MENU
おすすめ転職エージェントはこちら

アクセンチュアへ中途転職するのは厳しいのか?選考は誰でも受かるのか徹底解説

アクセンチュアは、コンサルティング業界で知名度の高い企業の一つです。やりがいのある仕事が多く、コンサルティング業界で活躍したい方から人気があります。

アクセンチュアに中途転職したい方は、アクセンチュアの採用状況・転職できる人の特徴などを知っておくことが重要です。

本記事では、アクセンチュアの基本情報・転職難易度をはじめ、転職できる人の特徴、転職する方法などを解説します。

本記事でわかること
  • アクセンチュアの基本情報および転職難易度
  • アクセンチュアに転職できる人の特徴
  • アクセンチュアに転職する際に利用すべき転職サービス

アクセンチュアに転職したい方は、ビズリーチを利用することがおすすめです。ビズリーチに登録すると、時期によってはアクセンチュアからヘッドハンディングされ、転職活動を有利に進められる可能性があります。

\企業からのスカウトあり!/

あわせて読みたい
コンサル転職でおすすめの転職エージェント13選|総合系・戦略系・IT系それぞれに強い転職エージェント... 転職エージェントは独自の非公開求人を保有しており、好条件の求人探しに欠かせないサービスです。複数の転職エージェントを併用すれば、転職の選択肢はさらに広がりま...

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

アクセンチュアとは?

引用:https://www.accenture.com

アクセンチュアは、IT技術を用いてクライアントの経営課題を解決する総合コンサルティング企業です。世界50か国200都市に事業所を構えており、約7,000社のクライアントを抱えています。

アクセンチュアは化学・消費財サービス・スマートシティ・物流など、数多くの分野で大きな変革を起こしており、コンサルティング業界で「最高峰の企業」と呼ばれています。

下記は、アクセンチュアの基本情報をまとめた表です。

会社名アクセンチュア株式会社
本拠地アイルランド
売上505億USドル(2021年8月時点)
CEOジュリー・スウィート
従業員数約71万人
設立年1953年
事業内容・ストラテジー & コンサルティング
・アクセンチュア ソング
・テクノロジー
・オペレーションズ
・インダストリーX
公式HPhttps://www.accenture.com/jp-ja

アクセンチュアは誰でも受かるって本当?転職難易度は?

アクセンチュアは誰でも受かるって本当?転職難易度は?

アクセンチュアは、「高い給与が得られる」「さまざまなプロジェクトに携われる」などの理由から人気がある企業です。誰でも受かるとは言えませんが、アクセンチュアでは大量採用を行っているため入社できるチャンスは誰にでもあります。

アクセンチュアは2022年8月23日現在で、198ものポジションを募集している状況です。

アクセンチュアではさまざまなポジションが募集されているため、現職の経験を活かせる仕事を見つけられる可能性が高いでしょう。

アクセンチュアに中途で入るのが厳しい・難しい理由

アクセンチュアに中途で入るのが厳しい・難しい理由

アクセンチュアは中途で入ることが厳しい・難しい企業の一つです。アクセンチュアに転職したい方は、採用事情から中途入社が困難だと言われる背景を知っておくことが重要になります。

下記は、アクセンチュアに中途で入ることが厳しい・難しいと言われる理由です。

アクセンチュアに中途で入ることが厳しい・難しいと言われる理由

ここからは、中途で入ることが厳しい・難しいと言われる2つの理由を紹介します。

大人気のため倍率が高い

アクセンチュアは人気のある企業のため、新卒・中途に関係なく倍率が高くなっています。募集ポジションこそ多いものの応募が殺到するため、応募人数に対して採用される人数は少ない傾向です。

アクセンチュアは業界のなかでも知名度・人気があることから、他のコンサルティング企業より倍率は高い傾向です。

アクセンチュアから倍率の情報が出されているわけではありませんが、転職者の口コミなどを踏まえるとアクセンチュアの倍率は高いことがうかがえます。

かなり豊富な実績やマネジメント経験が必要

アクセンチュアに中途で入る際には、豊富な実績やマネジメント経験が必要になります。

アクセンチュアの公式HPに掲載されている募集要項を見ると、「新規ビジネススキーム構築経験」「プロジェクトマネジメントに関する経験」「各ポジションの経験」などが必須条件として挙げられています。

