MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

強迫性障害でも転職できる?向いてる仕事と転職成功を目指す方法を解説

「強迫性障害で仕事に支障が出て悩んでいる……」「もっと働きやすい企業にいきたいけど、強迫性障害でも転職できるんだろうか?」このように悩んでいる人は多いはずです。

強迫性障害の症状が業務中に出ると、仕事に遅れが生じたり、ストレスがたまったりしてしまいます。現在働いている会社よりも強迫性障害に理解のある会社に転職できる方法があれば、知りたいところではないでしょうか。

そこで本記事では、強迫性障害の転職事情について詳しく解説します。不合理な考えが頭から離れない人、強迫観念、強迫行為により仕事に支障が出て悩んでいる人は必見です。

本記事でわかること
  • 強迫性障害でも転職できるのか
  • 強迫性障害に向いている仕事・向いていない仕事
  • 強迫性障害におすすめの転職エージェント
脅迫性障害の方に
おすすめの転職エージェント
大手企業の障害者枠
求人多数あり
dodaチャレンジ
障害のある方の
転職支援実績No.1!
無料相談をする
大手企業の障害者枠
求人多数あり
LITALOCOワークス
全国に100以上の
拠点あり!

無料相談をする
手帳なしの方は
dodaがおすすめ

doda
顧客満足度No.1の
転職エージェント
無料相談をする
※2024年 オリコン顧客満足度®調査 転職エージェント 20代 第1位

>>障害者手帳を持っていない方はこちら

障がい者手帳を持っていない方は障がい者特化のエージェントは利用できないことがほとんどです。下記記事で自分に合った転職エージェントを探しましょう!

あわせて読みたい
障がい者手帳なしの方におすすめの転職エージェント|求職者に寄り添った対応をしてくれるエージェント... 本記事でわかること 手帳なしでは障害者特化のエージェントを利用できない理由 手帳なしで転職活動を進める方法 障害者手帳なしで利用できるおすすめの転職エージェント...

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

強迫性障害とは?

強迫性障害とは?

強迫性障害とは、特定の考えが頭を離れず必要のない行動を繰り返してしまう精神疾患のことです。症状が強くなると、日常生活に支障が出る場合もあります。

「真面目な人」「責任感が強い人」が、かかりやすい傾向にあります。意味がないとわかっていても、考えを振り払うことはなかなかできません。

強迫性障害の主な症状と「仕事が怖い」と感じてしまう理由

強迫性障害の主な症状と「仕事が怖い」と感じてしまう理由

強迫性障害の主な症状は次の2つです。

強迫性障害の主な症状

それぞれの症状の詳細について、またなぜ強迫性障害になると「仕事が怖い」と感じるようになるのか、詳しく解説します。

強迫観念

強迫観念とは、頭の中で嫌なイメージや思い出などを繰り返してしまう「抑えようとしても抑えられない考え」のことです。不安や恐怖などが主な原因に挙げられます。

たとえば外出中に「戸締りをきちんとしたか」気になる場合は、戸締りした際の場面を必死に思い出して、確実に戸締りしたかの確認を頭の中で繰り返します。このような強迫観念が生まれると、次の症状である強迫行為につながりやすいです。

仕事では自身が行った作業に対して「なにかミスがあるかもしれない」と感じ、仕事に手をつけること自体が恐怖に感じる場合もあります。

強迫行為

強迫行為は、強迫観念に突き動かされて繰り返してしまう行動です。戸締りをきちんとしたか気になる場合は、何度も鍵をかけたか確認し、症状によっては戻って確認する場合もあります。

強迫行為を何度も繰り返すと「数秒で済む行為に数分の時間がかかる」「強迫観念に考えが支配される」などで生活に支障が出る場合もあるでしょう。

強迫観念は業務の遅れにつながり、仕事の大きな妨げになるかもしれません。

強迫性障害は就職不利?実際の就労状況

強迫性障害は就職不利?実際の就労状況

「強迫性障害は就職で不利になるんじゃないだろうか……?」「強迫性障害で転職は難しい?」このような疑問を持っている人も多いでしょう。

結論、強迫性障害でも優良企業への転職は可能です。厚生労働省が平成30年に発表した障害者雇用実態調査の結果によると、約20万人の精神障害をもつ人が仕事に就いており、就職は可能だとわかります。

