MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

金融業界からメーカーへの転職を成功させる方法!中途採用市場の動向・転職先として人気の企業ランキングも紹介

現在、製造業は人手が不足しており、技術職だけでなくデジタル化に対応できるIT人材の募集も増加しています。

ただメーカーへの転職は、業界の特徴や動向を理解し、積極的に情報収集する姿勢が求められます。また知識やスキルを活かせる企業選びが重要になりますので、エージェントの活用は欠かせません。

本記事では、転職を成功させる方法や、メーカー求人が豊富なエージェントを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

本記事でわかること
  • 中途採用市場の動向
  • 業種や職種など、メーカー転職に関する基礎知識
  • 金融業界からメーカーに転職するメリット・デメリット

マイナビエージェントは異業種の転職に強く、メーカー求人も豊富です。転職相談に乗ってもらえたり、非公開求人を紹介してくれたり、選考対策を講じてもらえたり、さまざまなメリットが受けられます。

\20代転職エージェントNo.1/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

金融業界からメーカーに転職できる?中途採用市場の動向

日本は今、深刻な人手不足に陥っています。パーソル総合研究所の推計結果では、2030年には日本全体で644万人、製造業は38万人の人手不足が予測されています。

経済産業省が発行している「製造基盤白書(ものづくり白書)」を見ると、製造業は技術職以外にIT人材の確保も必要で、デジタル化における業務プロセスの最大の課題と言えるでしょう。

メーカーへの転職に関する基礎知識

メーカーへの転職に関する基礎知識

「メーカー」と一言で言っても、さまざまな業種や職種があります。本項では、以下の基礎知識について解説します。

メーカーへの転職に関する基礎知識

業種や職種を知ることは転職成功の第一歩です。早速見ていきましょう。

主な業種

メーカーの主な業種・特徴・需要の変動を、以下の表にまとめました。

業界特徴需要の変動
食品メーカー原材料を仕入れて食品を製造し流通させる。
安全・安心に基づく商品製造が使命。
安定しているが、嗜好や健康意識の変化による対応が必要。
コロナで外食が減り、自宅食や通販増。
電機メーカー家庭用・産業用などさまざまな電気機器、電子機器、及びそれらの部品を幅広く製造。商品によってばらつきがある。
白物家電や自動車電子化技術は成長。コロナで設備投資減。
化粧品メーカー化粧品の製造・販売を行う。
新商品を企画・開発し、店舗販売や通販で消費者に届ける。
女性の社会進出や高齢化で増加傾向だが競争も激化している。
コロナによるマスク着用や外出自粛で、市場は一時減少したが、オンライン販売や海外市場で回復。
自動車メーカー自動車の企画・開発・生産を行う。
最先端技術を用いる研究開発も頻繁に行われている。
世界的に減速傾向だが、電気自動車や自動運転などの新技術開発は活発。
コロナで生産・販売ともに落ち込んだが、ワクチン接種や経済対策で回復傾向。
化学メーカー原料を化学反応で加工し、石油・ゴム・プラスチックなど、さまざまなものを製造している。経済活動やエネルギー価格に左右されやすいが、医薬品やバイオテクノロジーなどの先端分野では成長。
コロナで需要が減少しているが、医療・衛生用品の需要は増加。

職種と仕事内容

メーカーの職種と仕事内容をまとめました。

メーカーの職種と仕事内容
  • 営業:顧客先に自社製品の販売を行う
  • 商品企画:市場の需要を調査し、新規製品の開発や既存商品の改良を提案する
  • 研究開発:新製品を開発するための研究や既存商品の改良などを行う
  • 生産管理:製品の品質と製造量を一定に保てるように納期までのスケジュールや生産量を管理する
  • 製造:工場で製品の組み立てや加工などを行い、商品を製造する
  • 宣伝・広報:マスメディアやインターネットを通して自社製品の宣伝を行う
  • 資材調達:製品に必要な素材や材料を調達する
  • 経理・事務:お金の流れを管理する

