MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

社会不適合者が向いてる仕事50選を紹介!仕事が続かないあなたにも適職は必ず見つかる!

本記事でわかること
  • 社会不適合者に向いている仕事
  • 社会不適合者で生きづらさを感じているときにできる対策
  • 社会不適合者の仕事選びのポイント

本記事では、社会不適合者と悩む人向けに向いている仕事・バイトをまとめました。

ちなみに、社会不適合者だからといって、「バイトしか無理」「正社員なんて無理」なんて思う必要はありません。世の中には、膨大な数の仕事や職種があります。フレックスといった働き方もできる会社も増えています。

「自分には無理だ」となる前に、まずは転職エージェントに相談して、本当に自分に向いている仕事がないか確認することをおすすめします。

自分が社会不適合者だと感じる人のなかで正社員として働きたい方は転職エージェントのハタラクティブがおすすめです。フリーターやニートでも正社員として就職できる求人が豊富に揃っており、正社員経験がほとんどない方でも自分にピッタリの仕事を見つけることができます。

\正社員転職を目指すなら/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

社会不適合者が向いてる仕事50選

社会不適合者が向いている仕事50選

社会不適合者に向いている仕事をみていきましょう。

自分に向いている仕事があるか、考えてみてください。

長距離ドライバー

長距離ドライバーは一人での運転がメインで人と接するのも少なく、接するのは荷物の受け渡しのときだけですので、人と話すのが苦手の方でも比較的継続しやすいと思います。

運転の時は好きな音楽やラジオも聞けます。

時間調整さえできれば自身のペースで仕事ができ、給料も高い方です。

いろいろな場所に行けてその土地でしか食べられない名物も食べれますし、新しい土地に行けば気分転換にもなります。

あわせて読みたい
ドライバー・運転手におすすめの転職エージェント・サイト10選|評判や特徴について詳しく解説 現在、運送業界では人手が不足しており、求人も増加傾向にあります。 エージェントの数も増え、各社さまざまな転職支援を展開していますが、自分に合ったサービスをピン...

配送業

運転免許があれば、配送業も向いているでしょう。

生きている限り、誰にも会わないわけにはいきませんが、配送業ならば比較的自分のペースでできます。

ただし、宅配便などではなく、決まったものを決まったところに運ぶ、といった業種が安全でしょう。

例えば、契約している家に食材を配達する仕事は、留守なら家の前に置いておくこともできるシステムになっており、対人も最小限で済むはずです。

Uber Eatsの宅配

社会不適合者は、仕事ができるときとできないときの両極端だと思います。

そのため、毎日の勤務が辛くなってしまう方に、Uber Eatsの宅配が向いているのです。

仕事内容は、デリバリーの配達で、要するに出前みたいなものです。

登録制で好きな日、好きなシフトで入ることができ、予定は自分次第で変えられます。

歩合制なのでがんばった分だけお給料がもらえるため、もしお金が足りないと思ったら集中的に毎日シフトに入って仕事をすることもできますね。

宅配業者

私が考える社会不適合者とは、「自ら考えることが困難である方」を指します。

何事に対しても面倒だと思ったり、自ら計画的に進めることが著しくできない方です。

宅配業者は、言われた指示書に従い、担当地区に集配所から荷物を配るだけです。

お客様への配慮も不要で、言われた通りに仕事をこなすだけです。

これならば、自ら考えずに指示通りに担当地区へ荷物を配るだけで仕事は完遂できます。

また、物覚えが悪い方であっても簡単にできます。

トラック運転手

トラック運転手は、荷物をおろしたりするとき以外、ほぼ一人でいる時間が多い仕事なので向いていると思います。

長距離は給料も多いですし、貯金も早くできるので特におすすめの仕事です。体を壊す前に貯金をして早い段階でリタイヤも夢ではないかと思います。

トラック運転手には色んな職種があります。社会不適合者は人との触れ合いが苦手ですから、ひたすら一人で運転するほうが向いてます。

近距離の運転手はお店や荷主との交渉があります。宅配などもお客さんとの触れ合いがあります。トラックステーションから荷積みして長時間運転することで、人との付き合いがないので気楽に仕事が出来ます。

新聞の配達員

新聞配達は誰とも顔を合わせることがなく仕事を終えることができます。顔を合わせるとしても、基本的には新聞を取りに行くときだけです。

社会不適合者のほとんどがコミュニケーション能力に問題がある場合が多く、しなければならないことはある程度できる人がほとんどでしょう。そのため社会不適合者にとっても、毎朝決まった時間に早起きして新聞配達をすると健康にも良いです。

また、規律正しい生活を確保し続けることができるのに、社会に貢献して給料も入るという素晴らしい仕事だと思います。こういったコミュニケーションをとる必要がない仕事が一番向いていると思いますね。

新聞の配達自体は基本個人作業なので、最小限に他人との無駄な接触が避けられるというところです。

配達前に販売店に行って、チラシの挟み込みなどの準備もあるので、そこで他人と接触する可能性はあります。しかし、せいぜい滞在時間は10分程度なので気になるレベルではないでしょう。

次に配達員は、ある程度決められた時間までには配達しなければなりませんが、スタートする時間は自分で決められます。つまり、自分のペースで出来るということです。

件数も交渉次第で増減できるので、自分ができる量を徐々に増やしていくなど工夫も出来ます。件数は給料の金額に比例するため、少しでも稼ぎたい人は多く配れば良いでしょう。

この仕事は自分で采配できるので、そういう人に向いていると思います。

社会不適合者の人はチームプレーが苦手だな人が多いです。誰かと一緒に働く事務仕事や接客など、人と長い時間接する仕事は難しいと思います。

その点、新聞配達は外回りをしている間は一人の仕事です。とくに朝刊は朝が早いので、人に会うことはまずないです。

夕刊は、例えば誰かに遭ったとしても挨拶程度の会話です。たまに「ご苦労さま」「ありがとう」と言ってくれる人に出会うときもあります。感謝されると人は嬉しくなるものです。それで社会不適合も少しずつ改善されるのではと思います。

配達に慣れてくれば、短い時間でもたくさん配れるようになり給料も増えるでしょう。朝2時20分くらいに起きて決まり事さえ守って働きさえすれば、それ以後はチラシの折り込み作業をある程度することで寝れますし、一日のんびりできる日もあります。

決められたことを守ってしてさえいれば、比較的誰でも生活することができるので、社会に合わない人でも向いているように思います。

ゴミ収集

社会不適合者は人と接する事が苦手な人が多く、コミュニケーション能力が欠けていると感じる人が多いです。そのため、あまり皆がやりたがらないゴミ収集が向いていると思います。

臭いや汚れなどがあり大変な仕事ですが、みんなの前でプレゼンすることもないですし、人と接する事も少ないのでこの仕事は向いているでしょう。

みんなが嫌がる仕事ではありますが、社会には欠かせない仕事です。

清掃業

社会不適合者といわれるタイプの人はコミュニケーション能力が低い人が多いので、コミュニケーションをあまりとらなくて済むチームプレーのない仕事が向いているといえます。

清掃業なら、1人で現場に向かえる直行直帰の仕事が多いです。そのため、対人関係のストレスからは解放されやすいと思います。

また、掃除はキレイにすればするほど、ハマればやりがいがある仕事だと思います。やり方次第ではとてもやりがいを感じられる仕事でしょう。

清掃業もさまざまな現場がありますが、小規模な現場で1人で行う現場もあるでしょう。直行直帰で、会社へ出社の必要のない場合もあります。

会社の社員とも最低限のやりとりで済むし、アパートやマンションなら住民の方に会ったら挨拶ができればよいくらいです。仕事の内容も、毎回決まったルーティン作業が多く、新たに覚えることはなく、社会不適合者でも難しい内容はありません。