ただし向いている仕事・向いていない仕事があるため、きちんと理解したうえで自身の特性に合った仕事を選ぶことが大切です。

強迫性障害の人が仕事を選ぶときのポイント

強迫性障害の人が仕事を選ぶときのポイント

強迫性障害の人が仕事を選ぶときのポイントは次のとおりです。

仕事選びのポイントを理解しないまま転職すると、精神的に大きな負担を抱えてしまう可能性があります。自身が強迫性障害かもしれない人はぜひチェックしてください。

仕事の変化・ストレスが少ない仕事を選ぶ

できるだけ業務内容に変化がなく、ストレスを感じにくい仕事を選びましょう。仕事の変化が目まぐるしい職場やストレスが大きくかかる業務に就くと、症状が悪化する可能性があります。

具体的には工場での軽作業やデータ入力などの単純作業がストレスが少なく、精神的な負担がかかりにくいです。強迫性障害を悪化させないよう、ストレスを抑えられる仕事を選ぶよう意識してください。

マイペースに進められる業務を選ぶ

自身のペースで、マイペースに進められる業務もおすすめです。周囲に急かされずに仕事ができるため、余計なことを考えず作業に集中できます。

マイペースに進められる仕事は、「デザイナー」や「ライター」など場所や時間にとらわれないクリエイティブな職種が一例として挙げられます。周囲の目や反応が気になって業務に集中できない人は、自身のペースで仕事ができる職種を目指しましょう。

症状が出たときに配慮してもらえる職場を選ぶ

強迫性障害の症状が出たときに休憩に入らせてもらえたり、周囲の配慮があったりすると安心して仕事ができます。強迫性障害は見た目でわからないため、周囲からの理解を得にくいです。

そのため、症状が出ても配慮が期待できない職場で働いていると、症状が悪化してしまう可能性があります。転職で仕事のしやすさを重視するのであれば、職場全体が精神的な障害に理解のあるところを選びましょう。

強迫性障害の人に向いている仕事・向いていない仕事

強迫性障害の人に向いている仕事・向いていない仕事

ここでは、強迫性障害の人に向いている仕事・向いていない仕事の2つを解説します。

強迫性障害の人の向き不向き

強迫性障害の人に向いている仕事を具体的に知りたい人は必見です。

向いている仕事

強迫性障害の人に向いている仕事には次のようなものが挙げられます。

強迫性障害の人に向いている仕事
  • IT系の仕事
  • 軽作業
  • クリエイティブな仕事

システムエンジニアやプログラマーは在宅でできる仕事が多く、自身のペースで作業できるため精神的な負担を抑えられます。軽作業は仕事内容の変化が少なく、ストレスがあまりかかりません。

クリエイティブな仕事は作業に集中できるため、強迫観念で思考が混乱する状況を防げます。1人でできる仕事であれば、周りを気にする必要もありません。

強迫性障害の人には自身のペースでできるIT系やクリエイティブ系、精神的な負担の少ない軽作業などがおすすめです。

向いていない仕事

強迫性障害の人に向いていない仕事は次のとおりです。

強迫性障害の人に向いていない仕事
  • 確認作業の多い仕事
  • ミスが許されない仕事
  • 自身のペースでできない仕事

細かな確認が要求される事務仕事は、強迫観念の原因になりやすいためおすすめできません。プレッシャーのかかる、リカバリーが効かない作業がある仕事も不向きです。

他人の行動に左右される仕事や自身のペースで作業できない仕事も、ストレスになりやすいため避けた方が良いでしょう。完璧主義な人や汚れに強い強迫観念を持つ人は、清掃員や警備員などもやめておくべきです。

強迫性障害の人が転職成功を目指す方法

強迫性障害の人が転職成功を目指す方法

強迫性障害の人が転職活動をする際は、次の方法を実践してみましょう。

年収や待遇のよい企業でも、合っていないところに転職してしまうと症状が悪化してしまう可能性があります。自身の心を第一に考えて、転職成功を目指しましょう。

強迫性障害の転職支援に強い転職エージェントに相談する

強迫性障害の人が転職を成功させるのであれば、転職エージェントの利用は必須です。強迫性障害の転職支援に強い転職エージェントも存在するため、積極的に利用しましょう。

転職エージェントを利用すれば、強迫性障害に理解のあるアドバイザーから自身にマッチした仕事を紹介してもらえます。履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などの選考通過率を上げるサポートもしてくれるため、非常に便利です。

