MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

地元で働く求人の探し方は?地元企業に就職・転職するメリットや成功させるコツも解説

本記事でわかること
  • 地元求人の探し方
  • 地元企業に就職・転職するメリット
  • 自分に合った地元の求人を見つけて就職・転職を成功させるコツ

近年、地元企業への就職・転職を望む若年層が増加しています。地元での就職・転職活動を検討している人の中には「どのように自分にあった求人を探せばよいのかわからない」と悩む人も多いでしょう。

どうしても求人数が限られてしまう地方において、自分のニーズや適性に合う求人を見つけるのは簡単なことではありません。

そこで今回は、地元求人の探し方や地元で就職・転職を成功させるコツなどを解説します。本記事を読めば、あなたにピッタリの地元企業が見つけられるので是非参考にしてください。

地方への転職を検討している方は、マイナビエージェントに相談しましょう。マイナビエージェントには、地方転職の実績が豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍しています。転職を成功させるためには地方特有の転職事情を把握しておくことが欠かせません。

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/

\20代〜30代前半におすすめ!/

>>公式HPを見る


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

自分の地元で求人を探す人は増えている

マイナビが実施した「2024 年卒大学生 U ターン・地元就職に関する調査」によると、「地元での就職を希望する」と答えた人の割合は約62.6%であったとされています。

自分の地元で求人を探す人は増加傾向にあり、2024年はここ数年間ではもっとも高い割合となりました。

地元就職希望者の割合.
引用:大学生とつくる就活応援ニュースゼミ

地元就職を希望する理由として以下のようなことが挙げられています。

地元就職を希望する理由
  • 両親や祖父母の近くで生活したいから
  • 実家から通えて経済的に楽だから
  • 地元(Uターン先)での生活に慣れているから
  • 地元の風土が好きだから
  • 仕事とプライベートを両立させたいから

生活や経済面を安定させたいという人が多いですが、地元に貢献したいといった思いから地元就職を希望する人もいるようです。

参考:大学生とつくる就活応援ニュースゼミ|24卒に聞きました「わたしたちが“地元で働きたい”と考えたワケ」
参考:マイナビキャリアリサーチLab | 2024年卒大学生Uターン・地元就職に関する調査

地元で働く求人の探し方6選

地元で働く求人の探し方6選を紹介します。

地元就職を希望している人は参考にしてください。

就職・転職エージェントで自分に合った求人を紹介してもらう

地元就職をしたい人に一番おすすめなのが、就職・転職エージェントで自分に合った求人を紹介してもらう方法です。

エージェントを利用すれば、ヒアリングを実施した上であなたの適性に合った求人を紹介してもらえます。

また、書類作成や面接対策などもサポートしてもらえるので、1社1社の選考の質を保ちながら、効率良く就職・転職活動を行えます。

地元就職を希望する人は、地元の求人を多く扱う就職・転職エージェントを利用しましょう。

地元に強い求人サイトで希望条件に当てはまる求人を探す

地元に強い求人サイトを利用して、希望条件に当てはまる求人を探す方法もあります。求人サイトにはエージェントよりも求人数が多く掲載されているので、より広い選択肢の中から自分のペースで仕事探しをすることが可能です。

各求人サイトには選考を効率的に進められる便利な機能やサービスが提供されています。ただし、限られた時間の中で就職・転職活動を行う場合、自分で地元求人を探すのが負担に感じてしまう可能性はあります。

また、エージェントほど選考サポートが手厚くないことは念頭に置いておきましょう。

ハローワークで地元に根ざした企業の求人を探す

ハローワークを利用して地元に根ざした企業の求人を探すという方法もあります。ハローワークにはエージェントや求人サイトが持っていない地元企業の求人が掲載されている可能性があります。

ハローワークの職員も求職者に対してアドバイスを提供していますが、転職のプロ集団・機関ではないので、本格的な選考対策には期待できません。

あわせて読みたい
ハローワークの求人はブラックばかりと言われる理由とまともな求人の見分け方を徹底解説 本記事でわかること ハローワークの求人にブラック企業が多いといわれる理由 転職活動するなら転職エージェントを登録すべき理由 実際にハローワークを利用した方の口コ...