ホテルの清掃業

自分も引きこもり気質でコミュ障ですが、ホテルの清掃の仕事は続けられました。作業開始から終了まで人と会わずに一人でモクモクとできる仕事なので人間関係が煩わしくないし、特別なスキルも必要ありません。

慣れれば比較的短時間で終わらせることもできます。長時間働きたくないので、拘束時間が短いのは魅力的です。

自分の部屋の掃除はできないが、ホテルの部屋だとマニュアルどおりに綺麗にするだけなので苦にならないし、綺麗になった部屋を見るのは気分が良いものですね。

ガソリンスタンドの監視業務

基本的なお仕事はセルフのガソリンスタンドでモニターで監視して、給油許可のボタンを押すだけの仕事です。

場所にもよりますが、監視ルームという場所があり、モニター越しでの監視ですので完全に一人の空間ですね。

そのため、他の人に気兼ねなく仕事ができます。

昼間の場合は、お客様も多いので接客のある仕事もあると思いますが、夜間の場合はほとんどお客さんが来ないのでおすすめです。

物流倉庫での商品の仕分け

物としか関わらないので、気分的にも気を使わないので楽です。人とのコミュニケーションも必要ないですし、人の目を気にする事も無く仕事をする事ができます。

社会不適合者といわれる人は人とのコミュニケーション不足が多いので、このような倉庫作業は最適な仕事といえます。

作業自体は自分のやる気次第ですので、いくら時給が少なくても、社会不適合者に向いてる仕事と考えれば、それを踏まえても適している仕事だと言えます。

業務の一連の流れさえ覚えてしまえば、後は毎日同じ作業の繰り返しで黙々とやれるので、仕事自体がさほど難しくないのが理由の一つです。

他の理由としては、お喋り好きな人が少ないという点です。同じ作業の繰り返しだからこそ、油断して喋りながら業務をしてしまうとミスにつながります。

あわせて読みたい
物流・倉庫業界への転職におすすめのエージェント・サイト5選!リアルな転職事情や成功させるポイントを... 物流・倉庫業界は物資の管理・配送をしており、インターネットショッピングが発達した昨今では欠かせない仕事を担っています。 未経験者から経験者まで幅広く活躍できる...

飲食店の厨房内での仕事

私は以前飲食店で働いていました。ホールのお仕事はお客様と接する仕事なのでコミュ障の人には難しい仕事ですが、厨房での仕事はそういった人でも可能です。

実際、コミュ障の人、ちょっと変わった人、日本語が話せない人(留学生など)が厨房内で多く働いていました。

洗い場や仕込みなど、ひとりで黙々とこなすような作業も多いので、人と関わるのが苦手な人でもやっていけます。

店舗にもよりますが、人件費削減のため、お客さんの少ない時間帯は厨房内で作業するのが自分ひとりだけ、という状況になるので、コミュ障の人にはうってつけの仕事です。

旋盤工

会社の規模関係なく、旋盤工はおすすめです。自分の仕事に集中してできるところがいいですね。

旋盤は最近は全自動で出来るところが多いですが、専門的なことになるとやはり人が作らないといけません。技術的に自分を向上させて会社に必要な人になれば、別に周りに気を使う必要がなくなります。

毎日会社からのノルマを果たせばいいのですから、付き合いとか気を使うことはありません。昔の人の中には職人がいました。技術は高いのですが人付き合いが苦手な人もいます。しかし、その人がいないと会社は困るので、何も言いませんでした。

ニッチな技術職

社会不適合者を「他人と接する機会が苦手な人、他人と協調することに困難を感じている人」と定義すると、そのような他人と接する機会が少ない職業が向いていると考えられます。

私が考える「ニッチな技術職」の一例には、ピッキングがあります。特に「鍵を無くした金庫を空ける依頼を受けて開ける」という困難な仕事に対応できる技術があれば、社会適合度合いに関係無く、仕事ができると考えます。

さらに、このようなニッチな技術で仕事ができれば、周囲の他人は「コミュニケーションには難があるが、難しい仕事ができるので、一緒に仕事をしよう」と考えてくれますので、不適合であることをカバーしてもらいやすい状況を作れます。

イベントスタッフの案内役(主に看板持ち)

看板もちの仕事は、社会不適合者に向いた仕事でしょう。イベントにもよりますが基本的に看板を持ったまま立っていればいいので、時間の経過が長く感じることが苦でなければ向いていると思います。

会場に向かうお客さんに対して「~のイベントはこちらになります」や「走らずにご通行をお願いします」とアナウンスすれば大丈夫です。基本的に同じ言葉を繰り返していれば良いので楽ですよ。

私も合間には看板持ちをしますが、まれに最寄り駅や近くの施設について尋ねられる程度なので楽に仕事しています。分からない質問であれば「総合案内所があるのでそこへお願いします」と丸投げしています。

交通誘導の警備員

早朝又は夜間など人の行動しない時間帯が多い仕事ですので、社会不適合者の方には向いていると思います。責任の有る仕事ですし、社会の役に立つ立派な仕事です。

資格も有り、頑張ればキャリアアップも目指せるやりがいのある仕事ではないでしょうか。夜間など手当が出る会社も有るので探してみたらいいと思います。

だいたいの警備員が施設警備か交通警備がほとんどだと思いますが、施設警備は社会不適合者では会話などもしなければならないでしょうから難しいです。

でも交通警備なら何とかなると思います。交通警備でも楽なポイントの仕事があり、特に楽そうだなと思うのが高速道路上での交通警備です。

工場勤務

工場での作業なら、周りの人としゃべらずに済みます。流れ作業でもくもくと仕事をしていくスタイルがほとんどなので、基本的には他の従業員と話したりする必要がありません。

コミュニケーションをとらなくても円滑に仕事ができます。対人関係によるストレスを感じることが少ないので、それによる退職を考える可能性も少ないです。

また、フリーランスや在宅でのライターなどでは、自分で時間のコントロールをする必要がありますが、工場勤務だと時間が決められています。社会不適合者はストレスに弱い傾向がありますが、時間のコントロールは意外とストレスがかかるものです。工場勤務はその心配なく楽に続けられます。

コミュニケーション能力に欠ける社会不適合者がそれなりに日本社会の恩恵を受けながら働くには、工場勤務で機械オペレーターなどの仕事が向いています。自分が担当する機械を任せてもらえる場所なら尚良しです。

チラシ配り(ポスティング)

社会不適合者だけでなく団体行動が苦手な人は、指定のチラシをポストに入れる作業はどうでしょう。チラシをポストに入れる作業は、よく主婦や定年退職をされた方々がされています。

時間も午前や午後の自分の時間を見てできる作業です。社会不適合者と言われている方々がよく言われる、人付き合いはあまりありません。

毎日ある訳でなく業者から日付指定でやる仕事ですが、給料もちゃんと出ます。仕事当初は配達場所を覚えなければいけないので、通常は自分の住んでいる近隣の配達地域を行う人が多いです。