1人で転職活動を進めるのは「求人検索」や「選考対策」が進みにくく、効率的ではありません。転職エージェントを利用すれば、客観的な目線でのアドバイスや自身だけでは見つからない求人紹介を受けられます。

業種・年収よりも「安定した長期就労」を目指す

まずはそこまで選り好みせず、安定した長期就労を目指すところからはじめましょう。

はじめから年収や待遇など、好条件の求人を求めて転職を行うのはおすすめしません。待遇がよくてもその分「労働時間が長い」「責任が重い」などのハードな業務となり、症状が悪化する恐れがあるためです。

安定して働けるようになれば、自信につながり症状の緩和が期待できます。次のキャリアアップや転職でも有利に働くでしょう。

強迫性障害とうまく付き合うには、まずは無理のないペースで仕事をするのが効果的です。

通院や服薬はしっかりと守る

自己判断で通院や服薬を止めず、医師の指示をきちんと聞きながら強迫性障害の治療をしましょう。自身の判断で通院・服薬を止めてしまうと、症状が緩和してもまた再発してしまう可能性があります。

通院や服薬は恥ずかしいことではありません。強迫性障害を治療するためには通院も服薬も重要なので、悩みがある場合は迷わず医師に頼りましょう。

強迫性障害の人におすすめの転職エージェント3選

強迫性障害の人におすすめの転職エージェントは次の3つです。

上記の転職エージェントはすべて精神障害に理解があり、適切な求人の紹介を受けられます。強迫性障害の人はぜひ活用してください。

>>障害者手帳を持っていない方はこちら

dodaチャレンジ | 丁寧なサポートで長期就労を目指せる

dodaチャレンジ
【公式】https://doda.jp/challenge/
名前dodaチャレンジ
料金無料
求人数公開求人数:1,476件
非公開求人数:-
(2023年12月14日)
今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界障がい者への転職サポート
公式HPhttps://doda.jp/challenge/
詳細を見る
運営会社名パーソルチャレンジ株式会社
拠点東京都港区芝5-33-1森永プラザビル本館19F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaチャレンジの特徴
  • 障がい者の転職支援実績No.1
  • 精神障害に豊富な知識のあるキャリアアドバイザーからのサポート
  • 入社後半年の定着率94%

dodaチャレンジは、障がい者向けの転職エージェントです。障がい者の転職支援実績No.1の実績を持ち、強迫性障害の人に向いた求人も多数保有しています。

精神障害に深い知識を持つキャリアアドバイザーからのサポートにより、1人ひとりに合った丁寧なサポートを受けられる点が特徴です。希望にマッチした求人紹介で、強迫性障害への配慮のある企業を探すこともできるでしょう。

入社後半年の定着率94%と高い定着率も魅力です。ブラック企業に入ってしまう可能性が低いため、安心して転職できます。

また「リモートワーク可能」や「フレックス制度あり」などの細かい条件で検索絞り込みも可能です。自身の希望に合った求人を見つけて長期就労を目指している人は、dodaチャレンジを利用しましょう。f

\カウンセリング満足度94%/

あわせて読みたい
dodaチャレンジの評判・口コミを徹底調査|その他の障がい者向けの転職エージェントと比較 障がいがある人の場合、フルタイムの勤務が難しかったり、職場で何らかの配慮が必要だったりして、なかなか自分に合う求人が見つからないことがあります。 そんなときに...

LITALICOワークス | 障害を抱える人の転職実績11,000名以上

LITALICOワークス
【公式】https://works.litalico.jp/
名前LITALICOワークス
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界精神障害、発達障害の方を対象とした就職支援
公式HPhttps://works.litalico.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社LITALICO
拠点東京都目黒区上目黒2-1-1中目黒GTタワー15F/16F/20F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
LITALICOワークスの特徴
  • 障がいを抱える人の転職実績11,000人以上
  • 利用者満足度92%
  • クリニックとも連携して強迫性障害の人をサポート

LITALICOワークスは、障害を抱える人を対象とした就労支援移行サービスです。転職に向けたトレーニングや求人紹介、転職サポートなどを受けられます。

10年以上の支援実績と全国企業とのつながりがあり、都心から地方在住まで幅広い層の求職者の支援が可能です。障害を抱える人の転職実績は、11,000人以上に昇ります。

1人ひとりの求職者の障害と向き合い、転職を支援してきたことで、利用者満足度92%と高い満足度を実現しています。

強迫性障害の人の支援も充実しており、求職者が通うクリニックとの連携・症状に合わせた就労支援を行うことで、通院しながらの利用も可能です。体調管理やストレスコントロールを身につける支援もしています。