金融業界からメーカーへの転職を希望する理由

金融業界からメーカーへの転職を希望する理由

金融業界からメーカーへの転職を希望する理由には、以下の4つが挙げられます。

金融業界からメーカーへの転職を希望する理由
  • ノルマ達成のプレッシャーが大きな負担
  • ワークライフバランスが取れない
  • 顧客のために仕事をしているというやりがいを感じられない
  • 人員削減が行われていて将来性に不安がある

金融業界はノルマが厳しく設定されており、目標達成のため長時間労働や過度な競争が必要となるケースが多いです。残業や休日出勤が多いため、ワークライフバランスが取れない可能性があります。

金融業界では、お金や保険などいわゆる無形商材を扱っているため、顧客に対して直接的な価値を提供・貢献するのは難しいです。そのため、顧客のために仕事をしている実感が湧かないこともあるでしょう。

厳しい経営環境やテクノロジーの進化により、金融業界では人員削減やリストラの動きが広がっています。雇用の安定性に不安を抱くことも多く、転職を検討する人が増えています。

金融業界からメーカーに転職するメリット・デメリット

金融業界からメーカーに転職するメリット・デメリット

金融業界からメーカーに転職するメリット・デメリットを紹介します。

金融業界からメーカーに転職するメリット・デメリット

メリット・デメリットを知ることで、転職後のミスマッチを減らせます。しっかりチェックしておきましょう。

メリット

メリットは以下の3つです。

金融業界からメーカーに転職するメリット
  • 各業界・業種に特化したスキル・資格を取得できる
  • 福利厚生が充実している傾向がある
  • 景気の浮き沈みの影響を受けにくい

メーカーは食品・化粧品・家電・自動車など、さまざまな製品を開発・製造・販売しています。国内外の規格や認証方法について学べたり各製品に関する専門的な知識や技術を取得できたりして、自分のスキルを高められます。

メーカーでは、従業員の福利厚生にも力を入れているところが多いです。社員寮や保養所などの住居施設、社員食堂やカフェテリアなどの食事施設、健康診断や予防接種など医療サービスが充実しているメーカーも多々あります。

日常生活に欠かせない食品や化粧品、長期的に使われる自動車や家電など、メーカーは一定の需要がある製品を扱っていることが多いです。そのため景気変動による影響を受けにくく、安定した収入を得られる可能性が高いでしょう。

デメリット

デメリットは以下の3つです。

金融業界からメーカーに転職するデメリット
  • 立ち仕事が多く体力が必要
  • ルーティン作業が多くなりやすい
  • シフト制の勤務で生活が不規則になりやすい

メーカーは製品の開発や製造に関わる作業が多く、工場や研究所などで長時間立ち仕事をするケースが多いです。足や腰などに負担がかかり、体力も必要です。

製品の品質や安全性を保つため、決められた手順に沿って動き、同じ作業を繰り返すことが多くなります。ルーティン作業は、モチベーションや創造性の低下、スキルの停滞につながる可能性があります。

