MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

飲食業から異業種転職はできる?経験が活かせるおすすめの仕事を紹介

現在、飲食業界で働いて、別の業界へ挑戦してみたいと考えている方は多いでしょう。

新しい業界に飛び込むとなると、未経験でも採用してもらえるのか、自分に合った仕事が見つかるのかが気になるところです。

本記事では、飲食業界からの異業種への転職について解説します。おすすめの業界や転職成功のポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

本記事でわかること
  • 飲食の経験が活かせる異業種の仕事
  • 異業種への転職成功のポイント
  • 飲食からの転職におすすめのエージェント

自分の強みや、向いている業界を知りたい人にはマイナビエージェントの利用がおすすめです。キャリアアドバイザーが親身に相談に乗ってくれるので、飲食業しか経験が無い人でも転職成功を目指せます。

\異業種の転職にもおすすめ/


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

飲食から異業種へ転職したいと考える理由

飲食から異業種へ転職したいと考える理由

飲食から異業種への転職を考える理由には、次のようなものがあります。

長時間労働がきつい

一般的な飲食店は、昼食と夕食の時間がピークタイムになるため、準備や片づけを含めるとどうしても拘束時間が10時間以上になってしまいます。

さらに、お酒を提供する店舗や24時間営業のところでは深夜勤務も発生するため、生活リズムも乱れがちです。

労働基準法を守るため、半日シフトや中抜けを作って週の合計時間は調整されることもありますが、通し勤務がきついと感じる人が多いです。

他業種と比べて給与水準が低い

飲食業は、他業種と比べて給与水準が低い傾向にあります。飲食業は人件費だけでなく、店舗の家賃や食材費がかかるうえ、他店との競争も激しく利益が少なくなる傾向があるためです。

将来に対する不安を抱きやすい

飲食業で働く人は、将来に対する不安を抱きやすいです。

飲食業で必要とされるスキルには、調理や盛り付け、メニュー考案など、飲食業界でしか通用しないものがあります。

そのため、営業スキルのように業界や商材が変わっても応用できるスキルに比べると、転職先の選択肢は狭くなりがちです。

この先も飲食業でずっとやっていくのか、どのように収入を増やしていくのかと考えると、不安になることがあります。

体力仕事で年齢を重ねるほどつらくなる

飲食店の仕事は体力仕事でもあります。長時間に及ぶ立ち仕事、重い物の持ち運び、高温になる調理場での作業などは、かなり体力を消耗します。

さらに、時間帯による忙しさの波も激しく、ランチ・ディナー時には息つく暇もありません。また、腰痛や腱鞘炎になってしまうと、出勤しても他にできる業務が少ないため、勤務自体を休まざるを得なくなってしまうケースもあります。

スタッフ同士やお客の対応が大変

飲食業では、人間関係に苦労する人も多いです。店舗の立地によっては、マナーが悪いお客に悩まされることがあります。

また、飲食業のスタッフはアルバイトの比率が高いです。そのため、正社員はアルバイト教育やシフト管理もしなければなりません。

アルバイトが急に休んでしまったり、クレームを起こしてしまった際に対応を迫られたりするなど、ストレスを感じやすい仕事です。

飲食業から異業種転職が可能な理由

飲食業から異業種転職が可能な理由

結論を述べると、異業種転職は可能です。飲食業から異業種転職が可能な理由として、次の2つが挙げられます。

異業種でも活かせるスキルをもっている可能性が高いから

飲食業で身に付く次のようなスキルは、異業種でも役に立ちます。

飲食業で身につくスキル
  • 基本的な社会人マナー
  • 協調性
  • コミュニケーション力
  • マルチタスクをこなす力
  • 在庫・売上管理スキル

飲食業では、忙しい時でも視野を広くして、自分で考え動く力が養われます。そのため、いわゆる「指示待ち人間」になりにくく、他の業界でも活躍できることが多いです。

人手不足により採用に積極的な企業が多く存在するから

近年、少子高齢化や雇用の流動化によって、人手不足に悩む企業が増えています。今までは新卒採用しか実施していなかった大企業で、中途や第二新卒の採用を始めたという話もあります。

