MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

メーカーから金融業界への転職は可能?未経験から転職を成功させる方法・必要なスキルを解説

メーカーから金融業界への転職は、知識のない状態から自身に向いている業種や職種を選ばなくてはいけません。未経験からのチャレンジなので、不安を抱いている方も多いでしょう。

本記事では、メーカーから金融業界に勤めるためのノウハウを紹介します。志望動機の書き方や金融業界に強い転職エージェントについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

本記事でわかること
  • 金融業界の採用ニーズ
  • メーカーから金融業界の転職に成功する方法
  • 金融業界の志望動機の書き方

メーカーから金融業界へ転職したい方は、マイナビエージェントを利用しましょう。マイナビエージェントには、金融業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍しています。未経験から金融業界に挑戦する方でも、丁寧なサポートを受けられます。

\未経験・第二新卒に強い!/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

メーカーから金融業界への転職は可能?中途採用ニーズの動向

転職サイト『doda』によると、金融業界の求人件数は増加傾向にあります。

とくに、デジタル系人材の採用ニーズが高まっています。AIの活用やブロックチェーンを導入したい金融業界が多いため、ITやデジタル領域に強い人材が求められています。

他には、管理部門や企画部門、投資や保険の分析を専門とするアクチュアリーなどのハイクラス人材の求人が多いです。また、ポテンシャル人材の採用に注力する金融業界も増えています。

業種によって求める人物像に差がありますが、金融業界では第二新卒向けの採用を検討する流れが活発化しています。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、一般に、「取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術」とされています。

引用:一般社団法人全国銀行協会

金融業界での仕事について解説

金融業界での仕事について解説

金融業界での仕事について解説します。具体的には以下のとおりです。

金融業界での仕事について

金融業界にチャレンジしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

業種

代表的な業種と特徴は以下のとおりです。

業種仕事内容
銀行顧客の銀行口座を管理し、企業や個人に融資を行う。
ローンやクレジットカードの申請の手続きも担う。
証券会社個人や法人の顧客に対して株式や債券、投資信託などの金融商品の取次ぎや売買を行う企業。
保険会社法人や個人に対して保険商品を販売し、契約を交わす。
生命保険や医療保険、火災保険などを提供する業種。
クレジットカード会社クレジットカードの発行や支払い処理の業務を行う会社。
不正利用や詐欺を防ぐためのセキュリティの管理も担う。
信販会社販売信用で取引をする会社。
顧客が商品やサービスを購入する際、リボ払いや分割払いなどの代金を立て替えて提供し利益を上げる。

金融業界といっても多くの業種があります。そのため、転職をする際は応募したい業種を絞りましょう。

主な職種・仕事内容

金融業界の主な職種や仕事内容は、以下のとおりです。

ホールセール(営業)大口顧客と取引をする職種で主に法人との金融取引を担当する営業職。
企業や金融機関とローンやクレジット限度額のサポートする。
リテール(営業)個人の顧客に対しての金融サービスを提供する営業。
預金や株式、保険などを提案する。
保険外交員(バックオフィス)保険商品の販売や契約を担当。
金融事務(バックオフィス)金融業界で働く事務職の方々のことを指す。
顧客のデータ入力やアカウント管理、書類作成などの事務作業を担う。

顧客が、法人か個人かによって、扱う金額や行う業務は大きく変わります。向き不向きがあるので、仕事内容は事前に確認しましょう。

メーカーから金融業界への転職を望む理由

メーカーから金融業界への転職を望む理由

メーカーから金融業界へ転職したいと思う理由は、以下のとおりです。

メーカーから金融業界へ転職したいと思う理由
  • 高水準の収入が期待できる
  • 市場価値の高いスキルが身につく
  • 短期間でさまざまなプロジェクトに関われる

「年収や市場価値を上げたい」といった、キャリアアップを1番の理由に挙げる方が多いです。

金融業界は、メーカーでは経験できない仕事ができるので、ビジネスパーソンとしてのレベルを上げられます。

メーカーから金融業界への転職を成功させる方法

メーカーから金融業界への転職を成功させる方法

メーカーから金融業界に転職を成功させるには以下の3つが必要です。

メーカーから金融業界へ転職する際のコツをみていきましょう。

応募先企業を志望する理由を明確に考えておく

メーカーには、金融業界よりも厳しい競争やノルマがありません。安定供給のある製品を販売しているメーカーであれば、金融業界よりも安心して仕事に取り組めます。

そのため、応募先企業は「なぜ金融業界なのか」「志望した理由は何か」と疑問に感じます。求職者は、採用担当者に金融業界を志望した納得のいく理由を伝える必要があります。