つまり、実績やマネジメント経験が少ない方の場合、応募できるポジションが限られるため、アクセンチュアに中途で入ることは困難です。

アクセンチュアに中途で転職できる人の特徴

アクセンチュアに中途で転職できる人の特徴

アクセンチュアに中途で転職できる人の特徴は次のとおりです。

基本的には、現職で成果を出している人はアクセンチュアに中途で採用してもらえる可能性が高まります。ここからは、アクセンチュアに中途で転職できる人の特徴を詳しく紹介します。

前職での経験や実績を残している

前職で経験や実績を残している人は、アクセンチュアに中途で転職できる可能性が高くなります。アクセンチュアでは、ほとんどのポジションの募集要項で「〇〇経験」「〇〇への理解」などと記載されてあり、採用時に経験や実績を重視している傾向です。

各ポジションによって求められる経験・実績は異なりますが、前職で仕事の成果を出している人であればアクセンチュアに採用してもらいやすくなるでしょう。

前職の実績をわかりやすくロジカルに説明できる

アクセンチュアでは、面接時に前職の実績をわかりやすくロジカルに話せる人を採用する傾向です。コンサルティング業界では、クライアントに課題・解決策を提示する機会が多く、物事をロジカルに話せる能力が必要になります。

前職の実績は、結論を始めに伝えつつ時系列に沿って自分の実績を話すとロジカルに説明できるでしょう。

求められているポジションに最適のスキル・経験を持っている

アクセンチュアでは、特定のポジションに絞って求職者を募集しています。そのため、求められるポジションに最適のスキル・経験を持っている人は中途で採用されやすくなるでしょう。

どのようなポジションが募集されているのかを知りたい場合は、アクセンチュアの公式HPの「採用トップ」にアクセスすると情報を集められます。各ポジションの募集は不定期ではあるものの、1か月あたり10件以上出されている時期があります。

アクセンチュアに転職するための方法

アクセンチュアに転職するための方法

アクセンチュアに転職するためには、次のような方法が有効です。

ここからは、アクセンチュアに転職する3つの方法を詳しく解説します。

直接アクセンチュアの採用ページから応募する

アクセンチュアの公式HPには、採用ページが用意されています。採用ページでは、気になるポジションに直接応募することが可能です。

アクセンチュアの採用ページから応募するときは、登録ページからキャリア登録する必要があります。

キャリア登録する際に、履歴書や職務経歴書をアップロードすると、リクルーティングチームから個別に選考の案内が届く場合もあります。

アクセンチュアから自分に合った求人の情報を受けたい方は、キャリア登録時に書類のアップロードも忘れずに行いましょう。

転職エージェントやスカウトサイトから応募する

アクセンチュアには、転職エージェントやスカウトサイトを活用して応募することもできます。

転職エージェントやスカウトサイトを利用する場合は、ハイクラス向けのサービスを利用しましょう。全年齢を対象としている転職エージェントやスカウトサービスの場合、アクセンチュアの求人が取り扱われていない場合があります。

有名なハイクラス向けのサービスの一例として、ビズリーチアクシスコンサルティングなどが挙げられます。

転職エージェントやスカウトサイトによって募集ポジションが若干異なることがあるため、複数のサービスを利用することがおすすめです。

あわせて読みたい
アクセンチュアへの転職で利用すべき転職エージェントはこれ!実績が豊富なサービスや受かりやすい人の... おすすめの転職エージェントをすぐ見たい方はこちら 本記事でわかること アクセンチュアへの転職でコンサル特化の転職エージェントを利用すべき理由 アクセンチュアへの...

知り合いに紹介してもらう

アクセンチュアでは、知り合いに紹介してもらい入社する方法もあります。社員紹介制度(リファラルプログラム)」と呼ばれ、アクセンチュアに勤める社員が友人や知人を経験者採用枠で紹介する制度のことです。

社員紹介制度を利用すると、会社説明会と人事部とのキャリア相談が一緒になった限定イベントに参加できたり、人事部が直接サポートしてくれたりするなど、アクセンチュアへの転職が有利に進みます。