まるで新聞配達みたいですが、チラシ入れは早朝に行う必要はほとんどありません。規定の住所に規定日付までにチラシを配るという作業です。

社会不適合の方は、コミュニケーションが苦手な方が多いと思います。ポストにチラシを入れていくだけなら、誰とも接する必要がありません。

ネットカフェの店員

ネットカフェの店員が向いていると考える理由は、仕事が楽だからです。

社会不適合者の方は、お客に対する接客や同僚とのコミュニケーションを苦手としている人が多いでしょう。ネットカフェは社会と少しかけ離れた隔離された空間であり、最低限のコミュニケーションで仕事を行うことができます。

また、比較的待ち時間が多く空いている時間が多いので、あくせく働く必要がありません。

治験のアルバイト

治験のアルバイトは、社会不適合者にうってつけだと思います。私も一度経験したのですが、通院を除けば病院の室内で投薬時以外は読書しても、ずっと寝ていても何も言われないからです。

ほとんどが個室なので、自分だけの時間が取れて自由な時間を過ごせます。日焼けしたらダメとかの制限はありますが、一度で多くて20万くらい稼げます。全く人と関わらない仕事なので、人見知りの方にはおすすめします。

デメリットは一度経験したら、また、続けて業務をやることができない、新薬なので、自分の体調に何か影響してしまうことがあることです。

介護職

介護職は、資格がなくても面接で落とされることが少ない職業で、今超高齢社会の世の中で人材の確保が厳しくなっている現状が介護の業界ではあります。

外国人の人材が昨今では多くなっていますが、それでも多くの高齢者が団塊世代の波と共にすぐそこまで迫ってきているのが現実です。

そのため、社会不適合者に対しても一定のやる気があれば、落とされることは少ないと思い向いている職業の一つに挙げさせてもらいました。

仕事自体は最初は肉体労働も多いのできついこともあると思いますが、慣れてくるとそのうちやりがいのある職業なので充実した日々を送ることができるのではないでしょうか。

FXトレーダー、株トレーダー

あくまで主観ではありますが、社会不適合者は人と接することを苦手としている方が多くいる傾向があると感じるため、人との接触が極端に少ないトレーダー業務は向いていると思います。

トレーダーはお金を稼げるようになればもちろんですが、お金を稼ぐことがなかなか出来ない初心者の時も、勝つこと、つまりお金を増やすことを研究する為、勝っている人の書籍や動画などで勉強をします。

そこから、人付き合いに発展する可能性もあり、また、社会へ適合するための一歩にもなるため、いい薬になると考えます。さらに、お金が無くなれば、働かざるを得ない為、社会へ出ることを余儀なくされます。

このことは、最終目的がトレーダーとしての成功だとしても、そしてそれが実現したときに役に立つことは間違いありません。

投資家

社会不適合者の方はコミュニケーションが苦手という方がほとんどです、他人とは出来るだけ接しない仕事ということから、パソコンに向かって作業する仕事が向いています。

とはいえ、クラウドワーカーや、サイト制作者、プログラマーなどはオンライン上とはいえコミュニケーションが必要です。他人にサービスを販売する以上、営業が必要になるでしょう。

反面、投資家は原則他人とコミュニケーションする必要が全くありません。すべてパソコンまたはスマホだけで情報収集から投資作業までを完結することができます。芸術家

絵画、彫刻、陶芸、小説など社会的に芸術性が高い物を作る人がいます。それらの人は、個性が強い人が多いです。人付き合いが上手い人とばかりとは言えません。

自分の職場で黙々とひたすら物を作るために作業をしてる姿は、かっこいいです。「芸術家」は、社会不適合者が活躍できる仕事のひとつでしょう。

名前が知れた人ほど個性的な生き方をする人が多いですね。芸術家にとって、社会に対する不平不満や怒りは彼らが表現するもの、表現したいもののアイディアになります。

社会不適合者には、普通の人とは違った独特の切り口でその社会の問題や生きづらさを表現できる素質もあるのです。その上、社会に生きづらさを感じる人が創作した芸術作品は、文化的にも芸術的にも価値のあるものになりやすい。

芸術家は、生きていくための仕事にするには少々ハードルが高いかもしれません。それでも、人気になれば高収入が得られる可能性もある職業です。

イラストレーターやロゴマーク作成

人との付き合いが苦手な人達は近頃多くなっていると思います。そしてうつ病になる人が多いので、重症になる前に引きこもりになってしまいます。

そういう人たちは発想が豊かなので、イラストレーターやロゴマークの作成に向いていると思います。ヒントやそのきっかけは、ネットなどでゆっくりと自分のペースで調べれば着想を得ることができるでしょう。

コンテストなどがたくさんあり、もし当たれば手に入る単価も大きいのでやりがいを感じるはずです。ロゴマークの作成はセンスがかなり重要視されるので、向いている人は多いかもしれません。

YouTuber(ユーチューバー)

YouTuberになれば、自分の好きな時間に仕事ができます。毎日の通勤もありません。朝早く起きなくても大丈夫です。自分でスケジュールを決めることができるので、自由度が高いと思います。

社会の一員として生きていくことが困難な方でもできる仕事です。また、自分の得意な事を動画にすれば、長続きするかもしれません。

一人で撮影から編集まで行えば、人と接することも少なくてすみますので、コミュ障の方でも安心です。上司や先輩との関わりもないので、パワハラなどとは無縁です。仕事が成功すれば、高給を得ることも可能です。

YouTuberと考える理由は、好きなことを仕事にできるという部分にあります。仕事と考えるとなかなか続かなかったり、接客などの人と接する仕事はコミュニケーション能力が欠如していると続けていくことは困難でしょう。

しかし、YouTuberなら内容も社会不適合者の方の趣味の(ゲームやアニメなど)の解説や実況などでYouTuberを続けていくことにより、引きこもりという部分も解消せずに続けていけるでしょう。

YouTuberとして稼いでいくのにはかなりの時間を要してしまうの思いますが、ただただ引きこもっているよりはその時間も有効に活用できる可能性のあるYouTuberが良いと考えます。

Webライター

Webライターなら家から出なくてよかったり、場所はどこでも出来るので自分の好きな空間で仕事をする事ができます。人と顔を見て話したり、コミュニケーションを基本的に取らなくて良く、必要最小限のメールなどで終わらせる事ができるでしょう。

好きな時に自分のやりたい仕事の内容を選ぶ事が出来たり、発信する事が出来るので時間に縛られない生活と隙間時間が自由な為、拘束感がありません。

人と働くとストレスが溜まる事を不満と思うことが多いですが、ネットでの仕事なら直接人を介する事が基本的にない為、自分のペースを崩さず出来る為、程よく仕事は集中する事が出来ます。

人と実際会って話す事もないし、電車に乗って通勤するわずらわしさもないし、好きな時間に出来るという事が大きなメリットでしょう。

ライターなら日本語の読み書きが出来れば可能です。社会不適合な人は普通のサラリーマンのように、朝9時に出社して夜帰宅するという事自体があっていない事が多いと思います。

プログラマー

プログラマーは社会不適合者に向いています。会社と言う枠に捉われることなく、フリーランスでも活躍することが出来るので、あまり社交的でなかったりコミュニケーション能力が高くなくても、仕事をすることが進められるからです。

他者と直に会ってのコミュニケーションが必要不可欠と言う訳ではなく、電話・メール・チャットなどで仕事を進めることが出来るので、多少、自分本位であったとしても、仕事の進行に影響が出ません。

社会不適合者の中には、驚異的ともいえる能力を持っている方がおられます。勿体ないことに、力を発揮する場所が無いのが現実です。プログラマーの仕事ですと、スキルがあれば家で出来る可能性もありますし、集中力、分析力を活かせるのでしょう。

特に、フリーランスプログラマーがおすすめです。会社員所属の場合、コミュニケーションが必須になります。もちろん、人間関係も必要です。フリーランスプログラマーでは、仕事に関する仕様把握や進捗報告さえできれば、技術力が仕事の品質になります。

プログラマーやエンジニアは需要がかなりある業界です。そのため、未経験でも育成してくれるという企業は多くあります。

もし、未経験からプログラマーやエンジニアを目指すなら、エンジニアなどの未経験求人を豊富に扱うマイナビジョブ20’sへの登録がおすすめです。

あわせて読みたい
プログラマーになるのに資格はいらない?未経験でIT企業へ転職する方法を紹介 プログラマーは日々進化し続けており、魅力的なため志望者も年々増える人気の職種です。 比較的新しい職種のため必要資格もあいまいで、「プログラマーになるのに資格は...