金融業界で生かせる経験・スキルをまとめてアピールする

中途採用から金融業界に挑戦する場合、即戦力が求められるケースが多いです。金融業界で活かせる経験やスキルがない状況では、選考を通過するのが難しくなります。

そのため営業や事務など、金融業界で活躍できるスキルがあるか整理しましょう。活かせる経験がない方は、簿記などの資格を取る時間を確保してみてください。

金融業界に強い転職エージェントを活用する

未経験から金融業界にチャレンジする場合は、投資銀行や保険会社の求人を多く保有する転職エージェントを利用しましょう。

金融業界に強い転職エージェントには、投資銀行の元社員や金融業界に精通した方がキャリアアドバイザーとして在籍しています。

業界の内情や動向を詳しく聞けるため、効率的に転職活動を進められます。

また、金融業界に特化した非公開求人の紹介を受けられるため、年収や福利厚生のよい職場への転職が可能です。

メーカーから金融業界に転職したい人におすすめの転職エージェント

メーカーから金融業界に転職したい人に、おすすめのエージェントサービスを3つ紹介します。

おすすめの転職エージェント・サービス

どの転職エージェントも金融業界に強いので、ぜひ利用してみてください。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 未経験・第二新卒に強い
  • 大手金融機関の求人が豊富
  • 10年以上の転職支援実績あり

マイナビエージェントは、未経験や第二新卒に強い転職エージェントです。業界に関する知見が少なくても、面接や書類選考の対策を受けることで、採用確率をグッと上げられます。

金融業界に特化した転職支援が受けられるのも、マイナビエージェントの特徴です。大手金融機関や投資銀行などの高待遇求人を多く取り扱っています。またキャリアアドバイザーは、元メガバンクや証券会社出身の方なので、業界の貴重な情報も知れます。

メーカーから金融業界に転職する方は、ぜひマイナビエージェントを利用してみてください。

\未経験・第二新卒に強い!/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ビズリーチのおすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が多数
  • ヘッドハンターからスカウトが来る
  • 効率的に転職活動を進められる

ビズリーチに掲載されている求人の多くが、年収1,000万円以上です。大手金融機関や日系保険会社の求人を豊富に取り扱っています。

またビズリーチは、ヘッドハンターから求人が届くスカウト型の転職エージェントです。スカウトのなかには、あなたの職務経歴書に期待した企業からの「プラチナスカウト」があります。

プラチナスカウトを受けると、書類選考なしで面接に進めます。ヘッドハンターからのスカウトが来れば、効率的にハイクラス転職を成功できるでしょう。

\待つだけで求人が届く!/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ 本記事でわかること ビズリーチの良い口コミ・悪い口コミ ビズリーチを利用するメリット・デメリット ビズリーチの料金プラン ビズリーチの登録方法 実際にビズリーチを...

リクルートダイレクトスカウト

【公式】https://directscout.recruit.co.jp/
名前リクルートダイレクトスカウト
料金無料
求人数公開求人:50万件以上
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20代〜60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界ハイクラス・エグゼクティブに特化
公式HPhttps://directscout.recruit.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートダイレクトスカウトのおすすめポイント
  • 年収800万円以上が多数
  • 求人数20万件以上
  • エージェントからオファーが届く

リクルートダイレクトスカウトは、20万件以上の求人を扱っている転職サイトです。投資銀行や大手生命保険会社などのハイクラス求人を取り扱っています。

保険や投資の分析をする「アクチュアリー」と呼ばれる金融専門職の求人もあります。金融業界の幅広い求人を探したい方は、リクルートダイレクトスカウトを利用しましょう。

また、リクルートダイレクトスカウトの運営元は、大手企業の「株式会社リクルート」です。転職事業の経験が豊富なので、安心したサポートを受けられます。

\年収800万円以上が多数/

あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミ|使ってみた体験談を紹介 リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラスから大人気かつ評判の良い転職サービスです。 登録するだけで、年収800万〜2,000万の求人からスカウトが来る可能性がありま...

メーカーから金融業界への転職に求められる条件

メーカーから金融業界への転職に求められる条件

メーカーから金融業界への転職に求められる条件は、以下のとおりです。

自身のスキルと照らし合わせてみましょう。

顧客の課題に沿った商品を販売できる提案力

金融業界に転職するには、顧客から話を聞いて最適な金融商品を提案する力が求められます。悩みを聞いたりニーズを汲み取ったりと幅広いコミュニケーションスキルが必要です。

顧客の課題を聞き出し、自社の商品で解決できるかを考えて、最適なサービスを提案しましょう。

金融知識をアップデートし続けるための情報収集スキル

顧客に最適な提案をするためには、常に金融知識を磨かなくてはいけません。最新情報を吸収する習慣を身につけましょう。

日頃からニュースアプリで経済動向の確認をしたり、新しい投資商品などを買ったりするのがおすすめです。

顧客に提案できる商品を増やすためにも、積極的な情報収集にぜひ取り組んでみてください。

経理・財務の業務経験

金融業界に勤めたい方は、前職で企業の経理や財務経験があるとアピールポイントになります。簿記や公認会計士の資格があると効果的です。

前職で活かせる経験がないと感じたら、資格を取得してみるのもおすすめです。簿記なら3か月程度で取得できます。公認会計士や社会保険労務士は難易度が高いため、資格取得には時間を要します。