厚生労働省の「LO活」で自分の自治体に絞って求人を探す

厚生労働省の「LO活」で自分の自治体に絞って求人を探す方法もあります。LO活(Local就活)とは、厚生労働省が実施している、地方就職を希望する若年層を支援するプロジェクトです。

LO活では、地元別に求人紹介サイトを設けているので、自分の地元の求人を効率よく探せます。LO活も転職のプロ集団・機関が運営するものではないので、選考対策は自身で行う必要があります。

参考:LO活|地方で見つける!自分らしい生き方、働き方。

商工会議所の就職説明会・相談会に参加する

商工会議所の就職説明会・相談会に参加して地元就職を目指す方法もあります。地域にもよりますが、会員になっている地元の中小企業を集めて説明会・相談会などのイベントを定期的に開催している場合があります。

地元の中小企業を希望するのであれば、商工会議所のイベントに積極的に参加しましょう。また、商工会議所には地元企業の事情に詳しい経営指導員が常駐しているケースが多いです。

そのため、商工会議所を訪ねれば、人材を求めている地元の中小企業の情報などを得られることもあります。

興味がある企業のWebサイトから直接求人をチェックする

興味がある地元企業のWebサイトから、直接求人をチェックする方法もあります。基本的に企業のホームページには採用ページが設けられています。

特定の企業に興味がある場合は、直接企業のホームページをチェックする方が、手っ取り早く求人の有無や募集要項などを知れることが多いです。

ただし、この方法も選考対策は自分で実施する必要がある点には注意しましょう。

地元にある優良企業の求人を見つけるならどれがおすすめ?

地元にある優良企業の求人を見つけたい人には、就職・転職エージェントを利用する方法が一番おすすめです。なぜなら、就職・転職のプロであるエージェントは、企業の内情や業界の情報に精通しているためです。

エージェントに登録すれば、企業の内情や業界情報をもとにアドバイスや選考対策をしてもらえるので、希望する地元企業への入社を実現できる可能性が上がります。

また、企業がエージェント経由で人材を雇用する場合は費用が発生するため、すぐに辞めないような配慮をしてもらえるというメリットもあります。

▼各都道府県で人気の転職エージェント

地元企業に就職・転職するメリット

地元企業に就職・転職するメリットを3つ紹介します。

地元企業への就職を検討している人はチェックしておきましょう。

地方部での就職・転職なら大都市圏と比べて生活費を抑えられる

地方に就職・転職する場合は、大都市圏と比べて生活費を抑えられるというメリットがあります。特に家賃については、地方と都市部では大きな差があります。

地方の企業に入社して多少給与が低かったとしても、コストが少ないので生活に余裕ができたり、貯金に回せるお金が増えたりするでしょう。

ただし、自家用車を所有する場合はそれほど生活コストが変わらなくなる点には注意してください。

慣れ親しんだ地域社会の経済活動に直接貢献できる

地元就職を希望する人の中には「これまで自分を育ててくれた地元に恩返しをしたい」という気持ちを持つ人もいます。

そういった人にとっては、仕事を通じて地元貢献できることに大きなやりがいを感じるでしょう。地域差はあるものの、多くの自治体は人口減少などが問題となっています。

地方で働く人が増えれば地域の活性化に繋がります。自分の仕事を通じて地元の役に立てるのは嬉しいものです。

親の元へすぐに駆けつけられる

親の元へすぐに駆け付けられるということも、地元就職をするメリットです。地元に生活基盤ができれば、親に何かあったり、将来的に介護が必要になったりした場合に対応しやすくなります。

また、自分が結婚し子どもを授かった場合なども、子育てにおいて親の協力を得やすくなります。地元に就職すれば双方が安心して生活を送れるのです。

地元企業に就職・転職するデメリット・後悔しやすいポイント

地元企業に就職・転職するデメリット・後悔しやすいポイントは以下のとおりです。

地元企業に就職・転職するデメリット・後悔しやすいポイント
  • 地元に絞って探すと求人数が限られる
  • 将来的な転職を制限される可能性がある
  • 人間関係が広がらない可能性がある

