MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

ADHDに向いてる仕事がないは嘘!活かせる強みと転職成功を目指す方法を理解しよう

ADHDは集中力の欠如や多動などの症状が見られる障害です。成人の2.5%がADHDと診断されており、珍しい障害ではありません。

ADHDのために向いてる仕事がないと悩んでいる方は多いです。しかし、特性を強みに変換すれば、ADHDの方でも転職成功を目指せます。

まずは自分の特性と向き合って、転職成功への一歩を踏み出しましょう。

本記事でわかること
  • ADHDに向いてる仕事がないと言われる理由
  • ADHDでも転職を成功させられる理由
  • ADHDにおすすめの転職エージェント

ADHDで向いてる仕事が見つからないと悩む方には、マイナビエージェントがおすすめです。障害者の転職サポート実績が豊富で、1人ひとりの特性に合わせた求人を提案してもらえます。

\障害者の転職実績が豊富/

>>公式HPを見る

>>マイナビエージェントの口コミ・評判を見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

ADHDには向いている仕事がないは嘘!実際の就労状況

ADHDには向いている仕事がないは嘘!実際の就労状況

ADHDには向いてる仕事がないというのは事実ではありません。自分に合った仕事を見つけることで、障害と付き合いながら社会で活躍できるので安心してください。

厚生労働省の調査によると、ADHDを含む発達障害を抱える方のうち、3.9万人が正社員として働いています。

現在正社員として働いているADHDの方も、採用時は契約社員として雇用されたケースがほとんどです。この結果から、自分に合った仕事に出会えれば、正社員への登用を目指せます。

参考:厚生労働省「平成30年度障害者雇用実態調査」

ADHDに向いている仕事がないと言われる理由

ADHDに向いている仕事がないと言われる理由

ADHDに向いている仕事がないと言われる理由には以下5つがあります。

すぐに飽きて1つのことに集中できないから

ADHDには興味があること以外への集中力が続きにくい性質があります。そのため、ほかに気になることがあると、業務中であっても思ったように集中できません。

集中力の欠如は、行動や思考にブレーキをかけるのが苦手だからです。ADHDの方が集中力を持続させるには、作業中に別の情報が入らない環境が必要になります。

時間にルーズで忘れ物が多い傾向があるから

不注意の特性が強いADHDの方は、時間にルーズで忘れ物が多い傾向があります。一度や二度であれば、誰にでも起こる可能性があるミスです。

しかし、日常的にケアレスミスが続くと、仕事に影響が出てしまいます。寝坊や会議の遅刻、また書類の提出漏れなどがよくあるケースです。

じっとできなかったり静かにできなかったりするから

ADHDの方はじっとしたり、静かにしたりするのが苦手です。同じ場所にとどまって業務に取り組むデスクワークでは、集中力が長続きしません。

また、会議はADHDの方にとって最も向かないシチュエーションです。人の話を黙って聞くことが難しく、貧乏ゆすりのように落ち着きのない行動を取ってしまいます。

思ったことを言葉に出してしまい周囲とのコミュニケーションが難しいから

思ったことをすぐ言葉に出してしまうのもADHDの特性です。相手が気にしていることも口にしてしまうため、「失礼な人」と捉えられる可能性があります。

周囲から孤立するケースもありますが、自由な発想で楽しい会話を繰り広げるのも得意です。「衝動的な発言はADHDの特性であって悪気はない」と周知することで、周囲の理解を得やすくなります。

マルチタスクをこなせないから

ADHDの方は物事に優先順位をつけたり、複数のタスクを同時にこなしたりするのが苦手な傾向があります。複数のことに取り組むと注意力が散漫になり、処理能力が低下するからです。

優先順位を守らずタスクを後回しにした結果、タスクそのものを忘れてしまう場合もあります。ADHDの方がマルチタスクに取り組む場合は、ToDoリストによる優先順位づけが大切です。

ADHDでも仕事・転職できると言える理由

ADHDでも仕事・転職できると言える理由

ADHDでも仕事・転職ができると言える理由は以下のとおりです。

圧倒的な行動力が強みだから

ADHDの衝動性をポジティブに捉えると、圧倒的な行動力と言い換えられます。

素早く決断する能力があり、行動する際に迷いを見せることがありません。スピード感のある判断が求められると、強みを発揮するため重宝されます。

また、持ち前の好奇心でどんどん進んでいくので、初めてのことでも臆せずチャレンジできるのも強みです。

自由な発想力があるから

発想力や独創性に優れているのもADHDの特徴です。そのため、新しいものを企画するのが得意とされています。

さまざまな角度から物事を観察して、斬新なアイデアを生み出せるのが強みです。静かに話を聞くような会議は苦手ですが、アイデアを出し合うブレスト会議では能力を発揮できます。