メーカーから金融業界への転職が向いている人の特徴

メーカーから金融業界への転職が向いている人の特徴

メーカーから金融業界への転職が向いている人の特徴は、以下のとおりです。

メーカーから金融業界への転職が向いている人の特徴
  • ロジカルシンキングが得意な人
  • お金や数字に強い人
  • 向上心がある人
  • 解決したい課題がある人

金融業界では、業種によって必要なスキルが変わります。営業職であれば、顧客に金融商品を説明するための論理的思考が必要です。

バックオフィス系の業務であれば、計算作業やデータ入力が得意な方が向いています。自身がどの分野で力を発揮できるか考えてみてください。

メーカーから金融業界への転職が向いていない人の特徴

メーカーから金融業界への転職が向いていない人の特徴

メーカーから金融業界への転職が向いていない人の特徴は、以下のとおりです。

メーカーから金融業界への転職が向いていない人の特徴
  • 細かな作業が苦手な人
  • 学びの精神が弱い人
  • 法令遵守の意識が弱い人

金融業界は、一般企業よりもマニュアルが多いです。小さなミスでも顧客の損害につながるからです。

例えば銀行に勤める場合、集金や収入印紙の貼り付けなどの事務手続きは慎重に行わなければいけません。一般企業では許されるミスでもやり直しが発生します。

また、プライベートでも簡単に仕事の話はできません。情報漏洩につながり、大きな問題に発展するケースがあります。

メーカーから金融業界への転職!志望動機の考え方【例文】

メーカーから金融業界への転職!志望動機の考え方【例文】

メーカーから金融業界に転職する際の志望動機の例文を紹介します。ぜひ取り入れてみてください。

志望動機の例文

金融業界への志望理由は、体力のある若い年代のうちに厳しい業界に挑戦したいと考えたからです。前職のメーカーでは1つの新興国を担当する期間が4〜5年と長く、スキルが伸びている実感が感じられませんでした。

また近年では、経営判断により新しいプロジェクトに関わる機会が減っていました。そのため、より厳しい環境で市場価値を高めたいと考え転職を決意しました。

未経験業界である金融業界に興味を持った理由は、ファイナンシャルプランナーの資格取得がきっかけです。勉強を進める中で保険の仕組みを知り、より多くの方に提供したいと思い、金融業界への転職を考えるようになりました。

そして前職のメーカーでは新興国に足を運ぶこともあり、医療を受けられない方を多く見てきて「誰でも手軽に医療を受けて欲しい」と強く思うようになりました。

前職のメーカーでは営業として新規プロジェクトの立ち上げから関わり、売上を◯%上げました。前職で培った営業経験を活かし、多くのお客様に金融商品を提供したいと考えております。

貴社では家族向けだけではなく、フリーランスのような社会制度の薄い方向けに手厚い保険商品を提供していると知り、私の「誰でも手軽に医療を」という考えが実現できると思い、営業職を志望しました。

メーカーから金融業界へ転職したい明確な理由があると、採用担当者が納得のいく志望動機になります。自身の経験を深掘りして考えてみてください。

メーカーから金融業界への転職を考える人からよくある質問

メーカーから金融業界への転職を考える人からよくある質問

メーカーから金融業界への転職を考える人からよくある質問を紹介します。

記事を読み進めるなかで気になる点がある方は、ぜひ確認してみてください。

金融業界の平均年収は?

dodaの調査によると金融業界の平均年収は、454万円です。日本の平均年収は約420万円なので、高いと言えるでしょう。

金融業界以外で年収600万円を超えるには、管理職にならないと難しいです。

参考:doda平均年収ランキング

バックオフィス職の平均年収はいくら?

保険外交員の平均年収は521万円、金融事務の平均年収は363万円となります。バックオフィス系の業務は、営業と比べるとやや低いです。

ただし、一般事務の給料は335万円、営業事務が334万円なので、通常の事務職よりは年収を上げられます。

メーカーから金融業界に転職できるのは何歳まで?

完全未経験から金融業界に勤める場合は、20代後半〜30代前半までが1つの目安です。

未経験から転職する場合、若ければ若いほどポテンシャル採用されやすいからです。30歳以降は、専門性や就業経験が求められるケースが多いでしょう。

メーカーから金融業界への転職を成功させるなら転職エージェントの活用が必須

メーカーから金融業界へ転職を考えている方には、マイナビエージェントの利用がおすすめです。マイナビエージェントなら、未経験業界の転職を支援してもらえます。

通過しやすい書類選考や面接対策が受けられるので、採用確率を上げられるでしょう。

また、金融業界に特化した求人を多く取り扱っているのがマイナビエージェントの特徴です。キャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動に取り組めば、理想の企業と出会えます。

メーカーから金融業界へ転職したい方は、ぜひマイナビエージェントに無料登録してみてください。

\未経験・第二新卒に強い!/

あわせて読みたい
金融業界からメーカーへの転職を成功させる方法!中途採用市場の動向・転職先として人気の企業ランキン... 現在、製造業は人手が不足しており、技術職だけでなくデジタル化に対応できるIT人材の募集も増加しています。 ただメーカーへの転職は、業界の特徴や動向を理解し、積極...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