MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

シンクタンクの転職難易度は高い?未経験から転職できるかを解説

シンクタンクは調査・分析を行い、行政や国への政策提言する専門性の高い仕事です。平均年収も高く人気がある一方で、求人数が少なく転職方法が分からない人も多い業界です。

しかし、簡単ではないものの、未経験からもシンクタンクへ転職できます。

そこで本記事では、シンクタンクの転職難易度を徹底解説します。シンクタンクへ転職したいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

本記事で分かること
  • シンクタンクへの転職難易度
  • シンクタンクへの転職に求められるスキル・経験
  • シンクタンクへの転職を成功させるポイント
  • シンクタンクへの転職とキャリアパス

シンクタンクへの転職を考えている人は、JACリクルートメントに登録しましょう。ハイクラス求人に特化したエージェントで、シンクタンクへの転職実績もあります。

\シンクタンクへの転職実績多数 /


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

シンクタンクとは?業界の概要を解説

シンクタンクとは?業界の概要を解説

シンクタンク(Think Tank)は、テーマに対して調査や研究、分析、提言、システム開発を行いクライアントのサポートをする業界です。頭脳集団とも呼ばれます。

普段の生活ではなじみのない業界かもしれません。政府系シンクタンクと民間系シンクタンクの2種類に分別されます。

クライアントの分野を対象にしているため、政治、経済、防災、文化など多岐に渡り、専門性が高いのが特徴です。

官公庁や地方自治体の行政機関から一般企業まで、さまざまな組織がクライアントになります。

シンクタンク業界の概要を解説
  • コンサルティングファームとの違い
  • シンクタンクの種類は政府系と民間系の2つ
  • 主な仕事内容

コンサルティングファームとの違い

シンクタンクとコンサルティングは、混同されやすい業界です。それぞれの違いを解説します。

シンクタンクは、主にテーマに対する調査や分析と政策提言を行います。課題解決の具体的施策まで行うことは少ないです。目の前の課題というより、中長期的テーマが多いです。

一方コンサルティングファームは、今起きている課題を対象とする場合が多く、課題解決のための施策を提示して支援を行います。

最近ではシンクタンクでも、具体的施策の提案を含めたコンサルティング業務を行う場合もあります。

具体的施策を提案するかどうかがポイントです。

シンクタンクの種類は政府系と民間系の2つ

シンクタンクには、政府系と民間系の2種類あります。

政府系シンクタンクとは、官公庁により設立された機関で、国の政策に対して調査・研究・提案を行う非営利団体です。

政治系シンクタンクの企業例
  • 経済社会総合研究所
  • 経済産業研究所
  • 日本国際問題研究所
  • 日本銀行金融研究所

民間系シンクタンクは、民間企業から派生した営利団体です。主に一般企業から依頼を受け経営戦略の提言などを行います。

民間系シンクタンクの企業例
  • 株式会社野村総合研究所
  • 株式会社三菱総合研究所
  • 日本総合研究所株式会社

主な仕事内容

シンクタンクの主な仕事内容は、「調査・分析」「政策提言」です。テーマに関するデータ取集や必要な調査を行い、結果を分析して提言を行います。

シンクタンクは、官公庁や企業から案件を受託が多いです。民間の金融系シンクタンクであれば、金融機構のグループ会社として経済分析を行います。

民間企業での経営アドバイザーや、IT系のシステムインテグレーターを行う場合もあります。

いずれの場合でも、客観的事実に基づき分析し、提言まで行うためには高い専門性が求められる仕事です。

シンクタンクへの転職難易度は高い?

シンクタンクへの転職難易度は高い?