SE

SEは、近年のテレワークの動きから見て、近い将来家で仕事ができるようになる職種の一つだと思います。特に、システムの導入やアップデートなどは、皆が働き終わってから深夜に活動することも多いので、通勤時間を削減して働ければその方が効率がいいです。

上司や同僚などとの接触が0というわけにはいかないと思いますが、すでにテレビ電話会議などが一般的に行われていますので、少なくとも面と向かって同じ空間にいて会話をしなくてはならない状況はかなり少なくて済むと思います。

性格上コミュニケーションが苦手な人ということを理解した上での採用ならば、近い将来アバターでのコミュニケーションも可能にあるかもしれません。

アフィリエイター

アフィリエイターはブログやサイトを運営し、そこに掲載した広告のクリック・購入によって報酬を得ます。この職業は一切自宅から出なくても運営が可能です。

ライティングやサイト作成に必要な知識や技術を獲得する時、学校に通う必要もありません。書籍やネット上の学習サービスを利用可能です。

実際に運営を開始してからも、誰かとコミュニケーションを取る必要は一切ありません。顧客は広告主とブログ・サイト訪問者で、ビジネスとしての働きかけは一方通行です。

人間関係だけでなく、労働時間にも縛られることはありません。極度の夜型人間や、定時に縛られることがどうしても耐えられない社会不適合者には、最適な仕事です。

ネットショップ

ネットショップはおすすめです。社会不適合者の方は、人と直接かかわることを苦手としており、会社や作業所など出向いていくこと自体困難だと思います。

そのため、自分の好きな時間に好きなモチベーションで作業できるようなものが良いでしょう。実際はネットショップも人間関係が大事になるかもしれませんが、一般のショップに比べると対面ではないため楽だと考えられます。

大学講師

大学の研究室を持たない外部講師としてのみ働く知人の談ですが、ほとんど人と会話せずに講義だけしていれば良いためコミュ障に向いているそうです。まず第一に他の教授・講師や職員とほとんど話さなくて済みます。

また大学教授と違い、研究室所属の学生を指導したり相談に乗ったりすることも一切ないため、気が楽だということです。以前民間の企業で働いていた時は、「コミュニケーション能力に欠ける」と難有りの評価をされて自信を無くしていましたが、大学講師になってからの評価は良いようです。

大学教授

意外かも知れませんが、大学教授は社会不適合者に向いています。

大学教授は基本的に個人で研究に没頭することができ、また、自分で自分の時間をマネジメントすることができます。

個人で研究に没頭するため、社会不適合者でも周りの人間関係に悩まされることなく、自分の研究に集中することができます。他の人と関わる機会は、学会や授業など、かなり限られた範囲でしょう。

研究者

社会不適合者をどのように定義するかによって異なりますが、ここでは抽象的に他者からの要求に応える努力ができない者と定義します。

その上で向いていると考える仕事は、研究者です。研究者に要求される事項は真の探求、つまり正しいものは何かを見出すことです。

この時、他者からの要求に従う必要はなく、自らが正しいと考えたことを、只々研究していくことが仕事となります。また、自分以外の他者は全て間違っていて、自分こそが正しいという視点は研究分野においては優れているとみなされることも多々あります。

「自分こそが」という視点は研究者にとって必須なオリジナリティの素でもあり、後は構築した理論を壊されないよう、理論武装をしていけば良いだけです。

在宅ワーク

どこまでが社会不適合者というのかわかりませんが、病気や人間関係が原因で集団の中で働けない人は在宅ワークが自分のペースで働けるのでいいと思います。

在宅ワークなら時間配分も自分で決めることができるし、体調が悪くなって会社を休む心配もなく、人間関係で悩む必要もありません。そういったストレスがないだけで、かなり気持ち的には楽だと思います。在宅ワークでも、いろんな内容があるでしょう。

パソコンや内職のような単純作業まで探せばたくさんあります。自分のスキルや合う合わないもあると思います。

>>在宅ワークのスキルを身につけたいなら

データ入力

コミュニケーションスキルが最小限でできる仕事がデータ入力です。とにかく1人での作業時間が多く、最初から最後まで1人で完結させる仕事になります。

データ入力でも、とにかく「データ入力専門の仕事」を選択しましょう。他の作業は一切ないものです。

最初は会社に属する必要があったとしても、ある程度のレベルになれれば、自宅でも作業が可能になります。とにかく、パソコンの前で黙々と何時間もデータを正確に早く入力さえできれば、評価される仕事といえるでしょう。

コミュニケーションに課題がある人には一番おすすめの仕事になります。人間性の良し悪しが問われないところが一番良いところです。

翻訳家

社会不適合者は、大勢の人がいる場で競争させられるように仕事をするのが苦手、人に気を遣いすぎて非常に疲れてしまう、というような人だと思います。

そのような人は、やはり一人でコツコツと作業をする仕事が向いているでしょう。

フリーランスですと自分から人間関係を広げて仕事をとりにいかなければならず、それを苦手とするならば、語学と専門知識を身につけて派遣会社に登録し、期日までに単独で作業をするのがよいと思います。

翻訳はひとりでの作業で、より質の高い仕事をしようと思えば専門分野について調べたり雑用も多く、責任感をもって丁寧に作業ができる人にとても向いています。

あわせて読みたい
翻訳に強い転職エージェント・サイト9選 | キャリアアドバイザーに相談して英語力を活かせる仕事に就こう 翻訳はグローバル化する現代で需要が高まっています。 ただ、翻訳の働き方は一般企業で勤務する人からフリーランスとして活動する人までさまざまです。そのため、転職に...

