MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

国家公務員から民間企業への転職を成功させる方法!おすすめの転職先候補や後悔するポイントも解説

国家公務員から民間企業への転職は、専門のスキルがないためハードルが高いと感じる人が多いかもしれません。

しかし、実際はさまざまな理由から民間企業へ転職を成功させる人も多く、十分に可能だと言えます。

本記事では、国家公務員から民間企業への転職を成功させる方法について詳しく解説するので、勤め先を変えるか検討している人は、ぜひ最後までご覧ください。

本記事でわかること
  • 国家公務員から民間企業への転職難易度や中途採用市場の動向
  • 国家公務員から民間企業への転職先でおすすめの業界・職種ランキング
  • 国家公務員から民間企業への転職を成功させる方法

国家公務員から転職するなら、業界最大級のエージェントであるマイナビエージェントを利用しましょう。未経験OKの求人も豊富に扱っているので、希望する転職がしやすいです。

\未経験・第二新卒に強い!/

>>国家公務員から転職した方のインタビューを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

国家公務員から民間企業への転職を希望する理由

国家公務員から民間企業への転職を希望する理由

ここでは、国家公務員から民間企業への転職を希望する理由について解説します。

あなたの同じ悩みが見つかるかもしれないので、ぜひチェックしてください。また転職により、どう解決するのかというメリットも紹介します。

日々の業務がきつい・面白くない

公務員は日々の業務がルーティンワークになりがちで、「仕事が面白くない」と感じる人が多いようです。また、古い制度を踏襲して新しいものを取り入れないため、面倒だと思っても慣習に従わなければなりません。

また、残業が多くてきついという声もあります。国家公務員の残業時間は年平均で213時間ですが、本府省では358時間と組織や部署によってかなり差があるようです。

ホワイト企業に転職できれば残業時間を減らせて、やりたい仕事ができる可能性が高まります。

参照元:令和3年度 年次報告書|人事院

年功序列の制度が嫌になった

公務員は厳格な年功序列があり、昇進はポストが空くまで待つ必要があります。年功序列のため仕事のできない上司や先輩も多く、そんな縦社会が嫌になった人が転職していきます。

さらに、自分がいくら頑張ってもすぐに昇給・昇進できるわけではないので、仕事量に見合った報酬がもらえないのも不満の1つです。

その点、民間企業なら成果を出すことでスピード昇進・年収アップできる可能性があります。

あわせて読みたい
仕事で評価されないから辞めたいと悩んでいる人必見!評価されない原因と対処法を紹介 仕事の評価はモチベーションにつながる要素です。仕事で評価されないことが理由で、辞めたいと考えている方もいるでしょう。 あなたが仕事を頑張っているのに評価されな...

閉鎖的な人間関係や職場環境から解放されたい

公務員は終身雇用で顔ぶれがあまり変わらず、ファミリー企業的な閉鎖感の職場もあるため、嫌気がさしてしまう人も多いです。

悪口や噂話、親子・親戚が多いなど、民間よりもドロドロしていることがあるので注意しましょう。自分の噂話がすぐに広がるのはストレスですよね。

定期的に異動があるとはいえ合わない人がいても、長い付き合いになるのは避けられません。ドロドロした人間関係が嫌な人は、風通しのよい会社やホワイトな企業に転職すれば悩みは解消されます。

転勤の頻度が多く拒否できない

転勤が多いのも国家公務員の特徴で、さらに拒否できないのは大きなデメリットです。特に国家公務員総合職は異動が1~3年に1回あり、全国に転勤する可能性があります。

総合職でなくとも転勤の頻度は多いため、家庭を持っている人は特に大変です。ずっと転勤に左右され続けるので、自分の人生設計もままなりません。

民間企業も転勤はありますが、公務員ほど多くない上に、転勤のない民間を選べば心配は不要です。

参照元:のぞいてみよう!公務の世界NAVIGATION|人事院

国家公務員から民間企業への転職難易度は高い?中途採用市場の動向

国家公務員から民間企業への転職難易度は高い?中途採用市場の動向

国家公務員から民間企業への転職は、ビジネス感覚が大きく異なるため、優秀な人でも難易度は高いです。

公務員で身につくスキルは基本的に事務系のものが多く、専門的な知識が必要な民間企業になるほど難易度は上がります。

国家公務員から転職しやすいのはポテンシャルが見込める20代の人や、マネジメント経験・論理的思考力など明確なスキルがある方です。いずれにしても、民間企業でも活躍できる人材であることをアピールすることが大切です。

自分の希望する転職を目指すなら、実務経験を積むのは難しいので、有利な資格を取得しましょう。なかでも、公務員として働いていれば、科目免除や無試験で取得できる以下のような資格もあります。

