです。人材業界大手のマイナビグル―プのため、保険会社の公開・非公開求人を数多く扱っています。

マイナビエージェントの保有求人は未経験OKのものが多いので、銀行から保険会社へ異業種転職を狙う人におすすめです。

担当のキャリアアドバイザーは業界ごとの専任制で、各職種の転職事情を熟知しているため、興味のある業界からあなたに合ったものを厳選して紹介してくれます。

\ 未経験・第二新卒に強い!/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

doda

【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 4.5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaのおすすめポイント
  • 求人数が22万件以上
  • スカウト機能もあるなどサポートが幅広い
  • 支援ツールが使いやすい

dodaは業界最大級の転職エージェントで、公開・非公開を含め22万件以上の求人を保有しています。dodaにはスカウト機能も備わっているため、自分で探さなくても企業と出会えるのも特徴です。

現職が忙しくても転職活動が進められる上、スカウトを受けられれば選考を有利に進められます。スカウトを受け取るために、まずはプロフィールを充実させましょう。

求人数と充実度の高いサービスの両方を求める方におすすめです。

\ 求人数22万件以上!/

あわせて読みたい
【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?実際に利用した方の体験談を紹介 転職エージェント業界は、まさに戦国時代です。大手と中小企業がたくさんあるため、結局どの転職エージェントがおすすめか分からない人も多いはず。 数ある転職エージェ...

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ビズリーチのおすすめポイント
  • 年収1,000万円以上のハイクラス求人が多数
  • スカウト型の転職サービス
  • フレキシブルな働き方ができる

ビズリーチは、ハイクラス向けのスカウト型転職サイトです。保有求人は年収1,000万円以上のものが全体の3分の1を占めています。プロフィールを充実させると、より好条件のスカウトが来る可能性が高まります。

サポート面では、転職のプロフェッショナルである一流のヘッドハンターに市場価値などを含めて相談可能です。

ただし、自分から企業を選ぶことはできないので、保険会社に絞りたい人は有効なスキルを記載してアピールしましょう。

まずは職務経歴書の内容を充実させて、登録審査を突破しましょう。

\ 待つだけで高年収求人が届く/

あわせて読みたい
ビズリーチは50代に評判がいい?年齢制限の実態や50代転職におすすめな理由、実際の成功例を紹介 本記事でわかること ビズリーチの50代転職における実態 50代転職者がビズリーチを利用しての成功体験談 ビズリーチが50代転職におすすめできる理由 万が一ビズリーチの...

銀行から保険会社への転職で強みとなるスキル・経験

銀行から保険会社への転職で強みとなるスキル・経験

銀行から保険会社への転職で強みとなるスキル・経験は、以下のようなものです。

強みとなるスキル・経験
  • 営業での提案力
  • コミュニケーション能力
  • 課題解決力
  • 論理的思考力

営業職であれば、コミュニケーション能力や提案力を持っている必要があります。無形商材は目に見えてわかりやすいものがないので、顧客にどれだけ想像させられるかといったトーク力が重要です。

どのスキルや経験も保険会社での仕事で、そのまま役立ちます。保険会社と銀行は同じ金融業界であり、無形商材を扱うという点で類似点が多いです。

選考で経験をアピールする際も、自然と保険会社の業務の話につなげやすいでしょう。

銀行員の転職先として人気の業界・職種ランキング

銀行員の転職先として人気の業界・職種ランキング

銀行員の転職先として人気の業界・職種は、以下の通りです。

銀行員の転職先ランキングTOP10
  • 1位:企業の管理部門(経理・財務・人事)
  • 2位:公務員
  • 3位:保険業界
  • 4位:金融業界(M&A・投資・証券)
  • 5位:コンサルタント業界
  • 6位:IT業界
  • 7位:不動産業界
  • 8位:メーカー営業
  • 9位:税理士事務所
  • 10位:起業

金融業界が人気なのはもちろんのこと、銀行で培ったスキルを活かしてさまざまな業界を選んでいるようです。

金融業界からの転職
  • 20代銀行員の転職先として人気が高いのは?
  • 女性の銀行からの転職先として人気の企業は?

また当サイトではさらに詳しく解説しているので、そちらも併せてご覧ください。

あわせて読みたい
銀行員の転職先ランキングTOP10|銀行員のセカンドキャリアについて解説 銀行員に人気の転職先はさまざまです。同じ金融業界への転職を目指す人もいれば、異業界・職種をセカンドキャリアとして希望する人もいます。 そこで当記事では、銀行員...

20代銀行員の転職先として人気が高いのは?