シンクタンクの就職難易度は高く、簡単には転職できません。理由は次のとおりです。

シンクタンクの就職難易度が高い理由
  • 選考内容がハイレベル、高学歴指向(特に大手シンクタンク)
  • 高い専門性、論理思考力が必要
  • 前職の経験も重視
  • 求人が少ない

シンクタンクは学歴、前職の経験など求められる条件が高く、特有の面接が行われるのが特徴です。

未経験での募集を行っている企業ありますが、採用される人は、理系や大学院出身者、経営企画部門やマーケティング部門、M&A部門の出身者が多く、これまでのバックグラウンドも評価されます。

シンクタンクへの転職求人情報

実際に、シンクタンクではどのような求人があるのか紹介します。

・仕事内容:コンサルティングによるリスク管理、顧客の経営・業務課題を解決
・応募資格:国内外の大学卒業以上
・給与:経験に応じて個別に決定
・勤務形態:裁量労働制
・職種:金融、経営コンサルなど職種別に募集
・歓迎スキルや資格:業務遂行能力、プレゼンテーション力、TOEIC800点以上

分野毎に募集が分かれている場合も多いです。専門知識を持つ分野や経験のある分野の職種が募集されていないか、こまめに確認しましょう。

未経験からの転職難易度

難易度は高いものの、未経験でのシンクタンクへ転職も可能です。実際に、多くのシクタンク企業が未経験でのポテンシャル採用を行なっています。

今後の成長が見込まれての入社となるため、20代が有利です。

しかし30代半ば以降となると、シンクタンクやコンサルの経験はなくとも関連分野に精通していたり実績があったりと、強みがない限り未経験転職は厳しいでしょう。

狭き門ではありますが、広く浅くではなく専門分野に注力したい方や、社会性の高いの高い課題に関心の高い方、ロジカルシンキングが得意な方は、未経験でもシンクタンクに転職できる可能性は十分にあります。

シンクタンクへの転職に求められるスキル・経験

シンクタンクへの転職に求められるスキル・経験

シンクタンクの転職に必須な資格はありませんが、求められるスキルと有利になる可能性がある資格を紹介します。

求められるスキル
  • ロジカルシンキング(論理思考力)
  • 主体性
あると有利になりやすい資格
  • MBA(経済の基礎知識)
  • 英語系の資格(TOEIC、TOEFL)

仮説検証を繰り返すシンクタンクに、ロジカルシンキングは必須のスキルです。面接でも問われる可能性が高いため、シンクタンクを目指しているなら日頃から鍛えておきましょう。

必須の資格はありませんが、MBAや英語系の資格を持っている場合は、ぜひアピールしましょう。プラス評価になる場合があります。英語が得意な場合は、事前にTOEICなど受験しておくのもおすすめです。

シンクタンクへの転職が向いている人の特徴

シンクタンクへの転職が向いている人の特徴

シンクタンク企業の転職に向いている人の特徴を7つ紹介します。

シンクタンクへの転職が向いている人の特徴
  • ロジカルシンキングが得意
  • 社会的意義のある課題・プロジェクトに関心がある
  • 専門分野を持っている
  • コミュニケーション能力が高い
  • プレゼンテーション能力が高い
  • 知的好奇心がある
  • 高い向上心がある

シンクタンクは課題に対して調査・分析、提言を行うのが主な仕事であるため、ロジカルシンキングや仮説検証が苦手な人は向いていません。

また、シンクタンクは中長期的な課題に取り組む場合が多く、プリジェクト終了後にすぐに課題解決に向け動けるものではありません。

調査分析の結果、改善施策の実行まで希望している場合は、シンクタンクではなくコンサルの方が向いているでしょう。

あわせて読みたい
シンクタンクに向いている人・向いていない人を診断!向いている人の特徴と求められるスキルを紹介 シンクタンクは政府組織や民間企業の依頼で「調査・研究・分析」をおこない課題解決に導く機関です。 社会への貢献度が高くやりがいが大きい仕事ですが、そのぶん高い専...