通信講座の添削(赤ペン先生など)

添削の仕事は自宅でひとりでできますし、納品先とのやりとりもメールなので、人間関係が最小限、ほぼゼロで済みます。

社会性には自信がないが勉強はできる、という人に向いています。また、講座の内容や対象年齢にもよりますが、添削者から受講生あてのコメントを書く欄があるのが普通です。

受講生から添削者あてのコメント欄もあるかもしれません。その場合はコメントに対するレスポンスが必要になります。

フリーランスの写真家

人とのコミュニケーションを取るのが苦手だったり、協調性がないのであれば、自由に旅が出来て人との関わりが少ない写真家が向いていると思います。

写真家と言っても人と関わる分野もあるので、コミュニケーションが苦手なのであれば、人を被写体にするのではなく、景色や旅の先々の物を被写体にすれば人との関わりはほぼありません。

協調性に欠けてる人も向いている仕事だと思います。1人でできるので自由気ままに予定を立て行動でき、誰かに合わせるということがないので、お互いストレスフリーになれるでしょう。

フリーランスの写真家ならば、あまり人と接することもなく風景や動物写真を撮っていれば良いし、全行程を一人でできると思うので向いてると思います。

写真を発表して賞金をもらうにも人と接しなくて大丈夫です。画像処理も色んな手続きも何でもインターネットでできます。

人と関わりを持ちたくない人には、とても向いていると思います。

小説家・漫画家

社会不適合者は外の世界への不安があることから、あまり外に出たがらない傾向があると思うので、自宅に居ながら仕事ができる小説家、漫画家は向いていると思います。

自身の今の状況を題材にした作品を作ることで、よりリアルで現実的な内容になるでしょう。また、自分に向き合うことによって、症状の緩和がみられるケースがあると思うからです。

今の時代、個性がフォーカスされることが多く、社会不適合者も素敵な個性の1つだと思うので、他の人には経験のできない苦悩や痛みを書籍にしたら面白いと思います。

ハンドメイド作家

ハンドメイド作家なら、ある程度のスキルとセンスがあれば、一人で自宅でもくもくと作業をし商品を作り売ることができます。

実店舗やイベント等で出品しなくても、インターネットでメルカリやミンネ等に出品し、直接人と会ってやり取りすることはせずにある程度の収入を得ることができるでしょう。

商品取引連絡もあらかじめ用意されたテンプレートを使用し行えば、人と関わることに対して苦手意識を覚える社会不適合者にとってある程度気持ちとしては楽になると考えます。

他人と関わることに何かかしらの抵抗を覚える社会不適合者の方にとっては格好の仕事でしょう。

動物に関わる仕事

社会不適合者は大抵、人との関わり合いが出来なくなってしまう人たちだと推察します。そのような人たちにお勧めなのが動物とのふれあいです。

畜産業や馬に携わる仕事、動物園や水族館に関わる仕事を1週間でも体験して、少しでも続けられそうならば続けていくといったスタイルでの就業が望ましいです。

動物は意地が悪いなどがなく純粋です。牛や馬は人間に従順な部分があるので、心が病んでしまっている人には特におすすめですね。

ひよこ鑑定士

年齢制限や視力が1.0以上ないといけないなど、取得するのに様々な制約はありますが、ヨーロッパ等海外で需要の高い職業で、フリーランスでも就労ビザが取れるそうです。

日本が嫌になったら、ひよこ鑑定士の資格を利用して海外で生きていくことができます。

さらに人とコミュニケーションを取ることなく勤務でき、基本的にチーム作業でもないので、人間関係に振り回されたくない社会不適合者にあっている仕事だと思います。

単調な作業が好きな方など、30代で800万ほどの年収が平均のようです。

地方公務員

地方公務員の採用はペーパーテストの点数重視です。合格点を取ると面接がありますが、面接で落とされることはあまりありません。

私はコミュニケーション障害で就活がつらく、地方公務員の試験を2か所受けて両方合格しました。民間企業は一切受けませんでした。入庁してみると優秀な人もいますが、社会不適合者もけっこういます。

それでも犯罪でも犯さなければ、クビになることはありません。

過疎地域への移住

過疎地域が地方自治体と連携して行っている「移住事業への参加」がおすすめです。

過疎地域であれば人口密度が低いため、人と接触することによるストレスも少なります。不特定多数の人ではなく、極限られた人達との関わり合いの中で暮らしていけるので、社会不適合者には向いているのではないかと考えます。

例えば、地方自治体が地域の住民と図って、家と土地(田畑)を用意し、そこで、半自給自足的な生活が成り立てられれば、そうした穏やかな生活の中から、少しずつ人との関わり合いに自信が持てるようになるかもしれません。

農業

一人でコツコツやるタイプの農業だと、一日中誰とも話さずに仕事をこなすことができますよ。朝、収穫して例えば地元の産直市と契約を結び、出荷すると自動的に売上金が振り込まれます。

出荷時に他の農家さんと顔を合わせることがあるかも知れませんが、あいさつを交わす必要もなくコミュ障でも全く問題ありません。

出荷するのも嫌だったら近所の道端などに小さな野菜売り場コーナーを作って野菜の100均をやっても良いかも知れませんね。田舎だったら通りすがりのドライバーが野菜を買ってくれます。田舎なら若い人も少ないし、気兼ねなく過ごせるでしょう。

野菜ばかりでなく、果樹や植物など土を使って作る物は心にも良いし、身体にも良いはずです。不思議と土をいじっていると心が落ち着きイライラも解消されます。

社会不適合者の方は、コミュニケーションが下手だったり社会と上手く溶け込めないのだと思います。収穫したものを流通させるのは他の人に任せて、土と作物に向かい合っているのは職人的でカッコいいでしょう。

プロゲーマー

プロゲーマーなら社会不適合者にもぴったりの仕事です。

まずゲームをするのに言葉は必要ないので、コミュニケーション能力がなくても構わないのがおすすめポイントです。自分1人の世界に入ってしまっても大丈夫だと思います。

ゲームは外に出る必要がなく自宅で出来るので、引きこもりの方でも続けられるでしょう。もし、ゲームが嫌になってしまっても、誰にも迷惑はかかりません。

芸能人

一般社会では非常識とされる行動や言動をとったり、非常識とされる考え方や思想を持っていたとしても、芸能人となれば、時にそれが個性・才能として認められます。

社会不適合者と評価されてしまうのは、あくまでも一般的な働き方にその人が適合しないからという理由です。

本来社会不適合者の人も、分野によって十分適合する能力、場合によっては適合どころかはるかに優れた能力を持っているはずでしょう。そうした能力を最大限に生かすためにも、芸能人という仕事は社会不適合者に向いていると考えられます。

自営業

社会不適合者には、自営業が向いていると思います。

社会不適合者とは、とても純粋で真面目な人のことであり、頭がいい人が多いです。病気でもなんでもありません。こういった人たちが活躍する場となるのは、自営業です。

医者や弁護士など職人一徹が一番合っています。ただ、経済的には苦しいかもしれません。ですが、自分の自由が聞きますし、1発当たれば、大儲けも夢ではありません。

会社で仕事をするといったことがだんだん少なくなってくるはずですので、これからたくさん活躍の場が広がるかと思います。自営業であれば働き方もその裁量も全て自身で決めることができますね。

人との関わりに困難を感じるのであれば、自身でその関わりを可能な限り回避できる商売を行うことが一番苦痛を感じないでしょう。

起業家

社会不適合者こそ、起業家が向いていると思います。まず、社会不適合者の特徴は、対人関係がうまくいかないという事が大きいでしょう。

協調性がない、人とうまく接することができないといった場合、まず他人と接する機会をできるだけ少なくした方が良いと思います。

また社会不適合者の特徴として、他人を信用できないことが多いと思われますが、この点からも自分だけの信念をとことん信じ、貫ける傾向にあるのです。

社会のルールに従うことが苦手であれば、自分だけのルールに従って行動すれば、大きなチャンスがあるのではないでしょうか?