ADHDの方が社会で活躍するには、発想力を活かせるクリエイティブな職業がおすすめです。

興味関心があることに没頭できるから

ADHDの方は集中するのが苦手な傾向があります。一方、興味関心があることに対しては没頭できるというのも特徴の1つです。

「興味関心のあることに没頭する」というのは過集中という特性であり、一度興味をもつと気が済むまでとことん追求します。そのため、自分にハマるものを見つけられれば、専門知識やスキルの習得が可能です。

興味の対象を徹底的に追求する姿勢は、研究者や開発者に向いていると言えます。

ADHDの人に向いている・向いていない仕事の特徴

ADHDの人に向いている・向いていない仕事の特徴

ADHDの方が仕事を選ぶ際には、自分の特性との相性を理解することが大切です。以下では、ADHDに向いている・向いていない仕事の特徴を紹介するので、しっかり把握しておきましょう。

ADHDの人に向いている・向いていない仕事の特徴

向いている仕事の特徴

ADHDの方には以下のような仕事が向いています。

向いている仕事の特徴
  • 個人の技術力やスキルが要求される仕事
  • 想像力を活かせる仕事
  • 行動力や決断力を活かせる仕事

技術力やスキルが要求される仕事であれば、ADHDの方でも興味をもって仕事に取り組めます。行動力や決断力が高いため、裁量権が与えられる仕事もおすすめです。

また、自由な想像力が必須のクリエイティブな仕事も、ADHDの方に向いています。

向いていない仕事の特徴

ADHDの方は以下のような仕事には向いていないため注意が必要です。

向いていない仕事の特徴
  • マルチタスクが求められる仕事
  • ミスが許されない仕事
  • 単純作業を繰り返す仕事

ADHDの方は集中力を持続させるのが苦手であり、マルチタスクは向いていません。人の命に関わるようなミスが許されない仕事も、ケアレスミスの多さから避けるべきです。

また、単純作業を繰り返す仕事は飽きやすく、仕事が続かない原因となります。

ADHDの人が転職成功を目指す方法

ADHDの人が転職成功を目指す方法

ADHDの方が転職成功を目指すなら、以下2つの方法を押さえておきましょう。

ADHDの人が転職成功を目指す方法
  • ADHDに理解のある転職エージェントに相談する
  • 自分の特性や強み・弱みを把握する

ADHDに理解のある転職エージェントに相談する

障害で不利にならずに転職を成功させるには、ADHDに理解のある転職エージェントに相談するのがおすすめです。

ADHDのサポート経験があるエージェントでは、特性に合った業界・職種の求人を紹介してくれます。求人企業もADHDに理解があるため、職場の環境を整えてもらいやすく安心です。

また専門知識をもったアドバイザーのサポートを受けられるので、転職活動をスムーズに進められます。

あわせて読みたい
ADHDにおすすめの転職エージェント・サイト9選|グレーゾーンの方におすすめのサービスも紹介 転職を検討しているADHDの方こそ転職エージェントは利用すべきです。 転職エージェントの利用をすれば「忘れっぽい」「計画通りに進めるのが苦手」などの悩みを持つADHD...

自分の特性や強み・弱みを把握する

ADHDの方が転職成功を目指す場合、自分の特性から強み・弱みを把握することが大切です。まずは自分を知るために、自己分析を徹底しましょう。

どの特性が強く出ているのかによって、自分に合った仕事が異なります。行動力がある・アイデアを出すのが得意など、自分のアピールポイントをリストアップしてみてください。

また苦手な仕事をカバーするために、自分の弱みを把握して対処法を考えておくのも必須です。

ADHDに向いてる仕事一覧

ADHDに向いてる仕事一覧

自分らしく働ける職場と出会うために、ADHDに向いてる仕事を確認しておきましょう。

ADHDに向いてる仕事一覧
  • イラストレーター
  • Webデザイナー
  • ミュージシャン
  • スタイリスト
  • 研究者
  • 自動車整備士

ADHDの方には技術力やスキルを活かせる仕事が向いています。自分が好きなことを仕事にしている方が多く、想像力を発揮できるのも特徴です。

また、ADHDに向いている仕事は独立しやすい職種であり、自分のペースで集中して仕事に取り組めます。

ADHDにおすすめの転職エージェント

ADHDの方は障害に理解のある転職エージェントを利用するのがおすすめです。ただし、精神障害者保健福祉手帳の取得が必要になります。

ADHDにおすすめの転職エージェント
  • マイナビエージェント|クローズ就労向け
  • dodaチャレンジ|オープン就労向け

マイナビエージェント|クローズ就労向け

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • オリコン顧客満足度でNo.1を獲得
  • ほぼすべての業界・職種の求人を網羅
  • 丁寧なヒアリングで希望に沿った転職を実現