製品の需要に応じて、24時間体制で作業を行うことがあるため、シフト制の勤務体系をとっているメーカーも多いです。

シフト制の勤務は、昼夜が逆転したり、休日や祝日が不定期だったりするので、睡眠不足や生活リズムが乱れてしまうかもしれません。

金融業界からメーカーへの転職を成功させるコツ

金融業界からメーカーへの転職を成功させるコツ

金融業界からメーカーへの転職を成功させるコツを5つ紹介します。

実践することで、転職の成功確率が上がります。ぜひ試してみてください。

業界の理解と情報収集をする

メーカーの特徴や動向を把握し、業界について理解を深めることが重要です。

積極的に業界のニュースや情報を収集し、トレンドや市場動向を知る必要があります。

希望条件を整理してから転職先探しを始める

「なぜ銀行から転職したいのか?」を自分自身に問いかけ、就業先に求める条件を洗い出しましょう。

希望条件を整理することで、メーカー以外の選択肢も浮上する可能性があります。

応募先企業を志望する理由を明確にしておく

「なぜメーカーに転職したいのか?」「なぜ応募先企業を志望するのか?」という問いに対して、明確な根拠をもとに回答できるようにしておきましょう。

過去の経験を交えたストーリーで話すことで、相手から共感を得られやすく説得力も増します。

スキル・経験をもとに応募先企業で貢献できることをアピールする

金融業界で培ったスキルを、メーカーで活かせそうな知識や能力と結びつけてアピールしましょう。

業界未経験からの転職で、成功の可能性が高いのは営業職・事務職などです。これらの職種の経験やスキルをアピールできれば、転職の可能性は高まります。

メーカーに強い転職エージェントを活用する

メーカーに特化したエージェントを活用することで、転職に関する相談ができたり、非公開求人を紹介してもらえたり、面接対策をしてくれたりさまざまなメリットが受けられます。

金融業界からメーカーに転職したい人におすすめの転職エージェント

金融業界からメーカーに転職したい人におすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

いずれも実績豊富なエージェントばかりです。ぜひ活用してください。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 20代の転職エージェント満足度No.1
  • 異業種の転職サポートが充実
  • 20代・30代の転職支援に特化

マイナビエージェントは、マイナビグループが運営する総合型の転職エージェントです。

20代・30代の就業支援に特化しており「20代の転職エージェント満足度No.1」、2023年のオリコン顧客満足度「転職エージェントNo.1」を獲得しています。

異業種のサポートが充実しており、成功事例も豊富にあるので、金融業界からメーカー転職を希望する場合でも問題ありません。

20代・30代のサポート実績が豊富なキャリアアドバイザーから、適切なアドバイスを受けられるので、メーカー未経験の方でも安心して転職活動に取り組むことができます。

大手ならではの太いパイプで、豊富なメーカー求人を保有しているのが特徴です。

\20代転職エージェントNo.1/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

JACリクルートメント

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
JACリクルートメントの特徴
  • ハイクラス・ミドル転職5年連続第1位
  • 技術/専門職、管理職転職のエキスパート
  • コンサルタントからスカウトがもらえる

JACリクルートメントは、オリコン顧客満足度ハイクラス・ミドル転職部門で5年連続第1位を獲得しているエージェントです。

技術職・専門職、管理職クラスの転職に強く、登録した職務経歴書をもとにコンサルタントからスカウトがもらえます。

「消費財(食品・アパレル・トイレタリー)」「電気・電機」「自動車・部品」「化学」「金属・素材」「メディカル(医薬品・CRO・医療機器)」で検索したところ、2023年8月5日現在、5,573件の求人が確認できました。

JACリクルートメントに登録をして、メーカー転職を成功させましょう。

\顧客満足度5年連続No.1/

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

リクルートエージェント

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートエージェントの特徴
  • 業界トップクラスの求人数
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーが多数
  • 勤務地・職種で絞り込み選択が可能

リクルートエージェントは、公開・非公開を合わせ65万件以上の求人を保有する転職支援実績No.1のエージェントです。

さまざまな業種に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍しているので、メーカーの企業情報や転職事情などが得られます。

また面談を行うことで、求職者が希望業界や職種に合っているかどうかを判断してくれるのも特徴です。

キャリアアドバイザー自身も転職を経験している人が多いため、求職者ならではの悩みも理解したうえで、書類添削や面接対策などの選考対策も受けられます。

2023年8月5日現在、電気・化学・医療・食品などのメーカーで検索したところ、非公開を含め13万件以上の求人が確認できました。

業界最大級の案件数を誇るリクルートエージェントなら、あなたに合ったメーカー求人がきっと見つかります。

\転職支援実績No.1/

あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...