地元が地方の場合、企業の数が少ないので就職・転職先の選択肢が限られてしまいます。求人の選択肢が少ないと、自分の適性に合った企業で働ける確率が低くなります。

また、地方の中小企業は年功序列の社風が強い傾向があることもデメリットです。若いうちに責任ある仕事を任されスキルやキャリアを積むことが難しいケースが多く、将来的な転職を制限されてしまう可能性があります。

そのほか、地元に就職すると関わる人間が限定されがちで、人間関係が広がらない可能性もあります。

ただし、地方でも探し方によっては優良な中小企業に出会えます。下記記事で紹介する転職エージェントを利用すれば、表に出ていない優良中小企業を紹介してくれます。

自分に合った地元の求人を見つけて就職・転職を成功させるコツ

自分に合った地元の求人を見つけて就職・転職を成功させるコツは以下のとおりです。

地元企業を希望する人は、これらのコツを押さえた上で就職・転職活動を行いましょう。

複数の探し方を併用して多くの求人情報に触れる

地元の求人を探すには、以下のような方法が挙げられます。

地元の求人を探す方法
  • 就職・転職エージェントで自分に合った求人を紹介してもらう
  • 地元に強い求人サイトで希望条件に当てはまる求人を探す
  • ハローワークで地元に根ざした企業の求人を探す
  • 厚生労働省の「LO活」で自分の自治体に絞って求人を探す
  • 商工会議所の就職説明会・相談会に参加する
  • 興味がある企業のWebサイトから直接求人をチェックする

地元の求人を探す方法を1つに絞る必要はありません。さまざまな方法で求人を探すことで、自分のニーズや適性にマッチした企業に出会える可能性がより高くなります。

就職・転職活動に対するアドバイスやサポートを受けられる就職・転職エージェントをベースに、複数の方法を併用するのがおすすめです。

地元企業への就職・転職を志望する理由を明確にする

地元求人を探す際は、何故自分が地元企業への就職・転職を志望する理由を明確にしましょう。特にUターン就職・転職の場合、採用担当者は「なぜ地元で働きたいのか?」を気にする傾向があります。

地元企業の選考を受ける際の志望動機は、自分本位ではなく企業側に共感してもらえる理由を伝えることを意識しましょう。

地元企業に共感してもらえる理由には以下のようなものが挙げられます。

地元企業に共感してもらえる理由
  • 地元経済に貢献したい
  • 地元が抱える課題を解決したい など

地元企業への志望動機の例文は以下のとおりです。

大学入学を期に、○○市を離れて○○年間生活しました。地元を離れて暮らしたことで、○○市の良さを改めて認識し、地域を大切に思う気持ちが強くなりました。御社は○○の事業を通じて、○○市の発展を担う企業だと考えておりますので、私もその一員として地域に貢献したいと思います。

地元企業が集まる就職・転職イベントに積極的に参加する

転職エージェントやLO活、商工会議所などでは、その地方向けの就職・転職イベントを開催しています。就職・転職イベントに参加すれば、求人情報だけでなく以下のような情報を得られます。

就職・転職イベントで得られる情報
  • その地域での取扱求人の特徴
  • 地域特有の転職事情
  • 転職成功者の体験談 など

自分のニーズや適性にマッチした地元企業に出会うためにも、就職・転職イベントには積極的に参加しましょう。

地元に特化した転職エージェントに求人探し・選考対策を支援してもらう

地元企業への就職・転職を成功させるためには、地元に特化したエージェントに求人探し・選考対策を支援してもらうのがおすすめです。

自分に合った地元企業に出会うためには、複数の求人探しの方法を併用することが望ましいです。しかし、複数の方法を併用しながら、自分だけで就職・転職活動を進めるのは楽なことではありません。