特に20代のような若年層では、実績よりもポテンシャルを重視される傾向があるため、異業種転職を希望する人にとっては有利な状況です。しっかり情報収集すれば、未経験でも大手・優良企業への転職を目指せます。

飲食業から転職するのにおすすめの仕事

飲食業から転職するのにおすすめの仕事

ここからは、飲食業からの転職におすすめの仕事を紹介します。

飲食業から転職するのにおすすめの仕事

接客・販売業

人と接する仕事が好きな人には、接客・販売業がおすすめです。飲食業で培ったコミュニケーション力や接客マナー、クレーム対応のスキルなどを活かして働けます。

また、ひと言で接客・販売業といっても、さまざまなジャンルがあります。アパレルや家電のようにモノを売る仕事、旅行や教育のようにサービスを売る仕事などがあるため、自分の興味があるものを見つけやすいのもメリットです。

営業職

コミュニケーション力に自信がある人には、営業職もおすすめです。顧客のニーズを聞き出したり、細かな気配りをしたりする点が飲食業と共通しています。

飲食業と違うのは、営業成績が収入に直結しやすいという点です。飲食業も売上目標を追うことはありますが、それによって年収が大きく変動することはなかなかありません。

一方、営業職は自分の頑張りが成績につながりやすく、給与や賞与もアップしやすいのがメリットです。

あわせて読みたい
【比較】営業転職でおすすめの転職エージェント13選|営業に強い総合型と特化型のエージェントをそれぞ... 営業職はニーズが多く、転職先を見つけやすいのが特徴です。国内の労働者数のうち、約10%が営業職として働いています。 出典:ミイダスマガジン 数多くの企業から求人...

事務職

体力仕事やお客のクレーム対応などに疲れてしまった人には、事務職がおすすめです。

事務職ならデスクワークが多いため体力的に楽ですし、コミュニケーションをとる相手はほとんどが社内の人になります(営業事務などクライアントワークを含む業務を除く)。

また、経理人事のような職種はどの企業にも存在するため、知識と経験を身に付ければ長期的なキャリアアップを目指せるのもメリットです。

IT業界

IT業界に興味がある人には、エンジニアWebデザイナーなどの仕事がおすすめです。

IT業界は人手不足が特に深刻な業界の1つで、新卒の初任給でさえ30万円以上で募集する企業も存在します。

もちろん専門性の高い仕事ではありますが、20代~30代前半であれば、未経験者向けの社内教育を完備した企業が増えています。今後もIT人材の需要は高い状態が続くと予想されているため、若いうちにキャリアチェンジするにはぴったりの業界と言えます。

介護業界

求人が多いという意味では、介護業界もおすすめです。未経験でも採用されやすく、実際にいろいろな業界から転職してきた人たちが活躍している業界です。

人と接することが好きな人や、誰かの役に立つことで喜びを感じられる人に向いています。

ただし、体力仕事であることや、給与水準が低いことなどは飲食業と共通するため、条件の良い企業を選ぶことが重要です。

飲食業から異業種転職を目指す方法

飲食業から異業種転職を目指す方法

飲食業から異業種転職を目指す方法は、以下の通りです。

異業種・未経験転職に強い転職エージェントに相談する

飲食業以外への転職を決めたら、まずは異業種・未経験転職に強い転職エージェントに相談しましょう。1人で求人情報を検索しても、業界の特性や相場、ホワイト企業の選び方などが分かりません。

そのため、行きたい業界が決まっているかどうかに関わらず、転職のプロから情報を仕入れることは大切です。エージェントには非公開の優良求人もあるので、ぜひ積極的に活用しましょう。

飲食業で得たスキルを明確にし、自己PRに役立てる

転職活動では、求人を探すのと同じぐらい自己分析をすることも大切です。

特に異業種を目指す場合、飲食業の職歴だけでは直接のアピールになりません。そのため、自分が身に付けたスキルや経験を細かく棚卸したうえで、次の仕事でどのように活かせるのかを分析し、説明することが必要です。

職歴以外の部分で、自分を採用するメリットをアピールできるようにしましょう。

希望条件を絞り込みすぎず、できるだけ多くの仕事と出会う

未経験の場合、経験者に比べれば最初から好条件で転職できる可能性が低くなります。求人を選ぶ際は、給与・仕事内容・勤務地・労働時間などさまざまな要素がありますが、全てを求めるのは現実的ではありません。