金融業界からの転職先として人気の企業ランキング

金融業界からの転職先として人気の企業ランキング

金融業界からの転職先として人気の企業をランキング方式で紹介します。

金融業界からの転職先として人気の企業ランキング
  • アマゾンジャパン:EC(電子商取引)業界の大手企業。オンラインでさまざまな商品やサービスを提供している。
  • グーグル:IT業界の大手企業。インターネット関連のサービスやプロダクトを開発・運営している。
  • 株式会社リクルート:総合情報サービス業界の大手企業。人材・住宅・結婚・旅行などの分野で多様なメディアやプラットフォームを展開している。
  • ソフトバンク:通信・インターネット業界の大手企業。携帯電話やブロードバンド、AIやIoTなどの先端技術を活用した事業を展開している。
  • ユニクロ:アパレル業界の大手企業。カジュアルウェアやインナーなどの商品を販売している。
  • コカ・コーラ:飲料業界の大手企業。世界的に有名な炭酸飲料やジュース、水などの商品を製造・販売している。
  • P&G:日用品・化粧品業界の大手企業。洗剤やシャンプー、歯磨き粉などの商品を製造・販売している。
  • 三菱商事:総合商社業界の大手企業。エネルギー・金属・機械・食品などの分野で、国内外の取引や投資を行っている。
  • ANA:航空・旅行業界の大手企業。国内外の航空輸送や旅行サービスを提供している。
  • 日本郵政グループ:郵便・金融・物流業界の大手企業。郵便物や荷物の配達、郵便局での金融サービス、物流ネットワークの運営などを行っている。

金融業界からメーカーに転職したい人からよくある質問

金融業界からメーカーに転職したい人からよくある質問

金融業界からメーカーに転職したい人のよくある質問を4つ紹介します。

気になる質問をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

メーカーの平均年収は?

メーカー全体の平均年収は465万円ですが、業界や企業によって大きく異なります。

例えば食品メーカーの平均年収は615万円に対して、小売・外食メーカーは351万円です。

最も平均年収が高い業界はたばこメーカーで769万円、企業ではキーエンスの2,111万円がトップでした。

50代以上の銀行員はメーカーへの転職が難しい?

転職は可能ですが、完全未経験の分野では難しいです。

これまでの経験が活かせる職種やポジションへ応募することが重要です。

銀行の窓口業務(一般職)からメーカーへの転職は可能?

転職は可能です。特に可能性があるのは、一般職で培ったスキルを活かせる事務職です。

転職エージェントを使って、メーカー事務職の求人探しをすると良いでしょう。

銀行員経験者の転職で活かせる資格は?

銀行員経験者がメーカー転職で活かせる資格を4つ紹介します。

メーカー転職で活かせる資格
  • ファイナンシャルプランナー
  • 日商簿記
  • 宅地建物取引士
  • TOEIC

ファイナンシャルプランナーは、お金に関するさまざまな知識を持つ資格で、社員や顧客のライフプラン、資産運用の相談に乗れる人材として評価されます。

日商簿記は、企業の経営活動を記録・整理・計算する技能を持つ資格で、経理や営業などの職種で必要とされるスキルです。

宅地建物取引士は、土地や建物の売買や仲介に関する法律や知識を持つ資格で、不動産や建設部門などで活かせる資格です。

TOEICは、英語のコミュニケーション能力を測る試験で、海外との取引や交渉などで必要な場合があります。

金融業界からメーカーへの転職を成功させるなら転職エージェントを活用

金融業界からメーカーへの転職を成功させるには、業種の特徴や市場動向を把握すること、就業先に求める希望条件を洗い出すこと、今までの経験やスキルをアピールすることが重要です。

メーカー転職に強いマイナビエージェントなら、最新の市場動向や情報を教えてくれたり、自己分析・企業分析をサポートしてくれたり、非公開求人を紹介してくれたりさまざまなメリットが受けられます。

マイナビエージェントに登録をして、メーカー転職を成功させましょう。

\20代転職エージェントNo.1/

あわせて読みたい
金融業界からIT業界への転職を成功させるコツ!転職を希望する人が多い理由・IT企業で生かせるスキルも解説 金融業界からIT業界へ転職する人は多いです。しかし、IT業界と金融業界では業務内容や待遇が異なるので、業界研究が不十分なままいきなり転職すると後悔することになり...
あわせて読みたい
メーカーから金融業界への転職は可能?未経験から転職を成功させる方法・必要なスキルを解説 メーカーから金融業界への転職は、知識のない状態から自身に向いている業種や職種を選ばなくてはいけません。未経験からのチャレンジなので、不安を抱いている方も多い...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