また、限られた時間の中で1社1社の選考の質を保ちながら、適切な軌道で就職・転職活動を進めるには、プロ(エージェント)のサポートが必要不可欠です。

各地域でおすすめの転職エージェントを以下にまとめました。あなたの地元でおすすめの転職エージェントに登録し、理想の求人に出会いましょう。

地元の求人の探し方で悩んでいる人におすすめの総合転職エージェント

地元の求人の探し方で悩んでいる人におすすめの総合転職エージェントを2社紹介します。

地元の求人の探し方で悩んでいる人におすすめの総合転職エージェント

どちらも地元就職を成功させたい人にとっては、心強い味方になってくれるエージェントです。それぞれの特徴や強みをチェックしておきましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントのPRを含みます

マイナビエージェント
【公式】https://mynavi-agent.jp/
名前マイナビエージェント
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~30代の若手向け求人が多い
※年齢制限なし
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
企業情報を見る
運営会社名株式会社マイナビ
拠点東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    5
  • 3
    ハイクラス求人
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビエージェントの特徴
  • 20代の転職エージェント満足度No.1
  • 専任アドバイザーや企業担当アドバイザーによるサポート体制が充実
  • 20代~30代前半の転職支援に特化

マイナビエージェントは、マイナビグループが運営する総合型の転職エージェントです。

20代~30代前半の就業支援に特化しており「20代の転職エージェント満足度No.1」、2023年のオリコン顧客満足度「転職エージェントNo.1」を獲得しています。

マイナビエージェントは、業界・業種ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍していることが特徴です。

求人情報だけでなく、地方特有の転職事情に精通したアドバイザーも多数在籍しているため、地元企業への転職を検討しているのであれば、まず登録しておきたい転職エージェントの一つです。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • ベンチャーから大手まで求人が豊富
  • 地方の求人もしっかりカバーしている
  • 業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍
いまひとつな点
  • 30代後半以降には不向き
  • ハイクラス求人が少ない
  • エージェントの質に差がある

▼マイナビエージェントの口コミ

スクロールできます
Review Image
30代男性(IT業界)
キャリアアドバイザーから職務経歴書の書き方や、面接対策等を学べたことが良かったです。自分の中では意識していなかった強みやアピールポイントもアドバイスしていただけたので、自信がもてました。

引用:キャリアクラス独自調査

Review Image
20代女性(IT・人材業界)
・自分では探すことが難しい求人に出会えること ・自分で探さなくても条件に合ったものを見つけてもらえること ・履歴書や職務履歴書などの書類関係を添削してもらえること

引用:キャリアクラス独自調査

\20代~30代前半におすすめ!/

あわせて読みたい
マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 本記事でわかること マイナビエージェントの口コミ・評判 マイナビエージェントのメリット マイナビエージェントの利用がおすすめな方 マイナビエージェントは、20代30...

doda

【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:228,221件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaの特徴
  • 専任のキャリアアドバイザーが転職をサポート
  • 転職活動を効率的に行うためのコンテンツが豊富
  • 対象年代は20代~60代で幅広いニーズに対応

dodaは、豊富な求人数を誇る大手の総合型転職エージェントです。エリア別に担当が分かれており、業界や職種、市場動向に精通したキャリアアドバイザーが、専任担当としてサポートしてくれます。

大手ならではの独自ノウハウを持ち、転職診断・書類作成ツールなど転職活動を効率的に行うためのコンテンツが豊富なことが特徴です。

dodaは20代~60代を対象とした転職エージェントであるため、地元への転職を検討している全年代の方が利用できます。

また、求人数も豊富なdodaをベースに転職活動を行うことで、地方特有の求人数の少なさをカバーすることも可能です。

「地元の求人がなかなか見つからない」という場合は、dodaに相談してみましょう。

>>公式HPを見る

おすすめポイント
  • 求人が豊富で希望条件に合った案件を見つけやすい
  • 転職サポートも求人検索も対応可能
  • エージェントとLINEで連絡がとれる
いまひとつな点
  • 定期的にスカウトメールがくるので管理が大変
  • キャリアアドバイザーの対応に差がある
  • 希望条件と異なる求人を紹介されることがある