希望条件は「絶対に譲れないもの」だけにして、なるべく幅広く情報を集めることが大切です。特に未経験の人は、仕事内容について自分のイメージだけでジャッジしてしまう傾向があるので、注意しましょう。

飲食からの転職の失敗談

飲食からの転職の失敗談

SNSでは、飲食業からの転職で失敗した人から次のような声があがっていました。

「給料が仕事に見合わない」「新しい職場も長時間労働だった」などの投稿が見受けられます。実際に働いてみなければ分からない部分はありますが、正しく情報収集をすることでリスク回避ができます。

転職エージェントなら、実際の残業時間や職場の空気感など、求人には載っていない情報を持っていることもあるので、ぜひ積極的に利用しましょう。

飲食業界から異業種へ転職したい人が利用すべき転職エージェント

飲食業から異業種へ転職したい人におすすめのエージェントを3つ紹介します。

ハタラクティブ

名前ハタラクティブ
料金無料
求人数公開求人: 3,372件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対応エリア全国
オンライン面談LINEビデオ面談可
得意分野・業界フリーター・既卒・
第二新卒の支援に特化
公式HPhttps://hataractive.jp/
詳細を見る
運営会社名レバレジーズ株式会社
拠点東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号
渋谷スクランブルスクエア24F・25F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ハタラクティブの特徴
  • 20代未経験者向け転職エージェント
  • 約8割の企業が未経験OK
  • 親身なサポートで内定率は80.4%!

ハタラクティブは、第二新卒をはじめ若手・未経験者の転職支援に強いエージェントです。

3,000件近い求人のうち、8割以上を未経験OKの仕事が占めています。学歴や職歴に自信が無い人でも安心して相談ができ、自分に合う企業を一緒に探してもらえるのがメリットです。

実際に利用した人からは「未経験でもこんなに求人があるのかと驚いた」「登録して話をするだけで不安が減った」などの声が寄せられています。

▼ハタラクティブの口コミ

Review Image
ジェリーさん
20代の頃はやりたい仕事がなくフラフラしていましたが、自分に合った仕事を見つけるため試しに利用してみることにしました。 若年層をターゲットにした転職サイトということで、キャリアに自信がなくても就職のプロがしっかりサポートしてくれるので安心です。 面接対策会に参加することも可能で、今まで苦手だった面接でも自分をしっかりアピールできるようになったと思います。
Review Image
きびだんごさん
私はフリーターとして働いていたのですが、将来に不安を感じて転職活動を始めました。ハタラクティブを選んだのは、若年者就職支援が得意だという口コミを見たからです。登録後アドバイザーとの面接があり、これまでの職歴や将来に対する希望などを話しました。その後求人の紹介を受けて、正社員として採用されました。前に職務経歴書の作成や面接に関する具体的なアドバイスがあったので、自信を持って面接に望むことができました。

引用:みん評みん評

\経歴に自信がなくても安心/

あわせて読みたい
ハタラクティブの気になる評判は本当?口コミと実際に使ってみて体験談を公開 ハタラクティブをネットで検索すると、気になる評判も出てきて不安に思いますよね。 ただ、気になる評判に反して、ハタラクティブへの口コミや評判は良いものも非常に多...

ジェイック就職カレッジ

名前ジェイック就職カレッジ
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代18~35歳
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界20代、女性、中退者の転職支援
公式HPhttps://www.jaic-college.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ジェイック
拠点東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル6F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段メール、電話
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ジェイック就職カレッジの特徴
  • 未経験・キャリアなしの転職サポートに強み
  • 就職した企業への定着率は91.5%
  • 書類選考なしで企業と面接できる

ジェイック就職カレッジも、未経験の若手人材の転職支援を得意とするエージェントです。累計23,000名以上の支援実績があり、就職成功率は81.1%という高さを誇ります。