アクセンチュアに関する理解度を深めた上で転職したい方は、友人や知人にアクセンチュアの社員がいないのかを探してみましょう。

社員紹介制度を活用してアクセンチュアへ入社する求職者は、年々増えている状況です。

アクセンチュアに中途で入社後ついていけない人がいる理由

アクセンチュアに中途で入社後ついていけない人がいる理由

アクセンチュアに入社できたものの、仕事についていけないことが理由で退職する方は多くいます。アクセンチュアの仕事についていけない人がいる理由は、下記のとおりです。

アクセンチュアに転職して長く勤めるためには、社内環境を知っておくことが大切です。以下では、アクセンチュアの仕事についていけない人がいる理由を詳しく紹介します。

入社前のイメージとのギャップがある

入社前のイメージとの実際の業務にギャップがある場合は、アクセンチュアの仕事についていけない恐れがあります。

アクセンチュアに入社する前とのギャップとしてよく挙げられる内容は、入社後に丁寧に仕事を教えてもらえないことです。アクセンチュアは外資系かつコンサルティング企業であるため、中途入社した方に対して仕事を一から教える文化がありません。

自分で考えたり周囲のやり方を参考にしたりしなければ、アクセンチュアの仕事についていけなくなります。

アクセンチュアに転職したい方は、「仕事を一から細かくすべて教えてもらえる」という考え方を控えたほうがよいでしょう。

求められる仕事のレベルが高い

アクセンチュアでは、特定の分野で成果を出している優秀なメンバーが揃っているため、求められる仕事のレベルが高くなっています。

与えられる仕事は、自分なりの「考え」「やり方」が求められることがほとんどです。上司から言われた仕事を淡々とこなす環境に慣れている場合は、アクセンチュアで求められる仕事のレベルが高いと感じやすくなるでしょう。

実際に、同僚・仕事のレベルの高さから短期間でアクセンチュアを辞める人は一定数存在します。

配属先によって仕事の環境が大きく異なる

アクセンチュアでは、配属先によって仕事の環境が大きく異なることを知っておきましょう。

アクセンチュアはコンサルティングファームです。プロジェクトごとにチームが発足され、配属先は案件によって異なります。

発足したチームによっては、「ミーティング回数が多い」「仕事のスピードが速い」など厳しい環境になる場合があります。

仕事についていけるのか不安を覚える方は、コンサルティングファームの仕事の進め方を学んでおきましょう。

アクセンチュアの全体的な仕事の流れを把握したい場合、社員紹介制度などを活用して人事担当者とコンタクトをとることがおすすめです。

アクセンチュアへ転職したい人におすすめの転職サービス

アクセンチュアへ転職したい場合は、ハイクラス向けのサービス、コンサルティング業界に強いサービスを利用することがおすすめです。

アクセンチュアへ転職したい方は、下記で挙げる転職サービスを利用することを推奨します。

アクセンチュアへ転職したい人におすすめの転職サービス

ここからは、ビズリーチとアクシスコンサルティングの特徴を詳しく紹介します。

ビズリーチ

名前ビズリーチ
料金無料
求人数公開求人:108,103件
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野スカウトによるキャリアアップ
公式HPhttps://www.bizreach.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社ビズリーチ
拠点東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー12F
書類添削の有無ヘッドハンターによる
面接対策の有無ヘッドハンターによる
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
ビズリーチの特徴
  • 有料企業やヘッドハンターからスカウトが届く
  • 取り扱っている求人の3分の1以上が年収1,000万円以上
  • ハイクラスサービスのなかでも人気のある転職サービス

ビズリーチは、スカウトサービスがあるハイクラス向けの転職サービスです。アクセンチュア以外にもコンサルティング業界の求人が複数掲載されており、コンサルティング会社で働きたい方に適しています。

企業がヘッドハンティングする際は、求職者に対して興味があると判断できます。つまり、アクセンチュアからヘッドハンティングされると、転職が有利に進む可能性が高くなると言えるでしょう。

アクセンチュアに転職したい方は、ビズリーチを利用しましょう。下記は、ビズリーチに寄せられている口コミです。

Review Image
Aさん
年収をアップ出来る企業を求めてハイクラスの求人が多いビズリーチに登録しました。 職務経歴と希望条件を記入したら基本スカウトを待つことになりますが、すぐに複数のヘッドハンターから連絡がきました。自分の希望条件にマッチするか不安な時は事前にメールでやり取りをすることも可能です。
Review Image
Bさん
ハイクラス求人への転職を検討している際に、広告をFacebookで見かけたので、登録しました。 他社の紹介サービスも活用していましたが、年収800万以上の求人数が圧倒的でした。ハイクラス求人に特化されていることもあり、サポートの方からも、多くのノウハウを教えて頂きました。

引用:みん評

\企業からのスカウトあり!/

あわせて読みたい
【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ 本記事でわかること ビズリーチの良い口コミ・悪い口コミ ビズリーチを利用するメリット・デメリット ビズリーチの料金プラン ビズリーチの登録方法 実際にビズリーチを...