20代銀行員は、将来のキャリアプランを考えて、不動産業界やコンサルティング業界、人材業界、IT・Web業界などが人気です。

不動産業界やコンサルティング業界では、より専門的なコミュニケーションスキルを磨けて市場価値を高められます。また、年収が高いのも魅力です。

人材業界やIT・Web業界は売り手市場で狙いやすく、将来性も高いので人気となっています。

女性の銀行からの転職先として人気の企業は?

女性の銀行からの転職先としては、働きやすさを考慮して同じ金融業界が人気です。特に、金融業界の中でも転勤の少なさからカード会社、リース会社に転職する人が多い傾向にあります。

また、雇用・年収が安定しており、ライフワークバランスの取りやすい公務員も人気があります。

女性は年収や環境の安定を求めて転職を選ぶ人が多くいるようです。

銀行は異動があるから、ライフワークバランスの安定を求めて転職する人が多いです。

保険会社に転職したい銀行員の方からよくある質問

保険会社に転職したい銀行員の方からよくある質問

保険会社に転職したい銀行員の方からよくある質問に回答します。

転職して後悔しないよう、事前に疑問を解消しておきましょう。

保険会社のビジネスモデルは?どうやって儲けている?

生命保険会社の収益源は、主に保険料と資産運用益の2つで成り立っています。

保険料は、保険会社と契約した顧客が保障を得る対価として、保険契約に基づいて支払う料金のことです。

一方、資産運用益は契約加入者の資産を投資運用して得られた利益のことです。

顧客がいなければ利益を上げられないので、営業活動や信用の積み上げが重要になります。

銀行から未経験業界への転職は難しい?

銀行員から未経験業種への転職は、身につけたビジネスマナーや営業スキルなど、他業界で活かせるものが多いため難しくはありません。

さらに銀行員は「堅い」イメージがあるので、より信用が担保されています。

また、銀行員はファイナンシャルプランニング技能検定や簿記検定を取得する場合も多く、異業種で活かす機会も多いです。

未経験業界に応募する際は、自分の持っているスキルをどう活かせるかを積極的にアピールしましょう。

あわせて読みたい
銀行員から未経験業界へ転職は難しい?転職を成功させるポイントを紹介 銀行員は人気がある職業ですが、銀行員を辞めて他の業界に行こうと考える方は多いです。 銀行員の金融や経営における深い知識を活用すれば、未経験の業界にもチャレンジ...

保険会社からの転職理由で多い内容は?

保険会社からの転職理由で多い内容は、成果によって収入が左右されることや、成果主義であるためノルマ達成のプレッシャーが重いなどです。

保険業界で成果を出して収入を安定させるには、体力と精神力の両面のタフさが必要になります。

そんな環境を苦しく感じ、「安定した職に就きたい」という理由で転職する人が多いようです。

銀行員からの転職で年収は下がる?

金融業界は他業界よりも年収が高い傾向にあるため、転職すると収入が下がるケースが多いです。

年収を上げるには転職でキャリアアップする必要があり、そのためには転職エージェントのサポートを受けることが大切です。

転職エージェントは求職者の市場価値を適切に見極めた上で求人を紹介してくれるため、内定後も給与や待遇交渉を代行してくれます。

銀行から保険会社への転職を成功させたいなら転職エージェントを活用

銀行員から保険会社への転職は、同じ金融業界で業務内容が似ていることもあり、難しくはありません。とはいえ、未経験での転職なので、経験のある応募者と比較すると差があります。

転職を成功させたいなら、銀行で培ったスキルをどう活かせるのか最大限アピールしましょう。

ただし、自分で保険会社のニーズに合わせた最適な選考対策をするのは難易度が高いので、転職エージェントの力を借りて全面的にバックアップしてもらいましょう。

マイナビエージェントなら未経験OKの求人が豊富で、手厚いサポートが受けられるので内定率がグンと上がります。

\ 銀行員からの転職におすすめ/

あわせて読みたい
銀行から商社への転職はできる?可能な理由と商社転職を成功させる方法を紹介 商社は転職希望者からの人気が高く、転職を検討している方は多いでしょう。競争率が高いため狭き門ではありますが、対策を徹底することで転職成功を目指せます。 銀行員...
あわせて読みたい
金融業界からIT業界への転職を成功させるコツ!転職を希望する人が多い理由・IT企業で生かせるスキルも解説 金融業界からIT業界へ転職する人は多いです。しかし、IT業界と金融業界では業務内容や待遇が異なるので、業界研究が不十分なままいきなり転職すると後悔することになり...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