▼dodaの口コミ

スクロールできます
Review Image
男性20代(IT業界)
初めて利用してみて、使いやすくわかりやすかったのが印象だと考える。どういう業界がいいのかを選択する時に探しやすいていう点が非常に素晴らしい。このサイトに出会えて良かったと考える。

引用:キャリアクラス独自調査

Review Image
20代男性(人材業界)
実際に募集要項も条件面でいいところが多く、実際に転職を決めた会社も以前の会社より年収は増え、休日もしっかりと取れるようになりました。 活動期間中も対応が早く助かりました。

引用:キャリアクラス独自調査

\全年代におすすめ

あわせて読みたい
【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?実際に利用した方の体験談を紹介 転職エージェント業界は、まさに戦国時代です。大手と中小企業がたくさんあるため、結局どの転職エージェントがおすすめか分からない人も多いはず。 数ある転職エージェ...

地元に働きたいと思える仕事がない場合はどうすればいい?

地元に働きたいと思える仕事がない場合は、働く場所を問わないような仕事も候補に入れて就職・転職活動を行いましょう。パソコンとインターネット環境を準備できるのであれば、フルリモート求人を探すのがおすすめです。

また、働きたいと思える求人が求人サイトやハローワークなどに掲載されていなかったとしても、エージェントに登録したり、商工会議所を訪ねたりすることで自分に合った企業を紹介してもらえることがあります。

地元の求人の探し方で悩んでいる人からよくある質問

地元の求人の探し方で悩んでいる人からよくある質問は以下のとおりです。

地元就職を希望する人は参考にしてください。

地元で働きたいけど自分に合う仕事がない場合どうすればいい?

自分に合う仕事が地元にないのではなく、見つけられていないだけの可能性が高いです。思うように地元での転職活動を進められていない人は、まず転職エージェントに相談しましょう。

規模が小さい会社の求人の探し方は?

転職エージェントや求人サイトのほか、商工会議所などが主催するイベントで探すのが良いでしょう。求人探しの方法は1つに絞るのではなく、複数併用することをおすすめします。

地元の求人探しには以下のような方法が挙げられます。

地元の求人を探す方法
  • 就職・転職エージェントで自分に合った求人を紹介してもらう
  • 地元に強い求人サイトで希望条件に当てはまる求人を探す
  • ハローワークで地元に根ざした企業の求人を探す
  • 厚生労働省の「LO活」で自分の自治体に絞って求人を探す
  • 商工会議所の就職説明会・相談会に参加する
  • 興味がある企業のWebサイトから直接求人をチェックする

ただし、自分一人で複数の方法を併用しながら転職活動を行うのは負担が大きいので、転職エージェントに登録してサポートしてもらうことが大切です。

新卒から地元で就職したいけどやめた方がいい?

自分が仕事に何を求めるかによります。給与を最重視するのであれば、都市部に出た方が良いケースが多いです。

地元への気持ちが強いのであれば、新卒であっても地元企業に就職するのが良いでしょう。気持ち・思い入れが強いことを選考時に伝えられれば、内定が出る可能性も高くなります。

地元の求人の探し方に悩んだら転職エージェントに相談しよう

地元企業への転職を検討しているのであれば、転職エージェントを活用しましょう。求人数が限定される地方において、理想通りの転職を実現させるためには、転職エージェントの協力が必要です。

転職エージェントを利用する場合は、マイナビエージェントに相談してみてください。書類作成や面接対策などのサポートも手厚く、限られた時間の中で無理なく効率の良い転職活動を行えます。

また、20~30代の転職支援や地方の転職事情に精通したアドバイザーが多数在籍しているので、地方への転職を有利に進められます。

\20代〜30代前半におすすめ!/

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

福岡県在住のwebライター。福岡大学卒業後、大手包装資材メーカーに営業職として就職。その後、異業界への転職を2度経験。現在は憧れだったwebマーケティングの世界に飛び込みwebライターとして活動中。自身の転職経験をもとに読者に役立つ情報を発信していきます。

気になる見出しをタップ