アクシスコンサルティング

名前アクシスコンサルティング
料金無料
求人数公開求人:-
非公開求人:-
(2023年12月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代30代〜50代
対応エリア全国
オンライン面談あり
得意分野・業界コンサルティング
公式HPhttps://www.axc.ne.jp
詳細を見る
運営会社名アクシスコンサルティング株式会社
拠点東京都千代田区麹町4-8 麹町クリスタルシティ6F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無なし
連絡手段電話・メール
オプション【オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 4
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
アクシスコンサルティングの特徴
  • 現役コンサルタントの転職支援実績No.1
  • 取り扱い求人のうち約77%が非公開求人
  • 17年間で5,000人の現役コンサルタントを支援

アクシスコンサルティングは、現役コンサルタントの転職支援実績No.1の転職サービスです。コンサルティング業界の転職サポートに強く、希望条件をヒアリングのもと求職者に適したコンサルティング企業の求人を紹介します。

アクシスコンサルティングには、アクセンチュアを紹介しているページがあります。そのため、時期によってはアクセンチュアの求人がアクシスコンサルティングに掲載されていることが見込めるでしょう。

アクシスコンサルティングの口コミは次のとおりです。

Review Image
Cさん
キャリアアドバイザーは非常に知識が豊富で、履歴書の書き方一つでも自分に足りない部分を細かくアドバイスして貰えました。じっくりと面談した事で漠然としていた目標も明確になり、効率良く自分の理想にあった職場を探せたと思います。ちなみに面接のスケジュールなども全てキャリアアドバイザーが代行してくれたので、仕事に支障をきたす事もありませんでした。
Review Image
Dさん
ここは未公開求人が多くて、ほとんどが新規登録しないと閲覧できないようになっているから、登録さえすれば信用度の高い求人にたどり着ける感じがするよ! 求人はコンサルタント系に特化していて、プロフェッショナルを目指す人には目からうろこの求人がたくさん。 自分に合う求人を探すのに希望条件などのカウンセリングをしてくれるから、親切でありがたい!

引用:みん評

\コンサルの求人が豊富!/

あわせて読みたい
アクシスコンサルティングの評判・口コミ|実際の利用者によかった点や悪かった点の体験談を聞いてみた アクシスコンサルティングはコンサル業界に特化した転職エージェントです。 生涯のキャリアパートナーとして、あなたに合ったキャリアプランを提案してくれます。 本記...

アクセンチュアの採用についてよくある質問

アクセンチュアの採用についてよくある質問

アクセンチュアに転職したい方は、アクセンチュアの採用に関するよくある質問とその回答を知っておくことが大切です。アクセンチュアの採用状況を理解しておくと、選考を有利に進められるでしょう。

下記は、アクセンチュアの採用についてよくある質問です。

ここからは、アクセンチュアの採用に関するよくある質問とその回答を紹介します。

第二新卒でもアクセンチュアに転職できる?

アクセンチュアには、第二新卒でも転職できます。実際に、アクセンチュアの公式HPに掲載されている「キャリアブログ」に第二新卒で転職した方のインタビュー記事が掲載されています。

アクセンチュアでは、コンサルティング未経験者がキャッチアップできる研修を用意しているため、第二新卒でも安心して転職することが可能です。

あわせて読みたい
アクセンチュアの第二新卒採用の難易度は高い?未経験でも転職できる?選考フローや給与も解説 本記事でわかること アクセンチュアの会社概要・事業内容 アクセンチュアの第二新卒採用の転職難易度 アクセンチュアの選考を通過するコツ アクセンチュア株式会社は、...

アクセンチュアの中途採用人数は?

アクセンチュアは、中途採用で入社した方が多く活躍している企業です。アクセンチュアの公式HPには具体的な中途採用人数は記されていませんが、中途採用者の割合は2021年度で82%(2021年9月1日時点)となっています。

社員の半数以上が中途採用者であることから、アクセンチュアは転職者を広く受け入れている社風だと判断できます。

アクセンチュアの面接回数は?