シンクタンクへの転職を成功させるポイント

シンクタンクへの転職を成功させるポイント

シンクタンクへの転職を成功させるポイントを3つ紹介します。

中小規模のシンクタンクもターゲットにする

シンクタンクへの転職を成功させるためには、大手だけでなく中小系のシンクタンク企業も狙いましょう。

シンクタンクへの転職の可能性を広げられます。あまり知られていませんが、シンクタンク企業は国内に100社以上あるのです。

大手シンクタンクほど難易度も高くないため、中小系のシンクタンクの方が転職できる可能性が高いです。転職サイトや転職エージェントを活用して、広く求人を探してみましょう。

面接対策として論理的思考力を試す問題に慣れておく

面接では論理的思考力を試す質問があるため、対策が重要です。

「フェルミ推定」と呼ばれており、答えを知っているかではなく、客観的事実から、どのように考えたのか、回答を出すまでの過程をちゃんと説明できるかが見られています。

例えば、「自宅で使われる電球の年間個数を求める」問題の場合、日本の人口と1世帯あたりの人数、1世帯あたりの電球の数と年間交換回数から推定します。

この場合、客観的事実が日本の人口、仮定が1世帯あたりの人数・電球の数・年間交換回数です。 面接前にフェルミ推定対策をしっかり行いましょう。

志望動機や自己PR、自身の将来像などを言語化できるよう準備しておく

面接では、志望動機や自己PR、希望の将来像を答えられるよう準備しておきましょう。

特に志望動機では、コンサルティング業界ではなくシンクタンク業界志望である理由が重要です。

また、未経験転職である場合でも、前職の経験は注目されます。異なる業界や職種であっても、課題解決に向けて取り組んだ事例や、日頃からどのように考え仕事に取り組んでいたのか、シンクタンクでも活かせると思ってもらわなければいけません。

これまでの経験の棚卸しを行い、志望動機にも織り込み言語化しておきましょう。

シンクタンクへの転職とキャリアパス

シンクタンクへの転職とキャリアパス

シンクタンクのキャリアは、一般的に以下の通りです。

シンクタンクへの転職とキャリアパス
  • 研究員:調査設計や調査、分析など調査研究の基礎的な実務を行う。過去に同様な事例がある調査の設計から分析・報告まで担当する。
  • 主任研究員:過去に例のない調査であっても最適なやり方で設計を組み立てられる。プロジェクトマネジメントスキルと高い専門性を有する。大学教授や実務家など、外部の人脈も活用してプロジェクトを進められる。
  • 上席研究員:プロジェクトを総合的に管理する立場。プロジェクトの進行だけなく、人材の育成も行う。
  • 主席研究員:研究員として最高位のランク。社内では全体のマネジメントを行い、担当分野の専門家として社会に認知されている。

シンクタンク企業は実力主義が多く、結果を残せばキャリアアップしていけます。

シンクタンクを退職した後の転職先

シンクタンクを経験した後のキャリアパスは、事業会社や他のコンサルティングファームなどさまざまな選択肢があります。

シンクタンクで専門性を養っているため、大学などその分野の研究機関に転職する場合も多いです。分野によって転職先も異なります。

例えば、経済・金融系の専門であれば大手銀行、IT系の専門であればソフトウェアメーカーやIT企業に移る人もいます。

シンクタンクでは深い専門知識とプロジェクトを完遂させる実行力が身に付くため、その後の転職先の選択肢は幅広いのが特徴です。 シンクタンクで得た経験と知識は、色んな業界で役立ちます。

シンクタンクへの転職実績のある転職エージェント

以下では、シンクタンクへの豊富な転職支援実績を持つ転職エージェントを2つ紹介します。

シンクタンクへの転職実績のある転職エージェント

JACリクルートメント

名前JACリクルートメント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界管理職クラス、外資系企業、海外進出企業など
公式HPhttps://www.jac-recruitment.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
拠点東京都千代田区神田神保町1-105番地
神保町三井ビルディング14F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
JACリクルートメントの特徴
  • 管理職や専門職の転職支援に特化
  • 海外関連の求人に強い
  • 企業と求職者双方への支援を一人のコンサルタントが実施