>>縛られない生活をしたい人におすすめのサービス

社会不適合者が向いてる仕事を見つけるためにやるべきこと

社会不適合者が向いてる仕事を見つけるためにやるべきことを紹介します。

それぞれのやるべきことについて解説します。

「自分には無理だ」という先入観を捨てる

社会不適合者と悩む方は、「自分には無理だ」という先入観を捨ててから、仕事を探し始めましょう。ネガティブな先入観を持っていると、自分にはどの仕事もできないと思ってしまい、正社員に向けた転職活動ができません。

求人を見ていても「自分の経歴ではどうせ受からない」「スキルがないから入社できても戦力にならない」と考えてしまいます。

ネガティブな考えになり行動できなくならないためにも、先入観を捨て「なんとかなる」とポジティブな思考で転職活動を始めましょう。

客観的な意見をもらいながら自分に合う仕事を見つける

客観的な意見をもらいながら仕事を探すと、自分に合う仕事が見つかりやすくなります。他者から客観的な意見をもらうと、自分では気づかなかった特性を知れます。

客観的な意見をもらうためには、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントは転職全般のサポートをしてくれるサービスです。

面談を通して経歴やスキルを把握し、あなたに合う求人を紹介してくれます。転職のプロによる客観的な意見を取り入れることで、自分では気づかなかった分野の向いてる仕事が見つかるかもしれません。

>>社会不適合者におすすめの転職エージェントを見る

社会不適合者だからこそ転職エージェントを利用すべき理由

社会不適合者だからこそ転職エージェントを利用すべき理由を紹介します。

それぞれの理由を解説します。

自分では気づかない適性や魅力に気づいてくれるから

転職エージェントを利用すると、自分では気づかない適性や魅力に気づいてもらえます。転職エージェントでは、求職者の経歴や希望の業界などをヒアリングする面談を行います。

面談を通してあなたの適性や魅力に気づき、希望する業界以外に向いてる業界を提案してもらえるかもしれません。自分では長所だと思っていなかった部分でも、他の人から見たら強みになることはあります。

そのような強みを考慮した上で、求人を紹介してもらえるため、自分では向いてると気づけなかった業界への転職が可能になります。

相手に遠慮して言えないことをエージェントが企業に伝えてくれるから

転職エージェントを利用すると、企業に対して遠慮して言えないことを伝えてくれます。具体的な給料や残業がどれくらいかなど、自分から企業へ直接確認することが難しい内容を聞いてもらえます。

もし、提示された条件に納得できない場合、エージェントが交渉を代行してくれるため、うまく交渉できるか不安になる必要はありません。

企業へ直接聞きにくい情報は、働く上で事前に知っておくべき情報が多いので、エージェントを利用し、納得のいく転職活動を行いましょう。

職場の雰囲気や人間関係など自分では知り得ない情報を知れるから

転職エージェントを利用すると、職場の雰囲気や人間関係などの自分では知り得ない情報を知れます。求人やホームページの情報だけでは、職場の雰囲気や人間関係までは把握できません。

一方で、エージェントは求人を掲載している企業とのつながりがあるため、求職者では知り得ない内部の情報を持っている人が多くいます。

働く上で職場の環境や人間関係が悪くないかを重視している人は多い傾向にあります。そのため、エージェントを通して情報を予め知っておくことで、満足度の高い転職活動になるでしょう。

社会不適合者におすすめの転職エージェント

社会不適合者におすすめな転職エージェントを紹介します。

気になるエージェントがあれば、登録してみてください。

ハタラクティブ|フリーターやニートから正社員を目指す人におすすめ

名前ハタラクティブ
料金無料
求人数公開求人: 3,372件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対応エリア全国
オンライン面談LINEビデオ面談可
得意分野・業界フリーター・既卒・
第二新卒の支援に特化
公式HPhttps://hataractive.jp/
詳細を見る
運営会社名レバレジーズ株式会社
拠点東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号
渋谷スクランブルスクエア24F・25F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
ハタラクティブの特徴
  • 未経験OKの求人が全体の約8割を超える
  • 性格や経歴を踏まえた適職を提案してくれる
  • 書類通過率96%以上、内定率80%以上の実績を誇る

ハタラクティブは、未経験者の転職支援に強いエージェントです。保有求人の約8割が未経験OKのため、何度も転職を繰り返している人でも利用しやすいです。

担当のキャリアアドバイザーと面談を行い、あなたの性格・経歴を考慮したうえで、適職を紹介してくれます。転職サポートは手厚く、「書類通過率96%」「内定率80%」の実績を誇ります。

ハタラクティブでは、内定まで最短2週間というスピーディーな転職活動が行えるため、今すぐに働きたいと考えている方におすすめです。

>>公式HPを見る

メリット
  • 学歴に関係なく求人を紹介してくれる
  • 求人票にない情報を提供してくれる
  • 幅広い職種への採用実績がある
デメリット
  • 取り扱う求人の勤務地が限られている
  • 求職者が自分で求人を検索できない
  • ハイクラス転職には向いていない

▼ハタラクティブの口コミ

スクロールできます
Review Image
20代男性(IT業界)
利用して良かった点は、2点あります。まず、1点目が転職エージェントの方が私の話を親身になって聞いて下さり、私の性格や考え方に合った転職先を提案して下さったことです。そして2点目がいつでも連絡を取ることが出来、迅速な対応であったことです。
Review Image
30代女性(医療業界)
個人的には求人の量や質が良かったです。私が探したい求人がたくさんあったので利用していて満足です。また、担当者の方もスピーディーな対応だったので安心して利用できました。

キャリアクラス転職独自調査

\正社員転職を目指すなら/

あわせて読みたい
ハタラクティブの気になる評判は本当?口コミと実際に使ってみて体験談を公開 ハタラクティブをネットで検索すると、気になる評判も出てきて不安に思いますよね。 ただ、気になる評判に反して、ハタラクティブへの口コミや評判は良いものも非常に多...

キャリアスタート|社会人経験が浅めの第二新卒や20代におすすめ

キャリアスタートのバナー
【公式】https://careerstart.co.jp/
名前キャリアスタート
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人数:-
(2024年1月12日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代10代後半から30代前半
対応エリア全国
オンライン面談
電話番号070-1202-4387
※登録後、上記番号から電話がかかってきます
得意分野・業界第二新卒など、若手の転職支援に特化
公式HPhttps://careerstart.co.jp/
詳細を見る
運営会社名キャリアスタート株式会社
拠点東京都港区新橋2-6-2 新橋アイマークビル8F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
キャリアスタートの特徴
  • 20代の転職支援に特化している
  • 未経験からでも就職できる
  • 内定率86%を記録している

キャリアスタートは20代・第二新卒など職歴が浅い人を対象に転職支援を行う転職エージェントです。経歴に関係なく応募できる求人を豊富に保有しているため、社会人経験が浅い20代でも就職先が見つかります。

選考対策では徹底した面接対策により内定率は86%を記録し、平均1ヶ月で内定が獲得できます。徹底した面接対策を行なってくれるため、社会人経験が浅く、面接での言葉遣い所作などに不安を感じている人におすすめなサービスです。

また、キャリアスタートは企業研究を徹底しており、求職者と合う企業を紹介してくれるため、ミスマッチが少なく採用後の定着率が92%と高い実績を誇ります。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 社会不適合者でも利用しやすい
  • 選考対策が豊富である
  • 初めての転職でも問題なし
いまひとつな点
  • 地方の求人が少ない
  • 30代以降の利用は向いていない
  • 求人が全体的に少ない