さらに「就職カレッジ」の名の通り、無料の就職講座が受けられるのもメリットです。具体的には、ビジネスマナーや履歴書の書き方、面接対策などを教えてもらえます。

そのため、社会経験が浅くて書類の書き方やマナーに自信が無い人にもぴったりです。

▼ジェイック就職カレッジの口コミ

Review Image
長生殿さん
新卒で入った会社が合わなかったためどうしようかと考えていた時、20代専門の正社員採用を応援してくれるサービスを見つけ、自分にぴったりだと思い利用することにしました。 私がその中で選んだのは女子カレッジで、事務職を希望する私にたくさん仕事を紹介してくれました。 前職が営業だったので事務は未経験でしたが、アドバイザーの方に相談することで不安も消え、自分に合っていると思う会社から内定をもらうことが出来ました。
Review Image
たえさん
昨年、希望にそった転職先を見つけ、転職を果たすことができました。 この業者の特徴として感じたのは、転職支援の体制が充実している点でした。転職に向けた社員教育などの支援体制が整っていました。 転職先で即戦力として活躍できるよう、社員教育のカリキュラムがたくさん用意されていて、転職活動前と後では意欲面でも能力面でも大きな差があると振り返っています。

引用:みん評みん評

\書類選考の免除もアリ!/

あわせて読みたい
ジェイック就職カレッジの評判は?ジェイック就職カレッジを利用していた人の実際の口コミ・評判を大公開 ジェイック就職カレッジとは、無料の就職講座を完備した転職エージェントです。フリーターや大学中退者でも就職しやすいと、かなり好評を得ています。 当記事では、人材...

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 5
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 第二新卒・未経験の転職に強い
  • 大手マイナビグループだから安心
  • 女性の転職支援も得意

マイナビエージェントは、2023年オリコン顧客満足度調査で第1位に輝いているエージェントです。大手マイナビグループという立場を活かして、多くの求人と転職ノウハウを持っています。

マイナビエージェントに登録すると、専任のアドバイザーが希望条件のヒアリングから企業紹介、応募書類の添削、面接対策、条件交渉まで手厚くフォローしてくれます。

プロのサポートを受ければ、個人で求人に応募するよりも格段に内定率アップが期待できること間違いなしです。丁寧なサポートに定評があるので、転職活動に不安を抱いている人はぜひ登録してみてください。

▼マイナビエージェントの口コミ

Review Image
みほさん
未経験の職種への転職でお世話になりました。書類も面接も不安がなくなるまで親身になって対応してくださいました。結果的にもきちんと自分で納得して転職先を決めることができました。転職先決定後のフォローも手厚く行ってくださいました。ありがとうございました。
Review Image
Kenichi Otsukaさん
数社活用しましたが、最終的にマイナビエージェントさんで紹介して頂いた会社に就職することになりました。 初めての転職活動でしたが、イチから丁寧に教えて頂き、大変感謝しております。 また、内定後のフォローについてもしっかりとサポートして頂きました。

\非公開求人が豊富!/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 マイナビエージェントは、20代30代の転職において絶大なる人気を獲得しています。20代、30代前半の方は絶対に登録すべき転職エージェントです。 当記事では、マイナビエ...

【年齢別】飲食業から異業種転職を目指す際のポイント

【年齢別】飲食業から異業種転職を目指す際のポイント

飲食業から異業種転職を目指す際のポイントについて、年齢別に解説します。

20代 | 自分の強みを把握したうえでポテンシャルをアピールする

20代の場合は、今後の成長に期待した「ポテンシャル採用」が期待できます。ポテンシャル採用では、現時点での実績よりも意欲やコミュニケーション能力、人間性などが重視されます。

そのため、「努力家である」「協調性がある」のように、職歴とは別の視点で長所をアピールすることが効果的です。気になる求人には積極的に応募しましょう。

あわせて読みたい
第二新卒はポテンシャル採用が重視!就職しやすい業界や転職を成功させるポイント、おすすめの転職エー... 新卒入社後2〜3年である第二新卒の転職では、スキルや経験よりも特性や潜在的な能力を重視するポテンシャル採用が広がっています。 自分のポテンシャルに気付き、ポテン...

30代 | 飲食業で得たスキルを応募企業で活かせることをアピールする

30代というと、一般的には社会人経験が10年ほどになる頃です。そのため、転職時にはポテンシャルだけでなく経験や実績も重視されます。

異業種転職の場合、調理スキルのような飲食業に特有のものよりも、汎用スキルのアピールが効果的です。例えば、売上管理やスタッフのマネジメント、マルチタスクのスキルなどがあります。

自分が飲食業で身に付けたスキルを整理して、転職先でどのように活かせるのかを論理的にアピールしましょう。

あわせて読みたい
30代の仕事の探し方は?自分に合った仕事を見つける方法と失敗しないポイントを解説 今の仕事に精一杯になり、今後のキャリアプランをじっくり考えられていない人は多いのではないでしょうか。 転職難易度は年齢とともに上がっていくので、早いうちに将来...