アクセンチュアでは転職希望者の合否を判断する際に、書類選考と複数回の面接を実施します。面接回数は明確に決められていませんが、口コミなどを見ると2〜3回程度となっています。

ポジションによってはWebテストも実施するため、アクセンチュアに応募する際はポジションで求められる技能・知識などを勉強し直しておきましょう。

アクセンチュアは試用期間でクビになる可能性ある?

「外資系だから成果が伴わないとクビになる」と考える方もいますが、アクセンチュア側から試用期間中の仕事の成果で社員をクビにすることはほとんどないと言えるでしょう。

試用期間終了後も仕事の良し悪しでクビになることは基本的にないため、アクセンチュアに安心して勤められるでしょう。アクセンチュアを辞める方は、仕事についていけず自主退職する方がほとんどです。

アクセンチュアに転職したいならビズリーチを利用しよう!

アクセンチュアは、クライアントの経営課題をITなどの技術を用いて解決する総合コンサルティング企業です。コンサルティング業界で人気・知名度が高いことから、「アクセンチュアに転職したい」と考える方は多くいます。

アクセンチュアは、特定の分野に精通した人材を求めているため、前職での経験や実績を重視して求職者を採用します。

アクセンチュアに転職したい方は、ビズリーチを利用することがおすすめです。

ビズリーチを使うと、アクセンチュアの人事担当者から直接ヘッドハンティングされることが期待できるため、選考から採用までがスムーズに進む可能性があります。

またアクセンチュア以外の優良なコンサルティングファームからのスカウトがくる可能性もあるので、早速登録しましょう。

\企業からのスカウトあり!/

▼アクセンチュアへ転職を目指す人におすすめの記事

あわせて読みたい
外資系転職でおすすめの転職エージェント一覧を公開|20代・30代・40代と年代別にも解説 本記事でわかること 外資系転職を成功させるための転職エージェントの選び方 外資系転職におすすめの転職エージェント 外資系希望の方が絶対転職エージェントを登録すべ...
あわせて読みたい
【外資系転職】外資系企業へ勤めている方にインタビューしてみた!外資系企業の社風や働き方を暴露 外資系企業へ転職に憧れている方や外資系転職を目指す人は数多くいます。しかし、実際に外資系企業がどのような働き方でどのようにすれば転職できればよいか分からない...
あわせて読みたい
外資系企業へ転職して後悔する主な理由とは?失敗・後悔しないためにすべきことを紹介 外資系企業には「成果主義で上を目指せる」「プライベートを重視できる」などのイメージがあります。日系企業にはない点に魅力を感じて、外資系企業への転職を目指す方...
あわせて読みたい
外資系企業への転職はやめとけと言われる理由5選|外資系企業では当たり前のあるあるとは? 外資系企業は「実力主義・ハード」といった理由から、やめとけと言われることがあります。 しかし、外資系企業は高収入を目指せたり正当な評価を受けやすかったりするの...
あわせて読みたい
外資系企業に向いている人・向いていない人を診断!向いている人の特徴を7つ紹介 外資系企業で働くことを希望していても、正直やっていけるか心配という声をよく聞きます。 日系企業と異なり、成果主義やドライな人間関係にギャップを感じる方が多いで...
あわせて読みたい
外資系企業はしんどい・きついって本当?しんどいプレッシャーを覚悟できていない人はやめとけ 外資系企業には、しんどい・きついというイメージがあるので、転職をためらっているという方も多いのではないでしょうか。 本記事では、外資系企業がしんどいと言われる...

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒で福岡県のメーカー企業に入社し、営業とSNSマーケティングを経験。1年半後、本当にやりたいことを見つめ直し、未経験でWebマーケティング業界への転職を決意。2021年8月にウェブココル株式会社へ入社する。自身の第二新卒で転職を成功させた体験をもとに記事コンテンツの作成する。一般社団法人プロティアン・キャリア協会が行う『プロティアン・キャリア検定資格』に合格(合格証明)。
※プロティアンキャリア検定は、自身・他者のキャリア開発に活かせる、変化する新時代のための認定資格

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

キャリアクラス編集部のメンバーは全員転職経験者で構成されています。また、転職サービスを複数利用して転職活動を成功させたメンバーです。キャリアに悩んだ経験のある我々だからこそ発信できるキャリアの情報をお届けします。

気になる見出しをタップ