▼キャリアスタートの口コミ

スクロールできます
Review Image
20代男性
第二新卒としての転職活動、どこで転職活動をしたらいいのか悩んでいた際に登録しました。いくつかの転職サービスを試しましたが、アドバイザーの対応と知識量やアドバイスの質が良く、特に第二新卒の転職についてもたくさん相談にのっていただきました。(後略)
Review Image
20代女性
(一部抜粋)求人情報もたくさんありますし、自身の希望条件に合う案件を見つけるのもスムーズにいったと思います。何よりも、親身に転職をサポートしてくれるスタッフの存在が励みになりました。

引用:みん評

\経歴に自信がないなら/

マイナビジョブ20’s|信頼性の高い適性診断が魅力で20代未経験転職におすすめ

名前マイナビジョブ20’s
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対象エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界全業種
公式HPhttps://mynavi-job20s.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビワークス
拠点東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
マイナビジョブ20’sの特徴
  • 取り扱い求人の75%以上が未経験歓迎している
  • 第二新卒・既卒に特化している
  • 強み・弱みを深掘りできる適性診断がある

マイナビジョブ20’sは20代専門転職支援サービスで、第二新卒や未経験での転職を希望する方向けのサービスです。保有している求人の75%以上が「未経験OK」となっており、未経験転職を目指している方の利用に向いています。

また、公式HPには「職種未経験OKの求人情報」といった特集ページが組まれており、自分でも未経験OKな求人を探しやすい作りとなっています。

年間数千万人が受検する信頼性が高い適性診断を受けられるため、自分に合う業界を見つけやすいサービスです。自己分析が苦手な人や自分のアピールポイントを強化したい人は、マイナビジョブ20’sの適性診断を利用してみましょう。

>>公式HPを見る

メリット
  • 未経験OK求人75%以上
  • 面接対策・書類添削など選考をサポート
  • 全ての求人が20代対象
デメリット
  • 20代以外の求職者は使いにくい
  • 地方求人が少ない
  • 希望に合う求人がない可能性がある

▼マイナビジョブ20’sの口コミ

スクロールできます
Review Image
20代女性(食品業界)
こちらのサイトは、主に20代の方を対象にして求人を掲載しているので、あまり経験がない方でも応募ができるという点はライバルが減るので非常に良かったと感じました。
Review Image
20代男性(製造業界)
希望の転職先を見つけられて、面接指導や書類選考における対策が見出せたので、良かったです。非常に面倒見が良いサービスで助かりました。感謝しています。

キャリアクラス転職独自調査

\未経験転職を狙うなら/

あわせて読みたい
マイナビジョブ20’sの評判、口コミは?実際の利用者の体験談からわかる魅力とは? 第二新卒で転職活動をする人にとって気になるのが「第二新卒特化型エージェント」です。大手の第二新卒特化型エージェントで、圧倒的おすすめは「マイナビジョブ20's」...

マイナビエージェント|社会人経験がある20代〜30代におすすめ

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 第二新卒・未経験に強い
  • 顧客満足度No.1を獲得している
  • 異業種の転職サポートが充実している

マイナビエージェントは、20~30代の支援を得意とする転職エージェントです。若手人材向けの求人をメインに取り扱うため、未経験OKの求人に出会えます。

転職回数別・年齢別のサポートに対応しており、何度も転職を繰り返している方でも安心です。短いスパンでの転職に対応した選考対策を行ってもらえます。

また、各業界に精通したアドバイザーが在籍していることも特徴です。今の職場が合わず、新しい業界を目指したい方でも転職成功を目指せます。

>>公式HPを見る

メリット
  • サポートに期限がなく時間にゆとりがある
  • 各業界に精通している
  • 書類選考の通過率が高い
デメリット
  • ハイクラスの求人が少ない
  • キャリアアドバイザーによって差がある
  • 希望条件と合う求人がない可能性がある

▼マイナビエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
20代男性(印刷業界)
会社の提案を受けることができるので、ある程度の安心を持てる。また、過去に紹介した人もまだ辞めずに働いているし、評価も悪くないと言う話を聞くことがあり、信ぴょう性がある。
Review Image
20代女性(人材・IT業界)
・自分では探すことが難しい求人に出会えること ・自分で探さなくても条件に合ったものを見つけてもらえること ・履歴書や職務履歴書などの書類関係を添削してもらえること

キャリアクラス転職独自調査

\2023年度オリコン顧客満足度No.1/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

仕事が続かないのは社会不適合者?

「仕事が続かない=社会不適合者」というわけではありません。自分に合う・本気で打ち込みたいと思える仕事に出会えていない可能性があります。

独立行政法人労働政策研究・研修機構が2022年に発表した調査によると、国内には18,725の職種があると述べられています。
(出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構「第5回改定厚生労働省編職業分類職業名索引」

膨大な職種があることから、今まで携わった仕事が自分に合っていなかった可能性が否めません。自分に合う仕事・面白いと思える仕事と出会えると、夢中になって取り組めるため長く続けられます。

まずは、求人サイトを活用してどのような仕事があるのかを調べることから始めてみてはいかがでしょうか。

社会不適合者で転職を繰り返した体験談

社会不適合者で転職を繰り返した方の体験談を紹介します。

スクロールできます

「転職を何回も繰り返す」「自分に合う場所がなかなか見つからない」と感じている方は、自分を社会不適合者だと思う傾向にあります。

社会不適合者の方は「人間関係を構築するのが苦手」「週5日働けない」など、一般的な企業で働くことに生きづらさを感じやすいです。

今の時代では「フルリモートを取り入れている」「週休3日制」など、さまざまな働き方の会社があります。自分に合う会社が見つかるまで転職活動をするのも良いでしょう。

また、会社に所属するのが合わないと感じている場合、自分のスキルを磨いてフリーランスになることも検討してみましょう。

いくつ当てはまる?社会不適合者の主な特徴

社会不適合者の主な特徴

社会不適合者の特徴を行動面と精神面に分けて考えると、以下の方が社会不適合者といえます。

精神面
  • プライドが高く、自信過剰
  • 人が嫌い・関わりたくない
  • コンプレックスが強い・劣等感を覚えやすい
  • 協調性がなく、責任感が薄い

上記のように、プライドが高く、協調性や責任感が薄い傾向にあります。

あるいは極度にコンプレックスが強く、劣等感を覚えやすい方も社会不適合者に当てはまります。

これらの理由から、人と関わることを嫌い、周囲と協力をすることが難しい傾向にあります。

こうした精神面の特徴があるために、社会不適合者といわれる方は下記のような行動を取る傾向にあります。

行動面
  • 集団行動や他人とのコミュニケーションが苦手
  • 嘘をついたり、言い訳が多い
  • 時間にルーズなど、社会生活のルールを守れない
  • 仕事が長続きしない

人との関わりが嫌いで協調性がないので、集団行動において他人とコミュニケーションを取ることが苦手です。

また、時間を守る・約束を守るなど、社会生活における基本ルールを守ることが難しい傾向もあります。

また、プライドが高く自信過剰であるため、なにかミスが起こった際に素直に謝ることができず、嘘でごまかしたり言い訳をしたりすることもしばしばです。

社会不適合者はどうやって生きるのがおすすめ?