公務員が有利な資格一覧
  • 税理士
  • 司法書士
  • 弁理士
  • 行政書士

国家公務員から民間企業への転職先でおすすめの業界・職種ランキング

国家公務員から民間企業への転職先でおすすめの業界・職種ランキング

以下では、国家公務員から民間企業への転職先でおすすめの業界・職種ランキングを紹介します。

おすすめの業界・職種ランキング

転職成功の可能性が高いものを厳選したので、自分の興味がある職種がある方は、ぜひ検討してみましょう。

IT業界

IT業界は、成長中の業界に転職したい人におすすめです。現在、IT業界全体が人手不足であるため、転職できる可能性が高いのも特徴です。

スタートアップベンチャー企業では採用後に育成してくれる場合も多く、未経験でも比較的問題ありません。

未経験OKの職種では、特に「IT事務・ITサポート事務」の求人が増えています。IT知識やスキルが必要な業務もありますが、公務員で事務処理に慣れている人には向いているでしょう。

コンサル業界

コンサル業界は、課題解決にやりがいを感じる人、年齢よりも実力を評価してもらいたい方におすすめです。論理的思考力や課題解決力をアピールできれば転職の可能性がより上がります。

コンサルタントの仕事では実際に経営の経験のある人が少数なため、ポテンシャルを見込んで採用される可能性があります。

コンサルタントは激務であるとよく言われますがその分年収が高く、若くして年収1,000万円も目指せる職種です。

営業職

営業職は、提案力やコミュニケーション能力を活かしたい人におすすめの職種です。営業職はどの企業でも母数が多いので、未経験でも転職できる可能性があります。

また、大手・上場企業から中小やベンチャーまで、幅広い法人で未経験者を募集しているのも魅力です。自分の好きな業界で営業職として輝きましょう。

営業職を目指すなら、目標達成に対する意識や実績をアピールすると転職しやすいです。

経理・事務職

事務処理能力を活かしたい人は、経理・事務職などの職種がおすすめです。事務系は経験職種があまり関係なくスキル重視のため、公務員でも転職しやすいでしょう。

事務職や経理職は企業内での人数が少ないため募集が少数になりがちですが、特に経理は売り手市場なのでチャンスはあります。

国家公務員は優秀なので、正確な事務処理を期待されるでしょう。簿記資格など現場で活かせる資格があると転職しやすいので、取得しておくのがおすすめです。

国家公務員から民間企業への転職を成功させる方法

国家公務員から民間企業への転職を成功させる方法

以下では、国家公務員から民間企業への転職を成功させる方法を3つ紹介します。

すべて転職を成功させるために必要なので、しっかりチェックしておきましょう。

業界と企業を分析し志望動機をはっきり決めておく

新卒で国家公務員になった人の中には、就活を経験していない人もいるかもしれません。転職活動の基本として、業界と企業を分析し、志望動機をはっきり決めておくのは必須です。

特に国家公務員としての在職期間が短い場合、「また辞められてしまうのでは?」と思われる可能性があるので、ポジティブな志望動機を考えておきましょう。

また、「なぜ公務員から民間に?」「なぜこの業界に?」「なぜ当社に?」といった、面接で想定される質問を明確に答えられるよう準備しておくべきです。

スキルや経験を整理しどのように貢献できるかアピールする

転職活動で企業に応募するときや選考を受ける際は、どのように貢献できるかアピールする必要があります。理路整然と話せるように、自分のスキルや経験は入念に整理しておきましょう。

若いうちはポテンシャル採用が期待できますが、年齢が高くなるほど即戦力人材が求められます。

直接の業務経験がなくとも、課題解決力やコミュニケーションスキルなどこれまでの業務で培ってきた実績や経験を伝えることが大切です。

数字を用いたりストーリー形式で伝えたりすると採用担当者は想像しやすく、話に飽きることがないのでおすすめです。

希望する業界・職種に強い転職エージェントを活用する

転職活動を始める際にはエージェントの利用が必須です。自分の希望する業界・職種に特化した転職エージェントを活用して、内定への最短距離を進みましょう。

エージェントに登録すれば転職に関する相談ができたり、非公開求人を紹介してもらえたり、面接対策をしてくれたりといったメリットがあります。

たとえ意志が固まっていなくても、とりあえず興味のある業界に強いエージェントに登録すれば、転職するかどうかも含めて相談に乗ってもらえるのでおすすめです。

業界・職種に特化したエージェントであれば、独自の情報源や選考ルートを持っているので、より有利に転職できます。

国家公務員から民間企業に転職したい人に役立つ転職エージェント

以下では、国家公務員から民間企業に転職したい人に役立つエージェントを3つ紹介します。

国家公務員から民間企業に転職したい人に役立つ転職エージェント

まずは多くの求人に触れて、自分の希望する職種を探しましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 第二新卒・未経験に強い
  • マイナビグループのサービスが利用できる
  • オリコン顧客満足度NO.1