マイナビエージェントは、20代~30代のサポートを得意とする転職エージェントです。1人ひとりに対する手厚いサポートで、オリコン顧客満足度No.1を獲得しています。

ほぼすべての業界・職種を網羅しているため、求人が見つからないのではと心配する必要はありません。

また、適性や希望を丁寧にヒアリングしており、希望に沿った転職の実現を目指せます。クローズ就労で手厚いサポートを受けたいADHDの方は、マイナビエージェントに登録するのがおすすめです。

\手厚いサポートで安心/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 マイナビエージェントは、20代30代の転職において絶大なる人気を獲得しています。20代、30代前半の方は絶対に登録すべき転職エージェントです。 当記事では、マイナビエ...

dodaチャレンジ|オープン就労向け

dodaチャレンジ
【公式】https://doda.jp/challenge/
名前dodaチャレンジ
料金無料
求人数公開求人数:1,476件
非公開求人数:-
(2023年12月14日)
今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界障がい者への転職サポート
公式HPhttps://doda.jp/challenge/
詳細を見る
運営会社名パーソルチャレンジ株式会社
拠点東京都港区芝5-33-1森永プラザビル本館19F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
dodaチャレンジの特徴
  • 障害者の転職支援数でNo.1を獲得
  • 適性に合った求人を紹介
  • 定着率94%で自分に合った職場が見つかる

dodaチャレンジは障害者のサポートに特化した転職エージェントです。ADHDの方が利用する場合にも、精神障害者保健福祉手帳が必要になります。

ADHDの知識をもつアドバイザーが在籍しており、適性に合った求人を紹介してもらえるのが魅力です。障害者の転職支援数でNo.1を獲得しているため、安心してサポートを受けられます。

また、dodaチャレンジを利用した方の定着率は94%と高い水準です。オープン就労を目指すADHDの方は、まず最初に登録しておきましょう。

\障害者の転職実績No.1/

あわせて読みたい
dodaチャレンジの評判・口コミを徹底調査|その他の障がい者向けの転職エージェントと比較 障がいがある人の場合、フルタイムの勤務が難しかったり、職場で何らかの配慮が必要だったりして、なかなか自分に合う求人が見つからないことがあります。 そんなときに...

よくある質問

よくある質問

ADHDの方の転職についてよくある質問を紹介します。

長期就労を目指すコツは?

ADHDの方が長期就労を目指すには、ケアレスミスを起こさないように注意するのが大切です。こまめにメモを取ることで、注意欠乏のような特性はカバーできます。

また、座って作業を続ける一般事務は、ADHDの方にとって向き・不向きがある職種です。多動の特性がある方は席を離れる機会がある仕事を選ぶことで「じっとしていなければいけない」つらさを抑えられます。

特性を理解して、自分に合った仕事で長期就労を目指しましょう。

ADHDは障害者手帳を取得すべき?

ADHDの診断を受けている方は、障害者手帳を取得しておくのがおすすめです。障害者手帳があればオープン就労を目指せるため、周りからの支援を受けやすくなります。

また障害者の支援に特化した転職エージェントを利用するには、障害者手帳の取得が欠かせません。

医療機関で医師のサポートを受ける際にも障害者手帳が必要です。

ADHDに事務職は向いていない?

一般的には「ADHDに事務職は向いていない」と言われています。しかし、実際には事務職として社会で活躍する方がたくさんいます。

仕事内容や職場の環境によって、ADHDの方でも事務職としての長期就労は可能です。作業マニュアルが用意されており、ダブルチェック体制が整っていれば、仕事のケアレスミスを減らせます。

ADHDに理解のある転職エージェントに相談して向いている仕事を見つけよう!

ADHDだからといって、転職できないということはありません。特性や仕事への向き・不向きを理解することで、自分に合った職場が見つかります。

ADHDに向いてる仕事がないと悩む方は、自己分析で強みを知ることから始めてみてください。マイナビエージェントは障害者の転職支援実績が豊富なため、悩みや特性に寄り添った転職サポートが受けられます。

ADHDに理解のあるプロに頼って、自分に合った仕事を見つけましょう。

\障害者の転職におすすめ/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

広島県呉市生まれ。高校卒業後は地元中堅企業で製造部門を6年経験。その後、Webマーケティング業界へチャレンジしたいと思い、SEO対策を中心に行う大阪のベンチャー企業へ入社。2022年1月からはフリーランスとして、転職希望者が「自分らしくよりよい人生を歩めるように」をモットーに活動中。自身の経験を踏まえた、転職系記事や求人広告のライティング、キャリア支援などを行なっている。転職経験者としてだけでなくキャリア支援者の視点をもとに、記事コンテンツを制作している。

気になる見出しをタップ