「社会不適合者かもしれない」と思った方は、次のような選択をすると自分らしい生活が送れます。

以下では、3つの方法について詳しく解説します。

得意なことを極める

社会不適合者かもしれないと感じる方は、自分が得意なことを極めるのがおすすめです。社会に馴染めないといった苦手な部分に目を向けるのではなく、自分が得意なことにフォーカスする必要があります。

苦手なことを改善するよりも、得意な分野を伸ばすほうが成長する伸びしろが大きくなります。得意なことを活かせる仕事に就けば、充実した毎日を送れるようになるでしょう。

そもそも、誰であっても得意・不得意があることが事実です。社会という大きな組織で見ると、個々が強みを活かしながら支え合って生活を送っています。

まずは、自分を見つめ直して「何が好きなのか」「どういった分野に興味関心があるのか」などを洗い出すことから始めてみましょう。

独立して自分の好きな働き方をする

会社勤めに苦手意識を覚える場合は、独立して自分の好きな働き方を目指す方法もおすすめです。独立すれば自分でルールを決めて仕事を進められるため、業務に対する不満が少なくなります。

独立する大きなメリットは、ワークライフバランスを整えながら、自分のペースに合わせて仕事ができることです。働き方次第によっては、会社勤めをするよりも多くの収入を得られるでしょう。

例えば、ライターやデザイナーのようにパソコン一つで完結する仕事を選べば、好きな時間に好きな場所で仕事をすることも可能です。独立を視野に入れたい方は、どのような仕事があるのかとあわせて、進みたい分野のスキルを身につけることが大切です。

あわせて読みたい
フリーランスになるには何から始めるべき?フリーランスを始めるための手続き、仕事の見つけ方を解説 「フリーランスになりたいけれどやることが多くて大変そう…」というイメージを持たれる方もいるでしょう。しかし、やるべきことを整理すれば迷わずに準備を進められます...

人にあまり関わらない仕事をする

社会不適合者におすすめの働き方として、人とあまり関わらない仕事を選ぶことも挙げられます。社会不適合で悩む方のなかには、「コミュニケーションをとることが苦手」「人と関わることにストレスを感じる」という人もいるでしょう。

人とあまり関わらない仕事を選べば、対人関係による不安を解消できます。例えば、製造業のオペレーターやトラック運転手、警備員などは必要最低限のコミュニケーションで仕事を進めやすい職種です。

人に邪魔されず黙々と仕事に打ち込みたい方は、一人で進める業務が多い仕事を中心に探すことがおすすめです。

社会不適合者になる要因3つ

社会不適合者になる要因

社会不適合者になる要因3つを紹介します。もし当てはまるものがあれば、社会不適合者の可能性がありますので注意しましょう。

それぞれの要因について解説します。

過保護な環境で育った

社会不適合者になる要因のひとつは、過保護な環境で育ったからです。過保護な環境で育ってしまうと、本来は怒られるような行動を取ったとしても、怒られずに許されてしまいます。

自分が何もしなくても、親をはじめ周囲の人たちがなんでもやってくれるので、自立できません。また、少し怒られただけでもへこんでしまい、扱いにくい人になります。

他にも物事が少しうまくいかないだけで、すぐに投げ出してしまう責任感が弱い人になりやすいです。今まで怒られずに育ってきた方は、社会にでたときに苦労するかもしれないので注意しましょう。

しつけやいじめなど、厳しすぎる環境で育った

社会不適合者になる要因は、しつけやいじめなど、厳しすぎる環境で育ったからです。しつけやいじめなどの厳しすぎる環境で育つと、親をはじめ周囲の人間の顔色をうかがって生きていくようになります。

常に人の顔色をうかがって生きていくと、他人の判断が正解となってしまい、自分の意見を持てない人になります。人間関係において他人の意見に流され、自分の本心を口に出すことができないため、生きづらさを感じることが多いです。

また、しつけやいじめなど厳しすぎる環境で過ごしてしまうと、周囲の人に心を許せず警戒心を持って生活することになり、ストレスが溜まりやすいです。

パーソナリティー障害や発達障害など、生まれ持った気質

社会不適合者になる要因は、パーソナリティー障害や発達障害など、生まれ持った気質からです。「パーソナリティ障害」「自閉症スペクトラム障害(ASD)」など、発達障害として診断された場合、周囲とは異なった特徴を持ちます。

パーソナリティ障害とは、他の人とは違う反応・行動をしてしまうことで、本人が苦しんだり周囲が困ったりする場合に診断される発達障害です。

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは、「対人関係が苦手」「強いこだわりを持っている」といった特徴をもつ発達障害です。どちらも周囲から浮いてしまい、円滑なコミュニケーションが図れなくなる傾向にあります。

あわせて読みたい
回避性パーソナリティ障害の人に向いてる仕事は?症状との向き合い方や求人の探し方も解説! 本記事でわかること 回避性パーソナリティ障害の人に向いている仕事や職種 回避性パーソナリティ障害の人に向いていない仕事 回避性パーソナリティ障害の人が向いている...

社会不適合者で生きづらさを感じているときにできる対策

生きづらさを感じているときにできる対策

社会不適合者で生きづらさを感じているときにできる対策を3つ紹介します。

「生きづらいな」と感じている方は、参考にしてください。

周囲に合わせて無理に苦手を克服しようと頑張らない

社会不適合者の方のなかには、これまでも苦手ながら周囲に何とか合わせようと努力をしてきている方も多いでしょう。

しかし、周囲に合わせようと無理をしても、余計にストレスがかかり、最悪の場合心身の健康を損なってしまう可能性が高いです。

社会不適合者の方は「集団行動や他人とのコミュニケーションが苦手」「時間にルーズ」「劣等感を覚えやすい」など、特徴があります。

自分の特性を理解し無理して周囲に合わせようとし過ぎないことが大切です。苦手を克服しようと、頑張りすぎないよう心がけましょう。

興味の持てること、好きなこと、得意なことを探す

社会不適合者で生きづらさを感じている方は、興味の持てること、好きなこと、得意なことを探すと生きやすくなるかもしれません。生きづらさを感じ苦手なことを克服するのではなく、好きなこと・得意なことを伸ばしていきましょう。

苦手なことを克服しようとするときは「なんでできないんだろう」とストレスが溜まりやすいです。一方で、好き・得意なことを伸ばそうとしているときは、時間が経つのが早く感じるほど物事に熱中できます。

これまでの経験から「機械をいじるのが好き」「文を書くのが好き」「イラストを描くのが得意」など、興味のある分野を見つけていきましょう。

今いる場所を抜け出し、環境を変える

社会不適合者で生きづらさを感じているならば、思い切って今いる環境を変えてみると良いでしょう。生きづらいと感じている理由が現在所属している会社にあるのであれば、転職がおすすめです。

「人間関係がめんどくさい」「時間に厳しく合わない」など、居心地の悪さを感じている場合、転職して今の環境を変えてみると解決するかもしれません。

「フルリモートで人と深く関わる必要がない」「フレックス制を採用していて自由な時間に働ける」など、条件を絞って探せば希望に合う企業が見つかります。

社会不適合者にも向いてる仕事ならできる!

社会不適合者だからといって、仕事ができないわけではありません。仕事選びさえ間違えなければ、充分力を発揮していけるでしょう。

周りに合わせることができないということでしたら、なるべく一人でできることのほうが良いかもしれません。

社会と合わない、社会と異なる考え方や感覚を持っている場合には、独創的な発想を持っていたり、人とは違う表現ができたり、常識にとらわれない、新しいものを産み出したり表現できる可能性があるものです。

それでも正社員として働きたいという方もいるでしょう。正社員だからといって独創的な発想を活かせないわけではありません。正社員経験がほとんどない方は本当にやっていけるのか不安に感じるかもしれません。

正社員として働くことが不安な方は、無料で登録できるのでまずはハタラクティブに相談してみましょう!

\正社員転職を目指すなら/

関連記事

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