強迫性障害への理解が深いアドバイザーから支援を受けたい人は、LITALICOワークスへ相談しましょう。

https://twitter.com/therapist_shio/status/1290565440792457218?s=20&t=XmmSct7sRJYcZ0c_gWlBpA

\一人ひとりに合わせたサポート/

マイナビパートナーズ紹介 | 強迫性障害に詳しいキャリアアドバイザーが一貫サポート

マイナビパートナーズ紹介
【公式】https://mpt-shoukai.mynavi.jp/
名前マイナビパートナーズ紹介
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代全年代
対応エリア首都圏(東京都)
関西
オンライン面談対応
得意分野・業界障害者への転職サポート
公式HPhttps://mpt-shoukai.mynavi.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビパートナーズ
拠点東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 9F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話、チャット
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    4
マイナビパートナーズ紹介の特徴
  • 人材業界大手マイナビグループが運営する障がい者特化型転職エージェント
  • 強迫性障害の専門知識を持つアドバイザーからのサポート
  • 入社後のフォローも完備

マイナビパートナーズ紹介とは、大手人材紹介グループ「マイナビの特例子会社」が運営する障がい者特化型転職エージェントです。数々の障がい者雇用や転職支援のノウハウを活かして、適切な求人紹介をしてくれます。

在籍するキャリアアドバイザーは、障害の専門知識を持つプロばかりです。強迫性障害に詳しいキャリアアドバイザーが、求人紹介から入社後まで一貫してサポートします。

入社後のフォローまでしてくれるため、転職後の業務が不安な人も気軽に相談が可能です。強迫性障害の転職に詳しい転職エージェントを探している人は、ぜひ登録しましょう。

\入社後サポートあり!/

あわせて読みたい
マイナビパートナーズ紹介の評判と口コミを紹介|障がい者の方におすすめの理由を解説 「マイナビパートナーズ紹介を利用したいけど、本当に良いサービスなのか気になる……」と悩んでいる方は多いでしょう。 マイナビパートナーズ紹介には「障がい者が活躍で...

転職時に強迫性障害を隠すのはあり?会社に報告すべきなのか

転職時に強迫性障害を隠すのはあり?会社に報告すべきなのか

「転職時に強迫性障害は隠しても大丈夫?」「できれば強迫性障害をバラさずに転職したい……」このように悩んでいる人も多いでしょう。

結論、長期就労を目指すのであれば、強迫性障害であることは会社に報告しておくべきです。会社や職場に強迫性障害であること伝えておけば、配慮してもらえるケースが多く、働きやすくなります。

反対に、転職時に強迫性障害を隠して仕事を続けると、ストレスがたまり長続きしません。転職エージェントを利用して強迫性障害に理解のある企業を紹介してもらい、長期就労を目指しましょう。

強迫性障害の影響で記憶力に自信がないときの仕事の選び方は?

強迫性障害の影響で記憶力に自信がないときの仕事の選び方は?

「強迫性障害があって、記憶力に自信がない……」と感じている人は、記憶力があまり必要のない仕事を探しましょう。

「データ入力」や「軽作業」などの業務であれば、記憶力はそれほど問われません。失敗してもリカバリーが効きやすく、プレッシャーも少ないため安心して作業できます。

仕事がきちんとできるか心配な人は、転職エージェントでキャリアアドバイザーに相談しましょう。しっかりと話を聞いてもらえるだけでなく、悩みが解決するアドバイスをもらえます。

自分の弱みをカバーできる求人紹介もしてくれるため、記憶力に自信がなくて悩んでいる人は転職エージェントを利用しましょう。

強迫性障害に強い転職エージェントを利用して長期就労を目指そう!

強迫性障害でも転職は十分可能です。しかし向いている仕事と向いていない仕事があるため、自分の特性に合った仕事を選びましょう。記憶力がそれほど必要のない軽作業や、自身のペースでできるIT系・クリエイティブ系の仕事がおすすめです。

さらに、強迫性障害に理解のある企業へ転職すれば、働きやすくなり長期就労を目指せます。転職エージェントのdodaチャレンジは、強迫性障害の人が働きやすい企業の紹介してくれるため、長期就労を目指す人は必ず利用しましょう。

\カウンセリング満足度94%/

[障がい者向け記事]

関連記事

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得(証明バッジ)。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