40代以上 | マネジメント経験をアピールor人手不足の業界をチェックする

40代以上の人は、マネジメント経験をアピールすることが選考において有効です。具体的には、店舗スタッフのリーダーとして目標達成に取り組んだことや、課題を分析して解決したことなどが挙げられます。

ただし、40代になると未経験者の募集はぐっと減るのが現状です。そのため、人手不足の業界の中から、興味が持てる仕事を探すと採用される可能性が高まります。

いずれにしても、新しい業界でも柔軟性をもって、イチから勉強する姿勢を見せることも大切です。

あわせて読みたい
仕事を辞めたい40代が今すべきこと | 40代で会社を辞めた人のリアルとは? 今の仕事を続けていて大丈夫なのか、不安に感じている40代の人は多いでしょう。とはいえ仕事を辞めても再就職できる保証はなく、なかなか行動に移せないと悩んでしまい...

よくある質問

よくある質問

異業種転職を希望する人からよくある質問にお答えします。

飲食から異業種転職を目指すなら転職エージェントを利用すべき?

異業種転職を目指す人は、エージェントを利用すべきです。理由は大きく2つあります。

異業種転職を目指す人が転職エージェントを利用すべき理由
  • 異業種に関する知識が乏しいため
  • 同業での転職に比べてアピール方法が難しいため

転職エージェントを利用すれば、転職のプロが企業情報や業界のトレンド、収入の相場などを教えてくれます。さらに、企業に対してあなたをどのように売り込むかを一緒に考えてくれるのもメリットです。

飲食からの転職は難しいって本当?

飲食からの転職は難しいですが、そもそも「簡単な転職」はありません。たとえ同業種の転職であっても、より良い条件の仕事を求める限り、比例して高いハードルがあるものです。

「飲食業は潰しがきかない」と聞いて悲観している人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。これまで頑張って身に付けたスキルを整理して、うまくアピールすれば異業種転職は可能です。ただし、選考対策はしっかり行いましょう。

飲食から異業種へ転職するなら資格があったほうがいい?

転職の際、資格はあった方が有利です。業界を問わず重宝される資格としては、TOEICや簿記などがあります。例えば、介護なら介護福祉士や社会福祉士、事務職なら秘書検定やMOSなども有効です。

そのほか、資格ではありませんがプログラミングやWebに関するスキルも、身に付けておくと転職活動時に有利に働きます。

飲食業から異業種へ転職を目指すなら転職エージェントに相談しよう!

飲食業から異業種に転職するなら、戦略的に活動することが大切です。転職エージェントを利用すれば、あなたの強みや適性を一緒に考えてくれます。

マイナビエージェントに相談すれば、非公開求人を含めた豊富な求人の中から、自分に合ったものを紹介してくれます。個人で応募すると書類選考で落ちてしまうような場合でも、エージェントがあと押ししてもらえる点も魅力です。

登録から内定まで、無料でサポートが受けられますので、ぜひ気軽に相談してみましょう。

\異業種の転職にもおすすめ/

▼関連記事

あわせて読みたい
飲食店の正社員がきつい理由4つを紹介|飲食店を辞めたいときの対処方法を紹介 飲食店の正社員は勤務時間が長く、給料が低いなど、シビアな働き方をしている人が多いというのはよく耳にする話です。 実際に飲食店の正社員がきついのか、給料や労働時...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

杉田陸のアバター 杉田陸 キャリアクラス編集者

宮崎県宮崎市生まれ。福岡大学経済学部を卒業。新卒でVC工業株式会社に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。現在はキャリアクラスのディレクターとして、キャリアに関するニュースでの情報収集や転職成功者へのインタビューを行い、キャリアや転職への知見を増やしている。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。プロティアン・キャリア協会が行うプロティアン検定資格を取得。
>>杉田の転職体験談を見る

気になる見出しをタップ