20~30代の転職なら、2023年オリコン顧客満足度で総合1位を獲得したマイナビエージェントがおすすめです。人材業界大手のマイナビグル―プのため、保有求人も幅広い業界・職種が揃っています。

また、マイナビエージェントの保有求人は第二新卒や未経験に強いものが多いので、国家公務員からの転職に向いているのも魅力です。

担当のキャリアアドバイザーは業界ごとの専任制なので、各職種の転職事情を熟知しており、多数の求人の中からあなたに合ったものを厳選して紹介してくれます。

\未経験・第二新卒に強い!/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

リクルートエージェント

名前リクルートエージェント
料金無料
求人数公開求人:362,851件
非公開求人:231,843件
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://www.r-agent.com/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 求人数No.1
  • 全職種に対応
  • 質の高いキャリアアドバイザーが在籍

リクルートエージェントは60万件以上の求人数を誇る最大級の転職エージェントなので、とにかくたくさんの求人と出会いたい人におすすめです。

転職の決意が固まっていなくても、キャリアアドバイザーが志向に基づいたキャリアプランを提示してくれます。

また、アドバイザーが応募先企業との面談調整や条件交渉まですべてをサポートしてくれるので、在職中でなかなか時間が取れない人も成功できるでしょう。

\転職支援実績No.1/

あわせて読みたい
【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由 業界最大級のエージェントだからこそ、実際どうなんだろう?と不安に思う方も多いはずです。 ただ、安心してください。リクルートエージェントに寄せられる口コミ・評判...

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ビズリーチのおすすめポイント
  • ハイクラス求人が多数
  • スカウト型の転職サービス
  • フレキシブルな働き方ができる

ビズリーチは、ハイクラス向けのスカウト型転職サイトです。マネージャーや管理職の求人が豊富なので、ハイクラス転職を目指す人はぜひ登録しておきましょう。

とはいえ、未経験から上級職への転職は難しいので、スカウトを狙うならよりプロフィールを充実させる必要があります。

年収1,000万以上の求人も多数保有しているので、ぜひ転職を成功させて年収アップを狙いましょう。

\待つだけで高年収求人が届く/

あわせて読みたい
ビズリーチは50代に評判がいい?年齢制限の実態や50代転職におすすめな理由、実際の成功例を紹介 本記事でわかること ビズリーチの50代転職における実態 50代転職者がビズリーチを利用しての成功体験談 ビズリーチが50代転職におすすめできる理由 万が一ビズリーチの...

国家公務員から民間企業に転職して後悔するポイント

国家公務員から民間企業に転職して後悔するポイント

国家公務員から民間企業に転職して後悔するポイントは、次のようなものが挙げられます。

国家公務員から民間企業に転職して後悔するポイント
  • 業績悪化によるリストラのリスクが付きまとう
  • 成果を出せず評価・待遇が下がってしまった
  • 公務員ほど手厚い福利厚生ではない
  • 民間企業の雰囲気に馴染めない

国家公務員は手厚い福利厚生があり、またリストラがないなどの安定感が魅力です。しかし、民間企業に転職するとそのメリットを手放すことになります。

また公的機関とは違い、民間は営利目的で運営されています。そのため、成果が出なければ評価や待遇も下がるのがデメリットです。

公務員以上に評価を気にして、殺伐とした民間の雰囲気に馴染めないといった可能性もあります。

国家公務員から民間企業に転職する際の注意点

国家公務員から民間企業に転職する際の注意点

以下では、国家公務員から民間企業に転職する際の注意点をまとめました。

国家公務員から民間企業に転職する際の注意点

民間同士と違って特殊な規制があるので、転職を検討している人は必ずチェックしておいてください。

再就職に関して規制を受ける

国家公務員は、再就職に関して以下のような規制を受けます。

国家公務員の再就職に関する規制
  • あっせん規制
  • 求職活動規制
  • 働きかけ規制

あっせん規制は民間企業にほかの職員や職員OBを再就職させることを目的として、情報の提供や再就職の要求・依頼を禁止しています。

求職活動規制では、在職中の職員が利害関係のある企業への求職活動を規制しています。そして、働きかけ規制で禁止しているのは、職員OBなどによる口利きです。

この規制については内閣官房内閣人事局がパンフレットとして案内しており、いわゆる「天下り」を規制しています。

違反については懲戒・過料、職務上不正な行為を伴う場合は刑罰が課されるので、十分注意しましょう。

参照元:国家公務員が知っておかなければならない「再就職に関する規制」と「再就職情報の届出制度」|内閣官房内閣人事局

再就職時に届出を行う必要がある

国家公務員から再就職する場合は、速やかに届け出をおこなう必要があります。再就職情報の届出制度は、国家公務員法に基づいて適正性及び透明性を確保することが目的です。

届出で記載すべき事項
  • 氏名
  • 生年月日
  • 官職
  • 約束前の求職開始日
  • 再就職の約束をした日
  • 約束前の求職開始日以後の職員としての在職状況及び職務内容
  • 離職予定日
  • 再就職予定日