JACリクルートメントは、ハイクラス・ミドルクラス〜アッパー層向け転職エージェントです。オリコン顧客満足度5年連続No.1を獲得しています。

約43万人ものハイクラス転職を支援し、シンクタンク転職実績も豊富です。外資系企業への転職活動にも向いています。

また、企業担当が求職者の対応も行う「両面型」の体制をとっているため、最新の情報を得られるのが特徴です。

シンクタンクを目指している人は、専門職転職に強いJACリクルートメントに登録しましょう。

\両面型のサポート! /

あわせて読みたい
【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメインに扱っており、管理職や専門職への転職サポー...

リクルートダイレクトスカウト

名前リクルートダイレクトスカウト
料金無料
求人数公開求人:50万件以上
非公開求人数:-
(2023年12月14日現在)
※今の求人数:公式HP参照
対象年代20代〜60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界ハイクラス・エグゼクティブに特化
公式HPhttps://directscout.recruit.co.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社リクルート
拠点東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    5
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 4
    利用者満足度
  • 4
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • ハイクラス求人に特化したスカウト型のサービス
  • 管理職、専門職の求人を多数保有
  • ヘッドハンターを自由に選べる

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートが展開するスカウトサービスです。ハイクラス向け案件に特化しており、シンクタンクへの転職実績もあります。

年収800万円以上の求人が豊富で、年収を上げたい方におすすめです。

スカウトサービスのため、登録後は調べなくても求人紹介を受けられます。また、ヘッドハンターを自分で選べるため、希望の業界やヘッドハンターの実績から合いそうな人を選びましょう。

シンクタンクのスカウトが来る可能性もあるため、ぜひ登録しておきましょう。

https://twitter.com/torinokok/status/1594526020262318080

\ハイクラス求人のスカウト! /

あわせて読みたい
リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミ|使ってみた体験談を紹介 リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラスから大人気かつ評判の良い転職サービスです。 登録するだけで、年収800万〜2,000万の求人からスカウトが来る可能性がありま...

シンクタンクへの転職希望者からよくある質問

シンクタンクへの転職希望者からよくある質問

シンクタンクの転職希望者に多い3つの質問を紹介します。

シンクタンクの激務度はどれくらい?

シンクタンクは激務な印象がありますが、実際に忙しい仕事です。

大手シンクタンク5社の残業時間は平均50時間程度と、一般企業の平均残業時間の25時間を大きく上回っています。

シンクタンクは中長期的なテーマや社会性の高い課題など、解決策がないプロジェクトを進めていきます。高いレベルの成果を求められるため、その要求に応える調査や分析に時間がかかってしまうのです。

シンクタンクの平均年収・給与水準は?

シンクタンクの平均年収は、一般平均より高いです。

会社や役職によって異なりますが、30〜40代の平均年収は1,000万円です。激務で高いレベルの成果を求められる分、しっかり給料に反映されています。

シンクタンクの離職率は?

激務の印象が強いシンクタンクですが、離職率は低い傾向にあります。

就職四季報2018年版によるとコンサルティング・シンクタンク・リサーチ業界の入社3年での離職率は12.3%でした。

参考情報:東洋経済オンライン「就職四季報プラスワン」

シンクタンクは転職難易度が高い!成功を目指すならエージェントサービスを活用

シンクタンクへの転職は人気が高く求人数が少ないため、非常に難易度が高いです。

しかし、ポテンシャル採用を行う企業もあり、未経験でも転職できる可能性は十分にあります。必要なスキルや面接対策をしっかり行い、転職活動を進めていきましょう。

転職エージェントは、シンクタンクへの転職実績があるJACリクルートメントリクルートダイレクトスカウトがおすすめです。

求人の紹介から面接対策まで、しっかりサポートしてもらえます。

\シンクタンクへの転職実績多数 /

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