なお、上記の内容はすべて内閣で一元管理される公表事項です。

書類提出の期限や様式は役職や再就職時期によって変わるので、事前にパンフレットを確認しましょう。

国家公務員から民間企業への転職希望者からよくある質問

国家公務員から民間企業への転職希望者からよくある質問

ここからは、国家公務員から民間企業への転職希望者からよくある質問に回答します。

転職活動を始める前に、すべての疑問を解消しておきましょう。

国家公務員から大手企業への転職は難しい?

国家公務員は民間企業のような実務経験が積めないため、選考で勝負するのが難しいです。そのため大手企業への転職難易度も高くなりがちですが、不可能ではありません。

スキルを活かせる職種や成長性が高い業界であれば、成功の可能性は高まります。難易度の高い資格を持っていれば、選考で有利になるでしょう。

国家公務員からの転職はもったいない?

国家公務員から転職するのは、待遇面の安定感や世間の評価などからもったいないと言われがちです。

しかし、周りの声よりも大事なのは自分が何を優先するかです。ほかにやりたい仕事がある、年功序列に嫌気がさしている人なら、転職しない方が後悔を感じる可能性が高いでしょう。

年齢を重ねるごとに転職はしづらくなっていくものですから、よく考えて後悔のない選択をすべきです。

あわせて読みたい
【公務員転職】安定した公務員である検察事務官をやめてフリーランスWEBライターになった方にインタビュ... 「公務員を辞めて別の仕事を検討しているが、周囲に公務員をやめた人はいないし悩んでいる」「自分が民間企業で働けるのか不安」そんな方に参考になる内容をインタビュ...

国家公務員から転職してよかったと感じることは?

国家公務員から転職してよかったと感じることは、以下のようなものがあります。

国家公務員から転職してよかったと感じること
  • 年収が上がった
  • 職場のストレスから解放された
  • リモートワークやシフト勤務など柔軟な働き方ができるようになった

公務員と違って民間企業は営利目的で経営されるので、年収が上がりやすく柔軟な働き方ができるのが特徴です。

また、公務員特有の人間関係などにストレスを感じている人は、風通しの良い民間企業で解放される可能性があります。

あわせて読みたい
【厳しい?】公務員から民間企業へ転職したら後悔する?公務員が民間企業へ転職するメリットを解説 本記事でわかること 公務員から民間企業へ転職して後悔すること・デメリット 公務員から民間企業へ転職するメリット 公務員から転職して成功する人の特徴 「公務員から...

国家公務員から転職しやすい年齢は何歳まで?

国家公務員から転職するのに年齢制限はありませんが、市場では基本的に若い方が有利です。

20代は未経験でもポテンシャル採用されることが多いですが、30代に突入すると難易度は一段階上がります。また、年齢が高いほどスキルが求められるのも、年齢に比例して難易度が上がる理由の1つです。

国家公務員から民間企業への転職を成功させるには転職エージェントが必須

国家公務員から民間企業へは未経験で転職することになる場合が多く、難易度が高めです。ただ、実際に民間企業への転職を成功させている人は多いので、やりたいことがある方や、公務員に嫌気がさした人はぜひ検討しましょう。

転職を成功させるには、大手転職エージェントであるマイナビエージェントに頼るのがおすすめです。

マイナビエージェントなら若手や未経験の転職に強いので、ぜひ登録して自分に合った求人を紹介してもらいましょう。

\未経験・第二新卒に強い!/

国家公務員から民間企業への転職を検討している人におすすめの記事

あわせて読みたい
公務員を辞めるのはもったいないって言われるけど実際どうなの?公務員を辞めるメリットとデメリットを解説 一般的に、公務員を辞めるのはもったいないと言われています。 しかし、一概にもったいないとは言えません。公務員から転職を考えているということは公務員のなにかしら...
あわせて読みたい
公務員に向いていないから辞めたいと思う人たちの考え|ストレスが耐えられないなら今すぐ辞めよう 本記事でわかること 公務員に向いていない人が早く辞めた方が良い理由 公務員の仕事が耐えられない人が今すぐ取るべき行動 公務員から他業界へ転職するときにおすすめの...
あわせて読みたい
【公務員転職】安定した公務員である検察事務官をやめてフリーランスWEBライターになった方にインタビュ... 「公務員を辞めて別の仕事を検討しているが、周囲に公務員をやめた人はいないし悩んでいる」「自分が民間企業で働けるのか不安」そんな方に参考になる内容をインタビュ...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